OMO/オムニチャネル アパレル・ファッション10 のトレンド 2023#3

 OMO/オムニチャネル アパレル・ファッション10 のトレンド #3 2023

Written by 吉村 慎之助

オムニチャネル・e コマースのファッションを形成する 10 のトレンドの第3回です。

  1. e コマース ファッション業界は 2025 年までの成長
  2. 世界のファッションは中国、ARPUは欧米
  3. 業種別: アパレル、アクセサリー、靴、高級品、アイウェア
  4. ファストファッションとデザイナーズブランドの格差
  5. 収益性と持続可能性の課題
  6. パーソナライゼーション・オンライン ストア エクスペリエンス
  7. マルチチャネルはソーシャル メディアが中心
  8. 小売ファッションは、オムニチャネルオペレーションが標準に
  9. ファッショナブル予測: コミュニケーション、ロイヤルティ、親密さ + リターン
  10. ファッションの未来、それは何も変わらない理由

マルチチャネルはソーシャル メディアが中心

Eコマース・D2C・DNVBで、マルチチャネル マーケティングが必要になったことは驚くべきことではなく、当然のことかもしれません。
マルチチャネルやオムニチャネルなどの用語は、しばしば複雑さを纏って隠れているように感じてしまいます。
特に成長中の小売業者にとっては、やることだらけで効果や費用が把握できないと感じます。

マルチチャネル e コマースとは

顧客が住むデジタル空間で一貫した購買体験中心のエクスペリエンス:CXを確立することを意味します。インターネットにまたがる必要はありません。

また、すべての人がどこにでもいる必要もありません。

代わりに、ブランドは一度に 1 つのチャネルを拡大することです。つまり、4 つのフロンティアに沿って自社のプレゼンスを習得し、優先順位を付けます。

マルチチャネルモデル

Fableticsのケース

https://fabletics.like2buy.curalate.com/c/gallery/like2buy?id=CQpGtMiy&l=like2buy

Kevin Hart:ケビン・ハートとの簡単な販売キャンペーンの事例

  1. Kevin の Instagram を通じてネイティブに実行される一連の広告
  2. カスタム ランディング ページ (ホームページ、商品ページ、またはコレクション ページではなく) につながり
  3. 6 部構成のクイズでCV

同時に、Fabletics は独自のソーシャル メディア アカウントを通じてペイド(有料コンテンツ)とオーガニック コンテンツをリリースし、Kevin とメッセージを展開しました。

キャンペーンの最高のCVは、最も「最先端」ではないチャネルと見なされることが多いチャネルで現れていました。
それは、Kevin Hart の名前で送信された Fabletics からのeメールです。

一見複雑に見えますが、このアプローチは基本的に 3 つのチャネルで実行されています。

  1. Facebook
  2. オンサイト (カスタム ランディング ページとクイズによる)
  3. eメール

です。

ポイントは

チャンネルは一貫したメッセージとして連動しているため、オーディエンス:視聴者を夢中にさせていたということです。

*参考
Athleisure Brands for Men

ライフスタイル アクセサリー ブランドのDorsalのケース

dorsalbracelets

Facebook と Snapchat に支出をして

  • ブランド化された Google 広告で需要を獲得
  • リーチを拡大するための世界観を訴求した広告
  • トラフィック ソースに応じて、eメールと SMS(日本ならLINE)

これらのケースでのポイントは

現在のオーディエンスの購買体験が向上するだけでなく、ファッション ビジネスを意図的に拡大することができるということです。

  • 新しいオーディエンスのターゲット
  • 新しいソーシャル メディア プラットフォームの実験
  • 新しいクリエイティブのテスト

などを通じた、マルチチャネル マーケティングはファッション業界での成長のKey Factor For Success としての鉄板施策です。

小売ファッションは、オムニチャネルオペレーションが標準に

マルチチャネルがデジタル体験をつなぐのに対し、オムニチャネルは、次の 3 つの購入ポイントを使用して、顧客 (つまりデータ) の「単一ビュー」を通じてオンラインとオフラインの隔たりを橋渡しします。

  • eコマースウェブサイト
  • 小売リアル店舗
  • 卸売パートナーシップまたはマーケットプレイス

多くのオンライン生まれのファッション ブランドが、成長して自社の小売店舗を展開することの価値は、成功も失敗も証明されています。

など

まとまりのあるカスタマージャーニー

カスタマージャーニー:購買体験を作成することに加えて、オムニチャネル オペレーションにより、ファッション ブランドは触覚的なカスタマー エクスペリエンスを作成できるようになります。

ほとんどのアパレルの「推進力」には、

  1. 顧客が現在所有していて気に入っているもの
  2. 友人や家族が所有していて話題になっているもの
  3. 対面または店舗でのやり取り

が含まれています。

次回は

OMO/オムニチャネル アパレル・ファッション10 のトレンド #4

  1. ファッショナブル予測: コミュニケーション、ロイヤルティ、親密さ + リターン
  2. ファッションの未来、それは何も変わらない理由

こちらから