カスタムパッケージインサートを使用してEコマースブランドを成長させる方法

シンデレラ

Cinderella/Disney via Giphy

Written by 西間木 智

D2C/E-コマースの顧客は、カラフルなパッケージインサート、パーソナライズされた要素、そしてブランドの個性が輝いているのを見ることを期待しています。

みなさんは、無地の茶色の箱を見下ろすと眉をひそめませんか。
しかし、代わりに、みなさんは退屈な領収書に出くわし、顧客への新しい「投げこまれ、挿入された商品」が箱に押し込まれていました。

偶然の第一印象は、ブランドは気にしないでしょうが、彼女(顧客)の気持ちには何かを残します。(→イタイ(>_<)かも)これは購買後体験です。

フィービービューティーアップ/PHOEBE BEAUTY UP

インフルエンサー
アイム

パッケージデザインを活用して付加価値を付け、メッセージを広めることは、大切です。

  1. 少しの作業と適切なプレゼンテーション
  2. 楽しくて面白い顧客体験を提供する
  3. 開封(開梱:Unboxing)動画をオンラインで共有している顧客
  4. ブランドで何度も何度も買い物をする忠実な顧客
  5. ブランドのメッセージの背後に立つブランドアンバサダーのコミュニティ
  • 高品質の商品(これは当然)
  • 適切なメッセージ
  • 慎重に選択されたパッケージインサート

は、顧客の夢を膨らませて、それを使って何かを実現するのに役立ちます。顧客の経験のために微笑んでくれます(そしてブランドを覚えているという現実があります)
一緒に、購買体験を学ぶために読み続けてください。

カスタムインサートに投資する価値がある理由

顧客のブランドの知覚価値を高めるのにどのように役立つか
そして、それらを使用してブランド愛好家の強力なコミュニティを構築する方法についてご案内します。

パッケージインサートは、マーケティングメッセージと連携して機能して、ブランドロイヤルティを高めます。
*インサート:Custom Packaging Inserts for Boxes
https://pakfactory.com/custom-packaging-inserts.html

pinterest.jp/

https://www.pinterest.jp/pin/654359020874286301/

インサートは、ブランドストーリーに深みを与え、商品が手から顧客に移動するときに商品を保護するのに役立ちます。
ブランドについて話すのをやめられない熱狂的なファンのコミュニティを作ることと何の関係があるのでしょうか。確認してみましょう。

  1. 明確なメッセージは、人々がブランドを信頼したくなります。
  2. オーディエンス:視聴者との信頼関係を築くには、次のことを行う必要があります。
    ・オーディエンスが誰であり
    ・何を気にかけているのかを知る
    ・オーディエンスと共鳴する簡潔なマーケティングメッセージを持っている
    ・メッセージをブランドが提供しているすべての活動や商品にフォーカスしていることを理解する

カスタムパッケージインサートは、ブランドから顧客へのメッセージと商品を、ボックスの前面と中央に配置するための方法の1つです。
この方法は、低コストで効果的であり、UX:ユーザーエクスペリエンスを気にかけていることを示すとてもシンプルな簡単な方法です。

実際、既存の顧客を育成するためのコストは低くなります

顧客はすでに何かをブランドから購入しています。購入ボタン(CTA)に到達させるには、多くの作業が必要でしたね。
購買体験後は、顧客にとっての例外的な経験を与えることは顧客をブランドに固執してくれるようにするためにはとても重要なことです。

ブランドが自分たちに無関心であると感じたら、他の場所で購入をするだろうと顧客は言っていませんか。また、既存の顧客からの再購入コンバージョンするよりも、新しい顧客を獲得する方が、費用は多くかかると言われていますが、あなたのブランドのKPIの比率はどれくらいですか。

どのようにブランドとしての気遣いを顧客に伝えますか

どうやって顧客を自宅に帰ってもらいましょうか。
小さくてパーソナライズされたディテールとエクストラが商品を際立たせくれてます。
ブランドメッセージと価値を増幅するために、これらを使用する場合のボーナスポイント。

  • 価値
  • 驚き
  • ブランドの人間的な側面を示すパーソナライズされたタッチ

でパッケージをパックします。

ハイエンドのパッケージングは​​、ソーシャルメディアの共有とWOMマーケティングを促進します。
開封(開梱:Unboxing)動画や、Instagram投稿などをオンラインで探してみてください。パーソナライズされブランド化されたエクストラ(パッケージインサートまなど)が確認できると思います。
*プチプチとエアクッションで詰め込まれた配送形態は投稿されていないはずです。

SNSソーシャルメディアでの効果

新しい顧客は、類似オーディエンスや、フォロワーの顧客が見たことによって商品を購入することになります。
ソーシャルメディアで共有されて作られた「期待」を超える購買体験は、ブランドのビジネスに光を当ててくれます。
ブランドについて顧客がもう一度見てみたい・購入してみたいという価値があることを、社会的に証明する「熱い顧客」からの証言と応援でもあります。
顧客がソーシャルメディアでブランドと相互コミュニケーション作用して、自分の写真やビデオを投稿すると、それらはブランドのストーリーの一部になっていくことのが今のマーケットの特徴であることはよくご存知かと思います。顧客はもはや傍観者ではなく、ブランドのインフルエンサーでもあり、アンバサダーでもあります。

ブランドが顧客をどのように感じさせるかを覚えています

うまく顧客とのコミュニケーションができている成功事例には、必ず、顧客の興味をそそるインサート(同梱物)があります。その、わずかな瞬間が、ブランドについて顧客がデジタルではなく、リアルでどのように感じるかを形作ります。

顧客は、感じた感情を思い出すでしょう。このスペースとタッチポイントを使用して、

  • 感謝をしたり
  • コミュニケーションをしたり
  • ソーシャルシェアを求めたり
  • オファー割引を提供したり

します。

ブランドのビジネスにとってこのタッチポイントとコミュニケーションが重要な部分であるように顧客に感じさせてください。人々(顧客)はこの気持ちを切望しているはずです。
そして、ブランドコミュニティを構築しているときにそれを提供すれば、決して忘れることはありません。

カスタムおよび保護パッケージインサート

保護と包装のためのインサートは、ブランドの忠誠心を構築するために大切な役割を提供してくれます。しかし、それらのメリットは、マーケティングメッセージを拡大するだけではありません。
次の理由から、大小のeコマースブランドにとってシンプルなことでもあります。

  1. 軽量:
    通常、これによっての重量のために追加の送料はかかりません。
  2. 機能的:
    出荷している箱の中の未使用のスペースを最大限に活用します。
  3. 費用対効果:
    印刷メディアのパッケージインサートは、安価です。また、保護インサートは、商品を無料で再発送(破損などの理由で)するリスクを軽減します。
  4. マーケティング資料:
    1つの同梱物は、ソーシャルメディアで経験を共有してくれる可能性があります。または、再度コマースサイトに戻ってきて、もう一度ブランドから購入してくれるかもです。
  5. ハイパーターゲット:
    クロスセルまたはアップセルを実施してくれるために購入した商品からリコメンドできます。または、顧客がデジタルコマースサイトで立ち寄った他の購入をリコメンド確認して、パーソナライズされた開封体験を作成します。
  6. シンプル(簡単):
    効果を上げるために、パッケージングインサートを複雑にする必要はありません。
    注文ごとに送信する簡単な(手書きの)メモまたは、思いやりのあるメッセージは、ブランドが気にかけていることを示しています。
    さらに、カスタム保護インサートは、みなさんが思っているよりも設計が簡単です!
  7. Beautiful:
    受け取ったパッケージを美しい方法でブランド価値を紹介する機会です。
  8. 商品を保護する:
    さまざまな種類の包装用インサートがあります。

配送用の梱包ボックスは、eコマースブランドにとっては、最初の選択肢すべき項目です。しかし、箱に保護包装インサートを使用する必要性をだけを見ています。カスタムパッケージインサートは、ブランド価値を際立たせます。さらに、AからBへの移動中に商品を保護するのにも役立ちます。

最も一般的な4つのインサート材料について

板紙包装インサート

同じ箱で複数の商品を発送する場合は、板紙の梱包用インサートが便利です。または、ボックスの側面と商品の間に空きスペースがある場合。内容物が互いに接触したり、輸送中に動き回ったりするのを防ぎます。

Paperboard Packaging Inserts - Google 検索

Paperboard Packaging Inserts - Google 検索

パルプ包装インサート

成形パルプ包装インサートは、事実上あらゆる形状とサイズに成形できます。また、密度も異なり、保護の程度も異なります。カスタム保護が必要な奇妙な形や壊れやすいアイテムに適しています。

Pulp Packaging Inserts - Google 検索

Pulp Packaging Inserts - Google 検索

プラスチック包装インサート

パルプインサートと同様に、プラスチック包装インサートはニーズに合わせて高度にカスタマイズできます。しかし、彼らは彼らのパルプ代替品と同じ保護ケースを提供していません。それらは物事を所定の位置に保つのに優れていますが、損傷からそれらを保護するのは得意ではありません。

Plastic Packaging Inserts - Google 検索

Plastic Packaging Inserts - Google 検索

フォーム包装インサート

フォーム包装インサートは非常に軽量です。また、引っかき傷や表面の摩耗に敏感なアイテムにも最適です。Foamの独自の特性により、商品の保護とカスタマイズが強化されます。そしてそれは素晴らしく見えます。

Foam Packaging Inserts - Google 検索

Foam Packaging Inserts - Google 検索

*熱可塑性ポリウレタンフィルムを使った、ワンタッチの段ボール支持材もあります。

こちらは、お問い合わせください。

安全な配送を実践するためにカスタム包装インサートを使用するためのヒント

最も一般的な材料について話しましたが、保護包装インサートの設計を開始するために何を知っておく必要があるのか​​について疑問に思っていると思います。

ほとんどの商品は立方体ではなく、カスタムデザインのボックスにうまく収まりません。保護インサートがボックス内の余分なスペースを埋めるので、商品は安全に保護されたままになります。

カスタム保護包装インサートを検討する際の考慮事項

  • 各ボックスで発送する商品の数
  • それらの各アイテムの寸法
  • 商品がカスタムインサートにどのようにフィット・適合するか
  • ブランドの商品はどのような素材から作られていますか
  • 各アイテムが必要とする保護の範囲:ドロップ、スロー、スタックされるために
  • 要素
  • インサートの廃棄方法(またはお客様による再利用方法)
  • インサートをどのように見せたいか

ブランド価値とメッセージを組み込む方法

ケーススタディ:
全国に職人のパンを出荷するのはおかしいと思いますか?です!
しかし、それは不可能ではありません(カスタムパッケージインサートのおかげで)

プリントメディアのパッケージ挿入のアイデア

プリントメディアのパッケージ挿入のアイデアは、商品を保護するために働くためではありません。商品に「知覚される価値(商品の付加価値情報)」を追加するために実施します。

プリントメディアインサートは、手作りまたは専門的に設計してまとめて印刷することができます。これには、

などが含まれます。(オファーのリーフレットではないですよ)

それらを、開梱(Unboxing)体験にさらにブランドの個性と顧客への理解を促進する追加のマーケティング資料と考えてください。

オンラインで最後に注文したものについて思い出して、考えてみてください。
それは顧客を興奮させたクールな商品と印刷媒体(オフラインメディア)が付属していましたか。
それとも、退屈なレシートと、ビニール袋に入った商品だけでしたか。
デジタルコマースビジネスは、記憶に残る(そして話題になる)ブランドであるべきす。

インサートを使用して、次のことができます。

  • よろしくお願いします
  • 贈り物(無料のプレゼント)をする
  • 愛を送る
  • 最近の顧客を紹介する
  • 割引コードを提供する
  • 手書きのメモを書く
  • 無料サンプルを配る
  • ブランドの商品の使い方を顧客に教える
  • 写真を共有し、ソーシャルメディアでブランドとそのメンバーと交流するように勧める
  • 自己紹介をする

思いやりのあるメッセージ、無料の贈り物、または友好的なリマインダーは、求められている顧客/ブランドの関係を構築するのに大いに役立ちます。

カスタムパッケージインサート:よくある質問への回答

包装用インサートの種類は

保護包装インサートは、板紙、パルプ、プラスチック、およびフォームで作られています。印刷メディアのパッケージインサートは、紙、板紙、カードストック、または文房具なから作成できます。

カスタムボックスインサートと一緒にパッケージに何を含める必要がありますか

発送するすべてのパッケージには、次のものが含まれている必要があります。

  • 商品自体
  • 保護外層(カスタムボックスまたはバブルメーラー)
  • 保護内層(構造インサート、プチプチ、ティッシュペーパー、またはビニール袋)
  • ブランドとそのメンバーのボイス(声)とマーケティングメッセージ
  • 領収書または請求書は、不要にしましょう。

商品のパッケージを改善するにはどうすればよいですか

商品のパッケージは、最終ユーザーを念頭に置いて改善をします。
考えるポイント:

  • あなたの顧客があなたのパッケージの中を見るのを楽しむもの
  • 開封と廃棄が簡単になります(リサイクル可能なもののボーナスポイント!)
  • 目的地に到着するまで商品を保護する
  • パッケージを目立たせて、段ボール箱が氾濫していてもすぐに認識できるようにする方法
  • マーケティングメッセージを伝えるためのパッケージインサート
  • 無料のサンプル、ギフトをプレゼント
  • ブランドとして認識された価値とその価値を高めるための費用効果の高い方法

ブランドの(そしてブランドの顧客の)夢のカスタムパッケージのデザインを始めてください。

プロセスは簡単で、カスタムパッケージのビジョンを実現することに関しては、富士ロジテックホールディングスのCX:パートナーは最高のものであると考えています。ここをクリックして、今日からより多くのメッセージをパッケージに入れ始めてください。

パッケージシリーズコラム

  1. D2C/P2C ブランドにとってパッケージングが非常に重要である理由
  2. サブスクリプションコマースのパッケージデザインの完全ガイド
  3. UGC/SNSでカスタムパッケージを目立たせる方法
  4. 広告にパッケージを表示して直接ROIを得る方法
  5. eコマースのパッケージと配送に関する初心者向けハウツーガイド
  6. シームレスなブランディングとパッケージングのカスタマーエクスペリエンスのための9つのヒント
  7. カスタムボックスのメリット完全ガイド
  8. カスタムパッケージ101:開封体験:Unboxingを顧客に提供する
  9. カスタムパッケージインサートを使用してEコマースブランドを成長させる方法

執筆者

株式会社富士ロジテックホールディングス 通販営業部 部長 西間木 智

富士ロジテックホールディングス 西間木智

<プロフィール>
物流会社で20年経験しD2C_ecスタートアップから中規模、大規模のec事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。
事業者様の売上貢献するために「購入体験」「リピート施策」「unboxing」やOMO対応での「オムニチャネル」「返品交換物流」を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。