富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

連載のまとめ:地域の製造小売業が成長するには?【第4回】 コマースピック寄稿記事

Amazon D2C 楽天 通信販売・通販 通販 通販基幹システム

連載のまとめ:地域の製造小売業が成長するには?【第4回】 コマースピック寄稿記事

これまでのコラムで、地域の製造小売ビジネスが成長するために必要なステップとして、次の3つを解説してきました。

しかし、大前提として、地域で支持、共感される商品と事業がないと始まりません。地域で成長できない事業(顧客にとっての商品とサービス)が日本全国を対象としたデジタルコマースで成功するのかというと、難しいでしょう。

コマースピック記事はこちら

https://www.commercepick.com/archives/44909

D2Cブームは去った今がチャンス

D2Cブームが去り、繁栄していた過去には戻れない時代になりました。単品リピート・サブスクリションビジネスではそれが顕著です。

CAC (顧客獲得コスト)の高騰と、アフターコロナによりeコマースから実店舗への顧客の購入行動の移行と相まって、従来のDTC (D2C)のみの戦略の弱点が明らかになっています。カテゴリごとでも、マーケットの後退は事業環境の言い訳の助けにはなっていないのが現状です。

DTC(デジタルコマース)は、バリュー チェーンを垂直化して(これは正しく、地域の製造小売企業の特徴)、カスタマーエクスペリエンス(購入体験+購入後体験:Post Purchase/ポストパーチェス)を完全に所有することが、ブランドにとっても、顧客にとっても、良い経済的成果(適正価格での販売)につながるというものです。

ほとんどの商品カテゴリで、 Eコマースのユニット エコノミクスに構造的な欠陥があることに事業者は気づいています。他のチャネル、特に実店舗(卸やtoBも含む)での再成長を探し始めています。 そのために、リアル店舗でも運用ができるシステムが求められているのです。

 

※本記事は執筆にあたって株式会社東計電算にご協力いただいています。

「商い」の時代を振り返る その4

個性ブランドの時代

「あらゆる業界がデジタル ファーストのリセットの時期を過ぎています。」
時代を巡るという文脈において、真実なことはあなた自身で確認してください。
現在のパーソナリティ ブランドの時代では、MrBeast (ミスタービーストは、YouTubeで有名なアメリカのクリエイターで、慈善活動や社会実験を行うことで知られています。日本には存在しないタイプですが真似はされています)の Feastables やハンバーガー、ローガン ポール(ローガン・アレクサンダー・ポールは、アメリカ合衆国オハイオ州生まれのYouTuber、インターネットセレブリティ、俳優、プロボクサーである。ブランドの広告に出演していたりします。日本でのいたずら動画や青木ヶ原の樹海の自殺動画は記憶にあると思います)のプライム エナジー ドリンクの例に明らかなように、小売業界ではインフルエンサーや有名人主導のブランディングが台頭しています。
マーク・アンドリーセンが最近明らかにしたように、この時代は、個人の個性がブランド価値と消費者エンゲージメントを推進するパラダイムシフトを表しています。ブランドは、インフルエンサーや有名人が視聴者と持つ感情的なつながりや信頼をますます活用して、より個人的で共感できる消費者と製品の関係を構築しています。(良いか悪いかは別として)

個性重視のブランドの台頭は、消費者と製品の関係が大きく変化していることを示しています。
コカ・コーラやクラフトマック&チーズのような古典的なブランドは、当時のメディア環境の影響で誕生したと主張する専門家もいます。
これらのブランドは、販売マーケティングの概念と社会マーケティングの時代という時代の産物とも言われています。
上記の他の例としては、ジョージ・クルーニーのカサミゴス・テキーラや、現在40億ドルのビジネスとなっているキム・カーダシアンのスキムズ補正下着などが挙げられます。
これらを一時的なギミックと見る人もいるかもしれませんが、より深い変化を表していると示唆しています。あなたは同意しますか。

まとめ

時代は、消費者エンゲージメント、マーケティング戦略、ブランド開発の進化に貢献してきました。
私たちが新しいトレンドやテクノロジーの出現を追跡し続けるにつれて、小売の物語は過去からの教訓と未来への可能性に富んだ進行中の物語であり続けているともいえます。

1 つ確かなこととしては、DTC はブランドのクラスや流通モデルではなかったということです。
それはただの時代で、チャネルでした。耐久性のあるブランドの構築は、それぞれの時代で行われてきましたが、製品のコンセプトを立て、発売し、規模を拡大し、耐久性のあるものにすることは不変です、そのために、今いる時間を最大限に活用する方法を理解することが重要でもあります。

ブランドがその始まり、拡大、そして成功した場合には永続的になる方法によって決まります。
耐久性のあるブランドの 3 つの柱は、優れた経営チーム、持続可能な購入と流通モデル、適切なユニットエコノミクスです。
小売業界は、社会の進化するニーズ、テクノロジー、文化の変化を反映し、継続的に変化するキャンバスとなっています。

通信販売と通販システムに関するコラム

Eコマースにおける ERP の活用方法トップ 8

Eコマースにおける ERP の活用方法トップ 8

通販基幹システムの重要性とEコマースシステムの活用法

通販基幹システムの重要性とEコマースシステムの活用法

通販基幹システム オフラインからオムニチャネルへの転換

通販基幹システム オフラインからオムニチャネルへの転換

CRMシステムと通販基幹システムの統合

CRMシステムと通販基幹システムの統合

  • CRMシステムと通販基幹システムと連携
  • CRMシステムの運用ポイント
  • カスタマーサービス視点
  • マーケティング視点
  •  

    殿堂入り記事
    発送代行完全ガイド

    発送代行完全ガイド

    発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    物流企業

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
    全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

    あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

    リコマース・再販モデルがオムニチャネルコマースの新しい成長の糧になる理由と方法 日本ネット経済新聞記事
    リコマース・再販モデルがオムニチャネルコマースの新しい成長の糧になる理由と方法 日本ネット経済新聞記事
    ブランドの古着・中古アイテムをオンラインで販売・買取するサイトZOZOUSED、P2Pマーケットプレイスのメルカリ、リス―ス品を販売するコメ兵など、ブランド、ビンテージなどのリユース品を、再度それを求める消費者に販売するオンラインリコ...
    続きを読んでみる
    【開催告知】EC・D2C ぶっちゃけトークも!? シン河野さんを祝う会 AIでD2C・オムニチャネルビジネスをグロースする。
    【開催告知】EC・D2C ぶっちゃけトークも!? シン河野さんを祝う会 AIでD2C・オムニチャネルビジネスをグロースする。
      AI の重要なポイントは次のとおりです。AI はスマートで効率的で、何時間もの肉体労働を軽減し、D2C・e コマース ブランドの運営方法を変革しています。Eコマースビジネスにおける AI は、顧客の好みに関するリアルタイムの洞察と...
    続きを読んでみる
    製造小売企業が、リアル店舗、通販、デジタルコマースを活用して成長するポイント 日本ネット経済新聞記事
    製造小売企業が、リアル店舗、通販、デジタルコマースを活用して成長するポイント 日本ネット経済新聞記事
      DTC のみの戦略は、大多数のブランドにとってもはや実行可能な道ではない D2C(DTC)の死で強調したように、DTC のみの戦略は、大多数のブランドにとってもはや実行可能な道ではありません。2016 年、Bonobos の CE...
    続きを読んでみる
    デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大:地域の製造小売業が成長するには?【第3回】 コマースピック寄稿記事
    デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大:地域の製造小売業が成長するには?【第3回】 コマースピック寄稿記事
    この記事は、デジタルコマース・マーケットプレイスへの拡大について説明しています。デジタルコマースで顧客と繋がるためには、マーケットプレイスと自社コマースサイトの2つのチャネルを展開することが重要です。マーケットプレイスで実施するべきポ...
    続きを読んでみる
    通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張:地域の製造小売業が成長するには?【第2回】 コマースピック掲載記事
    通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張:地域の製造小売業が成長するには?【第2回】 コマースピック掲載記事
    この記事では、地域の製造小売ビジネスが成長するためのステップ2に焦点を当てています。ステップ1ではリアル店舗の顧客データを活用しましたが、ステップ2では通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張を提案しています。具体的には、リアル店...
    続きを読んでみる
    リアル店舗の顧客データを活用して再成長:地域の製造小売業が成長するには?【第1回】 コマースピック掲載記事
    リアル店舗の顧客データを活用して再成長:地域の製造小売業が成長するには?【第1回】 コマースピック掲載記事
    日本の地域の製造小売ビジネスの特徴と課題が述べられています。地域に愛され、知名度を活かして観光客にも支持される一方で、顧客の変化に対応できない課題もあります。成長のためには通信販売やデジタルマーケティングの仕組みを導入し、リアル店舗の...
    続きを読んでみる
    OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム コンテンツリスト
    OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム コンテンツリスト
    イントロダクション オムニチャネルコマースに関するポイントを解説しています。オムニチャネルコマースは、小売業界で成長と成功を達成するために、すべての販売チャネルで一貫したショッピング体験を提供することが重要なポイントです。 このアプ...
    続きを読んでみる
    オムニチャネルフルフィルメント OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part10
    オムニチャネルフルフィルメント OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part10
    オムニチャネルフルフィルメント  一言で言えば、商品は顧客に届かなければならないので、出荷はeコマースの不可欠な部分です。もちろん、船積みなどの物流全体ははるかに複雑で、多くのステップが必要ですが、この単純な声明には根本的な知恵がまだ...
    続きを読んでみる

    カテゴリー