富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

リアル店舗の顧客データを活用して再成長:地域の製造小売業が成長するには?【第1回】 コマースピック掲載記事

Amazon マーケットプレイス 楽天 通信販売・通販 通販 通販基幹システム

リアル店舗の顧客データを活用して再成長:地域の製造小売業が成長するには?【第1回】 コマースピック掲載記事

日本の地域の製造小売ビジネスの特徴と課題が述べられています。地域に愛され、知名度を活かして観光客にも支持される一方で、顧客の変化に対応できない課題もあります。成長のためには通信販売やデジタルマーケティングの仕組みを導入し、リアル店舗の顧客データを活用して再成長するステップが必要とされています。これにより、製造小売ビジネスが時代と顧客とともに変化し、持続的な成功を収めることができます。

富士ロジテックでは、地域の製造・小売の事業者のみなさんへのサポートをパートナー企業とご一緒に実施していきます。

・リアル店舗での活性化
・商品開発
・通販システムの導入・リプレース

お気軽にご相談ください。

コマースピック記事はこちら

https://www.commercepick.com/archives/43885

地域の製造小売ビジネスが成長するために必要な3つのステップ

そんな、地域の企業からのコマースビジネスのご相談を受けている中で、一番強く感じていて、アドバイスとして強調していることとしては、

商売の仕組みは、通信販売(ダイレクトマーケティング)の仕組みを店舗に応用できることに気づく
通信販売(ダイレクトマーケティング)、デジタルマーケティングで使われているビジネスの仕組みを導入するだけで、会社全体を良くしていくことができる
ということです。

これらができるようになるために、次の3つのステップに分けて取り組むといいでしょう。

ステップ1:リアル店舗の顧客データを活用して再成長
ステップ2:通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張
ステップ3:デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大

次回のコラムについて

「ステップ1:リアル店舗の顧客データを活用して再成長」について、説明させていただきました。

次回は

ステップ2:通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張

について解説します。

※本記事は執筆にあたって株式会社東計電算にご協力いただいています。

「商い」の時代を振り返る その1

プロダクションコンセプトの時代

アメリカ資本主義の始まりから 20 世紀初頭まで、生産概念の時代が最高位に君臨していました。
この時代の特徴は、高品質の製品は自然に購入者を惹きつけると信じられていた時代です。入念なマーケティング戦略の必要性を否定していました。
ヘンリー フォードのモデル T は、製品の入手可能性と機能性が最優先されていて、消費者の選択肢は最小限に抑えられたこの考え方の典型的な事例だと言われています。
この時代は、商品の需要が高く供給が限られていたため、市場の力学は売り手に偏いました。単純かつ堅調な小売環境が形成されていました。

ブランドの好例は、石鹸業界です。継続的に運営されている市場カテゴリー 1 つです。

セールスコンセプトの時代

1920 年代に入ると、技術の進歩により、特に大恐慌下では生産能力が消費者の需要を上回る時代が到来しました。
この不均衡への対応として登場したのが販売コンセプトの時代と言われています。
企業は2023年においてはも、顧客にあふれかえる余剰商品を購入するよう説得するという課題に直面しています。
この時代は、積極的な販売戦略と広告の重視が特徴でした。
小売業者とメーカーは、自社の製品を消費者に宣伝するためにあらゆる形式のメディアに多額の投資を開始し、小売の性質を製品中心から販売中心に根本的に変えていきました。

この時代に築かれたブランドの好例は、プロクター&ギャンブルです。
1933 年、プロクター・アンド・ギャンブル (P&G) は最初のラジオ連載オキシドールのオウン・マ・パーキンス」を開始したことで知られています。
このラジオ番組はすぐに全米の女性の間で人気を博しました。その成功を受けて、P&G はさまざまなブランドを宣伝するために追加のラジオ番組を制作するようになりました。1939 年までに、同社はそのポートフォリオを 21 のラジオ番組に拡大し、事実上「メロドラマ」として知られるジャンルを開拓しました。このコンセプトを推進し、P&G は 1950 年に「The First Hundred Years」を導入し、これをテレビで現在進行中の初のメロドラマとしてローンチしたことで有名です。

通信販売と通販システムに関するコラム

Eコマースにおける ERP の活用方法トップ 8

Eコマースにおける ERP の活用方法トップ 8

通販基幹システムの重要性とEコマースシステムの活用法

通販基幹システムの重要性とEコマースシステムの活用法

通販基幹システム オフラインからオムニチャネルへの転換

通販基幹システム オフラインからオムニチャネルへの転換

CRMシステムと通販基幹システムの統合

CRMシステムと通販基幹システムの統合

  • CRMシステムと通販基幹システムと連携
  • CRMシステムの運用ポイント
  • カスタマーサービス視点
  •  

    殿堂入り記事
    発送代行完全ガイド

    発送代行完全ガイド

    発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    物流企業

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
    全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

    あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

    【開催告知】EC・D2C ぶっちゃけトークも!? シン河野さんを祝う会 AIでD2C・オムニチャネルビジネスをグロースする。
    【開催告知】EC・D2C ぶっちゃけトークも!? シン河野さんを祝う会 AIでD2C・オムニチャネルビジネスをグロースする。
      AI の重要なポイントは次のとおりです。AI はスマートで効率的で、何時間もの肉体労働を軽減し、D2C・e コマース ブランドの運営方法を変革しています。Eコマースビジネスにおける AI は、顧客の好みに関するリアルタイムの洞察と...
    続きを読んでみる
    製造小売企業が、リアル店舗、通販、デジタルコマースを活用して成長するポイント 日本ネット経済新聞記事
    製造小売企業が、リアル店舗、通販、デジタルコマースを活用して成長するポイント 日本ネット経済新聞記事
      DTC のみの戦略は、大多数のブランドにとってもはや実行可能な道ではない D2C(DTC)の死で強調したように、DTC のみの戦略は、大多数のブランドにとってもはや実行可能な道ではありません。2016 年、Bonobos の CE...
    続きを読んでみる
    連載のまとめ:地域の製造小売業が成長するには?【第4回】 コマースピック寄稿記事
    連載のまとめ:地域の製造小売業が成長するには?【第4回】 コマースピック寄稿記事
    これまでのコラムで、地域の製造小売ビジネスが成長するために必要なステップとして、次の3つを解説してきました。 ステップ1:リアル店舗の顧客データを活用して再成長 ステップ2:通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張 ステップ...
    続きを読んでみる
    デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大:地域の製造小売業が成長するには?【第3回】 コマースピック寄稿記事
    デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大:地域の製造小売業が成長するには?【第3回】 コマースピック寄稿記事
    この記事は、デジタルコマース・マーケットプレイスへの拡大について説明しています。デジタルコマースで顧客と繋がるためには、マーケットプレイスと自社コマースサイトの2つのチャネルを展開することが重要です。マーケットプレイスで実施するべきポ...
    続きを読んでみる
    通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張:地域の製造小売業が成長するには?【第2回】 コマースピック掲載記事
    通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張:地域の製造小売業が成長するには?【第2回】 コマースピック掲載記事
    この記事では、地域の製造小売ビジネスが成長するためのステップ2に焦点を当てています。ステップ1ではリアル店舗の顧客データを活用しましたが、ステップ2では通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張を提案しています。具体的には、リアル店...
    続きを読んでみる
    OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム コンテンツリスト
    OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム コンテンツリスト
    イントロダクション オムニチャネルコマースに関するポイントを解説しています。オムニチャネルコマースは、小売業界で成長と成功を達成するために、すべての販売チャネルで一貫したショッピング体験を提供することが重要なポイントです。 このアプ...
    続きを読んでみる
    オムニチャネルフルフィルメント OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part10
    オムニチャネルフルフィルメント OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part10
    オムニチャネルフルフィルメント  一言で言えば、商品は顧客に届かなければならないので、出荷はeコマースの不可欠な部分です。もちろん、船積みなどの物流全体ははるかに複雑で、多くのステップが必要ですが、この単純な声明には根本的な知恵がまだ...
    続きを読んでみる
    POSとデジタルID OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part09
    POSとデジタルID OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part09
    POSビジネス オンラインの舞台裏では、感情的な購入体験は単に「購入ボタン」を押すよりもはるかに多くことで構成されていることを忘れがちです。 ブラウジングや「ただ探している」 試してみる 比較する または単に誰かと新しいオファーを議...
    続きを読んでみる

    カテゴリー