富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

【D2C・eコマース カテゴリー事例研究】ヘアカラー・Hair Color:メリット・デメリットと成功事例

D2C HairCare ヘアケア


Written by 植島 寛子

美容院に行ってヘアカラーをしているという方も多いでしょう、しかし世界的な不測事態が起き、美容院に足を運びにくく感じている方も少なくありません。そんな時役立てられそうなサービスとして注目を集めているのが、eコマースヘアカラーです。今回はD2C・eコマースコマースヘアカラーについてまとめてみました。今のヘアカラーに対する常識が大きく変わるかもしれません。

eコマースヘアカラーとは?

ECヘアカラーは、ECサイトで購入するヘアカラーや関連するサービスのことです。2020年のヘアカラー市場は、経済産業省の出荷統計によると前年比4・9%減1005億38万8000円でした。2020年は外出控えや卒業式や入学式といったヘアカラーする人が増える行事も軒並み中止になったこと、在宅ワークが増えて外見を以前より気にしない人が増えたが原因だと考えられます、ヘアカラー業界にとっては苦難な1年だったといえるでしょう。

しかし一方で、国内では白髪用カラーリング剤の需要が増えつつあります。高齢化が急速に進む中、白髪染めを利用とする人の増加が要因だといえるでしょう。

外出を避けたいが白髪染め対策したいという人の中には、自宅カラーリングに挑戦する人も増えました。その結果、美容院並の仕上がりをセルフカラーリングで叶えたいという需要からECヘアカラーに注目が集まっています。eコマースヘアカラーでは、ネットで簡単に手に入るうえ、ドラッグストアで市販されているヘアカラーよりも高品質という商品も多く取り扱っています。eコマースヘアカラーの成長が、消費者のヘアカラーの悩みを解決する日も近いでしょう。

eコマースヘアカラーの魅力

自宅に届く
外出しにくい場合でも、ネットで注文して自宅に届くヘアカラーで手軽におしゃれが楽しめます。今後も育児や介護などで外出しにくい、美容院に行きにくいという人も重宝するでしょう。美容院が苦手という人も利用を前向きに考えられるでしょう。

サブスク型もある
eコマースヘアカラーの中には、定期的に届くサブスク型のものもあります。ヘアカラーは1度使ったら終わりではなく、定期的に利用しないといけない商品です。サブスク型であれば、買い忘れを防げるうえ、毎回注文する手間もかかりません。

手軽にオーダーメイドできる
eコマースヘアカラーの中には、サイト内で簡単なアンケートに答えることで手軽にオーダーメイドできるものもあります。美容院でのカウンセリングはハードルが高い、自宅で気軽に自分の合う髪色を探したいという人も利用するといいでしょう。

eコマースヘアカラー問題点

美容師のような仕上がりや細かいカウンセリングは出来ない
eコマースヘアカラーは自分で注文からカラーリングをこなさないといけません。そのため美容師のような仕上がりにすることは難しいでしょう。美容師にカラーリングをしてもらうことが好きという方には向かない可能性があります。ヘアカラーのサブスクは多くが店舗に実際に赴き、月の上限回数なら定額カラーが使いたい放題というものです。今後eコマースヘアカラーの発展には商品の使い勝手の良さや正しい使い方を普及することを改善や強化することは必須でしょう。

身体に合わないことも
敏感な体質の方は、体に合わないことも少なくありません。特に初めて利用する場合は、自分でしっかり確認したうえで購入する必要があります。美容師とは違いその場でアドバイスが貰えないので、誤って体に合わないヘアカラーを購入してしまう可能性もあるでしょう。
eコマースヘアカラーの具体的な事例
ここからはeコマースヘアカラーの具体的な事例をご紹介していきます。

アメリカ
民族の多いアメリカでは、それぞれの髪色に合うカラーを店頭で揃えることは難しいです。さらに美容院でのカラーリングの費用は日本円で1万円前後かかるケースもあるうえ、別途チップも必要です。費用は抑えつつお得にヘアカラーした層が、「Madison Reed」や「eSalon」といったネットで購入できるヘアカラーを提供するECサイトを利用しています。価格だけでなく、使い勝手の良さやサイトの取り扱いやすさにもこだわった製品づくりがされています。両方のサイトでは、こだわりの素材やサービス、アフターフォローが実施されています。アメリカでは今後も美容院よりもお得な価格で、手軽にヘアカラーできるECヘアカラーサービスの人気が上がるでしょう。

日本
日本では、カウンセリングを受けて最適な薬剤を提供するeコマースヘアカラー「COLORIS」が注目されています。「COLORIS」では、以下の流れで商品が届く仕組みです。
・ネットでカウンセリングを受け処方を作る
・処方を元にコマースヘアカラーを作成
・自分が選んだ好きな周期に届く
通常購入だけでなく、お得な定期購入プランも用意されています。またアフターサービスも充実していて、専属のカラーリストがサポートしてくれて安心です。ヘアカラー診断は無料で、誰でも行えます。日本でも育児中で美容院に行きにくい層の利用が増えていて、発展する事が期待されています。

まとめ

eコマースヘアカラーは、外出しにくい世界的な不測事態を受けて以前よりも注目度が高まる傾向です。アメリカや日本でもeコマースヘアカラーを取り扱うメーカーが増えていて、利用者も増えています。ヘアカラーを上手く使って、なりたい自分に手軽に変身してみるといいでしょう。eコマースヘアカラーはまだ始まったばかりで、今後さらに良いサービスの登場に期待したい所です。

 

関連コラム

【eコマースヘアカラー】メリット・デメリットと成功事例

 

編集部 追記

アメリカで注目のヘアカラー&ヘアケアD2Cブランドです。どのブランドも、Personal化を進めています。

Quiz=診断は当然として、各社の取り組みについては、サイトを訪れて探索・研究してみてください。

eSalon

https://www.esalon.com/

eSalon TopPage D2C

MADISONREED

https://www.madison-reed.com/

MADISONREED

 

INH Hair

https://inhhair.com/

inhhair

Voice Hair

https://voiceofhaircare.com/

voiceofhair

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

【2024年最新】クール宅急便・宅配便の配送料金比較!冷蔵冷凍で安い業者は?
【2024年最新】クール宅急便・宅配便の配送料金比較!冷蔵冷凍で安い業者は?
クール宅急便は、宅配業者によって取り扱えるサイズや管理できる温度帯に違いがあります。そのため、どの業者を使えばよいのかが分かりづらいサービスです。 本記事では、宅配業者や郵便局で利用できるクール便の料金比較をまとめました。各社サービス...
続きを読んでみる
発送代行サービスとは?メリットやデメリット、おすすめの発送代行業者5選を徹底解説!
発送代行サービスとは?メリットやデメリット、おすすめの発送代行業者5選を徹底解説!
近年、ECサイトや通販などの利用者が増えたことにより、商品の在庫管理や発送作業を委託できる発送代行サービスのニーズが増加しています。 これから発送代行サービスを利用しようと考えている方もいると思います。 しかし、発送代行サービスを利用...
続きを読んでみる
EC物流とは?EC物流の3つの改善点や倉庫の選び方のポイント5選を徹底解説
EC物流とは?EC物流の3つの改善点や倉庫の選び方のポイント5選を徹底解説
ECサイトの運営にとって、EC物流は顧客満足度の向上や効率化、コスト削減などに欠かせない重要な要素です。 しかし、在庫管理や配送、返品処理などの課題が存在し、改善が求められます。本記事では、EC物流の改善ポイントや種類、物流代行サービ...
続きを読んでみる
【2024年版】発送代行•物流代行完全ガイド
【2024年版】発送代行•物流代行完全ガイド
  EC市場の拡大により注目されている発送代行。発送代行とは、ECショップの倉庫管理から発送までをアウトソーシングできる代行サービスです。  オンラインショッピングの需要が今後も増加することが見込まれ、EC事業者が発送代行を検討する...
続きを読んでみる
マケプレプライムとは?3つの参加条件と資格停止を回避する6つの条件
マケプレプライムとは?3つの参加条件と資格停止を回避する6つの条件
マケプレプライムとは、自社配送の商品をAmazonでプライムマークをつけて出品できるプログラムです。 マケプレプライムを利用することで、日本に約1,460万人の加入者がいるといわれているAmazonプライム会員に対して、商品の訴求力ア...
続きを読んでみる
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
楽天市場の最強配送ラベルについては、仮称「配送認定ラベル」として以前から何度か規制緩和や調整が実施されてきました。 本記事では運用を3ヶ月後に控え、今いちど最新の情報を整理してお伝えします。物流整備のご参考になさってください。 最強配...
続きを読んでみる
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC物流の需要が加速し、発送代行会社も徐々に増えている傾向にあります。選択肢の幅が広がる一方、利用を検討する方にとって選ぶのが難しい現状があるでしょう。なぜなら料金体系が異なるうえに項目が細かく、さらに業者ごとに代行の対応範囲も変わっ...
続きを読んでみる
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーは3大ECモールと呼ばれ、他のモールと比較しても圧倒的な利用率を誇っています。 選択肢が多いと、出店する際に何を基準としてモールを決めたらよいか悩みますよね。 そこで本記事では、出品者と消費者の視点の両方から...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー