ユーザー生成コンテンツの完全ガイド 通販・オムニチャネルコマース

ユーザー生成コンテンツの完全ガイド 通販・オムニチャネルコマース

ユーザー作成コンテンツ:User Generated Content。顧客コンテンツ:Customer Content。獲得したコンテンツ:Earned Content。何と呼ぶにせよ、UGC とそれがブランドにもたらす素晴らしいことについて聞いたことがあるかもしれません。おそらく、タイトルに記載されている、ユーザーによって生成されたコンテンツという基本的な定義を理解できたのではないでしょうか。

それでも、マーケティングのことになると、「UGC とは何ですか?」と尋ねずにはいられません。そして、ブランドはこれをどのように利用してターゲットオーディエンスとのつながりを築き、最終的にコンバージョンを増やすことができるのでしょうか。

UGC があなたのブランドにできる強力な機能について詳しく学びましょう。ここでは、ユーザー作成コンテンツの管理について知っておくべきことをすべて説明します。自由に最後まで読んでいただくか、最も興味のあるパスに直接クリックしてご一緒に考えてみて、今日から実行してみてください。

1. ユーザー生成コンテンツとは

UGC はユーザーによって生成されたコンテンツであることがわかります。
しかし、顧客コンテンツを活用してブランドの認知度と売上を向上させたいと考えているDTCなどのコマースブランドにとって、これは実際には何を意味するのでしょうか。 それがこのコラム全体を通して私たちが答えたい質問です。

具体的な定義から始めましょう。
一言で言えば、ユーザー生成コンテンツ (UGC) とは、ブランドのファンや幅広い視聴者によって作成され、商品をより多く販売するために使用できるコンテンツを指します。これは、ソーシャル チャネルで共有される写真やビデオ、お客様の声、レビュー、ツイート、ブログ投稿などの形式をとっています。

顧客があなたの商品に満足していると聞くのは、ブランドとして常に非常に素晴らしいことです。
UGC の美しさは、他の買い物客にとっても、人々があなたの商品にどれほど満足しているかを聞くことができるという事実にあります。この顧客コンテンツは、ブランド自体を宣伝するのではなく、ブランド認知度を高めるために、消費者があなたについて言っている良いことを増幅してくれます。

さらに、ミレニアル世代の約8割は、プロフェッショナル コンテンツ (PC) よりも UGC を見ることに興味を持っています。単純明快ですが、人々は他の種類のコンテンツよりもユーザー生成コンテンツに関与する可能性が高くなります。

考えてみると、UGC のメリットは無限にあります。ブランド自身がメッセージを発信していない場合、人々はブランド メッセージによりよく反応することを、私たちは心の底では知っています。

これで十分に納得できない場合は、UGC を試すさらに良い理由をブランドに提供できます。UGC は、e コマース ストアのコンバージョンを平均 15% 増加させるのに役立ちます。

これは、ターゲット ユーザーとブランドのつながりを高めるための単なるクールなアイデアではありません (ただし、その分野では非常に役立ちます。)。データは実際に、顧客コンテンツの売上向上能力を裏付けています。

さらに、UGC 写真は PC と比較してコンバージョンに至る可能性が 5 倍高いことを示す調査もあります。

非常に多くのメリットがあるため、UGC は e コマース ストアにとって真に必須なものです。UGC のすべての利点についてご一緒に考えていきましょう。まず、顧客に信頼してもらうという OG ブランドの目標から始めます。

ユーザー生成コンテンツは何に役立つのか

  • 顧客をマーケティング戦略の最前線に据える
  • 本物であるという感覚を確立する
  • 顧客とブランドの関係における信頼を構築する
  • 購入意思決定を促進する
  • 潜在顧客に以前の顧客から得た重要な情報を提供する

ユーザー生成コンテンツが重要なのはなぜですか

なぜユーザー生成コンテンツが重要なのでしょうか。User Generated Content (UGC) は現代のオムニチャネルをはじめとするコマースビジネスにおいて極めて重要な要素として台頭しており、無視できない広範なメリットをもたらします。UGC の核となるのは、本物の現実世界(IRL)の体験やお客様の声を提供することで、顧客の信頼を育むことです。この生来の信頼構築の資質は、顧客が自分の声を大切にしてくれるブランドとのつながりをより感じるため、ブランドロイヤルティとコミュニティ感覚の強固な基盤を確立します。UGC の重要性は信頼構築を超えて広がり、その驚くべき効率性に共鳴します。既存顧客の創造性を活用することで、UGC は時間とリソースを節約しながら、大幅な投資収益率を実現する費用対効果の高い手段となります。

この本物の顧客主導のコンテンツは、購入の意思決定に大きな影響を与え、関連性のある実践的な例を通じてコン​​バージョンを促進します。UGC はソーシャル コマースの領域と結びついており、ショッピング エクスペリエンスを豊かにし、エンゲージメントを強化します。UGC を通じて、ブランドは信頼性を強化するだけでなく、購買行動を形成し、顧客とコマースの間の相乗効果を促進する強力なメカニズムを解放してくれています。

ユーザー生成コンテンツ マーケティングと従来のマーケティングの比較

従来のマーケティング施策には、ブランド自身(または外部委託された広告代理店)によって作成されたコンテンツが含まれます。UGC はソーシャル メディア ユーザー、ユーザー生成コンテンツ作成者、またはインフルエンサーによって作成され、ブランドによって収集されたコンテンツを特徴としています。

UGC マーケティングは従来のコンテンツよりも大幅に安価であり、制作に必要なリソースも少なくなります。
たとえば、インフルエンサーと協力している場合や、 UGC プラットフォームに依存している場合など、UGC を完全に無料で作成できない場合もありますが、そのような場合でも、従来のマーケティング形式よりもはるかに費用対効果が高い傾向があります。

UGC は適応性も高く、たとえば、ユーザーが作成したビデオ商品チュートリアルは、デジタル サイネージでビデオ広告として再利用したり、ビデオ コンピレーションにカットしたりすることができます。

オーガニック UGC の膨大な量は、ショッピング可能なフィードや無限のカルーセルに表示できることを意味し、消費されるコンテンツが絶えず少しずつあるため、消費者が飽きることがありません。

従来のマーケティングには、洗練されたビデオ編集、ライティング、スタイリング、照明、オーディオ、画質などによる高い制作価値という利点があるため、その意味では、従来のマーケティングはより野心的またはプロフェッショナルなブランドイメージを与えることができます。そうは言っても、UGC の信頼性と現実の品質は、まさに消費者がより深いレベルでつながるものである場合があり、それは問題のマーケティング戦略の目標によって異なります。

しかし、多くのマーケティング担当者はこれまで以上に UGC に依存しており、ROI が高く、AI 主導の自動 UGC ツールの使いやすさを考慮すると、その理由を理解するのは難しくありません。

2.UGCのメリット

顧客との信頼関係の構築

このコンテンツは一般人から「クラウドソーシング」されたものであるため、非常に生々しく本物の雰囲気を持っています。さらに、この商品はスタジオで撮影されているモデルではない人によって使用されています。
彼らは、あなたの商品と一緒に素敵な写真を撮っている、世界中の本物の人々です。なぜそれらを使用したくないのでしょうか。

ユーザー生成コンテンツ キャンペーンを実施するブランドは本物とみなされているため、当然のことながら、消費者はブランドをより信頼することになります。実際、調査によると、消費者の大多数は 他のメディアよりも顧客のコンテンツを 50% 信頼しています。

また、顧客の 70% が購入前に商品レビューをチェックしていると言われています。UGC は商品の信頼性とパフォーマンスを強化するのに役立ちます。

買い物客の 4 分の 3 がソーシャル コンテンツの影響を受けている一方で、あらゆるブランドがインフルエンサーになろうと競い合っています。そのため、ターゲットとする視聴者との信頼関係を築くことは、どのブランドでも上位に入るはずです。

買い物客には選択肢が多すぎて、一貫した商品を提供するとは思えないブランドに時間を浪費することになります。あなたから何かを購入するときは、誰もが信頼して愛用する商品であることが保証されていることを顧客に理解してもらいましょう。

人々はすでにソーシャルメディアであなたのことを話題にしています。彼らはすでに商品を比較し、何を購入するかについて同僚の推奨事項に耳を傾けています。この社会的証明をすべて利用して、買い物客に好印象を与えるために利用してみてはいかがでしょうか。

コンテンツのキュレーションとコンテンツの作成

キラー コンテンツを毎日考え出すための時間、エネルギー、リソースがない場合があります。(特に小規模なチームで、ソーシャル メディア チャネルの管理者が写真家、マーケティング担当者、ブログ記事のライターを兼ねている場合は特にそうです。)

コンテンツ担当者が「クリエイター」ではなく「キュレーター」の役割を果たすと、彼らの仕事ははるかに簡単になります。

顧客のコンテンツを定期的に奨励し、厳選することができれば、継続的なコンテンツ作成の負担が即座に軽減されます。フォロワーがあなたをタグ付けし、何らかの肯定的なフィードバックを残したり、質問をしたりするたびに、顧客のコンテンツを有利に利用する機会が与えられます。

ブランドを支えるコンテンツ作成者にとって、顧客コンテンツを奨励し、キュレーションすることには3 つのメリットがあります。

  • 常に自己宣伝したり、フィードを綿毛で満たしたりする必要はありません
  • 自分のコンテンツがフォロワーに関連しているかどうかを推測する必要はありません。
    結局のところ、コンテンツを作成しているのはフォロワーです。
  • 顧客コンテンツを通じてフォロワーを増やすことは瞬時に実現できます。
    必要なのは、モデルを雇ったり、撮影したり、編集したりするのではなく、簡単なキャプションとクリックだけです。

少なくとも、顧客コンテンツをフィードに組み込むことは、既存のソーシャル戦略を補完する素晴らしいものになります。ユーザー生成の投稿は真にオーガニックなものであるため、通常は自分で作成してブーストしていた投稿から解放されるのは歓迎すべきことです。

それだけでなく、ユーザーはすでにこのコンテンツを作成しています。Instagram には毎日 9,500 万枚の写真がアップロードされています。それはすでに生成されています。あとはそれをキュレートする方法を学ぶだけです。

顧客を中心に置く

現在のマーケティング環境は、対象となる消費者の要望やニーズに追いつくために常に慌てています。ペースの速いデジタル世界が常に動いているため、情報の移動も速く、消費者の欲求も同様に急速に変化します。消費者は現在、急速に進化する要望やニーズに対応できる企業のマーケティング コンテンツを利用することに慣れています。UGC は消費者をマーケティング プロセスの中心に置き、利用可能なマーケティングの中で最も顧客中心の形式の 1 つです。

信頼性とコミュニティ構築

顧客は、同じ価値観を共有していると感じるブランドに好感を持ちます。ユーザー生成コンテンツは、消費者が感情的につながることができる方法で製品やサービスを共有する本格的な方法です。

UGC は本物であるだけでなく、コミュニティの感覚を育み、特定の製品やブランドに関する共有の物語を生み出します。企業が製品やサービスを光沢のある孤立した方法でマーケティングするのではなく、ユーザー生成コンテンツは消費者を巻き込み、製品の使用方法を他のソーシャル メディア ユーザーと共有することを奨励します。このメカニズムは、従来のマーケティング形式よりもコミュニティ意識を構築します。UGCは、消費者による消費者のためのコンテンツと言えるでしょう。

コスト効率と高いROI

UGC は多くの場合無料で収集でき、ユーザーはコンテンツを自分で作成します (ただし、ブランドがインフルエンサーと協力し、UGC キャンペーンで使用する特定のコンテンツを投稿して報酬を得る場合もあります)。マーケティング形式に関する限り、UGC は最も費用対効果の高い形式の 1 つです。

ユーザー作成コンテンツは費用対効果が高いだけでなく、費用をかけずに大量に作成できるため、投資収益率 (ROI) も優れています。UGC は利益の増加につながり、マーケティング諸経費の削減と相まって、より大きな ROI を実現する理想的な条件を生み出します。

3. さまざまな種類の UGC

ユーザー生成コンテンツとは、Instagram や TikTok などのソーシャル メディア プラットフォーム上のコンテンツだけを意味するわけではありません。YouTube のユーザー作成コンテンツのチュートリアルやハウツーから、商品の消費者のスター評価やレビューまで、顧客がブランドの商品にどれほど満足しているかを世界と共有するためのさまざまな方法がたくさんあります。しかし、それらすべてを活用していますか。 

  1. 画像
  2. ビデオ コンテンツ (ライブ ストリームや YouTube コンテンツを含む)
  3. お客様の声
  4. ソーシャルメディア投稿(ツイートなどの文章を含む)
  5. カスタマーレビューと星評価
  6. ブログ投稿
  7. Q&Aフォーラム

ソーシャル メディアから収集された画像やビデオなどのビジュアル コンテンツは、UGC によく関連付けられるコンテンツ形式です。そうは言っても、ソーシャル メディアの投稿にあるコンテンツ以外にも、多くのユーザー コンテンツが存在します。
以下のセクションを参照して、あまり議論されていない形式の UGC と、それがブランドの e コマースの取り組みにどのように役立つかについて知っておくべきことをすべてご一緒に学びましょう。

Instagram と Facebookからの UGC

これは古き良きユーザー生成コンテンツであり、収集して Web サイトに直接統合して社会的証明として使用できます。 Instagram だけでも 1 日に9,500 万件の写真やビデオが投稿されていることから 、ソーシャル メディアは UGC にとって欠かせない存在です。

ユーザーにハッシュタグへの投稿を開始してもらうと、商品を紹介するすべての本物の顧客の写真やビデオへの片道切符を手に入れることができます。
そのコンテンツを収集して、e コマース サイトで使用できるようになります。プロセスは次のようになります。

この段階で、UGC のゴールデンアワーには到達しました。獲得したコンテンツを e コマースのストアフロントや商品ページに直接統合して売上を増やす魅力的な方法がたくさんあります。

ユーザーは顧客コンテンツをクリックし、熱心な顧客の視覚的な推奨事項から直接買い物をすることができます。ビジュアルコマースの魔法。

顧客の写真やビデオを収集、統合し、ショッピングに活用する方法について詳しく知りたい場合は、 ユーザー生成コンテンツ戦略の作成に関する広範なガイドをお読みください。ここには、勝利を収めるビジュアル UGC 戦略を実行するために必要な情報がすべて揃っています。

カスタマーレビュー

オンライン買い物客の9割は購入の決定にレビューを取り入れています。なぜこれほど信頼できる購入情報源なのでしょうか。それは、同じソリューション (別名 UGC) を探している実際の人々から直接発信されているからです。

ブランドが店舗でのみ販売されていた頃、顧客のレビューはオリジナルの UGC でした。オンラインに移行した今、顧客レビューは古くからあり、それをオンライン ストアに組み込んで、将来の顧客に商品が信頼できることを証明する方法がたくさんあります。

Trustpilotなどのサードパーティのレビュー サイトがあり、消費者が特定の商品やサービスに関するカスタマー エクスペリエンスを見つけるためにオンライン レビュー ディレクトリを形成しています。e コマース プロバイダーが自社の Web サイトで顧客レビューや星による評価を直接ホストできる統合ソリューションの人気が高まっています。

X(Twitter) からの UGC

ユーザーが作成した写真について話し始めると、X(Twitter) は取り残されてしまうことがよくありますが、Xはブランドが活用すべき顧客との対話のための優れたリソースとなり得ます。

コンテンツ作成者は、ユーモアのセンスを常に誇示している企業から、1 つや 2 つ学ぶことができます。彼らは基本的に、陽気なXアカウントで知られており、ふざけた口調を保ちながら、ユーザーのコメントに直接応答することがよくあります。

X は顧客の写真を収集するための優れたリソースでもあります。彼らの言及をリツイートすることで、UGC を社会的証明として有機的に広めていきます。この UGC マジックをさらに進めるために、ここの写真を撮って、ホームページの商品ページまたはギャラリーに直接組み込むことができます。そして、UGC のメリットは今後も続きます。

ユーザーが作成した写真がソーシャル メディア プラットフォームで何百万もの人々に共有されていることを考えると 、ブランドが活用できるコンテンツは確かにたくさんあります。

YouTube からの UGC

YouTube 登録者の10 人中 7 人は、従来のテレビや映画スターよりも、お気に入りの YouTube コンテンツ クリエイターに共感を示しています。ミレニアル世代の 40% は、お気に入りの YouTuber の方が友人よりも自分のことをよく理解していると信じています。時間をかけて分析してみないと、これらの数字はほとんど信じられないように思えます。

YouTuber はなぜ共感しやすく、理解力があるという評判を獲得しているのでしょうか。なぜなら、彼らは他のユーザーと意見を共有するプラットフォームの単なるユーザーだからです。

YouTube でユーザーが作成したコンテンツは、それがマーケティング的なものであっても、視聴者の信頼を獲得するのに役立つ本物の雰囲気を持っています。さらに、獲得したファンの動画は、所有する動画の10 倍の頻度で視聴されます。ユーザー生成コンテンツのビデオは、YouTube のビデオだけでなく、TikTok や Instagram リールのユーザー生成コンテンツも含めて、視聴者を引き付けるという点で非常に効果的です。

YouTube UGC がいかに役立つかを示す例として、Unboxingがあります。買い物客は、新商品に正確に何が付属しているのか、その使用方法、そしてそれらがどのようにうまく機能するのかを知る機会を得ています。そしてさらに重要なことに、それがどれほど素晴らしいかを顧客に伝えたのはブランドではありませんでした。

ウィッシュリスト

Amazon で、将来また利用したい商品をウィッシュリストに追加する方法をご存知ですか。
これもユーザー生成コンテンツです。

Amazon はその情報を使用して、「Amazon Most Wished For」と呼ばれるマスター リストを作成しています。Amazon ユーザー (最近では世界中に1 億人の Amazon プライム会員がいる) が、他の人が興味を持っている商品を閲覧することができます。また、Amazon は UGC に優れているため、商品の下に信頼できる星による評価を直接確認することもできます。 

この種のブランド推奨は、他の形式のユーザー生成コンテンツと組み合わせて使用​​することもできます。たとえば、YouTube 動画に戻ります。
Unboxing動画であなたの商品を取り上げることは、あなたのブランドが驚くほど露出されるだけでなく、信頼できる評判も獲得することができます。

Spotify のプレイリストでも同じことができます。共有する人が増えれば増えるほど、他の人も一緒に参加したいと思うようになります。

5. UGCソーシャルメディア戦略の策定

ユーザー生成コンテンツがブランドにどのように役立つかをさらに説明する前に、ソーシャル メディア マーケティングについて話しましょう。

ソーシャル メディア ネットワークが重要な e コマース ツールであることを理解してもらうために、多くの時間を費やす必要はないと思います。これは、ソーシャル メディアでブランドをフォローしているミレニアル世代の 95% という驚異的な数字と、ソーシャル メディアをもっと利用する予定だと答えた Z 世代の 73% を考慮すると特に当てはまります。さらに、10 人中約 9 人がソーシャル ネットワークでフォローしている企業から購入すると回答していました。

これらのユーザーはスマートフォンで買い物をすることも恐れておらず、フォローしているブランドでの支出が増えたと回答したユーザーは、増加していました。したがって、世界の 66.6% が携帯電話を所有している今、ソーシャル メディアを活用して売上を伸ばすのに最適な時期であるように思えます。

しかし、フォロワー数だけを見てソーシャル メディア プラットフォームでのパフォーマンスを評価している場合は、要点を見逃している可能性があります。

知っておくべきことは次のとおりです。
現代のソーシャル メディア マーケティングは、 「いいね!」やフォロワー数などの価値指標とは、思っているよりもはるかに関係がありません。
有意義な見込み客、コンバージョン、売上につながらなかったら、何千人ものフォロワーがいる意味は何でしょうか。

代わりに、ブランドの認知度を高めるための、積極的なブランドコミュニティを構築する方法として Instagram を使用することに重点を置きます。

最初のステップ: ターゲット視聴者の共感を呼ぶコンテンツを投稿します。
永遠の闘い: ユーザーが常に興味を持ち、興奮するコンテンツを生成すること。そうですね、強力なコンテンツを作るための公式は、ユーザーの興味を引くとわかっているユーザー生成コンテンツを再投稿するだけで済みます。

さらに、UGC は他の人にもあなたのコミュニティへの参加を即座に奨励します。

写真は百聞は一見に如かずで、既存顧客の多くと同じように、アクションやコーディネイト満載の冒険に出かけることに興味はあるが、どこに行けば、なにを着ればいいかわからない潜在顧客に語りかけています。
UGC のメリットは、このような壮大な写真が、ブランドの概要とブランドが顧客に何ができるかを顧客に示すことです。さらに、商品が使用され、限界まで押し上げられている様子を見せることで、ターゲット ユーザーに自社の商品が望ましいものであり、信頼できるものであることを示していきます。

そして、それはソーシャル チャネル上に存在するだけではありません。ソーシャル メディア マーケティング戦略には、Web サイトや広告など、何でもいいので UGC を含めることができます。さらに、Shopify は、ユーザー生成広告の収益がクリックスルー率と他のタイプのマーケティングの比較して4 倍高いと指摘しています。

効果的なソーシャル メディア戦略は 3 つの要素に根ざしています。

  1. フォロワーの要望やニーズにリアルタイムで対応すること、
  2. ブランドを個性として表現すること (ロボットや企業のように見えるのではなく)、
  3. 視聴者の琴線に触れるコンテンツを強化すること

です。

ユーザー生成コンテンツは、ソーシャル メディア プラットフォームでこれらすべての要素を実現するのに役立ちます。その方法は次のとおりです。

顧客を無視せずに商品をアピールする

ソーシャル ユーザーの約 57% が、ブランドのフォローを解除する最大の理由として「プロモ​​ーションが多すぎること」を挙げています。一方、広告ブロックの使用量は世界中で過去最高となっています。

最近ではそれが非常に明白です。絶え間なく自己宣伝を行うことは、フォロワー数を減らし、ターゲットとする視聴者を遠ざける予測可能な方法です。ブランドは自社商品をどのように提示するかについて機転が利く必要があり、そうしないと顧客はすぐに次のステップに進んでしまいます。

そこで顧客コンテンツが登場します。
顧客コンテンツは、ブランドとフォロワーにとって同様に双方にメリットをもたらします。プロモーション投稿からセールストークを取り除くだけでなく、実際に使用されている商品を紹介することもできます。

あなたのフォロワーは単に商品を求めているわけではありません。彼らはあなたの商品を体験したいと考えています。

ブランドは、あらゆる機会を捉えて、退屈な商品ページの領域を超えて販売するよう努めるべきです。代わりに、目を見張るような現実世界の環境に商品を配置し、フォロワーがあなたのブランドとの個人的なつながりを視覚化するのに役立ちます。

ソーシャルを通じてブランドの個性をアピールする

個人的なつながりと言えば、今日の消費者はブランドではなく人に信頼を置きたいと考えています。これは特に若い層の場合に当てはまります。

唯一の問題は、ブランドは人ではないということです。
でも、あなたの顧客の誰が誰なのか知っていますか。

顧客に商品と一緒に写真を撮ってソーシャル ネットワークに投稿するよう促すことができれば、彼らはあなたのブランドのさまざまな顔になることができます。彼らに販売に興味を持ってもらうための優れた方法は、個性を示すことです。

Instagram のキャプションやツイートにちょっとしたユーモア、態度、性格、ダジャレを加えることで、ブランドとのあらゆるやり取りの背後にはロボットではなく現実の人間がいることをフォロワーにどのように思い出させることができるかを考えてみましょう。

もちろん、すべてのソーシャル メディア マネージャーがスタンドアップ コメディアンになる必要があるわけではありません (または、なれることさえあります)。
ブランドの声やイメージに人間的な側面を見せたほうがよいでしょう。最高の人間的な側面は、商品を購入する人間から得られる可能性があることをもう一度思い出してください。

どのようなルートを選択するにしても、トーンや顧客のコンテンツに関しては、ブランドやターゲット層にうまく適合しないマーケティング メッセージを偽造しようとするのではなく、本物であるように努めてください。

ソーシャル チャネルのフォロワーのレベルを把握する

ソーシャル メディア ネットワークのメリットの 1 つは、フォロワーとブランドが平等な立場にあるという事実です。両者は互いに @ だけ離れています。

リアルタイムでフォロワーと対話できる機能は、顧客サービスの手段としてだけでなく、ユーザー生成コンテンツをキュレーションするためのツールとしても機能します。

ソーシャル メディアでのインタラクションに反応するブランドとして知られるようになると、ユーザーはより多くのエンゲージメントを与えるようになります。

たとえば、自然化粧品ブランドは、顧客が自分の肌や髪のタイプに最適な商品について Instagram の投稿で直接質問することを推奨しています。

そして、ブランドが目指しているパーソナライゼーションを徹底するために(販売する各商品には、誰がその商品をパッケージしたのかが正確に記載されています)、インスタグラムの返信に署名して、誰が聞いているのかを顧客に正確に知らせることさえしています。

顧客はブランドからの反応を求めているだけではなく、ブランドからの反応を期待しているのです。マーケティングの観点からは、フォロワーに返信するかどうかは決定的な状況ではないように見えますが、フォロワーに代わって返信が必要なメッセージの 6 件中 5 件には返信がありません。

Forbes が指摘したように、ミレニアル世代の 62% はソーシャル経由でお気に入りのブランドと連絡を取ることを望んでおり、60% が購入決定に影響を与える要素としてブランド ロイヤルティを挙げています。つまり、彼らは購入を選択する際に、あなたのブランドが自分たちのニーズをどの程度受け入れられるかについて考えているということです。

時間をかけて視聴者を探し、それに応えることは、ほとんどのブランドが積極的に取り組んでいない小さなタッチポイントです。

それらのブランドの一つにならないでください。ソーシャル メディアを本来の用途どおり (ソーシャル プラットフォームとして) 使用すれば、ユーザーは肯定的な反応を示すでしょう。

ソーシャル チャネルで顧客コンテンツを使用する際の重要なポイント

コマースブランドのほぼ90%は、何らかのユーザー生成コンテンツ戦略を導入しています。一方、ミレニアル世代の消費者の 84% は、ユーザー作成コンテンツがオンライン ショッピングの方法に影響を与えていると主張しています。

ソーシャル メディアを介したコンテンツへの「ポンプ アンド ダンプ: Pump and Dump.風説の流布・偽りの発言、誤解を招きやすい発言、ソーシャルメディアでの大量の投稿、などを使って、価値のない資産が魅力的な人気商品であるという情報を流します。」アプローチは廃止され、埋もれています。同様に、フォロワーに発言権を与えていない場合、必然的に自分の成長能力が妨げられることになります。

6. ユーザー作成コンテンツのベスト プラクティス: 重要なヒント

この形式のコンテンツは非常に適応性が高く、ニーズに応じてブランドのマーケティング戦略にコンテンツを組み込むさまざまな方法があることを意味します。そうは言っても、このタイプの戦略に関して推奨される一般的なガイドラインまたはユーザー生成コンテンツのベスト プラクティスがいくつかあります。

ブランドは、自社のブランドに適したソーシャル ネットワークを選択するよう努める必要があります。
通常、さまざまなソースから UGC を取得する必要はありません。
一部のブランドは Instagram に固執しますが、他のブランドは TikTok の視聴者から適切なコンテンツを取得する可能性が高くなります。マーケティング担当者は、戦略の一環として適切なチャネルから始めて優先順位を付けることをお勧めします。

マーケティング担当者にとって有益なもう 1 つの実践は、収集した UGC を共有する適切なチャネルを考えることです。
UGC を共有するのに最適なプラットフォームは、UGC が収集されたプラットフォームと同じである場合があります。ほとんどのブランドは、ユーザー作成コンテンツを自社の Web サイトに組み込むことが有利であると認識していますが、イベント、Eメール キャンペーン、有料広告などにも利用できます。

従うべき最も重要なガイドラインの 1 つは、コンテンツ作成者からコンテンツを共有する許可を取得することです。許可を求めるだけでなく、作成者のクレジットをどこかに記載することもベストプラクティスです。多くの場合、ブランド サイトで UGC にカーソルを合わせると、画像やビデオを作成した人の Instagram ハンドルが表示されるようにします。

7. 顧客に商品を紹介するコンテンツを投稿してもらう

フォロワー数がすべてではないことは承知していますが、フォロワー数を増やすのは決して悪いことではありません。フォロワーが増えれば増えるほど、より多くのUGCを受け取る可能性が高くなります。

ありがたいことに、UGC は UGC を生み出します。戦略内でこれを実装し始めると、不必要にスパム投稿をすることなく、フィードの新しいフォロワーの宝庫に確実にアクセスできるようになります。

ブランド、#{ブランド名}Eハッシュタグを使用して商品を宣伝すると同時に、ユーザーが投稿した写真を活用してフォロワーからの新しい写真を奨励している様子を探してみてください。

ハッシュタグを介して投稿された画像を詳しく調べてみると、ファンが顧客コンテンツの形で反応していることがわかります。

この奨励は ブランドと顧客にとって双方にとって有益です。商品は無料でソーシャル スペースに広がり、フォロワー以外のユーザーもブランドタグにさらされることになります。優れたハッシュタグを作成する方法を知っているブランドは、自社のコンテンツが野火のように拡散するように促す方法も知っています。

しかし、まだ始めたばかりの場合、プロセスを開始するのは困難に思えるかもしれません。ただし、レビューを依頼したり、顧客コンテンツ キャンペーンを開始したりするだけの簡単な場合もあります。

レビューから始めてプロセスを詳しく見てみましょう。

顧客からより多くのレビューを得る

商品や会社のレビューを投稿したときのことを思い出してください。行動を起こす動機は何ですか。
おそらく、それは 2 つのシナリオのうちの 1 つでした。

  • 商品やサービスが嫌いで、他の人が同じ購入間違いをしないようにレビューを残したか
  • 商品やサービスが気に入ったのでレビューを残すように求められたか

のどちらかです。

最初のシナリオでは、売り手側のアクションは必要ありません。あなたは自分の意志でそれを残しました。

ただし、2 番目の場合は、ほとんどの場合、あなたに連絡して意向を尋ねる必要があります。そうでなければ、商品の使用経験が良かったにもかかわらず、レビューを残す気にならなかった可能性があるということです。Amazon はこれを行っています。

人々は、ポジティブな経験よりもネガティブな経験について話す傾向があるため、顧客が共有するためには、ちょっとした後押しが必要なことがよくあります。
したがって、ユーザーにレビューを投稿するよう促します。Eメールを送信したり、ソーシャルメディアで連絡したりしてください。

顧客からより多くのビジュアルコンテンツを獲得する

これで、UGC に関してもこれと同じモデルを使用できるようになります。

結論は、ユーザーはすでに写真を撮って共有しているということです。商品を使用しているときに写真を撮ってもらい、ハッシュタグを付けてもらうだけです。
どうやってそれができるのでしょうか。

  1. ステップ 1 : 監査を実行して、現在の顧客コンテンツを見つけます。

    追跡していない場合は、あなたの顧客の一部があなたが気付かないうちにすでに商品の画像を投稿している可能性が高くなります。
    見つけるには、Instagram で #{yourbrand名} を使用してブランドを検索します。

    さらに、あなたの商品やブランドがタグ付けされているハッシュタグも検索してください。
    実店舗をお持ちの場合は、あなたの店舗の場所をタグ付けしている人を検索してください。

    人々がすでにどのような種類の写真を撮っているかを理解することは、次のステップに役立ちます。

  2. ステップ 2 :顧客コンテンツ キャンペーンを作成します。

    キャンペーンを主催し、ランダムな勝者に商品をプレゼントすることは、顧客コンテンツを大量に獲得するための最初のステップです。人々は良いブランドと結びつくこと(そして無料のものを手に入れること)が大好きです。
    キャンペーンを作成するときは、必ず目標について考えてください。
    ・商品ページで使用できるレビューをさらに生成したいですか。
    ・それとも Instagram を独占できるようにフォロワーにハッシュタグに投稿してもらいたいですか。

    後者の場合は、あなたのブランドに固有のハッシュタグを必ず作成してください。
    それがあなたのブランド名であれ、新しいものであれ、人々がこのハッシュタグを付けて投稿するときは、それが意図的にあなたに向けられたものであることを確認してください。将来的に UGC を収集しやすくなります。

    中毒性のあるハッシュタグをユーザーに定着させ始めると、UGC が増加するのがわかります。

  3. ステップ 3:顧客と関わります。

    コメントには必ず返信してください。遠慮せずに写真にコメントしたり、ソーシャル メディア アカウントに再投稿したり、ランダムに無料のギフトを贈ったりしてください。高価である必要もありません。
    たとえば、ラップトップやその他の機器に貼り付けられる、楽しいブランドのステッカーを顧客に送信できます。

    時間をかけて彼らと関わりを深め、写真を投稿したりレビューを書いたりすることで得られるメリットを理解すればするほど、将来的にあなたのブランドをさらに覚えてもらえるようになるでしょう。

8. ユーザー生成コンテンツ マーケティングをどこに含めるか

ブランドの消費者向けコンテンツを収集し、顧客がさらに作成するよう奨励し始めた。これを私たちはエンゲージメントの輪と呼んでみましょう。サイト上のスタイリッシュなギャラリーまたはカルーセルに表示されます。

UGC の力を目の当たりにしたあなたは、もしかしたら、それをさらに進化させることができるのか。 と疑問に思っているかもしれません。

もちろんできます。適切なユーザー作成コンテンツ管理戦略を採用して、獲得したコンテンツを可能な限り拡張することができますし、採用する必要があります。その方法は次のとおりです。

Eメールマーケティングキャンペーン

ユーザー生成コンテンツが、コンバージョンを増やし、信頼を築き、より個人的なタッチで投稿を描くことで、Instagram 上のブランドにどのように役立つかを何度も見てきました。

同じ原則をEメール マーケティング戦略に適用してみてはいかがでしょうか。

UGC をEメール マーケティング施策に統合することで、マーケティング活動の面で両方のメリットを最大限に活用できます。ソーシャル コンテンツをさらに充実させるだけでなく、ハッシュタグ キャンペーンや商品にさらに多くの注目が集まるようになります。

ソーシャル メディアのためだけに UGC ジュースをすべて保存しないでください。
Eメール マーケティング キャンペーンへの愛を分かち合いましょう。 UGC は、コンバージョンやクリックスルーに関してマーケティング戦略の穴を埋める可能性があるため、可能な限り統合する必要があります。

  • Eメールのエンゲージメント率を高め、読者に何らかのアクションを起こすよう促す
  • 購読者を顧客に変換し、それらの購読者をオプトイン状態に維持する
  • 購読者とのより個人的なつながりを築く

ユーザー生成コンテンツは、これらすべての問題点を軽減するのに役立ちます。また、これを行うために現在のEメール マーケティング キャンペーンに手を加える必要はありません。少しの調整と創造力を使えば、 UGC を使用してブランドに最適なEメール マーケティング キャンペーンを作成できます。

実際、ユーザーにさらにコンテンツを作成するよう促すには、Eメールで UGC を使用する必要があります。Eメールベースのハッシュタグキャンペーンを使用すると、多くの人があなたの商品の写真を撮るようになります。

さらに、ソーシャル フォロワーは、残りのマーケティング戦略のリソースとなります。
Instagram のフォロワーは、潜在的なEメール購読者であると考えてください。そうすれば、彼らはあなたのコンテンツを見逃すことがなくなります。

ここでの重要なポイントは何でしょうか。
Eメールとソーシャルメディアを完全に分離すべきではありません。Eメールを介した UGC の実験は非常に簡単なので、これをしない理由はありません。

目標がEメールによる売上の増加であっても、顧客を買い物可能なソーシャル フィードに誘導することであっても、UGC とEメールの組み合わせは強力な組み合わせです。

SNS広告

UGC を使用するもう 1 つの重要な方法は、SNS広告です。

SNS ユーザー、つまりほとんどの人は、ニュース、写真、広告の終わりのないサイクルをスクロールして時間を費やしています。彼らは広告を見つけてすぐにスクロールして通り過ぎるのがかなり上手です。

しかし、UGC を使用すると、ユーザーが SNS 上で友人や家族の写真を見たいと思うのと同じように、より自然でリアルなため、共有しているコンテンツにユーザーが興味を持つ可能性が高くなります。
さらに、顧客獲得コストも削減されます。

UGC を備えた SNS 広告は、クリックスルー率が高く、クリックあたりのコストが低く、獲得あたりのコストが低くなります。

UGC の可能性に制限はありません。顧客の写真がとても気に入っている場合は、メディアの権利を取得したら、その写真を看板にスタンプして、最新のキャンペーンの顔にすることもできます。

ビヨンセはこう言います。
「持っているなら、それを見せびらかしましょう」
可能な限りあらゆる場所で UGC を披露し、そのメリットを実感してください。

9. ユーザー生成キャンペーンにおいてユーザー生成コンテンツのモデレーションが重要なのはなぜですか

ユーザー生成コンテンツのモデレーションは非常に重要です。
ユーザーがソーシャル チャネルであなたのブランドについて投稿しているのを見るのはとてもうれしいことですが、ハッシュタグが選択できるコンテンツでいっぱいになると、圧倒されてしまうことがあります。特に、マーケティング活動に使用する予定のないコンテンツがある場合はそうです。

そのため、ユーザー生成コンテンツのモデレーションは、UGC マーケティング戦略の最も重要なステップの 1 つとなります。ターゲット ユーザーを利用してブランド認知度を高めながら、ブランドの外観と雰囲気をそのまま維持するのに役立ちます。

使用したいコンテンツのみを確実に収集する効果的な方法は、ブロックされたユーザーやホワイトリストに登録されたユーザーなどのツールを使用することです。
ブランドがスパム コンテンツをブロックすると同時に、見たいと思われるコンテンツにフィルターすることが大切です。

そこからは、e コマースに表示したい画像やビデオを承認するだけでコンテンツの管理が簡単になります。また、場合によってはそれらを商品に関連付けて、顧客のコンテンツをショッピングできるようにすることもできます。

ユーザー生成コンテンツのモデレーションと同様、ユーザー生成コンテンツの許可をリクエストすることは、ユーザー コンテンツのライフサイクルにおける重要なステップです。

10. UGC を使用して顧客獲得コストを削減する

新しい顧客を獲得するためにお金を使いすぎていると感じていませんか。
あなたは一人ではありません – e コマースの顧客獲得コストは、コストを低く抑えるために全力を尽くしていない場合、非常に高額になる可能性があります。実際、新しいデジタル顧客を過去の顧客と同じレベルの収益性まで引き上げるには、約16倍の費用がかかります。

顧客獲得コストを低く抑えるための最良の方法の 1 つは、マーケティング活動全体を通じて顧客コンテンツを使用することです。

SNS や Instagram の広告で顧客の写真や動画を使用する

ソーシャル メディア広告で顧客コンテンツを使用することに少し懐疑的な場合は、次の点を考慮してください。顧客コンテンツを含む SNS 広告は、クリックスルー率が高く、クリックあたりのコストが低くなります。

言い換えれば、SNS 広告に何らかの顧客コンテンツを組み込むと、広告投資に対する収益が大幅に向上します。Instagram でも同様の結果が見られ、顧客コンテンツをフィーチャーした広告の方が、従来のプロ仕様のスタイルの広告よりもコンバージョンが高くなります。

顧客の写真とレビューを使用して販売前の質問に答えます

誰かがあなたのサイトにアクセスして商品を購入する場合、自信を持って購入する前に、販売前の質問に答える必要があります。
たとえば、女性用のドレスを販売している場合、顧客がドレスを購入する前に自問する可能性のある販売前の質問を展開します。

  • このドレスは高品質ですか、それとも数回使用すると破れてしまいますか。
  • 私はこのサイトのプロの画像にあるモデルのような体格ではありません。このドレスは私に実際にどのように見えるでしょうか。
  • 写真はドレスの色と比率を正確に表していますか。

サイトを訪問するユーザーに対するこのような質問に答えることができれば、カスタマー サービスのスタッフやソフトウェアを増員することなく、そのユーザーを有料顧客に変えることができる可能性が高くなります。

最良の方法は何でしょうか。ユーザー作成コンテンツ。具体的には写真とレビューです。
さらに、購入者のほぼ 90% は、他のどの言葉よりもユーザー レビューに重点を置いています。

商品の品質をサポートするためにこれだけ多くの顧客コンテンツを顧客に表示することは、e コマース Web サイトでのコンバージョン率を高めるのに非常に効果的です。
顧客レビューによって商品コンバージョンが 74% 増加するというデータもあります。

レビューはさておき、カルーセルやギャラリー、ルックブックなど、再生できる形式が他にもたくさんあります。商品ページで通常の書う品写真と並べて顧客の写真を表示することもできます。

これらはすべてコンバージョンにも優れており、顧客の写真を集めた顧客コンテンツ ギャラリーを追加すると、購入率が 19% 向上したことが示されました。このような結果は、顧客獲得コストの削減に直接つながります。

本物の顧客の写真とビデオを使用して顧客を維持する

忠実でハングリーな顧客ベースを構築することは、あらゆるビジネスの究極の目標です。
顧客維持は、主力ブランドと新進気鋭のブランドにとって同様に大きな懸念事項です。生涯顧客を生み出すという概念は、非常に困難なものかもしれません。
結局のところ、新しいブランドは毎日登場しています。その一方で、トレンドは変化し、最も有望なフィット感でさえすぐにその週のフレーバーになる可能性があります。

信じられないほど競争が激しく混雑した e コマース環境において、長期的な顧客維持を実現するにはどうすればよいでしょうか。

このように考えてみましょう。顧客は、実際に実際にリアルタイムで実際に展示されている商品を目にするので、顧客コンテンツは社会的証明を表します。ユーザー生成コンテンツの作成を奨励​​することは、顧客維持に最適です。

購入後は、ブランドとのやり取りを継続するために必要なアクションを顧客にすぐに提供します。ブランドと購入者の間のより強い感情的なつながりを強固にするために、インタラクションが多ければ多いほど良いでしょう。

11.UGCによる返品率の削減

ユーザー作成コンテンツを使用して顧客の販売前の質問に対処し、購入の増加につなげる方法について説明しました。
しかし、顧客コンテンツを通じて顧客にできるだけ多くの情報を提供するもう 1 つの素晴らしいメリットは、そうすることで返品率を下げることができることです。

これがどのようにして起こるかを理解するために、まず、人々が商品を返品する理由について考えてみましょう。

なぜ人々は e コマース ストアで商品を返品するのでしょうか。

多くの理由がありますが、最も一般的なのは次のとおりです。

  • 商品は不要になりました
  • ウェブサイトの説明と一致しませんでした
  • 顧客の期待に応えられなかった
  • 会社が間違った商品またはサイズを出荷した
  • ギフトでの購入でしたが、気に入らなかった、商品が合わなかった
  • 最後の理由は、e コマースの返品の最も一般的な理由です。商品が合わなかった。

視覚的な顧客コンテンツがこれらの一般的な返品問題の解決に役立つと言ったらどうなるでしょうか。 まずはアイテムフィットから始めましょう。

顧客コンテンツがよりフィット感の高いアイテムを選択するのにどのように役立つか

顧客の 70% は最終購入前にレビューや評価をチェックするため、顧客コンテンツを提供することは、顧客が自分に最適な商品を選択できるようにする優れた方法です。

街中で履くのに十分快適でありながら、スカートやドレスに合わせてドレスアップするのに十分素敵な新しいスニーカーを探していました。***** はクールで高級なスニーカー ブランドだと聞いていた(SNSや友人から)ので、ウェブサイトをチェックしました。
そこで素晴らしいブラッシュスニーカーを見つけましたが、どのようにフィットするかわかりませんでした。幸いなことに、***** には各ペアのすぐ隣にフィット ガイドが組み込まれています。
しかし、まだ疑問があります。
これらが適合するかどうかを本当に知るにはどうすればよいでしょうか。 顧客の目は、ページの下部に直接表示されている顧客レビューを見つけます。
あるレビューでは、はい、フィット ガイドが正しいことが実際に証明されています。サイズを上げてください。
購入に対する不安がまったく恐れるものではないことがわかり、とてもうれしく思います。さらに、他の顧客もまさに顧客が計画しているとおり、「快適でありながら上品な」靴を使用しています。
そして、顧客が購入しようとしている靴を履いている実際の人々の楽しい写真が表示されている UGC 商品ギャラリーに気づいたとき、顧客がコミットすることを妨げていた最後の疑念はすぐに消えました。
他の顧客の目にその商品がどれほどクールで魅力的であるかを確認することほど、正しい選択をしていることを証明するものはありません。

ご覧のとおり、顧客は商品を購入する際にレビューを優先する 70% の一員です。これは、ユーザー レビューは通常、偏りがなく正確であり、実際の使用に基づいて商品の品質をより正確に描写しているためです。

サイトに十分な顧客コンテンツを確保することで、適切な商品を適切なサイズで購入するために必要な情報を顧客に提供できるようになります。

顧客の期待に応えられなかった

ここで、UGC が顧客の期待に基づく返品の軽減にどのように役立つかを考えてみましょう。

熱狂的なフォロワーの投稿を共有するだけでなく、商品のレビューを UGC 投稿に直接含めると、フォロワーは自分が得ている情報が正確であり、商品を購入させるためにブランドが特別に設計したものではないこととして信頼することができます。

ここで、商品が機能する理由を説明しているのは ブランド ではなく、顧客の J です。そして、J はマーケティング チームのメンバーではないため、彼女は顧客に真実、つまり ブランドの商品の***** が機能すること以外のことを伝える理由がありません。実際に彼女に驚くべきリフトを与えてくれます。

現在、顧客は商品に期待できる効果を正確に知って、最初からより多くの期待に応えることができます。

さらに、元の投稿者自身から素晴らしい感謝の言葉を得るのは常に役立ちます。J の「 *******を愛しています」というコメントが投稿に直接書かれていることに注目してください。これで UGC マジックが実行されます。

UGC が返品率の削減に役立つシナリオは数多くあります。オケージョンに添ったドレスを購入し、箱を開けると、商品の説明が思ったほど丁寧ではなかったと想像してみてください。満足していない顧客は、その機会に適した別のドレスを店から購入する代わりに、箱を開けるとすぐにドレスを返品するようになります。

ユーザー生成コンテンツが 1 つあれば、顧客が購入に進む前にドレスの見た目や着心地を理解するのに役立つ可能性があります。つまり、UGC は、消費者が 最初から適切な商品を選択できるようにすることを意味します。

それだけでなく、それはあなたのブランドにとって学習体験となる可能性があります。顧客の写真やレビューで、商品の説明から何かが期待どおりではなかったことが説明されている場合は、将来の顧客を支援するために e コマース サイトでその内容を変更できます。

顧客の意見をより多く伝えるほど、e コマース ストアのパフォーマンスは全体的に向上します。

12. UGC ツール: ユーザー生成コンテンツ プラットフォームの利用

広告よりも UGC を 92% 信頼するマーケティングの世界では、直接の写真が常に安全な選択肢となります。
ユーザー生成コンテンツ マーケティングについて知っておくべきことはすべて学んだので、実際に実行してみましょう。適切なプラットフォームでユーザー生成コンテンツを収集する方法について説明しますので、一緒に考えてみましょう。

ユーザー作成コンテンツの収集方法

その価値を理解したので、次のステップはユーザー生成コンテンツを収集する方法を決定することです。ユーザー生成コンテンツを収集する方法については、以下のヒントをお読みください。

  1. 明確な目標を設定する:
    ブランド認知度の向上、販売促進、コミュニティ エンゲージメントの促進など、UGC で達成する目標を定義します。
  2. 視聴者を知る:
    視聴者の好みや行動を理解し、それに応じて UGC キャンペーンを調整します。
  3. 適切なプラットフォームを選択する:
    ソーシャル メディア、フォーラム、専用コミュニティ プラットフォームなどの UGC プラットフォームを利用して、視聴者が最もアクティブな場所を活用します。
  4. ガイドラインを確立する:
    一貫性を維持し、ブランドと一致させたいコンテンツの種類について明確な指示を提供します。
  5. インセンティブを提供する:
    視聴者のモチベーションを高めるために、景品、割引、表彰などのインセンティブを提供して参加を促します。
  6. 積極的に関与する:
    視聴者と交流し、貢献を認め、UGC に関する会話を育むことで、エンゲージメントを促進します。
  7. キュレートして紹介する:
    ウェブサイト、ソーシャル メディア チャネル、またはマーケティング資料で最高の UGC を強調し、エンゲージメントとブランド アドボカシーを促進します。
  8. 同意の取得:
    コンプライアンスを確保し、権利を尊重するために、コンテンツを使用する前に必ず作成者から許可を取得してください。
  9. パフォーマンスの監視:
    エンゲージメント、リーチ、コンバージョンなどの指標を追跡して、UGC キャンペーンの効果を評価します。
  10. 反復と改善:
    得られた洞察に基づいて UGC 戦略を継続的に改良し、結果を最適化し、視聴者のエンゲージメントを強化します。

本当に Instagram の奥深くに潜って写真を探す日々を過ごしたいでしょうか。
言うまでもなく、スタイリッシュで顧客を遠ざけるのではなく引き付けるような方法で Web サイト上のコンテンツを表示する方法を考え出す必要があります。

まとめ

ソーシャル メディアの取り組みを e コマース ストア・オムニチャネルや、OMO施策と結び付けると、顧客が購入時に必要とする社会的証明を構築することになります。
ブランドが自社の e コマース ストアフロントに UGC を公開したり、商品を顧客の写真やビデオに直接接続したりする例を、すでにいくつか見て、考えてきました。
これを理解したら、このコンテンツの分析を開始する準備が整いました。ユーザー生成コンテンツとSNSプラットフォームなどを使用して、常に最善を尽くして前進できるように運用してください。
これは、最も強力な UGC を選択し、それがオーディエンス全員に表示されるようにすることを意味します。

今日から実践してください。