ソーシャルコマース インフルエンサー・アンバサダーの時代 オムニチャネルを成長させる コンテンツリスト

ソーシャルコマース インフルエンサー・アンバサダーの時代 オムニチャネルを成長させる  コンテンツリスト

ソーシャルコマースは、2024年も引き続きeコマースの注目を浴びることになりそうです。そしてロイヤリティマーケティングと連携して中心的な役割を果たすことになるでしょう。ブランドや小売企業は、商品を販売し、顧客ロイヤルティを強化するために、ソーシャルメディアへの依存度を高めていくことになります。

  • TikTok Shop、
  • Instagram Shopping、
  • Facebook Shops、
  • PinterestのShoppable Ads

などのソーシャルプラットフォームを活用して、企業は個々のキャンペーンを開始して、潜在顧客にリーチしていくことになります。
ソーシャルメディアを介した販売の費用対効果を高くするために、売上と認知度を高めるための優れたソリューションを展開する必要があります。

YouTuber VTubeなどのライブストリームショッピングは、ライブコマースとも呼ばれ、2024年もeコマーストレンドのひとつです。
ライブストリームショッピングの概念は、ソーシャルメディアやビデオストリーミングプラットフォームの影響を強く受けています。ライブストリームショッピングは、Instagram、Facebook、TikTok、YouTubeなどのプラットフォーム、またはブランド、店舗、またはインフルエンサーがリアルタイムで商品を提示し、視聴者と対話する専用のeコマースプラットフォームで行われていきます。視聴者は、配信中に商品を購入する機会と導線が必要です。

これらのチャネルを活用した、ハイブリッドコマースは、オムニチャネルコマースやマルチチャネルコマースとも呼ばれ、ブランドや企業が異なる販売チャネルを組み合わせて統一されたショッピング体験を提供するeコマースの販売戦略です。
そのため、さまざまな販売チャネルがシームレスにリンクされているため、顧客はオンラインとオフラインの両方で商品を購入できます。
フィジタルショッピングという言葉は、実店舗とデジタルショッピングの組み合わせを表すもので、トレンドとなっていきます。

たとえば、顧客はオンラインで商品を検索し、店舗で試着してからオンラインで注文したり、その逆を行ったりすることができます。
すでにハイブリッドコマースをうまく活用している小売業者も、クリック&コレクトオプションを提供するケースが増えています。このサービスを使用すると、顧客はオンラインで買い物をし、店舗またはピックアップステーションで購入した商品を受け取ることで、送料や返品リスクを節約できたり、リコマースへの取り組みもできます。

コミュニティマーケティングの先導者としてのアンバサダー マーケティング

コミュニティマーケティングの先導者としてのアンバサダー マーケティング

アンバサダーマーケティングについての情報を提供しています。eCommerce Marketing Trend in 2024

アンバサダーマーケティングの役割:
eコマースブランドが顧客、フォロワー、ファンの力を活用するための施策として位置づけられています。

マーケティング努力の最大化:
アンバサダーマーケティングプログラムを拡張し、管理プロセスを最適化することで、時間とリソースをより効果的に割り当てる方法が提案されています。

アンバサダーマーケティングを通じてブランドのエンゲージメントと売上を促進するためのユーザー生成コンテンツ(UGC)の重要性を強調しています。また、投資から最大限の利益を得るための戦略についても言及しています。

インフルエンサー マーケティング トレンド

インフルエンサー マーケティング トレンド

2024年に注目すべきインフルエンサーマーケティングのトレンドについて説明しています。

TikTokの活用:
ブランドはTikTokショップの立ち上げを通じて売上とROIを増加させ、2024年にはさらに多くのブランドがTikTokを活用することが予想されます。

ステマ規制:
インフルエンサーとクリエーターはステマ規制により健全化され、新しいコラボレーションの機会が生まれるでしょう。

AIインフルエンサー:
AIによって生成されたバーチャルインフルエンサーがチャットに参加し、本物の会話を引き起こし、日常の意思決定に影響を与えるようになります。

社内インフルエンサーへの投資:
ブランドはスタッフや従業員をブランドアンバサダーとして活用し、個人アカウントから新商品の紹介や質問への回答、購入情報の共有を行います。

これらのトレンドは、インフルエンサーマーケティングがどのように進化し、ブランドと消費者の関係にどのような影響を与えるかを示しています。興味深い内容です。

ソーシャル メディア広告トレンド

ソーシャル メディア広告トレンド

2024年のソーシャルメディア広告トレンドに関する記事です。

本物革命:
UGC(ユーザー生成コンテンツ)とマイクロインフルエンサーが重要であり、消費者はオーガニックコンテンツを好む傾向にあります。

拡張現実 (AR) 広告:
ブランドと消費者の対話を促進し、購買意欲を高める可能性があります。

TikTok :
TikTokはソーシャル検索機能を強化し、ユーザーが商品を探しやすくなるように進化しています。

ソーシャルEコマーススペース:
TikTokショップなどでの購入が容易になり、低価格商品から高価値商品へと範囲が広がる可能性があります。

記事は、これらのトレンドがマーケティング担当者にとってどのような意味を持つか、そしてブランドがどのようにしてこれらの変化に適応すべきかについてのインサイトを提供しています。

オーガニックソーシャルとは

オーガニックソーシャルとは 

オーガニックソーシャルメディアの重要性とその運用について説明しています。

オーガニックソーシャルの重要性:
オーガニックソーシャルは単なるコストセンターではなく、ブランドにとって非常に重要な部門です。十分な時間、労力、リソースを投入することで、大きな機会を得ることができます。

優れたソーシャルチームの構築:
効果的なソーシャルメディアチームは、コンテンツの作成、クリエイターとの調整、商品の発送など、多岐にわたる業務を適切に分担することが重要です。

適切なチャネルとメディアの選択:
ブランドが注力すべきソーシャルメディアチャネルとメディアは、消費者の行動やブランドの目的に基づいて選択されるべきです。

UGCの活用:
ユーザー生成コンテンツ(UGC)は、ブランドのオーガニックソーシャル戦略において重要な役割を果たします。顧客やコミュニティが作成したコンテンツを活用することで、信頼と社会的証明を築くことができます。

ソーシャルメディアを効果的に活用するためのインサイトと戦略を提供しており、ブランドの担当者が自身のソーシャルメディアチャネルで試すことができるアイデアを提供しています。

知っておくべき 10 のソーシャル メディア トレンド

知っておくべき 10 のソーシャル メディア トレンド

2024年に注目すべき10のソーシャルメディアトレンドについてです。

長い形式のコンテンツ:
Tik Tok や Instagram での短編コンテンツのトレンドに変わり、より長くオリジナルなビデオコンテンツが求められています。

インフルエンサーのプロダクトプレイスメント: 
インフルエンサーは、自然な方法で製品を宣伝するためにプロダクトプレイスメントを使用します。

AIの統合:
AIはオムニチャネルカスタマーサービスや商品ビジュアルの作成に利用され、AIインフルエンサーの台頭も予想されます。

キーワード検索とSEO:
Tik Tok と Instagram が検索ツールとして使用されることが増え、キーワード最適化の重要性が高まっています。

このトレンドは、ソーシャルメディアの進化とともに、新しいマーケティング戦略を試す機会を提供します。

クリエイターとコラボレーションする 9 つの方法

 

クリエイターとコラボレーションする 9 つの方法

インフルエンサーマーケティングとクリエイターとのコラボレーションに関する記事です。

インフルエンサーの進化:
ソーシャルメディアの初期には、クリエイターは趣味としてコンテンツを作成し、ブランドについて投稿していました。しかし、業界は進化し、金銭的報酬が新たな標準となりました。

関係性に基づくマーケティング:
現在、インフルエンサーマーケティングは、より関係性に基づいたアプローチへと移行しています。これは、長期的なパートナーシップと双方にとって有利なシナリオを重視しています。

クリエイターオファーの重要性:
資金提供を受けない新興ブランドは、クリエイターに「イエス」と言わせるための魅力的な「クリエイターオファー」を作成することが重要です。これには、非金銭的メリットやコミュニティへの独占的アクセスなどが含まれます。

長期的なパートナーシップのメリット:
長期的な関係は、献身的なインフルエンサー、真の支持、一貫したクリエイターとの関わりをもたらします。
成功しているブランドはすべて、このようなパートナーシップを実現しています。
例えば、Sephora は選ばれたクリエイターを「スクワッドメンバー」と呼び、彼らに特典を提供しています。

インフルエンサーマーケティングの新しいトレンドと、ブランドがクリエイターとの関係を築くための戦略についてのインサイトを提供しています。

インフルエンサーと (合理的に) 交渉する方法

インフルエンサーと (合理的に) 交渉する方法

DTCブランドのオーナーが直面するインフルエンサーマーケティングの課題と交渉戦略について説明しています。

インフルエンサーとの交渉:
起業家は、インフルエンサーとの交渉を通じてブランドの露出を増やす方法を模索していますが、高額な手数料に驚いています。

マーケティングの価値:
インフルエンサーマーケティングの価値について疑問を持ちながらも、ブランド成長のためには露出が必要であると感じています。

戦略的アプローチ:
インフルエンサーと効果的に交渉するための具体的な戦略が提案されており、無料商品の提供、適切な手数料の設定、ファンへの割引提供などが含まれています。

インフルエンサーとのパートナーシップを検討しているDTCブランドのオーナーにとって有益なインサイトを提供しています。

あなたのUGCは最低です インフルエンサーから本物のソーシャルプルーフを手に入れる方法

 

あなたのUGCは最低です インフルエンサーから本物のソーシャルプルーフを手に入れる方法

Eコマースブランドがユーザー生成コンテンツ(UGC)を効果的に活用する方法について説明しています。

UGCの誤用:
多くのブランドがUGCを誤って使用しており、俳優による不正なビデオを作成していると指摘されています。

AGCの問題点:
俳優生成コンテンツ(AGC)は、実際の効果ではなくハイプによる支出増加を引き起こし、利益性を損なうとされています。

本物のUGCの重要性:
信じられるように本物のUGCを手に入れることで、有料広告を実行せずに販売を得る方法が提案されています。

5ステップのプレイブック:
影響力のある人々を見つけ、魅力的なオファーを作成し、自動化されたアウトリーチを送信し、クリエイターをオンボードし、使用許諾を求めることで、素晴らしいUGCを獲得するための具体的なステップを紹介しています。

ブランドが真のソーシャルプルーフを得るための戦略的アプローチを提供しています。

ビデオコマースの 5 つの間違い ROI を最大化するために

 

ビデオコマースの 5 つの間違い ROI を最大化するために

ソーシャルビデオコマースとeコマースプラットフォーム(Shopifyなど)の連携に焦点を当てています。

ソーシャルビデオコマースの価値:
番組作成や視聴者との対話を超え、エンゲージメントとROIを飛躍的に向上させる方法が紹介されています。

成果の向上:
オンデマンドでの売上と視聴回数の増加を示すデータがあり、商品詳細ページ(PDP)にビデオコンテンツを統合することでコンバージョン率が向上します。

商品リストページ(PLP)の最適化:
PLPにソーシャルビデオコマースコンテンツを統合することで、顧客の関心を引き、サイト滞在時間を延ばす効果があります。

物流と発送代行サービス:
EC事業者向けに、物流代行サービスの提供と、顧客購買後体験の向上を通じてLTVの向上を目指すサービスが紹介されています。

これらのポイントは、eコマース事業者がソーシャルビデオコマースを活用し、収益を最大化するための戦略として提案されています。

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0558/8323/5489/files/5_ROI_1024x1024.png?v=1703816322

ビデオコマースの 5 つの間違い ROI を最大化するために

ソーシャルビデオコマースの価値:
ソーシャルビデオコマースは、番組制作や視聴者との対話を超えた価値を提供し、エンゲージメントやROIを飛躍的に向上させる方法を提案しています。

成果の向上:
オンデマンドでの売上と視聴回数のデータを活用し、商品詳細ページ(PDP)にビデオコンテンツを統合することで、売上とコンバージョン率の向上が期待できます。

商品リストページ(PLP)の最適化:
PLPにソーシャルビデオコマースコンテンツを統合することで、顧客の興味を引き、サイト滞在時間の増加につながります。

コンテンツライブラリのフィルタリング:
増加するコンテンツライブラリに対して、顧客が求めるコンテンツを簡単に見つけられるようにナビゲーションを追加することが重要です。

これらのポイントは、eコマース事業者がソーシャルビデオコマースを活用し、収益を最大化するための戦略を示しています。

デジタル コマース とは eコマースを越えて

デジタル コマースとは eコマースを越えて

デジタルコマースの概念とその重要性について説明しています。

デジタルコマースの定義:
インターネットやモバイルネットワークを使用した商品やサービスの売買を指し、マーケティング活動、分析、価格設定、顧客獲得と維持などが含まれます。

eコマースとの違い:
eコマースはオンラインで物を販売する行為に対し、デジタルコマースは顧客の購入過程におけるタッチポイントを作成し、理想的なつながりを築く戦略です。

重要性:
顧客の行動と期待が変化しており、デジタルコマースは単なる販売チャネル以上のものとして、より優れたカスタマージャーニーを育成する方法です。

これらのポイントは、デジタルコマースがビジネスにとってなぜ重要であるかを理解するのに役立ちます。