富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

EC アウトソーシング サービス の特徴とメリット

アウトソーシング インフルエンサーマーケティング カスタマーエクスペリエンス カスタマーサポート カスタマーサービス コンテンツマーケティング ダイレクトマーケティング フルフィルメント フルフィルメントサービス マーケティング マーケティングオートメーション 物流代行 発送代行

EC アウトソーシング サービス の特徴とメリット 

e コマース(日本的にはEC) ビジネスを経営していますが、すべてを自社で実行処理するのは難しいと感じていることはありませんか。

ビジネス運用機能の一部については、EC:Eコマースアウトソーシング サービスを活用することをも検討してみてください。

このコラムでは、e コマース アウトソーシング サービスについていくつかを紹介します。これは、顧客サービスから注文処理、Web サイト開発に至るまで、ビジネスの成長(AOV LCTVをグロース)を購入後体験CXを強化しながら、支援する幅広いソリューションを提供しています。

カスタマーサポート

カスタマーサポート:CSとは、顧客が自社の商品またはサービスを顧客が使用して、メリットを体験・体験するのを支援するために小売コマース企業が通常的に提供するサービスを指します。

オムニチャネルコミュニケーションに対応した顧客サポートシステムに投資をする必要があります。その視点からでもアウトソーシングが役に立ちます。

ここでは、自社のモデルに応じた顧客サービスのニーズに対応するサードパーティ会社とパートナー契約をすることになります。
社内チームを管理する代わりに、カスタマーサポートを専門にする会社に委託することができます。この会社は、お客様からの問い合わせ、苦情、返品・交換、修理受付などその他のサポートのニーズをお客様に代わって処理をしたり、解決をします。

カスタマーエクスペリエンスはカスタマーサポートではありません AI任せでもありません

メリット

ワークロードと諸経費の削減:

カスタマー サポートのニーズをサードパーティ プロバイダーにアウトソーシングすると、時間とリソースが解放されます。
追加のスタッフの雇用やトレーニング、高価なソフトウェアやインフラストラクチャへの投資について心配する必要はもうありません。これは、諸経費を節約しながらビジネスの成長に集中できることを意味します。

経験豊富な専門家へのアクセス:

一流の顧客サービスの提供を専門とする経験豊富な専門家の専門知識を活用できます。
これらの訓練を受けた専門家は、顧客のニーズと期待を深く理解しています。したがって、幅広い問い合わせ、苦情、問題に対応できます。

可用性の向上:

カスタマー サポートを 24 時間年中無休のサービスを提供する会社にアウトソーシングすると、顧客がいつでも必要なときに連絡(Eメール・DM・LINE・TEL・ライブチャットVoice Non-Voice、ソーシャル メディア)できるようになります。

高度なテクノロジー:

通常、アウトソーシングパートナーは、カスタマーサポート業務を合理化できる高度なテクノロジーとソフトウェアにアクセスできます。これには、AI:人工知能や自動応答システム(IVRやChatBotなど)が含まれます。

自動化と人間による対話のメリットを組み合わせて、最高の顧客サポートを提供します。さらに、カスタマー サポートとエージェントのパフォーマンスをリアルタイムで追跡し、CSAT を測定します。
これらによって、貴重なフィードバックによってサポートを改善できます。

デジタルマーケティング

デジタル マーケティングには、オンラインでビジネス、商品、サービスを宣伝・プロモーションするためのさまざまなデジタルチャネルとテクノロジーの活用が必要です。

コマースプラットフォームをMACHへの切り替えるメリット

CDPとは ライフサイクル マーケティングで活用

Eコマース マーケティングオートメーションと メリット

通販基幹システムの重要性とEコマースシステムの活用法

CRMシステムと通販基幹システムの統合

オンラインショッピングの人気が年々高まっていることは良く知られています。人気が高まっているため、競争も激しくなります。対象ユーザーにリーチして売上を伸ばすための強力なデジタル マーケティング施策とCRM施策を立てることが重要になります。これは一対です。

デジタル マーケティング手法には、検索エンジン最適化 (SEO: 究極のガイド)、コンテンツマーケティング、ソーシャル メディア マーケティング、Eメールマーケティング、クリック課金型 (PPC) 広告などが含まれます。
これらのテクニックで、オンラインでの認知度が高まり Web サイトへ訪問者を引き付け、顧客に変えることになります。

メリット

パーソナライズされたデジタル マーケティング戦略:

デジタル マーケティング アウトソーシングパートナーは、お客様のビジネスに合わせてパーソナライズされたデジタル マーケティング戦略を作成します。
戦略は、特定のビジネス目標、対象ユーザー、業界に合わせて調整されていきます。

最新の情報を入手する:

最新のトレンドやテクノロジーについていくのは難しい場合が多々あります。しかし、デジタル マーケティングパートナーは、他社の事例も踏まえて、現場での経験を活かして、こうした変化を常に把握しています。したがって、マーケティング戦略が常に最新で効果的であることを保証してくれることがポイントです。

専門家へのアクセス:

パートナーには戦略を作成して、効果的に実行する専門チームがいます。SEO スペシャリスト、ソーシャル メディアの専門家、PPC アナリストなどです。がしかし、人間的に優れている担当を選択してください。

費用対効果の高い:

基本的に、デジタル マーケティングパートナーには、最新のテクノロジーやツールに投資するためのリソースがあります。
コマース企業がこれを社内で購入して維持するには費用がかかります。アウトソーシングすることで、多額の先行投資をすることなくこれらのリソースにアクセスできます。

柔軟性:

小規模なプロジェクトからであっても、大規模なデジタル マーケティング キャンペーンであっても、パートナーはリソースを提供し、お客様の成長のニーズに合わせてサポートしてくれるところを選択します。

文化的洞察、データドリブン:データ主導型の戦略、クリエイティブなストーリーテリングなどを組み合わせて、影響力のあるキャンペーンを実現する独自のアプローチを見つけてください。ソーシャル メディア、インフルエンサーマーケティングリアル店舗の体験型イベントなど自社のアセットを活用拡大してください。

フルフィルメントと物流

注文のフルフィルメントは、注文を受け取り、処理し、顧客に届ける(物流代行・発送代行)プロセスです。これには、在庫管理注文確認、ピッキングと梱包、商品出荷・発送通知追跡情報などの一連の作業が含まれます。

メリット

高度なテクノロジー:

物流プロバイダーは、効率と精度を向上させるためにテクノロジーとインフラストラクチャ(RFID ロボットなど)に多額の投資を行っています。これには、倉庫管理システム:WMS、注文追跡ソフトウェア(Narvarなど)が含まれます。

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス

複数の倉庫:

通常、物流プロバイダーは、さまざまな地域に戦略的に配置された倉庫のネットワークを持っています。これらの倉庫を利用してサービスを向上させることができます。

配送の短縮:

物流パートナーも配送時間を短縮できます。配送業者と倉庫のネットワークを活用して、注文を確実に履行して、最適な配送予定日で、コストとのバランスをもって配達することができます。(店舗があれば尚更です。)

配送コストの削減:

複数の倉庫(分散保管・分散出荷)にアクセスできる場合は、顧客に最も近い場所から商品を発送できます。これにより配送ルートが最適化されて、配送コストが削減されます。

在庫管理の改善:

さらに、複数の場所にある倉庫を使用して在庫を戦略的に分散できます。そして、必要なときに、必要な場所でいつでも利用できるよう(天災、キャンペーンスポットピーク、繁忙期対策)になります。

世界的な展開:

ビジネスを世界的に拡大したい場合は、注文処理のアウトソーシングが役立ちます。物流プロバイダーは、国際配送規制、税関要件、その他の課題への対処をサポートします。
倉庫とは別に、世界中の運送業者やパートナーへのアクセスを提供できます。

マーケットプレイスでの商品の販売に対応しているか。返品・交換などのリバースロジに対応しているかもポイントです。

コンテンツの作成 

文書、ビジュアル、または映像動画など素材を開発するプロセスは、コンテンツ作成と呼ばれます。
一般に、素材はマーケティング、広告、カスタマー エクスペリエンス:CX、CRMなどコミュニケーション活動に使用されます。
高品質のコンテンツを作成することで、オーディエンス:視聴者と関わり、ブランドを確立し、潜在的な顧客との信頼を築くことができます。

コンテンツの作成には時間がかかり、専門知識が必要なため、コンテンツマーケティングとして作成するアウトソーシングが有益でもあります。

メリット

一貫した高品質のコンテンツ:

コンテンツ作成をパートナー委託すると、一貫した高品質のコンテンツや素材を受け取ることができます。
なぜなら、パートナーは、あなたの特定の目標や目的に沿った高品質のコンテンツを調査、執筆、作成するために必要なスキルと専門知識を持っているからです。

専門家チームへのアクセス:

検索エンジン:SEO、ソーシャル メディア プラットフォーム、Eメール(トランザクションメール)、商品詳細ページ(PDP: 商品画像・商品サイズなど)など、その他のデジタル チャネル向けに最適化されたコンテンツの作成を専門とするチームにアクセスします。
専門知識と経験とトレンドを活用して、Web サイトへのトラフィックを増やし、オンラインでのブランドの認知度を高めるコンテンツを作成します。

最新のトレンド:

最新のトレンドを常に把握して、コンテンツを新鮮で魅力的なものにする必要があります。これは、競合他社に先んじて視聴者の関心を維持することができます。

コンテンツ作成のスケールアップ:

コンテンツ制作を迅速かつ効率的にスケールします。ビジネスの変化するニーズに基づいて、作成するコンテンツの量を簡単に調整できます。追加のスタッフやリソースの管理について心配する必要はありません。

幅広いコンテンツ形式:

幅広いコンテンツ形式を作成します。ブログ投稿、記事、インフォグラフィック、ビデオ、グラフィック、イラストなどです。この多様性により、コンテンツを多様化し、より幅広い視聴者にアピールするとともに、啓蒙や教育コンテンツとしても活用することができます。

ユーザー生成コンテンツ(UGC)マーケティング、TikTok マーケティング、インフルエンサーマーケティング、有料広告など、あらゆるサービスを利用します。
クリエイター コミュニティは、ソーシャル メディアとトレンドでもあります。
ブランドの Web サイト、ソーシャル メディア、または広告に合わせて特別に調整された魅力的なコンテンツを作成する方法を知っているところをパートナーとして協業します。
エンゲージメントとリーチを最大化するためには、ソーシャル メディア プラットフォームごとにネイティブ コンテンツを作成することが大切なポイントです。

オーディエンス:視聴者のさまざまなセグメントにEメールコミュニケーションを通じて関連性のあるコンテンツを配信=コミュニケーションします。
また、コンテンツがユーザーを中心にして作成されるようにすることで、ユーザー中心のeコマース カスタマー エクスペリエンス:CXが生成されます。

コマースサイトの開発・構築・制作

Shopifyなどのコマースプラットフォームでの、コマースサイト開発・構築・制作は、オンラインでビジネスを表すサイトを作成するプロセスです。
視覚的に魅力的で機能的で、検索エンジン向けに最適化されたコマースページのデザインとコーディングが含まれます。プログラミング言語、Web デザインの原則、ユーザー エクスペリエンス (UX) デザインに関する専門知識と経験が必要です。

メリット

費用対効果が高い:

コマースサイト開発をアウトソーシングすると、フルタイムの社内チームを雇うコストが回避され、コストを節約できます。アウトソーシングを利用すると、必要なときに、必要なサービスに対してのみ料金を支払うことができます。

専門家チームへのアクセス:

さまざまな専門知識にアクセスできることが大切です。これには、Web デザイン、開発、コンテンツ作成、マーケティングが含まれます。専門家チームと提携することで、Web サイトに最新のトレンドとベスト プラクティスを確実に組み込むことができます。

時間の短縮:

チームは経験と専門知識を持っているため、迅速かつ効率的に Web サイトを作成できます。これにより、ウェブサイトを立ち上げ、より早く集客を開始することができます。

品質保証:

サイト開発会社は、厳格なテストと品質保証チェックを実行することで、Web サイトの品質を保証します。これにより、Web サイトにエラーがなく、機能的で、使いやすいものになることが保証されます。

最後に!まとめ

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代の、eコマース サービスを最高の企業にアウトソーシングすることで、その分野の専門家にアクセスでき、コストを節約し、ビジネス全体のパフォーマンスを向上させることができます。

EC:電子商取引は成長し、進化し続けています。また、アウトソーシングは、デジタル環境で競争力を維持し、成長したいと考えているビジネスにとって重要な戦略となり得ます。

お気軽にご相談ください。
富士ロジテックホールディングスとそのパートナーがサポートします。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
楽天市場の最強配送ラベルについては、仮称「配送認定ラベル」として以前から何度か規制緩和や調整が実施されてきました。 本記事では運用を3ヶ月後に控え、今いちど最新の情報を整理してお伝えします。物流整備のご参考になさってください。 最強配...
続きを読んでみる
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC物流の需要が加速し、発送代行会社も徐々に増えている傾向にあります。選択肢の幅が広がる一方、利用を検討する方にとって選ぶのが難しい現状があるでしょう。なぜなら料金体系が異なるうえに項目が細かく、さらに業者ごとに代行の対応範囲も変わっ...
続きを読んでみる
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーは3大ECモールと呼ばれ、他のモールと比較しても圧倒的な利用率を誇っています。 選択肢が多いと、出店する際に何を基準としてモールを決めたらよいか悩みますよね。 そこで本記事では、出品者と消費者の視点の両方から...
続きを読んでみる
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
Yahoo!ショッピングでは、2020年12月から配送品質の向上を目指した優良配送の取り組みが始まりました。 2022年8月には、優良配送に認定された商品を優先的に上位表示する取り組みも始まり、優良配送の重要度がますます高まっています...
続きを読んでみる
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理を成功へと導く鍵、「SKU」とは一体何でしょうか?この記事では、SKUがもたらす効率化とその具体的な管理方法について、商品識別から物流改善まで幅広くご紹介します。SKUの基本から最先端の活用法まで、明確かつ実践的な知識をお届け...
続きを読んでみる
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは、保管や輸配送において温度を区分けして指定することを意味します。温度区分は商品の特性によって分けられており、品質を守るために重要なシステムです。 3温度帯がなければ、生鮮食品や冷凍食品などの温度管理を必要とする商品を遠方に...
続きを読んでみる
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー