富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

2024 ソーシャル メディア広告トレンド

2024  ソーシャル メディア広告トレンド

ソーシャルメディアの世界は、マーケティング担当者が常に「緊張状態」にあることで有名です。ある週には関連性があり効果的だったものも、次の週には時代遅れになる可能性があります。そこには厳しく、常に変化する世界があります。

そこで、有料メディア分野の人々にとって 2024 年のトレンドがどのようなものになるかを探って、2024 年と新たに進化するクリエイティブな環境に向けて心の準備をしましょう。

これはあくまでも予想です。占い師でもディズニーの魔女でもないので、今日からみなさんと一緒に、データ実績を反映しながら1年間を考えていきましょう。

#1. 本物革命: UGC 広告とマイクロインフルエンサー

UGC(User Generated Content)

「本物革命」は 2024 年も続く予定であり、UGC はオーディエンスにアピールするのに最適な方法でありつづけます。

広告は、堅苦しい、押し付けがましい売り込みではなく、仲間(信頼でき、よく知っている人)との会話のように感じられることが必要になり始めています。
その結果、オーガニックコンテンツと有料コンテンツの間の境界線はますます曖昧になってきています。

消費者は、商品が日常の問題を解決することを望んでいることは不偏です。
それをサポートしてくれるコンテンツについては、高度に編集された制作ではなく、会話を通じて商品のメリットが提供されることを望んでいます。
これには、スタジオ設定でカメラのレンズを通してではなく、自宅で iPhone のレンズを通じて、商品を表示して自慢などをすることでもあります。

消費者は従来のブランド広告よりも UGC を信頼しているため、UGC は、自宅で iPhone で撮影された優れたコンテンツを入手したいブランドにとって完璧なソリューションです。
結果として、需要が高く、UGC 業界は 2023 年に急速に拡大しました。2024 年にはステマ規制も浸透してさらに成長することになります。

マイクロインフルエンサー

マイクロインフルエンサーが台頭して、この傾向は 2024 年まで続くと予想されています。

マイクロインフルエンサーは、フォロワーと本物のつながりを形成する可能性が高く、信頼できると考えられているため、多くのフォロワーを持つインフルエンサーと比較して最高レベルのエンゲージメントを受けることになると言われています。

マイクロインフルエンサーは特定のニッチ分野を深く理解していることがよくあります。
マイクロインフルエンサーとのパートナーシップが正しく実施されていれば、ブランドは、商品に心から関心を持つ可能性が高い、ターゲットを絞った関連性の高いオーディエンス・視聴者を開拓できるようになります。

結論は
UGC とマイクロインフルエンサーは、ブランドが視聴者の共感を呼びそうな、本物で共感できるコンテンツを制作できる支援します。
本物のコンテンツと目を引くフックを組み合わせれば可能性が広がるということです。

#2. 拡張現実 (AR) 広告

AR 広告によって、消費者はブランドと対話できるようになります (商品を仮想的に試着する、コスメのカラーテスト、スキンケアの肌診断、ヘアカラの診断、家具の部屋への配置とコーディネイトなど)。
高品質な印象が得られるだけでなく、ユーザーとブランドとの真のつながりが生まれるかもしれません。ブランドの認知度が高まり、購買意欲も高まると考えられます。

AR はまだ開発中のテクノロジーですが、目新しいものであり、消費者は気軽な楽しみのために AR テクノロジーを使用しています。
これはブランドにとって、ユーザーの興味を利用すると同時に、自社の商品とつながり、それがユーザーの生活にどのような利益をもたらすかを、想像する機会を与える刺激的な機会でもあります。
覚えておいてください。視聴者は受動的ではありません。彼らは積極的になり、楽しめる機会を求めているはずです。

#3. 「TikTok だけ」: ソーシャル検索機能

TikTok が私たちのすべての質問に対する答えを持っているように思えませんか。
新しいスキンケア ルーチンを発見したい場合でも、むくみの原因を解決したい場合でも、すべてを明らかにするビデオが存在する可能性があるからです。

TikTok 広告は主にアルゴリズムを通じてターゲティングされており、人々の興味、行動、さらに見たいものを理解することでコンテンツを配信しています。
2024年にはTikTokはさらに「検索」に重点を置いたものになると予想されています。Instagramがそうだったように。

その結果、広告は見つけやすさ (キーワードを含む) に合わせて調整して、すべての問題を解決する商品を探している特定の視聴者に商品が表示されるようにする必要があります。
これにより、関心のあるターゲット視聴者に対するより高いレベルの可視性が確保することになります。

#4. 「あ、こTikTokで買いました。」: ソーシャルEコマーススペース

見つけやすさが進化するだけでなく、より多くの買い物客が商品を見つけたソーシャル メディア アプリ内で商品を購入できるように、ユーザー ジャーニーも開発されるでしょう。

ブランドは、広告をショッピング可能にし、ユーザーがアプリ内で広告を見つけやすいように商品タグを含めることで恩恵を受けます。

TikTok ショップには多くの「低価格」商品 (美容製品やキッチン アクセサリーなど) が揃っています。信頼が構築され、社会的証明が拡大され、ユーザーが購入のリスクが低いと考えるようになれば、 2024 年には、多くの「高価値」や「高級品」がプラットフォームに登場する可能性があります。

TikTok ショップでは、衝動買いではなく低価格のチケットアイテムが最適に機能しているようですが、プラットフォームが信頼を獲得し続けるにつれて、これは必ず変化するのですが、信頼を獲得するかは別です。

‍ 強力なオーガニック戦略を持っている

通常の広告とは異なり、TikTok ショップは広告付きの強力なオーガニック コンテンツに依存しています。定期的で多様な投稿により、オーガニックリーチの可能性が高まるだけでなく、広告コンセプトをテストできる可能性も高まります。

‍ コミュニティへの参加を促進する

より多くのエンゲージメント = より多くのリーチ。

コメントに返信し、コミュニティへの参加(有料またはオーガニック)を奨励すると、より多くの露出と社会的証明が得られます。(これはどのSNSでもそうです。)

‍ インフルエンサーとの関係を活用する

これは重要ではありませんが、アフィリエイトやインフルエンサーとのパートナーシップを持つことで、少し新しいと感じるメディアを通じて買い物をするときに追加の信頼層を構築することが得られます。
インフルエンサーとのパートナーシップは、ホワイトリストを使用した広告を通じて活用することもできます。
ステマ規制が悪みたいに言われていますが、いままでもPRしていることは顧客は知っていると思います。これでCVが落ちるようではそもそものUSPがないのではと考えてください。

TikTok ショップ3 つのネイティブな買い物方法を提供しています。

  1. ライブ ショッピング:
    ピン留めされた商品をタップするか、ショッピング バスケット アイコンを参照して、ライブから直接ショッピングします。
  2. ショッピング可能なビデオ:
    商品リンクとバスケット アイコンをタップして、ショッピング可能なインフィードビデオから直接購入します。
  3. 商品ショーケース:
    ブランドまたはクリエイターのアカウントから直接購入し、アプリ内で商品にアクセスします。

ライブ ストリーミングは、ソーシャルEコマースに別のレベルも提供しくれます。
ライブストリームは「パーソナリティーによって提供され、コンテンツは通常、トレンド、商品の発売、季節の瞬間などをテーマとします(キャンペーンのようなものだと考えてください)」。
ライブ ストリームの価値は、プレゼンターが社会的証明を提供して、パーソナリティを通じて視聴者を引きつけ、関係性とブランド ロイヤルティを構築できるため、パーソナライゼーションの層がさらに追加されることがメリットです。

ソーシャルEコマースの発展は D2Cブランド(そもそもD2Cはチャネルですから)に多大な利益(顧客数か、CLVか広告費用がそれに見合うかによる)をもたらします。
ユーザーをアプリから遠ざけることのない合理化されたプロセスを増やすことで、クリックスルー率は向上し、オンサイトで発生するコンフリクトやボトルネックの量が軽減されるはずます。
これの結果として、CPA が低くなるのでそのチャネルに追加投資をします。そしてそれで成功する他社などがあると参入が増えて、Instagramと同じような環境になります。

#5. 注目を集める: ショート&ロング動画広告クリエイティブ

今年最も人気があり効果的なソーシャル メディア コンテンツ形式として短編ビデオを挙げているレポートは多いです。

TikTokがドーパミンの短時間の爆発を提供することで、私たちは注意力の持続時間がゆっくりと奈落の底に落ちていくのを目の当たりにしています。
その結果として、Eコマース用の動画広告コンセプトを作成する場合、注目を集めて、関心を維持する方法を知ることができれば、戦いの半分は終わっているとも言われています。
人々は、商品についてすべてを聞くためにそこに留って視聴しなければ、商品の驚くべきメリットをすべて知ることはできません。

iOS 14 以降はニッチなターゲティングに頼ることができなくなった今、クリックスルー率、コンバージョン率、広告費用対効果の向上に関しては、パフォーマンスベースの広告クリエイティブが最大の推進力であることは驚くべきことではありません。残念ながらこれは変えられませんが、それだけでは持続しないので、コマースサイトをカタログ、カート機能ではなく、コンテンツを増やしているのはリテンションも含めての顧客ライフサイクルを意識してのことです。

2024 年は、(計算された)リスクを冒して、人々が視聴を続けることを促す、より実験的なコンテンツを制作しつづける年となるでしょう。

強力なコンテンツのアイデア

リスティクルのコンセプト:3つの理由、3つの使い方など

主要なメリットと USP を迅速かつ簡潔に強調し、直接的な使用例を示すための非常に効果的な方法です。

商品に関するご意見・ご質問に対するコメント回答

主要な反対意見に対抗したり、視聴者からのよくある質問に答えたりします。

チュートリアル

使いやすさなどを強調し、商品が実際に、機能して、動作していることを示す方法です。人々が気づいていない問題の解決策として商品を組み立てて表現するシンプルな方法です。

商品に対する反応

社会的証明が売上を促進します。事実。TikTokでは信頼性が重要であるため、実際の顧客からの実際の反応を使用します。

Unboxing

このクリエイティブなスタイルを使用して、提供している商品を表示して興味をそそります。正直に言って、誰もがUnboxing:開梱するのは大好きです。

ASMR / 満足ショット

注意を引き、フィードのスクロールを止める効果的な方法です。
なぜ人々は ASMR タイプのコンテンツに惹かれるのでしょうか。
ASMRとオキシトシン(別名「愛情ホルモン」)が関係しているためだと主張する人もいます。ある研究では、「ASMRを経験しているとき、脳の特定の領域が活性化します。これらの領域の一部は、ドーパミンとオキシトシンが関与している可能性が高いらしいです。」

商品固有のオファー

商品については正直に、オファーは広告の最も魅力的な部分の 1 つになります。視聴者が断れないオファーであることを確認することです。

#6. AI

ユーザーは生成 AI を通じて新しく魅力的なコンテンツを作成できるようになります。
このテクノロジーを使用すると、アルゴリズムと過去のコンテンツのみに基づいて、新しいビジュアル、ビデオ、コピーを自動的に生成することができます。

メリットは
新しい魅力的なコンテンツを、限られたリソースで大規模に作成できます。

欠点は
コンテンツは本物ではないように見えるかもしれません。 (そして、現在、本物のコンテンツが繁栄しています。)
本物の人間味あふれるコンテンツを求める人々への動きが見られるのかは興味深い点です。(AI インフルエンサーや、モデルは魅力的です。)

AI はコンテンツの作成を支援するだけでなく、過去のキャンペーンのデータを使用して広告クリエイティブ (CTA や見出しを含む) を最適化し、ターゲット市場にアピールできるようにすることもできます。

ターゲット市場も最適化され、オンラインでの活動から形成されたユーザーの詳細なプロフィールに基づいて、ユーザーに最も関連性の高い広告が表示されるようになります。
これは全面的に起こっているようです、Meta は TikTok からヒントを得ており、その推奨AI はユーザーの興味の可能性をますます正確に予測するようになってきています。

キャンペーンが開始されると、AI は以前の広告キャンペーンがどのように最適なパフォーマンスを示したかを理解してキャンペーンを最適化することもできます。予算や広告の配置などの要素の変更を通知することができます。Generative AI は、広告クリエイティブを反復して複数のバリエーションをテストし、広告を効率的に最適化できるため、クリエイティブのテストにも役立ちます。(それだけの予算があればですが、あっという間に消費されるのはAI以前から変わりません。だってそれがプラットフォームのビジネスですから。)

全体として、広告設定はますますデータドリブンで透明性が高まり、コンバージョン率と ROAS が向上します。
と宣言できると良いのですが。

まとめ

2024 年には、本物(ホネストでもある)の短編動画広告、AI とユーザー エクスペリエンスの開発、e コマース スペースの成長と変化が見られるでしょう。
広告主が状況の変化に適応して、既存のユーザー ジャーニーを更新して、消費者が商品について知り、信頼し、最終的には購入しやすくすることが重要であることはかわりありません。



有料メディア広告をアップグレードして 2024 年に備えてみませんか

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
  パーソナライズされた商品とルーチンがメインのトレンド(主役)になり、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終ったのかも知れません。 調査によると、消費者はますます、独自の肌のタイプ、好み、懸念(ペイン、課題、悩み)事...
続きを読んでみる
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
  変化は美しさにおいて唯一不変です。そして 2024 年には、テクノロジーが私たちの美しさの選択と使い方をこれまで以上に加速させるでしょう。しかし、美容トレンドを進化させているのは AI の採用だけではありません。気候変動、10代や...
続きを読んでみる
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
  コミュニティ マーケティングは、顧客との関係を構築および育成し、信頼とブランド ロイヤルティを構築することに重点を置いたマーケティングの一種です。一方通行のコミュニケーションとなるマーケティング キャンペーンを再定義しようとして...
続きを読んでみる
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
  2024 年のファッション e コマース、マーケットプレイス、パーソナライゼーション、オムニチャネルコマース、ソーシャル コマース、柔軟な支払いオプション、リコマース などが引き続き成長を促進するでしょうか。 Statista は...
続きを読んでみる
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ブランドが何年も存在しているか、始めたばかりであるかにかかわらず、DNVBとその一カテゴリーDTCや、EC/eコマースビジネスには共通点が 1 つあります。それは、オンライン市場での競争に対する絶え間ないプレッシャーです。あらゆる規模...
続きを読んでみる
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
  ダイナミックプライシングは新しいコマース概念ではありません。何十年もの間、消費者は航空旅行や、チケット、接客業などの業界における需要主導の価格変動に慣れてきました。今日、小売業者が毎日 (または時間ごとに) 価格を上げたり下げたり...
続きを読んでみる
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
  Eコマース:電子商取引の企業が、常に新しい顧客を開拓することなく、どのようにして楽々と見えるように売上を伸ばしているのか疑問に思ったことはありますか。その秘密は、クロスセルとアップセルの技術を習得することにあります。調査では、e ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する Teaブランド
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する Teaブランド
人工知能(AI)がeコマースに革命を起こす 好きか嫌いかは別として、AIはこれからも存在し続けるでしょう。ここしばらくの間、eコマースビジネスにとって便利なツールでしたが、2023年にはジェネレーティブAIが主流になり、その強力さを消...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー