女性が手軽に膣内のマイクロバイオームテストの Evvy社 Femtech 企業シリーズ


Written by 植島 寛子

【Femtech 企業シリーズ】

Evvy社が、女性が手軽に膣内のマイクロバイオームテストができるように資金集めに奮闘しています。
今度同社の活動が、女性の健康問題を救う新たなフェムテックサービスに繋がることが注目です。

Evvy社の取り組み

Evvy社が最初に手掛けた製品では、自宅で手軽に膣内のマイクロバイオームテストができるアイテムでした。世界初の家庭用膣内微生物検査の普及が、Evvy社の願いと言えるでしょう。

膣内のマイクロバイオームの状態について女性が手軽に確認する方法はありませんでした。米国でも1993年まで米国では臨床研究が義務ではなかったこともあり、まだ不明点が多い分野です。

女性の健康を考えると重要な分野といえますが、男性の理解が得られにくかったという事情があります。今回Evvy社の資金調達に当たっても、男性に膣内の問題を説明することは困難だったそうです。

Evvy社ではこの現状の打開を目指しています。製品の販売と共に膣のマイクロバイオームに関するデータを収集することで、十分な研究に貢献に繋がるでしょう。
Evvy社は、膣のバランスが崩れを感じた個人的な経験を元に設立されました。ニューヨークに拠点を持ち、社員数は10人未満と、今後が期待されるスタート企業です。実際に悩みを抱いたことがある女性が設立した企業です。同じような悩みを抱えたことがある女性の多くは、Evvy社の考えや取り組みに親近感を感じるという人も多いのではないでしょうか。


Evvy社の製品

Evvy社の製品であるEvvy Vaginal Health Testは、ゲノムDNAを解析するメタゲノム・シーケンス技術を利用しています。膣内の微生物がどのような状態なのか、膣内がなぜそのような状態なのかという理由、どのように治療すればいいのかを教えてくるサービスも好評です。
使い方は、自宅で手軽に綿棒を使い検査するという簡単なものです。検査には、30秒欲しい場合は、Evvy社のウェブサイトで個人が直接購入できるほか、臨床パートナーも取り扱いしています。
検査の結果が出るのは、約14日後。個人用のオンライン・ダッシュボードに検査結果が表示されます。
対象者は、膣のある方全てです。思春期、妊娠、更年期といった人生のライフスタイルに沿って活用できます。定期的に受けることで、自分の体の変化に気が付きやすくなるでしょう。

製品やサービスの魅力

Evvy社の製品を利用すれば、単に膣内の状態がどうなのかという結果だけでなく、その先どうすればいいのかというドバイスが受けられます。一般的な女性の多くは、膣内の健康状態に関する知識や対処法は知らないでしょう。気軽にアドバイスが受けられるため、女性が生活環境を見直すことも期待できます。
製品の制作には多くの研究者が関わっていて、安心して利用可能です。

さらに在宅で検査が終了するため、恥ずかしくて検査を躊躇していた人、外出をなるべく避けたい人からも支持されています。ネットで気軽に購入できる点も魅力的でしょう。
米国では、全米50州ですでに販売が開始されています。
価格は、 $129です。継続して利用したい場合は、Evvy Membership に入ることがおすすめです。Evvy Membership のメリットは以下の通りです。
  • 30パーセントオフの$99で利用できる。
  • 1年に4回、3か月に1度検査が受けられる
  • 送料無料
  • データが残るため過去の膣内状態と比較できる
  • キャンセルや一時停止も可能
  • 送料無料
健康に直結する製品のため、サブスクリプションとして定期的にお得に利用できる点が魅力的でしょう。現在アメリカを中心とした活動ですが、もし日本でも同様のサービスが実施されればサブスクリプションサービスの導入もあり得るでしょう。

Evvy社の考え

Evvy社のCEO兼共同設立者であるPriyanka Jain氏によると、膣を持つ人の約3話がマイクロバイオームのバランスを崩し、心身に影響を受けていると考えられるそうです。
膣のマイクロバイオームのバランスの崩れは、以下の症状との関連が疑われています。
  • 細菌性膣炎
  • イースト菌感染症、
  • 尿路結石
  • 不妊症
  • 性感染症
  • 早産
  • 婦人科がんなど
膣内の状態がいち早く分かれば、女性が抱える健康問題の早期発見に繋がる可能性が高いでしょう。
Evvy社のデータや科学的知識に手軽にアクセスすることで、救われる命が増えることが期待されます。さらに無駄な医療費や的外れな検査や治療を受けることも少なくなるでしょう。
Evvy社の取り組みは、健康課題をテクノロジーで解決するFemtechサービスの中でも、画期的なサービスだと言えます。Evvy社の製品の普及が、リスク予測、診断、治療の方法を変える大きなチャンスではないでしょうか。同社の取り組みが、女性の健康を見直すきっかけになるのではないかと期待する声も高まっています。データが蓄積されれば、さらに精密なアドバイスや病気の早期発見に繋がることに期待です。


まとめ

Evvy社の製品は、今まで光が当たっていなかった女性の膣内のトラブルの解決に貢献することが予想されます。Femtechの新たな可能性を感じる製品やサービスといえるでしょう。

気になる方はEvvy社の製品Evvy社のホームページをチェックしてみてください。今後日本でも、手軽に使用できるようになることに期待しましょう。日本でも、自分の健康は自分で守りたいと考える女性の心強い見方になるはずです。

最新の参考記事

 jp.techcrunchの2022年3月22日の記事で関連情報が配信されています。
合わせて、フェムケア・フェムテックのトレンドをWatchしてください。

https://jp.techcrunch.com/2022/03/22/scrumventures-femtech/?s=03

記事より

膣内マイクロバイオーム検査キットEvvy
Evvyは、膣内のマイクロバイオームの状態を分析し、健康状態の把握とライフスタイル改善アドバイスなどを提供する。General Catalyst、Box Groupなどから500万ドル(約5億7000万円)を調達している。

続きは記事をお読みください。

その他の記事掲載ブランド

Orchidは、パートナー両方の唾液サンプルを送付するだけで60億ものゲノムを解析し、子どもが遺伝性疾患を発症するリスクが高いかどうかを判定する唾液検査キットを提供している。2021年4月、シードラウンドで450万ドル(約5億3000万円)を調達。遺伝子キットを開発、販売する23 and Meの創業者も出資​​している。

精子を自宅で採取し、分析結果を送ってくれるサービスを提供するDadi

Cleoを通して、育休からの復職時に悩みを相談できる専門家や、子どもの健康の専門家、助産師や産後うつ専門家などにアクセスできる

不妊治療を提供するCarrot Fertility

Nayyaは、企業の人事福利厚生システムに組み込んで、従業員のための福利厚生をパーソナライズするツールを提供する

Formaは、​​裁量型福利厚生管理プラットフォームを提供している

執筆者は大嶋紗季(Saki Oshima)様です。
欧米のフェムテックトレンドやサービスを日本語で配信。日本初のフェムテックコミュニティFemtech Community Japan創立メンバー

こちらのコラムでも

 

 通販物流コラム

富士ロジテック通販コラムでも記事を公開しています。合わせてお読みください。

 

【 フェムテック&フェムケアシリーズ コンテンツリスト】

フェムテックやフェムケアに関するブランドや成長の事例、コミュニティなどの情報をまとめています。
ご一読ください。

【Femtech & Femcare シリーズ コンテンツリスト】D2C/eコマース/通販の物流、フェムテック&フェムケアに関するコラム一覧