富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #05

【D2C・eコマース・OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント


Written by 植島 寛子

 

21:発送・配達で他社と差別化する

発送・配達スピードで他社と差別化することは、選ばれるeコマースストアになるために必要な事です。

例えば、
Zapposでは発送・配達スピードが優れ、顧客に特別感を与えています。発送・配達が迅速にできるように運用手配についてフルフィルメントパートナーと相談してみるといいでしょう。(無理の無い範疇でです。)
*Service Function
フルフィルメントサービス:機能

シンプルなサービス体系

富士ロジテックHDでは、すべてのフルフィルメントコスト(たとえば、配送、ピック、パック、パッケージングなど)をフルフィルメントとストレージというシンプルな料金にまとめました。

透明性のあるサービス

クライアントが見る料金タリフはクライアントのみなさんが支払うものです。フルフィルメントとストレージのアイテムごとの料金であり、正確なコストを予測するのに役立ちます。

手頃な価格

特にポストインタイプの配送に関しては、低料金が際立っています。私たちの料金をFBAや他のプロバイダーと比較してください。

ラストマイルのコストは、サプライチェーンの総コストの40%以上に相当します。
最近の傾向はどんどんましていきますし、今後も収益モデルを悪化させていくだけになります。配送パートナーはラストマイルで価格を上げていきます。

コスメ・サプリのサブスクリプションブランドや小売ブランドは、これらの増加するラストマイルコストにどのように対応していくかを下記のコラムでご紹介しています。最後の1マイルを自分の手に委ねることができます。

オムニチャネル小売業者は、ローカル倉庫からの供給で直接フルフィルメントを処理する「マイクロフルフィルメント」によって、サプライチェーンの影響を削減していきます。
小売業者は、オンラインで購入する、店舗から配達する、オンラインで購入する、店舗で集荷するなどのオプションを提供していくようになります。

 - Shoes, Sneakers, Boots, & Clothing + FREE SHIPPING - Zappos.com_ - www.zappos.com.png

 22:Unboxing:開封の儀を演出する

顧客が、D2C・eコマースの商品との最初の出会いは、自宅に届いた配送箱から始まります。顧客を感動させる出会いを演出するように設計してみてください。
様々なところで効果と影響を感じることができると思います。

同梱物施策を考える

オウンドコンテンツは、デジタルだけではありません。商品と一緒にお届けする、梱包箱もそしてその中に同梱する紙媒体も重要なオウンドコンテンツです。

- Bubble Skincare - Come Clean - Skin Clay Mask by Bubble - Best Detox_ - hellobubble.com.png

23:ローカルブランディングとマーケティングを忘れないで

リアル実店舗がある場合は、地理位置情報ツールとローカル検索エンジンなどを活用して、商圏範囲にいる顧客に効果的にアピールすることを検討してみてください。eコマースだけでなくリアル店舗でも売り上げアップが期待できます。

OMOの基本の1歩です。そしてモバイルアプリが重要な役割を持ち始めます。

e コマース ブランドが独自のアプリを立ち上げる一般的な理由

  1. ロイヤリティ・VIP顧客の育成
  2. プッシュ通知 (マーケティングになる)
  3. 高速パフォーマンス = 高い CVR
    (ウェブサイトがヘッドレスではない場合)
  4. 追加の収益チャネル

他にもありますか。

指標は何か

CVR は常にブランドの最大の関心事。
CVR が少なくともモバイル Web と同等であることを確認してください、実際にはモバイル Web のパフォーマンスを超えて CVR を向上させることを目指していきます。

さらに、
モバイル アプリがリピーター、リピート オーダー、および全体的な生涯価値 (CLTV) にどのように影響し、増加させているかを理解します。

CVRを向上させるために、ブランドは何に注力できるか
顧客の注意を引くのは短い期間だけなので、どの e コマース ブランドでも、商品の発見は不可欠な体験です。

どうすれば適切な品 (パーソナライゼーション、品のレコメンデーション、ターゲットを絞ったキーワードなどに基づく) と、できるだけ多くの品 (強力な UX/UI の最適化) を最短の時間で顧客に表示できるか
これらすべての機能強化により、CVR が大幅に向上します。

検索結果ページの最適化

(正確な商品タグ付けと強力な UX/UI に基づく)
並べ替えとフィルタリングの UI を最適化し、顧客が商品の条件をすばやく絞り込むことをシームレスにします。

  • カテゴリー発見しやすいトップナビの活用
  • パーソナライズされたアップセルの活用

リアル店舗への誘導・送客

OMOに限らず、最寄のリアル店舗への誘導、送客はこらからも必須事項です。BOPISに限らず、店舗での実商品やスタッフとのコミュニケーションでCVは向上することは実証済です。

- Find a Duluth Trading Clothing Store Near You - Duluth Trading Compa_ - www.duluthtrading.com.png

24:マーケティング・オートメーションを活用する

eコマース以外にリアル店舗でも業務をしている場合や、顧客数が1000名を超えたあたりから、マーケティング・オートメーションツール(MA)EC Intelligence など)での運用を試してみるといいでしょう。よりパーソナライズを訴求するために、空いた時間でより創造的なことができるようになります。

eコマースのための5つの自動化されたマーケティング戦略

マーケティングオートメーションは、コンバージョン率を高め、潜在的な顧客が、ブランドをよりよく理解するのに役立つコンテンツを提供します。
それは

  • 時間を節約し
  • パーソナライズを増やし
  • リードを最適化し
  • 費用対効果が高い

施策です。

 - ONLY 7 Hours Left!👏$10 Graphic Tees!👏 -.png

目次

  1. マーケティングオートメーションとは何ですか
  2. マーケティングオートメーションのメリット
  3. マーケティングオートメーションはどのように機能しますか?
  4. コンバージョンを促進するためのトップ・マーケティングオートメーション

オンラインのアパレルラインから中古書店まで、eコマースブランドはオートメーション化されたマーケティングの助けを借りてコンバージョン率を上げることができます。
このテクノロジーにより、ブランドはより短い時間でより多くのことを達成でき、効率と効果が向上します。

マーケティングオートメーションとは何ですか

マーケティングのオートメーション化では、ソフトウェアを使用して、メールの送信、ディスプレイ広告の掲載、調査の実施など、通常は手動で実行される日常的なタスクを自動化します。
マーケティングオートメーションは、コンバージョン率を高め、潜在的な顧客が、ブランドをよりよく理解するのに役立つコンテンツを顧客に提供します。

マーケティングオートメーションのメリット

オートメーション化されたマーケティングは、コンバージョン率の向上に加えて、次のような他の多くのメリットを提供します。

  1. 時間を節約する
    見込み客と顧客の接点として最適です。ブランドは事前にメールをスケジュールできるため、ドリップキャンペーンが自動的にターゲットオーディエンスの受信トレイに届きます。
  2. パーソナライズの向上
    パーソナライズの提供も容易になります。顧客にとってますます重要になっています。ブランドは、顧客をセグメント化してから、セグメントごとにメッセージングを作成できます。
  3. 最適化されたリード
    ブランドは、リードを目標到達プロセスに沿って変換する一貫性のある関連性の高いコンテンツを提供することで、リードから最大の価値を得ることができます。
  4. お金を節約します
    マーケティングツールは先行投資ですが、収益は指数関数的になる可能性があります。コンバージョンと全体的な収益を増やすことで、ブランドのお金を節約します。 

マーケティングオートメーションはどのように機能しますか

Eメールマーケティングからリードスコアリングまで、Eコマースビジネスにマーケティングオートメーションを採用する方法は無数にあります。

どのアプローチを適用する場合でも、4つのステップは次のとおりです。

  1. オートメーションを開始する顧客アクションであるトリガーを設定します。
  2. トリガーが開始されてから次のアクションが発生するまでのタイミングを指示します。
  3. 条件の設定—ワークフローが従う必要のあるルール。
  4. 遅延と条件によって決定される最終アクションを実行します。

eコマースブランドはマーケティングオートメーションワークフローを簡単に採用できます。

コンバージョンを促進するためのトップ・マーケティングオートメーション

1.パーソナライズされたショッピング体験

パーソナライズは、トレンドの1つです。マーケティングオートメーションツールは、過去の消費者行動、購入履歴などに関する貴重な洞察を提供することにより、パーソナライズを向上させるのに役立ちます。
過去の行動に基づいて顧客にタグを付け、サイトにアクセスするたびに、よりパーソナライズされたショッピング体験を顧客に提示できます。
これは、顧客データに基づいて「再注文」オプションまたは特別オファーを提供する商品推奨(レコメンド)の形で提供されることもポイントです。

2.チャットボット

顧客が24時間体制のカスタマーサービスを期待するようになるにつれて、ますます多くのEコマースブランドがチャットボットに目を向けています。

AIテクノロジーは急速に進歩しており、チャットボットは顧客サービスのコストを削減し、顧客体験を向上させるための手頃で効率的なオプションになっています。

3.放棄されたカートへのメッセージ

カートの平均放棄率は、Eコマースブランドでは約70%です。3分の2以上がオンラインチェックアウトプロセスを完了していません。これらの数値を大幅に改善できます。
E-メールからバナー広告やソーシャルメディアまで、インターネット上の他のタッチポイントでカートを放棄したユーザーをターゲットにすることで、コンバージョンを増やすことができます。

E-メールを作成するためのヒント

カート放棄してから最初の1時間以内にメールを送信します。
残した商品を顧客に思い出させますが簡潔にします。
アクションを促進するために、追加のインセンティブ(割引や送料無料など)を追加することを検討してください。
*詳細は別コラムにて

4.分割テスト

オートメーションツールを使用する場合は、コマースのパーソナライズサイトを無計画に設計したり、E-メールを送信したりするのではなく、マーケティングの意思決定を意図的に行い、具体的な結果を確認すること重要です。
分割テスト(A/Bテスト)では、マーケターに開封率やクリック率などの重要な電子メール統計を表示できます。
UXデザインを最適化するためにも使用でき、コンバージョン率を向上させる可能性があります。

コンバージョンファネルのどこで行き詰まっているかを確認して、全体的なカスタマージャーニーを改善するのに役立ちます。

5.セグメント化された電子メールリスト

E-メールのクリックスルー率はEコマースブランドの平均で約9%です。

便利で「顧客中心」であるため、顧客はレスポンスよく反応します。
しかし、顧客にとっては、コミュニケーション量が増え続けるにつれて、Eコマースブランドが時代の先を行くことは重要です。

セグメント化されたメールリストは、顧客の好みや以前の行動に基づいて顧客を分類することにより、ブランドがよりパーソナライズされたメールエクスペリエンスを作成するのに役立ちます。
コンバージョンにつながるターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンを作成することできます。

25:商品を説明する動画をアップしてみる

YouTubeチャンネルを立ち上げている場合は、商品を説明する内容や作り方を説明した動画などをアップすることをおすすめします。商品を手にした時のイメージがわきやすく、良いPRプロモーションになるでしょう。
*動画は、Instagram:IG や TikTok も良いかも知れません。

当たり前ですが、アウアーミッションや、商品詳細ページでの活用もしてください。

 - FOREO - YouTube - www.youtube.com.png



精通したマーケターがEコマースを最大限に活用し、それをソーシャルメディアプランと組み合わせると、魔法が起こります。
2022年、デジタルランドスケープが拡大し、変化し続けるにつれて、eコマースとソーシャルコマースの世界は急速に適応し続けると言われています。

ソーシャルコマースは、多くのプラットフォーム、最近では

などの他のプラットフォームでも存在します。

⏰平均総再生時間:

総再生時間は、視聴者がスクロールして離れてしまう前に動画コンテンツに夢中になっている時間を測定します。

平均総再生時間が長いほどよいのではないでしょうか。

ビデオ コンテンツがあまりにも面白くて、視聴者が最後まで見ても、あなたが求めていることを見逃してしまうことがあります。
一般的には、総再生時間が長いほど良いのですが、実際に影響を与えるには、指標とクリック数およびコンバージョン数のバランスを取る必要があります。⚖️

注: 平均視聴時間 (優れたコンテンツの場合) は、TikTok で約 6 秒、Meta で約 5 秒です!

動画の視聴時間が長い場合は、
追加の要素を追加して、商品への関心と教育を高めることを検討してください。

たとえば、

  • 商品のその他の用途
  • 商品がブランドの言う通りに機能することの証明 (お客様の声やレビュー)
  • クリーンで明確な行動を促すフレーズ (CTA)
  • 魅力的なオファー (割引、バンドル、トライアルなど)
反対に、視聴時間が短い場合は、
コンテンツが視聴時間の目標を達成していない理由を理解するために分析する価値があります。⏲️
見込み客が実際に動画クリエイティブに取りかかる前に離れてしまう場合は、次のことを自問してください。
  • 動画の最初の 5 ~ 10 秒が広告のように見えますか?
  • ビデオ フックは過剰に使用されていますか、それともトレンドとは関係ありませんか?
  • キャプションや音声を効果的に活用していますか?
  • 既成概念にとらわれず、ビデオのオープニング ショットを少し奇妙にする時が来ましたか?

🖱クリック率 (CTR):

総再生時間は動画への関心の指標であり、CTR は商品/オファーへの関心の指標であると考えてください。

視聴者がクリックしない場合は、平均総再生時間を確認してください。

たとえば、
ユーザーの 95% が最初の 3 秒以内にスキップしていますか?

もしそうなら、あなたのフックは十分に強くないかもしれません。

この場合の目標は、クリエイティブに何かを追加して、最初からユーザーを惹きつけ、維持することです。

総再生時間は健全 (5 秒以上) である

にもかかわらず、十分なクリック数が得られていない場合は、視聴者を認知段階から検討段階に移行させる方法を検討する必要があります。
注目すべき要素は次のとおりです。

  • ビデオのどこに CTA がありますか?
  • フックとは何ですか?
  • 提供できるセール、オファー、またはプロモーション取引はありますか?
  • あなたの製品は、あなたがターゲットとしている人によく合っていますか?
  • グラフィックまたはオーディオの CTA はありますか?

低クリック数を解決するには、これらの要素のすべてをテストする価値があります。

🤝コンバージョン率 (CVR):

CVRはトライアングルの切り札です。

クリック後のエクスペリエンスを無視してはならないことに注意してください。

クリック後のエクスペリエンス

  • ランディング ページ
  • オファー
  • 教育コンテンツ
  • ページ テイスト

は、ユーザーが実際に クリックすると大きな影響を与えます。
平均視聴時間とクリック率が正常な場合、あなたの目的とクリッカーの目的がずれている可能性があります。

自問してみてください:

  • CTA は単なるクリックベイトですか?
  • ランディング ページは、ユーザーがクリックして見たクリエイティブと一致していますか?
  • コンバージョンオーディエンスをターゲットにしていますか?

目標は、ゴールデン トライアングルを使用して、対象とする視聴者向けにクリエイティブをより最適化することです。

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒントシリーズ

Tips&ヒントをご紹介してきました。今すぐ取り組める内容もあるので、是非とも試してみて、結果を教えてください。

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #01

  1. コンテンツマーケティング戦略から始める
  2. メッセージマーケティング&キャンペーンを自動化させる
  3. SNSを活用する
  4. 顧客一人ひとりにあわせて商品やサービスを提供する
  5. オリジナルコンテンツは顧客とのつながりの始まりインテリジェントな商品推奨事項を作成する
    パーソナライズされたランディングページを作成する

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #02

  1. ユーザー層にあったメッセージを適切なタイミングでライフサイクルマーケティングを通じて主要KPIを推進する
  2. UGC:ユーザー作成コンテンツを活用する
    コンテンツとコマースの境界線が曖昧になり始めています
  3. ロイヤルティプログラムを活用する
  4. ソーシャルネットワークの運用自動化する
  5. Shoppable-UGC-eコマースを活用する
    ソーシャルコマースを超えて

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #03

  1. 複数の言語・通貨で対応する
    コンテンツと通貨をローカライズする
  2. スマホでのタッチポイント・デザインがファースト
  3. オムニチャネル・OMOではモバイルがより有効なタッチポイント
    顧客プロファイル
    SNS ダイレクトメッセージ
    モバイルアプリ
    ウェブ
  4. パートナーとコラボ活用する
    自社組織の育成は不可欠な時代
  5. 適切なテスト環境でソーシャル広告を試してみる

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #04

  1. EGC:創業者・ブランド担当者が本音のメッセージを自ら発信する
  2. ブランドコンテンツのアイデンティティを明らかにする
  3. ブランドの顔になるキャラクターを作る
  4. オンラインディスカッションエリア・コミュニティを運営してみる。
    1.コミュニティを理解する
    2.メンバーをスターにする
    3.参加しやすくする
    4.あなたも参加する必要がありま
    5.一貫性を保ち、思慮深くなる
  5. 顧客とのコミュニケーションをパーソナライズ化する
    一般的なeコマースのパーソナライズ

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #05

  1. 発送・配達で他社と差別化する
  2. UNBOXING:開封の儀を演出する
    ・同梱物施策を考える
  3. ローカルブランディングとマーケティングを忘れないで
  4. マーケティング・オートメーションを活用す
    eコマースのための5つの自動化されたマーケティング戦略
    ■マーケティングオートメーションとは何ですか
    ■マーケティングオートメーションのメリット
    ■マーケティングオートメーションはどのように機能しますか
    ■コンバージョンを促進するためのトップ・マーケティングオートメーション
    1.パーソナライズされたショッピング体験
    2.チャットボット
    3.放棄されたカートへのメッセージ
    ■E-メールを作成するためのヒント
    4.分割テスト
    5.セグメント化された電子メールリスト
  5. 商品を説明する動画をアップしてみる

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #06

  1. FAQ・よくある質問ページにオリジナル性を持たせてヘルプ セクションを目立つようにします。ChatGPT は、配送、返品と交換、保証情報など、あらゆる種類のe コマース FAQを生成できます
  2. コンテンツに魅力的な写真を積極的に採用する
  3. 自社のオリジナルコンテンツメディアを充実させる
  4. 業界ニュース・トレンドは最新にしておく
  5. 賛否議論の多い話題・トピックも重要なコンテンツ

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #07

  1. 検索エンジン向けのSEO施策だけではない
    商品検索を最適化する
    *ファセットナビゲーション(Faceted Navigation)
  2. クリック課金型マーケティングの基本に還る
  3. ソーシャルニュースサイトを活用する
    Shopifyを介して
  4. 新しいテクノロジーを活用すること
    メタバー
    ライブストリーム
  5. オンライン購入体験を合理化する
    今日の顧客にとっては、
    時間のかかる購入プロセスに対する時間や許容範囲がありません。
    CX:カスタマーエクスペリエンスを向上させること

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #08

  1. 返品・交換ポリシーを明確に
  2. 複数のプラットフォームでストアを展開する
    マルチチャネルeコマース施策
  3. NEWS LETTER SUBSCRIPTION を活用する(日本では、LINE)
  4. News Letter(日本ではLINE)で顧客の心をつかむ
  5. お気に入り・ウィッシュリスト・カートの商品を思い出させる

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #09

  1. 欲しい商品の購入手続きは簡単であること
    ・ID連携
    ・決済連携
    ・LINE連携 LINEを活用した施策
  2. 商品レビューを投稿してもらう
    ・志を同じくする顧客のコミュニティを作成すること
    ・レビューがブランドコミュニティに不可欠な理由
    ・レビュー付きのコミュニティを構築する方法
  3. フリーのマーケティングオプションに注目してコツコツ実施する
    ・低価格の商品は、ソーシャルプラットフォーム
  4. D2C・Eコマースサイト訪問者とコミュニケーションする
  5. ディスカッションエリアでの評価をする

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #10

  1. 顧客が魅力的に感じる物をプレゼントする
  2. 新商品の市場調査を計画して顧客にヒアリングを実施する
  3. インフルエンサーに商品をレビューしてもらう社会的証明が売る8つの方法(はるかにもっと)
    ソーシャルメディアのハッシュタグやキーワードをベースに
    商品と経験にフォーカス:焦点を合わせます。
  4. 信頼できるショッピング体験
    CSのセルフサービス化
    カスタマーサービスが重要
  5. 将来の売上を予測するレポート

*Tips&ヒントの中には、別コラムで詳細を解説しています。リンク先でより深く知ってください。
*海外のD2C・eコマースサイトで参考になるサイトの解説コラムもアップしています。リンク先から探索してみてください。

成長しているD2C・eコマースサイト探索・事例シリーズ  コンテンツリスト

【成長しているサイト探索・事例シリーズ 】D2C/eコマース/OMO コラム一覧
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

【2024年最新】クール宅急便・宅配便の配送料金比較!冷蔵冷凍で安い業者は?
【2024年最新】クール宅急便・宅配便の配送料金比較!冷蔵冷凍で安い業者は?
クール宅急便は、宅配業者によって取り扱えるサイズや管理できる温度帯に違いがあります。そのため、どの業者を使えばよいのかが分かりづらいサービスです。 本記事では、宅配業者や郵便局で利用できるクール便の料金比較をまとめました。各社サービス...
続きを読んでみる
発送代行サービスとは?メリットやデメリット、おすすめの発送代行業者5選を徹底解説!
発送代行サービスとは?メリットやデメリット、おすすめの発送代行業者5選を徹底解説!
近年、ECサイトや通販などの利用者が増えたことにより、商品の在庫管理や発送作業を委託できる発送代行サービスのニーズが増加しています。 これから発送代行サービスを利用しようと考えている方もいると思います。 しかし、発送代行サービスを利用...
続きを読んでみる
EC物流とは?EC物流の3つの改善点や倉庫の選び方のポイント5選を徹底解説
EC物流とは?EC物流の3つの改善点や倉庫の選び方のポイント5選を徹底解説
ECサイトの運営にとって、EC物流は顧客満足度の向上や効率化、コスト削減などに欠かせない重要な要素です。 しかし、在庫管理や配送、返品処理などの課題が存在し、改善が求められます。本記事では、EC物流の改善ポイントや種類、物流代行サービ...
続きを読んでみる
【2024年版】発送代行•物流代行完全ガイド
【2024年版】発送代行•物流代行完全ガイド
  EC市場の拡大により注目されている発送代行。発送代行とは、ECショップの倉庫管理から発送までをアウトソーシングできる代行サービスです。  オンラインショッピングの需要が今後も増加することが見込まれ、EC事業者が発送代行を検討する...
続きを読んでみる
マケプレプライムとは?3つの参加条件と資格停止を回避する6つの条件
マケプレプライムとは?3つの参加条件と資格停止を回避する6つの条件
マケプレプライムとは、自社配送の商品をAmazonでプライムマークをつけて出品できるプログラムです。 マケプレプライムを利用することで、日本に約1,460万人の加入者がいるといわれているAmazonプライム会員に対して、商品の訴求力ア...
続きを読んでみる
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
楽天市場の最強配送ラベルについては、仮称「配送認定ラベル」として以前から何度か規制緩和や調整が実施されてきました。 本記事では運用を3ヶ月後に控え、今いちど最新の情報を整理してお伝えします。物流整備のご参考になさってください。 最強配...
続きを読んでみる
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC物流の需要が加速し、発送代行会社も徐々に増えている傾向にあります。選択肢の幅が広がる一方、利用を検討する方にとって選ぶのが難しい現状があるでしょう。なぜなら料金体系が異なるうえに項目が細かく、さらに業者ごとに代行の対応範囲も変わっ...
続きを読んでみる
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーは3大ECモールと呼ばれ、他のモールと比較しても圧倒的な利用率を誇っています。 選択肢が多いと、出店する際に何を基準としてモールを決めたらよいか悩みますよね。 そこで本記事では、出品者と消費者の視点の両方から...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー