【D2C・eコマース カテゴリー事例研究:ヘアカラー・Hair Color】メリット・デメリットと成功事例


Written by 植島 寛子

美容院に行ってヘアカラーをしているという方も多いでしょう、しかし世界的な不測事態が起き、美容院に足を運びにくく感じている方も少なくありません。そんな時役立てられそうなサービスとして注目を集めているのが、eコマースヘアカラーです。今回はD2C・eコマースコマースヘアカラーについてまとめてみました。今のヘアカラーに対する常識が大きく変わるかもしれません。

eコマースヘアカラーとは?

ECヘアカラーは、ECサイトで購入するヘアカラーや関連するサービスのことです。2020年のヘアカラー市場は、経済産業省の出荷統計によると前年比4・9%減1005億38万8000円でした。2020年は外出控えや卒業式や入学式といったヘアカラーする人が増える行事も軒並み中止になったこと、在宅ワークが増えて外見を以前より気にしない人が増えたが原因だと考えられます、ヘアカラー業界にとっては苦難な1年だったといえるでしょう。

しかし一方で、国内では白髪用カラーリング剤の需要が増えつつあります。高齢化が急速に進む中、白髪染めを利用とする人の増加が要因だといえるでしょう。

外出を避けたいが白髪染め対策したいという人の中には、自宅カラーリングに挑戦する人も増えました。その結果、美容院並の仕上がりをセルフカラーリングで叶えたいという需要からECヘアカラーに注目が集まっています。eコマースヘアカラーでは、ネットで簡単に手に入るうえ、ドラッグストアで市販されているヘアカラーよりも高品質という商品も多く取り扱っています。eコマースヘアカラーの成長が、消費者のヘアカラーの悩みを解決する日も近いでしょう。

eコマースヘアカラーの魅力

自宅に届く
外出しにくい場合でも、ネットで注文して自宅に届くヘアカラーで手軽におしゃれが楽しめます。今後も育児や介護などで外出しにくい、美容院に行きにくいという人も重宝するでしょう。美容院が苦手という人も利用を前向きに考えられるでしょう。

サブスク型もある
eコマースヘアカラーの中には、定期的に届くサブスク型のものもあります。ヘアカラーは1度使ったら終わりではなく、定期的に利用しないといけない商品です。サブスク型であれば、買い忘れを防げるうえ、毎回注文する手間もかかりません。

手軽にオーダーメイドできる
eコマースヘアカラーの中には、サイト内で簡単なアンケートに答えることで手軽にオーダーメイドできるものもあります。美容院でのカウンセリングはハードルが高い、自宅で気軽に自分の合う髪色を探したいという人も利用するといいでしょう。

eコマースヘアカラー問題点

美容師のような仕上がりや細かいカウンセリングは出来ない
eコマースヘアカラーは自分で注文からカラーリングをこなさないといけません。そのため美容師のような仕上がりにすることは難しいでしょう。美容師にカラーリングをしてもらうことが好きという方には向かない可能性があります。ヘアカラーのサブスクは多くが店舗に実際に赴き、月の上限回数なら定額カラーが使いたい放題というものです。今後eコマースヘアカラーの発展には商品の使い勝手の良さや正しい使い方を普及することを改善や強化することは必須でしょう。

身体に合わないことも
敏感な体質の方は、体に合わないことも少なくありません。特に初めて利用する場合は、自分でしっかり確認したうえで購入する必要があります。美容師とは違いその場でアドバイスが貰えないので、誤って体に合わないヘアカラーを購入してしまう可能性もあるでしょう。
eコマースヘアカラーの具体的な事例
ここからはeコマースヘアカラーの具体的な事例をご紹介していきます。

アメリカ
民族の多いアメリカでは、それぞれの髪色に合うカラーを店頭で揃えることは難しいです。さらに美容院でのカラーリングの費用は日本円で1万円前後かかるケースもあるうえ、別途チップも必要です。費用は抑えつつお得にヘアカラーした層が、「Madison Reed」や「eSalon」といったネットで購入できるヘアカラーを提供するECサイトを利用しています。価格だけでなく、使い勝手の良さやサイトの取り扱いやすさにもこだわった製品づくりがされています。両方のサイトでは、こだわりの素材やサービス、アフターフォローが実施されています。アメリカでは今後も美容院よりもお得な価格で、手軽にヘアカラーできるECヘアカラーサービスの人気が上がるでしょう。

日本
日本では、カウンセリングを受けて最適な薬剤を提供するeコマースヘアカラー「COLORIS」が注目されています。「COLORIS」では、以下の流れで商品が届く仕組みです。
・ネットでカウンセリングを受け処方を作る
・処方を元にコマースヘアカラーを作成
・自分が選んだ好きな周期に届く
通常購入だけでなく、お得な定期購入プランも用意されています。またアフターサービスも充実していて、専属のカラーリストがサポートしてくれて安心です。ヘアカラー診断は無料で、誰でも行えます。日本でも育児中で美容院に行きにくい層の利用が増えていて、発展する事が期待されています。

まとめ

eコマースヘアカラーは、外出しにくい世界的な不測事態を受けて以前よりも注目度が高まる傾向です。アメリカや日本でもeコマースヘアカラーを取り扱うメーカーが増えていて、利用者も増えています。ヘアカラーを上手く使って、なりたい自分に手軽に変身してみるといいでしょう。eコマースヘアカラーはまだ始まったばかりで、今後さらに良いサービスの登場に期待したい所です。

 

関連コラム

【eコマースヘアカラー】メリット・デメリットと成功事例

 

編集部 追記

アメリカで注目のヘアカラー&ヘアケアD2Cブランドです。どのブランドも、Personal化を進めています。

Quiz=診断は当然として、各社の取り組みについては、サイトを訪れて探索・研究してみてください。

eSalon

https://www.esalon.com/

eSalon TopPage D2C

MADISONREED

https://www.madison-reed.com/

MADISONREED

 

INH Hair

https://inhhair.com/

inhhair

Voice Hair

https://voiceofhaircare.com/

voiceofhair