富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #10

D2C OMO 成長のためのTips

【D2C・eコマース・OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】

トップブランドから学ぶD2C・eコマースのヒント 後編 Part-05


Written by 植島 寛子

46:顧客が魅力的に感じる物をプレゼントする

ゲームや無料のプレゼントなどを活用すれば、話題になってブランドを盛り上げられます。

参加するにはある条件、たとえば

  • SNSでブランドをフォロー
  • 記事コンテンツを共有・シェアする

などのアクションを促すといいでしょう。
eメールのサインアップフォーム、LINE友だち登録などでも、顧客をキャンペーンに参加させる効果が期待できるキャンペーンを展開できます。

 - “What should I get during the Black Friday sale_” - .png

 

- All Makeup - Fenty Beauty – Fenty Beauty + Fenty Skin - fentybeauty.com.png

 

47: 新商品の市場調査を計画して顧客にヒアリングを実施する

新商品を発売する際、顧客がどのように反応するか考えてみることを忘れていませんか。
(当たりまえですが、なかなか実行しないです。)
市場調査・マーケットリサーチ・顧客ヒアリングをして、顧客がどのような反応をするか確かめてみてください。

方法は沢山あります。(ロイヤリティプログラムがあれば尚更です。)

 Skin Quiz - Find The Right Natural Skin Care Product For You_ - www.threeshipsbeauty.com.png

 

プロダクト マーケット フィットがあるかどうかを判断するポイント

PMF:製品市場適合性を見つけるには、通常、詳細な市場調査を実施することで行います。これで、

  • 商品の需要
  • 競合
  • 成長の可能性
  • 全体的な実行可能性

を特定できます。
いくつかの簡単なプロンプトを実行することで、プロダクト マーケット フィットを十分に理解することもできます。
商品を発売する前に、次の 3 つの質問を検討 (および回答) してみます。

❓Q1: 私のターゲット顧客はそれを望んでいますか

Product-Market Fit とは

ターゲット顧客のニーズを満たす、または顧客の問題解決に役立つ商品を提供することです。
成功する商品を発売するには、需要がなければなりません。
特に、現在の「顧客ベース」や「対象とするオーディエンス」からの需要が必要です。

たとえば、
ブランドが成長モードにある場合、新商品は新しい顧客を引き付けます。
確立されたブランドである場合、新品はブランドの現在の顧客を維持するのに役立ちます。

自問してみましょう:

  • あなたの顧客は本当にこの商品を望んでいますか?
  • 顧客はそれを求めていますか?
  • それは顧客を助けるでしょうか?
  • それは問題点を解決しますか?
  • それは顧客の生活を楽にしますか、それともより良くしますか?

今は、世界中で気の利いた市場調査を行うことができますが、その答えを真に知っているのは...

「お客様!」です、神様ではありません。

したがって、最初の調査は、現在の顧客にどう思うかを尋ねるのと同じくらい簡単でシンプルです。

試してみるいくつかの方法:

  • 顧客に直接電話またはメールを送信します。
    創業者/従業員からの直接の連絡がうまう方法です。
    調査を送信して、新商品がどのように受け入れられるかを把握します。
    ギフトカードや景品で記入するよう顧客に奨励します。
  • 忠実な買い物客の顧客フォーカス グループを作成します。
    新商品のアイデアや商品の改善に関する洞察とフィードバックを継続的に得るための長期施策です。
  • カスタマー サービス、セールス担当者、および日常的に顧客と直通コミュニケーションチャネルを持っている他のチームとチャットすることをお勧めします。
    多くの場合、顧客の問題点、ニーズ、要望について貴重なインサイト・洞察(気づきや経験やアイディア)を持っています。

❓Q2: すでに存在しませんか?

POV: あなたは最高の新発明を思いつきました…

それがすでに存在することをGoogleや、インスタグラムなどのSNSがあなたに伝えてくれます。
それは魂を打ち砕くものです。 しかし、新商品を発売する前に競合状況を理解することは、 発売前の調査における重要なステップです。

簡単な競合分析でも、商品が市場のどこに適合するかを判断し、最も成功するためのマーケティング方法を理解するのに役立ちます。

つまり、あなたの商品はすでに存在しています...
市場に最初に参入することは素晴らしい機会になる可能性がありますが、新商品のアイデアをめぐる競争がすでに存在する場合、それを追求すべきではないとも言えます。

商品が競合他社とどのように異なるか、および/またはより優れているかを判断するには、いくつかの調査を行う必要があります。

自問してみましょう:

  • 商品は独自の市場をターゲットにしていますか?
  • それはより安価ですか、それともより「プレミアム」なバージョンですか?
  • 追加機能はありますか?
  • より使いやすいですか?
  • より高品質の素材で作られていますか?

調査の手順は。

ターゲット市場のオーディエンスは、Google よりも競合他社のことをよく知っているかもしれません。

  • 実際の顧客はどの商品をあなたの商品の代替品と考えているか。
    調査するリストにそれらを必ず含めてください。
  • 競合他社のレビューを読む。
    競合他社について顧客が気に入っている点と、最も重要なこととして、商品に欠けている点や改善の余地がある点 (貴社の機会) を顧客が考えている点を調べます。
  • マーケティング資料を分析します。
    競合他社の Web サイト、LP、ブログ、Eメール、ソーシャル メディアをチェックしてください。これにより、ターゲット市場、価格設定、および独自の価値提案の感覚が得られます。
  • 商品をテストします (可能であれば)。
    競合他社の商品を購入してテストすることで、最高の情報が得られます (価格に制約がない場合のみ — (6 つの異なる冷蔵庫を購入してテストする必要はありませんよね-多分)

調査をして、データを収集したら、競合他社を競合状況チャート/知覚マップにプロットすることを検討してください。空白があれば、市場で目立つチャンスです。

商品がまだ存在していないように思われる場合は

「おめでとうございます。」

たとえ新商品を最初に市場に投入できたとしても、次のことを調べるためにいくつかの調査を行う必要があります。

  • それに対する需要はありますか?
  • 潜在市場の大きさは?
  • 人々はそれにいくら費やすつもりですか?
  • フォローされる競合との差異化はできますか?

この情報があれば、魅力的で収益性の高い新商品を作成できるかどうかを合理的に評価できます。

❓Q3: 市場の成長の可能性はありますか?

既存のカテゴリー市場(メインとサブ)を分析したら、それが成長する可能性があるかどうかを知ることも不可欠です。
そうしないと、数年後には売れない停滞した商品に直面する可能性があります。(多くはこれです。)

確かに、市場の成長には注意が必要です。基本的には未来を予測しようとしているのですが、これは難しいと聞いています。
ただし、 市場がどの方向に進んでいるかについての一般的な感覚をつかむことができます。

業界の専門家(誰?コンサルではない)と話す。

あなたの潜在的な市場で将来がどのように見えるかを彼らに尋ねてみてください。

トレンドに注目・ウオッチ

トレンド レポートを読んだり、市場のニュースレターを購読したり、Google トレンドを使用したりします。
ツールを使用して過去の成長などを確認します。

  • Google トレンド
  • Think With Google
  • SEMRush  Ahrefs などの SEO ツール
  • Amazonなどのマーケットプレイスの情報

はすべて、市場のトレンドを特定するのに役立つツールです。

Twitter、Facebook グループ、Instagram、TikTok、Reddit、Twitch などのオンライン コミュニティに接続して 、市場の顧客が何について話しているかを把握します。

正確な科学ではありませんが、傾向を分析することは、市場の成長の可能性と商品の将来の成功について知識に基づいた推測を行うのに役立ちます。

新しい商品のアイデアを考えてみて実行してください。

48:インフルエンサーに商品をレビューしてもらう

インフルエンサーや、メディア編集者、専門家などに商品を提供してレビューやメディア・雑誌の記事にしてもらうと良いですね。

本音のレビューであれば今後の改善点が分かるだけでなく、自社オウンドメディアの記事作成にも役立ちます。
(反応が無いのは当たりまえの精神で展開しましょう。だって、山のように提供されているはずです。しくじり体験は山のようにあります。)

- Save on a WW plan today! - WW USA - www.weightwatchers.com.png

社会的証明で売る8つの方法(はるかにもっと)

最も顕著なコンバージョン施策の1つは、社会的証明です。心理学者のロバート・チャルディーニによって1984年に造られた社会的証明は、「ほとんどの人が何をすべきかわからないときに群衆を追いかける」という理論です。精通したマーケターが

  • インフルエンサー
  • アーリーアダプター
  • 信頼できる専門家をターゲット

にするのはそのためです。人々は仲間やオーディエンスと前向きな結果を共有する傾向があります。

Statistaによると、オンライン買い物客の約81%が、顧客のレビューが購入決定に影響を与えると述べています。(食品は違うそうです。)

  • お客様の声(インビューなどのコンテンツ形式)
  • ユーザー生成コンテンツ

も決定に影響を与えます。

社会的証明の施策

社会的証明は、ブランドが複数のコンバージョン目標に取り組むのに活用します。

  • 顧客を特定の商品に導き
  • 色やサイズを選択し
  • チェックアウトを完了するよう
  • 購入の詳細を他の人と共有し
  • 後で評価やレビューを投稿するよう

に促すこともできます。
社会的証明はFOMO(Fear of Missing Out):見逃すことの恐怖。他人や情報と常につながっていないと、情報やチャンスを逃す、自分だけ取り残されてしまうのではないか、と不安を覚え、他人はその間に成功に近づいていくかもしれないという焦りの心理的症状)を引き起こし、予約注文と順番待ちリストの登録を後押しする可能性があります。


社会的証明の価値は、即時購入を超えていきます。
たとえば、メールマガジンで商品メリットを説明する代わりに、
「50,000人の美容のヒントの購読者に参加する」
と呼びかけてみてください。どんな反応があるでしょうか。


社会的証明には、

  • 有名人、専門家、および日常の顧客からの支持
  • 認定とバッジ。
    業績と努力は信頼を植え付けます。賞、メンバーシップ、認定バッジなどがあります。
  • マスコミ報道。
    地元のニュースで取り上げられましたか、同じことがオンラインマガジンやソーシャルメディアにも当てはまります。
    サイトフッターのロゴを使用して、記事に直接リンクするか、別のページにリストを維持します。
  • 「スポットオン」ショーケース。
    著名人がブランドの商品について話したり写真を投稿したりする場合は、活用しましょう。影響力の大きい(無料の)承認です。
  • リアルタイムの通知。
    顧客は自分が一人だけではないことを知ると安心します。オンサイト通知は、現在の訪問者数と、購入やレビューなどの最近のアクティビティを表示できます。
    商品ページでのリアルタイム通知により、他の人に今すぐ参加または購入するよう促すことができます。
  • 販売数量:待っている顧客。
    在庫不足のアラートがFOMOをトリガーするのと同じように、「限定販売」のカウントダウンは信頼ベースの購入を促進し
    ます。
    先行予約や順番待ちの商品の場合は、順番待ちの人数を表示します。
  • サブスクライバー、フォロワー、および共有の数。
    商品ページのソーシャルシェアを表示します。特定の数未満の場合は、カウントを抑制して活用してください。ボリュームがすくないと、害を及ぼす可能性がありますし役に立ちません。

ソーシャルメディアのハッシュタグやキーワードをベースに

ブランドの商品について、誰が話しているのかを見せびらかしてください。複数のソーシャルプラットフォーム間でポストを監視するツールなどを活用します。
リアルタイムのフィードはより新鮮ですが、投稿内容のチェックが必要なことは当たりまえです。

商品と経験にフォーカス:焦点を合わせます。

コマースストアーは顧客の声を厳選し、コマースページに最高のものを表示しています。商品ページにも配置してください。ホームページ、コマースページや検索結果にトレンド商品やプレミアム商品のレビューを掲載しています。さまざまな配置とコンテンツをテストして、何が機能するかを確認してください。

49:信頼できるショッピング体験

E-コマース・D2C・DNVBのブランドサイトを閲覧している潜在的な顧客の多くは、ブランドについてこれまで聞いたことがありません。
顧客の忠誠心を育むために、コマースビジネスとしてマークを付ける機会です。
レベルを向上させるために信頼を築くための鍵には、オンライン体験を向上させるWebサイトでのコンテンツの追加です。

  • 肯定的な顧客レビュー
  • クライアントの声
  • マスコミ報道
  • 連絡先番号とライブチャット機能
  • 実在住所
  • バッジを信頼して授与する

肯定的なレビューの重要性を疑うことはありません。潜在的な顧客は、以前の顧客の経験について聞きたいと思っています。より多くの顧客を獲得するための鍵となるこれらのレビューは、コマースビジネスのCS:カスタマーサービス体験へのインサイト:洞察も提供してくれます。

これに加えて、ブランドは顧客から提供されたフィードバックに対して行動を起こす必要があると考えている顧客は50%以上あります。

CSのセルフサービス化

質問があるたびに大規模な電子メールリレーをする必要はありません。顧客にコマースサイトがとても親切に作成したセルフサービスのプロパティを使用して評価してもらいましょう。
単純なカスタマーサービスタスクには、自動セルフサービスを好むことはみなさんも体験済です。
良いことに、80%近くの顧客がセルフサービスサポートのUIポータルを使用しています。
顧客は抵抗が最も少ないコミュニケーションラインを探すことが多いので、何かが複雑すぎるとやめる可能性があります。混乱で顧客を失ってはいけないということです。

さまざまな繰り返しの質問に答える、広範囲で整理されたFAQページを提供することは基本です。
顧客が直面したことのある、いくつかの定例的な質問に対する簡単で包括的な解決策を提供することが基本です。
顧客が抱える可能性のある課題と問題と疑問については、ページにライブチャット機能の実装や、解決しない場合に備えて簡単にアクセスできる

  • ライブチャットの有人対応
  • 音声ライブチャット
  • 電話番号
  • 電子メールアドレス
  • SNSダイレクトメッセージ

などを含めます。

カスタマーサービスが重要

コマースビジネス基盤は顧客の購買体験:前・後ろに依存しています。理想的なオンラインショッピング体験に対する顧客の期待が高まるにつれ、顧客サービスは競争の激しいeコマースで適応して成長するために不可欠になっています。
すべてのプラットフォームでCXや、UXや、顧客購買体験:カスタマージャーニーを改善するために、ヒントやコツのいくつかを取り入れることで、顧客ロイヤルティを高め、新しい顧客との関係を築くことができます。

eコマースで、発展するための変化を通して、ブランドをサポートするために構築された3PLサービスである

富士ロジテックホールディングス
とそのパートナーネットワークを活用することにより、顧客サービス体験の開発により多くの時間を費やしていた、時間を短縮します。
拡大・拡散・増大する顧客と市場ニーズへの「顧客中心」のアプローチについて知りたい方はお気軽にご相談ください。

50:将来の売上を予測するレポート

D2C・eコマースマーケティングを考える際、将来の売上を予測するレポートを活用してください。パフォーマンスの低い部分が分かれば、対処法も見つかります。

*関連情報は別途ご案内します。
関心があればお問合せください。様々な手法がありますし、1年前のKPIが参考になるわけではありません。

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒントシリーズ

Tips&ヒントをご紹介してきました。今すぐ取り組める内容もあるので、是非とも試してみて、結果を教えてください。

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #01

  1. コンテンツマーケティング戦略から始める
  2. メッセージマーケティング&キャンペーンを自動化させる
  3. SNSを活用する
  4. 顧客一人ひとりにあわせて商品やサービスを提供する
  5. オリジナルコンテンツは顧客とのつながりの始まりインテリジェントな商品推奨事項を作成する
    パーソナライズされたランディングページを作成する

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #02

  1. ユーザー層にあったメッセージを適切なタイミングでライフサイクルマーケティングを通じて主要KPIを推進する
  2. UGC:ユーザー作成コンテンツを活用する
    コンテンツとコマースの境界線が曖昧になり始めています
  3. ロイヤルティプログラムを活用する
  4. ソーシャルネットワークの運用自動化する
  5. Shoppable-UGC-eコマースを活用する
    ソーシャルコマースを超えて

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #03

  1. 複数の言語・通貨で対応する
    コンテンツと通貨をローカライズする
  2. スマホでのタッチポイント・デザインがファースト
  3. オムニチャネル・OMOではモバイルがより有効なタッチポイント
    顧客プロファイル
    SNS ダイレクトメッセージ
    モバイルアプリ
    ウェブ
  4. パートナーとコラボ活用する
    自社組織の育成は不可欠な時代
  5. 適切なテスト環境でソーシャル広告を試してみる

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #04

  1. EGC:創業者・ブランド担当者が本音のメッセージを自ら発信する
  2. ブランドコンテンツのアイデンティティを明らかにする
  3. ブランドの顔になるキャラクターを作る
  4. オンラインディスカッションエリア・コミュニティを運営してみる。
    1.コミュニティを理解する
    2.メンバーをスターにする
    3.参加しやすくする
    4.あなたも参加する必要がありま
    5.一貫性を保ち、思慮深くなる
  5. 顧客とのコミュニケーションをパーソナライズ化する
    一般的なeコマースのパーソナライズ

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #05

  1. 発送・配達で他社と差別化する
  2. UNBOXING:開封の儀を演出する
    ・同梱物施策を考える
  3. ローカルブランディングとマーケティングを忘れないで
  4. マーケティング・オートメーションを活用す
    eコマースのための5つの自動化されたマーケティング戦略
    ■マーケティングオートメーションとは何ですか
    ■マーケティングオートメーションのメリット
    ■マーケティングオートメーションはどのように機能しますか
    ■コンバージョンを促進するためのトップ・マーケティングオートメーション
    1.パーソナライズされたショッピング体験
    2.チャットボット
    3.放棄されたカートへのメッセージ
    ■E-メールを作成するためのヒント
    4.分割テスト
    5.セグメント化された電子メールリスト
  5. 商品を説明する動画をアップしてみる

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #06

  1. FAQ・よくある質問ページにオリジナル性を持たせてヘルプ セクションを目立つようにします。ChatGPT は、配送、返品と交換、保証情報など、あらゆる種類のe コマース FAQを生成できます
  2. コンテンツに魅力的な写真を積極的に採用する
  3. 自社のオリジナルコンテンツメディアを充実させる
  4. 業界ニュース・トレンドは最新にしておく
  5. 賛否議論の多い話題・トピックも重要なコンテンツ

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #07

  1. 検索エンジン向けのSEO施策だけではない
    商品検索を最適化する
    *ファセットナビゲーション(Faceted Navigation)
  2. クリック課金型マーケティングの基本に還る
  3. ソーシャルニュースサイトを活用する
    Shopifyを介して
  4. 新しいテクノロジーを活用すること
    メタバー
    ライブストリーム
  5. オンライン購入体験を合理化する
    今日の顧客にとっては、
    時間のかかる購入プロセスに対する時間や許容範囲がありません。
    CX:カスタマーエクスペリエンスを向上させること

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #08

  1. 返品・交換ポリシーを明確に
  2. 複数のプラットフォームでストアを展開する
    マルチチャネルeコマース施策
  3. NEWS LETTER SUBSCRIPTION を活用する(日本では、LINE)
  4. News Letter(日本ではLINE)で顧客の心をつかむ
  5. お気に入り・ウィッシュリスト・カートの商品を思い出させる

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #09

  1. 欲しい商品の購入手続きは簡単であること
    ・ID連携
    ・決済連携
    ・LINE連携 LINEを活用した施策
  2. 商品レビューを投稿してもらう
    ・志を同じくする顧客のコミュニティを作成すること
    ・レビューがブランドコミュニティに不可欠な理由
    ・レビュー付きのコミュニティを構築する方法
  3. フリーのマーケティングオプションに注目してコツコツ実施する
    ・低価格の商品は、ソーシャルプラットフォーム
  4. D2C・Eコマースサイト訪問者とコミュニケーションする
  5. ディスカッションエリアでの評価をする

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #10

  1. 顧客が魅力的に感じる物をプレゼントする
  2. 新商品の市場調査を計画して顧客にヒアリングを実施する
  3. インフルエンサーに商品をレビューしてもらう社会的証明が売る8つの方法(はるかにもっと)
    ソーシャルメディアのハッシュタグやキーワードをベースに
    商品と経験にフォーカス:焦点を合わせます。
  4. 信頼できるショッピング体験
    CSのセルフサービス化
    カスタマーサービスが重要
  5. 将来の売上を予測するレポート

*Tips&ヒントの中には、別コラムで詳細を解説しています。リンク先でより深く知ってください。
*海外のD2C・eコマースサイトで参考になるサイトの解説コラムもアップしています。リンク先から探索してみてください。

成長しているD2C・eコマースサイト探索・事例シリーズ  コンテンツリスト

【成長しているサイト探索・事例シリーズ 】D2C/eコマース/OMO コラム一覧
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

EC物流とは?倉庫の選び方のポイントや物流代行会社10選を徹底解説
EC物流とは?倉庫の選び方のポイントや物流代行会社10選を徹底解説
ECサイトの運営にとって、EC物流は顧客満足度の向上や効率化、コスト削減などに欠かせない重要な要素です。 しかし、在庫管理や配送、返品処理などの課題が存在し、改善が求められます。本記事では、EC物流の改善ポイントや種類、物流代行サービ...
続きを読んでみる
ECサイトの在庫管理方法を徹底解説【3つのポイントも紹介】
ECサイトの在庫管理方法を徹底解説【3つのポイントも紹介】
事業の運営において経営に大きく影響を与える在庫管理業務。複数の販売チャネルを持つごとに在庫管理の難易度が上がるため、お悩みの方も多いでしょう。 そこで本記事では 3つの在庫管理の方法 在庫管理のポイント 在庫管理システムを利用するメ...
続きを読んでみる
【成功事例あり】レンタルビジネスのメリット・デメリット
【成功事例あり】レンタルビジネスのメリット・デメリット
レンタルビジネスについて「どのように収益が出せるのか?」「他社はどのような戦略で成功しているのか」など、疑問にお思いの方も多いかと思います。 結論から言うとレンタルビジネスで成功するポイントは、長期にわたり回転できる商材の選定と、自社...
続きを読んでみる
【ネコポス廃止】クロネコゆうパケットとは?サービスの違い・料金・送り方
【ネコポス廃止】クロネコゆうパケットとは?サービスの違い・料金・送り方
クロネコゆうパケットとは、ヤマト運輸と日本郵便が協業した、新たな配送手段の一つです。2023年10月よりネコポスのサービスは順次終了しており、クロネコゆうパケットへの移行が進んでいます。 クロネコゆうパケットは、出荷した荷物を、ポスト...
続きを読んでみる
化粧品の流通加工とは?業務委託先を選ぶポイントと実績豊富な企業を紹介
化粧品の流通加工とは?業務委託先を選ぶポイントと実績豊富な企業を紹介
化粧品の流通加工とは、市場に出す前に商品の利便性を高めたり、見栄えを良くしたりする作業です。顧客満足度や商品の品質保持に直結する重要な工程でもあります。 本記事では、化粧品の流通加工に必要な資格やアウトソーシングをするメリット・デメリ...
続きを読んでみる
【ECサイト運営のバックエンド業務】押さえておきたい内容と効率化のポイント
【ECサイト運営のバックエンド業務】押さえておきたい内容と効率化のポイント
バックエンドという言葉は聞いたことがあるものの、具体的にどのような業務を行うのかはっきりと分からない方も多いと思います。 本記事では、EC事業を新規で立ち上げたい方や企業のEC担当者になった方に向け、 ECバックエンド業務とは何か ...
続きを読んでみる
フルフィルメントとは?今さら聞けないEC物流の基礎知識
フルフィルメントとは?今さら聞けないEC物流の基礎知識
ECや通信販売の普及により、ユーザーのニーズは多種多様となっています。ニーズに応えるために物流業務の品質向上が求められるようになり、今後も、物流のプロが担うフルフィルメントサービスの需要が高まることが予想されます。 とはいえ、単純に物...
続きを読んでみる
【2024年最新】クール宅急便・宅配便の配送料金比較!冷蔵冷凍で安い業者は?
【2024年最新】クール宅急便・宅配便の配送料金比較!冷蔵冷凍で安い業者は?
クール宅急便は、宅配業者によって取り扱えるサイズや管理できる温度帯に違いがあります。そのため、どの業者を使えばよいのかが分かりづらいサービスです。 本記事では、宅配業者や郵便局で利用できるクール便の料金比較をまとめました。各社サービス...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー