吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

2023 年の収益源 リコマース とは

再販売・リコマース

 2023 年の収益源 リコマース とは

リコマースとは

基本から始めましょう。リコマースとは正確には何でしょうか

新しい商品がオンラインで販売され、顧客に出荷される通常の eコマース (電子商取引) とは異なり、このトレンドは環境に優しいものと言われています。
リバース コマースとも呼ばれるリコマースには、個人または小売業者による再販プラットフォームでの以前に所有していた商品の再販が含まれています。
ファッション業界では現在、再販アイテムで市場を伸ばしていますが、家具や電化製品などの他の商品の人気が高まっていることは良く体験されているとおもいます。 

リコマースの機能

リコマースは、
Depop (アパレル)

DEPOP

Vinted (アパレル) はリトアニアのオンライン マーケットプレイス

Vinted

リコマースでの課題、顧客体験を強化し、不正取引を減らすための方法はこちらを参考に

Vonage Verify APIは、古着マーケットプレイスの不正に対抗するVintedの第一の選択肢

Poshmark  ファッション、家庭用品、電化製品を売買できるソーシャル コマース マーケットプレイスです。このプラットフォームには 8,000 万人を超えるユーザー

POSHMARK

 

などのオンライン プラットフォームを通じて提供されています。 

リコマースのメリット

購入者にとってのメリットは明らかです。

「お金が節約されます。」

ブランドは

持続可能性と手頃な価格を高め、より責任ある消費を促進することができます。

これは、売上につながる可能性があります。調査によるとの消費者の 40%以上 が、購入時に持続可能性に関するブランドを考慮するともいいます。

リコマースは次の大きなトレンド

リコマースの人気が高まっている理由はいくつかありますが、主な理由は倹約と、経済状況を考慮して顧客が予算を引き締めていることです。購入において価格が最も重要であることは明白です。 

パンデミックによる D2C eコマース ブームは過ぎ去り、景気後退の脅威によって消費者の消費方法が変化しています。

ThredUp の調査によると、消費者の 4 人に 3 人は、古着が 5 年前よりも社会的に受け入れられていると述べています。特に Z 世代は、Depop や Vinted などの先駆的なアプリであるリコマースを支持しているようです。

THRED UP

 

リコマースはどのくらい人気になるか

調査データ

Z世代はファストファッションをボイコットするか

ジェネレーション Z はリコマースの最大の支持者であるように見えますが、

ファストファッション
(キャットウォークや有名人の文化からアイデアをサンプリングし、消費者の需要を満たすために迅速かつ安価に衣服を作成する衣服)

にも継続的に愛着を持っています。

Z 世代は持続可能で、倫理的で、環境に優しいファッション トレンドを提唱したいと考えていることがあると言われていますが、常にそれを実行しているわけではありません。
低い給与、税金・社会保障費、さまざまな税金、住宅ローンの費用の増加、不況の到来などにより、Z世代を始めてとして、消費者は多くの経済的欠点を抱えています。

リコマースは価格が安いというメリットを提供しますが、ファストファッションはさらに安い価格で新しいアイテムを購入者に提供しています。

ジェネレーション Zをはじめてとして、どのように買い物をしたいのか、実際にどのように買い物をすることができるのかで悩んでいますが、どちらの手段も今後数年間は人気が続きます。 

リコマースの小売業者

アパレルが再販市場の大部分を占めていますが、他の商品も再販プラットフォームに登場し始めています。 ここでは、リコマース サイトとそのビジネス モデルの例をいくつか紹介します。

Poshmark:ポッシュマーク 

Poshmark はファッションの再販マーケットプレイスです。個人的なスタイルを代表するアイテムを提供し、買い物客のためにキュレートされたルックを提供する何百万もの売り手によって運営されています。このプラットフォームは、Z 世代のお気に入りの Depop や Vinted よりも高級であると考えられています。 

Levi’s®:リーバイス

リーバイスは、独自のオンライン プラットフォームで中古品を販売するアパレル ブランドの例です。
ユーザーは、使用済みのジーンズやデニムをアプリ上で転売して、リーバイスのバウチャーと引き換えに利用できます。再販プラットフォームは、他のブランドも再販することを選択する他のプラットフォームとは異なり、Levi’s® 固有のものです。 

このパターンが増えてくると想定しています。

Levi’s®

Reverb:リバーブ

Reverb のリコマース プラットフォームでは、楽器や機器を販売しています。マーケットプレイスは、バイヤーがユーザー データに基づいて中古の楽器を正しい価格でリストし、質の高いバイヤーを見つけて各取引を確保するのに役立ちます。 

Swappa:スワッパ

Swappa のリコマース プラットフォームは、ユーザーが再生した電子機器を売買するのに役立ち、携帯電話、ラップトップ、ヘッドフォン、時計、カメラなどの商品に割引を提供します。 

*これはとても一般的ですね。

ブランドがリコマースで成長して収益を上げる方法

リコマースはスタンドアロンのプラットフォームとして存在することもできますが、多くのブランド・小売業者はウェブサイトで再販専用サイトを提供にすることを選択しています。
リコマースを提供することで、環境に優しいという観点から競合他社との差別化を図ることができます。また、コストを節約したいと考えている人々に、より手頃な価格でブランドから購入する機会を提供できます。 

リコマース サービスを維持するには、

  • 購入インセンティブを提供
  • 最新のトレンドを把握
  • ユーザー エクスペリエンスを可能な限りフレンドリー

 

にします。そして最も重要なことは、現在の顧客にブランドの再販サイトが存在することを知らせることです。

それによって、クローゼットでの手持ちの在庫を処分して、ショップクレジットで新らしいトレンドを手に入れてくれるでしょう。

そして、新規顧客の導入チャネルラインとしての「認証・ギャランティ付きの再販商品=マーケットが確立されます。」 

リコマースをお見逃しなく

消費者は、持続可能な商品にもっとお金を払っても構わないと考えているかもしれないため、リコマースは将来にとって有益と言えます
また、価格に対する感度が高まることが想定されていて、それにつれて、ブランド間の小売競争も激しくなります。低価格で他のブランドに顧客を奪われる危険を冒すよりも、ビジネスを拡大してブランド所有の「再販サービス」を構築して、顧客にワクワクするような新しいものを提供することはとても価値のあることになります。
今すぐ行動を起こしましょう — 2023 年の収益を考えたままにしないでください。

マーケティング担当者には、見込み客と顧客に価値を提供することと、ブランド ロイヤルティを構築することの 2 つの主な目的があります。

リテンションと獲得のROI

広告予算は ROI とともに縮小していきます。Facebook や Google などのプラットフォームでの広告料金は上昇しており、利益は減少しています。

不況時だからこ 1 対 1 のメッセージに注目

消費者は、絶えず、どこで、いつ、どのようにお金を使うかを選択しなければならないために、マス メッセージングは​​もはや機能していません。

ブランド ロイヤルティを高めるために、各個人の価値観に合わせて「広告」をカスタマイズする 1 対 1 のエクスペリエンスを確保する必要が高まっています。
小売業者のサイトへのトラフィックの 95% は匿名であるため、データを所有している場合にのみ配信できることになります。

ブランドロイヤルティの経済学

ブランド ロイヤルティに関しては、顧客維持率が 5% 上昇するだけで、利益が最低 25% 増加するという神話があります。
パーソナライズされたメッセージは、マス メッセージでは不可能な方法でブランドロイヤリティを高めています。
顧客は関連性のあるパーソナライズされた情報やオファーに期待して、慣れています。
一括送信や一斉送信のEメールが必要になることは常にありますが、この方法は一般的に時代遅れです。

詳細は別途コラムにてご案内します。

有利なサイドギグ

行っている小売業者はAmazonだけではありません。ThredUpは、古着の電子小売業者としてだけでなく、拡大する再販市場への参加を希望する他の小売業者向けのロジスティックサービスプロバイダーとしても名を馳せています。

RaaS THREDUP’S
RESALE-AS-A-SERVICE ADVANTAGE 

https://raas.thredup.com/p/1

Resale as a Service


リコマースリポート
https://raas.thredup.com/p/4

Lighter closet. Fresher style. Brighter planet.
https://www.thredup.com/cleanout?faq_link=true

Thrifters(スリフター)とは

倹約とは、今までは、リサイクル ショップ、ガレージ セール、またはフリー マーケットに行って、使用頻度の低いアイテムを割引価格で見つけることを意味していました。

ThredUpなどが切り開いていく購買体験マーケットは進化しています。

欧州有数のファッション再販企業の 1 つである Remix Global AD (Remix) を買収してネットワークを拡大しています。

https://www.retaildive.com/news/madewell-thredup-team-up-on-madewell-forever-secondhand-site/603660/

ThredUpストアとMadewellストアの両方に在庫があるオンライン再販プラットフォーム「MadewellForever」を発表しました。#madewellforever の人気ぶりを確認してください。

#madewellforever



アパレルの再販が急増するにつれ、ThredUpは5年間で 770億ドルに達し、より広い市場を11倍上回り、ファストファッションからシェアを奪うと予測しています。

2つの基本的なビジネスモデルが出現しています

1つは、個々の売り手が自分のクローゼットからアイテムを1つずつ写真撮影、価格設定、説明、発送することです(Depop、eBay、Poshmarkなどを考えてみてください)。

もう1つは、消費者からアイテムを収集して保管する1つのエンティティを持っています(ThredUpを考えてください)。

従来の小売卸売業務に見られるような効率性とロジスティクスを紹介し、ThredUpにとってそれ自体がビジネスになっています。「MadewellはThredUpと緊密に協力して、デジタルショップを含む独自のホワイトラベルの再販チャネルを開発しました。これは、このサービスによって実現された最初の種類です」と両社は述べています。

ThredUpレベルの物流サービスを、富士ロジテックホールディングスでもご提供が可能です。お気軽にご相談ください。

https://madewellforever.thredup.com/

関連記事

再販 e コマースの成長がブランドにとって何を意味するかを示す 5 つのグラフ

Insider Intelligence eMarketer

  • 1. 若年層は再販の e コマースを購入する
  • 2. プラットフォームの使用状況の内訳
  • 3. ブランドへの参加は
  • 4. 再販を勝ち取った上位 10 ブランド
  • 5. 転売はギフトにも及ぶ
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
  パーソナライズされた商品とルーチンがメインのトレンド(主役)になり、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終ったのかも知れません。 調査によると、消費者はますます、独自の肌のタイプ、好み、懸念(ペイン、課題、悩み)事...
続きを読んでみる
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
  変化は美しさにおいて唯一不変です。そして 2024 年には、テクノロジーが私たちの美しさの選択と使い方をこれまで以上に加速させるでしょう。しかし、美容トレンドを進化させているのは AI の採用だけではありません。気候変動、10代や...
続きを読んでみる
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
  コミュニティ マーケティングは、顧客との関係を構築および育成し、信頼とブランド ロイヤルティを構築することに重点を置いたマーケティングの一種です。一方通行のコミュニケーションとなるマーケティング キャンペーンを再定義しようとして...
続きを読んでみる
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
  2024 年のファッション e コマース、マーケットプレイス、パーソナライゼーション、オムニチャネルコマース、ソーシャル コマース、柔軟な支払いオプション、リコマース などが引き続き成長を促進するでしょうか。 Statista は...
続きを読んでみる
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ブランドが何年も存在しているか、始めたばかりであるかにかかわらず、DNVBとその一カテゴリーDTCや、EC/eコマースビジネスには共通点が 1 つあります。それは、オンライン市場での競争に対する絶え間ないプレッシャーです。あらゆる規模...
続きを読んでみる
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
  ダイナミックプライシングは新しいコマース概念ではありません。何十年もの間、消費者は航空旅行や、チケット、接客業などの業界における需要主導の価格変動に慣れてきました。今日、小売業者が毎日 (または時間ごとに) 価格を上げたり下げたり...
続きを読んでみる
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
  Eコマース:電子商取引の企業が、常に新しい顧客を開拓することなく、どのようにして楽々と見えるように売上を伸ばしているのか疑問に思ったことはありますか。その秘密は、クロスセルとアップセルの技術を習得することにあります。調査では、e ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する Teaブランド
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する Teaブランド
人工知能(AI)がeコマースに革命を起こす 好きか嫌いかは別として、AIはこれからも存在し続けるでしょう。ここしばらくの間、eコマースビジネスにとって便利なツールでしたが、2023年にはジェネレーティブAIが主流になり、その強力さを消...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー