富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Eメール・DM・LINEのパフォーマンスとは

CRM LINE

 Eメール・DM・LINEのパフォーマンスとは

アジェンダ

01:Eメールのパフォーマンスを把握するにはどうすればよいか
02:Eメールの開封率が重要な理由
03:良い開封率とは
04:開封率に影響するものは
05:低い開封率を修正するにはどうすればよいか
06:まとめ

01:メールのパフォーマンスを把握するにはどうすればよいか

まずは、一般的なことから始めてみましょうか。
一般的なEメール(ここでは、顧客とのダイレクトコミュニケーションの代表的なチャネルとして取り上げています。これは、SNSのダイレクトメッセージ:DMや、日本のLINEにも適用できる基本的な考え方になります。)のパフォーマンスはどのように把握して理解できるのでしょうか。

開封率については、実際にはさまざまな要因があります。

  1. 開封率:ユーザーがメールを開封する率。
  2. クリックスルー率 (CTR):ユーザーがメール内の少なくとも 1 つのリンクをクリックしてたどる率。
  3. Click-to-Open rate (CTOR):メールを開いてクリックスルーしたユーザーの割合。
  4. 退会率:受信者が退会する率。

これらのレートのEメール ベンチマークは、E-コマース・D2C・DNVBのカテゴリーやEメールの種類によって異なります。

  • ① プロモーショナルメッセージ:Promotional communication Message
  • ② トランザクションメッセージ:Transactional Message

の大きな2つのカテゴリーに分類できます。
それを、顧客の購買に対するカスタマージャーニーのポジションや、オケージョンでの施策アクションで分類すると

  1. ウェルカムメッセージ:Welcome Message
  2. サイト離脱・放棄メッセージ:Browse abandonment Message
  3. カート放棄メッセージ:Cart abandonment Message
  4. トランザクションメッセージ:Transactional Message
  5. ロイヤルカスタマーメッセージ:loyal Customer Message
  6. アニバーサリーやマイルストーンメッセージ:Anniversary(Birthday:etc) and milestone Message
  7. ウインバック・再エンゲージメントメッセージ:Winback・Re-engagement Message

02:Eメールの開封率が重要な理由

Eメールの開封率は、Eメール キャンペーンの実際のパフォーマンスを示す重要なEメールマーケティング指標です。

たとえば、開封率から次のことがわかります。

  • メールが受信者の受信トレイに届いたか。
  • 適切なセグメントをターゲットにしたか。
  • メールの件名が魅力的だったか。
  • プリヘッダー テキストが魅力的だったか。

メールの開封率が重要な理由がわかってきたので、次のステップはメールの開封率が高い理由を見てみましょう。

03:良い開封率とは

開封率は、送信するメールの種類によって異なります。

たとえば、

ほとんどのトランザクション メールの平均開封率は 80 ~ 85% ですが、マーケティング メールは 20 ~ 25% もあれば大成功です。

トランザクション メールとは

パスワードのリセットや、購入の領収書など、購入した人々がすぐに表示したり、繰り返し再訪したりする傾向がある種類の情報であるため、開封率が高くなる傾向があります。

メール マーケティングはより複雑なため、私たちはトランザクション メールとマーケティング メールを分けることにしています。

そうすれば、ブランドは、メールマーケティングでの低いエンゲージメント率がメッセージに影響を与えるのを防ぐことができます。

20 ~ 25% のメール率は決して悪くありませんが、優れているメール開封率のいくつかの特性を見てみましょう。

開封率が安定しているか、常に改善していますか。

四半期や 1 年など、一定期間に亘っての開封率を観察します。開封率を使用して、Eメール施策が健全かどうかを判断します。

開封率は、さまざまなデバイスによって違います。開封率は、顧客がモバイル デバイスでメールを開いているか、ラップトップなどのPCで開いているかによって異なります。
メトリックを詳しく見て、ベンチマークを満たしているかどうかを確認していきます。


ブランドの開封率が業界の平均を満たしているとします。業界ごとには異なりますが、開封率が業界平均に近いかそれを上回っているということは、競合他社並みであって、歩調を合わせているとも言えます。

平均メール開封率レポート 【2022年版】 業種別・地域別(国別)の最新情報

04:開封率に影響するものとは

良いメール開封率がどのようなものかは把握できたとします。それに影響を与えるいくつかの要因について考えてみましょう。

先ずは、自分自身の経験と価値観を思い出しながら同じこと、違うことを確認してください。

評判:

ブランドの評判は、メッセージが実際にEメール受信者の受信トレイに届くかどうかを決定するため、開封率の大きな要因です。

結局は、メッセージが配信されない場合、顧客はそれを開こうとはしないです。バウンス率を調べて、メールが配信されていないかどうかを確認してください。
送信の評判を向上させるためのベスト プラクティスはたくさんあります。

クリーンなメーリング リスト:

メーリング リストを維持することは、リストの電子メール アドレスが関連性があり、単なるスパム トラップではないことを確認するために重要です。メールを送信する前に検証および検証して、開封率を高めていきます。

ブランド認知:

顧客はブランドを認識し、あなたが誰であるかを知っていますか。 
メールの受信をオプトインした顧客・ユーザーにのみ送信し、BIMI などの手法を使用してブランドの認知度を高めることで、開封率を高めることができます。

件名とプリヘッダー:

件名が巧妙で、関連性がなく、説得力がない場合、読者はメッセージを開きません。
ただし、スパマーのように見えないように、クリックベイトの件名も避ける必要があります。件名とプリヘッダーをA/B テストして、顧客に最適なものを見つけます。

アクセシビリティ:

顧客はメールを受信できるだけでなく、適切に読むことができますか。
コンテンツ マーケティングと件名を設計するときは、スクリーン リーダーを念頭に置いて、アクセシビリティを改善し、開封率を高めます。

これらは、開封率を向上させて、目的を達成するのに役立ちます。

05:低い開封率を修正するにはどうすればよいか

これはベスト プラクティスに慣れていないと、何が問題なのかを特定するのはとても難しいかもしれません。

開封率が低い場合は、詳細なメール到達率監査を実施することから始めることをお勧めします。この監査は、何が機能していて、何が機能していないかを判断するのに役立ち、問題と潜在的なスレッドを特定することができます。

開封率の低下は、多くの場合、質の低いメーリング リストが原因です。メーリング リストをしばらく持っていたり、怪しげな手段で作成したりした場合、データベースの購読者は、あなたが送信しなければならないものに興味がないだけかもしれません。

代わりに、メールを送信する頻度に応じて、メッセージに関与していない顧客ユーザーを一掃します。

たとえば、月に 1 回ニュースレターを送信していて、ユーザーが過去 3 回開いていない場合は、手放すときです。

理想的な世界では、顧客が購読を解除してあなたのリストをきれいにしてくれるでしょうが、人々はそのメールアドレスを忘れたり、完全に使用しなくなったりするかもしれません。

あなたがそこに出しているコンテンツについて考えてください。

  • 顧客に関連していますか。
  • 件名とメールの本文にパーソナライゼーション を使用していますか

このような小さな変更が、誰かにメールを開封してもらうのに大きな違いをもたらします。

「鈴木さん、新製品のデザインを気に入っていただけると思います」

というような単純なことでも、

「新商品のデザインと着心地に驚かれることでしょう!」

よりも効果的です。

06:まとめ

開封率が低いとイライラすることは承知していますが、ガッカしないでください。

開封を追跡することで、メールのパフォーマンスを理解し、到達可能性やエンゲージメントの問題の可能性を特定できます。

問題に対処しており、サポートが必要な場合は、遠慮なくご連絡ください。メールの開封率を元に戻すお手伝いをする準備ができています。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
Lazada と Shopee がほとんどの東南アジア諸国に存在することを見つけるのは難しくありません。Shopeeが今年特に傑出しており、上記の国々の市場で主導的な地位を占めていることは注目に値します。Kantar BrandZ が...
続きを読んでみる
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの市場環境は堅調かつ急速に成長しており、15,000 を超えるオンライン マーケットプレイスが 3,630 億ドルという驚異的な e コマース市場収益に貢献しています。この地域では、2025 年までにデジタル コマースの年間...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー