富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

D2C EC グロースハック特集

D2C DNVB EC OMO Shopify Shopify Plus オムニチャネル オムニチャネル/OMO TV

Growth Hack TV

D2C Eコマース オムニチャネル での、Growth Hack TV のコンテンツディレクトリーになります。

みなさまの、コマース事業の成長にお役だてください。

グロースハックとは

ユーザーから得た製品やサービスについてのデータを分析し、改善してマーケティングの課題を解決していく手法です。この概念は2010年にアメリカの起業家ショーン・エリスによって考案されました。グロースハックは、マーケティング部門やプロダクト部門などとの連携を通じて、製品価値や市場ニーズを正しく把握するデータ分析や実験を行います。

グロースハックは、ビジネスの成長を促進するために、ユーザーの行動を促す仕組みづくりを重視します。グロースハッカーは、成長を真の目標とし、革新的な手法を駆使して成果を上げる人物です。

  1. A/Bテスト:異なるバージョンのウェブページや広告などを比較し、最も効果的なオプションを特定します。
  2. ユーザー行動の分析:ウェブ解析やユーザーフィードバックを活用して、ユーザーの行動パターンやニーズを把握します。
  3. ユーザーエンゲージメントの最適化:ユーザーの参加や関与を促進するための戦略を展開します。例えば、ソーシャルメディアの活用やゲーミフィケーションの導入などがあります。
  4. ユーザーアクイジションの最適化:新規ユーザーの獲得に焦点を当て、効果的なマーケティング戦略を展開します。

グロースハックの目的は、効率的かつ持続可能なビジネス成長を実現することです。データ駆動型のアプローチと実験的な方法論を組み合わせることで、マーケティングの課題を解決し、ビジネスの成果を最大化することができます。

Shopify グロースの進め方 with Store Hero

Shopify グロースの進め方 with Store Hero

株式会社StoreHeroの黒瀬淳一さんによるYouTubeでは、Shopifyを活用したグロースハックについてのアドバイスが紹介しています。
グロースの進め方として、課題の整理、グロースモデルの設計、KPI/施策の設計、グロースワークフローの設計と運用が重要であり、ワークフローへのこだわりやグロースパトーナー制度の導入も効果的です。さらに、様々な運用アドバイスや代行事例も提示されています。グロースハックは、効果的なマーケティングやプロモーションの手法を探求し、短期間でビジネスの成長を実現する戦略的なアプローチのことを指し、特にスタートアップ企業や新興企業にとって有益な手法です。

事例/Tips & 質疑応答 Shopify グロースの進め方 with Store Hero

事例/Tips & 質疑応答 Shopify グロースの進め方 with Store Hero

株式会社富士ロジテックホールディングス通販営業部の西間木智部長から
株式会社StoreHeroの黒瀬淳一代表取締役CEOへの

インタビューを通じて、Shopifyを活用したグロースハックについての情報を提供しています。具体的な質疑応答形式で、クライアントの力を引き出してコマースビジネスの成長を実現する方法としてのワークフローについてのヒントも提供されています。また、Shopifyを選択した理由やStore Heroの特徴、成功事例、サポート期間や費用、オムニチャネル事例などもYouTubeで紹介されています。

StoreHero Shopifyを活用してコマースビジネスのグロースを実現

Shopify×グロースハック
StoreHeroお問い合わせ

 

D2C・EC特化型グロースハック支援 #1 商品コンセプト・プロモーション設計術 chipper

D2C・EC特化型グロースハック支援 #1 商品コンセプト・プロモーション設計術 chipper

D2CEコマース特化型グロースハック支援のサービス内容や2023年のD2C・EC市場の展望について、株式会社chipperのCOOである西田圭佑さんをスピーカーとして招いてYouTubeセミナーを開催しました。
セミナーでは、商品コンセプトやプロモーション設計術、ブランド立ち上げのポイントなどが紹介され、実際の事例を通じて成功と失敗について学ぶことができました。

chipperはEC/D2C事業のトータル支援を提供し、マーケティングの知見から事業を設計していることが強調されました。セミナーでは、北海道のスイーツ店の支援事例も取り上げられ、マーケティングのポイントやInstagram施策についても解説されました。また、ブランド立ち上げの成功の3つの原則についても紹介されました。

「マインドマップ付資料進呈中」#2 ブランド立上げの成功の3原則 chipper

#2 ブランド立上げの成功の3原則 chipper

富士ロジテックホールディングスとchipperがD2C・EC特化型グロースハック支援のサービス内容と2023年のD2C・EC市場の展望についてYouTubeで話し合っています。

商品コンセプトやプロモーション設計術に関する事例や、ブランド立上げの3原則についても議論しました。EC業界の成長や競争の激化、広告規制などの問題も取り上げられ、事業規模のクライアントからの相談が増えていることも明らかにしています。
chipperは予算のある企業だけでなく、補助金やコンサルティングプランを活用して予算のない企業にも支援を提供しています。

「マインドマップ付 資料進呈中」ブランド立上げの成功の3原則 はこちらから

chipper D2C・EC特化型グロースハック支援

D2C・EC特化型グロースハック支援
chipper お問い合わせ

●引き続き、役立つコンテンツを配信ご案内していきます。 リクエストお待ちしております。

eコマース D2C  用語集

DTCに死は訪れたか

2023 年以前でも、DTC 1.0 モデルは揺らぎ始めていました。顧客獲得コストとフルフィルメントコスト(の上昇により、利益率は非常に薄くなりました。

そして、Apple のプライバシーの決定と相まって、CPM はコロナウイルス以前のレベルに戻っています。プライバシー管理を変更することは、これまで以上に困難になっていきます。それは、顧客獲得コストが再び痛ましいほど高くなっただけでなく、Facebook、Instagram、Google は、非効率的ではあって、もはや信頼できるチャネルではありません。

オムニチャネルはもはや「あれば便利なもの」ではなく、生き残りと繁栄を目指す現代のブランドにとって重要な要素であることが分かりました。消費者は店舗に戻りつつあります。

ブランドが自社の DTC サイトを強化するプラットフォームに必死に目を向ける中、Shopifyは成長を謳歌していました。

D2C 2.0時代のKPI

  • -LTV÷CAC > 3
  • -粗利LTV÷CAC > 2.5
  • -Payback period 6ヶ月以内
  • -フルフィルメント費用売上比率15%以内
  • -決済手数料売上比率5%以内
  • -ユーザー当たり平均注文回数4回以上
  • -ARR 0-10億の売上成長率100%
  • -ARR 11-50億の売上成長率30%
  • -月間CRM施策5本以上実施
  • -月間マーケ施策10本以上実施

▪️ブランディング予算

  1. サイトや動画など、概念的にも会計処理でも「減価償却される資産」の場合が多い
  2. 母数を「目に触れる人の数」ではなく「償却期間中のCVユーザー数」とする
  3. その母数に対して「対LTVで何%ロイヤルティを高めるか」を考える

これで費用を大きく外さず運用もしやすくなります。

▪️CAC議論

「マスに広がるにつれてCACは増していく」という議論があります。事例ベースの知識であることが多く、ロジカルな説明をあまり聞きません。
私たちの理解では、ブランドかプロダクトの「認知度」が関わっています。
認知度は高ければいいと考えがちですが、広告効率という点では認知度がそのまま「歩留まり率」になる傾向が見えます。
一方、数%の歩留まりは運用レベルの向上でカバーできることが多く、CAC増加はざっくりとARR100億くらい、または認知率10%くらいまでほとんど問題にならないと言えます。これを超えてくるとLTVを向上させ許容CACも引き上げるしかなくなります。

新たな希望

ブランドがマーケットプレイスからオプトアウトすると、市場での地位を競合他社に譲ることになります。

次世代モデルには、

  1. 利用可能な多数のポイント ソリューションは相互に連携できず、
  2. 小売業者はソフトウェアに対する導入意欲がほとんど不合理に低いこと、

などで自身の成長を妨げていることを解決することです。

ブランドは、

  • マーケティング、物流、財務機能の間で最適化することができず、
  • マーケティングへの過剰または過少支出、
  • 在庫切れや過剰在庫、さらには流動性の問題につながり、

多くのブランドにとって悪循環となります。
さらには、スタートアップや、小規模な事業規模の小売者は複数の戦略を構築することは難しすぎるため、最終的にShopify / DTC プラットフォームやAmazon・楽天に依存することになるため、チャネル依存の影響を受けやすくなります。
単一チャネルの販売者として。より良い答えは、Shopify と Amazonまたは楽天 の両方です。

グロースハックパートナーのメリット

機能の「アンバンドリング」です。これは、ブランドと小売業者がコア・コンピテンシーではない活動をバランスシートから取り除くことを可能にするビジネスに焦点を当てています。

私たち富士ロジテックHDは、これを企業の事業全体にわたって行う機会と可能性があると考えていますが、特に

  • マーケティング(CACの削減)
  • 物流(順方向または逆方向)
  • 製造

などの分野で、急速に変化する市場環境で機敏性を高める必要があります。
主要なマーケティング、物流、運転資本の機能 (ビジネスを運営するための優れたソフトウェアとともに) へのアクセスを民主化することは、強力な方法であり、小売事業者のロングテールの収益性を大幅に向上させることができると信じています。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

リコマースだけではない、パーソナルページはオムニチャネル成功の基盤【リコマース・オムニチャネル総論第6回】 コマースピック寄稿記事
リコマースだけではない、パーソナルページはオムニチャネル成功の基盤【リコマース・オムニチャネル総論第6回】 コマースピック寄稿記事
イントロダクション 前回のコラムでは、「バックオフィスとストアクレジットの重要性」をお話ししました。今回は、「リコマース・オムニチャネルにおけるパーソナルページ」について解説します。 この記事は、EC・ネット通販を中心とした物販ビジネ...
続きを読んでみる
リコマースにおけるバックオフィスとストアクレジットの重要性【リコマース・オムニチャネル総論 第5回】コマースピック寄稿記事
リコマースにおけるバックオフィスとストアクレジットの重要性【リコマース・オムニチャネル総論 第5回】コマースピック寄稿記事
イントロダクション リコマース(再販)ビジネスにおけるバックオフィス機能とストアクレジットの重要性について説明しています。主なポイントは以下の通りです:- バックオフィス機能 リコマースプラットフォームで使用済み商品の登録・管理、在庫...
続きを読んでみる
リコマースはグレーディングの信頼と信用がCLVアップに【リコマース・オムニチャネル総論 第4回】 コマースピック寄稿記事
リコマースはグレーディングの信頼と信用がCLVアップに【リコマース・オムニチャネル総論 第4回】 コマースピック寄稿記事
イントロダクション  この記事では、リコマースにおけるグレーディングの重要性と、それが在庫管理や顧客満足度にどのように影響するかについて詳しく説明しています。以下は主なポイントです:- リコマースの課題: 通常のコマースと異なり、リコ...
続きを読んでみる
リコマースでオムニチャネルの収益アップを実現 【リコマース・オムニチャネル総論 第3回】 コマースピック寄稿記事
リコマースでオムニチャネルの収益アップを実現 【リコマース・オムニチャネル総論 第3回】 コマースピック寄稿記事
  イントロダクション リコマース(再販売)に限らず、デジタルオンリーのEコマースでも、リアル店舗を有するオムニチャネルコマースでも、「顧客=買い物客」から求められているシステム・ツールの基本的機能は同じです。ただし、ブランド側が求め...
続きを読んでみる
顧客がリコマース・再販売に期待していること【リコマース・オムニチャネル総論 第2回】 コマースピック寄稿記事
顧客がリコマース・再販売に期待していること【リコマース・オムニチャネル総論 第2回】 コマースピック寄稿記事
  イントロダクション D2Cブランドのリコマース・再販売に関するコラムで、以下の主要なポイントを提供しています:- 顧客視点のメリット: 顧客は、自分のアイテムを下取りに出して新商品の支払いに充当することで、支出を減らすことができま...
続きを読んでみる
D2Cブランドの新しい収益源としてのリコマース・再販とは【リコマース・オムニチャネル総論 第1回】 コマースピック寄稿記事
D2Cブランドの新しい収益源としてのリコマース・再販とは【リコマース・オムニチャネル総論 第1回】 コマースピック寄稿記事
イントロダクション この記事は、D2Cブランドのリコマース・再販売に関するコラムで、顧客とブランドの両方の視点からメリットを探求しています。以下は主なポイントです:-顧客視点のメリット : 顧客は、古いアイテムを下取りに出すことで新商...
続きを読んでみる
日本ネット経済新聞記事 【リコマース収益アップのポイントとフルフィルメント】グローバルブランドの実践方法を紹介
日本ネット経済新聞記事 【リコマース収益アップのポイントとフルフィルメント】グローバルブランドの実践方法を紹介
【リコマース収益アップのポイントとフルフィルメント】グローバルブランドの実践方法を紹介 | 日本ネット経済新聞|新聞×ウェブでEC&流通のデジタル化をリード (netkeizai.com) リコマース(再販売)市場は成長をしているよう...
続きを読んでみる
日本ネット経済新聞 記事【専門家対談】購入後のエクスペリエンスでAmazonを超える<其の二>
日本ネット経済新聞 記事【専門家対談】購入後のエクスペリエンスでAmazonを超える<其の二>
日本ネット経済新聞 記事【専門家対談】購入後のエクスペリエンスでAmazonを超える<其の二> Eコマース・オムニチャネルコマースにおいて、CX(カスタマーエクスペリエンス)の重要性が再認識されるようになっている。リテンションの重要性...
続きを読んでみる

カテゴリー