富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

オムニチャネルとオンラインマージオフライン(OMO)とは

OMO オムニチャネル

オムニチャネルとOMOととは

オムニチャネル(Omni-Channel Retailing)とは

オンライン、オフラインを問わずに、さまざまなデータ

  • 顧客(デモ・オーディエンスなど)
  • 販売(チャネル・トランザクションなど)
  • 商品(商品詳細・MDなど)
  • 注文(確定・在庫など)
  • 配送・フルフィルメント
  • 決済
  • コミュニケーション
  • 行動
  • 財務
    など

を相互に接続して、
可視化して

  • 顧客に対して
  • 店頭スタッフに対して
  • バックオフィススタッフに対して
  • マネージメントに対して
  • マーケティング&CSスタッフに対して
  • パートナーに対して
    など

ひとつのコントロールとしてに統合すること。
D2C/P2C/Eコマース市場と小売事業者における競争メカニズムと考えています。

しかし、

  • 経済環境の変化
  • デジタル消費者の「購買体験」のアップグレード
  • 新しい業界標準
  • オンラインおよびモバイル ショッピングなどでの新しいチャネルの台頭

など、
従来型のビジネス プレーヤー(ブランド・小売事業者)が直面する運用上の課題に対処することは容易ではありません。
Eコマースは、

  1. 支払い技術の絶え間ない革新と新しいサービス
  2. 物流と流通の効率性の向上

に支えられながら急速に変化・発展していることは周知のことです。
それは、この2つは、最大のパーソナルデータの収集・活用場所だからです。

OMO ビジネス モデルにおけるオムニチャネルとは

接続されたデータの力を活用すること

オムニチャネルコマース&コミュニケーションモデルの成功のためには、従来のERP(基幹システムなど)をはじめとするITシステム を統合することが鍵となります。

D2C/P2Cブランド、Eコマース・小売事業者は、

  • 発見
  • 調査
  • 購入
  • サポート
  • カスタマー サービス
  • 返品
  • 継続的な関係の構築

など、カスタマー ジャーニー(顧客購買体験:CX)の各段階で注意を払うべきチェックポイントでの、必要性が高まっています。

簡単に言えば、オムニチャネルとは、

  • 顧客がどこにいても出会い(タッチ)
  • コミュニケーションができ
  • すべてのタッチポイントで優れたサービスを提供すること
です。

オムニチャネルと OMO (Online Merges with Offline)では、チャネルは互いに並行して成り立っているわけでなく、同期していることになります。

OMOとオムニチャネルを活用して、D2C/P2Cブランド、Eコマース・小売事業者は、マーケティング&コミュニケーション でのコンテンツを調整して、対応する商品やサービスをアップセル・クロスセルなどをするためには、顧客からのネガティブ要因や不安な感情と評価を先制的に克服することで、カスタマージャーニー:顧客購買体験(前と後)をより効果的に導くことが必要になってきています。

オムニチャネル プログラムには 3つの重要な要素が必要

それは、

  1. チャネル間の一貫性
  2. 顧客とのエンゲージメント
  3. ビジネス目標の達成における有効性

です。
この3つのファクターを達成するには、いくつかの重要な要素を組み込んだオムニチャネル施策が必要になります。

顧客体験重視

オムニチャネル アプローチの最も重要な側面の1つは、オムニチャネルが顧客にどのように役立つかということです。

D2C/P2Cブランド・Eコマース・小売事業者は顧客のニーズを理解する必要があります。
そこからの、オムニチャネル計画で、どの要素がどのように、どこで、どの要素が最大の価値を提供しながら、それら顧客ニーズを満たしているかを判断することです。

正確な在庫

オムニチャネルでは、

  • 店舗在庫
  • オンライン在庫(DCもしくは、フルフィルメントセンター)

の両方での、D2C/P2Cブランド、Eコマース・小売事業者の在庫全体を包括的に俯瞰できるようにする必要があります。

店舗スタッフ、注文処理バックオフィススタッフ、MD・マーケティング、財務・経理など、関係する誰もの、あらゆるチャネルや事業部門からこのリアルタイム情報にアクセスできる必要があります。

この機能では、店舗内、オンライン、アプリ内の各購入、返品・交換、カートからタイムアウトしたアイテムを追跡し、それに応じて在庫数をリアルタイムで調整するための在庫管理システムとOMSが必要です。

データ主導の意思決定

これらの深い、在庫と顧客行動からの洞察(パーソナライズとも)を提供することにより、顧客は常に正確な情報を受け取ることができるようになります。
同様に重要なポイントとしては、このデータによって、社内の利害関係者が自信を持ってビジネス上の意思決定を行うことができるようになることです。

これは、次のような複数のソースからのデータを統合することを意味します。

  • 顧客関係管理ソフトウェア(CRMとCX)
  • マーケティング データベース
  • メーリング リストやソーシャル メディアでのダイレクトコミュニケーション
  • 広告とウェブサイトのトラフィック分析
  • 購買後体験としての、UGCやアンケート・レビュ
  • 手作業による在庫更新を最小限に抑える在庫管理システム

です。

オムニチャネルコミュニケーション

ブランドは、すべてのチャネルとプラットフォームでシームレスな顧客体験を可能にするオムニチャネル コミュニケーション スタイルのデザインと提供に取り組む必要があります。

顧客は、リアルとバーチャネルでの対面、オンライン、電話(チャットでのボイスも含めて)、電子メールとメッセンジャーのいずれのコミュニケーションチャネルであったも、ブランドを 1 つの声を持つ 1 つの企業と見なしています。

購買顧客は、
ブランドとの一貫したコミュニケーション体験を期待していることは当然です。

たとえば、ブランドが Instagram でプロモーションを開始した場合、顧客は Web サイトで同じプロモーション コードを直接使用できることを期待しています。
または、顧客がラップトップPCのカートに商品を入れた場合、顧客がモバイルで購入を完了するために、同じ商品がカートに入っていることを期待します。

CS:カスタマー サービス のCRS:エージェントとリアル店舗のスタッフは、
顧客とのやり取りのどの時点でも、
カスタマー ジャーニーと
行動・購買・コミュニケーション履歴を理解するために必要なデジタル ツールを備えている必要があります。
*これは最先端である必要はなく、一覧性と検索性があればよいということです。

これらのツールへの投資には大きな見返りがあることが望まれています。
その1つの事例として、キャンペーンのために 3 つ以上のチャネルに投資するマーケターは、 1 つのプラットフォームのみを使用するマーケターよりも約 500% 高い注文率を実現しています。
一方で、オムニチャネル エクスペリエンスを優先しないブランドは、売上の 10 30% を失う可能性があるというデータがあります。

ブランドは

  • 非同期メッセージング
  • ユニファイド コミュニケーション
  • 合理化されたコンタクト センター ソリューション

をの選択を優先する必要があります。

ブランドへロイヤリティは過去のもの

    顧客の 75% 以上は、新しいブランド、商品、プラットフォームを試すなど、新しい購買行動に取り組んでいます。

    これは、従来のブランドにとっては、とてもがっかりする可能性があることですが、新しい D2C ブランドにとっては歓迎すべき機会でもあります。

    プラス面としては、顧客の約40%(主に Z 世代とミレニアル世代)、今までの信頼できるブランド(レガシー)を離れて新しいブランドに乗り換えていました。

    顧客は、利便性とあたらしい価値によって、購買を動機づけられています。
    さらには、新しいブランドを探し続けていて、自分の価値観に合ったブランドを探している顧客もいます。

    DTC ブランドは、パーソナライゼーションとカスタマー サービスに注力することで、このトレンドの機会を利用することができます。
    ブランドは、顧客、スタッフ、その他の購買環境の変化をどのように取り扱うかについて、ブランドの価値観に基づくアプローチを、明示して、コミュニケーションを取る必要が高まっています。

    次回以降は、

    1. 顧客購買体験について
    2. 在庫管理について
    3. コマース機能
    4. ショッピング&キャンペーン機能

    について詳細に触れていきます。

    殿堂入り記事
    発送代行完全ガイド

    発送代行完全ガイド

    発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    物流企業

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
    全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

    あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

    スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
    スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
    世界の美容業界では起業家精神が盛んです。 新しくダイナミックな創業者、商品、ブランドが毎日登場しますが、競争は依然として厳しいものです。新しい美容関連のスタートアップが成功するたびに、成功しない企業が数十社、おそらくは数百社存在します...
    続きを読んでみる
    ペット ブランド編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
    ペット ブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
    ファネルとは何ですか AIDA フレームワークとは何ですか つまり、マーケティングと販売の世界では、私たちが行うほとんどすべてのことは、ある種のファネルを通じて顧客を変換するという概念によって推進されています。 「ファネル」は、誰かが...
    続きを読んでみる
    サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
    サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
    顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
    続きを読んでみる
    セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
    セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
    見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
    続きを読んでみる
    ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
    ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
    幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
    続きを読んでみる
    アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
    アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
    コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
    続きを読んでみる
    e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
    e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
    ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
    続きを読んでみる
    東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
    東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
    アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
    続きを読んでみる

    タグ一覧

    カテゴリー