富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

OMO/オムニチャネル アパレル・ファッション10 のトレンド 2023 #4

D2C DNVB DTC EC eコマース OMO オムニチャネル ファッション・アパレル

 

OMO/オムニチャネル アパレル・ファッション10 のトレンド #4 2023

Written by 吉村 慎之助

オムニチャネル・e コマースのファッションを形成する 10 のトレンドの第4回です。

  1. e コマース ファッション業界は 2025 年までの成長
  2. 世界のファッションは中国、ARPUは欧米
  3. 業種別: アパレル、アクセサリー、靴、高級品、アイウェア
  4. ファストファッションとデザイナーズブランドの格差
  5. 収益性と持続可能性の課題
  6. パーソナライゼーション・オンライン ストア エクスペリエンス
  7. マルチチャネルはソーシャル メディアが中心
  8. 小売ファッションは、オムニチャネルオペレーションが標準に
  9. ファッショナブル予測: コミュニケーション、ロイヤルティ、親密さ + リターン
  10. ファッションの未来、それは何も変わらない理由

ファッショナブル予測: コミュニケーション、ロイヤルティ、親密さ + リターン

Eコマース・D2C・DNVB・オムニチャネルのファッション トレンドに関して予測をしていきます。

漠然とした流行語を通して未来をのぞくのではなく、最前線の 3 つの問題と 3 つの予測に注目していきます。

課題テーマ:
オンライン ショッパーはネイティブ ソーシャル コマースでは購入していない

機能のリリース、PR、新しいUI統合にもかかわらず、ネイティブ コマース (つまり、 Facebook や Instagram 、Twitterなどのソーシャル メディア プラットフォーム内での購入) はうまくいきませんでした。TiKTokはどうでしょうか。

せいぜい、消費者はまだソーシャル メディアを通じて直接購入するという考えに慣れてきたところです。最悪の場合、少なくともあと一世代は勝てない購買体験かも知れません。

eMarketer ( 2018 および2019 )、CivicScience (2019 年)、Prosper Insights & Analytics (2019 年)

予測:
ソーシャル メディアがファッションのランディング ページになり、「購入するようになる」

トランザクションを生成する方法の主要なチャネルがウェブサイトから大きく移行しています。
今後は、ビジネス モデルとしてさらに多くのドロップが見られるようになります。D2C ビジネスの収益構成の大きな部分を占めると想定はできます。

ウェブサイトは関連性が低くなり、TikTok、Instagram、Twitter、YouTube などのソーシャル メディア チャネルは、販売を行うために特別に構築されたサイトへダイレクトに購買ポイントを誘導するチャネルとして、遥かに強力になっていくでしょう。
ライフスタイル全体の写真や商品の説明などは無くなると想定されます。

ソーシャル メディア チャネルをランディング ページとして使用して、購買のために非常に単純なトランザクション エクスペリエンスを使用する方向にシフトすると思われます。
おそらくはそれは「DTC 3.0」ではないかもしれません。
次のイテレーション (Iteration) です。
*短期間で施策を繰り返すアジャイルマーケティング、その中で使われる施策実行サイクルの単位を表す言葉を、イテレーション :Iterationと定義します。
⇒一般的には、システムのアジャイル開発でのアクションです。
「設計」「開発」「テスト」「改善」 から構成されるイテレーションは通常1〜4週間で設定されて、マーケティング施策のサイクルを一回まわすことが特徴です。

メリットと目的:
イテレーションを行うことで、課題と問題の早期発見や改善が実現できると想定できます。

ほとんどの顧客は、

  • 広告を見たとき
  • インフルエンサーを見たとき
  • コンテンツを見たとき

に購入を決定するために、購入の場所・チャネルとタイミングはそのときがベストだと言えます。

  1. 誰かがすでにそのインフルエンサーに共感している場合に、
  2. この有名人・知り合いが、私(顧客)にこのパーカーを売ってくれるのであれば、
  3. そしてすでに共感しているので、私(顧客は)に、その場で買わせてくださいとなるはずです。

というロジックです。

問題:
ロイヤリティ顧客はファッション業界では稀です

調査によると、消費者は、1 年前よりも多くのブランドで買い物をする傾向があります。それは、選択肢の拡大で、以前よりもブランドへの忠誠心:ロイヤルティが低下しているということです。
ブランドを変更するは当たりまえです。
同時に、ファッションカテゴリーの顧客は、サードパーティの販売者ではなく、ブランドの Web サイトで購入しています。

既に、顧客はブランドに忠実であることを気にはしていません。

「正当な理由が必要になっている」
だけのようです。

QubitMcKinsey 、 Yotpo経由のデータ

予測:
コホート別のリテンション データがキャッシュ フローをもたらし、「幸福度」が中心となる

規模を拡大しようとしているD2C・DVNBブランドに関しては、客観的かつ定量的なレンズ・視点からビジネスを見るためには現実的であることです。

早い段階で、コホートベースでのビジネスにとって重要な指標を理解することです。
そのコホートの購買後体験としてのCXを調整する能力をうことが必要になります。
これを実施することが早ければ早いほど、ビジネスを成長させる方法のアクション=コミュニケーションという施策の準備が整います。
これを先延ばしにすると顧客は他のブランドに移行していきます。
*「コホート」とは「同じ時期に近しい経験をしている人々のグループ」を指します。
eコマースサイトにおいての例としては、「同じキャンペーンを経由したユーザー」をコホートに分け、月ごとのコンバージョン率や購入金額の変化を追い、キャンペーンの長期的な成果を測るなどが良く知られています。

たとえば、
ヒーロー商品を 10,000円で販売し、貢献利益が 5,000円
Insragramで初期顧客を 3,000 円で獲得したとしましょう。
これは疑いの無い素晴らしいモデルです。

しかし、そのCAC が 6,000円に達すると、コースを修正する必要がありますが、それには遅すぎます、4,000円で実施すべきです。

知っておくべきことは、ブランドのヒーロー商品やその他の主要商品を購入した顧客が毎月どれだけの価値があるかということです。
一生のCLTVではなく、キャッシュフローを養うタイムテーブルの視点でユニットを回すことが必要です。

規模の経済は DTC ・DNVBでは純粋に理論的なものです、早いビジネスフェーズ:段階でデータ駆動型の組織運用になる必要があります。
モデルの根本的な部分の一例としては、継続率を推進指標にすることで、メンバーの幸福を優先できるようにすることかもしれません。

Italic

https://italic.com/

課題:
サポートと返品に関して、オンライン ショッピングは親近感に欠けている

e コマースでエスカレートしているトレンドとして、初めてブランドで購買をするチャネルがオンラインになるにつれて、「顧客との親密さ」を失うことが最大のリスクです。
小売事業はリレーショナル エクスペリエンスを構築してきたモデルだったはずですし、それができます。
オンライン ブランドにとってカスタマー サポートは唯一の選択肢です。

  1. 購入前
  2. 購入中
  3. 購入後

即時に対応できるサポート体制は必要です。

返品・交換率の上昇も、オンライン ファッションに大きく迫るもう 1 つのリスクです。それは購買体験体験から、スタッフへ影響を及ぼし、最後はブランド価値、事業価値の棄損になります。

GlobalWebIndex経由 のデータ

予測:
スマートフォンはリアルタイムで両方の問題に対処できるかも

SNSや、LINEなどのモバイル メッセージングは​​、人々が連絡を取るための主要な情報源として、すべてのチャネルを越えてきていることは周知のことです。
将来の世代は、メッセンジャー プラットフォーム、テキスト メッセージ、ライブ チャット、チャットボットを通じて、モバイル ショッピング、モバイル チェックアウト、モバイル決済を、
使いこなして、別のライフスタイル・購買行動レベルの方法を見つけていくようになるでしょう。
今の世代がそうであるように。

VSCOの女の子のように、非常に美的でデジタルネイティブなZ世代の動きを取り入れてください。
*VSCO Girl とは:「インターネットにインスパイアされた 10 代のトレンド」
写真編集および共有アプリであるVSCO アプリにちなんで名付けられました。VSCO ガールズは 2019 年に登場しましています。
シュシュ、オーバーサイズの T シャツ、プラ ビダ ブレスレット、プカ シェル ネックレス、クロックス、バンズ、カンケン バックパックなど、特定のスタイルやブランドへの献身で知られています。


 

ソーシャル トレンドが購買トレンドに影響を与えていることは体験されているため、ますます多くの人々が自分の住んでいる場所、つまりスマートフォン(最大のパーソナルデバイス)で直接やり取りしたいと考えるようになります。
オンライン ショッピングへの期待が、ファッションの e コマース ストア、e コマース サイト、またはオンライン ショップに限定されないということです。
熱心なモバイル ユーザーというライフスタイルが影響しています。

返品・交換体験

また、これらのモバイル デバイスを介して返品や交換を行いたいと思います。

小さな画面でよりアクティブに、購買体験が出来るようになればなるほど、買い物をするにつれてより積極的になり、返品が速くなるだけでなく、少なくなるようにすることが大切です。

Narvar の購買後体験で、返品・交換を収益化する

https://www.puravidabracelets.com/

Souce:https://www.puravidabracelets.com/

ファッションの未来、それは何も変わらない理由

ファッション業界に大きなダメージを与えたCOVID-19、実存的危機と呼ばれるものを引き起こしました。

アクティブウェアカテゴリーでは、シャットダウン中には売上が急増していました。これは、家で仕事やトレーニングを行うための快適な衣服の必要性が要因でした。

ポイント・要点:
ほとんどの人は見栄えを良くするために服やファッション アクセサリーを購入するわけではないということです。外に出て新しい服を見せびらかすことができないと、多くの消費者はファッション関連の購入を完全に避けているということでした。

また、流行遅れになった商品が過剰に出回っているため、ファッションブランドはどうすればよいか悩んでいます。

旧来の手法として、クリアランスセールやプロモーションオファーを通じて古い在庫を処分しようとしたブランドもあります。
あるブランドは、来年のためにそれを保管して再ブランド化することを決定していました。
それでも、古い在庫の需要が高まる可能性がある別の地理的市場への拡大を検討しているブランドもあります。

成功は、ブランドがコミュニティのニーズに合わせてアプローチを調整した結果です。

ケース:Born Primitive フィットネス アパレル ブランド

すべてのファッション レーベルと同様に、コロナウイルスはブランドに大きな打撃を与えていたはずです。
一般的には「自宅でのワークアウト」キャンペーンが思いつく施策です。
これでは、他社との差異化はほぼ困難です。このキャンペーン施策の展開は消極的になることは懸命です。

あなたならどうしますか。

アクション:
全米のジムと 50% の利益分配イニシアチブを組織しました。
Born Primitive のアスリートはクリエイティブな説明動画を撮影し、投稿して、広告支出を急速に拡大しました。

「Back the Gyms」

  • 2020 年の +201% の前年比成長率
  • キャンペーン中の31 ROAS
  • 地元のジムに 18 万ドル以上の寄付

ケース:アクティブなアクセサリー ブランド QALO

コミュニティ中心のイニシアチブで、医療界の医療従事者からインスピレーションを得て、QALO は Strata “Pulse” シリコン リングで対応しました。

商品に追加されたのは、ギブバック プログラムです。

指輪を購入するたびに、10 ドルがプロジェクト N95 に寄付され、必要な人への個人用保護具を調達するために役立ちました。

2020 年 4 月末に発売されたリングは、人気ですぐに売り切れました。その結果、125,000 ドル以上が寄付されました。

ファーストレスポンダー リング キャンペーンによる成長とエンゲージメントは、成功の核は独自の顧客コミュニティをサポートすることから生まれることだと気づかせてくれます。

すべてが変わりましたか

答えは「いいえ」。

ファッションが変化すればするほど、ファッションは変わらない

結局、e コマースのファッションのビジネス状態は良好です。
進化はしていますか。          ▶はい。
リスキーさは増していますか。      ▶もちろん。
挑戦は不要ですか。           ▶もちろん違います。

それぞれの傾向に共通するのは、「顧客中心」です。

それは、人は人のままだからです。

スタイルに関係なく、
私たちは、「顧客」という定義の前に、皆、「所属したい」と考えています。
私たちは皆、「購入が簡単である」ことを望んでいます。
そして、私たちは皆、「見栄えを良くしたい」と思っています。

ファッション ブランドを成長させるための支援が必要な場合は富士ロジテックホールディングスにお問い合わせください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

顧客ロイヤルティ プログラムの施策種類 通販・オムニチャネルコマース
顧客ロイヤルティ プログラムの施策種類 通販・オムニチャネルコマース
顧客を中心に据えて適切なロイヤルティプログラムを実施すれば、顧客は進んでブランドと取引を継続するようになるでしょうか。ロイヤルティプログラムにはさまざまな種類があり、顧客エンゲージメントを高めるのに役立つことは知られています。どんなプ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する スキンケア ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する スキンケア ブランドリスト
消費者は「静かな美しさ」の台頭によりシンプルさを受け入れています。 消費者がますます自然な肌を受け入れるようになるにつれ、スキンケア業界では「少ないほど良い」というよく言われる言葉が広まっています。ミニマリズムは、日常的な手順の数を簡...
続きを読んでみる
AI カスタマージャーニーとは
AI カスタマージャーニーとは
カスタマージャーニーはとらえどころのないものになることがあります。カスタマージャーニー (マッピングと言われてもいます。)と、D2Cブランドが顧客により良いエクスペリエンスを生み出すのにそれがどのように役立つかについてご一緒に考えてみ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
マイクロバイオームのビューティケアに改めて注目 腸の健康は、ウェルネス関連のインフルエンサーの間でトレンドとなっているトピックであり、そのメリットは消化や膨満感の解消から、睡眠や気分の高揚に至るまで多岐にわたります。腸内マイクロバイオ...
続きを読んでみる
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
  パーソナライズされた商品とルーチンがメインのトレンド(主役)になり、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終ったのかも知れません。 調査によると、消費者はますます、独自の肌のタイプ、好み、懸念(ペイン、課題、悩み)事...
続きを読んでみる
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
  変化は美しさにおいて唯一不変です。そして 2024 年には、テクノロジーが私たちの美しさの選択と使い方をこれまで以上に加速させるでしょう。しかし、美容トレンドを進化させているのは AI の採用だけではありません。気候変動、10代や...
続きを読んでみる
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
  コミュニティ マーケティングは、顧客との関係を構築および育成し、信頼とブランド ロイヤルティを構築することに重点を置いたマーケティングの一種です。一方通行のコミュニケーションとなるマーケティング キャンペーンを再定義しようとして...
続きを読んでみる
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
  2024 年のファッション e コマース、マーケットプレイス、パーソナライゼーション、オムニチャネルコマース、ソーシャル コマース、柔軟な支払いオプション、リコマース などが引き続き成長を促進するでしょうか。 Statista は...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー