富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

小売業は EBITDA がすべて ファッション小売業界における e コマースのポイント

eコマース オムニチャネル 小売業

小売業は EBITDA がすべて ファッション小売業界における e コマースのポイント 

小売業は EBITDA がすべてです。ファッション小売業界における E-コマース・D2C・DNVBの最新ブランドの収益性のポイントは

  • 持続可能なオムニチャネル戦略を策定する
  • ファーストパーティのデータ収集とリターゲティングをマスターする
  • フィットサイジングとカスタマーサービスに最適なツールを提供することで、返品を最小限に抑えます

ほぼ10 年間、インターネット企業のデジタル ネイティブな小売モデルでは一連の肯定的/ポジティブな結果を実現する手段は無いかのように思われていました。

D2C ・eコマースマーケティングは、小売・製造メーカーにとって、複雑な流通経路の仲介業者を介することなく、ダイレクトに顧客にコミュニケーションして、ブランド構築して顧客の課題解決を提供できる重要なチャネルに成長しました。

顧客にダイレクトコミュニケーションするにメリット

顧客と小売・製造メーカーの間の障壁を打ち破りコミュニケーションすることで、小売・製造メーカーがマーケティング、販売方法、評判、およびブランディングをより細かく構築できることです。

小売・製造メーカーがオーディエンスと直接関わることで、それによってオーディエンスから学び、商品やサービスを改善するのにも役立ちます。

では、2023年からのアパレル・ファッション業界ではどうでしょうか。

DNVB D2C モデルの変化

ほとんどのデジタル ネイティブなバーティカル ブランド (DNVB) の見通しは最小限のトップラインとボトムラインであり、
仮にそのブランドが強力な「テクノロジーのような」成長曲線:T2D3(Triple, Triple, Double, Double, Double/トリプル2回、ダブル3回)を示した場合でも、出口の選択肢(IPO M&A など)はわずかなままです。(魅力的なビジネスモデルではない)

キャップ テーブル(CAP Table 資本政策表、会社の所有権について明確に把握する上で必要な情報を提供するもの) は肥大化し、ウォー チェスト(困難な状況や危険な状況で使用することを目的としたツールやお金のコレクションのメタファー)ウィキペディア(英語)はいっぱいになりました。
しかし、時間が経つにつれて、多くの投資家は、業界が不利な属性を共有していることに気付き始めています。長期的な持続可能性や潜在的な撤退のための戦略はほとんど、またはまったくありません。

ブランドは、時代の先を行くために、マーケティング戦略を適応させ、進化させる必要があります。プラットフォームの多様化を受け入れ、コンテンツ マーケティングに投資し、データと分析を活用し、カスタマー エクスペリエンスに注力することで、D2Cブランドはこのデジタル マーケティングの新時代に成功することができます。

進化し続けるデジタル マーケティングの世界で、D2C ブランドが革新し、差別化を図り、顧客との永続的な関係を確立する機会にもなります。

Vuoriのケース

パンデミックの過程で、ファッション小売業界で最も急速に成長している現代的なブランドの 1 つになりました。

Shop athletic and performance clothing from Vuori that's built to move in and designed for an active lifestyle. A New Perspective on Performance Apparel™.
https://vuoriclothing.com/

Vuori(ヴオリ)は、アメリカの南カリフォルニアに拠点を置くブランドで、ヨガ、トライアスロン、サーフィンのメッカとしても知られています。彼らはアクティブなライフスタイルに合わせて設計された、運動パフォーマンス向上を目指したアスレチックウェアやパフォーマンスアパレルを提供しています。

Vuoriの製品は、動きやすさや速乾性などの機能面に重点を置いており、フィットネスウェアに求められる要素を考慮しています。ヨガウェアやフィットネスウェアを始めとするパフォーマンスアパレルを提案しており、日常生活にも適しています。

Vuoriの製品は日本でも入手可能であり、オンラインストアや楽天市場などで購入することができます。また、Vuoriの公式ウェブサイトやインスタグラムアカウントでも彼らの製品や情報を確認することができます。

Vuoriの創設者たちは、アクティブなライフスタイルを持つ人々に対して、高品質で快適なアスレチックウェアを提供することを目指しています。彼らの製品は、トレーニングやスポーツ中だけでなく、普段の生活でもスタイリッシュに活用することができます。

2021 年に 4 億ドルのソフトバンクからの投資 (評価額は 40 億ドル) を獲得したとき、私は確かに話題を理解していませんでした。それから約1年後、最初のジョガーを購入してみました。Vuori のトップ卸売パートナーの 1 つであるREI は、購入体験を容易にしました。ストアのセクションはブランドに専念しており、REI のアソシエイトが頻繁にショップ内に配置され、質問に答えてくれます。
すぐにファンになり、Lululemon からもう少し手頃な (そしてよりよく構築された) DTC ブランドに支出をシフトしました。

REI vouri Whole sale

2021 年のプレス リリース:

強力な e コマース ビジネス、繁栄している実店舗、およびクラス最高の卸売パートナーのネットワークを備えた Vuori は、他の多くのデジタル ネイティブ ブランドとは異なり、2017 年以来利益を上げています。

Vuori は アスレジャーのM&A ターゲットのトップの 1 つと考えられています、それは当然のことになりそうです。

e コマースの買い物客は、2022 年初頭に REI でブランドを紹介されたときとは異なるサイズを選択した可能性があります。

この一般的な問題を顧客に説明して、フィッティングするために、ブランドはBold Metricsと提携して、初めての購入者が自社の製品に適したものを見つけることをサポートしました。

https://info.boldmetrics.com/size-charts-are-extinct

オンラインで顧客を獲得しようとするアパレル小売業者の主な問題について考る機会がありました。

新規顧客のコンバージョンに失敗する上位 8 つの理由

  1. 明確な製品情報と高品質の画像の欠如
  2. 複雑またはわかりにくいナビゲーション
  3. ページの読み込み速度が遅い
  4. 高いまたは不明確な価格設定
  5. 限られた支払いまたは配送オプション
  6. 信頼の欠如または信頼性のシグナルの少なさ
  7. モバイル最適化が不十分であるか、モバイル機能が制限されている
  8. 貧弱な返品ポリシー

ここで、一番の遅れている課題は、返品・交換プロセスです。どうすれば返品・交換を最小限に抑えることができるでしょうか。

小売業者が返品率を下げるために最も有益だと見つけた 8 つの方法を以下に示します。

  1. 最低限、製品ページに測定値とサイズチャートを含めて、顧客が適切なフィット感を見つけられるようにします
  2. さまざまな体型のお客様に対応できるよう、さまざまなサイズを取り揃えてます
  3. 簡単な返品と交換を可能にする:
    商品がサイズに合わない場合に顧客が返品または交換を開始できるプロセスを明確かつ簡単にします
  4. 顧客に助けを求めるよう促す:
    顧客がサイジングに関する質問をするための顧客サービスの連絡先を提供する
  5. ぴったりのものを見つけるのに苦労している顧客のために、カスタマイズされた、またはオーダーメイドのオプションを提供することを検討する
  6. ターゲットオーディエンスを代表するモデルを使用する
    顧客はその服が似たような体型の人にどのようにフィットするかを確認できます
  7. 仮想試着などのフィット テクノロジー ツールを使用して、顧客が衣服がどのようにフィットするかを視覚化できるようにする

仮想試着技術は、人工知能 (AI) とコンピューター ビジョン技術を使用して、顧客の体型とサイズを分析し、検討中の衣料品と一致させます。顧客の単一の画像または選択したデータ ポイントから作成された顧客の身体の 3D モデルを使用して、衣料品が顧客の身体にどのようにフィットするかをシミュレートします。

これを最初にテストしたとき、私は懐疑的でした。
また、機械学習アルゴリズムを使用して、身体測定値、年齢、さらには活動レベルなどの要素を考慮して、衣料品のフィット感を顧客の体型とサイズに自動的に調整することもできます。これにより、顧客は衣料品がどのように見えるかを非常に現実的な方法で確認できるため、より多くの情報に基づいて購入を決定し、フィット感が悪いために返品する可能性を減らすことができます。

主要な人工知能対応サイジング ツールの 3 つ

True Fit

https://www.truefit.com/business

(Lululemon、Todd Snyder、Madewell、Carhartt)

Fit:Match

https://www.fitmatch.ai/

(Savage x Fenty、Fabletics)

Bold Metrics

(Canada Goose、UpWest、Burton、Vuori)

です。どちらのテクノロジーも独自のものですが、大多数のファッション小売業者が製品ページに 2 つのサービスのいずれかを採用することを期待しています。Bold Metrics の価値提案の 1 つは、小売業者が返品を減らし、コンバージョン率を改善するのに役立つということです。小売業者の利益率を直接的および間接的に改善します。

True Fit や Bold などのサイジング テクノロジーは、D2C ファッション小売業者の収益性への 3 つのアプローチにおいて役割を果たします。ブランドにとって万能ではありませんが、関心のある顧客にフィット感を伝えるためにまだサイズ表に依存しているブランドにとっては、仮想試着テクノロジーが必要になるでしょう。

まとめ

Business of Fashion は最近、最新レポート「  The DTC Reckoning is Coming For Fashion」で、

2023年のファッション業界において、純粋な直販モデルD2Cの持続可能性が問われています。デジタルマーケティングの費用増加や電子商取引の調整があり、ブランドはDTC(直販)以外のチャネルを多様化し成長を生み出す必要があるとされています。『The State of Fashion 2023』によると、多くのブランドがDTC以外の販売手段を探求することが求められています。

これらの施策を実施することで、顧客購買体験購買後体験が充実して、結果としてEBITDAが向上するはずです。

余談:オンライン ショッピングの新しい波と Web3 の世界に (正当な理由で) 頭が混乱している場合

メタバースでも、身体測定は必須みたいです。

AR/VR デバイスから、Body Data NFT™ をシームレスに作成

Coinbase、MetaMask、またはその他の Ethereum ウォレットで Bold Metrics Body Data NFT™ を使用している買い物客は、Web サイトでアパレル サイズの推奨事項を即座に取得したり、店内のコンシェルジュ サービスにアクセスしたり、Decentraland や The Sandbox などの人気のあるメタバースで使用するアバターを生成したりできます。

大規模なブランドは、デジタル体験を反映するように戦略を適応させ始めていますが、D2C ブランドには、サイト訪問者に新しい体験をもたらす機会があると言われています。理由は

  1. デジタル アイデンティティの重要性を認識しています。
  2. デジタル資産 (デジタル スキン/ゲーム アイテム、デジタル ファッション、アバター、または NFT) を購入することに関心があります。

👗デジタルファッションとは

NFT やその他の流行語がオンラインで流行しているだけではなく。デジタル ファッションは、人間とデジタル アバターが着用するように設計された仮想 3D の服です。

D2C ブランドがデジタル製品の紹介に関心を持つのはなぜ

  •  生産コストの低さ(低小売価格に反映)
  •  廃棄物が少ない (デジタル衣服の生産は、物理的な衣服よりも CO2 排出量が 97% 少ない)
  •  クリエイティブなデザインの制限が少ない (ある場合)

最大のオンライン ビデオ ゲームの 1 つである Fortnite は、デジタル購入がどのように機能するかを次世代のデジタル ショッパーに提示しています。
アバター スキン (仮想服など) は、数十億ドルの収益を上げています。これまでに見たことでは、それはプロダクト マーケット フィットです。

デジタル ファッションの最も実用的な用途はデジタル ドレッシング

AR、AI などのプラットフォームにより、消費者はデジタル服を着ることができます。

DTC の世界とどのように関連しているか

Warby Parker や Farfetch などのブランドは、AR を利用した仮想試着オプションを提供しています、購入前に試すというまったく新しい意味を与えています。

デジタル体験は、消費者に製品とやり取りする新しい方法を提供すると同時に、売り上げを伸ばし、返品・交換を減らします。

デジタル ファッション業界は小規模ですが、主要なプレーヤーである DRESSX と The Dematerialized はオンライン ゲームから、ブランドにメタバースの可能性を考えさせています。

DRESSXは、

世界最大のデジタル ファッション小売業者です。慎重にキュレーションされたデザイナーのデジタル衣服のミックスを運んでいます。

  1.  ユーザーはプラットフォーム上でアイテムを「仮想的に買い物」し、購入することができます。
  2. ユーザーは、フィットした服を着た自分の写真をアップロードし、特定の照明要件に従います。
  3. 約 24 時間後、ユーザーは購入した服を着た自分のカスタム画像を受け取ります。

デジタル衣服の所有者は、その画像をすべてのソーシャル チャネル:Instagramなどで共有できます。ユーザーは、ソース ファイル自体や製品の NFT ではなく、衣服を着用した自分の画像を購入して受け取るだけです。
NFT がゲームである場合、DRESSXは所有者が衣服を着用して展示するための NFT マーケットプレイスZMetaCloset アプリを作成して提供しています。

The Dematerialized (DMAT)

高級デジタル ファッション NFT 小売業者です。DMAT のデジタル ファッション NFT はLUKSOブロックチェーン上にあり、クレジット カードと暗号通貨で購入できます。
DMAT は特に高級デザイナーを対象としており、レベッカ ミンコフやカール ラガーフェルドなどの大物をデジタル ファッションの世界に紹介するのに役立ち、独占的な共同ブランド コレクションを持っています。DMAT の買い物客は実際に自分のデジタル衣類を所有しているため、それらを使ってできることにはもう少し自由があります。

  •  Instagram と Snapchat の AR フィルターによるデジタル ドレッシング
  • DecentralandやRobloxなどの仮想世界にそれらを移植する
  •  デジタルクローゼットでそれらを紹介

買い物客にブランドのデジタル製品を所有してもらうことは、買い物客が自分の購入品 (およびブランド) をオンラインで友達に自慢できるようにするための優れた方法です。

メタバース ストア

他のブランドは、自社の仮想メタバース ストアに直接投資することを選択しています。

一部のファッション企業は、メタバース ファッション ウィーク中にバーチャル ポップアップ ショップを立ち上げることを選択しました。このポップアップ ショップでは、買い手にさまざまなデジタル ファッション NFT と、NFT の所有権を通じて引き換え可能な物理的なアイテムが提供されました。

仮想ストアには、買い物客がクリックして標準の e コマース サイトに直接アクセスできる IRL コレクションも含まれていました。
Adidas のようなブランドは、常設の店舗やその他の体験のために、何百万ドルものメタバース ランドをむさぼってきました。

実のところ、消費者がメタバースでどのように買い物をするかは誰にもわかりません。まだeコマースを考え出している途中です。明らかなことは、これらのバズワードが、D2C ブランドの所有者が考慮すべき重要なトレンドを表しているということです。

バーチャル試着できる商品はありますか

ユーザーが物理的な製品を購入する前に (または購入する代わりに) 体験できる製品
デジタルの世界は、DTC 消費の次のフロンティアへの道を開いています。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
マイクロバイオームのビューティケアに改めて注目 腸の健康は、ウェルネス関連のインフルエンサーの間でトレンドとなっているトピックであり、そのメリットは消化や膨満感の解消から、睡眠や気分の高揚に至るまで多岐にわたります。腸内マイクロバイオ...
続きを読んでみる
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
  パーソナライズされた商品とルーチンがメインのトレンド(主役)になり、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終ったのかも知れません。 調査によると、消費者はますます、独自の肌のタイプ、好み、懸念(ペイン、課題、悩み)事...
続きを読んでみる
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
  変化は美しさにおいて唯一不変です。そして 2024 年には、テクノロジーが私たちの美しさの選択と使い方をこれまで以上に加速させるでしょう。しかし、美容トレンドを進化させているのは AI の採用だけではありません。気候変動、10代や...
続きを読んでみる
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
  コミュニティ マーケティングは、顧客との関係を構築および育成し、信頼とブランド ロイヤルティを構築することに重点を置いたマーケティングの一種です。一方通行のコミュニケーションとなるマーケティング キャンペーンを再定義しようとして...
続きを読んでみる
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
  2024 年のファッション e コマース、マーケットプレイス、パーソナライゼーション、オムニチャネルコマース、ソーシャル コマース、柔軟な支払いオプション、リコマース などが引き続き成長を促進するでしょうか。 Statista は...
続きを読んでみる
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ブランドが何年も存在しているか、始めたばかりであるかにかかわらず、DNVBとその一カテゴリーDTCや、EC/eコマースビジネスには共通点が 1 つあります。それは、オンライン市場での競争に対する絶え間ないプレッシャーです。あらゆる規模...
続きを読んでみる
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
  ダイナミックプライシングは新しいコマース概念ではありません。何十年もの間、消費者は航空旅行や、チケット、接客業などの業界における需要主導の価格変動に慣れてきました。今日、小売業者が毎日 (または時間ごとに) 価格を上げたり下げたり...
続きを読んでみる
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
  Eコマース:電子商取引の企業が、常に新しい顧客を開拓することなく、どのようにして楽々と見えるように売上を伸ばしているのか疑問に思ったことはありますか。その秘密は、クロスセルとアップセルの技術を習得することにあります。調査では、e ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー