富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

「EC物流外注」比較ガイド - クオリティの高いサービスを選ぶコツ

EC物流

「EC物流外注」比較ガイド - クオリティの高いサービスを選ぶコツ

EC物流を外注するメリットは何か、その選び方は?この記事では、EC物流の全体像から始まり、自社で行う物流の課題とその解決策、外注サービス選びのポイントまで包括的にご紹介します。尚、重点的に取り上げるのは「クオリティの高いサービス」選びのコツ。外注後の業績改善ストラテジーや、お勧めの高品質サービスも触れています。最適なパートナー選びで、更なる業績向上を目指しましょう。

なぜEC物流を外注するのか

近年、EC市場は急速に拡大し、多くの企業が事業活動の一環としてECサイトを運営しています。しかし、効率的な運営を行うためには様々な要素が重要となります。その中の一つが、「物流」です。本来、企業が自社で物流を担うのは一見合理的に見えますが、実はコストや労力、時間などさまざまなリソースが必要となります。これらのリソースを別の業務に振り分け、より効率的にビジネスを展開するためには、物流の外注が適切となることが多いのです。この記事では、なぜ多くのEC事業者が物流を外注するのか、その理由とメリットを詳しく解説していきます。

EC物流とは何か

EC物流とは、電子商取引サイト上で商品を販売するための商品の流通全般を指します。具体的には、商品の配送、在庫管理、発送作業、リターンの対応などを含みます。中でも重要な要素が、配送のスピードと品質です。カスタマーにとっては、商品が適切な時間と場所で届くことは最低限の期待です。それに加えて、商品に問題があった場合のリターン対応や、迅速な在庫補充も求められます。このような多岐にわたる業務を自社で行うには多大なリソースが必要となるため、しっかりとした物流設計が求められます。

自社で行う物流の課題

自社で物流を担当すると、コスト、人員、スペースなど多くのリソースを必要とします。物流を自社で担当すると、倉庫のレンタル費用や設備の更新費用、人員の給与や教育コストなど、物流に関わる経費が増大します。また、専門知識を持つスタッフの確保や定常的なトレーニングも必要となります。さらに、自社で物流を担う場合、予期せぬ問題が起きた際に自社で全てを対応する必要があります。これらの課題は、特に中小規模のEC事業者にとって大きな負担となることがあります。

外注による解決策

上記したような課題を解決するために、多くのEC事業者が物流を外部の専門業者に委託しています。物流を外注することで、高度な専門知識を持つ業者が物流全体を一手に引き受け、効率的かつスピーディに作業を進めることが可能です。加えて、自社での物流にかかるコストを大きく削減できるなど、経済的なメリットがあります。また、事態が急変した場合でもフレキシブルに対応できるため、リスクも軽減できるでしょう。

EC物流外注のメリット

EC物流外注のメリット

EC物流を外注するメリットについて深く掘り下げてみたいと思います。ECビジネスが拡大する中で物流はその重要な要素となります。物流の適正な運用によりビジネスの成長も左右されるため重要視するべきです。外注先に適切なパートナーを見つけることができれば、あなた自身の時間とリソースを節約し、より注意を払うべき他の事業に集中することが可能となるのです。

コスト削減の実現

物流を外注する一つ目の大きなメリットは、コスト削減の実現です。一見すると自社で物流を行う方が安く感じられるかもしれませんが、スタッフの雇用、倉庫の維持管理費用、機材の導入など、結果として自己管理よりも外注した方がトータルのコストは安くなる傾向があります。物流パートナーが複数のクライアントと契約を結んでいるため、彼らは規模の経済を享受することができ、私たちはその恩恵を受けることができるのです。

高品質なサービス提供

物流をプロに任せることで、デリバリーサービスの品質が向上します。外注会社は物流のスペシャリストなので、プロセスをスムーズに運用し、荷物の適切な取り扱い、スピーディなデリバリー、そして正確な在庫管理を提供します。また、シーズンによって需要が変動するECビジネスの特性を理解しているため、適切に対応することができます。お客様に最高のショッピング体験を提供することで、その信頼性とリピート購入を確保することが可能となります。

業績改善への寄与

最後に、外注することで業績改善にも寄与することが可能です。自社での物流管理から解放されることで、あなたやあなたのチームはより製品開発やマーケティングなど、ビジネスの中心的な部分に専念することができます。これにより売上の向上、再購入率の向上、ブランドロイヤリティの向上などを実現できます。つまり、物流を外注することは、ビジネスを最適化し、利益を最大化するための有効な戦略なのです。

EC物流外注サービスの比較

近年、EC事業を運営する企業を取り巻く環境は益々複雑化しています。その中でも物流は成長の鍵を握る一方で、同時に多大なコスト負担となることがあるのです。そこで注目されているのが、EC物流の外注です。しかし、多くのサービス提供企業から一体どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。この章では、そんな悩みを解消すべく、EC物流外注サービスの比較を行い、良質なサービス選びのコツを紹介していきます。

主要なサービス提供企業

業界には数多くのEC物流の外注サービス企業が存在しています。各企業は、自社の強みを活かした独自のサービスを展開しているのです。例えば、大手物流企業は大規模な施設と豊富な経験を持っており、一方でスタートアップ企業は柔軟性とスピードを強みとしています。また、業種に特化した企業もあり、例えばアパレル業界専門の外注サービスは繊細な商品の扱いや、季節性を念頭に置いた在庫管理が得意となっているのです。選択をする際には、自社のビジネスモデルや規模、商品特性を考慮し、これらにマッチした企業を選定すると良いでしょう。

各企業のサービス内容比較

次に、各企業のサービス内容を比較してみましょう。物流サービスの中身は、商品の受け取りから保管、梱包、発送、返品対応まで様々です。それぞれの企業では、これらの業務の組み合わせや対応の質が異なります。例えば、アパレル業界専門の企業では繊細な商品の取り扱いやシーズン毎の在庫調整を得意としており、IT系企業ではシステムの自動化やデータ分析に長けています。また、サポート体制も比較ポイントの一つです。問題が発生した際の対応速度や、細やかな対応が求められる高価格帯の商品を扱う場合は特に重要となりますね。

コストとサービス品質のバランス

コストとサービス品質のバランスは、外注サービス選びの重要なポイントとなります。サービスの品質が高ければ高いほど、その分コストも高くなるのが一般的です。しかし、自社のビジネスモデルや販売する商品の特性を考慮に入れて、無駄なく最適なサービスを選びましょう。例えば、取り扱う商品の価格帯が高い、または梱包に特別な技術が要求される場合は、それなりのコストを投じてでも質の高いサービスを選ぶべきでしょう。一方で、安価な商品を大量に取り扱う場合は、コスト重視でサービスを選ぶという戦略もあります。各企業のサービス内容をよく理解し、自社にとっての最適なバランスを見つけることが大切です。

在庫管理を最適化する外注サービス

在庫管理を最適化する外注サービス

近年、EC業界では、在庫管理を最適化するための外注サービスが注目を集めています。これは、効率的な在庫管理がビジネス運営における大きな鍵となるからです。試行錯誤せずに在庫管理の最適化を実現するために、多くの企業が外注サービスを活用しているのです。在庫管理についての専門的な知識や技術を持つ外部のプロに業務を委託することで、多くの細かな作業から解放され、ビジネスの本来の目的に集中することが出来ます。

在庫管理の必要性

在庫管理がビジネスにおいてどれだけ重要な役割を果たしているか、その必要性について考えてみましょう。適切な在庫管理が行われていないと、商品が過剰にストックされる結果、資金をつなぎ止めてしまうリスクがございます。一方で、在庫が不足すると、顧客のニーズに対応できず、売上機会を失ってしまう可能性があるのです。これらのリスクを回避し、適切な在庫量を常に確保するためにも、在庫管理は必須であり、日々の経営において重大な意味を持つのです。

自動化された在庫管理システム

最近では、在庫管理をさらに効率化するため、自動化ソフトウェアが導入されています。これらは、リアルタイムで在庫情報を更新し、適切な在庫量を保持するのに役立ちます。また、商品の発注から出荷、在庫調整までの一連のフローを自動化し、労力のかかる作業を簡単なものに変えます。時代と共に進歩するこの自動化機能は、ビジネスの成長にとって欠かせないツールとなります。

在庫管理の外注メリット

在庫管理の外注にはどんなメリットがあるのでしょうか。一つは時間の節約です。在庫管理の専門家が最適なシステムを提供してくれるため、自社で在庫管理を行う必要がなくなり、他の重要なビジネス活動に集中できます。また、外注することで、在庫管理に関する深い知識や経験を持つ専門家の知識を利用することができ、より高い効率と正確性で業務を遂行することが可能となります。これらのメリットから、在庫管理の外注がビジネスの効率化と成長を支える重要な要素であることが理解できるでしょう。

高品質サービスの選び方

高品質サービスの選び方

EC物流外注の際には、各種のサービスを比較し選んでいく必要があります。しかし、ただ単にコストが安いからといって選ぶだけでは、思わぬトラブルに見舞われることがあります。そこで重要となるのが、サービスの品質です。ですから、その品質をどういう基準で判断し、評価するかが課題となります。また、品質評価のポイントはどういうものか、どのような高品質サービスがおすすめなのか、それらも覚えておくと良いでしょう。

品質の定義

まずはじめに、「品質」とは何か直面する問題から明確に把握しておきましょう。一般的な理解としては、「製品やサービスが満たすべき機能、性能、特性などの総合的な要素」という意味合いになります。また、EC物流の外注においては、「注文処理のスピード」、「在庫管理の正確さ」、「配送の迅速さ・正確さ」、「対応のスピードと質」など、これらが全て高水準であることが要求されます。そして、これら全てが高品質ということになります。それはつまり、サービスが顧客の期待を超えることができるかどうか、それが品質の証明となります。

品質評価で重視するポイント

品質評価では、上述した各要素の向上度合いを評価することが一般的です。一方で、それらの各要素は、業務の実施状況や顧客満足度に直結するため、客観的に評価するメトリクスを設けることも重要です。具体的には、納期遅延率、注文エラーレート、在庫品目数の正確性、対応時間、返品対応率など、これらのKPI(Key Performance Indicator: 主要業績評価指標)を設定し、それが一定の水準以上を維持できているかを持続的にチェックし評価していくことが有効です。

お勧めの高品質サービス

最後に、お勧めの高品質サービスについて説明していきます。ここではお勧めの高品質サービスとして、「高精度な在庫管理」を実現するサービス、「迅速かつ正確な発送手続き」を提供するサービス、「親切な顧客対応」を行うサービスを挙げます。これらは品質評価の上で尊重される要素であり、これらを満足に提供するサービスは高品質と評価されます。それらを確かめるために、実際に「サービスの使い勝手」「配送の速度と精度」「アフターフォローの質」などを用いて検証すると良いでしょう。なお、具体的な事例や体験談なども参考になります。

外注後の業績改善ストラテジー

EC物流を外注した後、単にサービス提供企業に任せるだけでは十分な業績改善は見込めません。より良く、効率的に外注活用を行える戦略が求められるのです。では、具体的にどのようなアプローチが必要なのでしょうか。ここでは、そんな外注後の業績改善に向けたストラテジーを解説します。外注先のサービスを最大限に活用し、自社の業績改善に繋げていくための手法をお伝えします。

業績改善への具体的なアプローチ

業績改善のアプローチとして有効なのは外注先との“コミュニケーション”です。透明性のあるコミュニケーションにより、業績に影響を及ぼす要因を明確にし、問題点を解消していきます。また、定期的な改善提案やフィードバックを求めることで、サービスはより良いものに進化します。さらには“KPI設定”も重要なポイント。外注活用の成果を数値化し、目標達成の方向性を示すことで、明確な目標に向かって進んでいく事が可能となります。

事例に学ぶ改善策

業績改善のためには、他企業の成功事例を参考にすると良いでしょう。多くの企業が物流外注を成功させており、その経験と知見は貴重な学びとなります。例えば、具体的な改善策としては、外注先との定期的なミーティングを開催し、業務フローの見直しや改善提案を行う、KPIの達成具合を定期的にチェックし、必要に応じて変更や調整を行う、などの取り組みを試すのがおすすめです。

改善のための継続的な取り組み

大切なのは、一度改善策を実施したら満足せず、継続的な取り組みを行うことです。外注先との連携を強みに変え、その力で業績を底上げするためには、定期的なレビューと改善が欠かせません。例えば、業績は向上したもののその理由が明確でない場合、成功を再現することは困難になります。そのため、一定期間ごとに成果の検証と改善策の推進を行わなければなりません。これらの取り組みこそが、真の業績改善に繋がるのです。

まとめ

EC物流まとめ

EC物流の外注について、本記事では詳しく解説してまいりました。EC事業者が成長するためには無視することのできない「物流」について、あなたも新たな視点を得ることができたのではないでしょうか。今後のビジネス成功のために、ぜひとも参考にしていただければ幸いです。物流の外注は、コスト削減はもちろん、時間的な負担を減らすための手段として重要となるだけでなく、品質の高いサービスを提供するための手段でもあるのです。この見地から、物流外注の利点や注意点、適切なサービス選択の方法など、これら一連の情報をしっかりと把握し、あなたのビジネスに活かしていただければと思います。

EC物流外注の重要性

EC事業者にとって、物流外注は非常に重要な意味を持ちます。商品の発送から配送、在庫管理まで、物流はEC事業の重要な一部であり、これらをスムーズに行うことで、顧客満足度の向上やリピート率の増加といった効果が期待できます。しかし、自社で物流を完全に担当するのは、人件費や設備投資、ソフトウェア開発といったコストが発生し、経営負担が増しうるのです。そこで活用したいのが物流の外注です。詳細な業務をプロに任せることで業務効率化やコスト削減が期待できますし、また最新の物流知識や技術を用いた効率的な運営が実現します。これにより、本業に専念する時間を増やすことが出来、ビジネスの成長に繋がる可能性が高まります。

適切なサービス選択の絶対条件

次に、物流外注先を選ぶ際の条件について説明します。まず一つ目はコストパフォーマンスです。料金が安ければ良いというわけではなく、サービスの質と料金が適正であるか評価することが重要です。次に、システムの使いやすさも重要な条件となります。煩雑な作業をさせるシステムではなく、使いやすさを重視したシステムの選択が求められます。また、迅速な対応力も評価基準の一つであり、突発的なトラブルにも素早く対応でき、適切な解決策を提供してくれる企業を選ぶことが肝要となります。最後に、専門的な知識と経験を持つ担当者が配属されることも重要な条件となります。これらを踏まえ、お客様のニーズに応えることができる企業を選ぶと良いでしょう。

成功への道筋

最後に、物流外注の成功への道筋を示したいと思います。まず初めに自社の物流業務の現状を把握し、どの部分を外注すべきかを明確にすることから始めます。次に、上記の適切なサービス選択の絶対条件を参考に、複数の物流会社から見積もりを収集し、比較検討します。その上で、企業とパートナーシップを結び、詳細な条件を設定し契約します。外注が終わった後も、定期的なミーティングで改善点を見つけ出し、品質向上やコスト削減のための改善活動を行うことが重要です。しっかりとした計画と努力により、物流の外注は確実に成功へと繋がるでしょう。

富士ロジテックホールディングスのec物流サービスは、スタートアップ事業者も外注し易い料金プランも用意してあり、カート・モールとの連携方法についても各システム会社のOMSWMSを使用し運用しております。

自社運用や他社倉庫からの乗せ換えについては当社コンサルチームから最適な運用方法の提案、最適な梱包資材や物流拠点の選定、カスタマイズ料金をご紹介させていただいております。

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

冷凍配送とは?|適切な発送方法・梱包資材、注意点を解説
冷凍配送とは?|適切な発送方法・梱包資材、注意点を解説
冷凍配送とは、商品を冷凍状態で届ける配送手段の一つです。品質を維持したまま消費者に商品を届けられるため、野菜や肉、魚、乳製品などの食品を中心に取り扱うEC事業者に多く活用されています。 冷凍の商品は、配送時に温度管理が必要になるため、...
続きを読んでみる
通販物流とは?問題点と改善のポイントを解説【完全版】
通販物流とは?問題点と改善のポイントを解説【完全版】
通販物流には、流通加工や返品・交換などの細かい作業が含まれます。 作業時間が非効率 人員の確保ができない 人的ミスが多い などお悩みの企業様も多いのではないでしょうか。 この記事では、通販物流における問題点と課題をピックアップし...
続きを読んでみる
【レンタルビジネスの始め方】開業までのステップと必要な準備
【レンタルビジネスの始め方】開業までのステップと必要な準備
レンタルビジネスは環境に優しく経済的なビジネスモデルです。モノが溢れ人々の価値観が所有からシェアに移行しつつある現代、幅広い世代から支持を得ています。 商材は有形から無形のものまでアイデア次第で無限に可能性が広がっているため、これから...
続きを読んでみる
EC物流代行サービスとは?おすすめの代行会社15選を紹介
EC物流代行サービスとは?おすすめの代行会社15選を紹介
EC物流の需要が加速し、物流代行会社も徐々に増えている傾向にあります。選択肢の幅が広がる一方、利用を検討する方にとって選ぶのが難しい現状があるでしょう。 なぜなら料金体系が異なるうえに項目が細かく、さらに会社ごとに代行の対応範囲も変わ...
続きを読んでみる
EC物流とは?倉庫の選び方のポイントや物流代行会社10選を徹底解説
EC物流とは?倉庫の選び方のポイントや物流代行会社10選を徹底解説
ECサイトの運営にとって、EC物流は顧客満足度の向上や効率化、コスト削減などに欠かせない重要な要素です。 しかし、在庫管理や配送、返品処理などの課題が存在し、改善が求められます。本記事では、EC物流の改善ポイントや種類、物流代行サービ...
続きを読んでみる
ECサイトの在庫管理方法を徹底解説【3つのポイントも紹介】
ECサイトの在庫管理方法を徹底解説【3つのポイントも紹介】
事業の運営において経営に大きく影響を与える在庫管理業務。複数の販売チャネルを持つごとに在庫管理の難易度が上がるため、お悩みの方も多いでしょう。 そこで本記事では 3つの在庫管理の方法 在庫管理のポイント 在庫管理システムを利用するメ...
続きを読んでみる
【成功事例あり】レンタルビジネスのメリット・デメリット
【成功事例あり】レンタルビジネスのメリット・デメリット
レンタルビジネスについて「どのように収益が出せるのか?」「他社はどのような戦略で成功しているのか」など、疑問にお思いの方も多いかと思います。 結論から言うとレンタルビジネスで成功するポイントは、長期にわたり回転できる商材の選定と、自社...
続きを読んでみる
【ネコポス廃止】クロネコゆうパケットとは?サービスの違い・料金・送り方
【ネコポス廃止】クロネコゆうパケットとは?サービスの違い・料金・送り方
クロネコゆうパケットとは、ヤマト運輸と日本郵便が協業した、新たな配送手段の一つです。2023年10月よりネコポスのサービスは順次終了しており、クロネコゆうパケットへの移行が進んでいます。 クロネコゆうパケットは、出荷した荷物を、ポスト...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー