トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント 前編 Part-05

【D2C・eコマース・OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント


Written by 植島 寛子

 

21:発送・配達で他社と差別化する

発送・配達スピードで他社と差別化することは、選ばれるeコマースストアになるために必要な事です。

例えば、
Zapposでは発送・配達スピードが優れ、顧客に特別感を与えています。発送・配達が迅速にできるように運用手配についてフルフィルメントパートナーと相談してみるといいでしょう。(無理の無い範疇でです。)
*Service Function
フルフィルメントサービス:機能

 - Shoes, Sneakers, Boots, & Clothing + FREE SHIPPING - Zappos.com_ - www.zappos.com.png

 22:Unboxing:開封の儀を演出する

顧客が、D2C・eコマースの商品との最初の出会いは、自宅に届いた配送箱から始まります。顧客を感動させる出会いを演出するように設計してみてください。
様々なところで効果と影響を感じることができると思います。
*開封の儀:Unboxing体験が重要・差異化ポイントになる理由とその方法 Part1

Part2

同梱物施策を考える

オウンドコンテンツは、デジタルだけではありません。商品と一緒にお届けする、梱包箱もそしてその中に同梱する紙媒体も重要なオウンドコンテンツです。

- Bubble Skincare - Come Clean - Skin Clay Mask by Bubble - Best Detox_ - hellobubble.com.png

 23:ローカルブランディングとマーケティングを忘れないで

リアル実店舗がある場合は、地理位置情報ツールとローカル検索エンジンなどを活用して、商圏範囲にいる顧客に効果的にアピールすることを検討してみてください。eコマースだけでなくリアル店舗でも売り上げアップが期待できます。

OMOの基本の1歩です。
- Find a Duluth Trading Clothing Store Near You - Duluth Trading Compa_ - www.duluthtrading.com.png

24:マーケティング・オートメーションを活用する

eコマース以外にリアル店舗でも業務をしている場合や、顧客数が1000名を超えたあたりから、マーケティング・オートメーションツール(MA)EC Intelligence など)での運用を試してみるといいでしょう。よりパーソナライズを訴求するために、空いた時間でより創造的なことができるようになります。

eコマースのための5つの自動化されたマーケティング戦略

マーケティングオートメーションは、コンバージョン率を高め、潜在的な顧客が、ブランドをよりよく理解するのに役立つコンテンツを提供します。
それは

  • 時間を節約し
  • パーソナライズを増やし
  • リードを最適化し
  • 費用対効果が高い
施策です。

目次

  1. マーケティングオートメーションとは何ですか?
  2. マーケティングオートメーションのメリット
  3. マーケティングオートメーションはどのように機能しますか?
  4. コンバージョンを促進するためのトップ・マーケティングオートメーション

オンラインのアパレルラインから中古書店まで、eコマースブランドはオートメーション化されたマーケティングの助けを借りてコンバージョン率を上げることができます。
このテクノロジーにより、ブランドはより短い時間でより多くのことを達成でき、効率と効果が向上します。

マーケティングオートメーションとは何ですか?

マーケティングのオートメーション化では、ソフトウェアを使用して、メールの送信、ディスプレイ広告の掲載、調査の実施など、通常は手動で実行される日常的なタスクを自動化します。
マーケティングオートメーションは、コンバージョン率を高め、潜在的な顧客が、ブランドをよりよく理解するのに役立つコンテンツを顧客に提供します。

マーケティングオートメーションのメリット

オートメーション化されたマーケティングは、コンバージョン率の向上に加えて、次のような他の多くのメリットを提供します。

時間を節約する。

見込み客と顧客の接点として最適です。ブランドは事前にメールをスケジュールできるため、ドリップキャンペーンが自動的にターゲットオーディエンスの受信トレイに届きます。

パーソナライズの向上。

パーソナライズの提供も容易になります。顧客にとってますます重要になっています。ブランドは、顧客をセグメント化してから、セグメントごとにメッセージングを作成できます。

最適化されたリード。

ブランドは、リードを目標到達プロセスに沿って変換する一貫性のある関連性の高いコンテンツを提供することで、リードから最大の価値を得ることができます。

お金を節約します。

マーケティングツールは先行投資ですが、収益は指数関数的になる可能性があります。コンバージョンと全体的な収益を増やすことで、ブランドのお金を節約します。

マーケティングオートメーションはどのように機能しますか

Eメールマーケティングからリードスコアリングまで、Eコマースビジネスにマーケティングオートメーションを採用する方法は無数にあります。

どのアプローチを適用する場合でも、4つのステップは次のとおりです。

  1. オートメーションを開始する顧客アクションであるトリガーを設定します。
  2. トリガーが開始されてから次のアクションが発生するまでのタイミングを指示します。
  3. 条件の設定—ワークフローが従う必要のあるルール。
  4. 遅延と条件によって決定される最終アクションを実行します。

eコマースブランドはマーケティングオートメーションワークフローを簡単に採用できます。

コンバージョンを促進するためのトップ・マーケティングオートメーション

1.パーソナライズされたショッピング体験

パーソナライズは、トレンドの1つです。マーケティングオートメーションツールは、過去の消費者行動、購入履歴などに関する貴重な洞察を提供することにより、パーソナライズを向上させるのに役立ちます。
過去の行動に基づいて顧客にタグを付け、サイトにアクセスするたびに、よりパーソナライズされたショッピング体験を顧客に提示できます。
これは、顧客データに基づいて「再注文」オプションまたは特別オファーを提供する商品推奨(レコメンド)の形で提供されることもポイントです。

2.チャットボット

顧客が24時間体制のカスタマーサービスを期待するようになるにつれて、ますます多くのEコマースブランドがチャットボットに目を向けています。
AIテクノロジーは急速に進歩しており、チャットボットは顧客サービスのコストを削減し、顧客体験を向上させるための手頃で効率的なオプションになっています。

3.放棄されたカートへのメッセージ

カートの平均放棄率は、Eコマースブランドでは約70%です。3分の2以上がオンラインチェックアウトプロセスを完了していません。これらの数値を大幅に改善できます。
E-メールからバナー広告やソーシャルメディアまで、インターネット上の他のタッチポイントでカートを放棄したユーザーをターゲットにすることで、コンバージョンを増やすことができます。

E-メールを作成するためのヒント
カート放棄してから最初の1時間以内にメールを送信します。
残した商品を顧客に思い出させますが簡潔にします。
アクションを促進するために、追加のインセンティブ(割引や送料無料など)を追加することを検討してください。
*詳細は別コラムにて

4.分割テスト

オートメーションツールを使用する場合は、コマースのパーソナライズサイトを無計画に設計したり、E-メールを送信したりするのではなく、マーケティングの意思決定を意図的に行い、具体的な結果を確認すること重要です。
分割テスト(A/Bテスト)では、マーケターに開封率やクリック率などの重要な電子メール統計を表示できます。
UXデザインを最適化するためにも使用でき、コンバージョン率を向上させる可能性があります。

コンバージョンファネルのどこで行き詰まっているかを確認して、全体的なカスタマージャーニーを改善するのに役立ちます。

5.セグメント化された電子メールリスト

E-メールのクリックスルー率はEコマースブランドの平均で約9%です。
便利で「顧客中心」であるため、顧客はレスポンスよく反応します。
しかし、顧客にとっては、コミュニケーション量が増え続けるにつれて、Eコマースブランドが時代の先を行くことは重要です。

セグメント化されたメールリストは、顧客の好みや以前の行動に基づいて顧客を分類することにより、ブランドがよりパーソナライズされたメールエクスペリエンスを作成するのに役立ちます。
コンバージョンにつながるターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンを作成することできます。

 - ONLY 7 Hours Left!👏$10 Graphic Tees!👏 -.png

25:商品を説明する動画をアップしてみる

YouTubeチャンネルを立ち上げている場合は、商品を説明する内容や作り方を説明した動画などをアップすることをおすすめします。商品を手にした時のイメージがわきやすく、良いPRプロモーションになるでしょう。
*動画は、Instagram:IG や TikTok も良いかも知れません。

当たり前ですが、アウアーミッションや、商品詳細ページでの活用もしてください。

 - FOREO - YouTube - www.youtube.com.png

精通したマーケターがEコマースを最大限に活用し、それをソーシャルメディアプランと組み合わせると、魔法が起こります。
2022年、デジタルランドスケープが拡大し、変化し続けるにつれて、eコマースとソーシャルコマースの世界は急速に適応し続けると言われています。

ソーシャルコマースは、多くのプラットフォーム、最近では
Twitter
TikTok
Facebookショップ
Instagramショッピング
Pinterestネイティブショップ
などの他のプラットフォームでも存在します。

1.新しいテクノロジーを活用すること

AI、VR、NFT、5G ...メタバース!ソーシャルテクノロジー全体で非常に多くの変化が起こっています。

私たちの見解 5G接続を活用することで(混乱している人のために:ブロードバンドセルラーネットワークの第5世代接続)オンラインの可能性がどこでも可能になりつつあります。
ソーシャルコマースは新たな高みに到達し、接続されているすべてのデバイスでシームレスな複合現実体験を提供するようになります。
*eMarketerレポートの予測
米国の代替現実(AR)ユーザーは、2021年の8,370万人から2022年には1億160万人に大幅に増加します。ブランドがこれらの変化するテクノロジーを活用して、ソーシャルコマースのショッピング体験を活用しない手はありません。

メタバース

チャンスは無限に広がると言われています。このデジタルプラットフォームのVRテクノロジーからオンライン暗号通貨まで、メタバースはブランドを開発するための新しい場所です。
NFT(代替不可能なトークン)について聞いたことがありますか。
NFTは、実際には、図面や音楽など、デジタルのものであれば何でもかまいません。NFTをデジタル収集品として作成および販売することで、ブランドのオンラインで、ほとんど試みられていない新しい創造経済とデジタルエコシステムに拡大することができると言われています。

ライブストリーム

オンラインの影響力を持つ人々の間で急速に必要になりつつあります。ソーシャルコマースが適応するにつれて、顧客の需要とより高速な接続性がライブストリーミングプラットフォームの成長を後押しています。
2023年までに、このプラットフォームは世界の年間売上高
で数千億ドルをもたらすと予想されています。

テクノロジーを恐れないで、デジタルゲームをプレイできないようにしないでください。FacebookをリブランドされたMetaの絶え間ない開発は、AR、NFT、および広告開発に関して、開発中の「Metaverse」に無限の機会を提供しています。

ファッションテクノロジー "Introduction"

ファッションテクノロジー"#1 METAVERSE REALITY CHECK"

ファッションテクノロジー "#2 HYPER PERSONALISATION"

 

ファッションテクノロジー "#3 CONNECTED STORES"

ファッションテクノロジー "#4 END-TO-END UPGRADE"

ファッションテクノロジー "#5 TRACEABILITY FIRST"

 前半のTips&ヒントをご紹介してきました。今すぐ取り組める内容もあるので、是非とも試してみて、結果を教えてください。

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント 前編 Part-01

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント 前編 Part-02

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント 前編 Part-03

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント 前編 Part-04

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント 前編 Part-05

トップブランドから学ぶD2C・eコマースのヒント 後編

*Tips&ヒントの中には、別コラムで詳細を解説しています。リンク先でより深く知ってください。
*海外のD2C・eコマースサイトで参考になるサイトの解説コラムもアップしています。リンク先から探索してみてください。

成長しているD2C・eコマースサイト探索・事例シリーズ  コンテンツリスト

【成長しているサイト探索・事例シリーズ 】D2C/eコマース/OMO コラム一覧