富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #1 コマースシステムの優位性とアウトライン

D2C Shopify Shopify Plus オムニチャネル

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #1 コマースシステムの優位性とアウトライン

Shopify NYSE:SHOP

Shopify NYSE:SHOP

 などの情報を基に、

E-コマース・D2C・DNVB オムニチャネルコマース企業にとって、Shopifyが目指しているミッション・バリューを、エコシステムを通じてどのようにサプライされているか、Shopifyだけでなく、これからのコマースビジネスモデルの変化の中で、システムツールとしての、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーを選択するべき理由と視点についてDeep Dive深く掘り下げていきます。

Products

をガイダンスするのではなく、創業者、プロダクトマネージャーとして、マネージメント視点からのテクノロジーを選択する視点として、そして、投資家としてみた場合に、Shopifyのマーチャントの成功(グロースハック)を実現するためのサービスになっているかの視点でお届けしていきます。
*ちょっと専門的です。でも開発者むけではありません。
*機能解説はこちらで 
ShopifyとShopify Plusの比較!

Shopify Plusストア構築 D2C/オムニチャネルのスケーリングポイント #1 メリット

Section #1 – 製品理念と一般的な差別化:Product Philosophy & General Differentiation

基本:The Basics

Shopify は、マーチャント (規模の大小を問わず) がほぼ無限のスケーラビリティでオンラインで成功することを容易にしてくれています。
サポート、統合、使いやすさを提供して、E-コマース・D2C・DNVB オムニチャネルコマース企業が日常業務で必要なすべての機能にアクセスできるようにしています。

管理画面:Shopify Admin

すべての販売チャネルにわたるビジネスの包括的なビューを提供しています。
管理者は、ビジネスのすべての異なる分野を統合して、マーチャントにとって重要なすべてのものを完全に調和させた鳥瞰図にしてくれるバックエンド機能です。

より効果的で状況に応じた意思決定が可能になります。マーチャントのすべての販売面での、様々な決定をプッシュできるようになります。
重要なポイントとしては、
意思決定がフロントエンド (消費者が見ているもの) と簡単に同期されて、常に自分のブランドを反映していることです。

Shopify の一般的な製品カテゴリは、コマース企業の維持と成長に関連する問題点を取り除くことを目的としています。(あたり前のことですが、なかなかできていないです。)
解決できる問題が多ければ多いほど、その価値は高くなります。強力な使いやすさを促進することにより、マーチャントの「より重要なソフトウェア」であることになります。
具体的には、その一般的な製品カテゴリは、明確に定義された 2 つのバケット

  1. サブスクリプション ソリューション
  2. マーチャント ソリューション

に分割して提供されています。

スイートとミッションは
元々、以前は巨大企業向けに予約されていたのと同じエンタープライズレベルのユーティリティを小規模なマーチャント:商人に提供するためです。

Shopify のユニークな価値提案は、いくつかのポイントから生まれます。

  • 第一に、
    集約された市場を通じて販売するというスケールベースのメリット
  • 第二に、ブランドとデータに対する完全な権限を付与します。

    マーチャント(Shopifyではコマースオナーのことをこのように定義しています)は、通常は得られない Win-Win を享受できます。それは、より多くの需要と顧客関係の完全な管理(これから解説していきますが、Shopifyマネージメントツールです。)はです。ビジネスはもはやどちらかを選択する必要はありません。

マーチャントは、Shopify の規模の経済 (米国の e コマース ボリュームの 10% 以上のシェア) が可能にするいくつかのユニークな特典を享受しながら、すべてを手に入れることができます。

なぜこれが重要なのか

マーケットプレイスは日常的に消費者データを出店企業への提供を差し控えています、ホワイトラベルの模造品を使って成功した商品と競合しています。
Shopifyでの(自社コマースサイト)では、 信頼を構築しながら、実際の利益相反を回避する必要がないことは良く知られています。

この組み合わせは貴重です、コマースビジネスのフェーズや成熟度のあらゆる段階の企業にとって、技術的な要因を制限することなく成長できることを意味しています。

スケーラビリティが確保されているため、マーチャントは休日でのアクセスや、注文の急増やフラッシュ セールに対応でき、トラフィックボリュームの急増によってサイトがクラッシュしたり、遅延が助長されたりすることはありません。
日本で競合するだろうコマースカートビルダーは頻繁なクラッシュに対処していますが、これは実際には Shopify のリードジェネレーションの重要なソースでもあります。

プラットフォームの回復力をテストするために、Shopify は定期的にサードパーティの違反テスト、バグ報奨金プログラム、および脆弱性評価を実行しています。インフラストラクチャの穴や遅延を探し出し、積極的に対処しているようです。サイトの待ち時間と買い物客のコンバージョンは直接相関しているため、これは非常に重要なことでもあります。

特異な相互運用性:Interoperabilityは、もう 1 つのセールス ポイントです。

Shopify のすべての製品は一元化された管理者に完全に結び付けられているため、ツールはデータをまとめて蓄積し、すべての製品を単独で使用するよりも、一緒に使用するとより効果的に機能するようになっています。

具体的な例として、
需要データを使用して、在庫の再注文とマーケティング投資をより正確に導くことができます。
この製品サイロの統合を「コマース オペレーティング システム」と呼んでいます。
これが、マーチャント ソフトウェアの最も重要な部分であるという使命を達成することのようです。一般的には、データの関連性が高いほど、推測が減り、より効果的な戦略を立てることができます。

Shopify はアプリケーション プログラム インターフェース (API) の軽量なスイート

を備えており、すべての Shopify アプリとサードパーティ アプリ (詳細は後述) の間のシームレスな統合を提供します。

API 定義:API Defined:

API は、ソフトウェア ベースのユーティリティを結び付ける接着剤であり、ファースト パーティとサード パーティの開発者が幅広いユース ケースを実行できるようにします。
開発者がアプリやエクスペリエンスを作成するためのデジタル ワークスペースとツールを提供しています。
API :Application Programming Interfaceはアプリケーションをプログラミングするためのインターフェイスです。API は、ソフトウェアがさまざまなタスクを実行できるようにするコードのブロックと見なすこともできます。API は、開発者がデータ サービス、オペレーティング システム、およびその他のアプリケーションにアクセスして最終製品を作成できるようにする「言語」として機能します。

販売は、Shopifyがテイクレートを命じるより多くの流通取引総額 (GMV:Gross Merchandise Value) につながります。

Shopify は、マーチャントがより多くの商品を販売する場合にのみ、より良い結果が得られるようにビジネスを意図的に設計しました。

マーチャントの繁栄を支援することにのみ焦点を当てており、マーチャントの動機と完全に一致しています。クライアントの成功を確実にするためのあらゆるインセンティブがあります。
そのため、Amazon やコストコのような商品を模倣したり、必要な顧客の洞察を不透明に吸い上げたりすることはありません。このモデルの美しさを提供している、Shopifyがそうする理由はありません。

開発者パートナーの理念 Developer Partner Philosophy

Shopify 自体が提供するものと開発者パートナーを使用するものに関しては、簡単な経験則があります。ほとんどのマーチャントがユースケースを必要とする場合は、Shopify はそれを構築します。あまり使用されないソフトウェアは通常、パートナーに委任されています。

この委任は、Shopify が提供できるツールを拡張するだけでなく、新しいマーチャントを巻き込むための紹介ベースのリードジェネレーションの強力なソースとしても機能しています。
具体的には、パートナーは 2021 年と 2020 年の両方で約 40,000 の新しいマーチャントを Shopify に提供していました。

パートナーが Shopify を通じてより多くの販売を行えるように、同社は 2022 年に「Built for Shopify」を発表しました。このプログラムには、開発者向けアプリを「ネイティブに全体の一部であるかのように見え、機能する」方法で作成するための多数の新しいツールと認証が付属しています。

Shopify が、これらの開発者にとってやりがいのある場所であることに固執している、拘ってことは明らかです。
具体的には、パートナーは、Shopify が得る 1 ドルごとに 7 ドルの収益を上げています。2022 年の時点で、Shopify の開発者は、Apple の開発者の 1.5 倍、Google の開発者の 4 倍の収入を同じ量の作業で得ていると言われています。(エコシステムとはしては、魅力的でうまく回っているように見えていますが、日本はどうでしょうか?)

Shopify はエコシステムのビジネスモデルを修正しています。
2021 年 8 月、最初の100 万ドルの収益を得るまでは、開発者向けアプリケーションとテーマの売上のすべての収益分配を削除していました。この数字は毎年リセットされ、Shopify のエコシステム パートナーの大多数がアプリ ストアの料金を一切支払っていないことを意味しています。そして、100 万を超える収益のテイク レートを 20% から 15% に引き下げました。

Apple と Google に対する非常に新鮮なモデルでもあります。(マーケットが違いますが)
Shopify が、そのプラットフォームの品質を向上させるために才能のある、希少なソフトウェア エンジニアを、マーケットに提供するというということでもあります。他のエコシステムと比較して、そのエコシステムの統合とユースケースを構築するようにインセンティブを与える方が良いということです。
これによって、開発者の時間と注目を獲得するために他のアプリストアとよりよく競争するための必要な動きであるということでもあります。

Shopify は活発なパートナー ネットワークに容易に対応し、サポートしていますが、必要に応じて自社で開発することで、悪質な競争相手になる可能性があります。サードパーティに最高の製品品質を要求し、それ以下で妥協することはありません。業績の悪いパートナーとの関係を断ち切り、改善できると考えられるサービスを垂直統合する意欲を示しています。

たとえば、ここ数年で、Kabbage との関係を終了して融資スイートをさらに内部化(Shopify Capital:日本ではサービス提供されていませんが)し、Mailchimp から移行しました。これは、独自にマーチャントにより良い広告リターン指標を提供できることに価値を見出したからのようです。

次は、サブスクリプション ソリューションとマーチャント ソリューションの 2 つの収益バケットについて

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #2 サブスクリプション ソリューション

について詳しく説明します。
Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #2 サブスクリプション ソリューション

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #2 サブスクリプション ソリューション

Shopifyは、Eコマース、D2CDNVBなどのオムニチャネルコマース企業にとって重要な役割を果たしています。ShopifyのAPIは豊富で多様なユースケースを提供しており、開発者はストアのカスタマイズやデータ操作を行うことができます。さらに、Shopifyはテンプレート言語を使用してストアのテーマを作成し、開発者はアプリを通じてこれらのテクノロジーをマーチャントに提供しています。

MACH(Microservices, API-first, Cloud-native, Headless)というコンポーザブルアーキテクチャを採用している、システムツールを選択するべきです。
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

AI マーケティングオートメーション
AI マーケティングオートメーション
e コマース 、データ(小売データと DTC データ)、プロファイルのターゲティングがどのように連携できるかについてご一緒に考えていきましょう。 開始するまえに、オーディエンス スライスを確認してみてください。コマースプラットフォーム...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
今、顧客がe コマースサイト やモバイル アプリにたどり着いた瞬間から、生涯を通じて素晴らしい顧客体験を提供する必要があります。そうでなければ、顧客はイライラしてサイトやアプリを離れ、どこか別の場所に行ってしまうでしょう。カスタマーエ...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:User-Generated Content、なぜそれをあなたのブランドのコマースサイトに統合するのでしょうか。もしかしたら、ソーシャルユーザー生成コンテンツに関連する非常識な ROI エンゲージメント コン...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
UGC:ユーザー生成コンテンツと、UGC(User-Generated Content)がブランドにもたらすすべてのメリットについて聞いたことがあると思いますが、もちろん、正しく使用すればOKです。ソーシャルメディアでユーザー生成コン...
続きを読んでみる
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
買い物客は、オンラインである程度のパーソナライゼーションを期待するようになりました。 それがなければ、 コマースサイトでの買い物は不便なものになる可能性があります。顧客が確認するSKUが数十、数百、または数千ある場合があります。顧客が...
続きを読んでみる
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
アパレルブランド、ファッションブランド、ビューティブランドなどのコマース マーチャントにとって、商品レコメンデーションクイズは、新しい訪問者を引き付け、商品の発見を促し、リストを増やし、売上を伸ばすための優れた方法になりつつあります。...
続きを読んでみる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
オンラインショッピングにより、人々はこれまで以上に多くの種類のより多くの商品に簡単にアクセスできます。理論的には、顧客にとって完璧な商品は常に数回クリックするだけで手に入ります。しかし、自分の完璧な商品が何であるか正確にわからない場合...
続きを読んでみる
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
新規顧客は、画面に点滅するネオンライト(バナー・GIF・ショート動画など)を置いても、商品がどれほど優れているかを知りません。知ることができません。 では、どうすれば彼らにあなた、あなたの商品、そしてあなたのブランド・会社を信頼しても...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー