【FemTech 企業シリーズ】station F 世界最大のベンチャー基地 at Paris

station F

Written by 植島 寛子

フランス・パリにある世界最大級のベンチャー基地「station F」。「station F」では、「FemTech Program」が開始されることになりました。今回は、「station F」の取り組みや狙いをご紹介していきます。

station Fとは?

station Fは、パリの13区にある世界最大のベンチャー基地のことです。2017年に貨物駅に誕生しました。創立者は、フランスの企業家であるグザヴィエ・ニエル氏です。グザヴィエ・ニエル氏は私財2億ユーロを出したといわれています。Station Fはスタートアップインキュベーション施設の役割を果たし、国籍に関係なく入居応募に合格した厳選された実現しつつある企画を持つスタートアップ企業たちが利用可能です。
station Fを利用してできる主なことは、以下の通りです。
・3Dプリンタやレーザーカッターなどの共同利用できる
・会議室やイベントスペース、カフェがある
・政府系機関、上級ビジネススクール、世界的なIT企業、投資機関があって資金提供を受けられる
・独自のプログラムに参加できる
これから新たに事業を始めようとするベンチャーにとっては魅力的といえるでしょう。

station Fが始めたFemTech Programとは?

FemTech Programは、station Fがフェムテックのスタートアップ企業のために開始したプログラムです。年に2回活動が軌道に乗りそうな企業のサポートを半年間行います。
プログラムには、50人のFemTech専門家が参加しています。
フェムテックにとって参加するメリットは、以下の通りです。
・フェムテックの起業家や専門家が講師を務める専用のワークショップトラックにアクセスできる
・ベンチャーキャピタルに資金調達について相談できる
・コミュニティができる

期待されるメリット

FemTech企業が、資金調達しやすくなる
多くのFemTech企業は、資金調達に問題を抱えています。男性投資家の多くは、フェムテック関連サービスや製品に関心がありません。さらに男性投資家の方が、女性投資家よりも数が多いです。そのため上手く資金が集まらないという悪循環が起きています。
またベンチャーキャピタルが資金を調達する際、契約書が交わされることが多いです。契約書には、性に関する関連する企業には投資できないという条約が結ばれているケースも少なくありません。
そのため自力で資金調達するとなると、苦労するFemTech企業が大半です。しかしSTATION Fのサポートを受けると、ベンチャーキャピタルに資金調達について相談できて、資金を獲得しやすくなります。

有益な企業や人物と知り合える
STATION Fでは、技術コミュニティで協力できそうな企業出会える、開催されるワークショップに参加してロビー活動ができます。他のフェムテック関連企業と親しくなれるので、横のつながりもできます。単独でスタートアップした企業と比較して、人脈が全く違ってくるでしょう。今後のビジネスにも大きく関係する可能性があります。

実際にプログラムに参加したスタートアップ企業は以下の通りです。
・Intimately‥障害のある方向けのランジェリー
・Guud・・生理や妊娠を希望する女性サポートと製品
・Puissante‥性生活に関する製品
・My S Life・・デジタルで婦人科医と性的健康に関する女性の日常をサポートするサービス
・talm‥妊娠前後の女性向けのスキンケア
・TalQ‥セクシュアリティに関する事に関する発言をもっと自由にしようという取り組み
・Sonio‥先天性奇形の分析と診断を胎児超音波AIソフトウェアで支援
・ERLA Health‥嚢胞性卵巣症候群の診断やケア
今後これらの企業がフランスだけでなく、世界の女性の健康を救う可能性があります。今はベンチャー企業ですが数年で急拡大する可能性もあるでしょう。今後目にする可能性のある企業なので、気になった企業はチェックするといいでしょう。

https://stationf.co/companies

https://stationf.co/companies

 

 

日本では?

日本でも、FemTechを始めようとするベンチャー企業が増えつつあります。ただ日本ではべンチャーの成功事例をみ、て大手企業の後からFemTech参加という事例が目立ちます。ただし国内では、まだまだデジタル系フェムテックではなく生理・生理用品など実際にある商品を取り扱う例が少なくありません。

そのため国内ベンチャーも参戦する余地はまだあると考えられます。さらに国内でもSTATIONFのような取り組みを始めようと、愛知県にステーションAiが2024年に誕生予定です。国際的なイノベーション創出の拠点を目標に掲げ、国内外の大学や企業と連携し、本格的なサポートが予定されています。
2021年4月より統括マネージャーのいる相談窓口及びスタートアップへのビジネス支援等は開始している状態です。

今後ステーションAiが本格的に稼働すれば、スタートアップ企業を続々とサポートして世に送り出すと予想されます。しかしFemTech分野に関してステーションAiが力を注ぐかどうかは不透明です。FemTech分野も大幅に支援されると、国内でもさらにFemTech企業が盛り上がっていくでしょう。今後の動向に注目が集まります。

最後に

STATION Fの支援を受けたFemTech企業が、フランスだけでなく世界、日本でも活躍する可能性があります。今後の動向から目が離せません。資金繰りに苦労することの多いFemTech企業ですが、国内でもSTATION Fのような支援が複数登場すれば、さらに勢いを増す可能性があります。今のFemTechの商品やサービスでは物足りないという方は、ベンチャー企業を支援する仕組みを使って自分で作ってみるといいかもしれませんね。

 

編集部 追記

FemTechのコミュニティ、情報はこちらでも。

Femtech Insider

https://femtechinsider.com/

 

https://femtechinsider.com/