富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

オムニチャネル コマース用語集

D2C DNVB DTC EC EC物流 Eコマースプラットフォーム OMO RMS・返品マネージメントシステム Subscription アパレル アパレル物流 オムニチャネル オムニチャネルコマース コンテンツリスト コンポーザブルコマース サブスクリプション 用語集

オムニチャネル コマース用語集

オムニチャネル コマース小売業者が、D2Cビジネスを成長させ、自信を持って顧客体験を提供して、改善・運用するために知っておくべき用語集をまとめてみました。

マネージメント&マーケティング


年間経常収益 Annual Recurring Revenue :ARR

企業がある特定の時点で契約している顧客の年間収益を表す指標です。
サブスクリプション ベースで商品を販売する小売業者にとって重要な用語です。
年間経常収益とは、現在のサブスクリプションに基づいて毎年獲得されると予想される金額を指します。多くの小売業者は、収益の予測可能性が高いため、サブスクリプション ベースの価格モデルの使用を好みます。

平均注文額 Average Order Value

顧客が個々の注文に費やす平均金額。
平均注文額は、顧客がより多くの商品を購入したり、1 回の注文で高額の商品を購入したりすると上昇します。

ビッグデータ Big Data

多種多様で高速に到着する大量のデータを指します。これらのデータ セットの量が増加すると、従来のデータ処理ソフトウェアで処理するには大きすぎます。ただし、ビッグデータの収集と分析は、ビジネスの成長に合わせて情報に基づいた意思決定を行うために不可欠です。

オムニチャネルコマースにおいては、複数のチャネルを横断して顧客との接触を行うことが求められます。顧客が複数のチャネルを利用することで、顧客に対してより一貫性のあるサービスを提供することが必要となります。Big Dataは、オムニチャネルコマースにおける顧客データの収集や分析に重要な役割を果たします。

オムニチャネルコマースにおけるBig Dataの活用方法です。

  1. 顧客分析
    オムニチャネルコマースにおいては、顧客が複数のチャネルを利用することがあります。そのため、顧客がどのチャネルでどのような商品を購入したのか、またはカートに入れたが購入しなかった商品は何か、といった情報を収集することができます。これらのデータを分析することで、顧客の嗜好や購買パターンを理解することができ、ターゲットマーケティングやカスタマイズされたプロモーションを提供することができます。

  2. 在庫管理
    オムニチャネルコマースにおいては、在庫管理が課題となります。在庫管理においてBig Dataを活用することで、どの商品がどのチャネルで売れているのかを把握し、在庫レベルを適切に調整することができます。

  3. 顧客エクスペリエンスの改善
    Big Dataを活用することで、顧客がサイトで過ごす時間や商品ページの閲覧回数、購入前に行う検索ワードなどの情報を収集することができます。これらのデータを分析することで、顧客のニーズに合わせたサイトの改善や、よりスムーズなチェックアウトプロセスの提供など、顧客エクスペリエンスの改善に役立てることができます。

  4. リアルタイムのマーケティング
    オムニチャネルコマースにおいては、顧客が複数のチャネルを利用するため、顧客に最適なプロモーションをリアルタイムに提供することが求められます。Big Dataを活用することで、顧客が購入しようかどうかをリアルタイムで把握することができます。これにより、顧客に最適なプロモーションを提供し、購入意欲を高めることができます。

  5. チャネル間のシームレスな連携
    オムニチャネルコマースにおいては、複数のチャネルを横断して顧客との接触を行うことが求められます。Big Dataを活用することで、顧客が各チャネルでどのような行動をとったかを把握することができます。これにより、顧客に対してよりシームレスな体験を提供することができます。

クロスセリング Cross-Selling

現在カートに入っている商品を補完、強化、または関連する追加の商品を買い物客に提供する行為。
このマーケティング戦術を使用して、平均注文額を増やすことができます。

アップセリング Upselling

買い物客が購入を検討している商品のアップグレード バージョンを購入するように促す行為。
このマーケティング戦術を使用して、平均注文額を増やすことができます。

コンバージョン率の最適化  Conversion Rate Optimization (CRO)

e コマース Web サイトを訪問するトラフィックのコンバージョン率を高めるために使用される戦術 — 別名、ユーザー エクスペリエンスと Web デザインを最適化して、カートを放棄したり、ページから離れたりする前に、購入を完了するか、別の行動を促すフレーズを完了するように促します。

顧客獲得 Customer Acquisition

新規顧客を引き付けて獲得するために使用される方法を指します。

顧客中心主義 Customer Centricity

顧客の状況、認識、期待を理解するために小売業者が採用するアプローチ。顧客中心のブランドを持つということ  は、すべてのビジネス上の意思決定において顧客が考慮され、優先されることを意味します。

顧客維持 Customer Retention

すでにブランドから購入した顧客を維持することに重点を置いています。

1 回限りの顧客を リピート(再)購入者に変え 、競合他社から購入しないようにする小売業者の能力。

顧客生涯価値 Customer Lifetime Value (CLV)

顧客の生涯価値は、平均的な顧客が期待される生涯にわたって会社に貢献する金銭的価値の合計を見積もる指標です。CLV は、個人の購入、返品、送料などを含むすべての取引の合計として概念化されています。

解約率 Churn Rate

ストアからの購入をやめることを選択した顧客の割合。解約率が高い  ということは、会社の顧客維持率が低いことを示しています。

何年もの間、e コマースの主な焦点は顧客獲得、つまり新しい顧客を獲得することでした。しかし、e コマースにおける顧客離れはどうでしょうか。

顧客獲得は、買い物客ベースを拡大しようとしている新しいブランドや小売業者にとって特に重要です。しかし、それは長期的に収益を伸ばすための持続可能な方法ではありません。

顧客・消費者行動 Consumer Behavior

人々がどのように購入を決定し、小売ブランドとどのようにやり取りしているかについての調査。消費者の行動に関する理解をビジネス上の意思決定とマーケティング戦略に活用することは、競争上の最大の利点となります。

Go To Market  GTM

市場開拓戦略は、製品を顧客の手に届け、ブランドの認知度を高め、競争上の優位性を獲得するための計画です。

新しい製品やサービスを市場に投入する際に行う一連の戦略やアクションのことを指します。その目的は、製品やサービスが顧客に認知され、需要を創出し、売り上げを伸ばすことです。

Go To Market戦略は、製品の特性、市場の競合状況、顧客のニーズや行動パターンなどに基づいて決定されます。例えば、製品の特性によっては、オンラインマーケティングや口コミマーケティング、直接販売などの異なるチャネルを活用することがあります。

Go To Marketアクションには、以下のようなものがあります。

  • 製品のプレゼンテーションやデモンストレーションを行うことで、顧客に製品の利点や使い方をアピールすること。
  • ターゲット層に向けたマーケティング活動を行うことで、広告やキャンペーンを通じて製品の知名度を高めること。
  • 販売促進を行うことで、購買意欲を刺激すること。例えば、割引や特典などを提供することがあります。

Go To Market戦略の成功には、顧客のニーズに合わせた製品の提供や、効果的なマーケティングが必要です。また、市場の変化に対応し、戦略の見直しや改善を行うことも重要です。

サブスクリプション Subscription

定期的に商品やサービスを提供するビジネスモデルのことを指します。定期購読や定期課金とも呼ばれます。このビジネスモデルは、近年急速に拡大しており、多くの企業が取り入れるようになっています。

サブスクリプションコマースでは、顧客は一定期間ごとに定期的な支払いを行い、定期的に商品やサービスを受け取ります。このビジネスモデルのメリットは、顧客が定期的な購入をすることで、企業が安定した収益を得られることです。また、顧客は商品やサービスを手軽に利用でき、長期的な関係を築くことができます。

例えば、Netflixはサブスクリプションコマースの成功例です。定期的な支払いを行うことで、顧客は映画やテレビ番組をストリーミングできます。また、Spotifyは音楽ストリーミングサービスで、月額の定期支払いによって、広告なしで音楽を聴くことができます。

サブスクリプションコマースの課題は、顧客獲得にかかるコストや、定期的な支払いに対する顧客の負担感などです。また、商品やサービスの提供に対する品質や内容の維持も重要です。そのため、サブスクリプションコマースを導入する企業は、顧客のニーズや市場動向を分析し、顧客の満足度を高めるための取り組みが必要です。

ユーザー インターフェイス User Interface (UI)

ユーザー インターフェイスとは、e コマース ショップやウェブサイトの前面がどのように見えるかを指します。これには、各ページがどのように表示されるか、ボタンと製品の説明が表示される場所、ナビゲーションがどのように見えるかなどが含まれます。最適化された UI デザインを持つことで、顧客はサイトでより長く買い物をすることができます。

ユーザー エクスペリエンス User Experience (UX)

ユーザー エクスペリエンス (UX または UE、CX またはカスタマー エクスペリエンスとも呼ばれます) は、ユーザーがどのように製品、システム、またはサービスと対話し、体験するかを表します。これには、実用性、使いやすさ、および効率性に関する個人の認識が含まれます。 

ストア クレジット

商品の返品方法 顧客は元の製品を返品し、その見返りとして、将来の購入で償還可能なストア クレジットを取得します。

Retail as a Service(RaaS)

小売業界において、クラウド技術やIoT技術を活用して小売りのインフラストラクチャーを提供するビジネスモデルです。

従来の小売業界では、店舗や在庫管理、販売プロセスなど、すべてを自社で管理することが必要でした。しかし、クラウド技術やIoT技術の進歩により、小売業界においても、これらの機能をオンラインで提供することができるようになりました。

RaaSを提供する企業は、小売店に必要な機能をクラウド上で提供することで、小売店舗の立ち上げや運営に必要な初期費用や人件費を削減することができます。また、小売店は必要に応じて、在庫管理や販売プロセス、決済機能などを必要に応じて利用することができます。

RaaSの例としては、店舗用のPOSシステム、在庫管理システム、データ分析ツールなどがあります。これらのサービスを提供することにより、小売業者は販売活動に集中でき、よりスピーディーに顧客に対応することができます。

システム&テクノロジーの用語


API キー API Key

開発者を認証して特定の API へのアクセスを許可するために使用されます。API キーは、アプリの作成時に生成されます。

アプリケーション プログラミング インターフェイス  Application Programming Interface (API)

あるソフトウェア製品と別のソフトウェア製品の間のデータ転送を可能にする一連のプログラミング コード。

EDI Electronic Data Interchange

ロジスティクス フィードの通信を迅速化および合理化するための、複数のコンピュータ システム間の相互作用を指します。ロジスティクスにおける EDI フィードの例には、出荷情報、在庫文書、または請求書の送信が含まれます。

オートメーション Automation

時間とお金を節約し、データを収集するためにシステムをコンピューター化するプロセス。たとえば、返品を自動化するということは、メールや電話ですべて手動で行うのではなく、返品管理アプリまたはソフトウェアを使用して返品を容易にすることを意味します。

プラットホーム Platform

さまざまなサービス提供の基盤として使用されるテクノロジーのグループ (WMS、IMS、OMS、TMS など)

顧客関係管理  Customer Relationship Management (CRM)

CRM は、顧客とのすべてのやり取りとコミュニケーションを管理するために使用されるテクノロジです。CRM は顧客とのやり取りや関係構築の重要な部分であるため、e コマース小売ビジネスに適した CRM を選択することが重要です。 Zendesk は CRM の好例です。

エンタープライズ リソース プランニング (ERP)

コア ビジネス プロセスを統合および一元化する複雑なビジネス ソフトウェア。

在庫管理システム Inventory Management System (IMS)

正しい量を確保し、在庫の収縮を最小限に抑えるための、入荷、保管、出荷までの在庫の追跡。再入荷が必要な場合にベンダーに重要な情報を提供します

注文管理システム Order Management System (OMS)

注文入力と処理に使用されるテクノロジー

輸送管理システム Transportation Management System(TMS)

輸送の予約、ルート計画、輸送中の貨物の可視性、および配送指標に使用されるテクノロジー

倉庫管理システム Warehouse Management System (WMS)

倉庫内での在庫と製品の移動を追跡する特定のタスク用に設計されたソフトウェア プログラム 

購買体験の用語


オンラインで購入して、カーブサイドで受け取る Buy Online, Pick-up Curbside (BOPAC)

これは、顧客がオンラインで製品を購入し、実際の場所に移動してドアで注文を受け取ることを指します。これの良い例は、食料品の買い物客がオンラインで注文し、食料品店に行って商品を受け取る場合です。

オンラインで購入して、店舗で受け取る  Buy Online, Pick-up in Store (BOPIS)

これは、顧客がオンラインで製品を購入し、実際の場所に移動して注文を受け取る場合を指します。

オンラインで購入して、店舗で返品する  Buy Online, Return In-Store (BORIS)

これは、顧客がオンラインで商品を購入し、商品が到着した後にその商品を物理的な場所に返品することを決定した場合を指します。一流のアパレル小売ブランドである Zara は、 オンライン返品を促進するために顧客に請求する新しい返品ポリシーで、顧客の行動を BORIS にシフトすることを目指しています。

オンラインで予約して・店舗受け取る Reserve Online, Pick-up in Store(ROPIS)

これは、オンラインで商品を予約した顧客が、在庫があるという確信を持って実店舗で商品を購入することを指します。 

オムニチャネルコマースのブラック行動の種類

ブラケティング Bracketing

顧客が同じ商品の複数のバリエーションをオンラインで購入して、それらをすべて試してみて、適合しなかったものを返品できるようにする場合、これはブラケティングと呼ばれます。アパレル小売業者はこれをよく目にします。

模倣品へのスイッチ Counterfeit Product Switches

買い物客は本物の商品の数分の 1 の価値で偽造品を購入し、本物を購入した後、その販売者に偽物を返品して全額払い戻しを受けます。
偽造品は販売できなくなるため、小売業者に多大な損失をもたらす可能性があります。

別の小売店での返品 Cross-Retailer Returns

顧客が盗難品または他の場所で低価格で購入した商品を受け取り、現金またはギフトカードのレシートなしで、別の小売業者で店内返品を開始するタイプの返品します。

タグ付け替えTag Switching  

顧客は、状態に関係なく、個人のタグガンを使用してタグを製品に再取り付けし、店舗に返品します。

ワードローブ Wardrobing

顧客が商品 (通常は衣類) を、それを保持する意図なしに購入する場合。代わりに、彼らは製品を購入し、数回またはイベントのために着用し、返品して返金します. 水着やフィットネス アパレルなどのタイト フィットのアパレル企業の多くは、この種の顧客行動を目にする可能性があります。

スウィンドラー リターンズ Swindler Returns

これは、ストア クレジットまたは割引のために商品を返品するつもりで商品を購入する買い物客を指します。顧客は、返品費用を負担することなく継続的にお金を節約できるため、無料返品ポリシーを持つ小売業者でこの行動を繰り返すように動機付けられます。

オムニチャネルフルフィルメントの用語


フルフィルメント

商品を受け取り、梱包し、発送して、顧客の手に渡すプロセス。

アロケーション割り当て Allocations 

WMS (倉庫管理システム) で注文に割り当てられた倉庫内の製品

在庫の予約や割り当てのことを指します。つまり、出荷予定の注文に対して、倉庫内の在庫を割り当てることで、在庫不足や出荷遅延を防止するための手続きです。

アロケーションは、注文処理の最終段階で行われます。WMSは、受注システムから注文情報を受け取り、在庫状況を確認したうえで、アロケーション処理を行います。具体的には、在庫数やアイテムのロケーション情報などを参照して、注文に必要な商品を倉庫内から割り当てます。

アロケーションは、WMSによって自動化されることが多いため、高速で正確な処理が可能です。また、在庫数が不足している場合は、欠品通知を出したり、他の倉庫から商品を取り寄せたりすることもできます。アロケーション処理によって、在庫不足や出荷遅延を最小限に抑え、迅速な発送と顧客満足度の向上につながることが期待されます。

利用可能在庫 Available

ある商品や品のうち、実際に販売可能な在庫のことを指します。つまり、顧客が注文したときに、すぐに出荷できる在庫のことです。

在庫全体の中で特に重要な指標とされています。なぜなら、顧客の注文に応えるためには、必要な商品がすぐに手に入ることが求められるためです。在庫が十分でない場合、顧客からの注文に対応できず、サービスレベルが低下する可能性があります。

在庫の計算方法には、様々な方法があります。

Available在庫 = 総在庫数 - 予約注文数 - 不良品数

総在庫数は、倉庫や工場に実際にある商品の総数です。予約注文数は、注文が入っているが出荷処理が行われていない商品の数です。不良品数は、品質不良などの理由で販売できない商品の数です。

在庫を正確に把握することは、迅速な発送や顧客満足度の向上につながるため、企業にとって重要な課題の一つです。

取り寄せ Backorder

アイテムの割り当て超過を表す用語。

例: 倉庫にはアイテム X の合計 48 ケースがありますが、注文はそのアイテムの 57 ケースを必要とします。9ケースはバックオーダーと見なされます。

ケース/カートン Case/Carton 

商品の単位は段ボール梱包です。

サイクルタイム Cycle Time

注文入力から出荷ドックまでにかかる時間

FIFO/FEFO

「先入れ先出し “first in, first out” 」または生鮮食品の場合は「賞味期限切れ先出し“first expired, first out”.」の略。
倉庫で受け取った特定の SKU の最初のユニットが、注文時に最初に発送されるプロセス。他のガイドラインが指定されていない場合、標準的なプロトコルは、製品が長時間放置されないように、特定のアイテムの最も古いユニットを最初に出荷することです。

FEFOは、FIFO(First In, First Out)と同じアプローチを取っていますが、FIFOは在庫を逐次的に出荷するため、商品が賞味期限切れになる可能性があります。一方、FEFOは賞味期限が近い商品から先に出荷するため、賞味期限の過ぎた商品が在庫に残る可能性を最小限に抑えることができます。

FEFOを採用することにより、商品の品質を維持することができ、同時にリスクを最小限に抑えることができます。しかし、FEFOを採用する場合でも、在庫の回転率や収益性などのバランスを考慮する必要があります。また、賞味期限が切れる前に商品を出荷・販売するためには、在庫管理の精度が重要になります。

LIFO/LEFO

「後入れ先出し “last in, first out” 」または生鮮食品の場合は「賞味期限切れ先出し”last expired, first out”.」の略。FIFO の反対。倉庫で受け取った特定の SKU の最後のユニットが、注文が行われたときに最初に発送されるアイテムになる時期を指します。

一般的に食品や薬品などの賞味期限が重要な商品に対して採用されることが多いです。LEFOの最大の利点は、賞味期限の切れた商品を在庫に残さず、迅速に処分できることにあります。これにより、商品の品質を維持し、リスクを最小限に抑えることができます。

ただし、LEFOを採用する場合、在庫を管理する際に細心の注意が必要です。賞味期限の管理が不十分な場合、賞味期限が切れた商品が在庫に残ってしまい、経費やロスの増加につながることがあります。また、LEFOを採用する場合でも、在庫の回転率や収益性などのバランスを考慮する必要があります。

キッティング Kitting

複数の SKU を 1 つのパッケージにまとめて新しい SKU を作成すること。

ピッキング/ミスピッキング Picking/Mis-Picking

出荷の準備として、倉庫内の場所から SKU を選択するプロセス。
ミスピッキングは、間違った SKU が選択されたことを意味します。

バッチピッキング Batch Picking 

該当するすべての注文に対して 1 つの SKU を 1 回ピッキングし、ステージングまたは梱包場所で複数の注文に分配するピッキング方法

ケースピッキング Case Picking

個々のケースがピッキングされ、パレットに積み込まれるか、小さな小包でユニットとして出荷される、在庫のピッキング方法。

パレットピッキング Pallet Picking

完全なパレット数量を注文して出荷するシステムまたは操作。フル パレット ピッキングは、ユニット ロード ピッキングとも呼ばれます。

ピースピッキング Piece Picking

ケースまたは完全なパレットとは対照的に、個々のピースがピッキングされて出荷されるピッキング作業。通信販売カタログ会社や修理部品の販売業者は、ピース ピックの好例です。

ウェーブピッキング Wave Picking

倉庫管理システム (WMS) の機能で、類似した特性を持つオーダーを 1 日を通して短い間隔で割り当てることにより、労務計画と効率的な倉庫操作をサポートします。

ピックトゥカートン Pick-to-Carton

倉庫内のアイテムがピッキングされ、出荷用カートンに直接配置されます。このプロセスにより、アイテムを倉庫内の専用の梱包ステーションに移動する必要がなくなります。

ピックツートート Pick-to-Tote

倉庫内のアイテムはコンテナにピッキングされ、専用の梱包ステーションに移動されます。

ベンダーコンプライアンス/小売コンプライアンスVendor Compliance/Retail Compliance

パレットの作成方法、ラベル、EDI 送信、配送時間など、製品の配送方法について、小売業者がベンダーに課すルール

ロジスティクス・物流技術用語


ロジスティクスとは、ビジネスを運営し、製品を顧客に届けるために用意されているすべてのプロセスを指します。持続可能なロジスティクス戦略を持つことは、ビジネスを拡大するために不可欠です。

事前出荷通知 Advanced Shipment Notification (ASN)

到着前に注文を可視化する通知。これらの関連情報には、PO 番号、個数、アイテム数などがありますが、これらに限定されません。

分散倉庫管理 Multi-Warehouse Management

名前が示すように、これには小売業者による複数の倉庫の管理が含まれます。倉庫管理とは、在庫、倉庫スタッフ、出荷、保管、および製品の移動に関連する運用プロセスを指します。

複数の倉庫を管理するためのシステムやプロセスのことを指します。企業が複数の倉庫を運営する場合、それぞれの倉庫に異なる在庫や供給チェーンが存在するため、在庫の管理や配送の最適化が複雑化します。
これらの課題を解決するために、倉庫ごとの在庫レベル、注文の受け渡し方法、配送時間などを最適化することで、在庫の正確性を向上させ、コストを削減することができます。

主な目的は、各倉庫の在庫を最適化することです。そのために、在庫の受注と配送を自動化することができるシステムを導入することが一般的です。これにより、在庫レベルを正確に把握し、補充が必要な場合は、自動的に補充を行うことができます。また、倉庫間の在庫の移動や転送も簡単に行えるため、顧客の注文に応じて在庫を最適化することができます。

企業が複数の倉庫を運営する場合に特に有用です。そのため、大規模な小売業者や製造業者など、多数の商品を扱う企業が採用することが多いです。

分散出荷 distributed shipment

複数の倉庫や店舗から商品を集めて顧客の注文を出荷する際に、1つの倉庫や店舗から出荷するのではなく、在庫がある複数の倉庫や店舗から同時に出荷することを指します。

分散出荷は、在庫が分散している場合や、遠方の顧客に対して迅速な配送を実現するために採用されます。複数の倉庫や店舗から出荷することで、在庫レベルを最適化し、配送時間を短縮することができます。また、商品を複数の場所から出荷することで、在庫が不足している場合でも、商品をすぐに出荷できる可能性が高くなります。

分散出荷を実現するためには、在庫レベルをリアルタイムに把握することが必要です。在庫管理システムやPOSシステムを活用して、各店舗や倉庫の在庫レベルを把握し、顧客の注文に応じて適切に商品を集め、出荷することが求められます。

顧客のニーズに応じた柔軟な配送オプションを提供することができますが、在庫管理の複雑さや配送コストの増加などの課題もあります。オムニチャネルの取り組みを進める上で、分散出荷を取り入れるかどうか、バランスを考えながら検討することが重要です。

分割出荷 Partial Shipment

複数の倉庫や店舗から商品を集めて顧客の注文を出荷する際に、すべての商品が集まってから一括で出荷するのではなく、在庫がある商品から順次出荷することを指します。

在庫が不足している商品があっても、在庫がある商品は早めに出荷できるため、顧客の注文に迅速に対応することができます。また、在庫が不足している商品の出荷が遅れても、在庫がある商品を先に出荷することで、顧客の不満を軽減することができます。

オムニチャネルの取り組みの一環として採用されることがあります。複数の倉庫や店舗から商品を集めて顧客に出荷するため、在庫が不足している場合にも、在庫のある商品を出荷することで、顧客サービスを向上させることができます。ただし、部分出荷が増えると、配送や在庫管理の複雑さが増し、コストも増大するため、適切なバランスを取る必要があります。

コマースと小売の用語


B2B Business-to-Business

事業運営に使用するために他の事業体に品を販売する企業を指します。

B2C Business-to-Consumer

商品の最終的な消費のために消費者 (非事業体) に販売しているビジネスを指します。
D2Cとは異なり、B2Cには小売業者と流通業者が含まれます。

ブリックアンドモルタル Brick and Mortar

実店舗のこと

D2C Direct-to-Consumer

これは、商品を製造または組み立て、販売業者や小売業者を介さずにそれらの商品をエンド ユーザーに販売する企業・ブランドを指します。

ドロップシップ Drop Ship

小売業者が商品を販売した後、小売業者が所有することなく、製造業者が最終消費者に商品を直接出荷するプロセス。

オムニチャネル Omnichannel

eコマースと実店舗の両方のチャネルを通じて販売し、両者の間でシームレスな顧客体験を提供したいと考えていること。

ピュアプレイ Pure Play

eコマースチャネルを介してオンラインでのみ販売し、実店舗や物理的な販売員を持たない会社。

リバースロジスティクスの用語


商品を物理的に移動させてサプライ チェーンを売り手や製造業者に戻すサプライ チェーン管理プロセス。

ギフト返品 Gift Return

商品の返品方法 ギフトの受取人は、元の購入者に取引を通知することなく、新しいアイテムまたはストア クレジットと引き換えに商品を返品します。

返品センター Return Center

小売業者が設定したルールとポリシーに従って、買い物客が返品を作成する顧客向けポータル。「返品ポータル」と呼ばれることもあります。

返品コメント Returns Comments

オンラインで返品を開始する際に、商品の不満点について顧客が残したコメント。返品に関するコメントは、小売業者がパフォーマンスの低い商品と、適切な変更を行う理由を理解するために使用できます。

返品データ Returns Data

顧客、商品、注文、および結果として生じる返品によって生成されたデータと、それぞれの間の固有の接続。返品データ

返品データから洞察を得る

返品データは、発見されるのを待っている洞察に満ちた情報の宝庫です。

ビジネスを改善するための上位 5 つの方法

  • 方法 1: 商品説明を改善する
  • 方法 2: UX ウェブサイトのデザインを改善する
  • 方法 3: ビジネス オペレーション プロセスを改善する
  • 方法 4: 顧客について詳しく知る
  • 方法 5: 小売店の返品率を下げる

返品理由 Return Reason

顧客が返品を開始する理由。顧客がアイテムを返品する理由を知ることで、顧客のニーズをどこで満たしていないかについての洞察が得られます。顧客の返品理由 から最大限の情報を得る最善の方法 は、理由が重複しないようにできるだけ多くの使用事例を取り上げることです。

返品管理 Returns Management

買い物客向けの返品を作成するすべてのポリシー、ルール、ワークフロー、およびプロセスと、小売業者が返品を受け取り、評価し、完了するために使用するシステム。つまり、 返品管理とは 、顧客と

  • カスタマーサービス・サポートチーム
  • 倉庫および運用チーム
  • マネージメント
に対して、返品を可能にするためのすべてのシステムです。

返品承認 Return Merchandise Authorization (RMA)

顧客が返品ポータルを使用して返品を開始すると、RMA が作成されます。これは、そのリターンの仮想アイデンティティになります。

返品の最適化 Returns Optimization

返品の最適化には、返品データを使用して買い物客のエクスペリエンスを向上させ、小売業者の業務効率を改善し、利益を拡大する継続的な改善戦略が含まれます。e コマースの小売業者として、返品は常に対処するものです。ビジネスの他のすべての部分と同様に、返品管理を時間とともに改善したいと考えています。

返品ポリシー(規則)Return Policy

顧客が購入した不要な製品を返品する方法を管理するために、小売業者が作成するルール。 返品ポリシーには、 返品の対象となる製品に関する情報と、返品を開始するプロセスが含まれます。

返品期間 Returns Window

最初の購入後、顧客が不要な製品を返品できる期間。 

サプライチェーンの一般用語

3PL Third Party Logistics

サードパーティロジスティクス

DC distribution center

流通センター:distribution center.の一般的な略称。配送センターは、在庫が保管され、注文が行われるとフルフィルメント センターまたは小売店に送られる倉庫です

卸売業者 Distributor

小売および卸売パートナーを通じて製品を販売するクライアントを指します

インバウンド入荷 Inbound Shipment

倉庫に入庫する在庫

アウトバウンド出荷 Outbound Shipment

倉庫から出荷される在庫

注文(2Bは受注)処理 Order Fulfillment

ご注文を受けて商品をお客様にお届けするまでの流れ

予測 Forecast

インバウンドおよびアウトバウンド活動の推定量

貨物 Freight

陸路、鉄道、海路、空路で大量に移動する在庫

運送業者 Freight Forwarder

サプライヤーの場所から商品の組み立てや配送先まで、陸路、鉄道、海路、空路のいずれかで大量の在庫出荷を組織する会社。フォワーダーは通常、在庫を所有し、通関、保管、事務処理など、移動のすべての側面を処理します

サードパーティロジスティクス (3PL) Third-Party Logistics 

一般に 3PL と略され、複数の顧客に倉庫ソリューションとサービスを提供する企業を指します。これらのサービスには、倉庫保管、トラック輸送、VAS (付加価値サービス)、ラベリング、クロスドック、積み替えなどが含まれますが、これらに限定されません。これらの企業は、多くの場合、セキュリティを確保するために顧客との長期契約を必要とします。

サードパーティ倉庫 Third-party warehouse 

クライアントの製品を保管する 3PL 企業が運営する倉庫

測定単位 Unit of measure

U/M と省略できます。商品の発送方法の尺度を指します

  • Carton,カートン
  • case,ケース
  • unit,ユニット
  • pallet,パレット
  • bag,バッグ
  • sack,サック

在庫管理単位  (SKU)

小売業者が在庫の動きを自動的に追跡できるようにする製品ラベルに印刷されていることが多い、スキャン可能なバーコード。

倉庫保管および在庫保管の用語


保税倉庫 Bonded Warehouse

商品が国内で履行されるまで関税を支払う必要がない、輸入商品の保管に使用される倉庫。アイテムは、関税の対象とならずに再梱包して輸出することができます。

キューブ Cube

出荷量 (長さ X 幅 X 高さ) を指し、最も一般的には立方フィートまたは立方メートルを意味します

冷蔵 Cold Storage

倉庫内で冷蔵する必要がある傷みやすいアイテム用に設計された温度管理された保管庫。冷蔵倉庫とも呼ばれます。冷蔵倉庫の温度は通常 23 ~ 54 度の範囲です

クロスドック Cross-Dock

倉庫に持ち込まれたがプットアウェイではなく、倉庫から別のトラックに積み込まれる前に短期間ドックに保持された製品または注文

サイクル数 Cycle Count

技術システムが示すものに対して正確なカウントを維持するために、倉庫の在庫を物理的に監査する行為

売れ残り Dead Stock

移動または注文されずに長期間在庫にあった商品

フロア収納 Floor Storage

在庫は倉庫の床に保管されます。

ラック収納 Rack Storage

在庫は、倉庫内の棚に似たラックに保管されます。ラックにより、在庫を垂直に積み重ねることができ、簡単にアクセスできます

ビン保管 Bin Storage

在庫は小さなビン(かご)に保管されます。これは、衣類など、1 回限りのピックとしてフルフィルメントされる複数の SKU を持つ小さな商品に役立ちます。

パックステーションPack Station

在庫を梱包して出荷する倉庫の領域

食品グレードの倉庫 Food-Grade Warehouse

経口摂取される食品またはその他の製品 (ビタミンなど) を保管することが認定されている倉庫。食品グレードの認証を受けるには、倉庫は厳格な衛生要件を維持する必要があります。これらの認証は、さまざまなソースから提供される可能性があり、頻繁な監査の対象となります

自由貿易地域 Free Trade Zone (FTZ)

税関の規制を受けずに商品を持ち込み、保管し、再加工し、再度出荷することができる特別なゾーニング指定。これは、倉庫全体または倉庫の一部である可能性があります

危険物 HazMat

「危険物」の略。倉庫は危険物を保管するための認定を受けている必要があります。

危険物にはどのようなものが該当するのか

危険物倉庫で取り扱う危険物についても「消防法第二条第七項」で定められたルールがあり、6つのカテゴリーに分類されます。

第一類 酸化性固体 塩素酸塩類・過塩素酸塩類・無機過酸化物・亜塩素酸塩類・臭素酸塩類など
第二類 可燃性固体 硫化りん・赤りん・硫黄・鉄粉・金属粉など
第三類 自然発火性物質および禁水性物質 カリウム・ナトリウム・アルキルアルミニウム・アルキルリチウム・黄りんなど
第四類 引火性液体 特殊引火物・第一石油類・アルコール類・第二石油類・第三石油類など
第五類 自己反応性物質 有機過酸化物・硝酸エステル類・ニトロ化合物・ニトロソ化合物・アゾ化合物など
第六類 酸化性液体 過塩素酸・過酸化水素・硝酸・その他のもので政令で定めるもの

 

前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの

参考:消防庁資料「消防法令抜粋」

ハニカム Honeycombing

ロット (「ロット」を参照) が部分的に使い果たされ、残りのスペースが利用できないために無駄になったときに発生する状況

在庫 Inventory

特定の顧客の在庫にあるすべてのアイテム。利用可能、割り当て済み、保留中、または破損中として分類できます

在庫収縮 Inventory Shrinkage

倉庫で「紛失」した在庫を指し、在庫管理レポートが示すよりも在庫が少ないアイテムを指します。収縮は、アイテムが倉庫の間違った場所に置かれた、受領ミス、盗難など、さまざまな理由で発生する可能性があります。

ジャストインタイム Just-in-Time (JIT)

保管および保管のコストを削減するために、必要なときに材料または備品の施設への到着を調整することを目的とした在庫システム

LPN license plate number

LPNとは、倉庫管理システムにおける「ライセンスプレートナンバー」の略です。LPN は、倉庫で一緒に梱包される品目のグループです (つまり、ロット、シリアル番号、場所などによって)。それらは通常、パレットやビンなどのコンテナごとにグループ化されます

ロット Lot

実行日または製造日が同じグループまたは製品。倉庫が管理する必要がある有効期限または潜在的な製品リコールがある消耗品によく使用されます

マスターカートン Master Carton

外側のカートンには、複数の小さなカートンが含まれていました。通常、卸売りの目的で使用されます (複数のアイテムを小売店に発送するなど)。

ミキシングセンター Mixing Center

配送コストを削減するために、倉庫が複数のベンダーからの製品を最終顧客への 1 つの配送にまとめるプロセス

混合パレット Mixed Pallet

複数の製品タイプまたは SKU を含むパレット

パレット(スキッド、ボード) Pallet (Skid, Board)

フォークリフト用の簡単なアクセススロットを備えた、簡単に輸送できるように商品を積み重ねる機器。木材、プラスチック、金属、または複合材料から作ることができます

パレットID Pallet ID

追跡目的でパレットに配置されるバーコード タグ

風車 Pinwheeling

風車は、スペースに収まるパレットまたは製品の量を最大化するために、パレットまたはパレット上の製品の方向を調整するプロセスです。

無線自動識別 Radio frequency identification (RFID)

在庫をペーパーレスでスキャンする方法を指します。RFID タグをスキャンして、商品がいつ倉庫に出入りするかを表示し、在庫をより適切に追跡できるようにします

SKU Stock Keeping Unit

これは、サイズ、色、スタイル (該当する場合) に至るアイテムの一意の識別子です。

SLA Service Level Agreement

サービス レベル アグリーメントの略。SLA は、サービスプロバイダーとクライアントの間で作成されます。ロジスティクスにおける SLA の例としては、アイテムを片付ける時間、注文を履行する時間、在庫の縮小率、ミスピッキングの量などがあります。

SOP Standard Operating Procedure

SOP は、倉庫でタスクを管理する方法についての段階的な指示です。必要に応じて、クライアントごとに一意にすることができます

在庫切れ Stockout

特定の場所で顧客に販売できる在庫がない状況

温度管理された保管 Temperature-Controlled Storage

熱すぎたり冷たすぎたりすると腐敗する製品用に設計された保管庫。施設の温度は通常 55 ~ 80 度の範囲です

Robots as a Service

ロボットをサービスとして提供するビジネスモデルを指します。

従来のロボットは高価であり、企業や個人が所有することができるものではありませんでした。しかし、クラウドコンピューティングやIoT技術の進歩により、ロボットの所有・運用に必要なハードウェアやソフトウェアをクラウド上で提供することが可能になりました。RaaSはこの技術を利用し、ユーザーに対して必要なロボットの機能や性能を提供するビジネスモデルです。

RaaSの利用により、ユーザーは初期投資やメンテナンスコストを抑え、必要なときに必要なロボットを使うことができます。

現在、倉庫で利用できるロボットには以下のような種類があります。

  1. AGV(Automated Guided Vehicle):自動誘導式搬送車
    AGVは、倉庫内での物流作業に使用される自律走行ロボットです。物流管理システムによって自動的に経路が設定され、荷物の運搬などを行います。AGVには、棚やコンベアなどの機器と接続して、物流自動化を実現することができます

  2. AMR(Autonomous Mobile Robot):自律移動ロボット
    AMRは、自律移動型のロボットで、倉庫内での荷物の運搬やピッキング、在庫の管理などの作業を自動化するために使用されます。AMRは、地図作成やルート検索などの機能を備え、倉庫内で自律的に動作することができます

  3. ロボットアーム
    ロボットアームは、高い精度で物品をつかんで移動することができるため、ピッキング作業に使用されます。ロボットアームには、カメラやセンサーなどの機能を備えており、倉庫内での物流作業を自動化することができます。

  4. ドローン
    ドローンは、倉庫内や倉庫周辺での荷物の運搬に使用されます。ドローンは、自律飛行機能を備え、倉庫内や屋外での物流作業を自動化することができます。

物流・配送・運送用語


倉庫またはメーカーから顧客にアイテムを物理的に輸送するプロセス。

バックホール Backhaul

ハブに戻る前に貨物をピックアップするトラックを表します。

例: トラックがニューヨークからアトランタに荷物を配達します。ニューヨークに戻る前に、ニュージャージーに向かう荷物を受け取り、帰りに配達します

船荷証券 Bill of Lading (BOL)

LTL (トラック積載量未満) か TL (トラック積載量) かに関係なく、トラックで移動する製品の積荷に関する法的文書。この文書には、PO 番号、測定単位と数量、重量などの関連データが含まれています。

容器 Container

通常、海上輸送コンテナを指すために使用されます。これらには、40 フィートと 20 フィートの 2 つの一般的なサイズがあります。インターモーダル コンテナは 45 フィートにもなります

キューブアウト Cubed out

トレーラーのコンテナが最大容量 (またはそれに非常に近い) であることを示します。

ダンネージ Dunnage

輸送中の貨物の安全を確保するために使用される梱包用品。紙、プチプチ、エアバッグなどを含めることができます。

床荷重 Floor-Load

床 (建物として) が安全に保管・移動できると予想される荷重

床置き Floor Loaded Container

パレットやスリップ シートを使用せずに、トレーラーまたはコンテナの床に直接積み上げられた製品を指します。製品はフォークリフトを使用せずに手動で降ろす必要があります

フルトラックロード Full Truck Load(FTL)

トラックが 1 つの専用の貨物を運ぶタイプの配送モードです。つまり、旅程は 1 回の出荷のみに予約されます。FTL トラック輸送には、別のトラック輸送モードであるLTLとは別のメリット:利点があります。

  • 輸送用コンテナを一杯にするか、ほぼいっぱいにするのに十分な大きさの貨物の場合は、トラックいっぱいに積んだほうが安くなります。
  • トラックいっぱいに積んだ場合、サイズと重量の制限による負担が大幅に軽減されます。
  • FTL の貨物は、トラックが途中で他のピックアップやドロップオフを行っていないため、より早く目的地に到着します。
  • FTL 輸送は取り扱いが少ないことを意味し (輸送中にトラック間で移動する必要がありません)、貨物が紛失したり破損したりする可能性がなくなります。

トラック積載量未満 Less-than-truckload (LTL)

Lestruckloadck 積荷は、1 台のトラックで複数の積荷を運ぶことができるタイプの輸送モードです。LTL トラック輸送には、別のトラック輸送モードである FTL (完全なトラック輸送) よりもいくつかの利点があります。

  • 少量の貨物の場合、トラック輸送よりも安くなります。

インターモーダル Intermodal

製品を移動するために 2 つ以上の輸送手段を使用することを指します。

例: コンテナが列車に積み込まれ、輸送を完了するために長距離トラックでピックアップされた場合、コンテナは 2 つの輸送モードを使用しています。

ロードロック Load lock

輸送用の荷物を固定するために使用される調節可能なバー

小包・個口配送 Small Package/Small Parcel

パレットではなく、1 つまたは複数のパッケージの形態の出荷。これは、佐川 や ヤマト などの配送サービスで発送できます。

風袋重量 Tare Weight

空の輸送船 (コンテナ、トレーラー、または梱包材) の重量。製品の実際の重量を決定するためにのみ使用されます。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
アパレルブランド、ファッションブランド、ビューティブランドなどのコマース マーチャントにとって、商品レコメンデーションクイズは、新しい訪問者を引き付け、商品の発見を促し、リストを増やし、売上を伸ばすための優れた方法になりつつあります。...
続きを読んでみる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
オンラインショッピングにより、人々はこれまで以上に多くの種類のより多くの商品に簡単にアクセスできます。理論的には、顧客にとって完璧な商品は常に数回クリックするだけで手に入ります。しかし、自分の完璧な商品が何であるか正確にわからない場合...
続きを読んでみる
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
新規顧客は、画面に点滅するネオンライト(バナー・GIF・ショート動画など)を置いても、商品がどれほど優れているかを知りません。知ることができません。 では、どうすれば彼らにあなた、あなたの商品、そしてあなたのブランド・会社を信頼しても...
続きを読んでみる
コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
購入後(ポストパーチェス)のメールは、メールマーケティングのハリーポッターです。日本では多くの場合、無視され、ほとんど注意を払わず、デジタルマーケティングの階段の下の戸棚にひっそりと仕舞われています。それでいても購入(購買)体験後のメ...
続きを読んでみる
コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
コマースサイトのナビゲーションは、訪問者(将来の顧客とロイヤルカスタマーへの醸成顧客)のエクスペリエンスを左右する可能性があることがよく知られています。論理的で明確に定義された構造なしでコマースサイトをナビゲートしようとすると、地図も...
続きを読んでみる
コマースサイトにInstagramフィードを埋め込んでAOV・CLVをアップする方法
コマースサイトにInstagramフィードを埋め込んでAOV・CLVをアップする方法
オンラインで存在感を示している人は誰でもInstagramに載っていますが、それには正当な理由があると言われています。 インスタグラムでのブランドや企業は、毎月6%〜8%のフォロワー増加が見られているようです。そして、人々がすでにIn...
続きを読んでみる
ソーシャルメディアをコマースサイトに統合する方法
ソーシャルメディアをコマースサイトに統合する方法
ソーシャル メディア をe コマースサイトに統合する方法、Webサイトにソーシャルメディアを組み込むさまざまな方法、などを探っていきます。 通販・オムニチャネルコマース商品の販売に関しては、ソーシャルメディアをWebサイトに統合する必...
続きを読んでみる
AI時代のCX:カスタマーエクスペエンスマネージメント コンテンツリスト
AI時代のCX:カスタマーエクスペエンスマネージメント コンテンツリスト
次なる展開を読み解く:2024年のコマース ファーストパーティデータからフリクションレスな返品まで、コマースの次の進化は、アイデンティティインテリジェンスと最適化されたショッパーエクスペリエンスにかかっているともいえます。 予測1:よ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー