富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

EC eコマース D2C/DTC 用語集

D2C DNVB EC eコマース コンテンツリスト 用語集

eコマース D2C 用語集

E-コマース・D2C・DNVB 小売業者がビジネスを成長させ、自信を持って行うための知っておくべき、用語集です。

A


A/B テスト:A/B Testing

「分割テスト」とも呼ばれます、これは無作為化された顧客への実験であり、マーケティングとコミュニケーションの「Web ページ」「Eメール」などの複数のバージョンをオーディエンス セグメントに倒して同時に表示して、どのバージョンがベターで、メインのマーケティングやコミュニケーションに活用されるかを判断します。
より多くのオーディエンス:視聴者に提供することで、各種ビジネス指標が最も向上することになります。

年間経常収益  Annual Recurring Revenue :ARR

サブスクリプション ベースで商品を販売する小売業者にとって重要な用語です。
年間経常収益とは、現在のサブスクリプションに基づいて毎年獲得されると予想される金額を指します。多くの小売業者は、収益の予測可能性が高いため、サブスクリプション ベースの価格モデルの使用を好みます。

平均注文額 Average Order Value

顧客が個々の注文に費やす平均金額。
平均注文額は、顧客がより多くの商品を購入したり、1 回の注文で高額の商品を購入したりすると上昇します。

事前出荷通知 Advance Ship Notice ASN

ASN は、xyz 品目が返送されたことを知らせるために荷送人から倉庫に送信される電子文書です。
倉庫が ASN を取得すると、その返品に対してさまざまなアクションを実行できます。フルフィルメントスタッフは、ASN を受け取ったら返品を処理する可能性があり、交換を開始して新しい商品の梱包を開始する可能性があります。

アプリストア App Store

Apple App Store や Google Play Store と同様に、e コマース業界には他にも多くのアプリ ストアが存在します。Shopifyのような e コマース プラットフォームには、  小売業者にカスタマイズ機能を提供するマーケットプレイスがあります。

オートメーション Automation

時間とお金を節約し、データを収集するためにシステムをコンピューター化するプロセス。
たとえば、返品を自動化するということは、メールや電話ですべて手動で行うのではなく、返品管理アプリまたはソフトウェアを使用して返品を容易にすることを意味します。
マーケティングオートメーションについてはこちら

B


ブラケティング Bracketing

顧客が同じ商品の複数のバリエーションをオンラインで購入して、それらをすべて試してみて、フィットなどしなかったものを返品する行為、これはブラケティングと呼ばれます。
たとえば、
Aという商品の、レッド、ブルー、イエローを注文・配送受取をして、ブルーだけを購入する、レッド、イエローを返品する
Bという商品の、Mサイズ、Lサイズで、Mを購入して、Lを返送する。

バンドル Bundling

複数の商品を 1 つの商品としてまとめて梱包する。キッティングとも呼ばれます。

オンラインで購入して、店舗で受け取る  Buy Online, Pick-up in Store (BOPIS)

これは、顧客がオンラインで商品を購入し、実際のリアル店舗に移動して注文の商品を受け取ること。

オンラインで購入して、店舗で返品  Buy Online, Return In-Store (BORIS)

これは、顧客がオンラインで商品を購入し、商品が到着した後にその商品を物理的な場所(リアル店舗)に返品する場合。
一流のアパレル小売ブランドである ZARA は、 オンライン返品を促進するために顧客に請求する新しい返品ポリシーで、
顧客の行動を BORIS にシフトすることを目指しています。

ビッグデータ Big Data

多種多様で高速に到着/取得する大量のデータを指します。
これらのデータ セットの量が増加すると、従来のデータ処理ソフトウェアで処理するには大きすぎます。ただし、ビッグデータの収集と分析は、ビジネスの成長に合わせて情報に基づいた意思決定を行うために不可欠です。

C


行動喚起 Call to Action(CTA)

ターゲットオーディエンスに指示を与えて、特定の行動を取るように促すマーケティング戦略。
たとえば、視聴者に

  • いいね
  • コメント
  • チャンネル登録

を促したり、「今すぐ読む」などのフレーズを含むボタンを表示したりすることが含まれます。

カート放棄率 Cart Abandonment Rate(CAR)

潜在顧客が購入を完了する前にサイトを離れる率。
これは、買い物客が注文を放棄する原因となった、買い物客の購買行動で何か問題が発生したことを示している可能性があります。
カート放棄率が高いということは、ショッピング エクスペリエンス:購買体験をより良いものに改善を検討する必要があることを意味している可能性があります。

カスケード スタイル シート Cascading Styles Sheets(CSS)

Web ページのスタイルとレイアウトに使用されます。
たとえば、コンテンツのフォント、色、サイズ、間隔を変更したり、コンテンツを複数の列に分割したり、小売事業者のブランドに合わせてアニメーションやその他の装飾機能を追加したりします。

解約率 Churn Rate

ストアからの購入をやめることを選択した顧客の割合。
解約率が高い  ということは、ブランドの顧客維持率が低いことを示しています。

コレクションページ Collection Page

買い物客が特定のカテゴリのすべての商品を簡単に閲覧できるように、商品はグループ化されています。
類似商品をまとめたウェブページをコレクションページと呼びます。

消費者行動 Consumer Behavior

人々がどのように購入を決定し、小売ブランドとどのようにやり取りしているかについての調査。
消費者の行動に関する理解をビジネス上の意思決定とマーケティング戦略に活用することは、競争上の最大の利点となります。

コンバージョン率の最適化  Conversion Rate Optimization (CRO)

e コマース Web サイトを訪問するトラフィックのコンバージョン率を高めるために使用される戦術 — 別名、ユーザー エクスペリエンス(UX)と Web デザインを最適化して、カートを放棄したり、ページから離れたりする前に、購入を完了するか、別の行動を促すフレーズを完了するように促します。

クロスセリング Cross-Selling

現在カートに入っている商品を補完、強化、または関連する追加の商品を買い物客に提供する行為。
このマーケティング戦術を使用して、平均注文額を増やすことができます。

顧客獲得 Customer Acquisition

新規顧客を引き付けて獲得するために使用される方法を指します。

顧客中心主義 Customer Centricity

顧客の状況、認識、期待を理解するために小売業者が採用するアプローチ。
顧客中心のブランドを持つということ  は、すべてのビジネス上の意思決定において顧客が考慮され、優先されることを意味します。

顧客維持 Customer Retention

すでにブランドから購入した顧客を維持することに重点を置いています。

顧客関係管理 Customer Relationship Management (CRM)

CRM は、顧客とのすべてのやり取りとコミュニケーションを管理するために使用されるテクノロジーです。CRM は顧客とのやり取りや関係構築の重要な部分であるため、e コマース小売ビジネスに適した CRMシステムを選択することが重要です。

顧客維持 Customer Retention

1 回限りの顧客を 再購入者に変え 、競合他社から購入しないようにする小売業者の能力。

顧客生涯価値 Customer Lifetime Value(CLV)

顧客の生涯価値は、平均的な顧客が期待される生涯にわたって会社に貢献する金銭的価値の合計を見積もる指標です。CLV は、個人の購入、返品、送料などを含むすべての取引の合計として概念化されています。
日本では、LTVという古い表記が多いです。

模倣品のスイッチ Counterfeit Product Switches

買い物客は本物の商品の数分の 1 の価値で偽造品を購入し、本物を購入した後、その販売者に偽物を返品して全額払い戻しを受ける行為です。
偽造品は再販売・転売できなくなるため、小売業者に多大な損失をもたらす可能性があります。

小売店間の返品 Cross-Retailer Returns

顧客が盗難品または他の場所で低価格で購入した商品を受け取り、レシートなしで、別の小売事業者で店内・オンライン返品を開始して、現金またはギフトカードを入手するタイプの連続返品。

D


割引率 Discount Rate

小売業者は、プロモーション戦略として、通常小売価格よりも低い価格で商品を提供することがあります。商品の元の価格と新しい提示価格の差は、割引率と呼ばれます。

D2C Direct to Consumer (DTC)

サードパーティの小売業者、卸売業者、またはその他の仲介者を迂回して、商品を顧客に直接販売することを指します。

EC・D2C・DNVBのビジネスモデルとは

ドロップシッピング Drop-Shipping

オンライン ストアが卸売業者と協力して商品を配送するプロセス。
これは、産直品などでも利用されている、取引・発送形態でもあります。ポイントは、
小売業者は在庫を保持する必要がなくなり、費用対効果の高い方法で商品を顧客に届けることができるということです。
直送は、小売業者が各注文の顧客出荷情報をサプライヤーに伝達できるかどうかに依存しています。

E


eコマース Ecommerce

インターネット上で電子的に商品やサービスを売買すること。 
Shopify は、 小売業者がオンラインで存在感を示し、商品を販売できるようにする e コマース プラットフォームの一例です。

Email Capture Eメールキャプチャ

e コマース サイトに表示されるポップアップで、割引や最新情報などを入手するためにブランドのメーリング リストに追加されるEメール アドレスを共有するようにとか、LINEの友だち登録を買い物客に要求します。

エンドースメント(寄付)効果 Endowment Effect

有名人や著名人がある商品やブランド、あるいは社会貢献活動に対して支持を表明することにより、その商品やブランド、社会貢献活動に対する消費者の購買意欲や支援意欲が高まる現象のことを指します。
テキサス大学ダラス校の研究者が行った調査では、 顧客が特定の商品をより長く所有するほど、保有効果が発生することがわかりました。

エンタープライズ リソース プランニング Enterprise Resource Planning (ERP)

コア ビジネス プロセスを統合および一元化する複雑なビジネス ソフトウェア。
例: 
 SAP  Netsuite

イベントトリガーEメール Event-Triggered Email

特定のイベントが発生したときにEメールや、LINEメッセージが顧客に自動的に送信されるように設定するマーケティング戦略。
このようなイベントの例としては、ユーザーが Web サイトの [詳細] ボタンをクリックしたときや、その人の誕生日が挙げられます。

商品交換 Exchanges

商品の返品方法 お客様は元の商品を返品し、新しい商品と交換します。小売業者は、払い戻し率を下げるために、顧客に商品を交換するよう促すことがよくあります。

F


フルフィルメント Fulfillment

顧客からの注文に対して、商品を集め、梱包し、出荷する過程を指します。具体的には、在庫管理、受注処理、ピッキング、梱包、出荷、返品処理などが含まれます。

顧客からの注文があった場合、その注文に対応するために、商品を倉庫などから集め、必要に応じて梱包し、出荷準備を行います。また、配送業者との調整や追跡、配送後のアフターフォローなども、フルフィルメントの過程に含まれます。

フルフィルメントの効率化は、コマースにおいて非常に重要な課題の一つです。適切な在庫管理や受注処理、ピッキング、梱包、出荷などのプロセスを確立し、迅速かつ正確に注文に対応することができる企業は、顧客の満足度を高め、リピート率を向上させることができます。また、迅速な配送やアフターフォローを提供することで、顧客により良いショッピング体験を提供することができます。

G


ギフト返品 Gift Return

商品の返品方法 
ギフトの受取人は、元の購入者に取引を通知することなく、新しいアイテムまたはストア クレジットと引き換えに商品を返品します。

市場開拓戦略 Go To Market (GTM) 

市場開拓戦略は、商品を顧客の手に届け、ブランドの認知度を高め、競争上の優位性を獲得するための計画です。

グリーンビジネス Green Business

持続可能なプロセスと製造を通じてビジネスを運営する方法を通じて、環境へのマイナスまたはプラスの影響を最小限に抑える企業。

グリーンウォッシング Greenwashing

環境に優しいとされる商品やサービスを装ったり、環境に配慮した取り組みを公表したりすることで、実際には環境問題に対して積極的な取り組みをしていないにもかかわらず、そのように見せかけることを指します。

例えば、製品のパッケージに緑色を多用し、環境に優しいイメージを与えたり、環境に関するキャッチフレーズを用いたり、リサイクルマークを使用したりすることがあります。また、環境に配慮した調達や製造、運送、販売、廃棄のプロセスに対する具体的な取り組みがなくても、環境に対する意識の高さをアピールすることがあります。

グリーンウォッシングは、消費者に対して誤解を与え、環境に対する取り組みをしているように見せかけることで、企業や商品のイメージを良くし、売上を増やすことを狙ったものです。しかし、そのような手法は消費者からの信頼を失う結果につながり、環境問題に対する取り組みを真剣に行っている企業にとっても悪影響を与える可能性があります。

H


ヒーロー画像 Hero Image

これは、Web サイトやランディング ページの上部に表示されるバナーを指す Web サイト デザイン用語です。

HTML

要素で構成された非常に単純な言語。テキストの断片に適用して、文書内で異なる意味を与えることができます (段落ですか? 箇条書きですか? 表の一部ですか?)。文書を論理的に構造化します。セクション (ヘッダーがありますか? 3 列のコンテンツですか? ナビゲーション メニューですか?)、画像やビデオなどのコンテンツをページに埋め込みます。

I


理想的な顧客プロファイル Ideal Customer Profile (ICP)

購入者のペルソナとも呼ばれる ICP は、製品の恩恵を受ける理想的な顧客を表します。ICP は、プロジェクト全体の範囲を失うことなく、顧客向けの決定を導くために使用されます。ICP は、顧客のセグメントを表すために作成された架空の人物です。

ICPは、一般的なデモグラフィック情報(年齢、性別、収入など)や、消費者の購入行動、ニーズ、問題、関心事などの詳細な情報を含んでいます。企業は、ICPを使用して、より効果的なマーケティングキャンペーン、製品開発、販売戦略を立案し、ビジネス成長を促進することができます。

例えば、ICPを作成することにより、企業は、誰が最も高いニーズを持ち、最も価値を提供できるかを特定し、そうした顧客にフォーカスすることができます。また、ICPに沿ったプロモーション、商品開発、サービス提供などを行うことで、顧客の獲得やロイヤルティの向上を図ることができます。

インハウス In-house

ある小売業者が、倉庫のロジスティクスを 3pl に外注しないことを決定し、自社のスペースと従業員を使用して、入出荷の在庫とロジスティクスを社内で管理することを決定したとします。その場合は「社内」と呼びます。

国際配送ラベル International Shipping label 

国境を越えた配送ラベル。

在庫管理システム Inventory Management System (IMS)

商品や資産などの在庫を正確かつ効率的に管理するためのシステムです。在庫管理システムの主な機能とポイントは以下の通りです。

【機能】

  1. 在庫管理:在庫の数量、種類、保管場所などを管理し、在庫の状況をリアルタイムで把握することができます。
  2. 入出庫管理:商品の入出庫を管理し、在庫数や入出庫履歴などを確認することができます。
  3. 在庫数予測:過去の販売実績や需要予測などをもとに、在庫数の予測を行うことができます。
  4. 在庫の自動発注:在庫数が一定の数値以下になった場合に、自動的に発注することができます。
  5. 在庫のバーコード管理:商品にバーコードを付け、バーコードリーダーで読み込むことで、在庫の管理を効率化することができます。
  6. 在庫の棚卸し:一定期間ごとに在庫の棚卸しを行い、在庫数の正確性を確認することができます。

【メリット】

  1. 在庫の正確性:在庫管理システムを正しく使用することで、在庫数や在庫の場所などを正確に把握することができます。
  2. リアルタイム性:在庫管理システムはリアルタイムで在庫の変動を把握できるため、商品の入出庫や在庫数の確認が即座に行えます。
  3. 効率化:在庫管理システムを使用することで、在庫管理の効率化が図れます。自動発注機能やバーコード管理機能などがあるため、手作業での管理に比べて作業時間やミスを減らすことができます。
  4. 管理の見える化:在庫管理システムは在庫の状況を一元管理することができるため、複数の拠点や店舗での在庫状況を一覧できます。また、過去の在庫数や需要予測などをもとに分析することで、適切な在庫管理ができます。
  5. 在庫のバーコード管理:在庫管理システムにはバーコード管理機能があります。商品にバーコードを付け、バーコードリーダーで読み込むことで、商品の入出庫や在庫数の確認を簡単に行うことができます。バーコード管理機能を活用することで、在庫管理の効率化が図れます。

  6. 在庫の棚卸し:在庫管理システムを使用することで、定期的な在庫の棚卸しも簡単に行うことができます。在庫の棚卸しは、一定期間ごとに在庫数を正確に把握するための重要な作業です。在庫管理システムを使うことで、在庫の棚卸し作業も効率的に行うことができます。

J


JavaScript

Web ページをインタラクティブにするために使用されるクロスプラットフォームのオブジェクト指向スクリプト言語 (例: 複雑なアニメーション、クリック可能なボタン、ポップアップ メニューなど)。

K


主要業績評価指標 Key Performance Indicator (KPI)

現在のビジネス戦略が望ましい結果をもたらしていることを検証するために、会社が到達しようとしている正確な指標です。KPI の例としては、毎月の売上目標、四半期末までの平均注文額の一定割合の増加、年末までに獲得した新規顧客の数などがあります。

キッティング Kitting

(バンドルを参照)

L


ランディングページ Landing Page

通常、電子メール リストへの登録、商品の購入、チケットの購入などの行動喚起を促進する電子メールまたはリンクから顧客が誘導される単一の Web ページ。

ラストマイル配送(クーリエ) Last Mile Courier

eコマースの小売業者として、商品は最終的に顧客の手に渡る前に、さまざまな目的地に到達します。 ラスト マイル クーリエ(配送)は、最終クーリエ(配送パートナー)から購入者の配送先、つまり最終目的地までの商品の移動として定義されます。

顧客ライフサイクルの段階 Lifecycle Stages

顧客ライフサイクルの段階は、1) 認識 2) 関心 3) 欲求 4) 行動 5) 忠誠心 6) 支持。顧客は、ライフサイクルのどこにいるかに応じて、ブランドとのやり取りが異なります。優れたマーケティング戦略は、ライフサイクルの各段階に対応し、買い物客を忠実な顧客に誘導します。

ロジスティクス Logistics

ロジスティクスとは、ビジネスを運営し、商品を顧客に届けるために用意されているすべてのプロセスを指します。持続可能なロジスティクス戦略を持つことは、ビジネスを拡大するために不可欠です。

M


メタデータ Metadata

メタデータとは、サイト情報を検索エンジンに伝える Web サイト上のすべての目に見えない HTML 要素を指します。これには、見出しやタイトル、記事のタグやカテゴリ、画像のキャプションなどのテキストが含まれます。メタデータを理解することは、SEO 戦略を強化するために重要です。

モバイルコマース Mobile Commerce

スマートフォンやタブレットを使用して、オンラインで商品やサービスを売買すること。

マルチ倉庫管理 Multi-Warehouse Management

名前が示すように、これは、小売業者による複数の倉庫の管理が含まれます。倉庫管理とは、在庫、倉庫スタッフ、出荷、保管、および商品・製品の移動に関連する運用プロセスを指します。

O


オムニチャネル Omnichannel Selling

顧客がどこにいても、ブランドが顧客とのタッチポイントとコミュニケーションができ、顧客が、自分にとって選択可能な購買チャネル、オンライン、店舗、および Amazon や 楽天、Yahoo などのサードパーティの場所で買い物をする機会を提供することを目的とした販売へのマルチチャネル アプローチ 。

オムニチャネルコマースのポイント

P


自宅返品ピックアップ Parcel Pick-Up

これは、返品を開始する際に一部のお客様に提供される物流サービスです。顧客は、返品するパッケージの集荷をリクエストすることができるオプションがあります。

分割出荷 Partial Shipment

在庫やローンチの都合で異なる日にち・時間に到着する場合や、出荷場所が異なるため、小売業者が顧客の注文を別々の配送で発送する場合。

販売時点管理 (POS) システム Point-of-Sale  System

オフライン小売業者が取引を受け入れ、在庫を管理し、商品を追加し、支払いを処理し、領収書をデジタルで送信できるようにするソフトウェアとハ​​ードウェア。
Shopify POS は、多くのオンライン小売業者にとって知られている POS システムです 。

購入後体験 Post-Purchase Experiences

カスタマージャーニーには5つのステップがあります。 1) 認識 2) 考慮 3) 決定 4) サービス 5) 擁護。
最後の 2 つは、購入後のエクスペリエンスの一部です。顧客が商品を家に持ち帰ったら、それを利用するか、返品を開始するかを決定します。いずれにせよ、購入後のポジティブな体験は、顧客がブランドを友人に高く評価する可能性を高めます。

Narvar の購買後体験で、返品・交換を収益化する

プリンターレス返却 Printerless Return

プリンターレスの返品により、顧客はスマートフォンでスキャン可能な配送ラベルを取得できるため、返品パッケージラベルを印刷したり、記入する必要がありません。プリンターレスの返品は、お客様の商品返品の利便性を高めます。

商品説明 Product Description

特定の商品の機能と利点の書面による説明。基本的な事実から商品の背後にあるストーリーまで、 商品の説明は、買い物客が 商品を購入するように誘惑する必要があります。
そして、商品説明が商品データの中心的な要素であり、顧客のコンバージョン経路にとって重要であることは広く知られています。
説明は、商品の画像やその他の情報とともに、SEO を改善し、コンバージョンを促進し、返品を防ぐことさえできます。

商品詳細ページ Product Detail Page (PDP)

e コマースの小売業者として、各商品には商品詳細ページが必要です。これは、商品専用の単一の Web ページであり、商品の機能と利点、バリエーション (色/サイズのオプション)、配送情報、商品レビュー、および買い物客が商品を購入するように誘導する可能性のあるその他の関連情報を説明しています。

グレーディング・商品の扱い規定・処分 Product Dispositions

商品の扱いに関する指示や規定のことを指します。具体的には、不良品や不適合品など、商品に問題がある場合の扱い方、返品や交換に関する方針、廃棄方法などが含まれます。

  1. 不良品の扱い:
    不良品とは、品質上の問題がある製品のことを指します。不良品には、修理や再製造が可能なものと、廃棄する必要があるものがあります。製造業者は、不良品を早期に発見し、不良品の種類に応じた処理方法を定める必要があります。

  2. 返品に関する方針:
    商品の返品には、商品に欠陥がある場合や、顧客の注文と異なる商品が届いた場合などがあります。企業は、返品に対する方針を策定し、顧客に対して適切な対応をすることが求められます。返品に関する方針には、返品期限や返品方法などが含まれます。

  3. 廃棄方法の規定:廃棄物の適切な処理は、企業の社会的責任の一環です。製造業者は、廃棄物の分別方法や処理方法を定め、適切に管理することが求められます。廃棄方法の規定には、廃棄物の種類に応じた分別方法や、廃棄物処理業者との契約方法などが含まれます。

返品された商品のグレードを分類するために使用される一連の条件とは。
たとえば、「タグ付きの新品」、「汚れた」、または「破損している」などです。

廃棄、清算、再販、または修理のために返品された商品を倉庫全体で異なる方法でルーティングする小売業者にとって、廃棄はこれから重要なワークです。

パブリックアプリ Public App

パブリック アプリを使用すると、小売業者はボタンをクリックするだけでサードパーティの統合をインストールできます。プライベート アプリとは異なり、小売業者は、パブリック アプリをインストールするために開発者に連絡する必要はありません。

R


返金 Refund

商品の返品方法 顧客は元の商品を返品し、その見返りに全額または一部のお金を受け取ります。

レンティング Renting

顧客がオンラインで多くのアイテムを購入して、使用して、目的を果たしたり、使わなくなったら、返品したりする行為。

スナップ アンド センドバック
類似の現象として、ソーシャル メディアと、その日の新しいトレンドの衣装 #OOTD を投稿したいという欲求です。フォロワーからのエンゲージメントを求めているインフルエンサーは、自分のステータスを維持しなければならないというプレッシャーを感じており、写真撮影のためだけにアイテムを着用して返品することでビジネスを詐欺しています。

この偽りの現実は、ファッション ブロガーに遅れずについていくようにとの幅広い社会的圧力につながり、同じ服装を 2 回見られることを躊躇します。
しかし、無制限の予算にアクセスできない場合、衣料品、靴、アクセサリーは、写真を撮って返品して全額返金するためだけに購入するときに、小売業者から不正に「借りる」ことになります。

オンライン予約・店舗受け取り Reserve Online, Pick-up in Store (ROPIS)

これは、オンラインで商品を予約した顧客が、在庫があるという確信を持って実店舗で商品を購入することを指します。

小売の持続可能性 Retail Sustainability

小売の持続可能性とは、 小売業者が環境を保護するために取っているすべての努力を指します。
持続可能な素材と製造方法の使用から、リバース ロジスティクス プロセスの最適化による環境への影響の低減まで、持続可能なビジネス慣行は、環境に配慮した買い物客にとって重要な価値提案となっています。グリーンビジネスもご覧ください

返品承認書 Returnalytics

お客様の返品ラベルに同梱される伝票。情報には、RMA 番号、注文番号、および RMA と個々の返品 SKU のバーコードが含まれます。

返品顧客向けポータル Return Authorization Slip

小売業者が設定したルールとポリシーに従って、買い物客が返品を作成する顧客向けポータル。「返品ポータル」と呼ばれることもあります。

返品理由コメント Returns Comments

オンラインで返品を開始する際に、商品の不満点について顧客が残したコメント。返品に関するコメントは、小売業者がパフォーマンスの低い商品と、適切な変更を行う理由を理解するために使用できます。

返品データ Returns Data

顧客、商品、注文、および結果として生じる返品によって生成されたデータと、それぞれの間の固有の接続。
返品データは、 顧客を理解し 、顧客との関係を深める
ための金鉱データです。返品データに関するレポートと観察結果を提供するサービスと協力することで、  ビジネスを前進させる最善の方法についての洞察が得られます。(これがどのように行われるかについては、IQ Analytics を参照してください。)

返品理由 Return Reason

顧客が返品を開始する理由。顧客がアイテムを返品する理由を知ることで、顧客のニーズをどこで満たしていないかについての洞察が得られます。顧客の返品理由 から最大限の情報を得る最善の方法 は、理由が重複しないようにできるだけ多くの使用事例を取り上げることです。
たとえば、「大きすぎる」、「小さすぎる」、「サイズ」などは入れたくないでしょう。

返品管理 Returns Management

買い物客向けの返品を作成するすべてのポリシー、ルール、ワークフロー、およびプロセスと、小売業者が返品を受け取り、評価し、完了するために使用するシステム。つまり、 返品管理とは 、返品を可能にするためのすべてのシステムです。

返品承認 Return Merchandise Authorization (RMA)

顧客が返品ポータルを使用して返品を開始すると、RMA が作成されます。これは、そのリターンの仮想アイデンティティになります。

返品の最適化 Returns Optimization

返品の最適化には、返品データを使用して買い物客のエクスペリエンスを向上させ、小売業者の業務効率を改善し、利益を拡大する継続的な改善戦略が含まれます。e コマースの小売業者として、返品は常に対処するものです。ビジネスの他のすべての部分と同様に、返品管理を時間とともに改善したいと考えています。

返品ポリシー:規則 Return Policy

顧客が購入した不要な商品を返品する方法を管理するために、小売業者が作成するルール。 返品ポリシーには、 返品の対象となる商品に関する情報と、返品を開始するプロセスが含まれます。

返品可能期間 Returns Window

最初の購入後、顧客商品を返品できる期間。

リバースロジスティクス Reverse Logistics

商品を物理的に移動させてサプライ チェーンを売り手や製造業者に戻すサプライ チェーン管理プロセス。

S


セールス クオリファイド リード Sales Qualified Lead (SQL)

SQL は、販売パイプラインを通過した見込み顧客です。

セールス・クオリファイド・オポチュニティ (SQO) Sales Qualified Opportunity (SQO)

SQO は、セールス ファネルのさらに下にあり、セールスによってパイプラインに受け入れられた見込み顧客です。SQO は顧客になる可能性があります。

検索エンジン最適化  Search Engine Optimization (SEO)

検索エンジンから特定の Web サイトへの Web サイト トラフィックの質と量を改善するプロセス。

配送・運送 Shipping

倉庫またはメーカーから顧客にアイテムを物理的に輸送するプロセス。

ソーシャルコマース Social Commerce

Facebook や Instagram、Twitter などのソーシャル ネットワーキング サイトを使用して 、商品やサービスを売買すること。

標準配送ラベル Standard Shipping Label

配送ラベル。配送伝票

在庫管理単位 Stock Keeping Unit (SKU)

小売業者が在庫の動きを自動的に追跡できるようにする商品ラベルに印刷されていることが多い、スキャン可能なバーコード。

ストア クレジット Store Credit

商品の返品プロセスで 顧客は商品を返品し、その見返りとして、将来の購入で償還可能なストア クレジットを取得します。

サブスクリプション Subscription

一部の小売業者は、サブスクリプション ベースのモデルで商品を提供する場合があります。これは、商品と支払いが定期的に、通常は毎月などの一定期間、または毎年設定される場合です。

サブスクリプションコマースとは

スウィンドラー リターンズ Swindler Returns

これは、ストア クレジットまたは割引のために商品を返品するつもりで商品を購入する買い物客のことを指します。顧客は、返品費用を負担することなく継続的にお金を節約できるため、無料返品ポリシーを持つ小売業者でこの行動を繰り返すように動機付けられます。

T


テーマミング Theming

テーマは、ブランディングと同様に、マーケティング戦略全体を織り成す包括的なアイデアです。テーマを設定することで、ブランドを 認識しやすく、視聴者を楽しませることができます。 お客様との感情的なつながりを確立します。

設計されたデザインやレイアウトの外観を変更し、異なる見た目のテーマを作成します。
たとえば、Webサイトやアプリケーションに設定されたデフォルトの色やフォント、アイコンなどをカスタマイズし、ブランドイメージや目的に合わせたデザインを作り出すことができます。

Themingは、CSSやJavaScriptなどのWeb技術を利用して実現されます。デザインの修正やテーマの変更は、Webサイトやアプリケーションのレイアウトやスタイルシートを修正することで行われます。これにより、ユーザーエクスペリエンスを向上させたり、ブランドイメージを統一することができます。

テーマの例としては、ブランドの返品ポータルがあります。

サードパーティ ロジスティクス  Third-party logistics (3PL)

倉庫から配送までの物流業務をアウトソーシングできるサービスです。

タグの切り取り替え Tag Switching

顧客は、状態に関係なく、個人のタグガンを使用してタグを商品に再取り付けし、店舗に返品します。

U


アップセリング Upselling

買い物客が購入を検討している商品のアップグレード バージョンを購入するように促す行為。
このマーケティング戦術を使用して、平均注文額を増やすことができます。

ユーザー インターフェイス User Interface (UI)

ユーザー インターフェイスとは、e コマース ショップやウェブサイトの前面がどのように見えるかを指します。これには、各ページがどのように表示されるか、ボタンと商品の説明が表示される場所、ナビゲーションがどのように見えるかなどが含まれます。最適化された UI デザインを持つことで、顧客はサイトでより長く買い物をすることができます。

ユーザー エクスペリエンス User Experience (UX)

ユーザー エクスペリエンス (UX または UE、CX またはカスタマー エクスペリエンスとも呼ばれます) は、ユーザーがどのように商品、システム、またはサービスと対話し、体験するかを表します。これには、実用性、使いやすさ、および効率性に関する個人の認識が含まれます。 

W


ワードローブ Wardrobing

顧客が商品 (通常は衣類) を、 それを保有(利用)する意図なしに購入する場合。代わりに、彼らは商品を購入し、数回またはイベントのために着用し、返品して返金します。 水着やフィットネス アパレルなどのタイト フィットのアパレル企業の多くは、この種の顧客行動を目にする可能性があります。

倉庫管理システム  Warehouse Management System (WMS)

倉庫または配送センターを実行するために使用されるソフトウェア。倉庫管理システムは、倉庫の従業員と通信して、製品がいつ倉庫に出入りするかを知らせます。

保証 Warranty

保証 とは、製品の製造元がその品質に対して与える保証であり 、受け取った商品が標準に達していない場合は約束された補償です。

ワークフロー Workflows

ワークフローは、小売ビジネスを運営するために実行中の各プロセスを視覚的に表現したものです。これにより、チームの全員が成功へのステップについて同じページにいることが保証され、全員が組織化された状態に保たれるため、これは日常業務に不可欠です。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

リコマース(再販)・レンタル 成功チェックポイント コンテンツリスト
リコマース(再販)・レンタル 成功チェックポイント コンテンツリスト
最新かつ最高のものを所有したり、ファストファッション所有権の代替手段(レンタルなど)を探し、新しいリソースを必要としない商品(再販用の中古商品など)を見つけ、より高品質の商品を購入したいと考えている顧客層がいます。 「このジャケットを...
続きを読んでみる
オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
オムニチャネル・ユニファイドコマース レコメンデーション活用ポイント コンテンツリスト   
顧客がオンライン、アプリ内、店舗内、またはこれら 3 つを組み合わせて購入する場合でも、一貫したエクスペリエンスを顧客に提供することがこれまで以上に重要になっています。ユニファイド コマースは、顧客がどこで買い物をしても、顧客エクスペ...
続きを読んでみる
コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは
コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは
モバイル チェックアウトでのコンバージョン率が低い一般的な理由は、 安全なチェックアウトプロセスの欠如 商品の詳細がわかりにくい わかりづらい、難しいナビゲーション 商品/価格などを比較するオプションがない 顧客情報の更新が大変 ...
続きを読んでみる
Amazonの成功を解き放つ:利益のために入札を最大化する
Amazonの成功を解き放つ:利益のために入札を最大化する
  Amazon 検索に表示されるための 2 つの単純化されたアプローチについてご一緒に考えていきます。確立された顧客ベースを持つほとんどのブランドは、ある時点で Amazon でのローンチを検討することになるでしょう。そしてなぜそう...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 倉庫・商品管理のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 倉庫・商品管理のポイント
カスタマーサービス&ケアは、顧客を第一に考えれることの基本で、ビジネスの成功のための基本です。eコマースソリューションは、進化し続ける顧客のニーズをサポートします。 CSRがCRMなしで顧客プロファイル、注文、支払い、配送の...
続きを読んでみる
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
小売消費者が購入後の体験に求めるもの アマゾン効果は、小売業界全体に影響を与えています。顧客は無料で迅速な配送を期待しています。中には1日または同日という早い配送を希望する人もいます。さらに、ソーシャルメディアはUnboxingを促進...
続きを読んでみる
ビューティブランド トレンド オムニチャネルコマース コンテンツリスト
ビューティブランド トレンド オムニチャネルコマース コンテンツリスト
ビューティ・コスメ業界ほど顧客のニーズに対して絶えず新しい成分、配合・処方、そしてサービスが提供されている業界はありません。コマースとしての視点からは、  サブスクリプションによる顧客ロイヤルティ ビューティ・コスメコマースにおけるサ...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成長させるマーケティング  コンテンツリスト
オムニチャネルを成長させるマーケティング コンテンツリスト
2024年を見据えると、商取引の世界が猛烈なペースで変化していることは明らかです。オムニチャネルのアプローチは、かつては競争の激しい分野で優位に立っていましたが、今ではデジタルが織りなす世界で成功を収めようと努力しているコマース企業の...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー