富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

D2C・eコマース 成長している事例探索シリーズ コンテンツリスト

コンテンツリスト
【成長しているサイト探索・事例シリーズ 】D2C/eコマース/OMO コラム一覧

【成長しているD2C・eコマースサイト探索・事例シリーズ コンテンツリスト】

素晴らしいオンラインストア

アパレル & ファッション Women's Part1

【D2C/eコマース/OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】素晴らしいオンラインストア アパレル & ファッション Women's 編 Part1

 

アパレル & ファッション Women's Part2

【D2C/eコマース/OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】素晴らしいオンラインストア アパレル & ファッション Women's 編 Part2

 

アパレル & ファッション Women's Part3

【D2C/eコマース/OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】素晴らしいオンラインストア アパレル & ファッション Women's 編 Part3

 

Short Tips

アパレル・ファッションのD2C/E-コマースで返品・交換・回収のために必要な5つの機能

アパレル・ファッションのE-コマース・D2C・DNVBで、返品・交換・回収のために、SaaS型のソフトウェアを活用することは必須であり重要な役割を果たします。

  1. 標準機能としてのゲートキーパー機能
  2. 注文番号を入力判別して適格性を判断
  3. 返品理由をデータ化
  4. 対象となる返品・交換のトランザクションにRMA番号と返品配送ラベルや、デポジットの案内

をします。

重要な顧客購買体験ための差異化ポイントがあります。

SaaSソフトのメリットと紹介はこちら

1:柔軟な返品オプション
顧客が希望しているのは、利便性です。
顧客に返品・交換の商品を返すための多数のオプションを提供できると良いです。

  1. リアル店頭(BORIS)
  2. 宅配便での返送
    ⇒SAMRI・営業所などでの返送
    ⇒配送業者によるホームピックアップ
は標準として必要になってきています。

2:返品ルールの柔軟性
柔軟な返品・交換ルールを設定できると返品処理に必要な手間が顧客、CS、パートナーで削減できます。
  • 返品承認の自動化
  • 倉庫受入れの自動化と検品結果の反映

パーソナライズ視点では、注文や顧客の属性に基づいてルールをカスタマイズできるということです。

  • VIP顧客に返品特典を提供する
  • 返品・交換が多い顧客には販売しない
カスタマイズした、返品ルールで返品・交換を最適な宛先にルーティングすることもできます。
たとえば、
  • 特定のアイテムを、メイン倉庫に返品し、
  • 別のアイテムは、別の場所(マーケットプレイス用のDCに返品する、
とかです。
これによって再販売のリードとプライシングが適正にできます。

3:パーソナライズとブランディング
ブランドのパーソナルポータルメニューでの返品・交換メニューは、ブランドエクスペリエンスを提供してくれます。
パーソナルポータルメニューにはとても有効なデータとUXが眠っています。
たとえば
  1. 顧客セグメント
  2. 購買状況
  3. 出荷状況

に基づいて、ブランドコンテキストページをデザインすることは当たりまえになっています。
たとえば
返品ページで新商品のレコメンド推奨するとか
クーポン提供して再購入を促すこと
です。


4:セルフサービス返品・交換
顧客のパーソナルポータルメニューで、返品・交換開始がセルフサービスで機能を提供することです。
顧客にとっても、CS:カスタマーサポートチームも、フルフィルメントパートナーも、労力が軽減されます。


5:データのキャプチャと分析をします
返品・交換データをキャプチャして分析することで、最小限に抑えることができる方法を探します。
たとえば、

  • 商品を返品する理由を聞く

ことです。
MDレベルでは、返品タイミングと頻度データで、個々のロット問題や顧客の嗜好の変化を知ることが可能です。

アパレル & ファッション Women's  Men's  Part1

アパレル & ファッション Women's & Men's 編 Part1

 

アパレル & ファッション Women's & Men's 編 Part2

D2C/eコマース/OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】素晴らしいオンラインストア アパレル & ファッション Women's & Men's 編 Part2

 

アパレル & ファッション Women's Men's Part3

【D2C/eコマース/OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】素晴らしいオンラインストア アパレル & ファッション Women's & Men's 編 Part2

 

アパレル & ファッション Women's & Men's & Kid's

D2C/eコマース/OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 素晴らしいオンラインストア アパレル & ファッション Women's & Men's & Kid's 編

 

アパレル & ファッション Men's

【D2C/eコマース/OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】素晴らしいオンラインストア アパレル & ファッション Men's 編

 

シュ & バック ファッションアイテム Shoes & Bag & Fashion Item

【D2C/eコマース/OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】素晴らしいオンラインストア シュ―ズ & バック ファッションアイテム Shoes & Bag & Fashion Item 編

 

ジュエリー & アクセサリー Jewelry & Accessory

【D2C/eコマース/OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】素晴らしいオンラインストア ジュエリー & アクセサリー Jewelry & Accessory 編

 

アスレジャー & スポーツ Athleisure & Sports

アスレジャー & スポーツ Athleisure & Sports編

 

トップブランドから学ぶヒント

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-01

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-01

1:コンテンツマーケティング戦略を立ててから始める
例えば、Matcha Tea
2:メッセージマーケティング&キャンペーンを自動化させる
3:SNSを活用する
4:顧客一人ひとりにあわせて商品やサービスを提供する
5:オリジナルコンテンツは顧客とのつながりの始まり

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-02

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-02


6:ユーザー層にあったメッセージを適切なタイミングで
7:UGC:ユーザー作成コンテンツを活用する
8:ロイヤルティプログラムを活用する
9:ソーシャルネットワークの運用自動化する
10:Shoppable-UGC-eコマースを活用する

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-03

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-03


11:複数の言語・通貨で対応する
Shopify Lexica は、多言語翻訳設定が設置されているシステムも多く、初めてでも比較的簡単に設定できます。
12:スマホでのタッチポイント・デザインがファースト
それはパーソナルデバイスだからです。
13:オムニ・OMOではモバイルがより有効なタッチポイント
14:パートナーとコラボ活用する
インハウスでの運用が基本ですが、リソースの問題もあり自社ですべてというわけにはいきません。
15:適切なテスト環境でソーシャル広告を試してみる

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-04

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-04


16:創業者・ブランド担当者が本音のメッセージを自ら発信する(EGC)
17:ブランドコンテンツのアイデンティティを明らかにする
18:ブランドの顔になるキャラクターを作る
例えば、Geico gecko
19:オンラインディスカッションエリア・コミュニティを運営してみる。
20:顧客とのコミュニケーションをパーソナライズ化する

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-05

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-05

21:発送・配達で他社と差別化する
例えば、Zappos
22:UNBOXING:開封の儀を演出する
23:ローカルブランディングとマーケティングを忘れないで
24:マーケティング・オートメーションを活用する
25:商品を説明する動画をアップしてみる

トップブランドから学ぶD2C・eコマースのヒント Part-06

トップブランドから学ぶD2C・eコマースのヒント Part-06

26:FAQ・よくある質問ページにオリジナル性を持たせて
27:コンテンツに魅力的な写真を積極的に採用する
28:自社のオリジナルコンテンツメディアを充実させる
29:業界ニュース・トレンドは最新にしておく
30:賛否議論の多い話題・トピックも重要なコンテンツ

トップブランドから学ぶD2C・eコマースのヒント Part-07

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-07


31:検索エンジン向けの施策だけではない
32:クリック課金型マーケティングの基本にかえる
33:ソーシャルニュースサイトを活用する
34:惰性で上位関連商品をおすすめするではなく、パーソナライズを
35:INSTAGRAMで商品イメージをアピールする

トップブランドから学ぶD2C・eコマースのヒント Part-08

トップブランドから学ぶ D2C・3コマースのヒント Part-08


36:返品・交換ポリシーを明確に
37:複数のプラットフォームでストアを展開する
38:NEWS LETTER SUBSCRIPTION を活用する
(日本では、LINE)
39:NEWS LETTERで顧客の心をつかむ
(日本ではLINE)
40:お気に入り・ウィッシュリスト・カートの商品を思い出させる

トップブランドから学ぶD2C・eコマースのヒント Part-09

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-09


41:欲しい商品の購入手続きは簡単であることを確認する
42:商品レビューを投稿してもらう
43:フリーのマーケティングオプションに注目してコツコツ実施する
44:D2C・Eコマースサイト訪問者とコミュニケーションする
45:ディスカッションエリアでの評価を許可

トップブランドから学ぶD2C・eコマースのヒント Part-10

トップブランドから学ぶ D2C・eコマースのヒント Part-10


46:顧客が魅力的に感じる物をプレゼントする
47:新商品の市場調査を計画して顧客にヒアリングを実施する
48:インフルエンサーに商品をレビューしてもらう
49:同梱物施策を考える
50:将来の売上を予測するレポートを作る

USの最先端のDTCの成長方法を無料でおとどけ

こちらからメールのサブスクライブしてください

DTCマーケッターにとって素晴らしいものです。
週に 3 回、受信トレイに直接配信される無料のニュースレター。

DTC 創設者へのポッドキャスト パイプラインとそのベスト プラクティスに加えて、Facebook や Instagram 広告、Google 広告、TikTok、E メールや SMS、Amazon などのインサイトは各プラットフォームで生成されて、数百万ドルの広告費用をかけてテストされて、パフォーマンス マーケター チームによって継続的に最適化されています。 ‍

DTC がニュースを要約しているニュースレターと異なるポイントは、キャンペーンに実装できる実用的な教育を提供してくれます。
そして、主要な指標の改善をすぐに確認できることです。DTC を定期的に読むことで、より賢いマーケティング担当者になることができます。

DTC News Letter
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

発送代行サービスとは?メリットやデメリット、おすすめの発送代行業者5選を徹底解説!
発送代行サービスとは?メリットやデメリット、おすすめの発送代行業者5選を徹底解説!
近年、ECサイトや通販などの利用者が増えたことにより、商品の在庫管理や発送作業を委託できる発送代行サービスのニーズが増加しています。 これから発送代行サービスを利用しようと考えている方もいると思います。 しかし、発送代行サービスを利用...
続きを読んでみる
EC物流とは?EC物流の3つの改善点や倉庫の選び方のポイント5選を徹底解説
EC物流とは?EC物流の3つの改善点や倉庫の選び方のポイント5選を徹底解説
ECサイトの運営にとって、EC物流は顧客満足度の向上や効率化、コスト削減などに欠かせない重要な要素です。 しかし、在庫管理や配送、返品処理などの課題が存在し、改善が求められます。本記事では、EC物流の改善ポイントや種類、物流代行サービ...
続きを読んでみる
【2024年版】発送代行•物流代行完全ガイド
【2024年版】発送代行•物流代行完全ガイド
  EC市場の拡大により注目されている発送代行。発送代行とは、ECショップの倉庫管理から発送までをアウトソーシングできる代行サービスです。  オンラインショッピングの需要が今後も増加することが見込まれ、EC事業者が発送代行を検討する...
続きを読んでみる
マケプレプライムとは?3つの参加条件と資格停止を回避する6つの条件
マケプレプライムとは?3つの参加条件と資格停止を回避する6つの条件
マケプレプライムとは、自社配送の商品をAmazonでプライムマークをつけて出品できるプログラムです。 マケプレプライムを利用することで、日本に約1,460万人の加入者がいるといわれているAmazonプライム会員に対して、商品の訴求力ア...
続きを読んでみる
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
楽天市場の最強配送ラベルについては、仮称「配送認定ラベル」として以前から何度か規制緩和や調整が実施されてきました。 本記事では運用を3ヶ月後に控え、今いちど最新の情報を整理してお伝えします。物流整備のご参考になさってください。 最強配...
続きを読んでみる
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC物流の需要が加速し、発送代行会社も徐々に増えている傾向にあります。選択肢の幅が広がる一方、利用を検討する方にとって選ぶのが難しい現状があるでしょう。なぜなら料金体系が異なるうえに項目が細かく、さらに業者ごとに代行の対応範囲も変わっ...
続きを読んでみる
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーは3大ECモールと呼ばれ、他のモールと比較しても圧倒的な利用率を誇っています。 選択肢が多いと、出店する際に何を基準としてモールを決めたらよいか悩みますよね。 そこで本記事では、出品者と消費者の視点の両方から...
続きを読んでみる
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
Yahoo!ショッピングでは、2020年12月から配送品質の向上を目指した優良配送の取り組みが始まりました。 2022年8月には、優良配送に認定された商品を優先的に上位表示する取り組みも始まり、優良配送の重要度がますます高まっています...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー