富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #06

成長のためのTips

【D2C・eコマース・OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】


Written by 植島 寛子


編集部で選んだトップブランドのオンラインショップを参考に、D2CE-コマース・DNVBで成功するためのTips&ヒントの紹介シリーズ後編です。
各テーマは、個別の記事コラムで詳細を解説していきます。

26:FAQ・よくある質問ページにオリジナル性を持たせて

D2C・eコマースの顧客は、よくある質問をまとめたFAQページをチェックすることが多いのはご存知のとおりです。ブランドのサービスポリシィが感じられるような、わかりやすく簡潔でクリエイティブなものにしましょう。

質問と回答は、

  1. はじめて、あなたのD2C・eコマースサイトで購入する顧客
  2. 購入経験のある顧客

を対象とした2つの視点があります。

 - Learn about Saalt menstrual cups - saalt.com.png
 - FAQ – Saalt - saalt.com.png

 

消費者のサービスへの期待は急速に進化しています。
ブランドは、購買体験:ショッピング ジャーニーを改善しながらコストを削減する新しいアプローチを試しています。主なポイントは次のとおりです。

ヘルプ セクションを目立つようにします。

  • サイトのメインメニューとフッターからリンクします。
  • 上位のクエリを分析し、FAQ に含めます。
  • 連絡先オプションの前に上位の FAQ を表示して、セルフサービスを促進します。
  • 応答時間について明確な期待値を設定して、顧客の不満を軽減します。
  • 24 時間年中無休の自動サポートにチャットボット テクノロジーを活用します。
  • マルチチャネル アプローチには、Zendesk や Freshdesk などの専門ソフトウェアを検討してください。

ChatGPT は、配送、返品と交換、保証情報など、あらゆる種類のe コマース FAQを生成できます。このツールは、よくある質問を特定することもできます。

ChatGPT


「オンライン ストアでのショッピングに関するよくある質問を書いてください」
と伝えてください。

27:コンテンツに魅力的な写真を積極的に採用する

写真が掲載されているサイトページでは、リンクをクリックして商品詳細ページ(PDP)やコンテンツを読んで貰え、購入してくれる確率が高まります。顧客の目に留まるようなプロ級の写真を撮影して、興味・関心を集めてみましょう。

フォトテクニックはやり続ければ身につくものですが、プロのパートナーに任せることも必要です。
悩ましい選択ですね。

 - A Cruelty-Free Fashion House, Using Better Materials – SAMARA_ - samarabags.com.png

こんな手もあります。

動きを通して視覚的な興味を生み出す

モーションをキャプチャすると、写真のルック アンド フィールが完全に変わります。
静止画のモーションや動きは、無視するのが難しい視覚的な関心を生み出します。
動きを利用して、画像を通して視聴者の目を誘導します。

https://sparklp.co/47884a4b

ハードライティングを使用して意図的な影を作成する

ハードライトは、被写体に強い影を落とす、集中した明るい光です。
写真の特定の部分に注意を引き、ドラマチックなムードを作り出すために、強い照明を使用します。

単色配色を活用する

単色とは、特定の色相のすべての色を指します。
単色配色は、単一の基本色相を取得し、その色合い、トーン、色合いを使用してカラー パレットを構築することによって作成されます。
すべてのコンポーネントが同じ色の異なる色合いである画像をデザインすると、背景要素の邪魔にならないようにすることが容易になります。
気を散らすものが減る = 製品により集中できます!

パターンと繰り返し

写真のパターンは、
  • 目を引く繰り返し
  • 強力な構成
  • 明確に定義されたテーマ
  • イメージに命を吹き込む色
のために利用します。
パターンは、強い幾何学的形状が繰り返される場合に見られます。
常に正確である必要はありません。
よりリラックスした美学を作成するために、ルーズで有機的なものにすること。

 

28:自社のオリジナルコンテンツメディアを充実させる

雑誌やテレビのチャンネルに出稿することはコスト的(単なる費用ではなく、CVとCLTVも含めて)にも難しいですが、複数のメディアでオリジナルコンテンツを提供し成功したE-コマース・D2C・DNVB 事業者も少なくありません。

チャレンジしてみましょう。
もし、施策展開するなら

  1. 雑誌ならPR施策です。
  2. TVならインフォマーシャル施策

からです。

 - The CyR.U.S.™ System – VictorialandBeauty - victorialandbeauty.com.png

 

コンテンツ クラスタの構造

SEO トピック クラスター、またはコンテンツ クラスターは、人間の訪問者と検索エンジン ボットを同様に支援することを目的とした内部リンク施策です。

ブランドは、Google、Bing、またはその他の検索エンジンが次のことを理解していることを確認して展開します。

  • どのページが最も重要か、
  • どのページが関連しているか、
  • ページがカバーするトピック。

典型的な DTC ブランドには複数のトピック クラスターがあり、各トピック クラスターにはいくつかのコンポーネントがあります。

  1. コアトピックページ(ピラーページ)
  2. クラスターページ
  3. ハイパーリンク

🍎 コアトピックページ

クラスターのコア トピックは、DTC ブランドが Google やその他の検索エンジンでランク付けしたい 2 ~ 4 語のフレーズです。

💻クラスターページ

クラスター ページまたはトピック クラスターは、コアトピックに関連する複数のページです。

「トピック クラスター」という用語を生み出した Hubspot は、これらのページは、コア トピックに関連する特定の質問に回答する必要があり、おそらくピラーページで触れられるべきだと示唆しています。

各ページは、ロングテール キーワードも表しています。ブランドとして、質問に対して詳細な回答を提供し、品に関する情報を含めるようにしてください。

🔗ハイパーリンク

トピック クラスターは内部リンク施策であるため、各クラスター ページはピラー ページにリンクする必要があります。

ここでの理論は、ページ ランクまたはオーソリティが各クラスター ページからピラー ページに移動するということです。

Google や他の検索ボットが 1 つのリソース (ピラーページ) に戻るリンクを大量に見つけた場合、そのピラーページがいかに重要であるかを認識できるはずです。

事実上、サイト構造は、どのページが重要であるか、ページがどのように関連しているか、ページが表すトピックを検索エンジンに示していきます。

🛠トピック クラスタの構築

トピック クラスターの構造を理解したところで、次の手順に従ってトピック クラスターを作成してください。

1️⃣コア トピックを特定する
トピック調査は、キーフレーズ調査の一形態です。
商品に関連するトピックを調査するときに、顧客が検索エンジンに入力する可能性が最も高いキーワードとフレーズを特定したいと考えています。
商品に密接に関連し、月間検索量が多いフレーズを探します。

2️⃣ピラーページを作成する
最初の、時には最大のハードルは、ピラーページのコンテンツを開発することです。既存のコンテンツを使用して再利用することは理にかなっています。
ブランドにガイドや電子ブックがある場合は、ピラー ページでそのコンテンツの一部を使用して、読者を引き付けます。

3️⃣クラスタ ページのサブジェクトを特定する
次に、コア トピックについて誰かが尋ねる可能性のある質問のリストを作成します。これらを見つけるには、Ahrefs や SEMRush などの SEO ツールを使用します。

4️⃣ クラスタ ページの作成
クラスターに定期的に追加します。25 ページまたは 50 ページになるまで、または Google でコア トピックのトップの座を獲得するまで、毎週新しいクラスター ページを追加することを目標にします。

5️⃣繰り返す
ピラー ページとクラスター ページを定期的に見直し、更新し、修正します。
サイトがよりリンクされ、発展しているほど、潜在的な買い物客や検索エンジンに提供できる情報が増えます。

29:業界ニュース・トレンドは最新にしておく

コンテンツで提供する業界ニュース・トレンド(ファッションとか、フードレシピとかは特にですね。)は、いつも最新の情報にしておいてください。

業界ニュース・トレンドを知りたい顧客も少なくはありません。業界人にしか分かりにくいような内容は、一般向けに分かりやすい内容にしておきましょう。
コンテンツとしては、作りやすいのですがパーソナライズされたマーケティングメッセージとは別のコンテンツマーケティングになります。
2021-11-23_145803_food52.com.png

 

DTC ブランドが 、収益を伸ばす主な方法は 3 つです

  1. 来場者を増やし
  2. 平均注文額を増やし
  3. ストアのコンバージョン率を高める

より質の高いトラフィックに集中することが大切です。

特定の施策ドリブンをではなくして
代わりに Google アナリティクスの4ダイレクト チャネルのコンバージョン率に注目してください。

そして、オウンドコンテンツとしてのトレンドはTOPやUGC、インフルエンサーテーマなど多面的に活用してください。

30:賛否議論の多い話題・トピックも重要なコンテンツ

D2Cなら特にそうですが、取り扱っている商品によっては、賛否が分かれるものもあるでしょう。

顧客は、色々な面から議論することを望んでいます。物議を醸すかもしれないコンテンツを取り入れ、関心を集めて、自社の目指すことを啓蒙・教育していくことも大事です。

 - Natural Household and Personal Care Products - Grove Collaborative_ - www.grove.co.png

テイクアウト

コミュニティチートコード:

Obvi の Facebook グループには 50,000 人を超えるメンバーがおり (さらに増え続けています)、ブランドとしての主要なフォーカス施策の 1 つです。

https://www.facebook.com/myObvi


「私たちが誇りに思っている最大のことの 1 つは、コミュニティを作成することだと思います。多くのブランドは真剣に取り組んでいませんが、コミュニティはチート コードです。」とファウンダーは語っています。

コミュニティまたは独自の FB グループを作成するための ヒント:

1,000 ~ 2,000 人の顧客が集まるまで待ちます

  • グループ内でプレゼント企画を実施し、サインアップを促進します。
  • グループマネージャーを雇って、コンテンツを作成し、関与し、議論を促進します。
  • グループを使用して価値を共有するだけでなく、製品やフレーバーなどに関するフィードバックも収集します。
  • 購入後のフローにグループ リンクを含めます。グループサイズを増やすために広告のリターゲティングを検討します。

割引

ここに普遍的な真実があります: 人々 は大好きです。

Obvi に限らず、D2Cブランドはこれを知っており、アップセル インセンティブとして無料ギフトを提供するゲーム化されたカートなどを作成しています。

たとえば、買い物客がより多く購入するインセンティブを与えるために、階層化されたグッズを提供していきます。

  • XXXX円以上で送料無料
  • YYYY円以上で無料のオリジナルグッズ
  • ZZZZ円以上で無料の限定オリジナルグッズ
  • ●●●●●円以上で無料商品

「主力商品がのXXXX円で、AOV は XXXX×1.5~円になるはずです。人々は複数のものを購入するので、確実に施策としては機能しています。」

ディスカッションについては、ここのサイトも参考になります。

Girlboss

We're here to spark the thrill of possibility
サインアップして、仕事、生活、夢を追いかける (そして実現する) ためのヒントを受け取りましょう。

Girls boss

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒントシリーズ

Tips&ヒントをご紹介してきました。今すぐ取り組める内容もあるので、是非とも試してみて、結果を教えてください。

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #01

  1. コンテンツマーケティング戦略から始める
  2. メッセージマーケティング&キャンペーンを自動化させる
  3. SNSを活用する
  4. 顧客一人ひとりにあわせて商品やサービスを提供する
  5. オリジナルコンテンツは顧客とのつながりの始まりインテリジェントな商品推奨事項を作成する
    パーソナライズされたランディングページを作成する

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #02

  1. ユーザー層にあったメッセージを適切なタイミングでライフサイクルマーケティングを通じて主要KPIを推進する
  2. UGC:ユーザー作成コンテンツを活用する
    コンテンツとコマースの境界線が曖昧になり始めています
  3. ロイヤルティプログラムを活用する
  4. ソーシャルネットワークの運用自動化する
  5. Shoppable-UGC-eコマースを活用する
    ソーシャルコマースを超えて

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #03

  1. 複数の言語・通貨で対応する
    コンテンツと通貨をローカライズする
  2. スマホでのタッチポイント・デザインがファースト
  3. オムニチャネル・OMOではモバイルがより有効なタッチポイント
    顧客プロファイル
    SNS ダイレクトメッセージ
    モバイルアプリ
    ウェブ
  4. パートナーとコラボ活用する
    自社組織の育成は不可欠な時代
  5. 適切なテスト環境でソーシャル広告を試してみる

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #04

  1. EGC:創業者・ブランド担当者が本音のメッセージを自ら発信する
  2. ブランドコンテンツのアイデンティティを明らかにする
  3. ブランドの顔になるキャラクターを作る
  4. オンラインディスカッションエリア・コミュニティを運営してみる。
    1.コミュニティを理解する
    2.メンバーをスターにする
    3.参加しやすくする
    4.あなたも参加する必要がありま
    5.一貫性を保ち、思慮深くなる
  5. 顧客とのコミュニケーションをパーソナライズ化する
    一般的なeコマースのパーソナライズ

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #05

  1. 発送・配達で他社と差別化する
  2. UNBOXING:開封の儀を演出する
    ・同梱物施策を考える
  3. ローカルブランディングとマーケティングを忘れないで
  4. マーケティング・オートメーションを活用す
    eコマースのための5つの自動化されたマーケティング戦略
    ■マーケティングオートメーションとは何ですか
    ■マーケティングオートメーションのメリット
    ■マーケティングオートメーションはどのように機能しますか
    ■コンバージョンを促進するためのトップ・マーケティングオートメーション
    1.パーソナライズされたショッピング体験
    2.チャットボット
    3.放棄されたカートへのメッセージ
    ■E-メールを作成するためのヒント
    4.分割テスト
    5.セグメント化された電子メールリスト
  5. 商品を説明する動画をアップしてみる

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #06

  1. FAQ・よくある質問ページにオリジナル性を持たせてヘルプ セクションを目立つようにします。ChatGPT は、配送、返品と交換、保証情報など、あらゆる種類のe コマース FAQを生成できます
  2. コンテンツに魅力的な写真を積極的に採用する
  3. 自社のオリジナルコンテンツメディアを充実させる
  4. 業界ニュース・トレンドは最新にしておく
  5. 賛否議論の多い話題・トピックも重要なコンテンツ

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #07

  1. 検索エンジン向けのSEO施策だけではない
    商品検索を最適化する
    *ファセットナビゲーション(Faceted Navigation)
  2. クリック課金型マーケティングの基本に還る
  3. ソーシャルニュースサイトを活用する
    Shopifyを介して
  4. 新しいテクノロジーを活用すること
    メタバー
    ライブストリーム
  5. オンライン購入体験を合理化する
    今日の顧客にとっては、
    時間のかかる購入プロセスに対する時間や許容範囲がありません。
    CX:カスタマーエクスペリエンスを向上させること

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #08

  1. 返品・交換ポリシーを明確に
  2. 複数のプラットフォームでストアを展開する
    マルチチャネルeコマース施策
  3. NEWS LETTER SUBSCRIPTION を活用する(日本では、LINE)
  4. News Letter(日本ではLINE)で顧客の心をつかむ
  5. お気に入り・ウィッシュリスト・カートの商品を思い出させる

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #09

  1. 欲しい商品の購入手続きは簡単であること
    ・ID連携
    ・決済連携
    ・LINE連携 LINEを活用した施策
  2. 商品レビューを投稿してもらう
    ・志を同じくする顧客のコミュニティを作成すること
    ・レビューがブランドコミュニティに不可欠な理由
    ・レビュー付きのコミュニティを構築する方法
  3. フリーのマーケティングオプションに注目してコツコツ実施する
    ・低価格の商品は、ソーシャルプラットフォーム
  4. D2C・Eコマースサイト訪問者とコミュニケーションする
  5. ディスカッションエリアでの評価をする

D2C・eコマース トップブランドから学ぶ 50の成長のヒント #10

  1. 顧客が魅力的に感じる物をプレゼントする
  2. 新商品の市場調査を計画して顧客にヒアリングを実施する
  3. インフルエンサーに商品をレビューしてもらう社会的証明が売る8つの方法(はるかにもっと)
    ソーシャルメディアのハッシュタグやキーワードをベースに
    商品と経験にフォーカス:焦点を合わせます。
  4. 信頼できるショッピング体験
    CSのセルフサービス化
    カスタマーサービスが重要
  5. 将来の売上を予測するレポート

*Tips&ヒントの中には、別コラムで詳細を解説しています。リンク先でより深く知ってください。
*海外のD2C・eコマースサイトで参考になるサイトの解説コラムもアップしています。リンク先から探索してみてください。

成長しているD2C・eコマースサイト探索・事例シリーズ  コンテンツリスト

【成長しているサイト探索・事例シリーズ 】D2C/eコマース/OMO コラム一覧

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
Amazonで出品するなら、プライム会員限定の無料配送や翌日配送にも対応できるFBA(Fulfillment by Amazon)の利用で、ビジネスチャンスが広がります。 一方、納品にはAmazonの細かい規定に慣れる必要があり手間が...
続きを読んでみる
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流を成功させるためには、信頼できる物流パートナーを見つけることが不可欠です。では、どんな基準で委託先を選べばよいのでしょうか。本記事では、冷凍品ECビジネスに適した物流パートナーの選び方から、重要な在庫管理のポイント、効率...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
小売業を中心に、大手各社ではすでに浸透しつつあるオム二チャネル戦略。今後、導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。 オムニチャネル戦略には、物流面の整備が不可欠です。本記事では、オムニチャネルを成功に導く物流整備のポイントを...
続きを読んでみる
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品物流を成功させるには、徹底した温度管理、賞味期限の管理が不可欠です。 本記事では、食品通販物流を成功させるポイントからおすすめの発送代行業者と事例まで詳しく紹介します。 ニーズに合う業者が見つかれば、物流コストを抑えられます。物流...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー