富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

OMO/D2C・ポストパーチェスCEMサービス リリース

パートナー

OMO/D2C・ポストパーチェスCEMサービス

『シナブル』と『富士ロジテック』が、オムニチャネル・D2CEC事業者特化のCEMサービスで業務提携・サービスローンチ

~ 購買後体験の最大化のために、顧客コミュニケーションと物流フルフィルメントサービスを連携して提供 ~

富士ロジテック「OMO/D2C・ポストパーチェスCEMサービス」

富士ロジテックホールディングスOMO/D2C・ポストパーチェスCEMサービス」は、

OMO/オムニチャネル「顧客購買体験」グロースサービスパック】の1シリーズ

今後求められる、「顧客購買体験購買後体験」として

  1. デジタル+リアルのシームレスな購買体験の提供
  2. パーソナライゼーションとデータ共有
  3. 感動と出会いのある、デジタル+リアルの購買体験
  4. ソーシャルコミュニケーション+コマース+ロイヤリティカスタマープログラム
  5. リアル店舗のECフルフィルメント拠点やラストマイル配送拠点、ECサービス拠点サポート

をご提供します。

*顧客購買体験が重要であることについてのコラム一覧はこちら

富士ロジテック OMO/D2C・ポストパーチェスCEMサービス OMO/オムニチャネル「顧客購買体験」グロースサービスパック

 

【オムニD2C・ポストパーチェスCEMサービス】

2022年からの、OMO・D2Ceコマース・での顧客購買体験では、

  • POP-UPなどのリアル店舗の重要性が、オムニチャネルとして見直されていきます。
    いままで、データ連携が煩雑であった、リアル店舗などでの購買体験をデジタルコミュニケーションに繋げることが、シンプル・低廉にご提供出来ます。
  • 顧客の広告離れからデジタルマーケティングだけではなく、リアルコミュニケーションの価値が高まっていきます。
    購買後の顧客体験をデジタルコミュニケーションと、リアルコミュニケーションを連携した、オムニチャネルコミュニケーションにて連携して醸成することが可能です。
  • OMO/オムニチャネルでの販売・物流の複雑化とそれを解決するフルフィルメントサービスが求められています。

フィジカルフルフィルメントサービスの提供と、それと連動した、購買後のメッセージコミュニケーションとして、デジタル(トランザクションコミュニケーションや)と同梱物・店頭メッセージカードなどとの連携を実現します。

DC倉庫からの、代行発送(エンドレスアイル発送)と、発送・梱包資材の店舗へキット発送、送り状環境と、配送会社との料金タリフ交渉(返品タリフも含む)などのサービスを提供します。

  • 顧客にとって購買体験での壁は、商品アイテムのサイズ・カラー・使用感などへの不安と、事業者からの不要なコミュニケーションです。

リバースフルフィルメントサービスとして、DC倉庫および店舗を活用しての「返品・交換・回収サービス」を提供するとともに、顧客購買後体験の安心を醸成するコミュニケーションを提供して安心・信頼をご提供します。

*ポイント:自動可否判断、返送処理、受入処理、交換アイテム発送処理などを、富士ロジテック倉庫側への一任処理が可能です。また、返品・交換受付可否・返品・交換理由取得・回収発送手配・倉庫受入検品と在庫戻り処理・交換品配送・返金(またはストアクレジット)・カスタマーサポートまで一括で対応可能なサービスです。

  • オムニチャネルコミュニケーションをデジタル(WEBカタログ・LINEなどのSNSメッセージ・eメール・と)アナログ(スタッフ・店舗・商品・同梱物・ペーパーメディア)

を設計(取捨選択)・運用できるように連携サポートします。

富士ロジテックではD2Ceコマース、小売・OMO事業者から、顧客ニーズの変化への対応への要望に応えて、従来の物流フルフィルメントサービスにマーケティングオートメーションシステム連携をして、顧客コミュニケーションデザイン・運用業務フローの省力化・コスト低減を実現するサービスとしてご提供していきます。

本サービスは、富士ロジテックが提案しつづけている

Unboxing=商品を受け取った時、箱を開封した時から感動をお届けしつづけること」

の一環として、リアル店舗と同様の試着、試用(コスメ・サプリ・フェムケア)という最初の出会い体験と、その後のコミュニケーションをよりストレスフリーにサポートするサービスとして設計しました。

■メリット:

顧客サイドでは、

パーソナライズ化は、顧客の購買体験で、ブランドとの接点とデータとして重要なポイントとなりつつあります。本サービスにより顧客のライフ態様に応じたコミュニケーションコンテンツとタッチポイントを選択して、リレーションを積み上げることが可能になります。

それに伴って、購買・再購買・返送・交換などアクションを通じてよりパーソナライズされていくデータ提供・提案プロセスが最適化されて提供されることで、不快感の無くすとともにブランドとの一体感を醸成していきます。

事業者サイドでは、

従来の購買・再購買・返品・交換データに、オムニチャネルコミュニケーションのデータを付加することで、より顧客の変化・継続するパーソナルデータ収集情報を預けていただくことが可能です。

それに伴い、商品開発デザイン、CRM設計、購入体験の質の向上などにフィードバックできるサービスです。

本サービスは、これからの顧客購買後体験(CX)の向上において重要な、コミュニケーションと物流フルフィルメントサービスを一体連携されたサービスです。

デジタルコマースだけではなく、OMO/オムニチャネルコマースとしてリアル店舗との連動した情報と商品をお届けするサービスとして進化させてご提供していきます。

デジタルだけではコンバージョンさせることが難しかった見込み客に対しても、Eメールだけではなく、SNSメッセージ:LINEなど、オフラインDM、店頭でのスタッフからのメッセージなどを組み合わせた施策で、効果的なマーケティング&コミュニケーションを展開できるようになります。

また、個別のQRコードを生成してオフラインDMへ埋め込むことが可能なため、誰が・いつ・どの内容に関心をいただいたのかというユーザーのリアクションを、EC Intelligenceから効果計測することができます。

【サービスの仕様概要】

  • 「顧客購買体験」最大化のための、コミュニケーションデザインロジックの設計・運用サービス。
  • デジタルマーケットプレイスと、リアル店舗を連携させた顧客購買体験・物流サービス。
  • 自社オンラインメディア(eメール・SNSメッセンジャー・WEBメディアなど)の設計・運用サービス。
  • 自社オフラインメディア(郵送DM・コール・同梱メディアなど)とリアル店舗コミュニケーションの設計・運用サービス。
  • 顧客データ収集と分析支援と人財育成サービス
  • オムニチャネルコミュニケーション・設計・運用サービス
  • オムニチャネルコマース物流フルフィルメント設計・運用サービス
  • 返品・交換顧客コミュニケーションデザインと設計・運用サービス。
  • 返品・交換・回収などのリバース物流フルフィルメントサービスの設計・運用サービス。

■オフラインDM配信機能でできることの一部

  • 誕生日などのアニバーサリーの顧客を毎日抽出して、クーポン付きDM送付・同梱施策
  • 店舗購入した顧客へ、おすすめ商品をDM送付・同梱施策
  • 店舗購入のみの顧客に、ECサイトの人気商品をDM送付・同梱施策
  • カートインした後しばらく経っても購入してない顧客へ、おすすめ商品をDM送付
  • サンプル購入した顧客へ、定期購入促進オファーをDM送付
  • 返品実施された顧客へ、再購入DM送付

【サービスを採用する5つの特徴と理由】

  1. CXの最大要因になりつつある「購入後体験」の満足度向上による「ファン」醸成促進が可能です。
  2. コミュニケーションを通じてのパーソナライズデータの顧客との相互活用が可能です。
  3. ストレスフリー返品交換「購入体験」を提供して心理的壁を透明化し、購入・再購入の促進が可能です。
  4. シンプルな顧客コミュニケーションとタッチポイントのコミュニケーションプラットフォームとプロセスの提供
  5. インハウス化のための人財の育成と業務オペレーションの省力化とコスト削減セーブが可能です。
  6. 顧客数の増加を通じての、売上と収益の向上、拡大をご一緒します。

【連携サービス】

Eコマース特化のマーケティングオートメーション・「EC Intelligence

Eコマース特化のマーケティングオートメーション・「EC Intelligence」

オムニチャネル構築サービス:「Lexica

Omnichannel with Communication Platform&Headless Commerce Logica

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
世界の美容業界では起業家精神が盛んです。 新しくダイナミックな創業者、商品、ブランドが毎日登場しますが、競争は依然として厳しいものです。新しい美容関連のスタートアップが成功するたびに、成功しない企業が数十社、おそらくは数百社存在します...
続きを読んでみる
ペット ブランド編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ペット ブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファネルとは何ですか AIDA フレームワークとは何ですか つまり、マーケティングと販売の世界では、私たちが行うほとんどすべてのことは、ある種のファネルを通じて顧客を変換するという概念によって推進されています。 「ファネル」は、誰かが...
続きを読んでみる
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー