富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

物流とは?入庫から出庫まで:一瞬で理解するステップバイステップガイド

EC物流 物流代行

物流とは?入庫から出庫まで:一瞬で理解するステップバイステップガイド

物流とは一体何でしょうか。誰もが一度はその言葉を聞いたことがあるでしょう。しかし、その細部まで理解している人は少ないかもしれません。物流の重要性やその基本について詳しく解説します。物流は私たちの生活や経済活動と密接な関係を持ち、それは生産物の輸送から販売までの一連の流れとなります。これらから物流の基本とその重要性を認識することができます。

物流の定義とは何か

物流とは、製品やサービスが消費者に届くまでの一連の過程を指す言葉であります。主に生産、輸送、保管、配送といった一連の活動を含む幅広い概念で、効率的に行うことで企業の業績向上に寄与します。物流は製品を正しい場所に、正しい時間に、正しい量だけ適切に届けることを目的としており、そのためには物流管理が重要となります。物流管理とは工場から生産物を確実に目的地へ届けるための一連の取り組みや戦略のことであり、物流の効率性を追求します。

物流の役割とは

物流の役割は非常に幅広く、単に製品を輸送するだけでなく、経済活動全体を支え、結びつける重要な作用を果たしています。例えば、生産地から消費地への製品の輸送は、需給ギャップを埋める役割を果たします。一方で、製品の保管や在庫管理は、製品供給を安定化させるために必要な作業です。また、物流は時間と場所のギャップを克服するための手段であり、適切な物流管理により、企業は顧客のニーズに応え、競争力を強化することができます。

物流がビジネスに与える影響

物流はビジネスに大きな影響を及ぼします。まず、効率的な物流は製品のコストを下げる役割を果たします。これは、製品の生産から消費者への配送までの過程で必要な時間とコストを減らすことで実現します。さらに、物流の質向上は顧客満足度の向上に繋がります。適切な時間と場所で製品を届けることで、顧客のニーズを満たし、顧客満足度を高めることが可能となります。これらは、企業の競争力を強化し、経済的な成果を生む重要な要素となります。

物流の主要なプロセス

物流とは商品を適切な場所へ適切な時間に適切な形で配送する一連の流れのことを指します。物流はビジネスの拡大を図る上で欠かせない要素であり、その効率化が力強い成長を促すための鍵となります。物流を一言で表すとそれは「適材適所」、つまり企業が必要とする商品や人材、情報を適切なタイミングで適切な場所に運び届ける仕組みなのです。そのため、物流の主要なプロセスを理解し管理することは、全体の生産性や業績に直結します。

物流プロセスの概要

物流プロセスは大きく「供給源からの入庫」「保管」「出庫を経て顧客への運送」の3つのステップに分けられます。供給源からの入庫とは、製造工場やサプライヤーから商品を受け取り、自社の保管スペースへ運び込むことを指します。次に、保管とは商品のインベントリ管理を行いながら次のステップへの移動を待つことです。最後に、出庫を経て顧客への運送とは、顧客の注文に応じて商品を出庫し、運送会社や自社の運送手段を利用して顧客のもとへ届けるプロセスになります。

入庫から出庫までのステップバイステップ

入庫から出庫までのステップバイステップを詳細に見ていきましょう。まず最初に行うのは「受け取り」、供給元から商品を受け取ります。その後「検品」を行い、商品が適切な状態で受け取られたかを確認します。続いて商品は「保管」されます。保管期間中には、定期的な「在庫確認」が行われることで、必要な商品が適切な数量だけ確保されていることを保証します。次に「ピッキング」、つまり出庫前の商品の準備が行われます。これは顧客からの注文に基づくものです。ピッキングが終わったら、「梱包」が行われ、最後に「出庫」そして「配送」が行われるのです。

特別な状況下での物流プロセス

一方で、災害やパンデミック、サプライチェーンの混乱など特殊な状況下では、物流プロセスには柔軟な対応が求められます。例えば、供給源からの入庫が滞った場合、代替品の調達や在庫の見直しを早急に行う必要があります。また、大量の注文が一度に発生した場合、出庫作業の効率化や配送ルートの最適化を模索しなければなりません。そのため、特別な状況下での物流プロセスでは、通常時以上のスピードと正確さが求められるのです。一方、効果的なリスクマネジメントを行うことで、こうした特殊な状況への対応力を養うことも重要でしょう。

入庫プロセスの詳細

入庫プロセスの詳細

入庫プロセスとは、商品が倉庫に到着するところから管理されていく一連の流れのことを指します。このプロセスは商品の取扱いや取引の品質、顧客満足度など、ビジネス全体に直接影響を与えます。ここでは、具体的には「商品のチェックと整理」、「在庫数量の管理」そして「在庫データの記録」について、それぞれの詳細を深堀りして説明を進めていきます。

商品のチェックと整理

商品が倉庫に到着したら、まず初めに商品のチェックと整理を行います。これは商品の状態を確認し、期待通りの品質を保証するための大切なプロセスです。商品のチェックでは、商品が適切に包装されているか、破損や不良がないか、などを確認します。これにより、出荷前の潜在的な問題を未然に防ぐことが可能になります。

次に商品の整理です。商品を適切な位置に保管するためには、商品の種類、形状、重さなどを考慮して配置を決定します。この整理作業により、効率的な倉庫運営が可能となり、迅速な出荷作業をサポートします。

在庫数量の管理

在庫数量の管理は、供給と需要のバランスを保つ上で重要な役割を果たします。具体的には、どの商品がいつ、どれくらい必要かを予測し、必要な数量を適時に補充します。在庫数量の適切な管理により、過度な在庫によるコスト増や、在庫切れによる顧客の不満を防ぐことができます。

また、在庫の状況により、商品の補充頻度や購入数量を調整することもあります。このようにして、在庫数量の管理により、効率的な資源の配分そして顧客満足度の向上につながります。

在庫データの記録

倉庫在庫の最終段階が在庫データの記録です。すべての商品情報を正確に記録・保存することで、現在の在庫状況を正確に把握し、必要なら即時に対応することが可能となります。データは電子的に保存され、必要に応じて分析するための情報源となります。

在庫データの記録には、商品の種類、数量、在庫位置など、商品毎の詳細な情報が含まれます。これらの情報は、適切な在庫管理をサポートし、透明性と効率性を確保します。もちろん、これらのデータは定期的に更新・チェックされ、常に正確かつ最新の情報を保持しています。これにより、ビジネス全体の効率性と顧客満足度の向上に直接貢献します。

保管プロセスの詳細

保管プロセスの詳細

保管プロセスは、ビジネスの運用にとって極めて重要な部分を占めるものです。商品や資材の安全な保管は、利益を確保し、ユーザーの満足を維持するために不可欠なのです。そのためには、効率的で組織的な管理システムが必要となり、その中心にあるのが物流センター、在庫管理システム、保管期間中の商品管理です。

物流センターでの商品の整理と配置

物流センターにおいては、数多くの商品が収められています。そこで重要となるのが商品の整理と配置です。これにより、商品の取り出しや発送がスムーズに行え、効率的な業務運営が可能となります。商品は種類、形状、重さなどにより分類され、配置されます。さらに、在庫量に応じて商品の配置場所も変動し、在庫管理においても重要な側面を持っています。また、定期的な商品の点検も行われることにより、その状態を確認し、商品の質を維持していきます。

在庫管理システムとは(WMS

在庫管理システムとは、商品の在庫状況を一元管理できるシステムのことを指します。これにより、どの商品がどの程度の量で在庫されているのか、また、どの商品がいつ発送されたのかなどを把握することが可能です。従って、在庫切れや過剰在庫を防ぐための対策を適切に行うことが可能となります。また、需要予測も行いやすくなるため、未来の販売計画を立てる際にも有用です。

保管期間中の商品の管理

商品が保管されている期間の間も、一定の管理が求められます。それは、品質維持のためだけでなく、動きやすさやセキュリティ面でも大切な事項です。温度や湿度の管理はもちろんのこと、防犯対策も重要な項目となります。更に、消防法など法規制に対する準拠も確認し、定期的に監査を行うことで法的な問題を防ぎます。これらの管理が徹底されていることで、商品は適切に保管され、お客様には当然のことながらベストな状態で届けられるのです。

出庫プロセスの詳細

出庫プロセスの詳細

出庫とは、商品が倉庫から取り出され、配送の手段に乗せられるまでの一連の作業のことを指します。これらの作業には、実際の商品のピッキングと梱包、出庫データの記録、そして商品の配送という三つの主要なステップが含まれています。これらのプロセスは緻密な管理と効率性が求められます。

商品のピッキングと梱包 

商品の出庫は、その最初のステップであるピッキングから始まります。ピッキングとは、倉庫内から発送するための商品を選び出す作業のことを指します。スタッフはピッキングリストをもとに、商品を探し出し、カートに積みます。この際に、商品の数量や状態などを確認し、正確にピッキングを行うことが重要となります。

次に、ピッキングされた商品は梱包エリアへ移送されます。梱包とは、商品を適切な包装材で包み、出荷の準備をする作業のことです。商品の種類や形状、サイズに応じて最適なパッケージング材を選び、商品が配送中に損傷を受けないように注意深く梱包します。

 <関連記事>

梱包作業を簡単に効率化!改善のコツ8つと事例をECの現場から解説 

出庫データの記録

出庫データの記録は出庫プロセスの重要な一部です。これには、出庫される商品の品名、数量、出庫日時など具体的な情報が含まれます。正確さと速度はこのプロセスにおいて不可欠で、ミスが発生すると在庫管理が乱れたり、出荷ミスが生じたりする可能性があります。

ほとんどの企業では現在、データ記録にはバーコードスキャナーやRFIDリーダーなどを使用し、出庫データを自動的に記録するシステムを採用しています。これにより人的なエラーを大幅に減らしたり、作業効率を向上させたりすることが可能です。

商品の配送

出庫プロセスの最後のステップは、商品の配送です。このプロセスは出庫作業が終了した商品を最終的な受取人へ届ける作業で、配送方式は商品の種類や量、配送先により異なります。小売業者やオンラインストアは、宅配便や郵送など個々の消費者へ配送することが一般的でしょう。

一方で多量の商品をまとめて、企業間で配送する場合はトラックや貨物列車、貨物船など大量輸送に適した手段が利用されます。いずれの場合も配送のスムーズさと正確さは極めて重要で、また配送状況のトラッキングや情報更新も定期的に行われます。

物流の効率化と最適化

物流の効率化と最適化

物流の効率化と最適化は、現代ビジネスにおいて非常に重要な課題となっています。特に、経済のグローバル化とIT技術の進化に伴い、物流の役割はますます複雑化し、その重要性が増しています。企業が競争力を維持し成長していくためには、物流プロセスの効率化と最適化が不可欠であり、新たな技術の導入や適切な運用方法の策定などが求められるのです。

効率的な在庫管理とは

効率的な在庫管理とは、適切な数量の商品を適切な時期に準備し、顧客の需要に応えることができる体制を作ることです。これにより、商品の過剰在庫や在庫切れによる機会損失を防ぐことができます。さらに、データ分析を行い、予測や統計をもとに在庫を管理することで、物流コストを抑制したり、収益を最大化することも可能です。インターネットの発達により、データ分析ツールはますます進化し、より細かい在庫管理が可能になります。企業がこれらの効率的な在庫管理技術を導入し、最適化を進めることが求められます。

最新の物流技術トレンド

物流業界でも、AIIoT、ブロックチェーンなどの最新技術が注目されています。AIの使用は、需要予測やルート最適化、自動化・効率化などの物流業務改善に寄与しています。また、IoTは、適切な在庫管理や配送状況のリアルタイムの可視化に役立ちます。さらに、ブロックチェーン技術は透明性とトレーサビリティを提供し、サプライチェーン全体の効率化を実現する可能性を秘めています。これらの最新技術は、物流の効率化と最適化という課題への解決策の一つでしょう。

物流最適化のためのベストプラクティス

物流最適化を進めるためには、以下のベストプラクティスを参考にするとよいでしょう。まず、経営者全体で物流の改善意識を高め、全社員が物流効率化につながるアイデアを提案する環境を作ることが必要です。次に、ITツールを導入し、データ分析に基づく戦略的な意思決定を行います。その後、スタッフの育成と教育に力を入れ、高度なスキルを持つ物流プロフェッショナルを育てます。また、物流パートナーとの良好な関係を維持し、共に業務を改善していきましょう。最後に、継続的に物流の改善活動を行い、状況に応じて改善策を見直します。これらは物流最適化の効果的な進め方の一部です。

物流の課題と解決策

物流業界は、これまでに数々の課題に直面してきました。その中でも特に露呈しているのが、人手不足と効率化の問題です。これらの課題を解決するためには、新たな技術の導入や労働環境の改善が必要不可欠でしょう。さらに、環境問題への配慮や、無駄な運賃の削減といった視点からも物流の最適化が求められています。その解決策について詳しく見ていきましょう。

物流における一般的な問題点

物流業界では、まず人手不足が深刻な問題として挙げられます。高齢化が進む日本社会において、物流業界で働く労働力が足りなくなってきているのです。特に運転士の高齢化が進んでおり、次世代の人材確保が喫緊の課題となっています。また、配送効率の低さも問題の一つです。一般的な物流は、荷物を集荷し、集荷した荷物を一箇所に集約してから配送するという流れが一般的ですが、これが冗長で時間がかかるという問題があります。さらに、配送ルートの最適化ができていないことも課題となっており、適切なルートを選択できないために運賃が上昇してしまいます。

これらの問題に対する解決策

これらの問題を解決するためには、まずは配送効率の向上が求められます。ICT技術の導入により、どの既存の配送ルートが最も効率的であるかを判断することが可能になります。また、AIを使用した自動配送システムも開発されつつあり、それにより人手不足の解消が期待されています。さらに、無人搬送車やドローンによる配送も実現しつつあり、これにより配送速度の向上や人手不足の解消が可能となります。

未来の物流に求められること

物流業界が取り組んできた課題解決だけでなく、未来の物流に求められることもあります。それは、地球環境への配慮です。物流業界はCO2排出量の多い産業の一つであり、環境負荷を軽減するための取り組みが必須です。例えば、電動トラックや燃料電池車を使用した環境配慮型物流の実現が求められます。また、循環型社会の実現に向けて、リユースやリサイクルによる物流も進化していくでしょう。このように、未来の物流は人間や環境への配慮を徹底しつつ、効率的な配送体制を築くことが求められます。

まとめ:物流の理解を深める

まとめ:物流の理解を深める

物流とは、商品を生産地から消費地に適切に運ぶ仕組みのことです。ビジネスの世界においてとても重要であり、効率的な物流が求められています。そして、そのためには物流の全体像の理解、物流プロセスをスムーズにする方法、そして物流を最適化するためのステップなどが必要となります。それはどういうことか、以下で詳しく解説していきます。

物流の全体像の理解

物流の全体像とは、仕入れから出荷、そして配送までの一連のフローを指します。適切な商品の選定、製造や包装の手順、輸送、そして商品の受け取りまで、全体の視野を持つことが重要です。また、これら一連の物流プロセスのうち、効率的に行うべきポイントを見極め、それぞれをスムーズにつなげる必要があります。具体的には、商品がどこから供給されているのか、どのように運ばれているのか、どのように配布するのかなどの情報を把握することです。これにより、不必要な遅延を避け、更に初期コストを低減させることが可能となります。

物流プロセスをスムーズに進める方法

物流プロセスをスムーズに進める方法として、まずは適切な情報共有を行うことが大切です。関係各所との確認、情報のアップデート、そして進捗管理など、全体の流れを把握し、適切な行動を取ることが求められます。また、在庫管理も重要な要素となります。在庫の状況を正確に把握し、必要な時に必要な分だけ商品を仕入れることが求められます。これにより、在庫の余剰や不足を防ぎ、効率的な物流を実現することが可能になります。

物流を最適化するための一歩

物流を最適化するための一歩としては、自社の物流に関するデータの分析が欠かせません。流通経路や輸送方法、在庫管理など、物流に関する様々なデータを収集し、そこから必要な情報を引き出すことで、より効率的な物流を構築することができます。具体的には、過去のビジネスパターンから最も効率の良い配送ルートや在庫管理方法を見つけ出したり、新たなビジネスチャンスを探したりします。これにより、物流コストを抑えながらも、顧客への迅速な対応を実現し、ビジネスの競争力を高めることができるのです。

富士ロジテックホールディングスでは輸出入に関わる通関業務や輸配送業務、適切な物流拠点の提案をさせて頂いております。

商品に合わせた入庫、保管、出庫や納品先に合わせた配送手段・ルート便や共同配送などの実績もございます。

自社物流からのアウトソーシングや物流改善をご検討の場合はお問い合わせください。

 

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
Amazonで出品するなら、プライム会員限定の無料配送や翌日配送にも対応できるFBA(Fulfillment by Amazon)の利用で、ビジネスチャンスが広がります。 一方、納品にはAmazonの細かい規定に慣れる必要があり手間が...
続きを読んでみる
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流を成功させるためには、信頼できる物流パートナーを見つけることが不可欠です。では、どんな基準で委託先を選べばよいのでしょうか。本記事では、冷凍品ECビジネスに適した物流パートナーの選び方から、重要な在庫管理のポイント、効率...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
小売業を中心に、大手各社ではすでに浸透しつつあるオム二チャネル戦略。今後、導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。 オムニチャネル戦略には、物流面の整備が不可欠です。本記事では、オムニチャネルを成功に導く物流整備のポイントを...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー