富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

小売業者がパーソナライズされたサービスで生涯にわたる顧客をどのように育成するか

D2C OMO オムニチャネル パーソナライズ 購買体験

バーチャルカスタマーレリング:小売業者がパーソナライズされたサービスで生涯にわたる顧客をどのように育成するか 

バーチャルカスタマーレリング

顧客獲得の概念は、少なくとも実店舗では、目新しいものではありません。
唯一の目的は、頻繁に、高額の購入してくれる顧客との長期的な関係を育むことです。

継続的な販売を目標としている、レベルのパーソナルショッパーのような、ホワイトグローブサービスと考えてください。

*ホワイトグローブサービスとは
伝統的に価値の高い顧客に関連付けられている「ホワイトグローブ:白い手袋」は、細部にまで細心の注意を払って顧客に迅速でオーダーメイドのプレミアム サービスを提供することです。
顧客に敬意を持って接し、希望する場合はフォローアップすることです。さらに、質問に正直に答え、期待値を適切に設定することも重要です。

ただし、店内のスタッフの数が限られているため、実店舗は一度に一部の顧客にしかこのサービスを提供することはできません。
現在は、顧客の購買体験はオンラインで始まることが多いためです。

高級品・ラグジュアリーは常に店内での顧客獲得の基準を設定しており、eコマースの高級品市場の継続的かつ将来的な成長に伴って、高級ファッションと美容ブランドは絶えず新しいテクノロジーを活用してオンラインで顧客獲得サービスを強化する方法を模索していきます。 

会話型AIとチャットボットを活用します

これらのテクノロジーが、民主化されたオンラインおよび小売店での標準的な接客のタッチポイントの設定になるにつれて、高級ブランドでは、デジタル顧客の新時代でもあります。

この新しいCS:カスタマーサービス(またはCX:カスタマーエクスペリエンス)は、ディオール、シャネル、ジバンシィ、フェンディ、バレンシアガ、ルイヴィトンなどにとってもゲームチェンジャーです。

高級小売スペースでの顧客の影響について基本をカバーします。

小売業での顧客とは何ですか

Clienteling:クライアンティング。顧客の習慣や嗜好にもとづき、人間関係を構築するセールス技術は、買い物客と関わり、パーソナライズされたサービスを提供するプロセスです。

今日のオムニチャネル小売環境では、顧客化は通常、すべてのメッセージングチャネルにわたって顧客データと会話を統合する会話型メッセージングプラットフォームを介して行われます。 

店員は、買い物客の購入履歴、買い物の好み、以前のやり取りを把握でき、ライブチャットやテキストメッセージを介して積極的に連絡を取り、再入荷、新商品、興味のあるプロモーションなどについて顧客に知らせることができます。

「パーソナライズされたショッピングには大きな価値があります。特に、顧客の期待と取引価値の両方が高く、維持が重要な高級市場ではそうです。」

「頼りになるセールスアソシエイトやパーソナルスタイリストがいることで、クライアントは今後のプロモーション、商品のドロップ、補充についての情報を得るだけでなく、ワードローブの作成からマイルストーンまで、カジュアルなショッピングにはない方法で特定のニーズや特別な関心をナビゲートすることができます。家族や友人のために買い物をします。」

「顧客との関係により、ショッピングはアクセスしやすく、面白く、便利になります。優れたカスタマーサービスは、初めての買い物客を生涯にわたるクライアントに変える優れたカスタマーエクスペリエンスに変わります。」

実際、顧客体験を長期的な顧客体験に重点を置くことは、顧客維持に多大な影響を及ぼし、ブランドは顧客維持を活用して顧客維持率を向上させます。 

中核となるのは、顧客体験の概念は、最終的には完全にパーソナライズされた11の顧客体験を作成することです。

しかし、サービスを提供するすべての顧客に対してこれを行うことは、ほとんどの買い物客がオンラインで購買体験を始める場合には注意が必要です。

仮想化テクノロジーの出現により、小売部門全体で顧客化が広く採用されるようになる可能性があります。 

デジタルネイティブの高級買い物客のため

マッキンゼー・アンド・カンパニー は、贅沢品の売り上げの80%近くが「デジタルの影響を受け」ており、オンラインでのハイエンドの支出は2025年までに3倍以上の740億ユーロ(870億米ドル)になると予想されていることを明らかにしました。

大規模な顧客獲得でこの成長に貢献することはまだわかっていませんが、その可能性は非常に大きいということです。

その可能性については
「グッチの現在の売り上げの約10%しか占めていませんが、デジタルは私たちの将来の重要な柱です。意思決定と商品発見の90%は、顧客が店舗に現れる前にオンラインで行われます。」

数十億ドル規模の高級ブランドがすでにオンライン体験で釘付けにし、すでにシームレスにホワイトグローブサービスを提供していると予想する人もいるかもしれませんが、少なくともまだです。

デジタルは私たちの未来の重要な柱です。意思決定と商品発見の90%は、顧客が店に現れる前にオンラインで行われます。

高級ブランドは、eコマースとその可能性を受け入れるのは遅く、そこには正当な理由があります。
オンラインでの提供がブランドの認知や顧客体験に影響を与えるのではないかと心配しているため、オンラインでの提供を実験することを警戒してきました。
これまで、評判を維持しながら、店舗での体験をデジタルで効果的に拡大する方法はありませんでした。

会話型コマースの時代の顧客 

AIとチャットボットが販売チームとカスタマーサービスチームを強化できるようになったことで、先進的なブランドがそれを受け入れ始めています。

たとえば、Louis VuittonDiorFendiMake Up For EverSephoraなどのブランドを持つLVMHは、テクノロジーを使用して11の会話を通じて顧客とつながり、その豪華でパーソナライズされた、VIPサービスを提供しています。

AIを活用した顧客獲得は、高級ブランドに膨大な機会をもたらします。

どこに焦点を合わせるのか
eコマースホワイトグローブサービスの基盤を形成する必要があると思われる5つの主要な領域を特定していきます。  

1.ストーリーセリングの力を活用する

ハイストリートにある高級店に足を踏み入れると、販売スタッフが出迎えてくれます。
販売スタッフは、会社の歴史、商品、そして最終的にはあなただけのパーソナライズされた推奨事項まで、会社についてのすべてを教えてくれます。

会社がいつ設立されたか、さまざまな季節とライン、デザインプロセスがどのように機能するか、どのような材料が使用されているかなどを教えてくれます。
ブランドを売るだけでなく、ストーリーを売っています。

ストーリーをコンテキスト内のショッピング体験に結び付けることにより、営業チームはブランドとその顧客の間のより強力なつながりを構築することができます。

多くの場合、贅沢品の購入は感情に訴えるものであり、物語のように感情を駆り立てるものはありません。

ストーリーをコンテキスト内のショッピング体験に結び付けることにより、営業チームはブランドとその顧客の間のより強力なつながりを構築することができます。

顧客がLINE SNSのダイレクトメッセージ(Facebook Mes​​sengerなど)などのメッセージングアプリを介して企業に連絡することをますます好むようになるにつれて、チャットボットはオンラインでのブランドの新しい拡張になりつつあります。

11の会話は、ストーリーテリングを活用して顧客を引き付け、時間をかけて育成する絶好の機会です。 

2.オンラインからオフラインへ、シームレスに

今日の顧客は、デジタルの世界に片足を持ち、物理の世界に片足を持っていると言われています。

ブランドは、2つの世界を組み合わせて、ユニークなオムニチャネルのVIPショッピング体験を生み出しています。高級ブランドも例外ではありません。オンラインショッピングの利便性を活用してリードを事前に認定して、販売に向けて商品発見フェーズを通じてリードを支援することができるということです。

チャットボットは、堅実なオムニチャネル施策の接着剤となり、実店舗とデジタル店舗の間のギャップを埋めることができます。

見込み客のブランドのサイトを訪れたら、インスタントメッセージで歓迎して、商品を研究するのを手伝うことができます。これらの仮想AIを活用したアドバイザーは、店内チームの延長として機能して、リードを獲得して、最も有望なものを人間の営業担当者にエスカレーションすることができます。

このハイブリッドアプローチは、人間とAIの両方を活用し、オンラインとオフラインの購買体験全体にわたる顧客とのやり取りの全範囲をカバーする、顧客獲得の新時代をもたらしています。

仮想AIを活用したアドバイザーは、店内チームの延長として機能し、リードを獲得し、最も有望なものを人間の営業担当者にエスカレーションすることができます。

また、最寄りの店舗を探す、店内のアドバイザー(Sephoraなど)との約束を予約する、オンラインで購入して店舗で受け取るのを手伝う場合にも非常に便利です。

チャットボットを超えて、これらの施策は現代の小売事業者にとって非常に貴重です。

たとえば、英国の高級ブランドHolland Cooper(報告された年間収益は1,000万ポンド(1,320万米ドル))は、「クリックアンドコレクト」を活用して、Shopifyの売り上げの60%のトラフィックを集めています。

3.オンデマンドVIPサービス

顧客の期待はかつてないほど高まっており、それは高級ブランドにとってさらに真実です。

ブランドが広告主のように振る舞うのではなく、パーソナルアシスタントのように振る舞う時が来ました。これは、AIチャットボット、ストアアソシエイト、ライブチャット、および顧客をどのように組み合わせるかについて、スマートであることを意味します。

サポート・コンシェルジュ・キュレーション販売は、各顧客の生涯価値と平均バスケットサイズを最大化するための最良の方法です。

たとえば、Make Up For Everは、チャットボットを使用して、買い物客が肌の色合いに適したコンシーラーとファンデーションを見つけるのを支援しますが、買い物客は必要に応じていつでも人間のメイクアップアーティストと話すことができます。

このアイデアは、顧客をニーズに合った適切なソリューションに導くだけでなく、オンデマンドで調整され、すぐにアクセスできると感じる顧客サービスチャネルを設計することでもあります。

もう1つの例は、Net-a-PorterMr. Porterです。非常に重要な人々、別名、多くを費やすトップ顧客にプレミアムな支援、在宅での買い物相談などを提供します。

4.独占性と希少性を強調する

独占的または隠されたコンテンツは、買い物客の好奇心を刺激し、より高い価格の商品の販売を促進するのに役立ちます。

2016年のロンドンファッションウィークでは、バーバリーはメッセンジャーチャットボットを採用してショーをしました。ユーザーはコレクションについて詳しく学び、ユーザーが隠された部分を発見できる様式化されたゲームに飛び込むことができました。

独占性と希少性を強調することは、贅沢な買い物の中心です。

デジタルファーストの世界では、ブランドは、体験に感情を注入することによって、その切迫感と独占性をオンラインで再現する必要があります。 

ロクシタンはまた、2017年に希少性と独占感を生み出し、Facebookでしか購入できない母の日ギフトを提供することでソーシャルセールスを促進しました。

限定版、リアルタイムの在庫状況通知、ストーリーテリング、厳選された推奨事項は、より平凡な商品ショッピングとは一線を画す贅沢なショッピングを設定する重要な要素の一部です。 

5.文化的に関連性のある体験を作成する

グローバルブランドは、文化的に関連性のあるローカルなアプローチをとるというプレッシャーを感じています。「グローカル化」は、特に自然言語が主要な消費者インターフェースになるため、グローバルブランドの会話型AIの中心的な柱である必要があります。

買い物客に母国語で挨拶するだけではありません。これらの文化的特異性を考慮に入れた、より優れた自然言語処理モジュールを活用します。サイコグラフィック(興味、情熱、モラルなど)は、人口統計によって決まることがよくあります。

つまり、ブランドは、顧客にとってより魅力的で関連性があると感じるために、さまざまな市場に合わせてトーンを調整する必要があります。 

会話型AI:自動化とパーソナルショッパー

eコマースの効率には多くの利点がありますが、それでも経験は不完全で非人格的であると感じることがよくあります。

バーチャルカスタマーアシスタントや会話型AIなどの新しいテクノロジーにより、コマースを永遠に変えることが約束されているため、高級ブランドには新しい時代のチャンスがもたらされています。

課題は、利便性とエクスペリエンス、自動化と人間味、そして実店舗とデジタルストアのエクスペリエンスの適切なバランスをとることです。

贅沢は細部にすべてあります。それは商品だけでなく、それらを取り巻く経験や感情でもあります。AIテクノロジーは、高級ブランドを補完するのに最適な場所にありますが、お客様のために適切なタイミングでAIテクノロジーを採用し、人間のチームを置き換えるのではなく、増強する方法で使用する方法を学ぶ必要があります。

テクノロジーを顧客に提供することで、高級ブランドは最終的に、店内と同じレベルの顧客サービスとホワイトグローブサービスをオンラインで提供できるようになる可能性があります。

最終目標

オーダーメイドの顧客体験の新時代の到来を告げるために、すべてのチャネルにわたって大規模なパーソナライズを可能にすること 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

D2C CX:カスタマーエクスペエンスマネージメント
D2C CX:カスタマーエクスペエンスマネージメント
カスタマーエクスペリエンス管理と、ブランドが顧客満足度を高め、ブランドロイヤルティを構築する方法について知っておくべきことについて一緒に考えてみましょう。 カスタマーエクスペリエンスマネジメントとは CXM:顧客体験管理(Custom...
続きを読んでみる
顧客ロイヤルティ プログラムの施策種類 通販・オムニチャネルコマース
顧客ロイヤルティ プログラムの施策種類 通販・オムニチャネルコマース
顧客を中心に据えて適切なロイヤルティプログラムを実施すれば、顧客は進んでブランドと取引を継続するようになるでしょうか。ロイヤルティプログラムにはさまざまな種類があり、顧客エンゲージメントを高めるのに役立つことは知られています。どんなプ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する スキンケア ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する スキンケア ブランドリスト
消費者は「静かな美しさ」の台頭によりシンプルさを受け入れています。 消費者がますます自然な肌を受け入れるようになるにつれ、スキンケア業界では「少ないほど良い」というよく言われる言葉が広まっています。ミニマリズムは、日常的な手順の数を簡...
続きを読んでみる
AI カスタマージャーニーとは
AI カスタマージャーニーとは
カスタマージャーニーはとらえどころのないものになることがあります。カスタマージャーニー (マッピングと言われてもいます。)と、D2Cブランドが顧客により良いエクスペリエンスを生み出すのにそれがどのように役立つかについてご一緒に考えてみ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
マイクロバイオームのビューティケアに改めて注目 腸の健康は、ウェルネス関連のインフルエンサーの間でトレンドとなっているトピックであり、そのメリットは消化や膨満感の解消から、睡眠や気分の高揚に至るまで多岐にわたります。腸内マイクロバイオ...
続きを読んでみる
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
  パーソナライズされた商品とルーチンがメインのトレンド(主役)になり、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終ったのかも知れません。 調査によると、消費者はますます、独自の肌のタイプ、好み、懸念(ペイン、課題、悩み)事...
続きを読んでみる
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
  変化は美しさにおいて唯一不変です。そして 2024 年には、テクノロジーが私たちの美しさの選択と使い方をこれまで以上に加速させるでしょう。しかし、美容トレンドを進化させているのは AI の採用だけではありません。気候変動、10代や...
続きを読んでみる
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
  コミュニティ マーケティングは、顧客との関係を構築および育成し、信頼とブランド ロイヤルティを構築することに重点を置いたマーケティングの一種です。一方通行のコミュニケーションとなるマーケティング キャンペーンを再定義しようとして...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー