富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ロイヤリティ&リワードプログラムが大切な理由 コンテンツリスト

コンテンツリスト リワードプログラム ロイヤリティプログラム

ロイヤリティ&リワードプログラムが大切な理由

ロイヤリティ&リワードプログラムが大切な理由

ロイヤリティと購買後体験 #1 

D2Cでロイヤルティプログラムでブランド成長・成功するポイント

D2C・Eコマース・OMOビジネスでの顧客ロイヤルティプログラムでブランド成長・成功するポイントについて

アジェンダ

顧客ロイヤルティプログラムでブランド成長・成功するポイントについて

顧客のロイヤリティはどう変わっていくのでしょうか。

カスタマーロイヤルティプログラムとは何ですか?

カスタマーロイヤルティプログラムは収益にどのように影響しますか?

タイプ別の6つのカスタマーリワードプログラムとは何ですか?

  1. ポイントプログラム Points Programs
  2. 支出プログラム Spend Programs
  3. 階層型プログラム Tiered Programs
  4. 有料プログラム Paid Programs
  5. ゲームプログラム Gaming Programs または、ゲーミフィケーション(Gamification)
  6. バリュー(価値)プログラム Value-based Programs
  7. 上記のプログラムのMiX版

ロイヤリティと購買後体験 #2

D2Cでのロイヤリティプログラム構築ノウハウ 前半

カスタマーロイヤルティプログラムを企画・構築するSTEP

アジェンダ

1.ニーズを特定する

「顧客に聴くことです。」

  • なぜ顧客ロイヤルティプログラムが必要なのですか?
    ●購買頻度のアップ
    ●一回あたりの購買単価のアップ
    CLTVの向上(ある一定期間設定・1年とか)
    ●コミュニケーションハブ
    ●商品開発のため
    ●パーソナルデータの更新・構築のため
  • プログラムの目標は何ですか?
  • D2C(DTC)eコマース・オムニチャネル OMO事業で対象にしている主要な顧客はどのような購買行動ですか?
  • D2CEコマースOMO事業者の顧客は、商品・サービスからどのようなベネフィットを得たいですか?
    得ますか?

2.必要な詳細設計を微調整する

顧客のアクションの何に報酬・リワードを提供するのか。とそれ以外のプログラムとの連携、そして、一番のポイント顧客とのコミュニケーション方法に、どう盛り込むかを決定します。

3.ベータプログラムをPOC起動します

事例 : PURA VIDA REWARDS

プラ ビダ リワード

ショア ドルを獲得する方法
アクションを完了すると、Shore Dollars を獲得できます。

Store Credit

Store Credit:SHORE DOLLARS
ショア ドルは、次回の注文で割引と交換できます! オファーには以下が含まれます:

200 ショア ドル = USD$10.00 オフ
400 ショア ドル = USD$20.00 オフ
600 ショア ドル = USD$30.00 オフ
800 ショア ドル = USD$40.00 オフ
1000 ショア ドル = USD$50.00 オフ

*Store Credit はとても有効な施策サービスです。
導入できるシステムを検討ください。

VIP Teir

TIERS 会員ランク制度

スキンケア・コスメ系では有効ではありませんが、アパレル・ファッション系では有効な施策でもあります。

REFER A FRIEND

REFER A FRIEND:友達を紹介する

増やしていきたい施策です。
サブスクであれば、初回限定価格をここで調整できます。

D2Cでのロイヤリティプログラム構築ノウハウ 後半

4.正式なプログラムを実装する

  • 考え方1:金額ベースで顧客体験を計測
  • 考え方2:顧客体験の直近の購入日(R)と頻度(F)で計測

5.顧客が行使するプロセスに焦点を当ててコミュニケーションする

6.顧客に、リワードプログラムの状況をコミュニケーションする

7.リワードプログラムのタームでの顧客維持率を向上させる(解約率を下げるではない)

  • 解約率ではなく、継続率をKPIとして採用する

ロイヤルカスタマープログラムは、「ライト」「一般」に分類される「本来・本当の顧客」とのコミュニケーション & コミュニティマーケティングです。

最高のロイヤルティプログラムの重要性とは

優れたD2C・eコマース・OMOビジネスにとってのカスタマーロイヤルティプログラムとは

バッド事例 

300万本販売のパーソナライズシャンプー「MEDULLA」の拝金的ビジネス手法の全貌。華麗なるスタートアップに隠された闇と、投資家の功罪

メタバース時代の事例

Immersive Commerce:没入型コマース時代でのロイヤリティプログラムとパーソナライズについて

2022 年に、ルイ ヴィトン、バーバリー、グッチ、ナイキなどのブランドが、Meta のHorizo​​n Worldsなどのメタバースでコマース体験を提供しています。

ビデオゲームでは、プレイヤーは、実際の通貨とゲーム内通貨を使用して、自分の外見、乗り物、住居、またはその他の体験の一部を強化するための限定アイテムを購入できています。

  1. コストに見合うだけの ROI を生み出すことができるのか
  2. 没入型コマースは価値のある体験になるのか

は大きな歓心で関心でもあります。

ソーシャル メディアとソーシャルメディアコマースの時代である2023年では、ほんの数分で、ストリートで気に入りのアパレル・ファションを身に着けている人を見かけたら、スマートフォンで写真を撮り、Google で検索して、顧客自身用にコピーの商品を注文することができます。
まさしくSHEINのモデルです。

没入型コマースを提供することで、プライベート空間と予約ができる特別な体験ができます。
プライベート リンクや QR コードがプライベート ショールームへのアクセスとして機能させます。

顧客にとっては、リアル・Eコマース以上に、仮想空間で購買体験を失望させることは望ましくはないことは当然です。
実在の人物または最先端の AI プログラムのバーチャル コンシェルジュに案内をします。
名前と好みを記憶して、必要なだけ一緒に時間を過ごすことができるし、求められています。

  • 3D 商品詳細・仕様
  • ビデオ コンテンツ
  • リアルタイムの音声起動チャット
  • 消費者を特別な気分にさせるその他の機能

に活用することになります。
消費者の 81% が購入前にオンラインでリサーチをしている時代( GE Capital Retail Bank調査)で、ショッピング体験が高度にパーソナライズされている場合には、顧客は多くのお金を使うようになるという神話があります。

一般的に、ブランドの支持者(特に先ほどの高級・ラグジュアリーブランド)は、全体的なショッピング体験(購買体験)が向上した優れたサービスを期待しています。

しかし、従来のオンライン インタラクションでは十分ではないようです。

バーチャル ホリデー ポップアップ ストア

ディオール ビューティ ラインを紹介しています。
シャトー ドゥ ラ コル ノワールをデジタルで再現して。
最も忠実な顧客に対応するために

  1. ビューティー ルーム
  2. ギフト ファインダー ルーム
  3. フレグランス ルーム

の3 つの異なる部屋を訪れることできました。

  1. カスタマイズされたギフト体験
  2. 仮想試着機能

が提供されていました。
これは、カタログを閲覧するだけでは得られない、パーソナライズされたユニークな購買体験です。
この仮想店舗での高級ブランドの全体的な目標は、最も忠実な顧客に対応し、美しい環境をパーソナライズして提供することです。

最高のロイヤリティプログラム

販売した販売担当者と連絡が取れなくなることを無くし。コンシェルジュと顧客との関係を販売時点から、購買後体験として維持することが重要なロイヤリティプログラム資産となります。

没入型コマースは、顧客がブランドの探索の購買体験に連れて行き、高級品などを販売した同じ販売担当者と再コミュニケーション・タッチする機会を顧客に簡単に提供してくれます。
これは、CXの新しい方法ではありませんが、新しいデジタルツールを活用することで、

  1. スタイリストやコンシェルジュと一緒に実店舗に行ったかのように
  2. そして、あらゆる問題について相談相手や問題解決者として行動できる人物と
  3. 顧客をより永続的に結び付けることができます

同じ親しみやすい顔を有したスタッフと実質的につながることができることは、ブランドとの信頼=ロイヤリティの中心であり、かけがえのない経験です。
(コマースシステムでもできますが、違いを想像してみてください)

ロイヤリティと購買後体験 #3 

優れたD2C・Eコマース・OMOビジネスにとってのカスタマーロイヤルティプログラムとは

優れたD2C・Eコマース・OMOビジネスにとってのカスタマーロイヤルティプログラムとは

アジェンダ

優れたD2C・Eコマース・OMOビジネスにとって

カスタマーロイヤルティプログラムとは

顧客はメッセージを受け取りましたそして顧客はどう利用するかを知っていますか。

オムニチャネルコミュニケーションが重要

わたしたちは顧客と一緒のアクションをしましょう。促しましょう。

シンプルに保つ—顧客のために機能する必要があります。

カスタマーエクスペリエンス が重要です。

顧客の口コミはお金では買えない高価な広告の一種です

最後に

ブランドを主張する方法と考察

Thingtesting

thingtesting.com

オンラインレビューの問題点
偽のレビュー、有料のインフルエンサー、厳選された支持者などにより、オンライン レビューへの信頼とレビューの検閲に対する懸念が生れています。
オンライン ショッピングをナビゲートすることが非常に困難になっていることは、ブランドや消費者にとっても気共通な課題です。
オンライン レビューの問題の核心は、
消費者にとっては、
ブランドによってすべての経験 (良い点、悪い点、まあまあ) を提供されていないことが多いことです。
ブランドは、
所有するチャネルに表示されるものを制御でき、肯定的なレビューは商品の販売に役立ちます。

だからこそ、実在の人々からの正直なレビューなどの機能が、重要になってきます。

第3者機関のレビューと、ロイヤリティプログラムからの生成されるUGCにギャップが無ければ一番信用されるということです。

ロイヤルティプログラムと紹介(Referral)プログラムを設計・運用するポイント

ロイヤルティプログラムと紹介(Referral)プログラムを設計・運用するポイントD2C(Direct-to-Consumer)オンラインマーケティング(OMO)ビジネスの成長に関するポイントについての記事です。サブスクリプションコマースやリファラルプログラムなど、顧客の課題解決と購買体験向上に焦点を当て、EC・D2C・DNVB/オムニチャネルビジネスの成長を図る方法について説明されています。実際の事例として、サプリメントブランドのSanto Remedio、Personalised Co、Premama Wellness、Nutravitaによる成功例も紹介されています。これらの施策は、日本のD2Cビジネス展開に参考になる情報です。

ためになるサイト

顧客ロイヤルティ プログラムの実践的なハンドブック
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 決済・財務会計のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 決済・財務会計のポイント
決済は、ユニファイドコマースの実装と成功において重要な役割を果たします。リテール店舗、オンライン コマース、モバイル アプリ内など、あらゆるチャネルのすべての決済システムとデータを統合することで、顧客をより適切に特定し、ニーズを理解し...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは POS統合のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは POS統合のポイント
プラットフォームのクラウドベース POS システム(デジタルレジシステム )を使用すると、オンラインチャネルを制御するだけでなく、オムニチャネルリテールとして店舗を簡単に統合することもできます。POSを使用することで、プラットフォーム...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 購買およびサプライヤー管理のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 購買およびサプライヤー管理のポイント
小売企業にとって、対面(店舗)リテールまたはオンラインコマースのみに力を注ぐだけでは十分ではないかもしれません。調査によると、顧客は買い物の際に複数のチャネルを使用することを好み、小売企業には新しいコマース体験を構築して、提供するよう...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは プロセス管理のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは プロセス管理のポイント
ネガティブなショッピング体験がもたらす収益への影響と、 ポジティブなショッピング体験がもたらす潜在的な向上効果 を合わせると、ユニファイドコマースを採用するマーチャント(小売・製造、D2C チャレンジャー ブランド)にはビジネスチャ...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 返品管理:RMAのポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 返品管理:RMAのポイント
遠隔販売のビジネス モデル(Eコマース)では、返品は避けられません。ただし、避けられない返品・交換を可能な限りコストとリソースを節約して処理するには、自動化されたプロセス手順が絶対に必要です。プラットフォームの返品管理は、個別化と自動...
続きを読んでみる
オムニチャネル・ユニファイドコマース ユーザー生成コンテンツ:UGCの完全ガイド コンテンツリスト
オムニチャネル・ユニファイドコマース ユーザー生成コンテンツ:UGCの完全ガイド コンテンツリスト
UGC(ユーザー生成コンテンツ)は、ユーザー自身が作成したコンテンツを指します。これは、ウェブサイト、アプリケーション、ソーシャルメディアなどで共有されるテキスト、画像、ビデオ、音楽、レビュー、コメントなどを含みます。UGCは、ユーザ...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 配送とフルフィルメントのポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 配送とフルフィルメントのポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルを通じて、優れた顧客体験を提供することは、売上とロイヤルティの向上につながります。ユニファイドコマースは、関連性、正確性、顧客サービスに対する中核的な期待に応えることで、CX:カスタマーエクスペリエ...
続きを読んでみる
ソーシャルコマース インフルエンサー・アンバサダーの時代 オムニチャネルを成長させる  コンテンツリスト
ソーシャルコマース インフルエンサー・アンバサダーの時代 オムニチャネルを成長させる コンテンツリスト
ソーシャルコマースは、2024年も引き続きeコマースの注目を浴びることになりそうです。そしてロイヤリティマーケティングと連携して中心的な役割を果たすことになるでしょう。ブランドや小売企業は、商品を販売し、顧客ロイヤルティを強化するため...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー