富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

SHEIN ファストファッションの未来 Part02 ビジネスモデルの秘密

SHEIN ビジネスモデル

前回、SHEIN ファストファッションの未来 Part01 では
SHEINとはどの国のアパレルファッション企業か?危険性や安全性について解説しました。

今回は、

SHEINはなぜ安い?ビジネスモデルの秘密を解説

【年間最大級】サマーセール開催中|トレンドのレディースファッションアイテム|SHEIN日本.png

Written by 植島 寛子 

SHEIN(シーイン)は、特に安いと評判の中国発のファストファッションブランドです。
SHEINはなぜ安いのか、メインの価格帯、安さを実現するビジネスモデルの秘密を解説していきます。

SHEINはなぜ安い?

SHEINが安い理由は、大きく3つあると考えられます。

  • 徹底したコスト管理
  • 生産から販売まで一貫している
  • 原料を安く手に入れている

それぞれを詳しくご紹介していきます。

徹底したコスト管理

SHEINは実際の店舗がなく、人件費や店舗維持費がかかりません。
また洋服作りも人ではなく、機械が行っています。
他にもSHEINでは、ファッションブランドがコストを掛けるトレンド分析もAIが行っています。
徹底したコスト管理が、SHEINの安さに繋がっているといえるでしょう。

生産から販売まで一貫している

また一貫して生産することで、他のブランドに比べて企画から販売までのスピードが速めです。
サプライヤーを中国広州市番禺区に、集中させることで、新商品の企画から出荷まで平均2週間と、競合するグローバルファストファッションブランドはおよそ3週間といわれていて約半分となるリードタイムを実現しています。

トレンドの真っ最中に人気の服を市場に投入できるので、他のファストファッションのように大量生産して廃棄費がかかるという悪循環にはなりにくいです。

自社で生産設備を持たないかわりに、1500社近いサプライヤーを抱えて、独自の「SCMシステム」で商品の販売状況をリアルタイムで生産現場と共有しています。
売れ行きに応じて自動的に在庫調整や生産を指示する仕組みを導入しています。

これも安く多品種少量生産が実現している理由といます。

原料を安く手に入れている

SHEINの洋服に使われている布は、他の業者が廃棄する予定だった布です。
SHEINでは、他の業者の商品に使われている質の良い布を安く手に入れています。
原料が安いので、商品自体の価格も抑えることに成功しました。
SHEINが世界の工場と呼ばれる中国にあるので、実現したといえるでしょう。

ITシステム

ビッグデータとAI(人工知能)を駆使したデータ分析に基づくマーチャンダイジングとサプライチェーン管理システムがこのビジネスを支えています。
知衣科技(ジーイー)が開発したSaaS「AIアシストデザイン」で、デザインや生地、色彩などのトレンドを予測しています。
このシステムの詳細はこちら
AI活用進むアパレル業界、トレンド予測で商品開発支援 在庫リスクも削減

SHEINのビジネスモデル

SHEINは単に安いだけで、ZARAを超える評価額になった訳ではありません。

徹底したテストマーケティング

SHEINでは、テストマーケティングに力を注いでいます。特にオンラインテスト、国ごとのプロモーション戦略は高く評価されています。実際の店舗のないSHEINでは、オンラインでの売り上げがデータですぐ確認可能です。店舗のあるブランドよりも、SHEINはスピード感を持って売れ筋商品を確認できます。また、SHEINでは商品のテストをアメリカで行い、データを取ることが一般的です。人種のサラダボウルと呼ばれるアメリカは、多様なデータを取得することもできます。アメリカでの反応を確認後、国ごとに商品を微調整して発売しています。SHEINのこまやかなマーケティングは、アメリカだけでなく欧米でも人気の理由といえるでしょう。
1日で2万5000点を超える新製品を投入することもあると言われています。これはファストファッション大手ZARAの1年間の新商品数に匹敵するとも。新商品の数と展開スピードは圧倒的で、これが若い消費者の支持を集めているようです。自社サイトで販売している商品数は60万点以上とも言われています。(どう数えるのか興味あります。)

プロモーション戦略

SHEINでは、インフルエンサーを使ったプロモーション戦略を積極的に行っています。
インフルエンサーは、SHEINのターゲット層であるZ世代が身近に感じるような方を厳選してきました。

addisonraee
Addison-Rae-addisonraee-•-Instagram写真と動画.png

Souce:https://www.instagram.com/addisonraee/

日本人インフルエンサー例https://www.instagram.com/miho.a.nico/

またSNS運用も積極的です。
日本ユーザー向けのSNSも展開していて、日本の消費者の好みにあった写真を多くアップしています。

JP-SHEIN-COM-shein_japan-•-Instagram写真と動画.png

Souce:https://www.instagram.com/shein_japan/

【年間最大級】サマーセール開催中|トレンドのレディースファッションアイテム|SHEIN日本 (1).png
SHEINの創業者である許仰天氏はもともとSEOのプロだったこともあり、その手腕が発揮されています。

評価額1000億ドルの越境EC「SHEIN」発展史

SHEINを真似たビジネスモデルも

中国では、SHEINに続いて成功を収めようとする動きも見られます。
例えば、allyLikesはアリババがSHEINを意識して立ち上げた越境ECブランドで話題になりました。

https://www.allylikes.com/

Souce:https://www.allylikes.com/

URBANIC というファストファッショブランドを展開している、2018年設立の「禾観科技」
インド市場をターゲットにして、AIによる売れ行き予測などのデジタル技術をベースに在庫管理を行い、SHEINと同様の低価格施策を実施しています。

Souce:https://www.urbanic.com/

スポーツ系ブランド「Halara」を手掛けている2020年設立の全量全速科技
20ドルから40ドルまでの価格帯でコスパの高い製品の提供しています。

Clothes-Activewear-Online-Shopping-HALARA.png

Souce:https://thehalara.com/

また中国で初めてShopify Plus Partnerに選ばれたFastlaneもSHEINを意識した経営支援サポートをブランドに対して行っています。
FastlaneではSHEINと同じくローカライゼーションに力を注ぎ、越境型ECブランドの支援も行っています。

「Made in China → Brand from China」

Fastlaneが支援しているブランドのGMVが約100億円を突破するなど、注目度も上がっています。

今後さらに似た、海外市場でのシェア拡大を図っていき、アパレル関連の越境ECが増加するのに伴って、中国発の有力ブランドが誕生することも予想されます。ビジネスモデルやデジタル技術の活用など共通点が多い企業が増えるとも予想されるので、中国の越境型ECの動きに注目が集まってきました。

まとめ

SHEINはコスト管理や生産販売などに工夫した結果、驚きの安さで商品を提供しています。SHEINのビジネスモデルの後に続こうとする中国の越境ECも少なくありません。SHEINの今後の動向から目が離せません。

一度、サイトで体験されることもお勧めします。

SHEIN 友達クーポン

SHEIN対アメリカ

SHEINは、手頃な価格でトレンディな服をすぐに自宅に届けることを切望する若い層の間で特に有名になりました。
5ドルのシャツと10ドルのビキニを紹介するSHEINの開封ビデオは、同社のマーケティング戦略の特徴となっている。

同社はユニークなアプローチを採用することで小売業界に波を起こしました。単一の商品をシーズン中に大量に生産する従来の小売業者とは異なり、SHEINは少量生産を選択し、最初は特定の商品を 200 個しか製造しないことがよくありました。
この戦略により、過剰在庫が最小限に抑えられ、コストが削減され、各商品が販売される可能性が最大化されました。これは、SHEINがデータマイニングと AI を巧みに利用して消費者の需要と好みを測定したことによって可能になった偉業です。

2008年に中国で設立されたSHEINの魅力はパンデミックの間、より幅広い聴衆に広がり、親たちもこのブランドの手頃な価格の選択肢を検討し始めた。
あらゆる尺度で見ても、SHEINはランクを上げ、Nike などにも匹敵する、ティーンエイジャーの間で最も人気のあるブランドの 1 つになりました。今のところ、SHEINは非公開企業のままであるため、正確な市場シェアを特定することは困難です。しかし、それは変わろうとしています。

同社は、持続可能性、独立デザイナーの扱いに関する問題、インフルエンサーとのパートナーシップに関する透明性などの懸案事項に取り組み始めており、これは米国で公開市場に参入する際に必要とされる取り組みである。ただし、最も重要な問題は依然として残っています。それは、データのセキュリティに関する懸念です。

次回は、

SHEIN ファストファッションの未来 Part03

SHEINが届くまでの流れを解説!どのくらいで届く・関税についてもまとめ

についてお届けします。

編集部の購買体験はこちら

SHEIN 購買体験 ファストファッションの未来

<関連記事>

業界人が期待するほどにはシーインの知名度も利用率も高くなかった

サマリー

10代女性に支持されているという点においては「Z世代ガー」は勢いづくかもしれないが、アメリカと違って日本のZ世代は人口が少ない。40代以上に支持された場合と異なり、そこまで売上高は伸びにくい可能性が高いと考えられる。

とはいえ、いずれ中高年層は死に絶えるから、Z世代の取り込みは必要不可欠だが、アメリカ市場でのような成長曲線は日本国内では描けないだろう。

ちなみに、心斎橋の期間限定店で見た限りにおいて、シーインの商品は多くは生地のクオリティが低く、あれならジーユーの値下げ品でも買った方がマシであると当方は断言する。

中国発EC「SHEIN」本当の実力 東洋経済

急成長する中国発EC「SHEIN(シーイン)」。しかしその実態はベールに包まれたままだ。独自取材で本当の実力に迫る。

日本メディアが我先にと宣伝した「SHEIN」、報道がピタッと止んだ理由 Business Insider Japan

インディアナ州トップのビジネススクールが誇らしげにシェインと提携、その後静かに関係を解消

超低価格でファストファッション小売業者のH&MやZARAと競合する660億ドルの巨大企業に急成長したため、シェインには長年論争が付きまとっていた。同社は持続不可能性と劣悪な労働慣行に対する非難に悩まされている。グリーンピースは、シェインのビジネスモデルを「地球の貴重な資源の浪費に依存しており、環境と人間の搾取に依存している」と非難した。

2022年、同社は新疆省産の綿花を使用したとして告発され、米当局者は中国政府がウイグル族に対して人権侵害を行っていると主張した。同社はまた、アパレルのデザインを盗んだ疑いで何度も訴訟を起こされている。先月の議会委員会の報告書では、同社が米国の関税を回避し、価格を人為的に低く抑える戦術に「大きく」依存していることが判明した。

SHUT DOWN SHEIN

分析:SHEIN のビジネスモデルを参考に D2C・オムニチャネルコマースをグロースさせる方法

SHEIN のビジネスモデルを参考に D2C・オムニチャネルコマースをグロースさせる方法

SHEINのビジネスモデルを要素別に分解をして、各機能を自社のE-コマース・D2C・DNVB オムニチャネルコマースビジネスに実装して、成長させるためのコンテンツをまとめています。

SHEINについては、いろいろな意見がありますが、成長していることは間違いがありません。
それぞれの機能を確認することで、購買体験や、購買体験ニーズ あっているかを確認してみてください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
楽天市場の最強配送ラベルについては、仮称「配送認定ラベル」として以前から何度か規制緩和や調整が実施されてきました。 本記事では運用を3ヶ月後に控え、今いちど最新の情報を整理してお伝えします。物流整備のご参考になさってください。 最強配...
続きを読んでみる
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC物流の需要が加速し、発送代行会社も徐々に増えている傾向にあります。選択肢の幅が広がる一方、利用を検討する方にとって選ぶのが難しい現状があるでしょう。なぜなら料金体系が異なるうえに項目が細かく、さらに業者ごとに代行の対応範囲も変わっ...
続きを読んでみる
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーは3大ECモールと呼ばれ、他のモールと比較しても圧倒的な利用率を誇っています。 選択肢が多いと、出店する際に何を基準としてモールを決めたらよいか悩みますよね。 そこで本記事では、出品者と消費者の視点の両方から...
続きを読んでみる
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
Yahoo!ショッピングでは、2020年12月から配送品質の向上を目指した優良配送の取り組みが始まりました。 2022年8月には、優良配送に認定された商品を優先的に上位表示する取り組みも始まり、優良配送の重要度がますます高まっています...
続きを読んでみる
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理を成功へと導く鍵、「SKU」とは一体何でしょうか?この記事では、SKUがもたらす効率化とその具体的な管理方法について、商品識別から物流改善まで幅広くご紹介します。SKUの基本から最先端の活用法まで、明確かつ実践的な知識をお届け...
続きを読んでみる
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは、保管や輸配送において温度を区分けして指定することを意味します。温度区分は商品の特性によって分けられており、品質を守るために重要なシステムです。 3温度帯がなければ、生鮮食品や冷凍食品などの温度管理を必要とする商品を遠方に...
続きを読んでみる
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー