富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ビデオコマースの 5 つの間違い ROI を最大化するために 通販・オムニチャネルコマース

ビデオコマースの 5 つの間違い ROI を最大化するために 通販・オムニチャネルコマース 

ソーシャル ビデオ コマースとコマースプラットフォーム(Shopifyなど)と連携することは、EC/eコマースのグロースハックの将来性を保証する確実な方法ですが、投資から十分な利益を得られていますか。

ソーシャルビデオ コマースの価値は、番組の作成やオーディエンス:視聴者との対話(ダイアログ=コミュニケーションの先)をはるかに超えていることになります。

コラムでは、成果(エンゲージメントなど定性的なもの)とROI を飛躍的に向上させるためにコンテンツを活用できる方法をいくつか紹介していきます。

間違い #1 ビデオをPDPに統合していない

売上と視聴回数の両方の結果の大部分がオンデマンドで発生していることを示しているデータがあります。
この傾向を活用することで、成果は確実に向上すると言えます。

ソーシャル ビデオ コマースコンテンツを商品詳細ページ (PDP) に直接統合することは、作成したコンテンツから直接売上を増やすだけでなく、全体的なコンバージョン率も向上させる方法となります。

PDP にビデオ スニペットが掲載されている商品の売上が最増加しています。美容業界では、ソーシャル ビデオ コマース コンテンツを含むページでは、コンテンツのない PDP と比較してコンバージョン率が 3 倍高いというデータもあります。

Pai Skincare

Pai Skincare

間違い #2 PLP にビデオを統合統合していない

同様の最適化の機会としては、ソーシャル ビデオ コマース コンテンツを商品リストページ (PLP:Product Listing Page) に統合することです。商品カタログに人目を引く編集的な要素と視点が追加されて、コンバージョンとサイト滞在時間が増加することになります。

一般的に、PLPはカテゴリページとも呼ばれ、特定のカテゴリやカテゴリのサブセクションに属する商品を顧客に提示しています。
PLPは、顧客が商品をブラウズし、選択し、商品詳細ページ (PDP) に進む前に比較するのに役立つことを提供しています。

PLPを顧客視点でのポイント

商品フィルター:
顧客はPLP上で商品をフィルターできることが重要です。価格、カラー、サイズ、ブランドなどのフィルターを提供することで、顧客は自分のニーズに合った商品を素早く見つけることができます。

ソートオプション:
PLPには、商品の表示順序を変更できるソートオプションを提供することが必要です。
例えば、価格の低い順、評価の高い順、新着順などがあります。顧客は好みに合わせて商品を整理できます。

商品情報:
各商品には十分な情報と高品質の画像を提供することが大切です。商品の価格、特徴、在庫状況、配送情報などを明確に表示し、顧客に詳細な情報を提供します。

ユーザビリティ:
PLPは使いやすく、ナビゲーションがスムーズである必要があります。モバイルデバイスにも適したデザインで、スクロールやクリックによる商品の閲覧がしやすいように工夫します。

カスタマイズ:
顧客の好みに合わせてPLPをカスタマイズできる機能を提供することが重要です。顧客がよく購入するカテゴリや商品を表示するパーソナライズドなオプションを提供することで、顧客の興味を引きやすくなります。

追加の購入誘導:
PLP上で関連商品や他のおすすめアイテムを提示することで、顧客の追加の購入を促進できます。

滞在時間が増加したとのデータもあります。
競争の激しい e コマース環境では、顧客とのタッチポイントでの時間は非常に価値があるようになりました。これを実現するためにはそれなりのUIでの工夫がいります。

間違い #3 パフォーマンスの高いコンテンツをショッピング可能にしていない

追加のリソースや時間のかかるコンテンツ作成プロセスを必要とせずに、コンバージョン率の高いコンテンツでサイトを充実させる簡単な方法も必要です。
すでに持っているものを使用していきます。

ソーシャルプラットフォームを見てください。
Instagram、TikTok、Facebook ページ、YouTubeで最もパフォーマンスが高いのはどの短編ビデオですか。おそらく、そのコンテンツは、コマースサイトでも、ウェブサイトでも顧客の共感を呼ぶと想像できます。
これをアップロードし、Web サイト全体 (できれば関連する PDP 上) に統合することで、変換率の高いショッピング可能なコンテンツが瞬時に作成されることになります。リソースを使い果たさずにすべてのメリットを享受できる方法になります。

間違い #4 コンテンツ ライブラリにナビゲーションを追加しない

コンテンツ ライブラリが増加するにつれて、フィルタリングの必要性も増加します。オーディエンス・視聴者が探しているものをできるだけ簡単に見つけられるようにします。

ポイントは、ソーシャル ビデオ コマース ユニバースにナビゲーションを追加することです。顧客がブランドに適したものに応じて、トピック、商品カテゴリ、ブランド、さらにはホストやゲストでフィルタリングできるようにします。
そうすることで、顧客はいつでも必要なコンテンツをシームレスに見つけられるようになります。これは、コンテンツが数か月間にわたって関連性があるものとなり、成功することを保証するための方法になります。‍

ソーシャル ビデオ コマース ユニバースとは

ソーシャルビデオコマースユニバースは、ソーシャルメディアとオンラインショッピングの世界を融合させた新しい形態のEC(電子商取引)です。このプラットフォームでは、商品を紹介するためにビデオを使用し、ソーシャルメディア上でショッピングができるようになっています。

間違い #5 リード獲得を最大限に活用していない

メディア環境におけるノイズを遮断することは、大きな課題でもあります。顧客は皆忙しい生活を送っており、気が散るものがたくさんあると、顧客にあなたの番組をライブで視聴してもらうのが難しくなります。

ここでリードの獲得と通知が役に立ちます。

専用のサインアップ機能の構築は、ビューをビューに変換するのに役立ち、今後の番組を宣伝するときは、SNSテキスト、Eメール、ウォレット経由のアプリ通知、さらには独自のネイティブアプリによるリマインダーにサインアップするオプションを視聴者に提供することです。

これでは、視聴者をより正確に予測できるだけでなく、サインアップしたユーザーがコンテンツをライブで楽しみ、会話に参加できるようになります。
これはソーシャル ビデオ コマースにとって非常に貴重なアクセスルートです。

まとめ

ソーシャル ビデオ コマースを最大限に活用し、収益を最大化し、その過程を楽しんでください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
  パーソナライズされた商品とルーチンがメインのトレンド(主役)になり、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終ったのかも知れません。 調査によると、消費者はますます、独自の肌のタイプ、好み、懸念(ペイン、課題、悩み)事...
続きを読んでみる
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
  変化は美しさにおいて唯一不変です。そして 2024 年には、テクノロジーが私たちの美しさの選択と使い方をこれまで以上に加速させるでしょう。しかし、美容トレンドを進化させているのは AI の採用だけではありません。気候変動、10代や...
続きを読んでみる
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
  コミュニティ マーケティングは、顧客との関係を構築および育成し、信頼とブランド ロイヤルティを構築することに重点を置いたマーケティングの一種です。一方通行のコミュニケーションとなるマーケティング キャンペーンを再定義しようとして...
続きを読んでみる
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
  2024 年のファッション e コマース、マーケットプレイス、パーソナライゼーション、オムニチャネルコマース、ソーシャル コマース、柔軟な支払いオプション、リコマース などが引き続き成長を促進するでしょうか。 Statista は...
続きを読んでみる
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ブランドが何年も存在しているか、始めたばかりであるかにかかわらず、DNVBとその一カテゴリーDTCや、EC/eコマースビジネスには共通点が 1 つあります。それは、オンライン市場での競争に対する絶え間ないプレッシャーです。あらゆる規模...
続きを読んでみる
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
  ダイナミックプライシングは新しいコマース概念ではありません。何十年もの間、消費者は航空旅行や、チケット、接客業などの業界における需要主導の価格変動に慣れてきました。今日、小売業者が毎日 (または時間ごとに) 価格を上げたり下げたり...
続きを読んでみる
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
  Eコマース:電子商取引の企業が、常に新しい顧客を開拓することなく、どのようにして楽々と見えるように売上を伸ばしているのか疑問に思ったことはありますか。その秘密は、クロスセルとアップセルの技術を習得することにあります。調査では、e ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する Teaブランド
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する Teaブランド
人工知能(AI)がeコマースに革命を起こす 好きか嫌いかは別として、AIはこれからも存在し続けるでしょう。ここしばらくの間、eコマースビジネスにとって便利なツールでしたが、2023年にはジェネレーティブAIが主流になり、その強力さを消...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー