魅力的な顧客体験を生み出すためのWebサイトコンテンツのパーソナライゼーションの7つの効果的な方法

魅力的な顧客体験を生み出すためのWebサイトコンテンツのパーソナライゼーションの7つの効果的な方法

今日のコマース世界だけではなく、画一的なものはもう通用しません。

競争は熾烈です。成功している小売企業は、適切なチャネルで、適切なタイミングで、適切な人に適切なメッセージを届けようとしています。Amazon はパーソナライゼーション なしでは Amazonになることはできません。

Amazon や Netflix などの企業は、効果的なパーソナライゼーション エンジンを備えた動的サイトが、次の点で静的 Web サイトよりも優れていることを示しています。

  • より高い信頼と顧客ロイヤルティ
  • より高いコンバージョン率と収益
  • リピート率の向上による顧客生涯価値の向上

Amazon は、よく知られたパーソナライゼーション エンジンにより、パーソナライズされたレコメンデーションから 1日あたり約10 億ドルを稼いでいます。Amazon は、顧客が購入する可能性が高い商品をカートに追加する前に最寄りの配送センターに送る現在のプログラムなど、パーソナライゼーションを使用する新しい方法を常に模索しています。

パーソナライズされた Web サイトは、人口統計、地理、行動データ、サイコグラフィック、企業グラフィックなどのさまざまなデータ信号に基づいて、訪問者に合わせたコンテンツを表示する動的な Web サイトです。

パーソナライゼーションは、各訪問者に特定の顧客エクスペリエンスを提供することでコンバージョン率を高めることができます。

このコラムでは、Web サイトのコンテンツのパーソナライゼーションを使用して顧客を喜ばせ、ユーザー エクスペリエンスを向上させるためのベスト プラクティスとヒントのいくつかについて説明します。ご一緒に考えて実行してみてください。

パーソナライゼーションはセグメンテーションから始まります

Web サイトのコンテンツを効果的にパーソナライズするための最初のステップは、顧客を知ることです。そうでない場合、どのようにして顧客の言語を話し、顧客に合わせたパーソナライズされたエクスペリエンスを作成できるでしょうか。
2 番目のステップは、顧客が検索しているものに基づいて Web サイトのページのコンテンツを対応することです。

顧客について知れば知るほど、良いサービスを提供し、顧客が望むものを提供できるようになります。マーケティングに関して言えば、顧客のセグメンテーションは、各ターゲット ユーザーの心に最も響くメッセージを判断するのに役立ちます。

顧客をセグメント化するために使用できるさまざまな種類のデータがあります。

  • 行動データ
  • 地理データ
  • 人口統計データ
  • 心理学的データ
  • ファームグラフィックデータ
  • 技術データ

ここ数年、消費者の要求がより厳しくなっていることが注目されています。消費者は、購入するブランドから意見を聞いてもらい、尊敬してもらいたいと考えています。
これが、Web コンテンツのパーソナライゼーションがマーケティング担当者にとって顧客エクスペリエンスを生み出すための重要な施策である理由です。

顧客に価値があると感じてもらうには、特定のタスクを実行するときに顧客がサイトでどのような種類のエクスペリエンスを求めているのかを理解する必要があります。

Web サイトのパーソナライゼーションには、見出し、CTA、ビジュアル、ブログ投稿などを含みますがこれらに限定されないさまざまな形式があります。Web サイトのパーソナライゼーションの背後にある考え方は、各人がいつでも必要な情報だけを閲覧して、商品やサービスに関する決定をして目的を達成する必要があるということです。

Web サイトのコンテンツをパーソナライズする 7 つの効果的な方法

(Web) コンテンツのパーソナライゼーションとは

コンテンツのパーソナライゼーション(別の言い方をすると、Web コンテンツのパーソナライゼーション) は、各訪問者の特定の興味やニーズに合わせて Web サイトのコンテンツを調整するプロセスです。

これには、過去の行動に基づいて関連する商品やサービスを表示することから、サイト全体でパーソナライズされたメッセージや行動喚起を使用することまで、あらゆるものが含まれる可能性があります。

コンテンツのパーソナライズを正しく行うと、サイト全体のユーザー エクスペリエンスを向上させ、コンバージョンを促進する非常に効果的な方法となります。

コンテンツのパーソナライゼーションが重要である理由はたくさんありますが、ここでは最も注目すべき理由をいくつか紹介します。

1. 目立つのに役立ちます

今日の混雑したオンライン世界では、競合他社から目立つ方法を見つけることがこれまで以上に重要になっています。

コンテンツのパーソナライゼーションは、これを行うための最良の方法の 1 つです。個々の訪問者の特定のニーズや興味に合わせてコンテンツを調整することで、汎用的な画一的なコンテンツよりもはるかにユニークで魅力的なエクスペリエンスを作成できるようになります。

2. エンゲージメントとコンバージョンを促進します

コンテンツのパーソナライズは、サイトでのエンゲージメントとコンバージョンを高めるのにも役立ちます。

調査によると、パーソナライズされたコンテンツは、一般的なコンテンツよりもコンバージョンを促進する効果が大幅に高いことがわかっています。実際、ある調査では、パーソナライズされた行動喚起により、コンバージョン率が 202% も増加する可能性があることがレポートされています。

3. 全体的なユーザーエクスペリエンスが向上します

最後になりますが、コンテンツのパーソナライゼーションは、サイト全体のユーザー エクスペリエンスを向上させるのにも役立ちます。

訪問者に関連性のあるコンテンツを表示することで、訪問者の関心を維持し、サイトから直帰する可能性を減らすことができます。コンバージョン率が向上し、検索エンジンの重要なランキング要素である直帰率が低下します。

おそらく、適切なタイミングで適切な人に適切なメッセージを伝えることが重要であることはご存知でしょう。

1 つのメッセージですべての人に届くのは難しい場合があります。そこで、メッセージが対象ユーザーに確実に届くようにするための7 つのWeb サイトのパーソナライズ例を紹介します。

1. 見出しのパーソナライゼーション

ランディング ページは顧客が Web サイトに対して抱く第一印象であるため、ランディング ページのすべての要素が完璧である必要があります。

ランディング ページの目的は、1 つのオファーに焦点を当て、顧客エクスペリエンスが顧客の要望やニーズに合わせて調整されるようにすることで、訪問者を見込み客に変えることです。

ニーズや要望は顧客ごとに異なりますが、どの訪問者もランディング ページには同じ見出しとメッセージが表示されます。

パーソナライゼーションは、見出しを動的に適応させることでランディング ページに競争上の優位性を与える強力なツールです。

見出しメッセージと顧客とのつながりが個人的なものであればあるほど、コンバージョンに至る可能性が高くなります。

さまざまな顧客セグメントに合わせて見出しメッセージを調整できます。カテゴリー、場所、季節、流入ルートなどのさまざまなセグメンテーション変数を使用すると、顧客セグメントをターゲットにするためのさまざまなバリエーションを作成するのに非常に役立ちます。

2. CTA (Call to Action) のパーソナライゼーション

CTA の主な目的は、人々の注意を引き、ニュースレター リストへの登録、E-Book・電子書籍のダウンロード、ビデオ チュートリアルの視聴、などの特定の行動をとるよう誘導することです。

CTA は、Web サイトをパーソナライズし、コンテンツを誰が閲覧しているかに基づいてユーザーに明確な道筋を提供するのに最適な方法です。

さまざまな企業データ、行動データ、サイコグラフィック データに基づいてさまざまな CTA を作成できます。CTA パーソナライゼーションの例をいくつか示します。

  • セールスファネルの段階に基づいて、ユーザーごとに異なる CTA を提供します。
  • ターゲット顧客に当てはまる特定の CTA を訪問者に表示します。
  • 顧客と非顧客の CTA を変更します。

3. ヒーローイメージのパーソナライゼーション

ヒーロー画像は、見出しや CTA とともに、Web サイトのヒーロー セクションの別の部分です。

人々は一般化された情報よりもパーソナライズされた商品を好むため、パーソナライゼーションがマーケティング施策の重要な部分であることは誰もが知っています。

特定の興味に合わせてサービスをカスタマイズすると、顧客とのつながりを図る際に大きな違いが生まれます。見出しメッセージと同様に、画像もパーソナライズに大きな役割を果たしています。

画像のパーソナライゼーションを実装すると、コンバージョンが増加するだけでなく、他では得られない顧客との感情的なつながりも生まれます。

画像のパーソナライゼーションにより、マーケティング担当者はメッセージを作成して、メッセージを見る人のために特別に作成されたものであるかのように感じることができます。

画像のパーソナライゼーションを使用すると、訪問者の所在地、年齢層、性別、またはその他の重要なセグメンテーション変数に応じて、商品やサービスの異なる画像を表示できます。

4. ブログ投稿のパーソナライズ

インターネット上には幅広いコンテンツがあるため、Web サイトを可能な限りパーソナライズすることが重要です。注目のブログ投稿をパーソナライズすることは、視聴者に適切なコンテンツを確実に提供するための優れた方法です。

ブログのレイアウトをデザインするときは、Web サイトの訪問者と彼らが何を望んでいるのかを考えることが重要です。注目のブログ投稿をパーソナライズすると、ユーザーの興味やニーズを重視していることが明確になります。
視聴者との信頼関係を築くことができ、視聴者があなたからもっと学ぶために何度も戻ってくる可能性が高くなります。

過去の行動、地理的および人口統計的データ、業界などの統計データなどの特定の属性に基づいて、訪問者ごとに注目のブログ投稿をパーソナライズできます。

5. ナビゲーション/メニューのパーソナライゼーション

ナビゲーションを容易にし、商品発見を促進し、多くのコンバージョンを促進するために、企業はすべての訪問者の好みに基づいてナビゲーション メニューの順序をパーソナライズできます。

商品発見のロードマップとして機能するナビゲーション メニューを介してサイトの重要な側面を探索できます。状況によっては、無関係なものが表示され、ユーザー エクスペリエンスが中断される可能性があります。

パーソナライズされたナビゲーションを使用すると、訪問者がサイト上で探しているものを見つけやすくなり、ユーザーの好みに基づいてナビゲーション バー/メニュー上の特定のコンポーネントを最適化および並べ替えることで、コンバージョンをより効率的に促進できます。

6. 社会的証明のパーソナライゼーション

Web サイト上のソーシャル プルーフにより、約束する価値に即座に信頼性が加わります。企業はウェブサイト全体でさまざまな種類の社会的証明を使用しています。さまざまな種類がありますが、企業が一般的に使用する主な社会的証明のカテゴリは次の 3 つです。

  • お客様の声
  • 商品レビュー
  • 顧客のロゴ

顧客の注目を集める競争が激化する中、企業は競合他社から目立つための新たな方法を模索しています。オムニチャネル小売企業がこれを達成するために使用している方法の 1 つは、Web サイトでソーシャルプルーフをパーソナライズすることです。

関連するロゴや紹介文を使用して、ターゲット ユーザーの要望やニーズに合わせて、ソーシャル プルーフの例をターゲット ユーザーごとにカスタマイズできます。

7. 商品または機能のパーソナライゼーション

最も共感を呼ぶ人々に適切な商品または適切な機能を表示することは、コンバージョン率と顧客満足度の向上に役立ちます。

品のパーソナライゼーションは、顧客に希望の品を提供し、興味を持ちそうな他の商品を見つけるのに役立つため、Web サイトのパーソナライゼーションの優れた方法です。

この施策は、品やサービスのリストを閲覧したり検索したりすることなく、情報やサービスを顧客に直接提供することで、可能な限り最高のエクスペリエンスを提供することを目的としています。Eコマースサイトは、個人としてのユーザー (好みに基づいて) や、特に探しているもの (「スタイリッシュな靴」など) に応じて変化するパーソナライズされた推奨事項を提供できます。 )。

ウェブサイトをよりパーソナルにして、魅力的な顧客エクスペリエンスを作成する

ウェブサイトを持っているだけでは十分ではありません。

サイトは顧客にとって魅力的で、有用で、パーソナライズされたものである必要があります。

Web サイトのパーソナライゼーションでは、ユニークで魅力的な顧客エクスペリエンスを実現するためにさらに努力する必要があります。

パーソナライズされた顧客エクスペリエンスを作成することが、コンバージョンと売上を増加させる鍵となります。メッセージが個人的なものであればあるほど、取引が成立する可能性が高くなります。

パーソナライズされた Web サイトは、訪問者を顧客に変えることでコンバージョン率の向上に役立ちます。