開封体験(開梱):Unboxingのメリットと方法 D2C・E-コマース 成功のため コンテンツリスト

 

開封・開梱 Unboxing エクスペリエンス

パッケージング エクスペリエンスを通じてD2Cブランド ロイヤルティを構築していく理由とメリットと方法です。

あらゆるD2C eコマース オムニチャネルコマースビジネスを提供していれば知っていることですが、注文商品が配達される瞬間は、顧客との最も重要なタッチポイントの 1 つです。

慎重にキュレーションされたボックスで顧客をワクワクさせる

開封(開梱)体験・アンボクシングとは?

開封体験・Unboxingとは、顧客が最初に商品を開封し、新しく注文の商品を受け取ったときの感情を記録して共有する瞬間 と定義します。

開封体験が重要な理由

「現実の」小売体験にはないオンラインだけの体験であり、購買プロセスです。

「Amazon 風」のアプローチ
は刺激的ではなく、忘れられがちでよかったです。それでは、顧客があなたのブランドや商品ことを思い出す理由がありません!

Instagram の素敵なスナップショット
配達は、ブランドが顧客との最後のやり取りで、はじまりであるため、顧客が再び購入するのを待ちきれないほどの肯定的な印象を顧客に残したいです。

ブランド化されたパッケージ体験を構築する方法

Unboxing現象をD2Cブランディングから切り離すことは困難になっています。
ブランドを前面に押し出す、カスタム(オリジナル)パッケージがなければ、開梱体験は完全ではありません。これにより、ブランドは商品だけからパーソナライズされた没入型の小売体験へとストーリーを拡張することができます。

顧客ロイヤルティを促進

自分に問いかけてください。ブランドに「好き」であると考えるには少なくとも ●● 回の購入が必要ですか?

ブランドは、ロイヤルティ プログラムやオンラインのパーソナライゼーションを使用して、保持率を高めています。これはとても実装が複雑ですが、効果的でもあります。
アンボックス エクスペリエンスは、よりシンプルで強力なリテンション施策です。

e コマースでは、実店舗に比べてブランドと顧客の間のタッチポイントがはるかに少ない

だからこそ、あらゆるタッチポイントを利用することが重要です。

ブランドのストーリーを伝える

ブランドや小売業者が提供するもののうち、完全にユニークなものはほとんどありません。
ブランドのストーリーテリングは、ブランドの成功に不可欠です。
配達は、ブランドの独自性をアピールでき、顧客が細心の注意を払うことが保証されている 1 回の体験です。

開封体験を構築するための 5 つのアイデア

スタートアップなどが、ゼロから構築する場合、どこから始めればよいか分からない場合があります。しかし、ボックスを個別の要素に分解してみるとわかりやすくなります。

  1. ブランドボックス
  2. 独自・オリジナルの梱包材
  3. 商品プレゼンテーション
  4. 無料サンプル&ギフト
  5. カスタマイズされたメッセージ

これらの各要素にはさまざまなオプションが付属しているため、ブランドのアイデンティティを最もよく反映し、ロジスティックに実行できるものを検討することが重要です。
伝えたい感覚の種類

  • 贅沢なアプローチ
  • ミニマリストなアプローチ

などに応じて、ニーズに最も適したパッケージの種類を導き出します。

もっと詳しく知る

注文の発送とフルフィルメントのサポートが必要ですしょうか。
富士ロジテックホールディングスのサービスをチェックしてください。
消費者に直接販売する e コマースビジネスである、D2C企業がブランドを構築し、迅速で手頃な費用で配達して、顧客に開封体験・Unboxingを提供するのにどのように役立つかをご覧ください。

 

お問い合わせ

富士ロジテックホールディングスが提供する、フルフィルメントサービス