吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

社会的証明とは D2C/eコマースの成功に必要な理由 ステマNG

D2C EC オムニチャネル マーケティング

 社会的証明とは D2C/eコマースの成功に必要な理由 ステマNG

定義:社会的証明とは

他の人が商品/サービスを選択、または、レビュー、証言、ソーシャル共有などに参加したことを示して、それによって他の人にそうするように促すことです。社会的証明により、オンラインの顧客は e コマース ストアからより快適に購入できるようになり、コンバージョンの最適化に不可欠な要素になります。

オンライン買い物客は、他の人が購入し、楽しい経験をしたことを知っていれば、より安心して購入できます。

オンライン ビジネスの社会的証明:ソーシャルプルーフSocial Proofには、

  • ソーシャル メディアのフォロワー
  • 商品レビュー
  • その会社について言及しているブログ投稿
  • ニュース記事

などが含まれます。これらはすべて、消費者の目にビジネスを正当化する形式で提供されています。

UGC活用、レビュー投稿依頼に注意・2023年10月施行 ステマ規制と運用基準

広告であるにもかかわらず広告であることを隠す「ステルスマーケティング」の法規制が10月からスタートする。消費者庁は28日、景品表示法第5条第3号の規定に基づき、「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の告示指定を行なった。施行開始は10月1日。

中立的な第三者を装いながら、実際には事業者から金銭などの対価を受けてSNSや口コミサイトなどに投稿するステルスマーケティング(ステマ)の対策を進める。企業の関係者が第三者を装って投稿したり、対価を受けた第三者が広告と示さずに投稿することなどが規制の対象となる。また、自社商品の高評価依頼だけでなく、他社製品の低評価を依頼することも違反。違反すると、措置命令などの行政処分の対象になる。

UGC活用、レビュー投稿依頼に注意は必要?2023年10月施行 ステマ規制と運用基準

の詳細解説については別途追加記載していきます。

社会的証明が機能するわけ

調査・研究によると、他の人が「何か」を行ったという証拠が提示されることで、人々は「何か」を行う可能性が高くなります。
社会的証明は、人々がブランドなどのビジネスを「贔屓:ひいき」にする可能性を高めてくれます。
他の個人、特に同じ人口統計内の「志」を同じくする人々がビジネスに関与しているのを見ることで、まだ顧客になっていない人々との直接の信頼が生まれ、ブランドが質の高いサービスを提供していることがわかることになります。

言い換えれば
他人から注目されていないブランドのファンになりたいのでしょうか

これは特に、社会的証明がレビューの形で提供される場合に当てはまることは良く知られています。
ビジネスの美徳を賞賛して、口コミのレコメンド・推奨事項を補足するのに役立つオンライン証言、肯定的なレビューは、潜在的な顧客にアクションを促すものかもしれません。
現在、多くの小売・デジタルコマース企業が 、オンラインの証言を補足させるために 口コミ マーケティング キャンペーンを企画して運用しています。

顧客は、定期的にオンライン レビューを確認し、使用して、利用する各種ビジネスを選択しています、その数は増え続けています。
対照的に、オンライン レビューをまったく使用、信用しない人はわずかでしょう。今日では、顧客にとっては、選択肢と、オファーが殺到しているため、レビューは選択肢を絞り込むための便利なツールとなります。(ステマで無ければ)

ソーシャル メディアでの効果的な証拠とは

ソーシャル メディアでは、そのような社会的証明は、メディアに応じてさまざまな形をとることができます。

一般からの直接的なフィードバック

Instagramページへの投稿や Twitter ハンドルでのツイートは、ブランドの正当性を強化できる一般からのフィードバックの 2 つの事例です。潜在的な顧客があなたのブランドについて肯定的な言及を目にすると、安心感が高まります。

エンゲージメント量:

友だち、フォロワー、いいね、リツイート、その他のソーシャル指標の数は、社会的証明の数式になります
エンゲージメントが高いほど、他の潜在的な顧客が、ブランドが評判が良く、注目に値するビジネス・商品であることの証拠と見なす可能性が高くなるということです。

否定的なフィードバック: 社会的証明の反対効果

ただし、社会的証明はポジティブな方法より、ネガティブな効果が高まることも良く知られています。これをカットしないで、適切な応対をすることを忘れないでください。

Instagram ページや Twitter フィードでの顧客からの苦情など、ネガティブな内容の場合、ビジネスに損害を与え、潜在的な顧客が商品やサービスを試すのを思いとどまらせる可能性も高くなります。

これは、SNSの本来の力です。
すべての個人の声を増幅してくれます、苦情がある場合に直接「公」の方法でブランドに連絡できるようにするソーシャル メディアによって高めらていきます。
そのため、顧客の苦情に迅速に対応し、できるだけ早く解決することが重要です。

社会的証明の活用

プロアクティブなブランドは、肯定的な社会的証明を有利に利用します。
評価、ランキング、マーケットプレイスや、Web サイトで熱烈なレビューを受け取った場合、またはそのコピーを受け取った場合でも、Web サイトのどこかの、専用のレビューページなどに表示をすることをしてください。
理想的には、元の証言へのリンクを提供します。

ソーシャル メディア プラットフォームである LINETwitterInstagram などのすべてのソーシャル メディア プラットフォームで共有することを検討してください。
注意してください。これをやりすぎると、傲慢または絶望的な印象を与えることになります。

親切な言葉がブランドのソーシャル メディア アカウントに向けられたものである場合は、そのメッセージをリツイートまたは共有して、ファンやフォロワーにもメッセージが表示されるようにすることを実施してください。

さまざまな種類の社会的証明をマーケティングに組み込む

Web ページや広告素材で目立つように取り上げる可能性があります。同じことが、あなたのビジネスが持っている Facebook の「いいね」や Twitter のフォロワーの数にも当てはまります。

ソーシャル メディアは、デジタル化以前の時代には見られなかったものです、(精々、会報誌で「顧客の声」などで意図的・恣意的に取り上げていただけです)、個々の顧客にメガホンを提供して、よりインパクトのある、より大きな形の社会的証明を可能にしています。ポジティブかネガティブかはあなた次第です。 

社会的証明には 6 種類

専門家:

業界の専門家がブランドの商品やサービスを推奨したりして、ブランドに関連付けられている場合です。
: 専門家による Twitter での呼びかけ、または Twitter チャットでの専門家の参加など

有名人:

有名人がブランドの商品を推奨することです。
: 著名人またはインフルエンサーによる、商品に関する Instagram の投稿またはツイートなど

ユーザー:

現在のユーザーがブランドでの経験に基づいて商品やサービスを推奨することです。
: ソーシャル メディアでの称賛やレビュー サイトでの肯定的な評価。

群衆の知恵:

大勢の人々があなたのブランドを支持していると見られる場合です
: ソーシャル メディア プロファイルに数千の顧客または数百万のフォロワーを持つこと。

友達の知恵:

人々がその友達がブランドの商品を承認している行為をするのを見たときです。
: 友人がブランドの商品を使用しているのを見たり、ソーシャル メディアでブランドをフォローしているのを見たりしたことです。

認定:

業界の権威ある人物から、受賞や、取材記事、承認のスタンプを与えられた場合です。
:  Facebook の青いチェックマーク。(Twitter のチェックマークは死にました。)
受賞は、ほぼ金で買えますが、効果はいまだにあるようです。

マーケティングで社会的証明を使用する 18 の簡単な方法

専門家を招待してソーシャル メディアを引き継ぐ

    業界の専門家にブランドのソーシャル メディア プロファイルを引き継がせることは、彼らの影響力と、彼らのフォロワーが彼らの行動との間に持つポジティブな関係 (つまり、ハロー効果) を活用するための方法です。

    たとえば、専門家がブランド Instagram アカウントを乗っ取って教育コンテンツを投稿したり、Instagram ストーリーを伝えたり、ライブ配信を行ったりすると、ソーシャル メディアでの彼女らの存在が顧客にプラスの影響を与えるため、彼女らを知っている人々はブランドをより好きになります。

    このようなコラボレーションの最も良い点は、業界の専門家も視聴者にリーチすることで利益を得るため、多くの場合、ウィンウィンの状況になることです。

    例:

    専門家やインフルエンサーを招待して、Instagram アカウントを引き継いでフォロワーと交流し、教育コンテンツを共有しています。

    ソーシャル メディア イベントで専門家と協力する

      Instagram LiveFacebook Liveビデオ ディスカッションなどのソーシャル メディア イベントのゲストとして専門家を招待することもできます。
      このようなコラボレーションにより、専門家のポジティブな影響力を活用し、ソーシャル メディアの視聴者に業界の専門家から話を聞いて学ぶ機会を与えることができます。

      例:

      Twitterスペース「#ハッシュタグ」で、ソーシャル メディア、マーケティング、または職場文化に詳しい人をホストしていきます。ゲスト (およびコミュニティ) に一連の質問をして、トピックに関する洞察を得るようにします。

      メンションに感謝する

        マスコミ、有名ブランド、または業界のインフルエンサーから、よく言及(メンション)されることがあります。これは、専門家の社会的証明の優れたフォーマットです。

        社会的証明をソーシャル メディアで共有する方法はたくさんあります。富士ロジテックHDでは、そのような言及に感謝の意を表し、自慢していると思われることを避けたいと考えています。

        ありがとう” そして「取り上げられて光栄です」

        例:

        テスラは 4000台の モデル Y を構築した Giga Texas チームにおめでとう!、と、ツイートで感謝の意を表しました。

        マイルストーンを共有する

        社会的証明を作成する簡単な方法は、ユーザーまたはフォロワーのマイルストーンに感謝を示すことです。マイルストーンに到達することは、祝うべき楽しい機会であり、それを達成するのを助けてくれた人々に感謝する絶好の機会です.

        視聴者と一緒に祝うことができるマイルストーンの一部を次に示します。

        • X 人のユーザーにリーチ
        • X 人の顧客にリーチ
        • アプリのダウンロード数 X に到達する
        • ソーシャル メディア プロフィールで X 人のフォロワーにリーチする
        • 記念日

        例:

        Piktochart 12歳になったとき、彼らはこの機会を祝い、次のツイートでユーザーに感謝しました (そしてプレゼント コンテスト):

        (マイクロ) インフルエンサー マーケティングの実験

          インフルエンサー マーケティングは、有名人の社会的証明を得るための費用対効果の高い方法です。

          これは、Instagramで一般的です。ブランドは、マイクロ インフルエンサー (ニッチな分野でソーシャル メディアに強い影響力を持ち、有名人ではない人々) にスポンサーを付けて、商品について投稿してもらいます。

          ソーシャル メディアの影響力により、これらの人々はニッチな分野で有名人と見なされることがよくあります。他の人が特定の商品で彼らを見ると、彼らはこれらの「有名人」に見られる肯定的な評価やタグを商品に付与してくれていることになります。

          例:

          エレガントでミニマルな時計で知られるスウェーデンの時計会社、ダニエル ウェリントンは、インスタグラムでマイクロインフルエンサーをスポンサーして時計を宣伝しています。各マイクロインフルエンサーにも独自の割引コードを提供しています。

          ブランドアンバサダーを持つことを検討する

            ソーシャル メディア アンバサダーは、選択したアンバサダーに応じて、専門家、有名人、およびユーザーのソーシャル プルーフを組み合わせて提供します。

            1. 業界の専門家 (専門家の社会的証明)
            2. ソーシャルメディアのインフルエンサー (有名人の社会的証明)
            3. 熱心なユーザー (ユーザーの社会的証明)

            です。

            アンバサダーは通常、ソーシャル メディアの略歴に誇らしげにアンバサダーバッジを「着用」して、関連するソーシャルメディアの投稿にブランドのハッシュタグを含めてくれます。

            例:

            グローバルなサイクリング ブランドである Specialized には、世界中のトップ サイクリストや熱心なサイクリストを後援するアンバサダー プログラムがあります。アンバサダー向けにソーシャル メディアやパーソナル ブランディング トレーニングも提供しています。

            アンバサダーはしばしばブランドについて言及して、Instagram の投稿でブランドのハッシュタグ#specializedambassadorを使用します。

            ユーザー生成コンテンツをキュレートする

              UGC:ユーザー生成コンテンツは、Instagram でのブランドのお気に入りの戦略です。また、ユーザーの社会的証明を生成するための優れた戦略でもあります。

              ブランドの「ハッシュタグ #」を使用するようユーザーに勧めるか、ユーザーのソーシャル メディアの投稿Boxed Waterなど) を再投稿 Repostすることができます。

              例:

              持続可能な飲料水会社であるBoxed Waterは、顧客の Instagram の写真を Instagram アカウントに再投稿しています。実際、インスタグラムの写真のほとんどすべてが顧客からのものです。

              ブランドの商品に対する顧客の愛を分かち合いましょう

                顧客からソーシャル メディアで称賛を受け取ることは、ソーシャル メディア マネージャーであることの最大のメリットです。

                ユーザーの社会的証明を生成する楽しい方法は、ソーシャル メディアのプロフィールでこれらの「声」を共有して、ユーザーがブランドの商品を愛していることを他の人に示すことです。

                例:

                Slack は、Twitter で同社の製品に対して多くの愛を受けています。この愛を他の人と共有するために、Slack Twitter アカウント@SlackLoveTweetsを作成して、ユーザーからの声をリツイートしています。必要に応じて、メインアカウントを使用することもできます。

                コンテンツでシャウトアウトを使用する

                  これらのシャウトアウトでユーザーの社会的証明を生成するもう 1 つの楽しい方法は、それらをコンテンツで使用することです。

                   

                  ウェブサイトに紹介文を表示する

                    顧客の声を使用する 3 つ目の方法は、ウェブサイトに紹介文として表示することです。

                    例:

                    ランディング ページの下部に、顧客のアカウントとメッセージを含めて展開します。これは、エキスパート ユーザーの証明として活用できます。商品を使用していることですから、顧客はおそらく次のように感じるでしょう。 「試してみたくなりました。」と

                    略歴で顧客ベースの規模に言及する

                      大規模な顧客ベースをお持ちの場合は、プロフィールの略歴に顧客ベースの規模を記載できます。これは、群衆の社会的証明の知恵の好例です。他の多くの人がブランドの商品を使用しているのを見ると、人々はおそらくブランドの商品に対して肯定的な第一印象を抱くでしょう。

                      顧客ベースの規模とは別に、言及できるその他の統計をいくつか示します。

                      • ブランドがサービスを提供している商品、または顧客数(現在・累計・伸び率)
                      • 毎日、毎週、毎月、または毎年販売される商品の数 
                      • 与えられたおすすめの数

                      例:

                      LINE広告でLINEの友だちにリーチする

                        ソーシャル広告の予算に余裕がある場合は、簡単に実装できる戦術があります。Instagram 広告LINE広告のターゲットを、ブランドのページが好きな人の友だちに設定します。
                        これは、このターゲットオーディエンスがInstagramページのファンに似ており、販売する商品も気に入っていると想定しています。

                        Instagramなら、Facebook 広告マネージャでターゲットオーディエンスを定義して、Metaは自動的に友人の社会的証明の知恵を追加します。

                        例:

                         

                        広告コピーで社会的証明を使用する

                          広告で社会的証明を使用するもう 1 つの方法は、広告のコピーに含めることです。さまざまな種類の社会的証明の中から選択できます。

                          専門家の社会的証明: ブランドの商品を推薦する専門家を特集します。

                          有名人の社会的証明:
                          有名人やマイクロ インフルエンサーがあなたの商品を支持していることを紹介します。

                          群衆の知恵:
                          あなたが持っている顧客の数に言及してください

                          例:

                          Instagramページに良い評価を残すよう顧客に勧める

                          Instagramページで評価とレビューを有効にすることができます。良い評価とレビューは、ユーザーの社会的証明の優れた形です。

                          ユーザーの好意的なレビューを見れば、購入する可能性が高くなると述べています。エンゲージメントにおいて最も重要な要素は、カスタマー レビューや評価を見ることです。

                          顧客にレビューを依頼する際のヒント

                          • 直接聞く
                          • リピーターのお客様にアプローチ
                          • アンケートにプロンプ​​トを追加する
                          • インセンティブの提供またはコンテストの開催
                          • レビューを投稿した顧客にスポットライトを当てる

                          例:

                          ローカル検索を使用して「東京、世田谷区のペット シッティング」を簡単に検索したところ、犬の散歩とシッティング サービスの●●がリストの最初に表示されました。

                          5 つ星の平均評価は満点ではありませんが、5 つ星の評価の数が最も多いため、この地域の他のすべてのペット シッター サービスよりも上位にランクされています。

                          認証を受ける

                            Facebook、および Instagram では、認証を受けることができ(Twitterは死にました)プロフィールに青いチェックマークが表示されます。

                            プロフィールに青いチェックマークが付いていることは、社会的証明の一種です。ソーシャル メディア プラットフォームは、権威ある人物として、ブランド(創業者でもいいです)が人気があり、影響力があり、またはチェックマークを授与されるのに十分なほど興味深いと見なしました。通常、有名人やトップ ブランドに限定されています。

                            コミュニティからの信頼と尊敬を得るだけでなく、確認済みのアカウントまたはページのみに予約されている新しい機能にアクセスすることもできます.

                            例:

                            検証されることの追加の利点は、プラットフォームの検索エンジンで上位にランクされる可能性があることです。青いチェックマークが付いている検索結果でも、ブランドはより目立ちます。

                            敏感であること

                              Facebook ページでは、Messenger での対応状況を選択できます。Twitter でカスタマー サポートを提供している場合は、最も反応が良い時間帯を指定できます、ブランドからの返信がすぐに届くことを知って、人々があなたにメッセージを送るように促すことができます。

                              例:

                              多くの企業、特にサポート Twitter アカウントを持つ企業は、この機能を使用しています。例としては、Twitter Apple サポートミディアム サポートFacebookHubSpoなどtがあります。

                              ソーシャルシェア数を表示する

                              ソーシャル シェア カウントの数を表示することは、クラウド ソーシャル プルーフの知恵の形です。人々は、何千人もの人々が共有した記事を読んで高く評価する可能性が高くなります。

                              しかし、ソーシャルシェア数が少ないと、逆に十分な数になる可能性があります。非常によく書かれた記事であっても、人々はその記事が十分ではないと考えるかもしれません。
                              Social Warfareのようなツールを使用できます。このツールは、共有ボタンを表示しますが、記事が一定数の共有を受け取るまで共有カウントを非表示にします。

                              例:

                              ソーシャルマーケティングのトレンドサイト:Social Media ExaminerSumo の共有ツールを使用して、ブログの記事の共有数を表示します。ほぼすべての記事で何千ものシェアがあり、群衆の社会的証明の知恵を生み出すことができます.

                              Twitter チャットをホストする

                                Twitter で流行することは、群衆の社会的証明のもう 1 つの形です。ブランドの「ハッシュタグ」 Twitter でトレンドになると、人々がそれについてもっと知り、会話に参加するようになるかもしれません。(2023年はどうなるのでしょうか)

                                Twitter で流行に乗るための方法の 1 つは、Twitter チャットをホストすることです。Twitter でトレンドになったことで、より多くの人にリーチすることができます。うまくいけば、そのうちの何人かは ブランドr をチェックして (そしておそらく) 使用するのに十分なほど好奇心旺盛になってくれるでしょう。

                                例:

                                Twitterプラットフォームを構成するアルゴリズムのソースコードの一部をGitHubで公開されています。「おすすめ」に表示するツイートを選ぶアルゴリズムも含まれています。
                                デフォルトで、フォローしているユーザー、興味、および場所に基づいて個人用にカスタマイズされていることです。

                                ソーシャルプルーフをマーケティングにどのように使用しますか

                                社会的証明には、さまざまな形やアプローチがあります。これらの 18 のアイデアが、マーケティングで社会的証明の使用を開始するのに役立ち、さらに多くのアイデアを生み出すのにも役立つことを願っています。

                                私もみならんから学びたいです。ソーシャル メディアに関連するかどうかにかかわらず、ソーシャル プルーフをマーケティングでどのように使用しているかをお聞かせいただければ幸いです。それはあなたにとってどれくらいうまくいっていますか。

                                よくある質問

                                eコマースでの社会的証明の一般的な実施方法をいくつか紹介します。

                                レビューや評価の活用: 顧客からのレビューや評価を商品ページやサービスページに掲載することで、他の顧客の意見を示し、商品やサービスの質や満足度を強調します。実際の顧客の声を取り入れることで、顧客に対する信頼性を高めることができます。

                                ソーシャルメディアの活用: ソーシャルメディアを活用して、商品やサービスを使用している顧客の投稿やシェアを促し、他の人々の関心を引くことができます。例えば、商品の写真や使用例を投稿してもらったり、特定のハッシュタグを使って投稿を共有してもらったりすることで、商品やサービスの人気や需要を示すことができます。

                                人気商品や売れ筋ランキングの表示: サイトやアプリ上で人気商品や売れ筋ランキングを表示することで、他の顧客が購入している商品やサービスの人気を示し、顧客の興味を引くことができます。ランキングや人気商品の表示は、顧客に対して他の人々の購買行動を示し、商品やサービスの需要の高さをアピールする効果があります。

                                クチコミサイトや口コミプラットフォームの活用: クチコミサイトや口コミプラットフォームを活用して、顧客のレビューや評価を集め、公開することで、他の顧客に対して商品やサービスの信頼性や満足度を証明することができます。顧客が自発的にレビューや評価を投稿するように促すために、インセンティブを提供する場合もあります。

                                ソーシャルシェアボタンの設置: 商品ページやサービスページにソーシャルシェアボタンを設置することで、顧客自らが商品やサービスを自分のソーシャルメディアアカウントでシェアすることを促します。顧客が自分のSNSで商品やサービスをシェアすることで、他の人々に対して自社の商品やサービスの存在を知らせることができ、社会的証明を高めることができます。

                                認証や信頼性の表示: 自社のサイトやアプリに信頼性のある認証マークやセキュリティの表示を設置することで、顧客に対して自社の信頼性を訴求することができます。例えば、SSL証明書の表示やセキュリティ認証団体のロゴを掲載することで、顧客の信頼を獲得しやすくなります。

                                ソーシャルプルーフのキャンペーンの実施: 顧客を対象に、商品やサービスを購入・利用した際にレビューや評価を投稿することを促すキャンペーンを実施することで、社会的証明を高めることができます。例えば、レビューを投稿した顧客に割引クーポンを提供したり、抽選でプレゼントをするなどのインセンティブを設定することで、顧客のレビュー投稿を促進することができます。

                                これらは一般的なeコマースでの社会的証明の実施方法の一部です。社会的証明は、顧客の購買意欲を高め、商品やサービスの信頼性を訴求する効果的な手法として、eコマースにおいて重要な役割を果たします。ただし、適切な法律や規制に従い、正確で信頼性のある情報を提示するように注意しましょう。

                                殿堂入り記事
                                発送代行完全ガイド

                                発送代行完全ガイド

                                発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

                                吉村 典也

                                監修者

                                アドバイザー

                                吉村 典也

                                日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
                                大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

                                あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

                                ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
                                ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
                                ユーザー生成コンテンツ:User-Generated Content、なぜそれをあなたのブランドのコマースサイトに統合するのでしょうか。もしかしたら、ソーシャルユーザー生成コンテンツに関連する非常識な ROI エンゲージメント コン...
                                続きを読んでみる
                                ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
                                ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
                                UGC:ユーザー生成コンテンツと、UGC(User-Generated Content)がブランドにもたらすすべてのメリットについて聞いたことがあると思いますが、もちろん、正しく使用すればOKです。ソーシャルメディアでユーザー生成コン...
                                続きを読んでみる
                                コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
                                コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
                                買い物客は、オンラインである程度のパーソナライゼーションを期待するようになりました。 それがなければ、 コマースサイトでの買い物は不便なものになる可能性があります。顧客が確認するSKUが数十、数百、または数千ある場合があります。顧客が...
                                続きを読んでみる
                                コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
                                コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
                                アパレルブランド、ファッションブランド、ビューティブランドなどのコマース マーチャントにとって、商品レコメンデーションクイズは、新しい訪問者を引き付け、商品の発見を促し、リストを増やし、売上を伸ばすための優れた方法になりつつあります。...
                                続きを読んでみる
                                商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
                                商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
                                オンラインショッピングにより、人々はこれまで以上に多くの種類のより多くの商品に簡単にアクセスできます。理論的には、顧客にとって完璧な商品は常に数回クリックするだけで手に入ります。しかし、自分の完璧な商品が何であるか正確にわからない場合...
                                続きを読んでみる
                                商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
                                商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
                                新規顧客は、画面に点滅するネオンライト(バナー・GIF・ショート動画など)を置いても、商品がどれほど優れているかを知りません。知ることができません。 では、どうすれば彼らにあなた、あなたの商品、そしてあなたのブランド・会社を信頼しても...
                                続きを読んでみる
                                コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
                                コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
                                購入後(ポストパーチェス)のメールは、メールマーケティングのハリーポッターです。日本では多くの場合、無視され、ほとんど注意を払わず、デジタルマーケティングの階段の下の戸棚にひっそりと仕舞われています。それでいても購入(購買)体験後のメ...
                                続きを読んでみる
                                コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
                                コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
                                コマースサイトのナビゲーションは、訪問者(将来の顧客とロイヤルカスタマーへの醸成顧客)のエクスペリエンスを左右する可能性があることがよく知られています。論理的で明確に定義された構造なしでコマースサイトをナビゲートしようとすると、地図も...
                                続きを読んでみる

                                タグ一覧

                                カテゴリー