富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

物流の移転時期、検討のポイントと最適タイミング

物流

物流の移転時期、検討のポイントと最適タイミング

物流の最適化はビジネスにおいて不可欠な要素です。しかし、物流拠点の移転を決定する際は、そのタイミングが重要になります。いつ、どのように移転すれば効率とコストのバランスを達成できるのか、その決断は複数の要因を考慮した緻密な戦略が求められます。「物流の移転時期、検討のポイントと最適タイミング」では、物流移転を成功に導くために、いつ何をすべきかを具体的に解説します。コスト削減のポイントからスタッフの意見を集める重要性まで、移転を考える際のキーポイントを丁寧に検証していきます。

物流移転のプロセス概要

物流の移転には、多くのステップが存在します。まず初めに、移転をする目的を明確にし、それに応じた移転計画を立てます。次いで、新しい物流拠点や設備の選定、コストの見積もりと予算計画、必要な書類や許可の準備といった行政手続きまで、一連の流れを把握することが重要です。移転先の地形や交通の便、従業員の通勤のしやすさなども考慮し、物流の効率化はもちろんのこと、従業員の働く環境改善にも寄与できる拠点選びが求められています。この全体像を把握することで、物流移転のプロセスをスムーズに進行させることができるのです。

物流移転を考える前に抑えておくべき基本事項

物流移転を考える際には、さまざまな基本事項を理解しておくことがとても大切です。移転を考える前には、現状の物流状況の詳細な分析が求められ、遅延や損失、無駄が生じているポイントの特定が必要になります。また、新しい物流拠点に移転する場合の地域的なメリットやデメリットの評価、交通アクセスの良し悪し、労働力の供給能力など、さまざまな側面を考慮する必要があります。さらには、移転にかかわるコストの把握、法的制限や交渉事のポイントを把握することも忘れてはなりません。これらの事項を踏まえた上で、移転によってどの程度のコスト削減や業務効率化が見込めるのかを分析し、全体の戦略に落とし込んでいくことが重要です。

移転プロジェクトのタイムライン計画方法

移転プロジェクトを進めるにあたり、タイムラインの策定は非常に重要です。まず、プロジェクトの大枠となる期日を決定した後、各段階の作業内容をリストアップし期限を定めます。この作業期限は、実際の物流業務への影響を最小限に抑えつつ、効率良く作業を進めるためにも調整されるべきです。移転先の選定から契約、建設や設備の設置、従業員のトレーニング、移転実施までの各フェーズを、具体的な目標と細かいスケジュールに分け、詳細なタイムラインを作成することが必要です。こうすることで、各部署やチーム間での調整がスムーズに行え、移転プロジェクトを計画通り、かつ効率的に進めることが可能になります。

コスト削減効果を見込むためのポイント

物流移転に際して、コスト削減を目指すことは多くの企業にとって最優先の課題です。コスト削減を実現するためには、移転する地点の物件価格や維持費、人件費、物流網へのアクセスコストなど、総合的なコストを見積もることが不可欠です。効果的なコスト削減を図るためには、移転先での生産性の向上や物流効率の改善が予測できるかどうかを分析し、それを踏まえた上で、移転にかかる投資回収期間を検討する必要があります。また、長期的な視点で見た際の経済動向や市場のトレンドを加味して移転先を選定することも、コスト削減に繋がる重要なポイントとなります。

検討時期の見極め方

検討時期の見極め方

物流の移転を検討する際には、タイミングの見極めが非常に重要です。適切な時期を逃すことで、余計なコストが発生したり、競争力の低下を招いたりする可能性があります。そのため、移転の必要性を感じたら、まずはマーケットの動向を注視し、内部のリソース状況や現在の物流効率などを総合的に分析していくことが求められます。このプロセスは計画的に進めていく必要がありますし、関係する各部署との連携も欠かせません。

物流効率化のためのシグナルを読む

物流システムの最適化は、事業の効率を大きく左右する要素です。効率化のためのシグナルには、配送時間の遅延、在庫余剰、出荷ミスといった物流オペレーションの問題点があります。これらは、既存の物流システムが現在の需要に対応しきれていないことを示唆しており、移転やシステム改善の必要性を物語っています。また、新たな市場への展開や大規模なキャンペーンなど、将来予測されるビジネス展開の変化も、移転を検討すべきタイミングのシグナルとなります。

マーケットの動向に合わせた移転検討時期

マーケットが拡大している際や新しい顧客層を開拓できる可能性が高いタイミングでは、物流センターの移転や拡充が必然的に検討されます。マーケットの動向を正確に掴み、これに合わせた移転計画は成功を大きく左右します。例えば、競合他社が物流センターを開設した地域では、マーケットの共有化が起きる可能性があるため、こうした動きに敏感であることが、検討時期を見極める上で不可欠です。

内部スケジューリングとリソースの調整

内部スケジューリングとリソースの調整も検討時期を決めるうえで重要です。現状のオペレーションがピーク時でもスムーズに行われており、余力がある場合は、急いで移転を進める必要はありません。しかし、人員や設備が限界に近く、業務の効率化が急務である場合、内部のスケジュール調整を行いながら、リソースを適切に配分して移転計画を前進させることが求められます。適切なリソース配分は、移転プロジェクトの成功を左右する重要な要素になります。

効率化を実現する物流移転手順

効率化を実現する物流移転手順

物流の移転は、企業の効率化戦略の一環として非常に重要です。移転には多くのステップと細かい注意点がありますが、計画性と効率的な手順を確立することで、円滑な移転が実現できます。このプロセスにおいて、現状の物流のボトルネックを洗い出し、将来の展望を考慮した目標設定が必須であるのです。それに加えて、適切なロジスティクスパートナーを見つけ出し、最終的な物流センターのレイアウトを計画する必要があります。これらのステップを効率良く進めることが、物流移転時の成功への鍵となるのです。

最初のステップ:ニーズ分析と目標設定

物流移転における最初のステップは、自社のニーズを徹底的に分析し、明確な目標を設定することから始まります。そのためには、現在の物流システムの問題点を洗い出し、それを解決することができる新しい物流センターの条件を考える必要があります。目標設定には、短期的な改善はもちろん、長期的な成長戦略を見据えた上で、具体的かつ測定可能な目標が求められます。これにより、移転先の選定やロジスティクスパートナーとの協業の方向性が決定されるのです。

効率化を加速するロジスティクスパートナーの選定

物流移転を成功に導くためには、信頼できるロジスティクスパートナーの選定が不可欠です。効率化を目指すには、パートナー企業との連携が重要となり、その選定プロセスには細心の注意が必要です。適切なパートナーであれば、物流の専門知識やネットワーク、さらには最新のテクノロジーを利用して、物流の最適化を図ることができるでしょう。また、パートナーとの協力関係は、将来的な変動にも柔軟に対応できる強固な物流基盤を構築する助けになります。

移転後のオペレーション効率化を目指したレイアウト計画

移転が完了した後のオペレーション効率化は、物流センターのレイアウト計画に大きく依存します。この段階での計画には、受発注のプロセス、在庫管理、配送ルートの最適化等、多岐にわたる要素が関与してきます。効率化を最大限に引き出すためには、ワークフローのシミュレーションを行い、必要な機能や設備が最適な位置に配置されることを保証することが求められます。この計画段階での洞察と先見性が、長期的に見て業務効率の向上とコスト削減をもたらすのです。

物流システム導入と移転タイミング

物流システム導入と移転タイミング

物流の効率化は企業の生命線であり、システム導入と移転はその中で特に重要な判断が求められます。物流センターの移転と新たな物流システムの導入は、機会でもありリスクでもあります。移転時期が重要なのは、既存の業務に影響を最小限に抑えつつ、様々な経済的・物理的な利益を最大化するためです。特に、最新の物流システムを導入する際には、移転を機にすべてを再構築するチャンスがありますし、コストや作業の効率を大幅に改善する可能性が留保されています。

システム導入に最適な移転時期の特定

物流システムの導入を考えた場合、最適な移転時期を特定することは極めて重要です。絶好のタイミングは、現在の物流状況や市場の要求、そして将来のビジネス戦略を総合的に分析した上で決められます。市場が成長している最中、またはビジネスが安定している時期に計画を進めるのが望ましいでしょう。また、年間の物流が穏やかな時期を選ぶことで、移転による業務の中断を最小限に抑えることができます。さらに、システムのテスト運用を十分に行える時間的余裕も考慮に入れなければなりません。この時期の特定には、将来の成長予測や、物流システムベンダーとの調整も重要な要素となります。

既存システムと新システムのスムーズな移行計画

物流システムの移行には、計画的なアプローチが求められます。既存システムのデータを新システムへと完全にかつ正確に移行することは、作業の継続性を保つ上で不可欠です。移行計画を立てる際は、データバックアップやシステムテスト、エンドユーザーのトレーニングが組み込まれるべきです。また、リスクマネジメントの観点から、段階的に移行を進めることで、もし何か問題が発生しても影響を局所化できるようにします。移行の段階ごとに、一つ一つのスモールステップをクリアし、確実なフィードバックを得た上で次の段階に進むことが肝心です。

導入後の劇的な変化と準備すべきこと

新しい物流システムの導入後は、劇的な変化が起こることが期待されます。効率化はもちろん、データ管理の正確性が向上し、リアルタイムでの在庫管理や配送状況の把握が可能になります。これにより、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。しかし、これらの変化を適正に実感できるようにするためには、しっかりと準備することが不可欠です。ユーザーマニュアルの作成やスタッフトレーニング、そして従業員間のコミュニケーション強化を通じた変化への適応が重要となります。また、新システムを維持するために必要となる定期的なメンテナンス計画も考慮に入れるべきです。これらの準備を進めることで、変化をスムーズに乗り切り、物流の最大化を実現していきます。

コストとリスクのバランスを取る移転検討

コストとリスクのバランスを取る移転検討

物流の移転は、コスト削減や効率化を目指しているため大きなチャンスでありますが、それにはリスクも伴います。移転検討においてはコストとリスクの両面からバランスを取る必要があるのです。比較的リスクが高いとされる急な市場の変動、移転先での新たなトラブル発生の可能性、そして既存顧客へのサービス影響など、移転を決断する際には多面的な検討が必要でしょう。経営陣とスタッフ間での意思疎通を図りながら、計画的な移転プロセスを進めっていかなければなりません。

移転コストを計算する際の重要要素

物流施設の移転の際には、さまざまなコストが発生します。具体的には移転に伴う直接費用のほか、間接費用が見過ごされがちであります。直接費用としては、新たな土地や施設の取得費用、改装費、移転作業のための人件費や物流コストが考えられるでしょう。間接費用としては、移転による業務の中断からくる機会損失、スタッフのトレーニング費用、新システムへの切り替えに要する時間とコストなどがあります。すべての要素を総合的に評価し、理想的な物流の移転計画を策定することが重要でしょう。

リスクマネジメント:予測不可能な事態とその対策

物流の移転は複雑であり、様々なリスクをはらんでいます。特に予測不可能な事態に対しては、柔軟かつ迅速に対応する体制を整える必要があります。例えば、自然災害による移転の延期、仕入れ先とのコミュニケーションミスからくる物流コストの増加、予期せぬ法律の変更による施設基準の変更など、多くのアウトサイドリスクに備える戦略が欠かせません。これらの対策として、移転プロセスには余裕を持たせる、リスク保険への加入、多様なサプライチェーンの確保といった手法が挙げられます。また、リスク発生時の迅速な対応のためにシミュレーションを活用することも有効な策でしょう。

コスト対効果を高めるための戦略立案

移転に際して最も注目されるのはコスト対効果の最大化です。そのためには、移転の目的を明確にし、それに基づく具体的な戦略を立案することが不可欠です。新しい施設ではどのような工程改善が可能か、新たな物流システムによってどんな利益をもたらすのかを詳細に分析します。また、既存の顧客サービスに影響を与えずに移転を実施するために、移転の段階を処理能力の低下が少なくするように計画的に行ったり、移転後速やかに業務を再開できるように事前に準備を行うことが肝心です。コストと効果の詳細な予測を立てて、最適な戦略を策定していきましょう。

スタッフの意見を集める重要性

スタッフの意見を集める重要性

企業が移転を検討する際、スタッフ一人ひとりの声を集めることは極めて重要です。このプロセスは、移転の成功においてかかせない要素であり、全体の士気を高めるとともに、効果的な移転戦略を立てるための貴重な情報源となります。スタッフからのフィードバックは、移転時の具体的な問題点や改善点を把握するのに役立ち、予期せぬトラブルを防ぐためには不可欠です。また、スタッフが移転により感じる不安や期待を理解することで、よりスムーズな移行が図れることは間違いありません。

移転に関連する社内コミュニケーションの計画

社内における移転プロジェクトを成功に導くためには、しっかりとしたコミュニケーション計画が求められます。まず、移転に関する情報を透明性を持ってスタッフ全員に共有することが重要です。これには、移転の理由、スケジュール、新しい拠点に関する情報などが含まれるべきです。そうすることで、スタッフは変化に対する不安を感じることなく、移転プロセスに積極的に関わっていくことができます。定期的なミーティングやニュースレターの配布、社内イントラネットでのアップデート公開など、情報を円滑に流通させるために様々な手法が考えられます。

スタッフの不安を解消するための情報開示

スタッフが抱く移転に関する不安を解消するためには、情報開示が一層の誠実さをもって行われるべきです。具体的な移転の動機や目的、さらには移転後のビジョンなど、包括的な情報を提供することで、スタッフの理解を深めます。また、スタッフが直面するであろう変化に対する具体的なサポートプランを事前に準備し、安心感を持って移転の過程を経験してもらうことが重要です。例えば、新拠点までの交通手段の変化や、新しい職場環境への慣れなど、具体的な心配ごとに対してきめ細やかな情報を提供することが誠意あるコミュニケーションと言えます。

移転への全体的な協力体制を構築する方法

移転期間中の流れをスムーズに保つためには、スタッフ全員の協力が不可欠です。これを実現するためには、スタッフ一人ひとりが移転プロジェクトにどのように関わり、貢献できるかを明確にすることが重要です。また、チームワークを促進するためのワークショップやチームビルディングの活動を行うことも効果的です。これにより、スタッフ間の連携が深まり、互いに協力して移転の各段階を乗り越える体制が整いません。キーパーソンとなるプロジェクトチームを作成し、リードすることで、スタッフ全体の協力体制の構築が進むでしょう。

最適な移転タイミングのロジスティクス面からの分析

最適な移転タイミングのロジスティクス面からの分析

日本の企業は、市場の変化やビジネス拡大により物流拠点の移転を考えることも少なくありません。特に、コスト削減や供給網の最適化を目指して、物流システムを見直す際には、そのタイミングが非常に重要です。物流拠点の移転を検討する際には、いくつかのロジスティクス関連の要素を分析し、最適な時期を見極める必要があります。物流システムの能力、拠点の位置、在庫レベル、そして何よりも配送スケジュールなど、これらの要素は移転タイミングの決定において大きな影響を与えます。

配送スケジュールの変動とその対応策

物流拠点の移転を考える際、配送スケジュールの変動は避けられない問題です。特に季節によって需要が変動する商品を扱う場合、配送スケジュールは非常に複雑になります。そのため、予測可能な需要変動を考慮した上で、移転しなければなりません。一例として、繁忙期を避けてオフシーズンに移転することで、配送遅延のリスクを最小限に抑えることができるでしょう。また、移転の実施に先立ち、顧客や供給業者とのコミュニケーションを強化し、移転期間中の配送スケジュール調整を進めることが不可欠です。このように、スケジュールの変動への対応策をしっかりと立てることで、移転期間中の混乱を避けることができるのです。

新しい物流拠点の選定基準と期待するメリット

新しい物流拠点を選定する際には、立地やアクセスの良さ、設備の充実度、さらにはコストパフォーマンスなど、様々な要素を考慮する必要があります。戦略的に良い位置にある物流拠点を選ぶことは、配送効率を大幅に向上させることができますし、コスト削減にも寄与します。選定基準として、既存の物流ネットワークとの連携や、将来的なビジネスの拡大を見越した容易なスケールアップの可能性も重要です。物流拠点を最適な場所に設けることで、メリットとしては短い配送時間、低い輸送コスト、改善された顧客サービスの質を期待することができるのです。

移転のタイミングに最適化された在庫管理術

在庫管理は、物流の移転タイミングを最適化するうえで、欠かせない要素です。移転時、在庫過剰や不足は業務に大きな影響をもたらすため、正確な在庫分析と適切なレベルの維持が必須です。移転計画の立案時には、在庫の正確な調査を行い、さらに移転期間中の在庫補充について具体的なプランを立てることが求められます。加えて、移転後すぐの業務再開をスムーズにするためには、移転前の売上データや市場の動向を分析し、過不足なく在庫を調整することが大切です。こうして、移転のタイミングに合わせた適切な在庫管理を行うことで、業務の中断を最小限に抑えることが可能となるのです。

移転を成功に導くプロジェクトマネジメント

移転を成功に導くプロジェクトマネジメント

物流移転は、大きな影響を及ぼすプロジェクトです。失敗すると、物流業務に支障をきたすだけでなく、企業の信頼性にも悪影響を及ぼし兼ねません。物流移転を成功に導くためには、プロジェクトマネジメントのノウハウが必須です。計画的なスケジュール管理、リスクアセスメントの実施、そして関係者間の効果的なコミュニケーションの確立など、多方面に渡る要素を緻密に調整することが求められるのです。全体計画に基づいた詳細なアクションプランのもと、各フェーズごとの管理を徹底して行い、移転成功へと導かなければなりません。

物流移転プロジェクトにおけるマイルストーンの設定

移転プロジェクトを遂行するにあたり、目標達成のためのマイルストーン設定は至極重要です。マイルストーンは、プロジェクトの要所要所に位置する大切なチェックポイントであり、プロジェクト全体の進行状況を把握するのに役立ちます。例えば、新しい物流拠点の選定、契約締結、物流システムの移行スケジュール確定など、プロジェクトの大きな転換点となるイベントを明確に定めることが求められます。正確なマイルストーンの設定がプロジェクトの透明性を高め、ステークホルダーに対する信頼を築くキーになりますし、万が一にも問題が生じた場合には、迅速な対処と修正のための基準ともなるのです。

プロジェクトの進捗管理と報告体制の重要性

プロジェクトの成功は進捗管理にかかっています。日々の進捗を追いかけ、計画から乖離していないかを確認する作業が不可欠です。進捗管理を徹底することで、時期に合わせた正確な対応が可能になり、余裕を持った調整が行えます。また、定期的な報告体制を確立することも重要で、進捗の可視化はプロジェクトメンバーのモチベーションにも繋がります。リーダーは報告を通じて、チーム全体に現状を共有し、必要な指示を出していく必要があります。そうすることで、プロジェクト各員が自分の役割と責任を認識し、目標に向かって一丸となって動く体制を築くことができるのです。

移転成功のカギ:チームワークとリーダーシップの必要性

最後に、移転プロジェクトを成功へと導くには、チームワークの強化と優れたリーダーシップが不可欠です。それぞれのメンバーが専門知識と経験を持ち寄り、互いに協力し合うことで、複雑な課題も効率良く解決していくことができます。リーダーはそのチームを統率し、明確なビジョンを示しながら適切な指導と支援を提供する役割を果たさなければなりません。メンバーの士気を高め、プロジェクト全体のパフォーマンス向上に繋げるためには、コミュニケーションを積極的に図り、信頼を築くことが必要です。チーム内で確かな結束力を持ち、各々が責任を持って行動することが、移転プロジェクト成功の重要な鍵なのです。

富士ロジテックホールディングスは長年の経験を有し物流コンサルティングチームによるプロジェクトにて最適なサプライチェーンにおける物流拠点の選定、保管方法、人員計画、配送計画を提案しております。

物流拠点の移転を検討している企業は一度、相談してみてください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーは3大ECモールと呼ばれ、他のモールと比較しても圧倒的な利用率を誇っています。 選択肢が多いと、出店する際に何を基準としてモールを決めたらよいか悩みますよね。 そこで本記事では、出品者と消費者の視点の両方から...
続きを読んでみる
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
Yahoo!ショッピングでは、2020年12月から配送品質の向上を目指した優良配送の取り組みが始まりました。 2022年8月には、優良配送に認定された商品を優先的に上位表示する取り組みも始まり、優良配送の重要度がますます高まっています...
続きを読んでみる
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理を成功へと導く鍵、「SKU」とは一体何でしょうか?この記事では、SKUがもたらす効率化とその具体的な管理方法について、商品識別から物流改善まで幅広くご紹介します。SKUの基本から最先端の活用法まで、明確かつ実践的な知識をお届け...
続きを読んでみる
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは、保管や輸配送において温度を区分けして指定することを意味します。温度区分は商品の特性によって分けられており、品質を守るために重要なシステムです。 3温度帯がなければ、生鮮食品や冷凍食品などの温度管理を必要とする商品を遠方に...
続きを読んでみる
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー