富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

製造小売企業が、リアル店舗、通販、デジタルコマースを活用して成長するポイント 日本ネット経済新聞記事

CRM CX D2C DNVB DTC EC eコマース オムニチャネル オムニチャネルコマース 通信販売・通販 通販 通販基幹システム 通販物流

製造小売企業が、リアル店舗、通販、デジタルコマースを活用して成長するポイント 日本ネット経済新聞記事 

DTC のみの戦略は、大多数のブランドにとってもはや実行可能な道ではない

D2C(DTC)の死で強調したように、DTC のみの戦略は、大多数のブランドにとってもはや実行可能な道ではありません。

2016 年、Bonobos の CEO / 創設者であるアンディ ダンは、今や有名になった用語DNVB (デジタル ネイティブ バーティカル ブランド)を作りました。DNVB— digitally native vertical brands。

Bonobos


それ以来、これらのブランドやより広範なeコマースチャネル、つまり「eコマースイネーブルメント」ソフトウェアとサービスをサポートするエコシステムにも注ぎ込まれてきました。

これらの企業は、新規顧客のコスト、解約率、価格決定力に対して信じられないほどのマーケットの圧力を受けています。
これらすべては、DTC の中核となるビジネスモデル理論の破綻につながっています。それだけでなく、これらのブランドの経済状況にもつながっています。
「DTC」理論については多くの誇張されたモデルの成功や成長が宣伝が行われてきましたが、その背後にいるすべての理論やビジネスの成長をサポートしているエージェンシーやコマースシステムなどには成功の証拠はほとんどありません。

e コマースの取引量の大部分は、小売業者やマルチブランド小売業者、または Amazon などのサードパーティ マーケットプレイスに送られてきています。
実際、DTCブランドのコマースサイトでの支出額はわずかに過ぎないとも言われています。

従来のリアル・実店舗での購入は依然として全体の80%以上を占めています。

オフラインとオンラインの二分法は、消費者がどこで取引するかという観点からの話であるため、全体像を語ることさえできていません。(オン・オフのセグメント設定が間違いですが)

消費者が最終的にどこで商品を購入するか (オンラインかオフラインか) に関係なく、支出はある時点で B2B 流通を経由するため、CPGなどでは、卸売は依然として業界の重要な部分を占めています。

DNVBと、確立された伝統的ブランドにとって同様に過剰在庫を整理し、運転資本サイクルを加速するための信頼できるチャネルでもあります。

オムニチャネルとその一方で過剰在庫が 2022 年の流行語になっただけでなく、
B&M、卸売、処分チャネル、そして再販 リコマースチャネルを介して流れる商品は、e コマースだけを経由するものよりもはるかに大きなものになります。

小売業のアンバンドリング

D2Cブランドに限らず、製造小売企業などが
1) サードパーティ プラットフォームを活用して企業の早い段階で経済的持続可能性を達成すること
2) Facebook や Google などの支配的なサードパーティ プラットフォームへの依存を軽減すること

など、再度基本に還って注力することになります。

アマゾン。この命題は、ここ数年の資本調達環境の中で多くの人から異議を唱えられていましたが、ブランドにとっての不合理な成長よりも経済性を再優先することが必要になってきている中で、これまで以上に重要なチャネルになっています。

このチャネルに関するテーマと相互に連携している他の多くの実現ソリューションと連携・提携した成熟したサービスを提供する企業があり活用することができます。

商業と資本の流れの深刻な不均衡は、「アンバンドリング」の初期段階にあることを示しています。

私たちは、リアル店舗、卸売、オフプライス、マルチチャネルの実現、およびリバース/返品・交換物流に必要なイノベーションの機会により、インフラストラクチャとチャネルの多様化を可能にする大きなチャンスがあると考えています。

そのための基本的なことを振返ったコラムを寄稿しています。是非ともご一読ください。

製造小売企業が、リアル店舗、通販、デジタルコマースを活用して成長するポイント

リアル店舗や通販、ECといった多様な販売チャネルが当たり前となる中で、製造小売業はどのような事業戦略を選択すべきなのか。鍵は「データ」と「購入(購買)体験」にあるが、それを効果的につなげ、具現化するには、システムを整える必要がある。製造小売業がオムニチャネル時代で成長するためのポイントについて、コンサルタントで富士ロジテックホールディングスの顧問を務める吉村典也氏と、東計電算 ecソリューション部 部長 菅沼康洋氏に聞いた。

DTC 1.0 モデルは揺らぎ始めていました。

顧客獲得コスト(そもそも顧客は物でも、獲物でもないので獲得するという考え方が間違っています)とフルフィルメントコスト(特にロジスティクスに関連する部分)の上昇により、利益率は非常に薄くなりました。

顧客獲得コストが再び痛ましいほど高くなっただけでなく、Facebook、Instagram、Google は、非効率的ではあっても、もはや信頼できるチャネルではありません。

オムニチャネルはもはや「あれば便利なもの」ではなく

生き残りと繁栄を目指す現代のブランドにとって重要な要素であることが分かりました。

利用可能な多数のポイント ソリューションは相互に連携できず、製造小売業者をはじめとして事業者にとってはソフトウェアに対する支払い金額がほとんど不合理に低いことが示され、成長を妨げています。

ブランドは、マーケティング、物流、財務機能の間で最適化することができることが難しくなっています。
マーケティングへの過剰または過少支出、在庫切れや過剰在庫、さらには流動性の問題などにつながり、多くのブランドにとって「死の接吻」となります。

さらに、スタートアップなどの、小規模な事業者は、複数の施策を構築して運用することが非常に難しいため、チャネル依存の影響を受けやすく、最終的に単一チャネル販売者としてShopifyなどのコマースシステム / DTC プラットフォームまたはAmazonに依存することになります。

より良い答えは、リアル店舗から、自社コマースサイト と Amazonなどのマーケットプレイスの両方です。

なぜなのか、そしてそれを運用するためのポイントを解説したコラムを寄稿しています。是非ともご一読ください。

製造小売企業が、リアル店舗、通販、デジタルコマースを活用して成長するポイント

製造小売企業が、リアル店舗、通販、デジタルコマースを活用して成長するポイント

 

【プロフィール】

■東計電算 ecソリューション部 部長 菅沼 康洋 氏

2001年に東計電算に入社し、お客様とシステムを結びつけるエンジニアとしてのキャリアをスタート。大手配送会社向けのクラウド型送り状発行システムを開発し、500社以上に導入。その後、クライアントのニーズに添って業務範囲を広げ、通販事業者向けのバックオフィスシステムを開発して大手で実施した業務改善ノウハウを中堅・中小向けに構築して提供。近年はオムニチャネル化を進めている製造小売企業の課題を解決するために、バックオフィス機能を活用できる、ECサイトとマーケティングにも力を入れている。2020年に部長に就任。日本一の通販システムを構築し、通販事業者の業務効率改善と売上げ拡大を実現する為、日々奔走している。

東計電算の事業概要

東計電算 E-Aspro

まとめ

ビジネスに適した購入(購買)体験ニーズに添ったeコマースオペレーションを構築するために必要なツールを選定したら、富士ロジテックホールディングスの発送代行・物流代行・返品・交換サービスをその施策の一部にすることを検討してください。

富士ロジテックHDが DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0 コマースビジネスに提供するもの:

  • 全国のフルフィルメント センターからの D2C(DTC)および B2B 注文の EC:eコマースフルフィルメント
    (必要な数のフルフィルメント センターを使用可能)
  • 標準および配達日指定のe コマース配送サービス
  • 国際 eコマース配送 (米国、カナダ、英国、欧州連合、オーストラリ、アジアなど、その他の国へ)
  • eコマースの商品の配送先情報の提供と、出荷追跡と返品対応
  • 思い出に残る開梱体験:Unboxingを提供するキッティングおよびカスタマイズ サービス
  • 分析により、顧客のe コマースの配送方法、顧客の支出金額、配送方法ごとの平均コスト、配送方法ごとの注文の配達にかかる時間、返品理由などについての顧客のインサイト:洞察が得られます。

富士ロジテックホールディングスが連携、推奨するソフトウェアは、プラットフォームシステム、マーケットプレイス、EDI ソリューション (小売業者の Web サイトや店舗での注文を処理するため)、およびその他の販売チャネルと統合して、e コマース、オムニチャネルフルフィルメントを自動化します
富士ロジテックホールディングスを利用・活用すると、日本中にフルフィルメント センターのネットワークがあり、小売事業者は、在庫を分散保管・分散出荷で分割して、e コマースの配送コストと配達時間を削減することができます。

D2Cビジネスサポート:相談・問い合わせ

D2Cビジネスサポート:相談・問い合わせ

 

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

通販D2CEコマース事業者のEC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別
限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

顧客がリコマース・再販売に期待していること【リコマース・オムニチャネル総論 第2回】 コマースピック寄稿記事
顧客がリコマース・再販売に期待していること【リコマース・オムニチャネル総論 第2回】 コマースピック寄稿記事
  イントロダクション D2Cブランドのリコマース・再販売に関するコラムで、以下の主要なポイントを提供しています:- 顧客視点のメリット: 顧客は、自分のアイテムを下取りに出して新商品の支払いに充当することで、支出を減らすことができま...
続きを読んでみる
D2Cブランドの新しい収益源としてのリコマース・再販とは【リコマース・オムニチャネル総論 第1回】 コマースピック寄稿記事
D2Cブランドの新しい収益源としてのリコマース・再販とは【リコマース・オムニチャネル総論 第1回】 コマースピック寄稿記事
イントロダクション この記事は、D2Cブランドのリコマース・再販売に関するコラムで、顧客とブランドの両方の視点からメリットを探求しています。以下は主なポイントです:-顧客視点のメリット : 顧客は、古いアイテムを下取りに出すことで新商...
続きを読んでみる
日本ネット経済新聞記事 【リコマース収益アップのポイントとフルフィルメント】グローバルブランドの実践方法を紹介
日本ネット経済新聞記事 【リコマース収益アップのポイントとフルフィルメント】グローバルブランドの実践方法を紹介
【リコマース収益アップのポイントとフルフィルメント】グローバルブランドの実践方法を紹介 | 日本ネット経済新聞|新聞×ウェブでEC&流通のデジタル化をリード (netkeizai.com) リコマース(再販売)市場は成長をしているよう...
続きを読んでみる
日本ネット経済新聞 記事【専門家対談】購入後のエクスペリエンスでAmazonを超える<其の二>
日本ネット経済新聞 記事【専門家対談】購入後のエクスペリエンスでAmazonを超える<其の二>
日本ネット経済新聞 記事【専門家対談】購入後のエクスペリエンスでAmazonを超える<其の二> Eコマース・オムニチャネルコマースにおいて、CX(カスタマーエクスペリエンス)の重要性が再認識されるようになっている。リテンションの重要性...
続きを読んでみる
日本ネット経済新聞 記事【専門家対談】購入後のエクスペリエンスでAmazonを超える 【其の一】
日本ネット経済新聞 記事【専門家対談】購入後のエクスペリエンスでAmazonを超える 【其の一】
【専門家対談】購入後のエクスペリエンスでAmazonを超える 【其の一】 Eコマース・オムニチャネルコマースにおいて、CX(カスタマーエクスペリエンス)の重要性が再認識されるようになっている。リテンションの重要性の認識が高まる中、C...
続きを読んでみる
リコマース・再販モデルがオムニチャネルコマースの新しい成長の糧になる理由と方法 日本ネット経済新聞記事
リコマース・再販モデルがオムニチャネルコマースの新しい成長の糧になる理由と方法 日本ネット経済新聞記事
ブランドの古着・中古アイテムをオンラインで販売・買取するサイトZOZOUSED、P2Pマーケットプレイスのメルカリ、リス―ス品を販売するコメ兵など、ブランド、ビンテージなどのリユース品を、再度それを求める消費者に販売するオンラインリコ...
続きを読んでみる
【開催告知】EC・D2C ぶっちゃけトークも!? シン河野さんを祝う会 AIでD2C・オムニチャネルビジネスをグロースする。
【開催告知】EC・D2C ぶっちゃけトークも!? シン河野さんを祝う会 AIでD2C・オムニチャネルビジネスをグロースする。
  AI の重要なポイントは次のとおりです。AI はスマートで効率的で、何時間もの肉体労働を軽減し、D2C・e コマース ブランドの運営方法を変革しています。Eコマースビジネスにおける AI は、顧客の好みに関するリアルタイムの洞察と...
続きを読んでみる
連載のまとめ:地域の製造小売業が成長するには?【第4回】 コマースピック寄稿記事
連載のまとめ:地域の製造小売業が成長するには?【第4回】 コマースピック寄稿記事
これまでのコラムで、地域の製造小売ビジネスが成長するために必要なステップとして、次の3つを解説してきました。 ステップ1:リアル店舗の顧客データを活用して再成長 ステップ2:通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張 ステップ...
続きを読んでみる

カテゴリー