メタバースが現実のものとなる!#3 展望

メタバース

<a href="https://www.freepik.com/free-photo/fun-3d-cartoon-teenage-kids_14200950.htm#page=2&query=metaverse&position=37&from_view=search&track=sph">Image by julos</a> on Freepik

written by 吉村慎之助

このコラムでご紹介する情報・コメントについて

目次

  1. 展望
    ボトルネックと今後の展望
    - 実装の課題
    - ネットワークの進化
    - 今後の展望

展望

実装の課題

メタバースは、他の新しい技術と同様、いくつかのハードルがあり、それを解決するために、技術者や発明家がこの仮想世界の実現に取り組んでいます。

メタバース展開の主な障害

-ハードウェア

没入型デバイスの多くは低価格でも軽量でもなく、ハードウェアの入手性はともかく、本物の仮想体験に必要な網膜ディスプレイと画素密度を実現できる高品質・高性能な機種が問題となります。
新しいデジタル機器が普及するには、3の要素があります。
(1)ハード+ソフト+サービスを合わせた価格
(2)ソフトウェアやサービスの利便性
(3)ハードウェアの利便性

-メンタルヘルスと依存症

バーチャルワールドへの依存は、肥満、心疾患、生活習慣病とともに、うつ病や不安神経症などの精神的な問題をもたらすことがあります。

-合法性と管轄権

メタバースは国境を越えた仮想世界であるため、国や当局が管轄を決め、ユーザーに安全な環境を提供する必要があります。

-アイデンティティ

ボットは人間のスタイルやデータ、性格、アイデンティティを容易にコピーできるため、顔認証、網膜認証、音声認証などの高度な認証技術が必要になります。

-デジタル通貨と決済

オンラインゲームやマーケットプレイスで複数の通貨や暗号通貨が流通する中、安全な取引とともに、迅速かつ容易な交換が求められるようになるでしょう。

-データのプライバシーとセキュリティ

メタバースでは、ユーザーの行動がメールアドレスやパスワードと一緒に保存されるため、すべての人の情報プライバシーと個人情報保護を確保するための新たなセキュリティ対策が必要になります。 

状況を変えるネットワークの進化

メタバースは急速に進化していますが、ユーザーが現実の世界と同じようにエンゲージメントを感じるために重要な低遅延環境は必須です。このような背景のもと、そのギャップを埋め、メタバース化を促進するための新しいネットワークソリューションが生まれつつあります。

-インターネットプロトコル

ジブラルタルに拠点を置くインターネットインフラの新興企業シントロピーは、英国に拠点を置くスポーツベッティングおよびゲーム会社のエンテイン:Entain plc, formerly GVC Holdingsと提携し、シントロピーのリレーネットワークを導入しました。
このリレーネットワークは、同社の分散型自律ルーティングプロトコル(Distributed Autonomous Routing Protocol:DARPを使用して世界中のデータセンター間を接続するものです。
DARP技術は、パフォーマンスの問題を検出し、よりパフォーマンスの高いチャンネルに即座に切り替えることができます。このプロトコルは、ネットワーク遅延を低減し、分散化によるメタバースやWeb 3.0アプリケーションの展開を加速させることができます。

スポーツベッティング市場
スポーツベッティング会社と、ランド型カジノを主戦場とするカジノオペレーターの提携、買収の動きが加速している。

スポーツ・エンターテインメントを重要視しているMGMリゾーツ・インターナショナルは、英国エンテイン社との合弁で、スポーツベッティング会社「BetMGM」を設立。2020年3月にアプリをローンチして、スマートフォンとパソコンの両方から賭けができるようになりました。
アメリカ4大プロスポーツのNFL(アメリカンフットボール)、NBA(バスケットボール)、NHL(アイスホッケー)、MLB(野球)や、その他テニス、ゴルフなどを対象に賭けが行われています。

Interactive U.S. Map: Sports Betting


ブロックチェーンゲーム:NFTゲームとeSports

大注目のNFTゲーム
ブロックチェーンはWeb3.0の根幹を成す技術です。
ゲームの場合は不正がしにくく、発行されるゲームアイテムの固有性を担保できるため、NFT:暗号資産などで取引したり、ほかの人のアイテムを使用したりすることができます。
従来のゲームと大きく異なるのはアイテムがユーザーの資産となることです。また、ゲームの運営自体がDAO:自律分散型になって自由度が高いです。

ブロックチェーンゲームを最初に世界に知らしめたのは、Dapper Labs社が2017年に公開した「CryptoKitties」と言われています。

スポーツNFTで全米を魅了したDapper Labsの正体:最も影響力のある人物

ベトナム発のブロックチェーンゲーム開発会社、Sky Mavis社が提供する「Axie Infinity」は、「P2E:Play to Earn(P2E)」で注目されている。

*P2E(Play to Earn)
ゲームなどのサービスを利用した結果として暗号資産やNFTといったデジタル資産を獲得でき、それらを売買することで収益を得ることもできるという一連のサービス体験を総称したコンセプト

STEPN:ステップン
STEPNは運動をすることで暗号資産を得ることができるサービスで、ヘルスケアアプリにゲーミフィケーションの要素を組み合わせている

*X2E(X to Earn)
Xを行うことで暗号資産となるトークンを稼ぐという意味

-会議アプリケーション

スイスのスタートアップ:TYXITは、低遅延と高い忠実再現性のオーディオ:HIGH FIDELITY AUDIOを備えた斬新なSaaSベースの会議アプリを開発しました。
その特許技術により、同じ部屋で演奏しているような30ms以下の最適なレイテンシーを実現しています。

メタバースでは、オーディオの没入感とレイテンシーを作曲家の体験と一致させるために、リアルタイムのサウンド転送技術が必要とされており、これは重要な技術的ボトルネックを解決する可能性があります。このアプリは、ミュージシャンやゲーマーもターゲットにしており、NFTでコンテンツを保護することも可能です。

-Wi-Fi 7チップ

米国の半導体コネクティビティ ソリューション プロバイダーである Broadcom ブロードコムは、家庭用および企業用アクセス ポイントとモバイル デバイス用の Wi-Fi 7 チップを発表しました。

先進的なマルチリンクオペレーション(MLO)を特徴とするこれらのチップは、デバイスがチャンネルを集約して迅速に切り替えられるようにし、高密度で混雑したネットワークに適しています。
これにより、ネットワークの遅延を最小限に抑え、産業用およびIoTアプリケーションの時間的制約のある技術としてWi-Fiを確立できる可能性があります。
インターネット性能の向上により、メタバースの様々な側面の社会的展開が近いうちに現実のものとなる可能性があります。

*Wi-Fi 7:IEEE 802.11be

無線通信の新規格「Wi-Fi 7」とは? その進化について知っておくべきポイント

-イマーシブ(immersive没入)型周辺機器

米国に拠点を置くVuzixVerizonは、Verizon5Gとエッジコンピューティング技術を活用し、スマートグラスを使ったアプリケーションに低遅延で最適な性能を提供するために提携しました。
VUZIX

この契約の一環として、VuzixARスマートグラスは、応答時間の改善、バッテリー寿命の延長、コンピューティング能力の向上を実現します。また、ベライゾンの5Gとエッジコンピューティングプラットフォームがネットワークの「エッジ」でアプリケーションを実行する能力を実証する概念実証プログラムも組み込まれています。5Gおよびエッジを搭載したスマートグラスは、レイテンシーの課題を軽減し、メタバースを推進するための重要な開発となる可能性があります。

VR アクセサリ参考

  1.  バーチャル リアリティ カメラ
  2.  VR コントローラー
    VR コントローラーは、ユーザーが望むように環境を操作できるようにする、上位のバーチャル リアリティ コントローラーの幅広いカテゴリです。
    https://www.ultraleap.com/
    手を VR 環境に持ってきて、リアルタイム VR で手と指を追跡しながら、よりスムーズなハンド コントロールをレンダリングできます。すべての VR アクティビティに使用できます。
  3.  ワイヤレストラッカーとアダプター
    a) VR アダプター
    b) VRトラッカー
    VR トラッカーは一種のアダプターであり、仮想現実空間または環境内の現実世界のオブジェクトを追跡できます。
    たとえば、手袋を持ってギターを弾いたり、岩を登ったり、VR で他のことをしたりできます。基本的に、各センサーが他のセンサーを見つけることができるセンサー技術
    c) VR基地局

  4.  バーチャル リアリティ スーツ
    https://teslasuit.io/
    bHaptic、TeslaSuit、および Hardlight Suit/NullSpace VR の Tactsuit は、センサーを使用し、全身、下半身、上半身、または身体の他の部分を VR 体験に没頭させるのに役立つ触覚を備えた VR スーツ
    アプリケーション
    バーチャル リアリティ トレーニング
    リハビリテーション
    エンタープライズ
    陸上競技
    などが含まれます。
    リハビリテーションでは、筋肉の電気刺激、神経刺激、電気皮膚反応、モーション キャプチャ、心電図に使用できます。


  5.  バーチャル リアリティ ハプティック グローブ
    VR 環境内で自分の手を見ることができるようにすること
    仮想オブジェクトに触れたり、操作したりできます。
    ・Oculus などのハプティック グローブには、身体を緊張させたり弛緩させたりすることで触覚をシミュレートする内部「腱」が含まれています。このような手袋を使用すると、手全体に触覚を感じることができます。オブジェクトの形状、サイズ、硬さを感じます (手袋は、オブジェクトの形状、サイズ、硬さを模倣する力を生成します)。物体の重力を体験します。
    ・外骨格にはセンサーと指の動きの測定デバイスがあり、ケーブルを引っ張る力を指に (電磁的に、DC モーターを介して、または空気圧を介して) 伝達することにより、身体との間で触覚情報を伝達します。たとえば、アバターが VR 内の仮想オブジェクトに触れると、電気信号が手袋に送信され、触覚をシミュレートする触覚運動に変換されます。VR グローブは、手からのフィードバックを中継することもでき、正確なハンド トラッキング技術とともに、VR でさらに没入感のある体験を提供します。

  6.  バーチャル リアリティ チェア


  7. VR treadmill:トレッドミル


  8. VR マスクとその他のデバイス
    バーチャル リアリティ マスク
    FeelReal Multisensory mask などの VR マスクは、香りやアロマ、振動、その他の触覚 (頬に当たる雨の感触や風、温かさなど) を通じて何百もの匂いをシミュレートするなどの体験ができる
    CamSoda の OhRoma

    バーチャル リアリティ グラス
    Vocktail VR グラスは、人が塩辛い、酸っぱい、または甘い飲み物を飲んでいるという人間の感覚を VR で騙します。

  9.  その他の VR アクセサリ
    a) VRガン
    b) VRシューズ

今後の展開

メタバースのユースケースと企業内のアプリケーションは、将来的にはより包括的になり、企業は経済を創造し、他の企業と取引し、新しい革新的な方法でパートナーシップを形成することができるようになるでしょう。

-企業向けメタバース・プラットフォームの進化

NVIDIAMicrosoftMetaなどのテックジャイアントがメタバース機能を強化し、スタートアップがデータの可視化、コラボレーション、トレーニングに関するソリューションを開発することで、新しいユースケースが登場するでしょう。
Infosys Tech Mahindra などの大企業がメタバースを正当化する一方で、ユースケースの開発により、より多くの中小企業がすぐにメタバースに参入できるようになるでしょう。

-利益追求の競争

広告宣伝は、消費者重視のメタバーにとって重要な収益源となります。
アパレル(NikeGucciなど)やフードサービス(Wendy'sChipotleなど)のブランドは、すでにこの機会をつかもうと試みています。利益を求める競争において、ブランドと広告主は、メタバースにおけるデータのプライバシーと安全性をめぐる差し迫った課題を認識する必要があります。規制当局は、ユーザーデータの悪用を防止するために、それらを精査するでしょう。

-安全性の確保は引き続き重要な課題

ソーシャルメディアプラットフォームのようなメタバースに関連する基礎技術は、すでに広く人間に影響を与えると見られています。Metaは、メタバースにおける有害な行動を抑制するための取り組みを始めていて、2つのVRアプリ(Horizon WorldsHorizon Venues)に、Personal Boundaryと名付けられた安全機能を追加しているようです。
しかし、メタバースはまだ主流ではないことを考えると、やるべきことはまだまだたくさんありそうです。

-エンタープライズ・コラボレーションが普及する

バーチャル・エコシステムの発展や基盤技術の成熟に伴い、企業とのパートナーシップに対する意欲は高まっていくでしょう。その一例として、マイクロソフトは20213月、企業向けコラボレーションプラットフォーム「Mesh」でメタバースに参入しました。

プロフィール

Me

吉村慎之助

東京生まれ東京育ち、金髪坊主でピアノ弾けるやつだいたい俺っち

Z世代 Travis Scottレベルの家を持つのが夢$$$$

仮想現実関連の仕事に興味があります。将来誰も想像したことのないような自分のブランドを作りたいです。 
SE勉強中 3Dアート制作に手を出し始めた。

日本にしかない良さと海外の合理的で革新的な仕組みを掛け合わせれば世界中がワクワクするモノを生み出せると考えています。

僕らの世代の日本を世界レベルにするため+自分の勉強のため、最新のアパレルファッションやECMetaverseに関連するテクノロジー、その他にもワクワクするような技術、海外の同世代のトレンドなどの情報を発信します。