富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ECビジネスで商品写真撮影編集サービスを使用するメリット

PDP ささげ業務 写真撮影 商品画像 商品説明・商品詳細

ECビジネスで商品写真撮影編集サービスを使用するメリット

商品写真は、 EC/eコマースで商品を宣伝したりマーケティングしたりするために重要な要素です。
購入者は購入しようとしているオブジェクト・商品詳細を表示して、比較して、選択して、購入することができます。

e コマース ビジネスで写真撮影・編集サービスを活用するメリット 10

Shopify ショップのオーナーは、オンラインで商品の販売を行っています。オンラインでの注文が成長している分野だからなのか、小売業者にとって競争が激化していることは事実です。

何故、プロの写真撮影・編集サービスが必要になるのかについて顧客の購入(購買)体験のメリットからひも解いていきます。

高品質の画像がマーチャントの利益創出に貢献している理由はたくさんあります。
商品画像=写真が e コマース ビジネスに役立つ理由をいくつか確認していきます。
それは単にプロモーションのためにイメージを向上させるだけではありません。

さらなる売上の創出–

購入者は、商品品質の証拠として高品質の商品画像を見ることができます。買い物客に視覚的なメッセージを送り、商品の購入を勧めます。

売れるECサイトとは?商品ページ作成のコツや依頼する際の相場・代行会社を紹介

ブランドイメージを反映–

顧客は通常、物体をありのままに表現した画像を求めているだけではありません。多面的な情報や、立体的なイメージ、商品パッケージの裏面の成分表記など、様々な情報が理解できることが必要です。
正しい情報を顧客視点で伝えることで、商品と販売者の信頼性が反映されていきます。

EC撮影のポイントとは?プロへの依頼と自分で撮影する場合に分けて解説

永続的な印象を残す–

高品質の商品画像は、買い物客が視覚的に魅力的に見える商品を購入する EC:e コマース ビジネスにおいて独自の価値基準を設定して、訴えかけています。
画質だけで商品を判断してしまうのです。
したがって、商品詳細ページだけではなく、コマースサイト、Eメール・DM・LINEなどに活用する、商品画像を撮影・編集するにはプロの写真撮影・編集会社を選択することがベストです。
写真をより魅力的に見せ、売れやすくするだけではなく、購入後体験としてのギャップを無くすとともに、返品・交換も削減することに役立ちます。

物撮り・商品撮影のコツを詳しく解説!スマホ撮影のポイントも紹介

レタッチ・画像加工のテクニックを紹介!美しく仕上げるポイントも解説

ストアのパフォーマンスを向上–

適切に編集された商品画像は、市場の他の商品と一線を画す最良の形式で商品を提示するのに役立ちます。これにより、ユーザーが低品質の画像を使用したスト​​アではなくストアから購入する可能性が高まります。
これは、販売するマーケットプレイスによって特徴とポイントがあります。自社オリジナルサイトできることや有効なことが、Amazon、楽天、Yahooではできなかったり、有効ではないことがあることは良く知られています。

大手通販モールの特徴と最適な写真を解説!楽天・Amazon・Yahooショッピング

Amazonの商品画像ガイドライン!売れる画像に仕上げるコツも紹介

Yahoo!ショッピングの販促方法を解説。絶好の販促タイミングはいつ?

ソーシャル メディアの力を活用する– 

高品質の商品画像は、どのソーシャル メディア チャネルでも多くの「いいね」を獲得することができます。
これを利用してトラフィックを Eコマース Web サイトに誘導することができます。
商品リストと同じ商品画像や、ソーシャルコマースプラットフォームとしても重要性を増している、SNS用の商品画像を使用して、顧客がラベルを認識できるようにすることができます。
こうすることで、ほとんどの時間をインターネットに費やすミレニアル世代の間で非常に人気を得ることができます。

SNSマーケティングが必要な理由とは?メリットや注意点、手順を解説

新規顧客の獲得 –

適切に編集された写真は、商品パートにラベルを付けたり、簡単に説明して、商品の視覚的表現として機能してくれます。

時間とお金の節約 –

写真撮影・編集を社内で行う場合、トレーニングや適切な編集スキルが必要なため、多くの時間、費用、人件費がかかります。
写真撮影・編集を信頼できるサードパーティ会社にアウトソーシングするだけで、資金と時間を大幅に節約できます。こうすることで、写真家は最も得意とする写真撮影に集中できます。

料金相場や物撮り依頼の流れを解説!商品撮影代行サービス12社

収益の増加 –

商品画像をプロのパートナーに撮影・編集してもらう傾向は増加していきます。(AIが発達したとしても)
コンバージョンを増加させて、ECストアにさらなる利益がもたらされて、ストアの成長と成功が可能になるように絶えず経験値を更新していくことが重要です。

ユニークなものを作成する–

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0ブランドに限らず商品の最高の機能を引きだすことが重要です。多くの新規顧客を引き付けるため、リピート顧客にするため、パーソナライズされた、レコメンドされた、商品を表示します。素晴らしい商品写真は、買い物客の注意をD2Cブランドの Web サイトに集めていきます。それは、リアル店舗での購入にも影響を与えることができることはオムニチャネルではよく知られた顧客の購買行動です。

新鮮なアプローチ–

アウトソーシング先の専門家は、ブランドを最もよく表現する方法について独自の創造的な意見と、経験(他社の事例など)を持っています。
彼らはこの分野で長年働いてきた経験があります。彼らは、社内チームの誰も提供できない新鮮な視点を提供することができます。壁打ちもふくめてディカッションをしてインサイトと得て顧客視点のコンテンツとして創造してください。

まとめ

アウトソーシングすることで、一流のスキル、手頃な価格、短い納期が得られることになります。素晴らしい商品画像=写真を作成するために、期待や品質基準を、自社のコマース運用に追加することもできるということです。

いつもでお気軽にご相談ください。富士ロジテックホールディングスがパートナーとともにお手伝いします。

【ささげ業務】撮影から採寸、原稿まで: ECサイト制作のための実践ステップ

【ささげ業務】撮影から採寸、原稿まで: ECサイト制作のための実践ステップ「ささげ業務」についての解説コラムです。
ささげ業務は、ECサイトで商品を魅力的に紹介するための重要なプロセスで、撮影、採寸、原稿作成の要素が含まれます。
商品撮影で、光や角度に気を付け、コストを抑えながら高品質な写真を撮る方法が説明されています。
アパレル・ファッションでの採寸の正確さの理由とポイントを説明しています、商品のサイズ情報がデザインと、購入(購買)体験に与える影響についても触れられています。
DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0をはじめとして、コマースでの、商品詳細ページでの、原稿作成では、商品の特徴や価値を伝えるテクニックが説明され、魅力的な原稿を作成するポイントも紹介されています。
最終的に、ECサイトのデザインだけではなく、オムニチャネル顧客購買体験: CXにも重要な影響を与える要素として、商品撮影と採寸、商品情報についての成功のポイントを取り上げられています。

EC ビジネス向けの写真編集サービス とは

EC ビジネス向けの写真編集サービス とはEC/Eコマース向け写真撮影・編集アウトソーシングサービスについての情報です。
DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のオムニチャネルも見据えたECビジネスでは、商品写真が重要であり、写真の品質は顧客の購入(購買)行動・体験に影響を与えます。
写真撮影・編集を外部にアウトソーシングするメリットは、時間の節約、コスト削減、スケーラビリティがありますが、デメリットとしてはコミュニケーションの課題や納期の遅延があることが挙げられます。
アウトソーシングする際には要件の明確化、専門性、顧客レビューの確認、価格の比較、納期とサポート、データセキュリティを考慮すべきです。
このサービスはECビジネスにおいてカスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイントとしても重要であり、適切なパートナーを選ぶことが、AOV+CLVを向上させグロースハック:成功につながります。

EC アウトソーシング サービス の特徴とメリット

EC アウトソーシング サービス の特徴とメリットeコマースビジネスに関するアウトソーシングサービスの重要性についてポイントを解説しています。
ビジネス運用の一部を外部の専門家(パートナー)に委託するメリットについて説明しています。
カスタマーサポートのアウトソーシングは、時間と費用を削減し、専門知識を提供します。デジタルマーケティングのアウトソーシングでは、パーソナライズされた戦略、最新の情報、専門家のサポートが提供されます。
 フルフィルメントと物流のアウトソーシングにより、高度なテクノロジー、効率的な倉庫ネットワーク、配送時間の短縮、コスト削減が可能になります。

コンテンツの作成のアウトソーシングでは、高品質のコンテンツ、専門家のアクセス、最新のトレンドに追従し、ゼロクリック コンテンツなどの多様化が実現できることを解説しています。
アウトソーシングを活用することで、オムニチャネルビジネスの成長に集中し、効率的に運用できると理由と活用ポイントについてて解説しています。
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC物流の需要が加速し、発送代行会社も徐々に増えている傾向にあります。選択肢の幅が広がる一方、利用を検討する方にとって選ぶのが難しい現状があるでしょう。なぜなら料金体系が異なるうえに項目が細かく、さらに業者ごとに代行の対応範囲も変わっ...
続きを読んでみる
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーは3大ECモールと呼ばれ、他のモールと比較しても圧倒的な利用率を誇っています。 選択肢が多いと、出店する際に何を基準としてモールを決めたらよいか悩みますよね。 そこで本記事では、出品者と消費者の視点の両方から...
続きを読んでみる
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
Yahoo!ショッピングでは、2020年12月から配送品質の向上を目指した優良配送の取り組みが始まりました。 2022年8月には、優良配送に認定された商品を優先的に上位表示する取り組みも始まり、優良配送の重要度がますます高まっています...
続きを読んでみる
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理を成功へと導く鍵、「SKU」とは一体何でしょうか?この記事では、SKUがもたらす効率化とその具体的な管理方法について、商品識別から物流改善まで幅広くご紹介します。SKUの基本から最先端の活用法まで、明確かつ実践的な知識をお届け...
続きを読んでみる
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー