富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

D2Cで ロイヤリティプログラム構築ノウハウ 前半 ロイヤリティと購買後体験 #2

CX D2C EC ロイヤリティ

D2C・Eコマース・OMO成功のポイント

D2C・eコマース・OMOの顧客購買後体験で、ロイヤリティ&リワードプログラムが大切な理由 Part2

カスタマーロイヤルティプログラムを企画・構築するStep - 前半

わたしたちD2Ceコマース事業者は、
顧客を、報酬(リワード)目的のメンバーとして引き付けるだけでなく、顧客の購買体験を通じて共感いただける「ファン」を生み出すプログラムを作成して、大きく成長させたいと考えています。

リワードプログラムは、必要に応じて、いくつかの異なるタイプを組み合わせることも必要かも知れませんし、その方が有効かもしれません。

 D2C・eコマース・オムニチャネルOMOの事業者が独自のロイヤリティプログラムを作成するために必要なステップについて2回に分けてご案内していきます。
次を参考にしてみてください。

1.ニーズを特定する

D2C・eコマース・OMOの事業者にとってロイヤリティプログラムの主な目的は、顧客を対象にして顧客があなたと一緒に購買体験を続けていただくことです。

その主要な要因を特定するにはいつもの鉄板のパターンです。

「顧客に聴くことです。」

  • なぜ顧客ロイヤルティプログラムが必要なのですか?
    ●購買頻度のアップ
    ●一回あたりの購買単価のアップ
    CLTVの向上(ある一定期間設定・1年とか)
    ●コミュニケーションハブ
    ●商品開発のため
    ●パーソナルデータの更新・構築のため
  • プログラムの目標は何ですか?
  • D2Ceコマース・OMO事業で対象にしている主要な顧客はどのような購買行動ですか?
  • D2Ceコマース・OMO事業者の顧客は、商品・サービスからどのようなベネフィットを得たいですか?
    得ますか?

プログラムを顧客の購買後の行動から、コミュニケーションの設計と、コミュニティの運用方法、そして必要ならリワードプログラムを導入するのであればタイプを選択してみてください。

2.必要な詳細設計を微調整する

基本の設計・企画を策定できたら、

  • 利用規約
  • shippingReturn/Exchange
  • SNS顧客サポートプログラム
  • 購入前顧客用のFAQとリクエストフォーム
  • Student discount/Donationなどの特定の優待制度 
  • Affiliatesプログラム Refer-a-friend campaign
  • Personalized Quiz
  • 購入後のアンケート
  • レビューのプロセス
  • コミュニケーション設計
など、プログラムの詳細に進みましょう。

そうなのです。

顧客のアクションの何に報酬・リワードを提供するのか。とそれ以外のプログラムとの連携、そして、一番のポイント顧客とのコミュニケーション方法に、どう盛り込むかを決定します。

タッチポイント

として、D2C・eコマースストアとしてアプリを実装するか、コマースサイトで、SNSでメンバー顧客とコミュニケーションするかなどを決定していきます。

3.ベータプログラムをPOC起動します

選ばれた少数のトップ顧客であなたのプログラムをテストしてみてください。問題や課題を明確にして修正し、顧客の反応と評価を確認できるパイロットプログラム(POC)を動かしてみます。

  1. ―パーソナライズされた体験を提供出来ているか?
  2. ―適切かつタイムリーなオファーやコンテンツの形でメッセージを送ることが出来ているか
  3. ―顧客のニーズや好みを知るための効率的なデータ収集プログラムになっているか
  4. ―顧客に個人データを共有するインセンティブを提供出来ているか

などをチェックして修正していきます。

 *[D2Cモデルとは要素その2]
データ分析などのテクノロジーを駆使した購買プロセスの最適化

 D2Cにはデジタル技術のイノベーションとともに変化してきています。マーケティングやカスタマーエクスペリエンスの調査・改善がより精緻に、低コストで実現できるようになってしまいました。

 例えば、マーケティングでは、

  • 顧客を知るためのデジタルアドでの認知度やデジタルマーケティングの実施
  • ユーザーニーズリサーチなど
  • ユーザー個人単位でのデータ分析基盤を活用してのデータ収集や分析
  • 顧客ごとの感情変化や行動を把握・分析
  • 最適な購買プロセスで最適な商品・サービスを提供
  • ECプラットフォームを活用するため、小売店などを経由せずに顧客のデータを直接自社で把握できる
  • データから得た知見を生かして商品やCXを改善することができる
  • その結果も顧客に直接コミュニケーションできる
  • 顧客の購買体験を一緒にコーディネートしていくことができる
  • 顧客に合わせて・パーソナライズ化で最適化された商品やサービスを提供することで付加価値を認めてもらえる

ですから、データなのです。

D2Cについての詳細コラムはこちら
D2Cとは?

事例 スターバックスの Polygon NFT

イーサリアム スケーリング ネットワークPolygon上に構築されたコーヒー チェーンの NFT 主導の報酬プログラムであるスターバックス オデッセイ 「Web3 リワード プラットフォーム Starbucks Odyssey」

Starbucks NFT 保有者は IRL 特典を利用できるのでしょうか。

プライベートイベントや海外旅行へのアクセスなどを約束されていますが、まだ実現していません。
Odyssey ユーザーは、
オンライントリビアチャレンジなどのタスクを完了することでポイントを獲得し、NFT スタンプと引き換えることができます。
スターバックスでドリンクを購入すると、 NFT のロック解除につながるポイントをユーザーに付与することもできます。

将来的には、スターバックスは限定版のプレミアム NFT も販売する予定です。スターバックスがいつ Odyssey プラットフォームを一般公開する予定なのかはまだ不明です。

ロイヤリティと購買後体験 シリーズの続きは、

D2Cでのロイヤリティプログラム構築ノウハウ 後半 #3

顧客にとってのロイヤルティプログラムとは #4

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
マイクロバイオームのビューティケアに改めて注目 腸の健康は、ウェルネス関連のインフルエンサーの間でトレンドとなっているトピックであり、そのメリットは消化や膨満感の解消から、睡眠や気分の高揚に至るまで多岐にわたります。腸内マイクロバイオ...
続きを読んでみる
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
  パーソナライズされた商品とルーチンがメインのトレンド(主役)になり、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終ったのかも知れません。 調査によると、消費者はますます、独自の肌のタイプ、好み、懸念(ペイン、課題、悩み)事...
続きを読んでみる
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
  変化は美しさにおいて唯一不変です。そして 2024 年には、テクノロジーが私たちの美しさの選択と使い方をこれまで以上に加速させるでしょう。しかし、美容トレンドを進化させているのは AI の採用だけではありません。気候変動、10代や...
続きを読んでみる
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
  コミュニティ マーケティングは、顧客との関係を構築および育成し、信頼とブランド ロイヤルティを構築することに重点を置いたマーケティングの一種です。一方通行のコミュニケーションとなるマーケティング キャンペーンを再定義しようとして...
続きを読んでみる
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
  2024 年のファッション e コマース、マーケットプレイス、パーソナライゼーション、オムニチャネルコマース、ソーシャル コマース、柔軟な支払いオプション、リコマース などが引き続き成長を促進するでしょうか。 Statista は...
続きを読んでみる
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ブランドが何年も存在しているか、始めたばかりであるかにかかわらず、DNVBとその一カテゴリーDTCや、EC/eコマースビジネスには共通点が 1 つあります。それは、オンライン市場での競争に対する絶え間ないプレッシャーです。あらゆる規模...
続きを読んでみる
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
  ダイナミックプライシングは新しいコマース概念ではありません。何十年もの間、消費者は航空旅行や、チケット、接客業などの業界における需要主導の価格変動に慣れてきました。今日、小売業者が毎日 (または時間ごとに) 価格を上げたり下げたり...
続きを読んでみる
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
  Eコマース:電子商取引の企業が、常に新しい顧客を開拓することなく、どのようにして楽々と見えるように売上を伸ばしているのか疑問に思ったことはありますか。その秘密は、クロスセルとアップセルの技術を習得することにあります。調査では、e ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー