富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

2023 年 オムニチャネル eコマース トレンド トップ 7

OMO オムニチャネル

2023  オムニチャネル eコマース トレンド トップ 7

オムニチャネルの e コマースは、今ほど急速に変化したことがあるでしょうか。
 デジタル コマースは着実に成長はしています、特に過去 3 年間は、これまで以上に急速に変化しながら、発展しており、特にコロナウイルスのパンデミックによって加速されていました。E-コマース・D2C・DNVBマーチャントや、小売事業者にとって、これは事業のリストラと新たな課題だけでなく、何よりも有望な機会を意味しています。

オムニチャネルとは

という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、具体的にはどのような意味なのでしょうか。

簡単に言えば、オムニチャネルとは、小売業者が提供するすべてのチャネルで一貫したシームレスな購買(購入)体験を意味します。しかし、理想的なシナリオのように思えますが、実際の e コマースで実装するのは簡単ではありません。マルチチャネルの e コマースで分離されていたものが、顧客とブランドの間の継続的な会話の中で一緒に流れるようになりました。したがって、オムニチャネルは顧客コミュニケーションの「聖杯」とも言われています。企業にとっては要求が厳しいものですが、潜在的な購入者にとっては不可欠な購入方法とチャネル選択です。

新たな技術的可能性によって、顧客の期待も変化して高まっていきます。多くの小売事業者は、小売事業者がいつでもアクセスできて、多くのチャネルをカバーして、それらの間をスムーズに移行できることを望んでいます。オムニチャネル コマースを運営する企業は、このポイントでは優れた立場にあります。

オムニチャネルとマルチチャネル コマースの違いは何ですか

オムニチャネル以外にも、さまざまな商取引チャネルを指す用語があります。小売業者がオンライン ストアやリアル・実店舗など、単一の販売チャネルのみを維持する標準的な単一チャネル コマースに加えて、マルチチャネル コマースがあります。

マルチチャネル コマースとは、

マルチチャネル コマースでは、さまざまな販売チャネルが互いに独立して存在することです。マルチチャネル コマースの資格を得るには、少なくとも 2 つの販売チャネルが存在する必要があります。
一般的な例は、オンライン ストアも運営する小売店です。マルチチャネル コマースの場合、オンライン ストアで商品を注文し、小売店で購入を完了することはできません。

クロスチャネルコマースとは

クロスチャネル コマースは、マルチチャネル コマースの拡張です。
これは、オムニチャネル コマースとマルチチャネル コマースのハイブリッド形式です。少なくとも 3 つの販売チャネルがあれば、2 つのチャネルが相互に作用して、顧客は摩擦なしにそれらを切り替えることができますが、3 つ目のチャネルは自律的なままです。したがって、クロスチャネル コマースでは、一部のチャネルのみがリンクされます。

オムニチャネルコマースとは

他の商取引モデルよりも優れているのはなぜ

前述の商取引形態と比較すると、オムニチャネル商取引が商取引の最高の難易度分野であることは明らかです。既存のすべてのチャネルがリンクされ、連携して動作するからです。
したがって、オムニチャネル コマースは、すべてのチャネルにわたってシームレスなブランドおよびショッピング エクスペリエンスを作成して、最も最適化された顧客エクスペリエンス:CXを表すことになります。

オンライン ビジネスで確実に成功するには、常に最新のオムニチャネル e コマースのトレンド

に注意する必要があります。このようにすることで、競合他社から際立ち、顧客のニーズを満たして、売り上げを伸ばすことができます。

私たちは、将来の e コマースで本当に重要なことは何か、また、ブランドとビジネスにとってどのトレンドが重要であるかを絶えずお届けして、解決策を示していきます。

2023 年に注目すべきオムニチャネル e コマースのトレンドは次のとおりです。

  • 1) ヘッドレスコマース
  • 2) モバイルコマースと PWA
  • 3) ソーシャルコマース
  • 4) 動画ライブショッピング
  • 5) 拡張現実や仮想現実などの最新技術
  • 6) 人工知能
  • 7) サステナビリティと社会的企業責任

 1: ヘッドレス コマース

ショップ オペレーターにとって、ヘッドレス コマースはますます注目されるようになっています。これは当然のことです。
なぜなら、顧客の需要は増加して、分散しています、すべてのチャネルとエンドデバイスで優れたカスタマーエクスペリエンスに対する要件は高まっているからです。
これが、ターゲットグループの特定の期待に応えるためにプラットフォームが迅速に変更を加えることができる場合に役立つ理由です。

従来の店舗システムは、フロントエンドとバックエンドが密接に関連しているため、これを妨げています。これにより、柔軟性が低下します。
一方、ヘッドレス プラットフォームでのフロントエンドとバックエンドの分離により、ビジュアル ショップ インターフェイスをさまざまなデバイスやチャネルにすばやく個別に適応させることができます。
さらに、APIを使用してさまざまなソリューションを接続できます。これは、ショップのオペレーターが 
遅かれ早かれ完全なシステムの限界に直面するのではなく、最良の組み合わせのアプローチを実施してください。

この選択では、それぞれの分野に最適なソリューションを見つけて適用することに重点を置いています。これは、さまざまなメーカーからいくつかのカスタマイズされたソリューションを選択することを意味します。これらはそれぞれ異なるアプリケーション領域をカバーしていますが、相互に関連しています。これは、インターフェイスとコネクタで特にうまく機能します。ベスト オブ ブリードのアプローチは、オールインワン ソリューションでアプリケーションのすべての領域をカバーする包括的なソフトウェアを選択する選択戦略とは対照的です。
*Shopifyなどが代表的です。

利点は何ですか?

__非常に柔軟なシステム ランドスケープを実現する
__ベスト オブ ブリードの大きなメリットは、ビジネスに高いレベルの柔軟性を提供できることです。このようにして、企業は将来の拡張や調整にオープンに立ち向かうことができます。これにより、俊敏性と柔軟性が向上し、市場の変化により迅速に対応し、競争力を獲得できます。

__モジュール式で拡張可能
__このアプローチにより、企業は過去に成功した確立されたソリューションを引き続き利用できます。さらに、最適なソリューションを提供しなくなった個々のシステムは、オールインワン ソリューションよりも簡単に交換できます。これにより、企業はソフトウェア プロバイダーへの依存度も低くなります。

__ビジネスに合わせてカスタマイズ
__最善の組み合わせのソリューションは、オールインワン ソリューションよりも企業の内部プロセスや特定の要件に合わせて簡単にカスタマイズできます。これは、企業がその目的に最も適したシステムを使用できるためです。

ここ数年、「ヘッドレスコマース」という用語の 明確な 上昇傾向を Google Trend で確認してみてください

 2: モバイル コマースと PWA

モバイル コマース (mcommerce とも呼ばれます) は、モバイル デバイスからのデジタル ショッピング行動を指します。

商品は携帯端末で閲覧・比較できるだけでなく、注文・決済も可能であることです。この情報は新しいものではなく、ほとんどのオンライン ショップで既に使用されています。
それでもなお、モバイル ショッパーの数は日々増加しているため、このトレンドでUXを最適化することは依然として重要です。多くの顧客が、バス、電車、オフィス、自宅のコンピューターなど、どこにいても柔軟に買い物ができることを望んでいるより、当然として生活します。
 

PWA  (Progressive Web Apps)も人気を集めていきます。(顧客はPWAを利用しているとは意識しませんが)PWA は、従来のアプリと従来の Web サイトの利点を組み合わせたハイブリッド ソリューションです。PWA は特にモバイル コマースに大きなメリットをもたらして、プッシュ通知、オフライン機能、エンド デバイスへのホーム画面ボタンのインストールなどの機能を有効にします。 

PWA のトレンドは、前述のヘッドレス コマース アプローチとも密接に絡み合っています。

 3: ソーシャル コマース

しばらく前からソーシャル コマースをトレンドとして予測されています。徐々に受け入れられるようになってきています。Instagram、Facebook、LINE、Twitter、TikTok で、潜在的な顧客にリーチして、かつ世界中にリーチを拡大する有望な機会を提供します。
ショップ オペレーターがソーシャル メディア チャネルをオンライン ショップに接続して、ショップ システムから直接商品を追加する場合は特に実用的です。これにより、自動化されたプロセスと時間の節約から最終的に利益を得ることができます。

今後数年間で、ソーシャル メディアを介したマーケティングと販売はさらに重要になります。そのため、この分野は 2023 年を含め、デジタル コマースのトップ トレンドの 1 つでありつづけます。

Social ecommerce gets more interactive

ソーシャルコマースShopify

重要なポイント

  • オンラインショッピングの成長は着実に進んでいる
    爆発的に拡大する e コマース市場の混乱は収まったが、ブランドは今や世界的な競合他社との戦いに直面している

  • ソーシャルメディアがコマースを引き継ぎつつあるブランドは、顧客のエンゲージメント、変換、維持のためにソーシャル メディアに大きく依存しています。

  • デジタルの進歩によりソーシャルメディアに革命が起きる
    メタバースを可能にするイノベーションは、早期採用者に競争に対する優位性を与える可能性がある

ソーシャルメディアの進化とeコマース市場の成長により、ブランドと消費者のつながりが深まっています。ソーシャルメディアはコマースを引き継ぐ中で、ブランドは顧客のエンゲージメントを向上させるために積極的に活用しています。また、デジタルの進歩により、メタバースと呼ばれる仮想空間が登場し、インタラクティブな体験とブランドとの深いつながりが可能になります。さらに、ゲームや仮想環境を活用した広告やマーケティングが広がりつつあり、ソーシャルメディア主導の戦略は今後も商取引の重要なトレンドとなるでしょう。

 4: ライブ ビデオ ショッピング

リアル店舗からのチャネル移行は、デジタル コマースの重要性を強調して、オンライン ショップの成功を加速させたことを意味しています。個人的なアドバイス(カウンセリング、キュレーション、など)を引き続き重視するお客様は、ライブ ビデオ ショッピングが提供する可能性に喜んでいただけるでしょう。

どのように実装できますか
オンライン ビデオ ショッピングでは、ショッピング コンサルタントやインフルエンサーが商品をライブ ストリームで紹介し、顧客はその商品をウェブサイトで簡単に購入できます。個人だけでなく、大人数向けの商品プレゼンテーションも可能です。

これにより、顧客との直接の接触と個人的なアドバイスが可能になり、リアル店舗小売店でのショッピング体験を大幅に置き換えることができます。また、これまでオンライン ショッピングを避けていた新しい顧客を引き付ける機会にもなります。

知っておくと便利なこと:
このトレンドはアジアから来ており、アジアで大きな成功を収めています。中国が有名ですが、USA・ヨーロッパではいま1つです。

特に次の分野では、ライブ ビデオ ショッピングが今後数か月で最もホットなトレンドの 1 つになるでしょう。

  • 家具
  • ライフスタイル
  • ビューティ
  • ファッション

 5: 拡張現実や仮想現実などの最新テクノロジー

拡張現実は、顧客やオンライン マーチャントにとってますます注目されるようになっています。
AR を使用することで、商品を既存の環境に仮想的に統合できます。
家具、AV、装飾品など、携帯電話のカメラで撮影するだけで、アイテムをリアルに写真に挿入できます。最先端のテクノロジーのおかげで、拡張現実はライブレコーディングにも実装できます。イケア、アマゾン、ミスター スペックスなどの企業は、すでにオンライン ショップでこのテクノロジーを使用しています。  

拡張現実の利点は明らかです。

  • 潜在的な顧客は、アイテムの外観と寸法をよりよく理解できます
  • 顧客は製品と対話し、コンバージョン率を高めることができます 
  • これにより、間違った購入を防ぐことができるため、返品率も低下します。 

したがって、拡張現実が購入の決定にプラスの影響を与えるのも不思議ではありません。

拡張現実に加えて、仮想現実もマーチャントが心に留めておくべきバズワードであり、その重要性は、紆余曲折を踏まえてますます高まっていくことになります。
Mark Zuckerberg がメタバースの仮想世界のビジョンを発表して以来、VR ゴーグルが最終的に主流になることは予見できました。(まだまだ、これを購入してまで大変はしないので、Appleのグラスの発表から3年後が楽しみです。)仮想現実と拡張現実の眼鏡の世界的な売上高は、今後 4 年間で急速に成長すると予想されます。 

ショッピングはまだ非常に小さな領域ですが、最新の AR および VR メガネへの応用の可能性もあり、長期的にも成長が見込まれています。

 6: 人工知能 (AI)

ここしばらくの間、人工知能は SF 映画だけに登場する未来のテクノロジーではなくなりました。むしろ、最新のアルゴリズムは顧客の行動を正確に分析し、正確な結論を導き出すことができます。

関連するすべてのデータを収集して処理することにより、たとえば、顧客が将来購入する商品を予測することができます。ターゲットを絞った広告のおかげで、売り上げを伸ばすことができます。さらに、在庫レベルは自動的に調整されるため、常に高い配送能力が保証されます。

たとえば、パーソナライゼーションの分野など、e コマースにおける人工知能の応用分野は数多くあります。そして、2023年を含めて、顧客サイドに立てば、ますます知らないうちに利用していることが多くなるでしょう。 

 7: 持続可能性と社会的企業責任 

環境保護、CO2 排出、フェアトレード、持続可能な原材料の抽出または生産。これらはすべて、持続可能性と社会的責任のトピックに関連する用語です。

この領域は誰もが口にするものであるため、デジタル コマースにおいても重要な役割を果たしています。

しかし、それが消費者の希望ではなく、サプライヤー側のマーケティング施策であろうと、更新された  EU 包装法などの法的要件であろうと、加盟店はさまざまな方法でこの問題の課題に対処することをお勧めします。

CO2ニュートラルな配送、持続可能な原材料から作られた商品、または個々のアイテムのCO2フットプリントに関する声明などは、これに役立つようです。
 一部のプロバイダーは、少額の追加料金で CO2 排出量を相殺することもできます。

環境保護は長期的な問題であるため、総合的かつ未来志向の企業の重要な要素として捉えてください。慌てる必要はありません。

よくある質問

Q:とにかくライブビデオショッピングとは何ですか

ライブ ビデオ ショッピングは、ライブ ビデオと e コマースを組み合わせたものです。商品はライブ ストリームで表示され、視聴者は直接、手間をかけずに購入できます。この傾向はアジア、特に中国で始まりました。2022年のライブ ショッピングの売上高は 1,340 億ユーロと推定されています。それだけでもポテンシャルを発揮します。現在、ライブ ビデオ ショッピングはヨーロッパにも進出しており、最も話題になっているトレンドの 1 つになっています。

さまざまな要因がこの発展を後押ししています。一方では一般的なグローバル e コマースの成長、他方ではライブ ビデオ トラフィックのシェアも増加させたビデオ トラフィックの動的な増加です。
5G 展開により、ビデオとライブビデオのフォーマットがさらに強化されるということもあります。

Q:なぜ、ライブ ビデオ ショッピングがトレンドになるのですか

人々がアドバイスを得るためにリアル店に行くことができなかったことから芽生え、発展しました。 
ライブショッピングは、ある程度それを代用できます。視聴者は十分な情報を得ていると感じて、商品についてより深い洞察を得ることができます。
TVショッピングを観るまでもなく、営業担当者によるプレゼンテーションも、現場での相談に大きな付加価値をもたらします。
最大のポイントは、店内での簡単な会話は通常短命で、Unknownですが、ライブビデオショッピングのホストには、個人的なタッチとカリスマ性を追加する機会があると、顧客のデータを取ることが可能になります。
動画ストリーミングにより、ブランドはまったく新しいレベルで顧客にインスピレーションと興奮を与えるチャンスを得ることができます。
 

Q:ライブ ビデオ ショッピングのインタラクティブ機能のメリットは

質問と反応は、チャット内の全員に直接表示されます。商品を提示している人を見ることができます。ユーザーが質問したり、反応を示したりできるチャットもあります。これに、プロモーターが直接反応して質問に答えることができるというメリットがあります。

Q:ライブ ビデオ ショッピングはどの業界に適していますか

Video Live Shopping は、B2C か B2B かを問わず、ブランドか小売業者かを問わず、あらゆる業界に適しています。ファッション、ライフスタイル、美容業界の小売業者が最初に使用しました。しかし、このトレンド トピックは、家具、食品および飲料、FMCG (動きの速い消費財)、および薬局のセクターにも当てはまります。一般に、ライブ ビデオ ショッピングは、カメラの前で簡単に実演、表示、説明できるすべての商品に適しています。

Q:ライブ ビデオ ショッピングの形式はどのようなものがありますか

1 対多 形式

ライブ ビデオ ショッピングの最も一般的な形式は、1 対多の形式です。ここでは、ブランドは 1 つ以上のプラットフォームやストリームを通じて、できるだけ多くの視聴者にリーチしようとします。

1 対 1 形式

これは、主に高級品のセグメントや、詳細な説明が必要な巨大なショッピング カートや複雑な商品に使用されるマンツーマン形式とは対照的です。
顧客は予約を取り、ライブ ビデオ ストリームを介して 1 対 1 の相談を受けることができます。

たとえば、
高級ブランドのグッチは、マンツーマンのコンセプトに重点を置いています。ブランドは、「グッチ 9」サービス センターを介して、店舗体験を含む特別なコンサルティング サービスを顧客に提供できるように予約を提供しています。

1 対クローズグループ 形式

特別なショッピング イベントに先立って、チケットが低額の確約価格で選択された顧客に販売または割り当てられます。予定された時間に、この排他的なグループは、たとえば、他の誰よりも先に特定の製品を購入することができます。

Q:PWA とは何ですか

高速、オフライン対応、そして今後の展開: プログレッシブ Web アプリは、e コマースの不可欠なコンポーネントです。
アプリのように動作しますが、従来の Web サイトに似た、よりダイナミックな感覚をユーザーに提供します。ローカル ストレージでは、コンテンツと画像をデバイスに保存できます。したがって、Wi-Fi やインターネット アクセスが利用できない場合でも、コンテンツを表示できます。URL 経由でアクセス可能、画面上にアイコンとして配置可能、オフラインで使用可能: PWA は未来のアプリです。

Q:ヘッドレスコマースとは

ヘッドレス プロジェクトのフロントエンドとバックエンドは分離されています。フロントエンドは、インターフェース (API) を介してそれぞれのシステムにのみ接続され、そこから必要な機能を取得します。

ビジネス プロセスはバックエンドにプールされるため、通常はフロントエンドの変更による影響を受けません。技術革新とテストをより迅速かつ柔軟に実装できます。

Q:なぜヘッドレスコマースなのですか

ヘッドレスは、オムニチャネル ソリューションと顧客中心主義の完璧な基盤です。競争力が高く、新しい技術やタッチポイントを取り入れやすい。無限のカスタマイズ オプションのおかげで、マーケティングが強化されます。

ヘッドレス コマース システムでは、無料のインターフェイス接続オプション、既存のシステムへの統合、および新しいユーザビリティ オプションが提供されています。

Q:ヘッドレス ベースのストア システムのメリットは

インターフェイス接続オプション:

ヘッドレス ソリューションでは、テンプレート エンジンを備えたモノリシック システムとは異なり、必要なフロントエンドを自由に選択して接続できます。

既存のシステム環境への統合:

ヘッドレス ストア システムは、Web サイトなどの既存のシステム環境を、製品概要などのコンテンツを使用して、全体を置き換えることなくさまざまな方法で強化できるため、革新の可能性を提供します。

新しいユーザビリティ オプション:

ヘッドレス ストア システムを使用すると、たとえば、バスケットからチェックアウトまでの購入プロセス全体をフロントエンドに表示する必要がなくなります。実際に必要な機能を実装できるため、必要に応じて注文プロセスを拡張、短縮、または変更できます。

新しい販売チャネルへの参入:

API ファーストのアプローチにより、個々の店舗機能をさまざまなユーザー インターフェイスに直接統合でき、基盤としてブラウザーを必要としません。これがオムニチャネル販売の基盤となります。

さまざまなデータ ソースの一般的な統合:

ヘッドレス ソリューションは、分散ベースでデータを整理し、これらのさまざまなデータ ソースを 1 つのユーザー インターフェイスにまとめて表示して、処理を容易にすることができます。

Q:ヘッドレス ストア システムのデメリットは

より大きな機能的責任:

モノリシック システムのようにテンプレート エンジンを介して表示を有効にする代わりに、ヘッドレス システムは API を提供します。
モノリシック システム テンプレートには、システムが処理できるすべての機能が既に含まれています。
ヘッドレス システムでは、フロントエンドで使用可能にする必要があるすべての機能を API を使用して実装する必要があります。また、それらが正しく機能することも保証する必要があります。ストアが正しく機能することを保証する責任は、完全にフロントエンドの実装にあります。

より高い技術的責任:

基本的に、より多くの技術的専門知識が必要です。通常、ヘッドレス ストア システムのフロントエンドの実装とセットアップは、確かなソフトウェア開発スキルがなければできません。

対照的に、CSS、HTML、およびわずかなテンプレート ロジックに基づくテンプレートでは、比較的少ない専門知識で調整を行うことができます。

その結果、オンライン ストアのセットアップに必要な専門知識の量が急増し、必要な能力を持つ人材が不足しています。

より高い初期コスト:

ヘッドレス ストア システムによって提供される UX の柔軟性が高いほど、追加の技術的努力とより高いコストが必要になります。調整されたフロントエンドの実装では、これらは主に最初に述べた 2 つのポイントによって発生します。

または、フロントエンド フレームワークによってコストが発生します。これにより、最初の 2 つの点が軽減されますが、通常はライセンスまたはサブスクリプションのコストが発生します。

Q:ヘッドレス コマースの顧客の購買体験の例を教えてください

例 1: オンライン ストアをカタログとして統合する

この単純な例は、特に D2C および B2B セクターのビジネスで実運用されています。
顧客との距離を縮めるために、商品範囲に関する情報をカタログの形で Web サイトに直接表示する必要があるカテゴリーです。

ヘッドレス ソリューションを使用すると、これが簡単になります。カタログデータは、API経由でオンラインストアからWebサイトに転送され、Javascriptウィジェットを介してカタログまたは個別の商品として出力できます。このソリューションの主なメリットは、スタッフが 2 つの場所でデータを更新する必要がないことです。

例 2: 「今すぐ購入」オプションを介して商品を直接販売する

このヘッドレス シナリオは、具体的な商品が販売されるさまざまなユースケースに最適な技術的ソリューションです。
全体として、提示されたシナリオのユーザーインターフェイスはストア システムに基づいていません。
代わりに、CMS システムがプレゼンテーションを処理することがよくあります。

オンライン ストアは、Javascript を介した直接購入機能を備えたページに統合され、購入プロセスの表示が必要なものだけに削減されます。

このケースの主な特徴は、これらの商品が最終的にバスケットには入れられず、直接店舗などで購入されることです。商品のサイズまたは排他的な性質により、付属品または追加商品の購入は想定されておらず、顧客は通常、商品の購入を 1 回だけ希望します。

例 3: オンライン ストアへのスマート追加機能としてのネイティブ アプリ

特定のショッピング アプリは、モバイル デバイスとそのユーザーそれぞれに実際の付加価値を提供する場合に成功します。
これは、購入するときに、ショッピング体験を向上させる便利なツールとしてアプリなどを提供できることを意味します。
ここでは、数量計算機、色の選択と比較ツール、スマートフォンのARなどの色のプレビューなどの機能が、顧客が商品を選択するのに役立つ便利なツールです。

そしてもちろん、顧客は、オンライン ストアのヘッドレス統合のおかげで 、ネイティブ ショッピング アプリを介して、提案または選択された商品を直接購入することができます。

Q:メタバースの解決する課題を教えてください

すべての初期テクノロジーと同様に、メタバースには現在多くの課題があり、さらに多くの課題が発生することは間違いありません。

その中には、

  1. インフラストラクチャ/技術的課題、
  2. 持続可能性関連の課題、
  3. 顧客のメリットが不十分に規定されている

という 3 つの領域があります。

Eコマース:電子商取引は、物理世界をデジタル世界で再現することでした。メタバースの場合は異なります。

1. インフラストラクチャの課題

ルック アンド フィールの作成から技術そのものの開発に至るまで、技術的およびインフラストラクチャ関連の課題は沢山あります。

  • ゴーグルを着用するときの快適さの欠如、
  • メタバースでの支払い、
  • 既存のゲームやアプリケーションの外観と操作性

などが含まれています。
悪く言えば幼稚、あるいは時代遅れとも言われています。

2. 価値創造の課題

メタバースにおける高級品のフットプリントの多くは、限定版の NFT によってもたらされています。言い換えれば、顧客の価値提案は希少性に基づいています。限定版となる NFT をなんとか入手し、その NFT をより高い価格で再販します。暗号通貨と同じ投機という投資です。

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
顧客がオンライン、アプリ内、店舗内、またはこれら 3 つを組み合わせて購入する場合でも、一貫したエクスペリエンスを顧客に提供することがこれまで以上に重要になっています。ユニファイド コマースは、顧客がどこで買い物をしても、顧客エクスペ...
続きを読んでみる
コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは
コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは
モバイル チェックアウトでのコンバージョン率が低い一般的な理由は、 安全なチェックアウトプロセスの欠如 商品の詳細がわかりにくい わかりづらい、難しいナビゲーション 商品/価格などを比較するオプションがない 顧客情報の更新が大変 ...
続きを読んでみる
Amazonの成功を解き放つ:利益のために入札を最大化する
Amazonの成功を解き放つ:利益のために入札を最大化する
  Amazon 検索に表示されるための 2 つの単純化されたアプローチについてご一緒に考えていきます。確立された顧客ベースを持つほとんどのブランドは、ある時点で Amazon でのローンチを検討することになるでしょう。そしてなぜそう...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 倉庫・商品管理のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 倉庫・商品管理のポイント
カスタマーサービス&ケアは、顧客を第一に考えれることの基本で、ビジネスの成功のための基本です。eコマースソリューションは、進化し続ける顧客のニーズをサポートします。 CSRがCRMなしで顧客プロファイル、注文、支払い、配送の...
続きを読んでみる
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
小売消費者が購入後の体験に求めるもの アマゾン効果は、小売業界全体に影響を与えています。顧客は無料で迅速な配送を期待しています。中には1日または同日という早い配送を希望する人もいます。さらに、ソーシャルメディアはUnboxingを促進...
続きを読んでみる
ビューティブランド トレンド オムニチャネルコマース コンテンツリスト
ビューティブランド トレンド オムニチャネルコマース コンテンツリスト
ビューティ・コスメ業界ほど顧客のニーズに対して絶えず新しい成分、配合・処方、そしてサービスが提供されている業界はありません。コマースとしての視点からは、  サブスクリプションによる顧客ロイヤルティ ビューティ・コスメコマースにおけるサ...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成長させるマーケティング  コンテンツリスト
オムニチャネルを成長させるマーケティング コンテンツリスト
2024年を見据えると、商取引の世界が猛烈なペースで変化していることは明らかです。オムニチャネルのアプローチは、かつては競争の激しい分野で優位に立っていましたが、今ではデジタルが織りなす世界で成功を収めようと努力しているコマース企業の...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスでオムニチャネルを成長させる  コンテンツリスト
カスタマーエクスペリエンスでオムニチャネルを成長させる コンテンツリスト
最初のブランド認知から購入後の段階まで、消費者は一連のインタラクションを経験します。これらのタッチポイントは、ビジネスの成長とイノベーションの極めて重要な要素である顧客体験を形成します。カスタマージャーニーをマッピングし、強みと弱みを...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー