富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

連載のまとめ:地域の製造小売業が成長するには?【第4回】 コマースピック寄稿記事

Amazon D2C 楽天 通信販売・通販 通販 通販基幹システム

連載のまとめ:地域の製造小売業が成長するには?【第4回】 コマースピック寄稿記事

これまでのコラムで、地域の製造小売ビジネスが成長するために必要なステップとして、次の3つを解説してきました。

しかし、大前提として、地域で支持、共感される商品と事業がないと始まりません。地域で成長できない事業(顧客にとっての商品とサービス)が日本全国を対象としたデジタルコマースで成功するのかというと、難しいでしょう。

コマースピック記事はこちら

https://www.commercepick.com/archives/44909

D2Cブームは去った今がチャンス

D2Cブームが去り、繁栄していた過去には戻れない時代になりました。単品リピート・サブスクリションビジネスではそれが顕著です。

CAC (顧客獲得コスト)の高騰と、アフターコロナによりeコマースから実店舗への顧客の購入行動の移行と相まって、従来のDTC (D2C)のみの戦略の弱点が明らかになっています。カテゴリごとでも、マーケットの後退は事業環境の言い訳の助けにはなっていないのが現状です。

DTC(デジタルコマース)は、バリュー チェーンを垂直化して(これは正しく、地域の製造小売企業の特徴)、カスタマーエクスペリエンス(購入体験+購入後体験:Post Purchase/ポストパーチェス)を完全に所有することが、ブランドにとっても、顧客にとっても、良い経済的成果(適正価格での販売)につながるというものです。

ほとんどの商品カテゴリで、 Eコマースのユニット エコノミクスに構造的な欠陥があることに事業者は気づいています。他のチャネル、特に実店舗(卸やtoBも含む)での再成長を探し始めています。 そのために、リアル店舗でも運用ができるシステムが求められているのです。

 

※本記事は執筆にあたって株式会社東計電算にご協力いただいています。

「商い」の時代を振り返る その4

個性ブランドの時代

「あらゆる業界がデジタル ファーストのリセットの時期を過ぎています。」
時代を巡るという文脈において、真実なことはあなた自身で確認してください。
現在のパーソナリティ ブランドの時代では、MrBeast (ミスタービーストは、YouTubeで有名なアメリカのクリエイターで、慈善活動や社会実験を行うことで知られています。日本には存在しないタイプですが真似はされています)の Feastables やハンバーガー、ローガン ポール(ローガン・アレクサンダー・ポールは、アメリカ合衆国オハイオ州生まれのYouTuber、インターネットセレブリティ、俳優、プロボクサーである。ブランドの広告に出演していたりします。日本でのいたずら動画や青木ヶ原の樹海の自殺動画は記憶にあると思います)のプライム エナジー ドリンクの例に明らかなように、小売業界ではインフルエンサーや有名人主導のブランディングが台頭しています。
マーク・アンドリーセンが最近明らかにしたように、この時代は、個人の個性がブランド価値と消費者エンゲージメントを推進するパラダイムシフトを表しています。ブランドは、インフルエンサーや有名人が視聴者と持つ感情的なつながりや信頼をますます活用して、より個人的で共感できる消費者と製品の関係を構築しています。(良いか悪いかは別として)

個性重視のブランドの台頭は、消費者と製品の関係が大きく変化していることを示しています。
コカ・コーラやクラフトマック&チーズのような古典的なブランドは、当時のメディア環境の影響で誕生したと主張する専門家もいます。
これらのブランドは、販売マーケティングの概念と社会マーケティングの時代という時代の産物とも言われています。
上記の他の例としては、ジョージ・クルーニーのカサミゴス・テキーラや、現在40億ドルのビジネスとなっているキム・カーダシアンのスキムズ補正下着などが挙げられます。
これらを一時的なギミックと見る人もいるかもしれませんが、より深い変化を表していると示唆しています。あなたは同意しますか。

まとめ

時代は、消費者エンゲージメント、マーケティング戦略、ブランド開発の進化に貢献してきました。
私たちが新しいトレンドやテクノロジーの出現を追跡し続けるにつれて、小売の物語は過去からの教訓と未来への可能性に富んだ進行中の物語であり続けているともいえます。

1 つ確かなこととしては、DTC はブランドのクラスや流通モデルではなかったということです。
それはただの時代で、チャネルでした。耐久性のあるブランドの構築は、それぞれの時代で行われてきましたが、製品のコンセプトを立て、発売し、規模を拡大し、耐久性のあるものにすることは不変です、そのために、今いる時間を最大限に活用する方法を理解することが重要でもあります。

ブランドがその始まり、拡大、そして成功した場合には永続的になる方法によって決まります。
耐久性のあるブランドの 3 つの柱は、優れた経営チーム、持続可能な購入と流通モデル、適切なユニットエコノミクスです。
小売業界は、社会の進化するニーズ、テクノロジー、文化の変化を反映し、継続的に変化するキャンバスとなっています。

通信販売と通販システムに関するコラム

Eコマースにおける ERP の活用方法トップ 8

Eコマースにおける ERP の活用方法トップ 8

通販基幹システムの重要性とEコマースシステムの活用法

通販基幹システムの重要性とEコマースシステムの活用法

通販基幹システム オフラインからオムニチャネルへの転換

通販基幹システム オフラインからオムニチャネルへの転換

CRMシステムと通販基幹システムの統合

CRMシステムと通販基幹システムの統合

  • CRMシステムと通販基幹システムと連携
  • CRMシステムの運用ポイント
  • カスタマーサービス視点
  • マーケティング視点
  •  

    殿堂入り記事
    発送代行完全ガイド

    発送代行完全ガイド

    発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    物流企業

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
    全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

    あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

    一貫したデジタル化と商品情報管理による OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part08
    一貫したデジタル化と商品情報管理による OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part08
      一貫したデジタル化によるオムニチャネル戦略の導入 Eコマースへの参入は、Lexicaなどの最新のeコマースシステムは、展開が速いだけでなく、非常にユーザーフレンドリーで、柔軟で、非常に簡単に拡張できます。 B2BとB2Cの小売マー...
    続きを読んでみる
    BOPIS BORIS OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part07
    BOPIS BORIS OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part07
    BOPIS クリック&コレクト クリック&コレクト(Click&Collect)の詳細に飛び込む前に、顧客がクリック&コレクトを使用したい理由を最初に検討する価値があります。あなたの提供する顧客体験サービスは彼...
    続きを読んでみる
    オムニチャネルマーケティングとソーシャルコマース OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part05
    オムニチャネルマーケティングとソーシャルコマース OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part05
    オムニチャネル マーケティングの成功 統合戦略 オムニチャネルマーケティングを成功させるための最初のステップは、統合戦略の開発です。このようなファネリティクスなどのツールは、模範的な顧客体験やさまざまなタッチポイントを視覚化するのに役...
    続きを読んでみる
    リアル店舗のデジタルトランスフォーメーション OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part06
    リアル店舗のデジタルトランスフォーメーション OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part06
    デジタル時代の物理的思考 オンラインでの作業の興奮の中で、デジタルマーケティング戦略を決定すること、eコマースを通じた国際市場への成長を見ること、そしてあなたのサイトの日々のメンテナンスを見る間、オンラインストアの主なメリットは、あな...
    続きを読んでみる
    タッチポイントとヘッドレスは顧客中心で OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part04
    タッチポイントとヘッドレスは顧客中心で OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part04
    顧客がオムニチャネルの主役: すべてのチャネルでのユーザーエクスペリエンスの重要性 この目的のために、プロセスを変更する必要があります。顧客は、そのすべての「中心」にあり、彼らと一緒にオムニチャネルのユーザーエクスペリエンスの概念を成...
    続きを読んでみる
    なぜ、なにが、オムニチャルに重要なのか OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part03
    なぜ、なにが、オムニチャルに重要なのか OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part03
    オムニチャネルの重要性がますます高まっています すべてのチャネルで継続的な顧客体験を提供するのではなく、個々のチャネルを個別に最適化の考慮する従来のマルチチャネル施策は、最近では顧客購買体験としての、チャネル間の関連性や重要性が低くな...
    続きを読んでみる
    CXが一番のポイント OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part02
    CXが一番のポイント OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part02
    オムニチャネルは常に総合的 統計とトレンドは、オムニチャネルを回避する方法がないことを証明しています。オムニチャネルはパズルの一部だけではありません。ステップバイステップで最適化できる総合的な体験です。 テクノロジー、コンテンツ、デザ...
    続きを読んでみる
    導入メリット OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part01
    導入メリット OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part01
      どのようにして、顧客がブランドの親友のように実際に理解されていると感じて、何度も何度もあなたのEコマースサイトやリアル店舗を訪れて、喜こぶような方法でオムニチャネルの購買体験をデザインして提供していきますか。D2Cブランドや小売マ...
    続きを読んでみる

    カテゴリー