富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

【ささげ業務】撮影から採寸、原稿まで: ECサイト制作のための実践ステップ

ささげ業務

【ささげ業務】撮影から採寸、原稿まで: ECサイト制作のための実践ステップ

ささげ業務とは、撮影(さつえい)、採寸(さいすん)、原稿(げんこう)の頭文字を取った略称です。
ECサイトは商品を試用できる実店舗とは異なり「写真」と「テキスト」のみで表現し、購入してもらわなければなりません。「ささげ業務」は、お客様がECサイトで購入してもらうための「売り込み」を行う重要なポジションになります。ささげ業務の内容や品質次第で売上アップが期待できます。

商品撮影の基本とそのコツ

商品撮影はその商品の魅力を最大限に引き立てるための重要なプロセスです。微妙な光の加減や位置、角度によって商品の印象は大きく塗り替えられます。適切な撮影によって、商品の価値は十二分に伝えられるでしょう。そのため、以下では商品撮影の基本的な知識と、リーズナブルなコストで良質な商品写真を撮影するためのコツをお伝えしていきます。

プロダクト撮影の基本知識

商品撮影の基本的なプロセスは、撮影の目的を明確にし、その目的に合致した設定で写真を撮ることです。商品の特徴や魅力を明確に伝えるためには、商品の配置や照明、カメラの設定など細部に至るまで調整することが必要となります。

特に大切なのは、商品の特性に合わせた撮影方法を選ぶことです。例えば、食品の場合は新鮮さや美味しさを伝えるため、生産地や風味を強調する演出を取り入れることが求められます。ジュエリーなど高級品の場合は、光の反射や輝き、細部までクリアに見えるよう心掛けることが大切です。

また、背景や小道具の選定も重要です。商品のイメージを強調するようなアイテムをピックアップし、背景色や形状にも気を付けましょう。その他にも、カメラのアングルや露出設定なども商品撮影の基本中の基本となります。

コストパフォーマンスを考えた撮影手法

限られた予算の中で品質の良い商品写真を撮影するためのコツは、効率的な機材選びと工夫です。まずは、高価なプロ用機材を全て揃える必要はありません。例えばスマートフォンのカメラでも、適切な照明やアングルを工夫すれば良い写真が撮れます。そして光源としては自然光を活用するのが最も手軽でコストパフォーマンスが良いです。

次に、背景や小道具ですが、自然や手作りのものを利用すると、予算を抑えつつ味のある写真を作ることができます。ただし、小道具や背景に使用する物品は、商品のイメージを邪魔しないように選びましょう。

また、写真の加工や編集には無料の写真編集アプリを利用することができます。これらのソフトウェアは基本的な機能が充実しており、プロ顔負けのクオリティを手に入れることができます。これらの工夫により、限られた予算内で高品質な商品撮影を行うことが可能となります。

採寸の重要性と実践方法

採寸の重要性と実践方法

近年、オンラインショッピングの普及に伴い、自宅で自分自身のサイズを採寸することが増えてきました。採寸の正確さが求められる商品としては服飾品や家具、家電などがあります。誤った採寸による文句や返品が多くなると、商品価値の低下や店舗の信認性へとつながります。このため、採寸の重要性とその正確な方法を理解し、自身で的確な採寸を行えるようになることが求められます。

商品の採寸とは

商品の採寸とは、商品のサイズを正確に測ることで、これには長さ、幅、高さなど多様な次元が含まれます。採寸は、使用者が商品を正しい置き場所に収める際に必要な情報を確認し、また、商品自体が要求される機能を果たすことができるかどうかのことも確認します。だからこそ、正確な採寸はとても重要となります。また、オンラインショッピングでは、商品写真だけでは購入者に十分な情報を提供できません。実際のサイズ感を伝えるためには、正確な採寸情報が欠かせません。

正確な採寸の方法とは

正確な採寸を行うためには、まずは適切な採寸ツールが必要となります。例えば、フレキシブルなメジャーやメータースティックなどです。その後、採寸する商品の全ての面を測定し、可能な限り正確な数字を得るためには、ツールをきちんと持ち、正しい角度と位置で測定することが重要です。たとえば、縦、横、高さを一貫して同じ位置、同じ方向から測定します。その結果を正確に記録し、それを適切に伝達することもまた重要となります。

採寸のミスを防ぐコツ

採寸のミスは誰にでも起こり得るものですが、いくつかのコツを抑えると、ミスを最小限に抑えることが可能です。まず、メジャーの始点から測定を始め、メジャーはピタッと商品に密着させて測定します。また、一度だけではなく、精度を確認するために2~3度測定を行いましょう。ヒューマンエラーを減らすためにも、一貫した方法で測定を行う事を心がけると良いでしょう。また、メジャー自体の精度が保たれていることも重要で、定期的に新しいものに交換することを推奨します。ただし、最終的には正確な採寸は繰り返しの練習と経験により向上していきます。

原稿作成の技術とその必要性

今日のビジネスシーンにおいて、何かを伝えるためには、説得力のある原稿が絶対的に求められます。それは文章を通して、人々の理解を深め、行動を促すための必要性であり、商品の魅力を明確に伝えたり、サービスの価値を引き立てたりすることにも繋がるからです。原稿作成の技術は、それを具現化するための不可欠な武器とも言えます。

商品説明原稿の作成方法

商品説明原稿の作成に際しては、その商品がどのような特性を持ち、どのような価値を提供するのかを明確に示すことが必要です。まずは商品の特性を洗い出し、それを顧客が理解しやすい形で表現しましょう。それだけではなく、その商品が消費者の何を満たすのか、どのような欠けていた部分を補うものなのかを具体的に描くことも大切です。また、商品の利用シーンをイメージさせるような描写も効果的です。これによって消費者はその商品を自分の生活にどう組み込むか考えて、それが求めていたものであると認識する可能性が高まります。

魅力的な原稿を作る秘訣

魅力的な原稿を作るためには、想像力と視点の変更が重要です。まずは他人が見たときに何を感じるのか、どのように感じるのかを考えてあげることが大切でしょう。それはその商品や事象の本質を見極め、それを適切に伝えることから始まります。そして、伝える情報を選ぶ際には、購入者が興味を持つトピックを重視し、それを効果的に配置することが求められます。必ずしも一方的に伝えるだけではなく、購入者との対話を意識することも重要な秘訣と言えるでしょう。

原稿作成における注意点

原稿を作成する際の注意点としては、明確な目的を持つことが大切です。何を何のために伝えるのか、どのような反応を求めるのかを明確に把握しておくことで、その方向に向かって効果的に伝えることが可能となります。その上で、正確な事実と誤解を招かない表現の重要性を認識することも欠かせません。また、長すぎず、短すぎず適切な長さに調整することで、読む人の負担を最小限に抑えることも重要な注意点となります。

ECサイトのデザインに影響する要素

ECサイトのデザインに影響する要素

電子商取引(EC)サイトの成功は、単に商品の質だけではなく、デザイン、ビジュアル、ユーザー体験などの要素も大きく寄与します。ECサイトのデザインは、ユーザーにとってサイトの使いやすさや見た目の魅力を左右し、結果的に購買意欲にも影響を及ぼす要素となります。それでは、具体的にどのような要素がECサイトのデザインに影響を与えるのでしょうか。

デザインと商品撮影の関係性

ECサイトにおけるデザインは、商品撮影と密接な繋がりがあります。商品の見た目は、購買意欲を直接触発する要素であり、本質的に視覚的な情報を依存して商品を理解・判断します。高品質な商品画像を提供することで、製品の信頼性や魅力を伝えることが出来ます。製品の色、形、質感などを正確に伝えるためには、専門的な照明設備や撮影スキルが必要だったりします。そのため、商品撮影は適切に実施するべきであり、それがデザインに直接影響を与えるのです。

採寸情報が与えるデザインへの影響

採寸情報もまた、ECサイトのデザインに大きな役割を果たします。例えば、ファッションアイテムを販売するサイトでは、採寸情報が商品のサイズ感をユーザーに伝える重要な手段となります。正確なサイズ情報を提供することで、ユーザーに対して商品がどのくらいの大きさなのか、どういう形状なのかをリアルにイメージできるようにします。また、採寸情報の表記方法や、そのレイアウトもデザインに影響を及ぼします。ユーザーにとって理解しやすい、見やすい表記方法やレイアウトを考えることで、良好なユーザ体験を生み出すことができます。

原稿作成とデザインの連携

ECサイトのデザインにおいても、原稿作成は大切な要素となります。商品説明文やキャッチコピーは、商品の魅力を伝え、ユーザーの購買行動を促す役割を果たします。しかし、説明文やキャッチコピーが長過ぎると、かえってユーザーの理解を妨げる可能性もあります。したがって、必要な情報を簡潔に伝えるため、原稿作成とデザインは密接に連携する必要があります。画像やレイアウトとともに、テキストもユーザー体験を左右する重要な要素なのです。

実践的なECサイト制作の手順

実践的なECサイト制作の手順

実践的なECサイト制作の手順は、企業の経済アクティビティの重要な一部であります。インターネットが普及した現代社会において、顧客との接点をネット上に持つことはビジネスチャンスを大きく広げるのです。そのためには、いかに自社の商品を魅力的に見せるECサイトを制作するかが重要なのです。本稿では、その具体的な制作手順を考察していきます。

制作前の準備

制作前の準備とは何をすべきか?というと、まずは目的を明確にすることが最も重要です。目的が明確でないと、ただ形だけのサイトになり、成果を上げることが出来ません。商材やターゲットを設定し、それに基づいた訴求ポイントを洗い出すことが求められます。商材に応じたサイトデザインや必要な機能をリストアップしておくのも大切です。さらには、売上アップを目指すなら、集客方法やセールス戦略も事前に検討しておくべきでしょう。これらの準備作業によって、制作の方向性が定まり、スムーズな開発が進行します。

ECサイト制作の流れ

ECサイト制作の流れは、基本的にはウェブサイト制作と同じですが、ECサイトならではの要点があります。まずは情報設計から始まります。ここでは商品のカテゴライズ、サイトマップ作成、ナビゲーション設計などが行われます。その後、デザイン・コーディングと言った制作作業に入っていきますが、ECサイトではカートシステムの導入や決済方法の設定など、サイト内のシステム設計が重要被るのです。しっかりと作業を進めることで、ユーザーにストレスなく購入を行ってもらえるサイトが完成します。

作成後のフィードバック収集

サイトが完成したら、作成後のフィードバック収集が重要です。実際にユーザーが使ってみて、サイトに不備がないか、もしくは改善点はないかをチェックしていくことが必要です。Google Analyticsなどを用いてアクセス解析を行い、どのページがよく見られているか、どこで離脱しているかを把握することも重要です。また、SNSやメールフォームを通じて、ユーザーからの直接的な意見・感想も受け取ることがあります。これらのフィードバックをもとに改善していくことで、より良いECサイトになります。

まとめ:撮影から採寸、原稿までをマスターしたECサイト運営

まとめ:撮影から採寸、原稿までをマスターしたECサイト運営

成功するECサイト運営には、商品の魅力を如実に伝えるための撮影技術、商品の特徴や仕様を正確に把握し、ユーザーにわかりやすく伝えるための採寸技術、そして印象的な商品説明文を作り上げる原稿作成力が必要です。これらすべてを一通りマスターすることが、ECサイト運営の成功をもたらす鍵となるでしょう。

振り返り:撮影から採寸、原稿までの重要ポイント

撮影を行う際、商品の特徴を最大限に引き立てる構図や照明の使い方が重要です。また、商品の細部まで忠実に再現することで、ユーザーに商品の魅力を具体的に伝えることが可能となります。一方、採寸は正確性が求められます。間違った情報が掲載されるとユーザーの信頼を失いかねません。加えて、原稿作成にあたっては、商品の特徴を生かした説明文の作成が必要です。特に、他店と差別化するためのオリジナル性や、購買意欲をそそる印象的な表現に気を付けるべきです。

未来のECサイトデザインの展望

未来のECサイトデザインのトレンドは、ユーザーとのインタラクティブ性の強化や、AIによるパーソナライズが進化するでしょう。現在のように一方的に情報を提供するだけでなく、ユーザーとのコミュニケーションを通じて、一人一人のニーズに合わせた情報提供が可能となるでしょう。また、AIによる個々の購買データや閲覧履歴を基にした商品推薦が、より精度高く行われる時代が来るでしょう。

今後のECサイト運営に向けての具体的なアクションプラン

まずは、撮影・採寸・原稿作成のスキルを更に磨き上げ、質の高いコンテンツの提供に努めるべきです。並行して、新たなトレンドを掴んだ上で、次世代のECサイトデザインを考え、施策を進行することも有効です。具体的には、ユーザーとのコミュニケーションを強化するためのツール導入や、AI技術を用いたパーソナライズ機能の導入を検討し、実施に至れば更なる結果が得られるでしょう。一方で、ユーザーの信頼を失わないよう、採寸や原稿作成での誤情報が避けられるよう、スタッフ教育も重要となります。

関連コラム

ECビジネスで商品写真撮影編集サービスを使用するメリット

ECビジネスで商品写真撮影編集サービスを使用するメリットEC(eコマース)ビジネスにおいて商品写真の重要性について説明されています。
商品写真は購入者に商品の詳細を提供し、購入の決定に影響を与える重要な要素です。プロの写真撮影と編集サービスを活用することにより、以下のメリットが得られます:

1. 売上の増加:
高品質な商品写真は商品品質の証拠となり、購入者に商品を魅力的に見せ、購入を促します。
2. ブランドイメージ向上:
商品写真は商品情報・説明を的確に伝え、ブランドの信頼性を高めます。
3. 永続的な印象:
魅力的な商品写真はECビジネスの成功に寄与し、購入者の期待に応えを、カスタマー エクスペリエンス:CX育成します。
4. ストアのパフォーマンス向上:
適切に編集された商品写真は競争に勝る形で商品を提示し、購入者の信頼を得ます。
5. ソーシャルメディア活用:
高品質な商品写真はInstagramなどのソーシャルメディアで注目を集め、ウェブサイトへのトラフィック誘導に役立ちます。
6. 新規顧客の獲得:
適切に編集された写真は新規顧客の引き込みに貢献します。
7. 時間と費用の節約:
写真撮影と編集を外部にアウトソーシングすることで、時間と費用を節約できます。
8. 収益の増加:
プロの写真撮影と編集により、コンバージョンが増加し、AOV+CLVを向上させ、ECストアの成長が可能となります。
9. ユニークなものを作成:
商品写真はブランドを際立たせ、個性的な商品を紹介するのに役立ちます。
10. 新鮮なアプローチ:
アウトソーシング先の専門家は創造的な意見と経験を提供し、新しい視点をもたらします。

アウトソーシングを活用することで、品質とコスト効率を向上させ、ECビジネスの成功に貢献します。適切なパートナーを選ぶことが重要です。

EC ビジネス向けの写真編集サービス とは

EC ビジネス向けの写真編集サービス とはEC/Eコマース向け写真撮影・編集アウトソーシングサービスについての情報です。
DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のオムニチャネルも見据えたECビジネスでは、商品写真が重要であり、写真の品質は顧客の購入(購買)行動・体験に影響を与えます。
写真撮影・編集を外部にアウトソーシングするメリットは、時間の節約、コスト削減、スケーラビリティがありますが、デメリットとしてはコミュニケーションの課題や納期の遅延があることが挙げられます。
アウトソーシングする際には要件の明確化、専門性、顧客レビューの確認、価格の比較、納期とサポート、データセキュリティを考慮すべきです。
このサービスはECビジネスにおいてカスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイントとしても重要であり、適切なパートナーを選ぶことが、AOV+CLVを向上させグロースハック:成功につながります。

EC アウトソーシング サービス の特徴とメリット

EC アウトソーシング サービス の特徴とメリットeコマースビジネスに関するアウトソーシングサービスの重要性についてポイントを解説しています。
ビジネス運用の一部を外部の専門家(パートナー)に委託するメリットについて説明しています。
カスタマーサポートのアウトソーシングは、時間と費用を削減し、専門知識を提供します。デジタルマーケティングのアウトソーシングでは、パーソナライズされた戦略、最新の情報、専門家のサポートが提供されます。
 フルフィルメントと物流のアウトソーシングにより、高度なテクノロジー、効率的な倉庫ネットワーク、配送時間の短縮、コスト削減が可能になります。

コンテンツの作成のアウトソーシングでは、高品質のコンテンツ、専門家のアクセス、最新のトレンドに追従し、ゼロクリック コンテンツなどの多様化が実現できることを解説しています。
アウトソーシングを活用することで、オムニチャネルビジネスの成長に集中し、効率的に運用できると理由と活用ポイントについてて解説しています。

 

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

【2024年版】発送代行•物流代行完全ガイド
【2024年版】発送代行•物流代行完全ガイド
  EC市場の拡大により注目されている発送代行。発送代行とは、ECショップの倉庫管理から発送までをアウトソーシングできる代行サービスです。  オンラインショッピングの需要が今後も増加することが見込まれ、EC事業者が発送代行を検討する...
続きを読んでみる
マケプレプライムとは?3つの参加条件と資格停止を回避する6つの条件
マケプレプライムとは?3つの参加条件と資格停止を回避する6つの条件
マケプレプライムとは、自社配送の商品をAmazonでプライムマークをつけて出品できるプログラムです。 マケプレプライムを利用することで、日本に約1,460万人の加入者がいるといわれているAmazonプライム会員に対して、商品の訴求力ア...
続きを読んでみる
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
楽天市場の最強配送ラベルについては、仮称「配送認定ラベル」として以前から何度か規制緩和や調整が実施されてきました。 本記事では運用を3ヶ月後に控え、今いちど最新の情報を整理してお伝えします。物流整備のご参考になさってください。 最強配...
続きを読んでみる
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC物流の需要が加速し、発送代行会社も徐々に増えている傾向にあります。選択肢の幅が広がる一方、利用を検討する方にとって選ぶのが難しい現状があるでしょう。なぜなら料金体系が異なるうえに項目が細かく、さらに業者ごとに代行の対応範囲も変わっ...
続きを読んでみる
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーは3大ECモールと呼ばれ、他のモールと比較しても圧倒的な利用率を誇っています。 選択肢が多いと、出店する際に何を基準としてモールを決めたらよいか悩みますよね。 そこで本記事では、出品者と消費者の視点の両方から...
続きを読んでみる
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
Yahoo!ショッピングでは、2020年12月から配送品質の向上を目指した優良配送の取り組みが始まりました。 2022年8月には、優良配送に認定された商品を優先的に上位表示する取り組みも始まり、優良配送の重要度がますます高まっています...
続きを読んでみる
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理を成功へと導く鍵、「SKU」とは一体何でしょうか?この記事では、SKUがもたらす効率化とその具体的な管理方法について、商品識別から物流改善まで幅広くご紹介します。SKUの基本から最先端の活用法まで、明確かつ実践的な知識をお届け...
続きを読んでみる
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは、保管や輸配送において温度を区分けして指定することを意味します。温度区分は商品の特性によって分けられており、品質を守るために重要なシステムです。 3温度帯がなければ、生鮮食品や冷凍食品などの温度管理を必要とする商品を遠方に...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー