富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

開封体験(開梱):Unboxingのメリットと方法 D2C・E-コマース 成功のため コンテンツリスト

D2C unboxing 成長のためのTips
開封・開梱 Unboxing エクスペリエンス

パッケージング エクスペリエンスを通じてDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0ブランドが、ロイヤルティを構築していく理由とメリットと方法です。

あらゆるD2C eコマース オムニチャネルコマースビジネスを提供していれば知っていることですが、注文商品が配達される瞬間は、顧客との最も重要なタッチポイントの 1 つです。

慎重にキュレーションされたボックスで顧客をワクワクさせる

開封(開梱)体験・アンボクシングとは?

開封体験・Unboxingとは、顧客が最初に商品を開封し、新しく注文の商品を受け取ったときの感情を記録して共有する瞬間 と定義します。

開封体験が重要な理由

「現実の」小売体験にはないオンラインだけの体験であり、購買プロセスです。

「Amazon 風」のアプローチ
は刺激的ではなく、忘れられがちでよかったです。それでは、顧客があなたのブランドや商品ことを思い出す理由がありません!

Instagram の素敵なスナップショット
配達は、ブランドが顧客との最後のやり取りで、はじまりであるため、顧客が再び購入するのを待ちきれないほどの肯定的な印象を顧客に残したいです。

ブランド化されたパッケージ体験を構築する方法

Unboxing現象をD2C(DTC)ブランディングから切り離すことは困難になっています。
ブランドを前面に押し出す、カスタム(オリジナル)パッケージがなければ、開梱体験は完全ではありません。これにより、ブランドは商品だけからパーソナライズされた没入型の小売体験へとストーリーを拡張することができます。

顧客ロイヤルティを促進

自分に問いかけてください。ブランドに「好き」であると考えるには少なくとも ●● 回の購入が必要ですか?

ブランドは、ロイヤルティプログラムやオンラインのパーソナライゼーションを使用して、保持率を高めています。これはとても実装が複雑ですが、効果的でもあります。
アンボックス エクスペリエンスは、よりシンプルで強力なリテンション施策です。

e コマースでは、実店舗に比べてブランドと顧客の間のタッチポイントがはるかに少ない

だからこそ、あらゆるタッチポイントを利用することが重要です。

ブランドのストーリーを伝える

ブランドや小売業者が提供するもののうち、完全にユニークなものはほとんどありません。
ブランドのストーリーテリングは、ブランドの成功に不可欠です。
配達は、ブランドの独自性をアピールでき、顧客が細心の注意を払うことが保証されている 1 回の体験です。

開封体験を構築するための 5 つのアイデア

D2C・EC スタートアップなどが、ゼロから構築する場合、どこから始めればよいか分からない場合があります。しかし、ボックスを個別の要素に分解してみるとわかりやすくなります。

  1. ブランドボックス
  2. 独自・オリジナルの梱包材
  3. 商品プレゼンテーション
  4. 無料サンプル&ギフト
  5. カスタマイズされたメッセージ

これらの各要素にはさまざまなオプションが付属しているため、ブランドのアイデンティティを最もよく反映し、ロジスティックに実行できるものを検討することが重要です。
伝えたい感覚の種類

  • 贅沢なアプローチ
  • ミニマリストなアプローチ

などに応じて、ニーズに最も適したパッケージの種類を導き出します。

もっと詳しく知る

注文の発送とフルフィルメントのサポートが必要ですしょうか。
富士ロジテックホールディングスのサービスをチェックしてください。
消費者に直接販売するeコマースビジネスである、D2C企業がブランドを構築し、迅速で手頃な費用で配達して、顧客に開封体験・Unboxingを提供するのにどのように役立つかをご覧ください。

富士ロジテックホールディングスが提供する、フルフィルメントサービス

 

 

 

 

 

 

ケーススタディ

iphone unboxing

Mrwhosetheboss/YouTube

トータルパッケージ:AppleがiPhoneの開梱を雑用ではなく儀式にした方法

フルフィルメント コンテンツリスト 発送代行 3Pl パートナー選定チェックリスト付 

目次

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
Amazonで出品するなら、プライム会員限定の無料配送や翌日配送にも対応できるFBA(Fulfillment by Amazon)の利用で、ビジネスチャンスが広がります。 一方、納品にはAmazonの細かい規定に慣れる必要があり手間が...
続きを読んでみる
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流を成功させるためには、信頼できる物流パートナーを見つけることが不可欠です。では、どんな基準で委託先を選べばよいのでしょうか。本記事では、冷凍品ECビジネスに適した物流パートナーの選び方から、重要な在庫管理のポイント、効率...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
小売業を中心に、大手各社ではすでに浸透しつつあるオム二チャネル戦略。今後、導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。 オムニチャネル戦略には、物流面の整備が不可欠です。本記事では、オムニチャネルを成功に導く物流整備のポイントを...
続きを読んでみる
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品物流を成功させるには、徹底した温度管理、賞味期限の管理が不可欠です。 本記事では、食品通販物流を成功させるポイントからおすすめの発送代行業者と事例まで詳しく紹介します。 ニーズに合う業者が見つかれば、物流コストを抑えられます。物流...
続きを読んでみる
出荷作業を改善する5つの秘訣!改善フローと事例も紹介!
出荷作業を改善する5つの秘訣!改善フローと事例も紹介!
出荷作業とは、受注してから荷物を発送するまでの各工程を指します。工程が多く、ミスが発生しやすい作業です。 度重なるミスの発生は、物流業務全体の作業効率を低下させる要因の一つであり、会社全体の売上にも大きく影響します。とはいえ、出荷業務...
続きを読んでみる
物流アウトソーシングとは?メリット・デメリットや費用、導入事例を紹介
物流アウトソーシングとは?メリット・デメリットや費用、導入事例を紹介
近年、EC事業の拡大にともなうリソースや商品保管場所の不足から、物流アウトソーシングを検討する企業が増えています。 アウトソーシングは入念な打ち合わせにより予算やニーズに合う委託先を見つけることが重要です。コストの削減や事業の拡大が実...
続きを読んでみる
在庫差異(棚卸差異)が起こる理由は?差異発生による影響、予防策まで解説!
在庫差異(棚卸差異)が起こる理由は?差異発生による影響、予防策まで解説!
在庫差異(棚卸差異)とは、実在庫数と帳簿在庫数が合っていないことです。在庫差異の発生は、原因追及に時間を要するだけでなく、正確な在庫管理が出来ていないことによる生産性の低下、販売機会の損失など、経営状況を悪化させるさまざまな悪影響を受...
続きを読んでみる
物流の移転時期、検討のポイントと最適タイミング
物流の移転時期、検討のポイントと最適タイミング
物流の最適化はビジネスにおいて不可欠な要素です。しかし、物流拠点の移転を決定する際は、そのタイミングが重要になります。いつ、どのように移転すれば効率とコストのバランスを達成できるのか、その決断は複数の要因を考慮した緻密な戦略が求められ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー