西間木 智
西間木 智

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

レンタルコマース&レンタルサブスクを展開するメリットと物流フルフィルポイント

EC OMO オムニチャネル 再販売・リコマース

 2023年 レンタルコマース&レンタルサブスクを展開するメリットと物流フルフィルポイント

2021年ころは、製造、廃棄、1 回限りの販売のビジネスモデルが一般的です。小売業は過剰生産と過剰消費により、成り立っていました、そして、2 番目に汚染された業界としてランク付けされていつづけてます。‍

バリュー チェーンイノベーション

より持続可能な消費を後押しするという名目のために、2021 年から、業界のパイオニアブランド・企業はレンタルと再販を組み合わせたリコマース サービスの展開を開始していました。
成長と持続可能性の目標を組み合わせることは、ブランドと小売業者にとって大きなチャンスであることが証明されつつあります。‍

リコマースの機会

リコマースは、レンタルまたは再販サービスを通じて既存のリソースを再利用することにより、消費者が必要な製品・商品に関与するための代替方法をといえます。

リコマースは2022年のデータでは、ファッションだけで 730 億ドルの市場 (世界のファッション市場の 3.5%) を占めていると言われています。
2030 年までに 7,000 億ドル (市場の 23%) に成長すると予測されていて、標準的な小売の 10 倍の速さで成長しています。

過去 10 年間、アジアと北米を皮切りに、大手ブランドがクラッシュ テストを実施してリコマースを支援してきました、テクノロジーとインフラストラクチャの成長を実現してきました。10 年が経ち、先駆者たちは課題をクリアして、これらの新しいビジネス モデルの価値を示して収益を上げています。

レンタル・再販サービスのメリット

毎年かなりの数の新規参入者がいるにもかかわらず、リコマース市場は依然として、持続可能性とビジネスの成長を組み合わせようとしているブランドにとってブルーオーシャンを表しています。

リコマース分野でイノベーターの 1 つである 富士ロジテックホールディングスでは、これらの新しいビジネス モデルの真の価値について常に質問を受けています。

そには多くの答え=チャンスがありますが、ここにそれらを要約してお伝えしていきます。

新しい収益

循環型:Circularになると、ブランドは新製品の数を減らして収益を増やし始めることができます。

商品の再利用のおかげで、従来の線形モデル (つまり、新しく生産された商品のみを販売する) と比較して、製品あたりのマージンも高くなります。
変動費があるため、プレミアム ブランドはより高い利益率を生み出す可能性が高くなりますが、バリュー市場にも大きなチャンスがあります。

必要なのは、真に最適化されたカスタマー ジャーニーとプロダクト ジャーニーだけです。

CLV(LTV)とブランド資産価値の向上

お気に入りの商品・製品のレンタル (サブスクリプションの有無にかかわらず) と再販は、CLV (LTV:顧客生涯価値)の増加に大きく貢献します。
そしてブランド エクイティの価値を大幅に高めることにもなります。‍

新規顧客をターゲット

ブランドがリコマースを開始すると、循環型の買い物客の約50% は初めてそのブランドを利用する顧客になります。主に Y 世代、Z 世代、A 世代です。

顧客エンゲージメント

リコマースは、顧客エンゲージメントとロイヤルティを向上させます。
KPMG と FEVAD によると、買い物客の 70% は、環境に配慮したアプローチを推進するブランドを好みます。
サプライ チェーンを完全に再構築して完全に循環に対応するには時間がかかる可能性がありますが、リコマースは小売業の持続可能な未来への直接的なアプローチでシンプルです。 

より豊かな店舗体験

あらゆる小売体験でも変化しているように、レンタルと再販でもオムニチャネルであるとより顧客にとって利便性が高まります。
店舗は、買い物客に新しい地域の価値を提供するサービスの拠点に変化していくことになります。店舗は、引き取りプログラムの「返却回収場所」としてだけでなく、商品の受け取り場所としても活用する必要があります。
場合によっては、店舗内でのレンタルや再販のために、店舗がローカル在庫を保有することもモデルとしてはあります。顧客を喜ばせるだけでなく、新しい消費者を店舗に誘導し、トラフィックを増加させていくことになります。

影響・インフルエンス

リコマースは、リソース集約型の未来に向けて業界をシフトさせる上で重要な役割を果たす可能性があります。Ellen Macarthur Foundation によると、リコマースは、ファッション業界を 1.5 度の道筋 (年間 3 億 4,000 万トンの CO2 の炭素削減) に置くために必要な排出削減量の 3 分の 1 を提供できる可能性があるそうです。
現在、業界の排出量の 70% は製造レベルで行われていますが、影響を大幅に減らす唯一の方法は、生産量を減らすことです。これは、資源の再利用を活用することで可能になります。

新しいデータ

リコマースにより、ブランドは顧客の行動や製品の望ましさ、耐久性に関する貴重な新しいデータを自然に収集します。

これは、ブランドにとっての「宝」です。

2023年からのポイント

勢いが増していることは、店舗に行くと理解できます。過去10 年間、リコマースの微妙な複雑さについてテストして、古着屋・リサイクルショップ・C2Cマーケットから学びました。

特にサプライ チェーンでは、製品の返品管理と再生により、現在の WMS (倉庫管理システム) では対応できない新たな物流上の課題が発生します。

リコマース サービスの収益性と循環サプライ チェーンの効率性 (すべての変動費が発生する場所) は密接に関連しています。

富士ロジテックホールディングのようなイノベーターは、レンタルと再販を組み合わせた強力なリコマース サービスを設計・使用して、ブランドが簡単に稼働できるようにサポートしています。

ブランドとして、消費方法を再発明して、デジタルおよびサーキュラー エコノミーに移行するユニークな機会を手にしてください。

よくある質問

これに関連して、Lizee と mabonneamie は、それぞれの強みと専門知識を結集して、高級ブランドとプレミアム ブランドに特化したターンキー レンタル ソリューションを提案することを決定しました。

Q: 新しいレンタル市場とは何ですか

A:実際の体験を思い出してください。
出席する結婚式、イベントがあり、豪華なドレスを着たいと思っていましたが、非常に限られた中古を選択する、レンタルをすること以外は、唯一の選択肢は新しく購入することでしょう。
周りの女性に聞いてみると、70% の女性が特定のイベント用に購入したドレスを再利用したくないということがわかります。

したがって、これらの女性に新しいサービスを提供できるはずです。小売価格のほんの一部を支払うだけで豪華なドレスを着ることができ、毎回それを変更できるようにすることなどで

Q : ベビー服と妊婦服をレンタルする場合、どのような教訓がありますか

A: 日常着のレンタルサービスをゼロから作成するのは本当に大変です。「非所持」が何を意味するかについて顧客に教育する必要があります。
今では、それは日本人の中でも、価値観として体系的に変化して、購買行動として定着していると思います。
Y世代はリーダージェネレーションであり、所有することはより若い世代にとって価値の低い行動になりつつあります。次の世代はさらに多くのレンタルオファーを利用する準備ができていると思います。

Q:「所有しない」贅沢が「本当の」贅沢だと思わせるようにしますか

A :ラグジュアリーとは感動を伴う体験だと言われていす。贅沢はサービスの卓越性と商品の独占性によります。それは、パーソナライズされたサービスを受けて、夕方にデザイナードレスを着たり、高級バッグを数日間着用したり、配達を受けたり、保管やメンテナンスの制約を受けたりせず、別の商品アイテムで、1からやり直すことできるということです。 それで真の贅沢が満喫できて、シンデレラ欲求が満たされます。

「贅沢はサービスの卓越性と商品の独占性がポイント」

Q : なぜ物流がレンタルで重要な役割を果たすのですか

: 過去も現在も、物流は主に商品を送ることを目的としています。その後、製品から商品にかわり顧客の所有物になることで、それを生産したブランドのビジネスのシステムではなくなります。

レンタル用の商品を選択して、返品・回収を処理するためのロジスティクス システム全体を実装することは、ブランドにとっては障害となっています。
倉庫からを出たものは、ある日戻ってきて、再度の出番に備えるする必要があります。
今日の倉庫や IT システムは、そのために作られているわけではありません。それが価値提案になります。

Q :お客様から最も頻繁に寄せられるフィードバックは何ですか

A : お客様からのフィードバックは、いつも素晴らしいです。購入に関連する制約 (商品のメンテナンスと保管) から解放されているとの声が多いです。

Q : サーキュラー エコノミーで、中古品ではなくレンタル品がメリットなのはなぜですか

A: レンタルは、非常に短い期間で何度も商品を回転させる可能性があります。

メリットの 1 つは、各商品が一意(ユニーク)に識別されてユニットエコノミクスが管理できることです。経済的および環境的な収益性は、中古品よりも早く実現することは理解できると思います。
にもかかわらず、2 つのオファーは補完的に活用できます。レンタルで中古販売でのマーケットテストと購入のオファー、そして、中古商品のレンタル活用、そして短期期間の活用オファーなどと関連していきます。

Q: レンタルビジネスを立ち上げるときの最大のポイントは何ですか

A :商品調達。すべてのブランドが独自の eコマースショップを持っています。ブランドは中古品販売の魅力と可能性は理解しています。次に同様にレンタルが既存の顧客とやり取りして、新しいターゲット層にリーチするための新しいチャネルであることを理解するようになると思います。

「倉庫から出たものはすべて、いつか戻ってきて、一新しくなければなりません。倉庫と IT システムは、そのために作られているわけではありません。」

Q : 5 後のレンタル市場をどのようなっていますか 

A : より構造化された市場になり、より標準化されたオファーがあると思います。
消費者は、レンタルを提供するブランドやマーケットプレイスが提供する体験に敏感になります。また、運用レベルでは、異なるオペレーター (OMS、WMS、トランスポーター) 間のデータ処理がより簡単で流動的になると思います。
レンタルオファーを開始するブランドは、顧客体験を提供することに集中するだけで済むようになるとベターです。

Q :レンタルを始めようとしているブランドへのアドバイスは

A :レンタルは、新規顧客の獲得とロイヤルティのチャネルと見なす必要が重要です。レンタルのおかげでブランドを(再)発見した顧客の数は数えきれなくなるでしょう。重要なのはサービスです。
パーソナライズされたアドバイス、ロジスティクス、保険、アフターサービスなどです。レンタルは一連のサービスに基づいており、簡単でアクセスしやすく、繰り返し利用できる体験になっていることです。 

Q:「次の世界」には何がありますか

A : 収集されたデータのおかげで、ブランドは、他のブランドと連携してレンタルの葬儀提供を拡大することも可能です、より持続可能な商品を設計していけます。女性が自分自身の願望を治療しながら責任を持って消費できるように、サービスとキュレーションアドバイスを提供することです。

どのようなビジネスモデルがありますか

1 回限りのレンタル -
顧客は、商品のレンタルの開始日と終了日を選択します (通常は短いレンタル期間)

フレックス レンタル -
顧客は、返品日が定義されていないアイテム/パックごとに定期的な料金を支払います。

サブスクリプション -
顧客はさまざまなレンタル プランに加入し、毎月支払います。特定の量の交換可能な商品にアクセスできます。

気軽な中古販売サービスを立ち上げて、レンタルサービスをすることも収益的には大事です。

理想的なレンタル日数、ターゲットオーディエンスとレンタル可能な商品を考慮して、交換/返品する期間を除いてどのくらいの期間アイテムを利用・保管するパターンがあるか
期間
7日/14日/90日/365日(以外と30日は意味がない)

利用パターンとしては

  1. 中古販売
  2. 試用 & 購入
  3. テイクバックプログラム

チェックポイント

レンタルと中古を組み合わせてみる

  1. 何度も使ったレンタル商品でセカンドハンドプログラムを構築
  2. 中古プログラムを持っていないので、レンタルに集中したい
  3. 中古プログラムを持っていますが、現時点ではレンタルとは別にしたい

顧客インターフェースに関して重要なポイント

  1. リコマース コンバージョン用に最適化されたフロントエンド ウェブショップ
  2. 最適化されたテンプレートで適用されるブランディングとe コマースのガイドライン
  3. 顧客への統合されたEメールなどのオムニチャネルコミュニケーション通知
  4. GDPR に準拠した自己ホスト Web 分析によるすべての e コマース データの統合追跡
  5. すべての API 統合ができること

注文管理システムに関してのポイント 

  1. 実装が簡単で、すぐに使用できるバックエンド ソリューション
  2. 製品カタログをカスタマイズする機能
  3. 支払いと価格設定をカスタマイズする機能
  4. トライ&バイの可能性を含むミックスバスケットを持つ能力
  5. 顧客リストの管理

 

返品・回収のための倉庫管理システムに関してのポイント

  1. リターンデジタルアシスタント
  2. 再生デジタルアシスタント
  3. 高品質のデジタル アシスタント
  4. 倉庫の返品改修品質運用プロセス
  5. オペレーション プロセス ストアの改装
  6. ロジスティクス パートナーを返品管理に統合する

分析に関してのポイント

  1. リコマース Web サイトの Web 分析ダッシュボード
  2. 注文管理システムのダッシュボード
  3. アフターセールス ダッシュボード
  4. 物流業務ダッシュボード
  5. 製品パフォーマンス ダッシュボード
  6. 会計ダッシュボード
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

西間木 智

監修者

株式会社富士ロジテックホールディングス

西間木 智 / 通販営業部 部長

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
AI は、ある規模の組織内で少なくとも完全に機能していると言われています。しかし、小売業の経営幹部は、進化するAIの状況についていくのは難しいと感じています。近年、ユニファイドコマースやeコマースチームは、新しい顧客の好みに適応して、...
続きを読んでみる
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
リコマースとサーキュラーエコノミーは、先進的なブランドの持続可能性と収益性を推進する極めて重要な概念として注目を浴びています。リコマースとは、中古品を購入、再生、再販し、ライフサイクルを延長して、環境への影響を軽減しつつ、収益を向上さ...
続きを読んでみる
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックリワード報酬でロイヤリティを向上させるガイド 割引クーポンコードを捨てて、リピート購入を増やし、メンバーシップとロイヤルティプログラムの基盤にして収益性をアップする時です。 ユニファイドコマース、オムニチャネルコマース...
続きを読んでみる
顧客紹介プログラムの作成方法 101
顧客紹介プログラムの作成方法 101
それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
続きを読んでみる
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー