富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #01

成長のためのTips

【D2C・eコマース・OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】

ップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント 前編 Part-02
Written by 植島 寛子

D2C・eコマースを始めたばかりであれば、どのようにすれば成功できると戸惑ってしまうこともあるでしょう。編集部で選んだトップブランドのオンラインショップを参考にeコマースで成功するためのTips&ヒントをご紹介していきます。

今回はまず前半のTips&ヒントをまとめてみました。気になったヒントは、是非試してみてください。

各テーマは、個別の記事コラムで詳細を解説していきます。

1:コンテンツマーケティング戦略から始める

D2C・eコマースを成功させるためには、
オウンドメディアとしての

  • ブログ構築
  • セールスピッチ・商品説明などの動画コンテンツ
  • ニュースレター

といったコンテンツマーケティングが必要不可欠になってきました。

事前にコンテンツマーケティングの作成と配信施策についてについて計画を立てて、実行するといいでしょう。

施策が上手く行っているか、毎週や毎月など決まった期間で見直すこともおすすめです。

例えば
抹茶をeコマースで販売する「Matcha Tea」では、いきなり商品をアピールするのではなく、抹茶に関する豆知識や文化を投稿して訪れる人に潜在的な顧客になってもらうというコミュニケーション施策を立てています。


- Matcha Green Tea Powder - Authentic Matcha Tea - Matcha.com - matcha.com.png

ブランドのブログコンテンツを作成するには、膨大な時間とエネルギーを費やします。

  • トラフィック
  • ページ滞在時間
  • セッション

などの指標を確認すると、田舎の母親だけがコンテンツに関与していることがわかりました。ありがとう。ママ

DTC ブランドの収益には影響する理想的な顧客をあなたのブログのコンテンツに引き付けるにはどうすればよいでしょうか。

1:オーディエンス調査を再検討する

適切な対象者に向けて話していないために、ブログコンテンツがエンゲージメントを得られないことがあります。

エンゲージメント率を高めたい場合は、時間をかけてオーディエンス調査を行う必要があります

オーディエンス調査は、誰がブランドの商品を購入しているかについて詳しく教えてくれます。

次のことを確認してください。

  • 人口統計
  • 影響の源泉
  • ブランドの専門分野についてどれだけ知っているか
  • 好きなもの/嫌いなもの

視聴者が誰であるかがわかれば、共感を呼ぶコンテンツを簡単に作成できるかもしれません。

2:人々が関心を持っているトピックを選択する

聴衆に講義する退​​屈な教授のように書いている場合は、聴衆はそれほど興味を持たない可能性が高まります。

成功するコンテンツとは講義ではなく、会話です。

エンゲージメント率を高めるために書いているのであれば、

  • インスピレーションを与えたり
  • 教育したり
  • スタンスを取ったり
  • 要点を説明したりする

トレンドトピックについて書いていることを確認します。

これらは、人々がコメント、引用、共有する種類のブログコンテンツです。

3:文章をレベルアップする

高度にデジタル化された世界では、人々はコンテンツであふれて使っています。簡単に言いかえれば、どのブログ記事を読むかに関して、読者には多くの選択肢があります。

退屈な SEO コンテンツを掲載している場合、読者は記事をスキップして次の記事に移動する可能性があります。

実績のあるプロのコンテンツライターを雇って、コンテンツを輝かせることも検討してください。

4:ブログ コンテンツのクロス プロモーション

ブログはそれ自体でコンテンツを生成できますが、さまざまなチャネルでブログをクロス プロモーションするのが賢明です。

Twitter、Instagram、Facebook、LINEおよび顧客がブランドをフォローしているその他のチャネルでコンテンツを共有します。

チーム メンバーに、ソーシャル メディアでブランドコンテンツと関わり、共有するよう依頼することを検討してください。エンゲージメントは、アルゴリズムの問題である場合があります

ヒント:

最初の投稿にリンクを含めないことです。

ソーシャル メディア プラットフォームは、ユーザーを自分たちのプラットフォームにとどまらせるのが大好きです、

投稿をリンクで埋めてしまうことがよくありますが、これは拡散されません。

代わりに、最初のコメントにリンクを含めてください。

5:ブログのコンテンツを再利用する

長いブログ コンテンツは、視聴者を惹きつける優れた方法です。唯一の方法ではありません。

人がコンテンツをどのように消費することを好むかは、人によって異なります。

そのため、コンテンツを別の形式で転用することを検討してください。

たとえば
ブログ投稿をウェビナー、ポッドキャスト、ビデオ、またはニュースレターに変えることができます。

キラーなブログコンテンツを作成していますので、さまざまな種類のコンテンツを作成して、チャネル全体でより多くの牽引力を得ることができます。

6:簡単に共有できるようにする

人々はあなたのブログ コンテンツに積極的に関与することはありません。

それを簡単にするようにします。

顧客が質問できるように、コメント セクションをオンにします。また、コメント通知をオンにして、顧客のコメントが入ってきたときに応答できるようにします。

各ブログ投稿にワンクリックのソーシャル共有ボタンを含めるのも賢明な方法です。

顧客があなたのコンテンツを気に入ったら、クリックして視聴者と共有するだけです。

ブログのエンゲージメント率を高める (そして人々にブランドの作品・メッセ―ジ・コンテンツを読んでもらう) には、複数の施策を組み合わせる必要があります。

読者の共感を呼び、エンゲージメントを促進し、ビジネス目標の達成に役立つコンテンツを作成してみてください。

2:メッセージマーケティング&キャンペーンを自動化させる

eメール、Messenger、SNSダイレクトメッセージなどのメッセージマーケティングは、顧客に商品をアピールする大切なコンテンツです。

自動化の手助けをしてくれるメールマーケティングソフトウェア(EC Intelligence など)を上手く活用して、顧客に商品をアピールしてみましょう。


8 - ECサイト特化型MA_CRMツール「EC Intelligence」|株式会社シナブル - www.scinable.com.png

マーケティング オートメーションでは

購入、SNSのフォローなどのトリガーで始まる「カスタマー ジャーニー」購買体験を使用します。

ジャーニーは、顧客(購買前・中・後体験にとってより関連性が高くなるように設計されることです。

マーケターがジャーニーが簡単に実行できるようになっています。
オーディエンスや顧客との継続的な会話を生み出し、ブランド ロイヤルティを構築するための価値があります。マーケティング オートメーションは、ROI、収益、および結果を生み出します。

パーソナライズされたタイムリーで関連性の高いメッセージを送信し、エンゲージメントと収益を高めています。

使用するツールやプラットフォームに関係なく、マーケティング オートメーションは、トリガー、ルール、コンテンツの 3 つのコア コンポーネントに集約できます。

マーケティング担当者は自動化を使用してパーソナライズされたメッセージを配信するため、

  1. 送信するメッセージ
  2. 送信する相手と時期
  3. およびこれらの送信を強化するために必要なデータ

について十分に考慮する必要があります。

データは、

  • 特定のメッセージ
  • ジャーニーのトリガーとして

活用して、顧客・オーディエンスセグメントへの送信を開始することができます。

●●購入者が購入してから ●●日後にサービス リマインダーを自動的に送信することなどで

これにより、新しい販売機会が生まれます 。(データの手動入力や操作は一切必要ありません)。

ジュエリーなどでは。

誕生日などのアニバーサーリーが収益を生み出す素晴らしいタイミングであることを知られています。

チェックアウト プロセス中にこのデータを収集して、リストに同期します。
次に、オーディエンス・顧客とその関係者の誕生日が巡ってくると、マーケティング オートメーションを使用して 10% オフのオファーを自動的に送信するとかします。

顧客の特別な日を記録することで、自動化された誕生日メールなどを送信して、顧客にブランドとの関わりを思い出させることができます。
これによって、ブランドの ROI と収益が向上します。

インスピレーションを与える非常に効果的なパーソナライズされたメール事例

顧客になった日を知っていることを感謝して示すことで、顧客との関係を大切にしていることを示します。人々は注目され感謝されるのが大好きです。多くの顧客の 1 人であるだけでなく、高く評価されている個人であることを示していきます。

  • オーディエンスに、コマ―スプラットフォームで放棄されたアクションを思い出させます。
  • パーソナライズされた言葉を使っています。関係を強化することに焦点を当てていきます。

オファーだけではありません。

- メールをパーソナライズするためのチェックリスト

メールなどのダイレクトコミュニケーションをパーソナライズすることは、非常に的を絞った関連性の高いコンテンツを顧客やオーディエンスに配信し、その過程でエクスペリエンスに価値を付加する実証済みの方法です。

その見返りとして、成長するビジネスの ROI と収益を向上させることができます。

  • 最も効果的なパーソナライズされたメールを作成するには、購読者に関するデータをできるだけ多く収集します
  • パーソナライズされたメールは、最高のエンゲージメントと収益をもたらします
  • リストを慎重にセグメント化して、パーソナライゼーションを強化します

3:SNSを活用する

SNSを利用すれば、D2C・eコマースのマーケット&コミュニケーションプラットフォームの多様化が出来て、顧客が増える可能性があります。

SNSをきっかけとした購買行動は、今や一般的と言っても過言ではないことは経験済ですね。
ただし、E-コマース・D2C・DNVBビジネスをスタートしたばかりの場合、どのSNSが自分達の顧客のオーディエンスに向いているか判断が難しいです。その場合は、Facebook、Twitter、Instagram、TikTok、LINE等の全てでアカウントを作成して、成果が出たSNSを中心にコミュニケーション&コンテンツ更新する方法をおすすめします。

- LottieLondon (@mylottielondon) Official TikTok - Watch LottieLondon'_ - www.tiktok.com.png
- TikTok trending – Lottie.London - lottie.london.png

TikTok クリエイティブの長さとシーンに関するいくつかの簡単なヒント

ブランドのためのこれらのガイドライン:

長さが重要

TikTok ビデオの長さは、ビデオの成功に大きく影響します。
ファネルの上部の推奨される長さは21 ~ 34 秒です。
ユーザーをリターゲティングする場合、より長い動画が成功の鍵となる可能性があります。
最長 1 分間の動画をお試しください 。

景色を変えて

誰かが画面に向かって話しているだけのビデオを見るのは退屈であり、データはそれを証明しています。
アプリのクリエイティブ ウィナーの 99% が複数のシーンを持っています。
個々のアカウントがこれで成功を収めているだけでなく、TikTok 自体も、 複数のシーンを使用してコンバージョンが 38% 上昇したと報告しています。

Twitter は、自分の考えを簡潔かつ目的のあるものにする絶好の機会

あなたの最初のツイートはバイラルにならない可能性があります。

Twitter で狂った数を期待する前に、自分の考えを共有するコミュニティを構築する必要があります。志を同じくする人々をフォローし、建設的な意見や事実との会話に参加してください。

毎週、何かを学び、誰かに教えることを目標にしましょう。しばらくすると、オーディエンスが構築されます。理想的には、個々のツイートや会話で定期的に関与している約 1,000 人をフォロワーとしたいと考えています。

次に、何をツイートするかについてのアイデアが必要です。ブレーンストーミング セッションを開始するためのいくつかのプロンプトです。

  • 誰かのツイートにフォローアップを書く
  • アイデアを展開する
  • あなたの言葉を自由に書いて編集する
  • 暴言を録音して聞き返し、最高のアイデアをまとめる
  • お気に入りのポッドキャストで提示された質問に答える
  • データをストーリーとして提示する
  • ビジュアル要素を使用する

種をまく

リンゴについて書く必要はありません。何故なら
誰もがそれらが何であるか、どこで購入できるか、そしてあなたがそれらを焼くことができることを知っています。 種と、どのようにしてリンゴになるかについて書くことです。

ストーリーを語り、そのストーリーが教えてくれたことを繰り返します。
このようなインサイト:洞察は、あなただけが形成することができ、あなたの言葉に付加価値を与得てくれます。

最後までたどり着くまでタップするだけの価値があるスレッドであることをフォロワーに約束してください。
7 ~ 10 個のツイートを通して意味のある質問に答えてください。

大幅に短い場合は、考えを 1 つのツイートに編集して、読者の時間の価値を高めることができます。

各ツイートを独立させましょう。
フォロワーがあなたのスレッドから 1 つのツイートを共有した場合、別の読者はあなたが話していることを理解できますか。
これは重要なポイントです。
なぜなら、今日の情報共有の速度では、読者がスレッド全体を共有するために一番上までスクロールしない可能性が高いと言われています。

蒔いたものを刈り取る

スレッドの最後に CTA を含めます。
より多くの読者に質問しますが、コンテンツに価値があると判断した場合、コンテンツを共有するための努力をします。

あなた自身の視点とポイントでストーリーを語ってください。
あなたがトピックや状況について何かを学んだいる場合は、一緒に学ぶことに価値を見出す誰かがいます。
スレッドの価値を理解したら、この関係を双方向にしてくれます。スレッドの最後に CTA を挿入して、あなたと視聴者の間で良い雰囲気を保ちましょう。

  • オーディエンスは他にどのようにブランドと関わることができますか。
  • Twitter フォロワー限定のオファーを引き換えて、特別な気分にさせてもらえますか。
  • 紹介プログラムはどうですか。
  • 別のサイトまたはポッドキャストで詳細情報を入手できますか。

このような小さなインセンティブが、共有性の高いコンテンツに大きな違いをもたらしてくれます。

スプリントではなくマラソンです

コミュニティの構築には時間がかかります。

あちこちで荒々しいツイートがいくつかあるかもしれませんが、それは非常に多くの聴衆と話すことから生まれます。

誰もがあなたに同意するわけではありません、同意する人もいます。
難しいかもしれませんが、他の人から学び、最も熱心な人々に最大の価値を提供するためにゆっくりとあなたの文章スタイルを洗練する機会が溢れているので、あなたのやり方を確立してください。

関連コラム:

Instagram(インスタグラム)でファンを増やそう!運用のコツ

Instagram の最新のビジネス向けリール ガイド

Instagram Business Guide

4:顧客一人ひとりにあわせて商品やサービスを提供する

それぞれの顧客にあわせて商品やサービスを提案するパーソナライゼーションEC-IntelligenceをはじめとするMA+CRMツールを活用して提供してみましょう。

顧客の名前の入ったメールから初めてみてください。顧客に合わせた商品やコンテンツをおすすめすることで、顧客に商品・サービスへの愛着心を抱かせることを成功に導きましょう。

- Survey – The Nue Co. - www.thenueco.com.png

 

パーソナライズされたデザインとコピーは、キャンペーンの成功に不可欠です。

教育コンテンツや娯楽(読み物系など)コンテンツを提供していない場合、オーディエンス:視聴者を失っている可能性もあります。

見逃せないポイント

  • オファーを強く提示します。
    あいまいな表現を使用せず、具体的な数字を示して、明確かつ簡潔にします
  • マーチャンダイジングセクションを実装します。
    ブランドの最高のオファー/商品を誇示してください。
  • 節約を伝える。
    オーディエンス:視聴者に「今までと現在」の価格を提示します。
  • 分割払いプランのオプションを強調表示します。
    アクセシビリティと購入の容易さを示します。
  • よりパーソナライズされたアプローチをテストします。
    創業者からのメッセージ、ブランドがオファーを作成した理由などを送信します。
  • 楽しむ!
    親しみを持ってください。少しだけでも、ユーモアなことをするのを恐れないでください。(そして、何がうけるするかをテストしてください。)

早期アクセス、限定割引、商品ドロップ日の最初のディブ、VIPアクセスなど、リードジェネレーションのために考慮すべきパーソナライズされたオファーはたくさんあります。

5:オリジナルコンテンツは顧客とのつながりの始まり

YouTubeなどのビデオ動画、ブログ投稿、Spotify/Appleなどの音声ポッドキャスト・オーディオセグメント、eBookなどには、オリジナルコンテンツを掲載してください。
ウェブからSEO戦略で取得したコンテンツだけでは、顧客の心は動きません。
ブランドの独自のオウンドコンテンツを毎週は大変ですが、コンスタントに出すといった工夫が必要です。

- Flock Chicken Chips - flockfoods.com.png

インテリジェントな商品推奨事項を作成する

顧客の興味に合った製品を推奨することにより、顧客のカートサイズと全体的な購入を増やします。これらの推奨事項(レコメンド)は、
同じタンクトップの色が異なるなどの類似商品の場合もあれば、
パンツやブラウスに合うアクセサリーなど、顧客がすでに選択したものを補完する場合もあります。

商品の推奨事項(レコメンド)は、

  • 地理的領域
  • 閲覧行動
  • 過去の購入
  • 人気商品

などのさまざまなプロファイルに合うように調整できます。
パーソナライズのための手動でのグループより、顧客データを分析して推奨事項(レコメンド)を自動的に作成できるプラットフォームはさらに優れています。
時間の経過とともに、推奨事項(レコメンド)はよりスマートになり、より多くの顧客を引き付けて注文サイズを増やします。
おすすめの商品を購入する買い物客は、セッション中のコンバージョン率が70%ほど高くなります。

パーソナライズされたランディングページを作成する

顧客はさまざまなトラフィックソースからWebサイトにアクセスしてきます、最終的にどこのコンテンツ&商品に到達するかをパーソナライズすることは、潜在的な購入者とつながる重要な機会です。
特定のペルソナのランディングページを作成して、第一印象をレベルアップします。
リピーターは、新規顧客とは異なるブランドに対する期待と認識を持っています。ランディングページのエクスペリエンスは、その違いを反映している必要があります。
カスタマイズされたランディングページは、収集したセグメンテーションデータを使用して、一致するエクスペリエンスを構築します。

  • 過去の購入行動
  • 地理的位置
  • 人口統計
  • トラフィックソース

などに基づいてセグメント化できます。
そして、このパーソナライズは間違いなく報われます。

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒントシリーズ

Tips&ヒントをご紹介してきました。今すぐ取り組める内容もあるので、是非とも試してみて、結果を教えてください。

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #01

  1. コンテンツマーケティング戦略から始める
  2. メッセージマーケティング&キャンペーンを自動化させる
  3. SNSを活用する
  4. 顧客一人ひとりにあわせて商品やサービスを提供する
  5. オリジナルコンテンツは顧客とのつながりの始まりインテリジェントな商品推奨事項を作成する
    パーソナライズされたランディングページを作成する

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #02

  1. ユーザー層にあったメッセージを適切なタイミングでライフサイクルマーケティングを通じて主要KPIを推進する
  2. UGC:ユーザー作成コンテンツを活用する
    コンテンツとコマースの境界線が曖昧になり始めています
  3. ロイヤルティプログラムを活用する
  4. ソーシャルネットワークの運用自動化する
  5. Shoppable-UGC-eコマースを活用する
    ソーシャルコマースを超えて

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #03

  1. 複数の言語・通貨で対応する
    コンテンツと通貨をローカライズする
  2. スマホでのタッチポイント・デザインがファースト
  3. オムニチャネル・OMOではモバイルがより有効なタッチポイント
    顧客プロファイル
    SNS ダイレクトメッセージ
    モバイルアプリ
    ウェブ
  4. パートナーとコラボ活用する
    自社組織の育成は不可欠な時代
  5. 適切なテスト環境でソーシャル広告を試してみる

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #04

  1. EGC:創業者・ブランド担当者が本音のメッセージを自ら発信する
  2. ブランドコンテンツのアイデンティティを明らかにする
  3. ブランドの顔になるキャラクターを作る
  4. オンラインディスカッションエリア・コミュニティを運営してみる。
    1.コミュニティを理解する
    2.メンバーをスターにする
    3.参加しやすくする
    4.あなたも参加する必要がありま
    5.一貫性を保ち、思慮深くなる
  5. 顧客とのコミュニケーションをパーソナライズ化する
    一般的なeコマースのパーソナライズ

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #05

  1. 発送・配達で他社と差別化する
  2. UNBOXING:開封の儀を演出する
    ・同梱物施策を考える
  3. ローカルブランディングとマーケティングを忘れないで
  4. マーケティング・オートメーションを活用す
    eコマースのための5つの自動化されたマーケティング戦略
    ■マーケティングオートメーションとは何ですか
    ■マーケティングオートメーションのメリット
    ■マーケティングオートメーションはどのように機能しますか
    ■コンバージョンを促進するためのトップ・マーケティングオートメーション
    1.パーソナライズされたショッピング体験
    2.チャットボット
    3.放棄されたカートへのメッセージ
    ■E-メールを作成するためのヒント
    4.分割テスト
    5.セグメント化された電子メールリスト
  5. 商品を説明する動画をアップしてみる

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #06

  1. FAQ・よくある質問ページにオリジナル性を持たせてヘルプ セクションを目立つようにします。ChatGPT は、配送、返品と交換、保証情報など、あらゆる種類のe コマース FAQを生成できます
  2. コンテンツに魅力的な写真を積極的に採用する
  3. 自社のオリジナルコンテンツメディアを充実させる
  4. 業界ニュース・トレンドは最新にしておく
  5. 賛否議論の多い話題・トピックも重要なコンテンツ

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #07

  1. 検索エンジン向けのSEO施策だけではない
    商品検索を最適化する
    *ファセットナビゲーション(Faceted Navigation)
  2. クリック課金型マーケティングの基本に還る
  3. ソーシャルニュースサイトを活用する
    Shopifyを介して
  4. 新しいテクノロジーを活用すること
    メタバー
    ライブストリーム
  5. オンライン購入体験を合理化する
    今日の顧客にとっては、
    時間のかかる購入プロセスに対する時間や許容範囲がありません。
    CX:カスタマーエクスペリエンスを向上させること

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #08

  1. 返品・交換ポリシーを明確に
  2. 複数のプラットフォームでストアを展開する
    マルチチャネルeコマース施策
  3. NEWS LETTER SUBSCRIPTION を活用する(日本では、LINE)
  4. News Letter(日本ではLINE)で顧客の心をつかむ
  5. お気に入り・ウィッシュリスト・カートの商品を思い出させる

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #09

  1. 欲しい商品の購入手続きは簡単であること
    ・ID連携
    ・決済連携
    ・LINE連携 LINEを活用した施策
  2. 商品レビューを投稿してもらう
    ・志を同じくする顧客のコミュニティを作成すること
    ・レビューがブランドコミュニティに不可欠な理由
    ・レビュー付きのコミュニティを構築する方法
  3. フリーのマーケティングオプションに注目してコツコツ実施する
    ・低価格の商品は、ソーシャルプラットフォーム
  4. D2C・Eコマースサイト訪問者とコミュニケーションする
  5. ディスカッションエリアでの評価をする

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #10

  1. 顧客が魅力的に感じる物をプレゼントする
  2. 新商品の市場調査を計画して顧客にヒアリングを実施する
  3. インフルエンサーに商品をレビューしてもらう社会的証明が売る8つの方法(はるかにもっと)
    ソーシャルメディアのハッシュタグやキーワードをベースに
    商品と経験にフォーカス:焦点を合わせます。
  4. 信頼できるショッピング体験
    CSのセルフサービス化
    カスタマーサービスが重要
  5. 将来の売上を予測するレポート

*Tips&ヒントの中には、別コラムで詳細を解説しています。リンク先でより深く知ってください。
*海外のD2C・eコマースサイトで参考になるサイトの解説コラムもアップしています。リンク先から探索してみてください。

成長しているD2C・eコマースサイト探索・事例シリーズ  コンテンツリスト

【成長しているサイト探索・事例シリーズ 】D2C/eコマース/OMO コラム一覧
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
Amazonで出品するなら、プライム会員限定の無料配送や翌日配送にも対応できるFBA(Fulfillment by Amazon)の利用で、ビジネスチャンスが広がります。 一方、納品にはAmazonの細かい規定に慣れる必要があり手間が...
続きを読んでみる
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流を成功させるためには、信頼できる物流パートナーを見つけることが不可欠です。では、どんな基準で委託先を選べばよいのでしょうか。本記事では、冷凍品ECビジネスに適した物流パートナーの選び方から、重要な在庫管理のポイント、効率...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
小売業を中心に、大手各社ではすでに浸透しつつあるオム二チャネル戦略。今後、導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。 オムニチャネル戦略には、物流面の整備が不可欠です。本記事では、オムニチャネルを成功に導く物流整備のポイントを...
続きを読んでみる
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品物流を成功させるには、徹底した温度管理、賞味期限の管理が不可欠です。 本記事では、食品通販物流を成功させるポイントからおすすめの発送代行業者と事例まで詳しく紹介します。 ニーズに合う業者が見つかれば、物流コストを抑えられます。物流...
続きを読んでみる
出荷作業を改善する5つの秘訣!改善フローと事例も紹介!
出荷作業を改善する5つの秘訣!改善フローと事例も紹介!
出荷作業とは、受注してから荷物を発送するまでの各工程を指します。工程が多く、ミスが発生しやすい作業です。 度重なるミスの発生は、物流業務全体の作業効率を低下させる要因の一つであり、会社全体の売上にも大きく影響します。とはいえ、出荷業務...
続きを読んでみる
物流アウトソーシングとは?メリット・デメリットや費用、導入事例を紹介
物流アウトソーシングとは?メリット・デメリットや費用、導入事例を紹介
近年、EC事業の拡大にともなうリソースや商品保管場所の不足から、物流アウトソーシングを検討する企業が増えています。 アウトソーシングは入念な打ち合わせにより予算やニーズに合う委託先を見つけることが重要です。コストの削減や事業の拡大が実...
続きを読んでみる
在庫差異(棚卸差異)が起こる理由は?差異発生による影響、予防策まで解説!
在庫差異(棚卸差異)が起こる理由は?差異発生による影響、予防策まで解説!
在庫差異(棚卸差異)とは、実在庫数と帳簿在庫数が合っていないことです。在庫差異の発生は、原因追及に時間を要するだけでなく、正確な在庫管理が出来ていないことによる生産性の低下、販売機会の損失など、経営状況を悪化させるさまざまな悪影響を受...
続きを読んでみる
物流の移転時期、検討のポイントと最適タイミング
物流の移転時期、検討のポイントと最適タイミング
物流の最適化はビジネスにおいて不可欠な要素です。しかし、物流拠点の移転を決定する際は、そのタイミングが重要になります。いつ、どのように移転すれば効率とコストのバランスを達成できるのか、その決断は複数の要因を考慮した緻密な戦略が求められ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー