富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

EC 顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

D2C DNVB DTC EC 購入中体験 購入体験 購入前体験 購入後体験

EC 顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

 

EC(電子商取引:eコマース)の顧客購買体験(Customer Purchase Experience)に関連するCX(Customer Experience)とは、顧客がオンラインで商品やサービスを購入する過程全体における総合的な顧客体験のことです。
CXCustomer eXperience)は、顧客が商品やサービスを購入するだけでなく、そのプロセス全体において感じる満足度や印象、感情などを企画・設計・デザインすることです。

「購入」と「購買」は、日本語で非常に似ている言葉ですが、微妙な違いがあります。

1. 購入(こうにゅう):
「購入」は、何かを買うこと、商品やサービスを入手することです。一般的には、お金を支払って何かを手に入れることです。
D2C(DTC)コマースサイトで、新しい靴を購入した。となります。

2. 購買(こうばい):
「購買」は、商品やサービスを購入するプロセス全体のことです。購買には、商品やサービスを選択して、価格を検討して、購入手続きを行う一連のステップやプロセスが含まれています。
このDNVBブランドの商品は購買プロセスが簡単で、商品わかりやすく、サービスが丁寧です。

購入は実際に商品を手に入れる行為で、購買は商品を手に入れるために行うプロセスや過程です。。両方の言葉は消費者行動やコマースビジネスに関連するコンテキストで使用されます。

購入体験ファネル(Purchase Experience Funnel)とは

顧客が商品やサービスを購入するプロセスを段階的に理解することは重要です。
これを顧客視点で最適化するためのモデルを理解して設計して運用して、分析して、改善しつづけることが必要です。

1. 購入前(Pre-Purchase):

認識(Awareness):

顧客はあなたのブランド商品やサービスについて初めて知るか、関心を持つ段階です。広告、ソーシャルメディア、ウェブ検索、口コミなどがこのステージで役立ちます。

関心(Interest):

顧客は興味を持ち、詳細な情報を求める段階です。ウェブサイトやカタログ、評価・レビューをチェックすることがよくあります。

検討(Consideration):

顧客は選択肢を比較して、購入を検討します。価格、特典、品質などが重要な要因です。比較表や購入ガイドが役立ちます。

2. 購入中(Purchase):

決定(Decision):

顧客は最終的な決断を下し、商品やサービスを購入する段階です。この段階では、ショッピングカートにアイテムを追加して、支払いプロセスにすすみます。

支払い(Payment):

顧客は商品やサービスを支払う方法を選択し、支払いを完了します。クレジットカード、IDPay、後払い(BNPL)などが一般的です。

3. 購入後(Post-Purchase):

確認(Confirmation):

顧客は購入が確定し、注文確認(受付と確定)メールや注文番号、配送問い合わせ番号などを受け取ります。このフルフィルメントの段階で誤りがないか確認します。

配送・受け取り(Delivery/Receiving):

商品がFC/DCから発送され、顧客は商品を指定場所(自宅(対面・宅配BOX・置き配など)・オフィス・店舗(BOPIS)、そしてギフト)で受け取ります。配送追跡情報を提供することで、顧客に安心感を提供できます。

Unboxing体験や、同梱施策でCXを向上させます。

サポートとアフターケア(Support and Aftercare):

顧客が購入後に問題や疑問を持った場合、カスタマーサポートが応対して、アフターケアを提供します。顧客の満足度を高めるために重要です。

フィードバックとリピート購入(Feedback and Repeat Purchase):

顧客のフィードバックを収集して、サービスの改善に役立てることができます。また、顧客が再度購入する可能性を高めるためのCRMを展開していきます。

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する Shopify

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する Shopify

このコンテンツでは次のポイントについて解説しています。

1. パーソナライゼーションが重要:
顧客の心理を理解し、購入後の体験をカスタマイズすることが必要です。購入と購買の違いも説明されています。
2. ソーシャルコマースの拡大:
D2Cモデルの重要性が強調され、ソーシャルメディアでの販売の重要性が指摘されています。
3. オムニチャネルの重要性:
顧客が異なるチャネルを移動しても一貫性のあるコミュニケーションが必要です。
4. 購入後のマーケティング:
パーソナライゼーションと注文追跡が重要です。
5. モバイルコマースの重要性:
スマートフォンを活用してモバイルナビゲーションと読み込み時間を最適化しましょう。
6. メッセンジャー機能の活用:
SNSメッセンジャーマーケティングが主流になります。
7. 動画マーケティングの重要性:
ビデオを使って顧客のエンゲージメントを高めましょう。
8. 持続可能性の重要性:
サステナビリティに対する顧客の関心が高まっており、持続可能性を考慮したビジネス戦略が必要です。

購入体験ファネルは、顧客の心と体験の移り変わりを理解し、各ステージでの課題や機会を特定していきます。そのためは各ファネルで重要なタッチポイントとオムニチャネルコミュニケーションが役立ちます。

 

顧客にとって円滑(シームレス)で満足度の高い体験を提供するために、各ステージを最適化することが重要です。

購入前・中・後のステップでの代表的な成長施策

これらの施策は、購入体験を向上させ、顧客の満足度を高め、購入率を向上させるのに役立つために実施します。

1. 購入前(Pre-Purchase):

コンテンツマーケティング:

関心を引き、認識段階から興味段階へ移行させるために、ブログ記事、ウェブコンテンツ、ビデオ、ソーシャルメディア投稿などを活用します。

SEO対策:

ウェブサイトを検索エンジンで見つけやすくするために、キーワードの最適化、メタデータの最適化、コンテンツの品質向上を行います。

広告キャンペーン:

Instagram・TikTokなどのソーシャルメディア広告やGoogle広告・LINE広告などオーディエンスのいるコミュニティを使用して、ターゲット顧客に商品やサービスをアピールする広告キャンペーンを実施します。

2. 購入中(Purchase):

ショッピングカート最適化:

ショッピングカートの使いやすさ(シングルページなど)を向上させ、購入プロセスをスムーズにするために、UI:ユーザーインターフェースを改善します。

ゲストチェックアウト:

アカウントの作成を強制せず、ゲストとして簡単に購入できるオプションを提供します。

クロスセリングとアップセリング:

顧客に関連商品を提案し、平均注文額を増やすために、クロスセリング(関連商品の提案)とアップセリング(高価な商品やサービスの提案)を導入します。

お届け日程の選択と送料無料:

ショッピングカートや購入ページで、お届け日程の選択肢を提供します、その中に「送料無料オプション」を含めます。このオプションを選択すると、顧客は特定の日付または購入条件を満たす注文で送料が無料になります。
送料無料条件を明確に説明します。例えば、特定の日付や時間帯に受け取り可能な場合はこれからの送料高昇時代には必要な施策です、購入金額が一定額以上の場合、サブスクリプションコマースの会員特典など、条件を明示します。

3. 購入後(Post-Purchase):

注文確認メール:

顧客に注文確認メールを自動的に送信し、購入内容を確認して貰います。

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 ShopifyトランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

購入後のトランザクションメールの重要性とその最適な活用方法について

購入後のトランザクションメールは、顧客との長期的な関係を築くチャンスであり、以下のポイントが強調されています。

  • ブランドと商品の価値を伝えること
  • お客様のレビューを紹介すること
  • ロイヤルティプログラムを強調すること
  • カスタマーサポートを簡単にアクセスできるようにすること
  • 商品の適切な使用方法を教育すること
  • サブスクリプションプログラムを宣伝すること
  • ソーシャルメディアを通じてコミュニティを構築し、顧客と関わること

また、タイミングも重要で、お届け予定日や配送通知、追跡ページを活用して顧客の利便性と満足度を高める方法やポイントも提案しています。

配送追跡:

顧客が注文の配送状況を追跡できるように、リアルタイムの配送追跡情報を提供します。

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

購入後の顧客体験に関する重要なポイントについてです。購入後のコミュニケーション戦略についてポイントを説明しています。

1. 配送情報の明確な伝達:
配送情報を簡潔で分かりやすい言葉で伝え、ビジュアル要素を活用し、顧客が簡単に見つけられるように配置し、常に最新情報を提供することが重要です。

2. トランザクションメールでブランドアイデンティティを強化:
配送追跡メールなどのトランザクションメールをブランド化し、顧客の関心を維持するためにブランドの色、フォント、ロゴを使用し、パーソナライズしましょう。

3. FAQセクションの作成:
顧客の一般的な質問に対する明確で簡潔な回答を提供するFAQセクションを作成し、顧客が配送プロセスを理解しやすくしましょう。

4. 顧客対応の向上:
明確な期待を設定し、積極的なコミュニケーションを行い、共感し、問題に対する解決策を提供し、さまざまなコミュニケーションチャネルを使用し、顧客に注文の最新情報を提供しましょう。

これらのポイントを実践することで、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドのロイヤルティを高めることができます。

アフターサポート:

顧客が購入後に問題を抱えた場合、効果的なカスタマーサポートを、顧客が選択するコミュニケーションチャネル、Chat・LINE(Voice and Non Voice)、TELなど提供して、顧客の問題を解決します。

リピート購入プログラム:

顧客にリピート購入を促進するためのCRMプログラムを導入し、特典や割引を提供します。

施策はあくまでも、顧客の購入体験を向上させるための一般的な方法です。当然、業界や、小売ビジネスがオムニチャネル化しているかによって最適な施策は異なります。
顧客のニーズやフィードバックを常に収集し、購入体験を最適化するための努力を継続的に行うことが大切です。 

購入後のCXの重要性とポイント

購入後の顧客体験(CX)は、ビジネスにとって非常に重要になってきています。顧客視点からのCXを向上させること「顧客中心」(けっして、お客様は”神様”ではありません)は、長期的な顧客忠誠度の向上からのファン化、リピート購入、口コミの促進など多くのメリットを提供します。購入後のCXの重要性と顧客視点の施策とメリットを説明します。

購入後のCXの重要性:

1. 顧客のロイヤリティの向上:

良い購入後の体験を経験すると、顧客がブランドやサービスに信頼と信用を醸成する傾向があります。顧客は、自分が大切にされ、サポートされていると感じることで、同じブランドから再度購入する可能性が高まります。

2. 口コミと評判の促進:

購入後(だけではなく、購入中もです)のポジティブな体験は、口コミと評判の形成に貢献します。顧客が良い体験として評価することや、友人や家族にレビューやReferral(紹介)や、マイクロインフルエンサーとして、伝えることは、新たな顧客を獲得するために非常に有力な手段となっています。

3. リピート購入:

購入後の良い体験は、顧客にリピート購入を促しやすくします。再度商品やサービスを必要とする際に、前回の良い商品と経験が重要な決定要因となります。

4. 顧客維持のコスト削減:

新規顧客を獲得するコストは高いため、既存の顧客を維持し、再度購入してもらうことは、コストを削減する面でも有益であることは既に神話として確立しています。

顧客視点の施策:

1. カスタマーサポート&カスタマーサクセス:

顧客が商品やサービスに関する問題や質問を持った場合、迅速かつ効果的にサポートを提供します。カスタマーサポートだけでは、カスタマーサクセス視点で親切でプロフェッショナルであるべきです

2. フィードバックの収集:

顧客からのフィードバックを積極的に収集して、商品やサービスの改善に活用します。顧客の声を聞くことは信頼性を高めます。そして、社会的証明としても有効に活用します。

3. 特典と割引:ロイヤリティプログラムとリワードプログラム

顧客に対してリピート購入を奨励するために、特典や割引を提供します。クーポンコードや会員特典などが一般的に考えられます。ロイヤリティプログラムをトランザクションベースではなく、リレーショナルアクションベースで設定してその一部としてリワードプログラムを組み込むます。

4. 教育とリソース提供:

顧客が商品やサービスを最大限に活用できるように、教育的なコンテンツやリソースを提供します。ユーザーガイド、トラブルシューティング情報、コンシェルジュ・カウンセリングなどが含まれます。

購入後のCXの最適化は、ビジネスの成功において不可欠な要素です。顧客を中心に置き、顧客が良い体験を持つことを優先事項とすることで、ビジネスが長期的な成功を収める可能性が高まります。

購買後体験における返品と交換のメリット

購入(購買)後体験:Post Purchase・ポストパーチェスにおける返品と交換のプロセスを提供することには多くのメリットがあり、顧客満足度の向上や信頼性の確立に寄与します。
以下に、返品と交換のメリットと提供のポイントを説明します。

顧客メリット:

1. 顧客は購入前・中・後も安心感:

返品や交換のオプションを提供することで、不満足な商品やサービスを受け取った場合に、迅速かつ柔軟に対応するプロセスを提供することが、顧客の満足度を高める重要な要因です。

2. 返品や交換のポリシーで信頼性を確認

返品や交換のポリシーで、企業の信頼性と透明性を確認することができます。顧客は、問題が生じた場合に適切に対応する企業に対して信頼を持つことができます。

3.ポジティブな口コミ効果

返品や交換のスムーズなプロセスは、顧客が友人や家族に対してポジティブな口コミを広める要因となります。

4. 他の競合企業との差別化要因

返品と交換のオプションを提供することは競争力を差異化するのに役立ちます。

提供のポイント:

1. 明確なポリシーの設定と自動対応:

返品と交換に関するポリシーを明確かつ簡潔に設定し、ウェブサイトや購入ページに掲載します。ポリシーに従って、顧客がセルフサービスで返品・交換対応ができるフローを構築します。

2. 返品(返送)ラベルと包装:

返品や交換のためのラベルや必要な包装材料を提供します、顧客が商品を安全に、簡単に返送できるようにします。返品プロセスを顧客、ブランドCSスタッフ、フルフィルメントスタッフ、そして、再販のためのマーケティングスタッフで簡素化します。

「返品可能」なパッケージ とは「返品可能」なパッケージ とは

EC/Eコマースビジネスでの収益と、返品と権利に関する重要性です。返品はオンラインショッピングの文化に深く根付いており、消費者は簡単な返品プロセスを期待しています。返品の主なタイプには、交換、保証による返品、ストアクレジット、払い戻しなどがあります。また、返品可能なパッケージを提供することが重要で、顧客の不満を取り除き、持続可能な環境に貢献します。

・「簡単な」返品とは
・「返品可能」パッケージとは
・返品可能なパッケージオプション
・返品可能なパッケージを使用する主な理由
1.返品体験から不満を取り除きます
2.より持続可能に
3.リバースロジスティクスコストの削減

3.顧客メリット・オプションの提供:

返品と交換の両方のオプションを提供します。顧客が商品を返品したくない場合、代替品を提供することで満足度を高めることができます。返品の際の返金のオプションで、ストアクレジットを提供することで顧客とブランドのメリットを最大化します。

5. フィードバックの収集:

返品や交換の理由を顧客から収集して、商品やサービスの改善に役立てます。顧客のフィードバックは貴重な情報源です。

ECで返品データを使用して顧客の生涯価値を高める方法

ECで返品データを使用して顧客の生涯価値を高める方法

EC/eコマースの返品データが顧客の価値評価に役立つこと、CLV(顧客生涯価値)向上のためのアプローチ、顧客の金銭的貢献の測定方法、返品が顧客価値に与える影響などが議論されています。顧客価値を評価する難しさや、リピーター顧客の重要性、リテンションマーケティングの重要性も強調されています。最初の購入だけでなく、顧客の将来の支出も考慮して投資を行うことが重要です。

ポイント:
1. eコマースの返品データはCLV計算やマーケティング戦略に役立ちます。
2. 顧客価値を評価するのは難しいが、リピーター顧客が重要です。
3. 顧客の金銭的貢献を測定する方法を考慮し、獲得と維持のバランスを取る必要があります。

返品と交換のプロセスは、返品・交換の購買(購入)後体験の顧客体験を向上させ、顧客との信頼関係を築く重要な要素です。
企業は、このプロセスを戦略的に設計し、適切に実施することで、顧客満足度の向上とビジネスの成長に寄与できます。

そして、それを再販売などのプロセスで収益化していきます。

購入後体験 ポストパーチェスエクスペリエンス コラム

顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC 顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC(電子商取引)における顧客購入(購買)体験(Customer Purchase Experience)とCX(Customer Experience)についてポイントを説明しています。
CXは、顧客がオンラインで商品やサービスを購入する過程全体における総合的な顧客体験を指しています、商品購入だけでなく、プロセス全体における満足度や感情も含まれます。また、「購入」と「購買」の違いも説明されており、購買は商品を手に入れるプロセス全体を指します。
さらに、購入体験ファネルやオムニチャネル/ECトレンドについても触れられています。購入前、購入中、購入後のステップでの成長施策も紹介され、顧客の満足度向上に役立つ情報が提供されています。

 

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

1. パーソナライゼーションが重要:
顧客の心理を理解し、購入後の体験をカスタマイズすることが必要です。購入と購買の違いも説明されています。
2. ソーシャルコマースの拡大:
D2C(DTC)モデルの重要性が強調され、ソーシャルメディアでの販売の重要性が指摘されています。
3. オムニチャネルの重要性:
顧客が異なるチャネルを移動しても一貫性のあるコミュニケーションが必要です。
4. 購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスでのマーケティング:
パーソナライゼーションと注文追跡情報の活用が重要です。
5. モバイルコマースの重要性:
スマートフォンを活用してモバイルナビゲーションと読み込み時間を最適化しましょう。
6. メッセンジャー機能の活用:
Eメールを基本として・SNSメッセンジャー・LINEマーケティングが主流になります。
7. 動画マーケティングの重要性:
ビデオを使って顧客のエンゲージメントを高めましょう。
8. 持続可能性の重要性:
サステナビリティに対する顧客の関心が高まっており、持続可能性を考慮したビジネス戦略が必要です。

 

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC:eコマース注文の背後にある原動力となっている顧客視点の考え方とは何でしょうか
Amazonの翌日プライム配送モデルがeコマース市場に影響を与え、競争力を高めています。

注文の追跡、オムニチャネル/eコマースの発送プロセスの最適化、配送日時指定(による日時指定)、顧客の期待の管理に役立つ、知っておくべき商品の納期情報を活用した、CX:カスタマーエクスペリエンスを高める運用方法のポイントについて簡単に説明していきます。

また、商品の発送日と注文日、注文明細書の作成日、お届け予定日などの用語や意味も説明されています。
配送日時指定アプリを利用する方法について解説しています。

 

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC/eコマース(電子商取引)の配送設計について重要なポイントとなる情報を提供しています。
CX(顧客体験)+購入(購買)体験において、迅速で手頃な価格の配送・配達が消費者にとっては重要な体験であり、そのためには適切な物流パートナーを選び、異なる配送方法を提供する必要があります。これによって、競争力を維持するとともに、消費者の期待に応えることができます。
配送・配達料金は、商品の寸法、重量、配送地域に依存して計算され、3PL(フルフィルメント)プロバイダーとの協力や配送コストの削減も検討すべきポイントです。環境に優しい配送オプションも注目されてきています。 DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のECビジネスが成功するためには、配送・配達戦略を慎重に計画して、顧客満足度を高めることが不可欠です。

 

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

Shopify ストアの成功のポイントは、良い商品と優れた顧客体験:カスタマーエクスペリエンスを提供し、効率的なフルフィルメントプロセスを確立することです。 フルフィルメントには注文管理、在庫管理、配送/配達、倉庫保管、返品・交換管理などが含まれます。
さまざまなフルフィルメントモデルがあり、自社フルフィルメント、3PL、ドロップシッピングなどが選択肢です。最適なモデルはビジネスの規模や成熟度に依存します。
3PLを選ぶ際にはShopifyとの統合、2日以内の発送能力、倉庫の場所、SLAを検討し、配送コストを削減することも大切です。
最終的に、適切なフルフィルメントモデルを選択する際にビジネスのニーズと成長段階を考慮することが重要です。

 

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

電子商取引(EC/eコマース)サイトにおける配送予定日の重要性について説明しています。

ユーザーは商品の発送スピードよりも、商品がいつ届くか(配達日・時間・場所)を気にしており、これが顧客の満足度に影響します。
ECサイトでは配送オプションが提供され、締め切り時間や休日によって納期が変わります。

Shopify で配送予定日を提供する方法として、ロジックを自分で構築するか、アプリを使用する方法が紹介されています。(日本のカートシステムは標準で実装されています。)
また、配送オプションや配達予定日の追加は顧客の利便性向上につながり、コンバージョン率を向上させることができます。
最後に、配送業者のサポートも重要で、顧客セルフサービスポータルで追跡情報を提供することで顧客の便益を増やし、顧客の行動データを収集することもできます。

 

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代になっても、Eメール・SNSのDM・LINEなどの顧客とのコミュニケーションはとても重要なタッチポイントで、オムニチャネルコミュニケーションがポイントです。

このコラムでは、EC:eコマースでの顧客の購買ファネルで活用されているEメールの種類についてポイントを解説していきます。

Eメールを活用した顧客コミュニケーションが重要であり、セールスメール、注文書メール、レスポンシブメール、トランザクションメール、配達完了通知メールなど、さまざまなEメールの種類を説明しています。

これらのEメールを効果的に使用することは、EC(eコマース)企業にとって重要で、顧客の満足度向上と収益増加に貢献します。

 

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮し、注文情報を追跡して荷物の状況を確認します。
購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスフェーズのエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは顧客セルフサービスの機能として個別の追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントとCX体験を高めることができます。

このページを設計する際のポイントには、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。

このコンテンツは、購入後の顧客体験に関する重要なポイントを述べています。購入後のコミュニケーション戦略について説明され、以下のポイントを解説しています:
1. 配送・配達情報の明確な伝達:
配送・配達情報を簡潔で分かりやすい言葉で伝え、ビジュアル要素を活用し、顧客が簡単に見つけられるように配置し、常に最新情報を提供することが重要です。
2. トランザクションメールでブランドアイデンティティを強化:
注文確認・配送/配達追跡メールなどのトランザクションメールをブランド化し、顧客の関心を維持するためにブランドの色、フォント、ロゴを使用し、顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライズをしましょう。
3. FAQセクションの作成:
顧客の一般的な質問に対する明確で簡潔な回答を提供するFAQセクションを作成し、顧客が配送プロセスを理解しやすくしましょう。
4. 顧客対応の向上:
カスタマーサポートでの明確な期待を設定し、積極的なコミュニケーションを行い、共感し、問題に対する解決策を提供し、さまざまなコミュニケーションチャネルを使用し、顧客に注文の最新情報を提供しましょう。

これらのポイントを実践することで、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドのロイヤルティを高めることができます。

 

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

Shopify ブランドにとって、実証済みの顧客維持方法が非常に重要である理由について説明しています。

顧客獲得のコストが高騰しており、顧客獲得(CAC)が顧客生涯価値(CLTV)を上回っているため、ファンロイヤリティのある顧客ベースを構築することが重要です。

具体的には、
トランザクションメールで、注文・配送追跡情報コンテンツをマーケティングに活用し、CX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスコミュニケーションとしてパーソナライズし、リピート購入率を向上させる方法についてのポイントを解説しています。

また、デジタル広告とDNVB(デジタルネイティブブランド)とその一カテゴリーDTC/D2C 3.0対応の重要性も強調されています。 Shopfiy ブランドは、顧客獲得だけでなく、維持にも焦点を当てるべきだというメッセージが伝えられています。

 

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

Shopifyブランドと顧客の間に信頼とロイヤルティを構築するには、顧客レビューリクエストのタイミングを効果的に設定することが不可欠になります。
Shopifyを使用して顧客の信頼と顧客にとってのロイヤルティプログラムを通じてのロイヤリティと購買後体験を構築する方法について説明しています。

顧客レビューのタイミングが重要であり、購入後のコミュニケーションや顧客レビューを活用する方法に焦点を当てています。
また、注文追跡情報:トランザクションコミュニケーションをコマースプラットフォームと統合することで、顧客エンゲージメントを向上させ、競争力を強化するメリットも説明されています。統合を活用することで、EC/eコマースビジネスの成功に寄与できるポイントを解説しています。

5 つ星の CX:カスタマーエクスペリエンスの効果を得るために、注文追跡データがレビュー リクエスト プラットフォーム(レビュー単独のシステムもありますが、ベストはMA:マーケティングオートメーションの一部として機能することです。)から分離されずに運用することがポイントです。

 

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのトランザクションメールの重要性とその最適な活用方法について説明しています。
購入後のトランザクションメールは、顧客との長期的な関係を築くチャンスであり、以下のポイントについて解説しています:

・ブランド/D2C(DTC)なら尚更と商品の価値を伝えること
・お客様のレビューを紹介してユーザー生成コンテンツ(UGC)として活用すること
アクションベースのロイヤルティプログラムを通じてロイヤリティと購買後体験 を強調すること
カスタマーサポートを簡単にアクセスできるようにすること
・商品の適切な使用方法を教育・啓蒙・体感させること
サブスクリプションプログラムを宣伝すること
ソーシャルメディアを通じてコミュニティを構築し、顧客と関わること

また、
タイミングも重要で、お届け予定日や配送通知などのトランザクションメール顧客セルフサービスでの追跡ページを活用して顧客の利便性と満足度を高める方法について提案しています。

 

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

顧客が購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのエクスペリエンスを向上させる方法について解説しています。
顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮しています、注文情報(トランザクション)を追跡して荷物の状況を確認します。
購買後のエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは個別の顧客セルフサービスでの追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントを高めることができます。
このページを設計する際には、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライゼーションされたCX:カスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。
また、追跡ページを通じて他の商品やサービスを宣伝することでアップセルと共感された衝動買いの体験を提供できます。

 

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC/eコマース(電子商取引)分野におけるDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0(直販)ブランドの成功において、配送とフルフィルメントに関するFAQの重要性について説明しています。

FAQは顧客に情報を提供し、全体的なCX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスの向上に貢献します。
FAQは透明性、効率性、顧客満足度を向上させ、ブランドの配送ポリシーに合わせてカスタマイズされるべきコンテンツです。

さらに、顧客のニーズと好みを考慮し、トランザクション:注文追跡返品・交換プラットフォームを活用することで、ブランドの信頼性を高め、効率的な顧客サービスプロセスを実現できます。

ブランドの成功には、FAQの適応とカスタマイズが不可欠です。

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7CX:カスタマー(顧客)エクスペリエンスの重要性についてポイントについて言及しています、購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェス顧客とのコミュニケーションの重要性を強調しています。
エンゲージメントの隠れたチャネルとして、配送・配達情報やトランザクションメールを活用して顧客との信頼とブランドアフィニティを築く方法について説明されています。
さらに、顧客がロイヤルティプログラムと友人を紹介(Referral)プログラムを実施することや、顧客の意見を尊重することがブランド成長に寄与する方法として示唆されています。
総じて、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドの成長を促進する方法について述べています。
SHIN CX 購入後体験 Inquiry
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Ship form Shop ストアから発送とは
Ship form Shop ストアから発送とは
ストアから発送とは これは、小売ネットワークを活用し、オンラインでの在庫切れを防ぐことを可能にするオムニチャネル イノベーションです。 オンライン注文を履行するための配送ハブとして店舗を使用します。 店舗からの発送を実装するには、特定...
続きを読んでみる
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリプションコマースに限らずD2C(DTC)ビジネスはパンデミックの最初の2年間で20%以上急上昇した後、会員収入の伸び率は現在1桁台に落ち込んでいると言われます。消費者の注目を集め、限られた予算をめぐる競争は、従来の小売業の競...
続きを読んでみる
AI マーケティングオートメーション
AI マーケティングオートメーション
e コマース 、データ(小売データと DTC データ)、プロファイルのターゲティングがどのように連携できるかについてご一緒に考えていきましょう。 開始するまえに、オーディエンス スライスを確認してみてください。コマースプラットフォーム...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
今、顧客がe コマースサイト やモバイル アプリにたどり着いた瞬間から、生涯を通じて素晴らしい顧客体験を提供する必要があります。そうでなければ、顧客はイライラしてサイトやアプリを離れ、どこか別の場所に行ってしまうでしょう。カスタマーエ...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:User-Generated Content、なぜそれをあなたのブランドのコマースサイトに統合するのでしょうか。もしかしたら、ソーシャルユーザー生成コンテンツに関連する非常識な ROI エンゲージメント コン...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
UGC:ユーザー生成コンテンツと、UGC(User-Generated Content)がブランドにもたらすすべてのメリットについて聞いたことがあると思いますが、もちろん、正しく使用すればOKです。ソーシャルメディアでユーザー生成コン...
続きを読んでみる
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
買い物客は、オンラインである程度のパーソナライゼーションを期待するようになりました。 それがなければ、 コマースサイトでの買い物は不便なものになる可能性があります。顧客が確認するSKUが数十、数百、または数千ある場合があります。顧客が...
続きを読んでみる
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
アパレルブランド、ファッションブランド、ビューティブランドなどのコマース マーチャントにとって、商品レコメンデーションクイズは、新しい訪問者を引き付け、商品の発見を促し、リストを増やし、売上を伸ばすための優れた方法になりつつあります。...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー