オガミキヨ
オガミキヨ

国内外のECをはじめ、リユース、美容・健康、音楽などあらゆるジャンルで執筆中のフリーランスライター。中国への留学経験を生かし、13年間、繊維製品や楽器、雑貨の輸入業務に携わる。現在はライター業のかたわら、個人で越境ECのセラーとしても活動中。

通販物流とは?課題と成功のポイントを解説【完全版】

通販物流

通販物流とは?課題と成功のポイントを解説【完全版】

通販物流は流通加工や返品・交換などの細かい作業がふくまれるため、

  • 作業時間が非効率
  • 人員の確保ができない
  • 人的ミスが多い

などお悩みの企業様も多いのではないでしょうか。

結論からいえば、物流代行会社にアウトソーシングすることで人手不足の解消や固定費用の削減などメリットが少なからずあります。

この記事では、通販物流における問題点と課題をピックアップし、成功に導くポイントをお伝えします。

通販物流の仕組みを整えて、売上向上を目指しましょう。

通販物流とは?3つの特徴

通販物流とは?3つの特徴

通販物流とは、通信販売やECサイトで顧客が商品を発注後、商品が届くまでのすべての物流過程をさす言葉です。カタログ通販やテレビショッピングなど幅広い販売チャネルを含みます。狭義では、EC物流とほぼ同じ意味で使われるケースもあるでしょう。

通販物流の特徴は大きくわけて以下の3つ。

  1. BtoCならではの煩雑さがある
  2. 流通加工の作業が多い
  3. 返品・交換業務をともなう

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

BtoCならではの煩雑さがある

通販物流の1つ目の特徴は、個人消費者向けのBtoCが中心となることです。

企業向けのBtoBは1件あたりの出荷数が多く、商品の種類が少ないのが特徴です。

一方BtoCは1件あたりの出荷数が少なく、出荷件数と商品の種類が多いという大きな違いがあります。

通販物流は、工数や配送先が多さから煩雑化しやすいといえます。

〈関連記事〉「通販物流の仕組みやポイントとは

流通加工の作業が多い

通販物流の2つ目の特徴は、流通加工で付加価値をつける作業が多いことです。

流通加工とは、値付けやラベル貼りからサンプルやサンクスレター、チラシといった同梱物の封入などを指します。

とくにサブスクやギフト梱包では顧客ごとに個別対応が必要なことも多く、作業工程が煩雑になります。

しかし商品に付加価値をつけることは、他社との差別化や顧客満足度の向上につながります。流通加工により商品力を高めるのも、通販物流の重要な工程です

返品・交換業務をともなう

通販物流の3つ目の特徴は、返品・交換業務をともなうことです。

画像で購入を判断する通販サイトの特性上、返品・交換対応は避けては通れません。返品・交換に対応することが、顧客が通販購入で失敗する不安を取り除き、購買体験を向上させるからです。

近年はリピーターを獲得する施策として、返品・交換を積極的に受け付ける通販企業が増加しています。

<関連記事>「リバースロジスティクスとは?ECで返品物流に取り組む重要性を解説」

返品・交換対応は商品の再加工や販売データの抜き出し作業が増え、バックオフィスの業務が煩雑になるのがデメリットです。

通販物流が拡大した背景と今後の見通し

物販系分野のBtoC-ECの市場を見てみると、右肩上がりで成長しています。

需要が拡大する背景にあるのは、緊急事態宣言下における「巣ごもり需要」の追い風です。

コロナ禍でこれまで通販に慣れていない人もECサイトを利用することが新しい日常となりました。ECサイトを運営する企業もオンラインとオフラインの境界線をなくすOMOやオムニチャネルの戦略をとるケースが増えたことで、通販は以前より使いやすく身近なものになっています。

今後もEC市場は順調に伸びていく可能性が高いといえるでしょう。

通販物流が拡大した背景と今後の見通し

画像引用元:「令和4年度 電子商取引に関する市場調査

通販物流の課題・問題点

次に、通販物流が抱える課題と問題点についても見ていきましょう。以下のとおりです。

  1. 物流業務に手をとられコア業務の時間がとれない
  2. 人手不足による作業ミスが頻発
  3. 在庫管理が煩雑
  4. 物流コストの高騰

物流業務に手をとられコア業務の時間がとれない

商品出荷量が増えると、通販物流に手を取られ本来のコア業務に注力しづらくなります。

コア業務とはたとえば、

  • ネットショップの更新
  • 新規顧客獲得のためのSNSやメルマガ更新等マーケティング
  • 商品開発やサイトの構成

などがあげられます。

こうした売上を伸ばす業務が滞れば、事業の拡大も停滞してしまう可能性があります。

人手不足による作業ミスが頻発

出荷量の増加にともない問題になるのが、人員の不足です。

前述の通り、通販物流ではギフト梱包などの個別対応が必要なことから作業負荷や人的コストが大きいという特徴があります。

とくに大型セールや季節イベントなどの繁忙期は人手が不足し、商品違いや数量違いなどの発送トラブルが起こりやすくなります。

在庫管理が煩雑

通販物流では、在庫の管理が複雑です。

通販サイトと実店舗で平行して商品を販売する場合や複数店舗がある場合、それぞれの在庫をリアルタイムに把握する必要があります。

最近の通販では実店舗とECサイトの境界をなくすオムニチャネル化や、OMOを推進する企業も少なくありません。オムニチャネルとはたとえば、ネット注文した商品を実店舗で受け取れる販売戦略です。

OMOは、実店舗の購買情報をECサイトでも共有し、おすすめを表示するなどのオンラインとオフラインをつなげるマーケティング手法です。

これらの施策は購買体験を向上させる一方、在庫引き当ての作業にミスが発生しやすいという問題点があります。

<関連記事>​​「OMOとは?オムニチャネル・O2Oとの違いや施策事例をわかりやすく解説

物流コストの高騰

2024年4月1日以降、自動車運転の年間の業務時間が上限960時間に制限されます。

これにともないトラックドライバーの労働時間が減るため、運送業者の取り扱う物量が大幅に減少します。

運送会社は取り扱い荷物の減少によって売上が落ちるのを防ぐため、配送料金の値上げを検討しているということです。

今後の通販物流では、運送コストを抑えるための対策が必要となるでしょう。

通販物流を成功させるポイント

通販物流を成功させるポイント

通販物流の問題点と課題に対する対策として、成功させるポイントを以下3つにわけて解説します。

  1. 業務を簡素化し自社物流のミスを少なくする
  2. 在庫を一元管理する
  3. 一部もしくは物流業務全般をアウトソーシングする

業務を簡素化し自社物流のミスを少なくする

自社物流のミスを減らすには、紙を使用したアナログな業務をデジタル化するなど業務の効率化が求められます。

まずはこれまでの慣習で続けている無駄な作業はないかを見直し、時短や生産性の向上につなげましょう。

具体的にはシステムを導入して業務を効率化する、バーコード検品を導入するなどの対策が人的なミスを防ぐのに有効です。

結果として、業務が簡素化され社員の労働環境の改善にもつながります。

在庫を一元管理する

通販物流では、オムニチャネルやOMOにも対応したEC在庫(オンライン)と店舗在庫(オフライン)を一元管理できるシステムが不可欠です。

在庫管理、入荷から出荷に至るまでの作業指示機能を持つWMS(倉庫管理システム)の導入により、在庫をリアルタイムで把握できます。

リアルタイムで在庫情報を取得できれば、顧客満足度の向上にもつながります。

オムニチャネルに適した在庫管理については以下の記事で詳しく解説しています。

オムニチャネルの在庫管理にシステム活用が重要な理由!リアルタイム反映と見える化

一部もしくは物流業務全般をアウトソーシングする

物流業務のアウトソーシングもおすすめです。おもなサービスとして、3PLとフルフィルメントがあります。

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは、倉庫管理業務の部分を外部委託することを指します。対するフルフィルメントとは、商品の受注から発送までの一連の流れを委託するサービスです。さらに決済業務や問い合わせ業務にまで幅広く対応する業者もあります。

物流業務をアウトソーシングするメリットは、初期費用や維持管理費用の物流コストを削減できる点です。

たとえば、倉庫や車両、倉庫管理システムの固定費は出荷量が少ない閑散期でも維持管理費がかかりますよね。

物流業務を委託することで、取り扱い商品の量によってこれらの費用を調整できるのが最大のメリットともいえます。

物流代行業者は豊富な人材とシステム、経験を有するプロです。

通販物流の煩雑な業務をアウトソーシングすれば、繁忙期の人員不足にも対応できると同時にミスの発生や納期遅れなども解決できます。

また物流代行業者は、運送会社との契約により割安の運賃で荷物を発送できます。今後の物流コスト高騰の対策としてもアウトソーシングは有効です。

富士ロジテックホールディングスの通販物流サービス

富士ロジテックホールディングスの通販物流サービス

富士ロジテックホールディングスは、通販物流の豊富な経験を生かした柔軟性のある物流代行サービスを提供している企業です。
ここからは、サービスの特長をご紹介します。

20年にわたる通販物流の実績

富士ロジテックホールディングスは20年にわたり通販業者と連携したサービスを提供してきました。豊富な実績と蓄積されたノウハウにより、高品質で柔軟なサービスをご利用いただけます。

アパレル、雑貨、家具、食品などさまざまな業種形態に対応可能です。

通販業者のニーズに合わせた、オーダーメイドのサポート体制を得意としています。

最先端技術による物流費用の低コスト化を実現

当社では物流ロボットなどの最先端技術を導入し、人的コストの削減や作業時間の短縮を実現しています。

商品の入荷から保管、仕分け、出荷までをワンプライスで対応できる物流ロボット AGV(無人搬送車)は「2021年度 ロジスティクス大賞」を受賞。小ロットからでも導入できます。

検品には音声検品ピッキングシステムを採用し、作業の効率化とミスの削減を実現しました。

在庫管理にはRFID(Radio Frequency Identification)技術を活用しています。

電波を用いて複数のタグを一気に読み取ることで、バーコードスキャンに比べて作業効率が大幅にアップし、リアルタイムで正確な在庫情報の把握が可能です。

自社開発のWMSはカスタマイズも可能

富士ロジテックホールディングスでは、システムを自社開発しています。

社内SEのほとんどが倉庫運用経験者のため、現場のニーズを即反映できるのが強みです。

WMS(倉庫管理システム)の基幹メニューをもとに、お客様のニーズにあわせてカスタマイズできます。自社で開発しているため、短期間・低コストでの構築が可能です。

ECサイトとのデータ連携も可能

当社では「ロジレス」「コマースロボ」などのクラウド型WMSも活用し、通販物流との連携にも力を入れています。

受注管理システムと在庫管理システムを一体化できるため、受注から荷物が購入者に届くまでのすべての流れを自動化できます。

また楽天市場・Shopify・Yahoo!ショッピング・Amazonほか、複数ECサイトの運営の一元管理にも対応。受注管理の省力化も可能です。

柔軟なフルフィルメントサービスを提供

富士ロジテックホールディングスは、2021年6月にD2C eコマース物流フルフィルメントサービスを開始しました。

必要な部分のみ委託する業務範囲のカスタマイズにも柔軟に対応できるのが特長です。物流業務にお困りのかたは、お気軽にご相談ください。

無料相談はこちらをクリック

取り扱い実績が豊富な物流代行を選ぼう!

取り扱い実績が豊富な物流代行を選ぼう!

物流代行会社を選ぶ際は、取り扱い実績が豊富な業者を選びましょう。

物流会社のなかでも、通販事業の全体像を理解している業者とそうではない業者があります。

通販物流は顧客満足度をあげる重要な工程でもあるため、豊富な実績とノウハウが確立された代行業者を選ぶことが、通販物流を成功させる鍵といえます。

 

<関連記事>「EC物流の比較ポイントとおすすめ発送代行会社7選、その特徴

<関連記事>BtoC物流の今後の行方とEC物流の本質(ハコブログ | 株式会社Hacobu

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

オガミキヨ

ライター

オガミキヨ

国内外のECをはじめ、リユース、美容・健康、音楽などあらゆるジャンルで執筆中のフリーランスライター。中国への留学経験を生かし、13年間、繊維製品や楽器、雑貨の輸入業務に携わる。現在はライター業のかたわら、個人で越境ECのセラーとしても活動中。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは、保管や輸配送において温度を区分けして指定することを意味します。温度区分は商品の特性によって分けられており、品質を守るために重要なシステムです。 3温度帯がなければ、生鮮食品や冷凍食品などの温度管理を必要とする商品を遠方に...
続きを読んでみる
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
Amazonで出品するなら、プライム会員限定の無料配送や翌日配送にも対応できるFBA(Fulfillment by Amazon)の利用で、ビジネスチャンスが広がります。 一方、納品にはAmazonの細かい規定に慣れる必要があり手間が...
続きを読んでみる
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流を成功させるためには、信頼できる物流パートナーを見つけることが不可欠です。では、どんな基準で委託先を選べばよいのでしょうか。本記事では、冷凍品ECビジネスに適した物流パートナーの選び方から、重要な在庫管理のポイント、効率...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー