【Femtech(フェムテック)マーケットについて】国内外で注目を集めている女性の健康問題をテクノロジーで解決するサービスや商品



Femtech(フェムテック)は、国内外で注目を集めている女性の健康問題をテクノロジーで解決するサービスや商品のことです。
注目を集めている市場だと認識されていますが、資金不足が懸念されています。グローバルなリサーチとコンサルティングサービスを実施しているフロスト&サリバン社のヘルスケア・ライフサイエンス部門のパートナー兼SVPであるリーニータ・ダス氏のFemtech(フェムテック)市場に関する見通しをご紹介していきます。


Femtech(フェムテック)市場への投資額は減少中

リーニータ・ダス氏によると、2020年のFemtech(フェムテック)市場は、2億5400万ドルでした。デジタルヘルスへの全体の投資額は141億ドルだった中で、わずか1.8%しか占めていません。2018年にはデジタルヘルス投資全体の約6%だったことを考えると、Femtech(フェムテック)市場への投資額は減少しています。わずか2年のことですが、投資家の間ではFemtech(フェムテック)市場に関する魅力が失われたのかもしれません。
実際にRock Health社では、2011年以降米国におけるデジタルヘルス案件のうち、Femtech(フェムテック)の案件は約3%だったそうです。非常に少なく、Femtech(フェムテック)の盛り上がりが不十分であることを感じさせる数値です。
世間をけん引する米国でも、まだまだ発展途上のFemtech(フェムテック)。日本国内でもサービスは増加しているものの、まだ世間に十分浸透している状態とは言えないでしょう。日本のFemtech(フェムテック)市場も、米国の例を参考にして、発展していくことが期待したいところです。
このままでは、Femtech(フェムテック)市場は資金不足に陥る可能性があります。資金不足になれば、十分な研究や製品開発ができなくなるかもしれません。
Femtech(フェムテック)市場は、2025年までに11億5,000万ドルに達するという予想もある分野ですが、期待とは裏腹に市場の拡大は十分ではありません。上手く市場規模を拡大していけば、投資家の関心を再び集められるのではないでしょうか。投資家に対する積極的なアプローチが期待されます。



危惧されること

リーニータ・ダス氏は、女性が使う製品の多くが、男性がデザインしていることを危惧しています。女性が製品に求めるデザインが、十分に反映されていないことが現状です。
今後も女性も活躍するような主流のグローバル企業を作ることが期待されています。また自分で事業がしたい女性がスタートアップショップを展開することが多い分野です。そんとあめ、世界的に注目を集める女性企業家の登場を支援する動きも期待されます。しかしそのためには、費用が必要です。Femtech(フェムテック)市場を投資家や女性企業家にアピールして、注目度を集める必要があるでしょう。


トレンドの変化

現在のFemtech(フェムテック)市場は、妊活をしている女性に対するサービスや商品がメインの収益です。
しかし、先進国では少子高齢化が進み、今後年齢を重ねた女性の多くが、更年期障害に悩むと考えられます。
そのため妊活、不妊といった生殖年齢の問題だけでなく、更年期障害に関連する分野が盛り上がるでしょう。
リーニータ・ダス氏は、2030年までには不妊治療用のフェムテック・ソリューションは確10億円を超える市場に、更年期障害は今後数年間で20%近くの成長することが期待されると語っています。更年期障害に関する市場は未開拓に近いため、画期的なサービスや商品が誕生すれば、資金が集まらず盛り下がっている状態のFemtech(フェムテック)市場が一気に盛り上がる可能性が高まります。
日本でも更年期の分野は、更年期障害に関する相談を受け付けるオンラインサービスが開始されるなど注目が集まっている分野です。近い内に、更年期障害に悩んでいる方の悩みを緩和してくれる魅力的なサービスや製品が登場するかもしれません。動向を見守りましょう。


その他

リーニータ・ダス氏の考えでは
  • メンタルヘルス
  • 自己免疫疾患
  • アルツハイマーや認知症
  • 体の外側も内側も健康的で美しい女性を目指す各世代の女性向けの製品
  • 女性向けシニアケアセンター
が注目を集めると考えています。これらの分野は米国だけでなく、日本でもこれから広がりを見せると考えられるでしょう。早くから動向に注目しておくとことをおすすめします。いち早くFemtech(フェムテック)市場の広がりが感じられるでしょう。上手く軌道に乗り収益化できれば、参入する企業が増える可能性が高まります。そうなれば、競争原理が働き、よりよいサービスが期待されます。

まとめ

右肩上がりで順調に成長を続けていると考えられていることが多いFemtech(フェムテック)市場ですが、実際には資金の問題や女性のデザイナーが少ないなど課題もあります。
Femtech(フェムテック)市場が再び注目集める起爆剤の1つは、更年期障害に関する画期的サービスやプロダクトの開発だと考えられます。さらに不妊に関するサービスの充実も期待されるところでしょう。
今後世界的なFemtech(フェムテック)市場の動向に注目しつつ、日本国内でもどのようなサービスや商品が登場するのかに注目です。Femtech(フェムテック)市場の最新動向から目が離せません。

 

FemTech 関係の  note

hellofermata

Transforming taboos into triumphs - あなたのタブーがワクワクに変わるまで Femtechを通して、一人ひとりが自分のカラダの一番の理解者になるお手伝いをしています // https://linktr.ee/hellofermata

一般社団法人メディカル・フェムテック・コンソーシアム(MFC)

メディカル・フェムテック・コンソーシアム(MFC)は、①フェムテックに関する調査・研究、啓発活動②フェムテック関係の各種製品・サービスの科学的な評価のあり方の検討③フェムテックに関する、国、地方公共団体、医療関係団体などへの提言等の活動を行う団体です。活動報告などを発信します!

Femtech Community Japan

 

こちらのコラムでも

 通販物流コラム

富士ロジテック通販コラムでも記事を公開しています。合わせてお読みください。