富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #5 Shopify Payments マーチャント ソリューション

D2C EC Shopify Shopify Plus オムニチャネル

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #5 Shopify Payments  

Shopify NYSE:SHOP

Shopify Payment

 などの情報を基に、

E-コマース・D2C・DNVB オムニチャネルコマース企業にとって、Shopifyが目指しているミッション・バリューを、エコシステムを通じてどのようにサプライされているか、Shopifyだけでなく、これからのコマースビジネスモデルの変化の中で、システムツールとしての、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーを選択するべき理由と視点についてDeep Dive深く掘り下げていきます。

Products

をガイダンスするのではなく、創業者、プロダクトマネージャーとして、マネージメント視点からのテクノロジーを選択する視点として、そして、投資家としてみた場合に、Shopifyのマーチャントの成功(グロースハック)を実現するためのサービスになっているかの視点でお届けしていきます。
*ちょっと専門的です。でも開発者むけではありません。
*機能解説はこちらで

Shopify Plusストア構築 D2C/オムニチャネルのスケーリングポイント #1 メリット

ShopifyとShopify Plusの比較!

マーチャント ソリューション-- Merchant Solutions

基礎:The Basics:

マーチャント ソリューションは、Shopify の店舗構築サブスクリプションに加えて提供される補助的なサービスのことになりです。ここでのほぼすべての収益は、サブスクリプション バケットとは異なり、使用量(従量課金)に基づきます。

各マーチャント ソリューションは、コマース企業にとって効果的に解決されていない大きな問題点にフォーカスしています。これらのツールは、TCO( Total Cost of Ownership)を削減するだけでなく、意思決定を改善および一元化するために、異なるサードパーティの製品を管理者に統合してくれます。

このバケット(収益のカゴ)は、Shopify が 2022 年初めの時点で米国USでの eコマースボリュームでの10% のシェアを上回って、その後もシェアが増加している主要なソースになりつつあります。

それは、Shopify がマーチャントにとって独自の価値を生み出す方法、リテンションを動機付ける方法、API スイートと競合他社に起因する幅広いユースケースを提供しています。各マーチャント ソリューションは、製品固有の API によって強化されて提供されてます。これらの漸進的なサービスがなければ、Shopifyはわずかに優れたツールと統合を備えた単なるWeb ビルダーに過ぎません。マーチャント ソリューションは、Shopifyにとっては競合他社との差別化になります。

このバケットの製品はすべて、Shopify の大規模なスケールメリットを活用して、あらゆる規模のビジネス(スタートアップからSMB)にエンタープライズ レベルの割引を提供しています。各ソリューションは、有用性と洞察:インサイトに富んだデータを相互に共有して、全体的な価値提案を高めています。

集約された需要によっては、Shopify の AI/ML アルゴリズムを味付けして、マーチャントが可能な限り情報を得られるようにするのに驚くべき効果を発揮します。

サブスクリプション ソリューションと比較して、マーチャント ソリューションの粗利益率は低くなります。

興味深いことに、EBITマージンの利益と、同様に低い営業費用で、バランスを取っています。それでも、マーチャント ソリューションが全体の売上の大きな部分を占めるようになるにつれて、粗利益率は低下し続けるはずです。これは、Shopifyが成長、EBIT(Earnings Before Interest and Taxesの略で、利払前・税引前利益)、リテンションへの投資として進んで行っているトレードオフになっています。

Section #5 -  Shopify の一連の支払いおよびチェックアウト ツール:Shopify’s Suite of Payment and Checkout Tools

Shopify ペイメント:Shopify Payments:

製品のコンテキストでは、支払いの状況を理解することがとても重要なことです。

このセクションで使用されるすべての用語を明確に定義しています。(別記事にて

Shopify ペイメントは、マーチャント向けのネイティブの支払いゲートウェイです。Stripe パートナーシップを介したプロセッサでもあります
Payments は利益に大きく貢献していますが、この製品は 2013 年の最初に発売されたものではありません。代わりに、マーチャントの事業での課題をなくすために立ち上げられたサービスです。

Shopify はマーチャントをサードパーティ ゲートウェイに決済情報を送信していたために、断片化されたベンダーの使用を余儀なくされていました。これは、成長資本へのより安価なアクセスを提供するなどの目的で Shopify を現在使用しているマーチャントの支払いデータへの直接アクセスがないことを意味しています。(Amazon Payも同様の課題から生れています。)
Shopify の製品統合の最も重要な目標は、摩擦(業務上の課題・障害)のない、他にはない価値のあるオンライン コマースのワンストップ ショップを作成することです。

このサービスにより、外部ゲートウェイ統合を維持する必要がなくなります。これらのバリュー チェーンの断片の上にレイヤーとして機能することで、支払い関する維持に伴う課題を取り除きます。

物事をより簡単にすると同時に、物事をより構成しやすくします。

Payments API や Checkout API などのツールは、マーチャントに代わって開発者がパワー、カスタマイズ、自動化するためにすぐに利用できます。

これらの製品により、マーチャントは

  • アップセリング プロモーション
  • ロイヤルティ プログラムのオンボーディング
  • オムニチャネルの今すぐ購入して後払い (BNPL)

などを提供および自動化できます。パワフルで簡単、素晴らしい組み合わせになります。

Shopify ペイメントは、Shop Pay と呼ばれる内部のチェックアウト アクセラレータおよびゲートウェイに接続します。

  • Pay は消費者向けで
  • Payments は加盟店向け

です。
Shop Pay は、Shopify ペイメントをデフォルトのプロセッサーおよびオーケストレーターとして使用して、割増の料金を収集しています。

チェックアウト アクセラレータは、マーチャントのサイトにおける唯一の消費者支払いオプションではありません。
Shopify の大規模で多様なパートナー エコシステムのメリットの 1 つは、関連するサード パーティのゲートウェイと代替支払い方法 (alternative payment methods :APM) へのアクセスです。主に Stripe のおかげのようです。
これは、マーチャントがシステム統合するためにPayPalのような他の支払いオプションが利用可能であるということであり、主要な国際市場のローカル支払い方法(LPM:Local Payment Method)も使用できることを意味します。

Shopify 支払い方法

Shopify の API を使用すると、チェックアウトの統合は常にマーチャント サイトのネイティブな感覚をエミュレートして、ショッパー エクスペリエンスの一貫性を維持し、コンバージョンをさらに高めてくれます。

関連性の高い支払いオプションへのアクセスが増えるということは、

  • 買い物客のコンバージョン率が向上し
  • バスケットの放棄が減り
  • 収益が増えること

を意味します。

国際的な販売を支援・サポート

買い物客とマーチャントは多通貨取引を利用できます。この多通貨機能は、2020 年に Plus マーチャントのみから、すべてのマーチャントに拡張されました。

便利なだけでなく、Payments は、Shopify が同じチェックアウト ブランディングのコントロールを提供してくれます。

ブランドのクライアントは「Powered by Shopify」ラベルを実装できるようになりました。(消したがる、利用システムを隠したがるのは日本です。)
これは、Shopify の影響力の拡大によりコンバージョンが増加することが示されています。ブランドとしてを単独で使用するか、Shopify のブランドに参加させるかは、顧客次第です。

Shopify ペイメントは処理を強化するために Stripe との緊密なパートナーシップに依存しています。
2%-2.9% + $0.30 の通常のマーチャント取引手数料が請求され、Plus および CCS マーチャントにはボリューム ディスカウントが適用されます。

Shopify は、その集約された需要を使用して、マーチャントが独自に行うよりも、サードパーティのレールとより良いインターチェンジ料金を交渉しています。支払いマーチャントは、PayPal などの他の多くの競合他社が提供するように、Shopify の詐欺防止プログラムにも無料でアクセスできます。このプログラムは、業界の既存企業と次世代の競合企業の両方に対して、損失率とチャージバック率を下げることが示されています。

ショップペイ:Shop Pay:

Shop Pay (2017 年に開始) は、内部で開発したチェックアウト アクセラレータで、Payments に組み込まれたゲートウェイです。これは、Shopify の消費者向けイニシアチブの 1 つです。「Shopify がお気に入りのブランドの背後にあることに気付いた人々」への大きな役割を果たしています。

Shop Pay Logo

ゲートウェイは、他のpayment vault:支払資格保管金庫と同様に機能します。消費者カードと配送情報を保存し、パスワードなしの単一ページの検証で自動的に入力します。

一般的に、忘れたパスワードがカート放棄の最大の原因であることを考えると、これは非常に意味のある機能です。(Apple Pay Google Pay Amazon Payなどが目指しているサービス機能です。)

Shop Pay のチェックアウト プロセスは、マーチャント ストアおよび Shop アプリに完全にネイティブでUI・UXが提供されています。マーチャント ベースとアプリ トラフィックが増加するにつれて、個々のマーチャントがエミュレートできない方法でプロセスの煩雑さが解消され、Pay に関連する利便性が高まることになります。

Shop Pay のメリット

消費者がワンクリックでチェックアウトを高速化することです。PayPal などは、マーチャントの 100% で 2 回のクリックでインライン チェックアウトできるようにするために現在も改善に取り組んでいます。

ゲートウェイはいくつかの点でベンダー間で類似していますが、Shop Pay は特徴的です。
2023 年の時点で、このツールは平均的な競合他社よりも 4 倍速く、競合他社の 1.72 倍の速度で変換されます。これは、過去 2 年間、業界全体で最速で完了し、最高の変換チェックアウト アクセラレータであるとのことです。アクセラレータは、Shopifyの消費者に選ばれるトップです。 これらのリードにより、Pay は 2022 年に 41.4% の 2 年間の複利年率 (CAGR) で成長して、1 億人のユーザーを超えているようです。

「消費者がフォームに記入しなければならない場合、私たちブランドはそれらの顧客を失いました。Shop Pay を有効にすることで、カスタマー エクスペリエンスの最もつらい点が楽しくなりました。加盟店のエコシステムに結び付けられているため、新規顧客でもワンクリックでチェックアウトできます。」

KOTN

https://kotn.com/

Shop Pay は、収益と利益を生み出すために、Payments 内のチェックアウト シェアの 100% を理想的に望んでいますが、それは現実的ではありません。

現実的なのは、PayPal、Stripe、およびその他の無数のゲートウェイと統合して、多様な消費者の支払いオプションを強化しながら、最も好まれるプロバイダーであることです。これは最終的にコンバージョンを高め、Shopifyの財務にとってのプラスになります。 適切な消費者の選択ができるということは、チェックアウト時には常に良いことです.

Shop Pay 製品エコシステムをより多くの外部に開放する

  • Eメール
  • ダイレクト メッセージ
  • ショッピング可能な Web リンク
  • ソーシャル アベニュー

などで 2 クリック (間もなく 1 クリックになる) のチェックアウトを提供しています。Shopify ウォレット API を使用して、これらすべての販売チャネルに Pay を追加できます。

特にソーシャルでは、Meta および Google とのパートナーシップを通じて、Shop Pay が急速に普及しているコマースの目的地で利用できるようになりました。

Shopify は 2017 年に Shop Pay を初めて立ち上げ、機能を追加し、パートナーシップをさらに追求することで、長年にわたってゆっくりと成長を始めました。たとえば、2020 年に Shopify は Affirm と提携して、Shop Pay に今すぐ購入して後で支払う機能を追加しました。Shop PayをShopifyから技術的に利用した最初の企業はMetaで、同社はFacebookとInstagramのアプリ内チェックアウトを強化するためにShop Payを使用しています。

この取り決めの一環として、Stripe を通じて、Shopify ペイメントが、Shop Pay を使用するすべてのトランザクションのデフォルトの処理者になりました。
Shop Pay が Shopify 以外で提供され、他のチェックアウト サービス プロバイダーとより直接的に競合するのはこれが初めてでもあります。

マーチャントがどこのチャネルでも(オムニチャネルの本質) Shopify レベルのコンバージョンを享受できるようにするために、待ち時間と速度のメリットをより多くのショッピング サーフェスにプッシュしたいと考えているようです。

これによって、Shopifyがより多くのお金を稼ぐことができるように、マーチャントGMVにできる限りのことをすることになります。 Shopify、マーチャント、パートナーのすべてが利益を得ることです。Shop Pay の優れた消費者エクスペリエンスと、マーチャントでの採用率の低さの組み合わせは、可能性と課題を残しています。

Shop Payがコンバージョンをどれだけ増加させるかについて委託された調査

*GMVとは、
Gross Merchandise Volumeの略で、総取引額のことを指します。コマースプラットフォームとは、商品の販売や購入を支援するオンラインプラットフォームのことです。GMVは、コマースプラットフォーム上で販売された商品の合計金額を計算することで算出されます。GMVは、コマースプラットフォームの成功を測る重要な指標の一つです。

支払いスイートの採用の進捗状況を追跡するには、投資家としてIR情報の総支払い量 (GPV) の傾向を GMV 全体の割合として見ることができます。GPV の割合の増加は、支払いベースのボリュームが全体のボリュームの大部分を占ているため、牽引力を上回っていることの証拠として確認できます。

*GPVとは、
Gross Merchandise Volumeの略で、商品販売額の総計を指します。これは、コマースプラットフォームを利用する商人が販売した商品の総額であり、コマースプラットフォームの収益の主要な指標となります。GPVは、コマースプラットフォームの利用者数、商品数、平均商品単価などの要素によって影響を受けます。

このトレンドは、Shop Pay シェアの増加と国境を越えた取引量の増加 (マーチャントが Shopify ペイメントを持っている必要があります) により、過去 4 年間一貫して高くなっています。このパターンは今後も続くと予想されます。

分割払い:Installments:

Shopify は、COVID パンデミックで、Buy Now, Pay Later (BNPL) の時流に飛び乗りました。この新しいツールの急速な普及に貢献したデビットの使用に影響を与えています。

Shopify は、Block (買収した Afterpay) などの他のいくつかの方法よりもアセットライトの方法でこれに取り組みました。大規模な M&A スプラッシュを作成するのではなく、Shopify は Affirm と提携してこのサービスを構築しました。2社は、複数年にわたる独占契約に署名した後、2020年第3四半期に製品を展開しました。契約の下で、ShopifyはAffirmのソフトウェアを使用し、Shop Payとそのネットワークを通じてBNPL需要の取り込みをします。

affirm

Shopify は、取引の一環として株式報酬も受け取りました。Shopify はワラントを通じて Affirm の総議決権株式の合計 14.4% を所有していました。

Afterpay である、Shopify 分割払いには延滞料金はありません。このツールは、隠れたコストや利息の支払いがなく、「最も透明性の高い BNPL 製品」です。
マーチャントにとって、追加された支払いの柔軟性により、

  • リピート購入者のアクティビティが 23% 増加し
  • コンバージョン率の向上
  • 保持率の向上
  • AOV の向上

が促進されます。このメリットは、競合する BNPL 製品とよく似ています。
また、マーチャントは、PayPal や他の多くの決済手段と同様に、貸借対照表や取引のリスクを回避するために、すぐに資金にアクセスできることがポイントです。

Shopify の BNPL トランザクションのテイク レートとマージン プロファイルは、他のチェックアウトよりも優れています。これは部分的には取引の複雑さが増したためですが、主に BNPL の支払い手段としてデビットがいかに人気があるかによるものです。デビットキャッシュによる取引では、サードパーティの交換手数料が低くなります。

BNPL はスタンドアロンの製品としては機能しません。スイート全体ではなく、ツールキット内のツールである必要があります。それ自体では、この機能に固有のものは何もありません。参入障壁がないため、PayPal は急速に人気を博し、Apple は独自の BNPL 製品に取り組んでいます。

*Apple は独自の BNPL サービスを「Apple Pay Later」
と呼んでいます。これは、Apple Pay を使用して商品やサービスを購入し、最大 6 回に分けて支払うことができるサービスです。最初の支払いは購入時に行われ、残りの 5 回の支払いは毎月、2 週間ごとに行われます。支払いには手数料はかかりません。

Apple Pay Later は、2022 年 6 月に WWDC で発表されました。現在は米国でのみ利用できます。Apple は、今後他の国にも展開していく予定です。

真の差別化を図るには、BNPL は関連するデータ ソースから引き出して、新規参入者と比較してより効果的に引き受ける必要があります。

次回は、今話題のフルフィルメント

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #6 Fulfillment

についてインサイトをご案内します。

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #6 Fulfillment

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #6 Fulfillment

Shopifyは、Eコマース、D2CDNVBオムニチャネルコマース企業に対して、MACHコンポーザブルアーキテクチャのシステムツールとして提供しています。フルフィルメントサービスである、Shopify Fulfillment Network(SFN)の詳細メリットとして、SFNはマーチャントのフルフィルメントサービスを効率化し、納期の不確実性や運転資本コストの上昇を解消することを目指していることと解説しています。SFNの利用により、フルフィルメントの重要さとしてマーチャントはより高いコンバージョンとGMVファネリングを実現できるポイントを解説しています。

事例

Lord & Taylor’s

アメリカの最古の百貨店であるLord & Taylor

は、直販サイトを新たに立ち上げるためにShopify Plusを利用し、わずか3ヶ月でサイトを公開しました。Shopify Plusの柔軟性とカスタマイズ性を活かし、ビジネス管理ツールを活用しながら、日々の業務をサポートしました。Shop Payを利用することで、注文の49%が処理され、モバイルでのスムーズなチェックアウト体験や注文追跡など、顧客に迅速なサービスを提供することができました。Shopify Plusの導入により、Lord & Taylorは迅速に結果を出すことができました。Shopify Paymentsからの収益の63%、Shop Payからの売上の44%、そしてShop Pay注文による平均注文額の3.5%の向上がありました。

ロード・アンド・テイラーはアメリカ合衆国における百貨店の先駆者であり、その歴史と存在感は非常に重要です。創業以来、ロード・アンド・テイラーは時代の変化に対応しながら、顧客に最高の品質とサービスを提供し続けてきました。その豊かな歴史と経験は、ロード・アンド・テイラーを一流の小売業者としての地位に押し上げました。現代のデジタルコレクティブストアとして復活しました。ロード・アンド・テイラーは高品質なアパレルやアクセサリーを提供しています。

Slinger

Slinger テニスのための画期的な球出しバッグです。Slinger Bagは、球出しの速度、角度、間隔などがカスタマイズ可能で、さらにラケットやシューズなども収納できます

はConnexa Sports Technologies Incが所有するブランドで、そのポータブルテニスボールランチャーは成功を収めましたが、以前のプラットフォームであるMagentoには課題がありました。会社はリプラットフォーム化を決定し、直感的でレスポンシブなeコマースソリューションとしてShopify Plusを選びました。移行後、Slingerは購入プロセスの合理化、多言語および多通貨のサポート、ビデオの統合、ウェブサイトの迅速な修正などの大幅な改善を実現しました。その結果、4か月で売上高が43.5%増加し、コンバージョン率とサイトトラフィックが20%増加しました。Shopify Plusの導入により、Slingerは時間を節約し、製品開発と新規市場への拡大に集中することができました。

Snocks

ドイツ発のファッションブランドであるSnocks SNOCKS.com | Socks, Boxershorts und mehr von SNOCKS

は、Amazonでの販売を経て、D2Cに販売することを決定し、大幅な成長を経験しました。SnocksはShopify Plusを利用し、商品をクリエイティブにバンドルすることで平均注文価値を増加させ、ドイツのソーシャルメディアインフルエンサーとの定期的なコラボレーションも行っています。Snocksは移行後わずか1年で売上を急増させ、SalesのリードチームであるRicarda Humitsch氏によれば、Shopify Plusは高いトラフィックに対応できるため、インフルエンサーマーケティングに大いに貢献していると述べています。Snocksの移行後の成果には、売上の127%の増加、Shopify Scriptsとバンドルによる平均注文価値の9%の増加、Shopify Paymentsによる毎月の9,000ドルの節約が含まれています。

UNTUCKit

UNTUCKit 着る時にシャツの裾を出すことを前提としたカジュアルなメンズシャツを提供しているブランドです[1]。このブランドでは、通常のフィットとスリムフィットのボタンダウンシャツ、セーター、Tシャツ、ヘンリーシャツ、ポロシャツなどを取り扱っています。

は、Shop Payをオンラインストアの支払いオプションとして提供しており、Shopのワンタップチェックアウトの助けを借りて、顧客のライフタイムバリューを64%増加させました。ワンタップチェックアウトのシンプルさとスピードは、チェックアウトの変換率を上げるだけでなく、繰り返しの購入率を向上させ、自動配送トラッキングを提供し、個別のおすすめとアプリ内ショッピングでショッパーとの関係を築くことで、顧客との持続的な関係を構築します。UNTUCKitは、Shopify Plusを導入することで、平均注文価値が10%増加し、30日間の顧客再購入率が33%増加し、顧客のライフタイムバリューが64%増加しました。ワンタップチェックアウトは特に移動中のリピーター顧客にとって最適な体験を提供します。

Fathead

ポップカルチャー企業であるFathead Online Source of Officially Licensed & Custom

は、Shop PayとShopify Flowを活用することで平均注文金額が46%増加しました。古いテクノロジースタックに直面していたFatheadは、Shopify Plusに切り替えたことで、簡素化されたチェックアウトプロセス、効率化された注文処理、キャッシュフローの改善、および高いコンバージョン率を実現しました。さらに、彼らは1年間でコンバージョン率が10%増加し、カタログを4,700から12,000製品に拡大することができました。FatheadのCOOであるIvy Tranは、簡単なチェックアウトプロセスとカタログ管理が彼らの成功の要因であると述べています。

OLLY’

ウェルネスブランドのOLLY Public Benefit Corporation

は、Shopifyプラットフォームでウェブサイトをアップグレードしたことで、売上高が大幅に増加しました。OLLYは、当初はTargetで限定販売されていた製品のラインから始まりましたが、直販事業や定期購入ボックスを展開する成功したビジネスに成長しました。Shopify Plusへの切り替えにより、OLLYは増加する売上高を処理し、コンプライアンスを確保し、チェックアウトをカスタマイズし、リアルタイムで在庫を管理し、Shopify Scriptsを使用して詳細なプロモーションを作成することができました。Shop Payへの切り替えにより、OLLYは一部のオーバーヘッドコストを削減し、企業へのより多くのリソースを提供することが期待されています。OLLYは、売上高が前年比61%増加し、四半期ごとに15,000ドルの節約が見込まれ、Scriptsに基づくプロモーションによる定期購入への変換率が20%増加しました。Scalability、サポート、およびShopify Plusが提供する利点は、OLLYのフィットネスおよび栄養業界での成長と成功に貢献しています。

Natural Baby Shower

Natural Baby Shower| Quality natural baby products and gifts 自然素材を使用した赤ちゃんとあなたのための製品に特化しています。信頼できる家族向けのやさしいエコフレンドリーな赤ちゃん用品取り扱う受賞歴のあるナーサリーリテーラーです。

は、Shop Payを導入し、顧客の返品率が13%増加しました。以前はMagentoを使用していましたが、成長とスケール、アプリとの統合を求めてShopify Plusに移行しました。Shopify Paymentsを利用することで、加速決済方法が利用可能となり、顧客の最適なチェックアウト体験を提供しました。この結果、平均注文金額が6%増加しました。また、ShopifyのアプリであるSignifydのおかげで、詐欺保護対策が強化され、月に10,000ポンド以上の収益喪失を防ぐことができました。

 Baby Registryとは

ベビーレジストリは、妊娠中や出産後の親が必要なベビーアイテムを登録し、友人や家族に贈り物の選択肢を提供するサービスです。以下に一般的なベビーレジストリのビジネスモデルと有名なブランドをいくつか紹介します。

ビジネスモデル:
1. プラットフォーム型:ベビーレジストリを提供するオンラインプラットフォームを運営し、ユーザーは自分のレジストリを作成できます。プラットフォームは、アイテムの追加、削除、共有、購入状況の追跡などの機能を提供します。プラットフォームは一般的に、ユーザーからの登録料やアフィリエイトプログラムからの収益を得ます。

2. 専門店型:ベビー用品を専門に取り扱う小売店がベビーレジストリを提供する場合もあります。顧客は店舗内でアイテムを選び、レジストリを作成します。利益は商品の販売から得られます。

有名なブランド:
1. Amazonベビーレジストリ:Amazonは、自社のオンラインプラットフォームを通じてベビーレジストリを提供しています。ユーザーはAmazonの商品カタログからアイテムを選択し、レジストリに追加することができます。

2. Targetベビーレジストリ:Targetは米国で広く知られた小売店であり、ベビーレジストリも提供しています。ユーザーは店舗内でアイテムを選び、レジストリを作成することができます。

3. Buy Buy Baby:Buy Buy Babyは、ベビー用品を専門に取り扱う小売店です。彼らもベビーレジストリを提供しており、顧客は店舗でアイテムを選択して登録することができます。

よくある質問

コマースビジネスにおけるTCOとはどのようなものですか

TCOとは、Total Cost of Ownershipの略で、商品やサービスを販売する際に発生するすべてのコストのことです。これには、商品の調達コスト、販売コスト、在庫管理コスト、マーケティングコスト、人件費、設備費など、さまざまなコストが含まれます。

TCOを把握することで、ビジネスの収益性を向上させることができます。例えば、TCOが高いコスト項目を特定し、コスト削減策を講じることで、収益性を向上させることができます。また、TCOを把握することで、ビジネスのリスクを管理することもできます。
例えば、TCOが高いリスク項目を特定し、リスク対策を講じることで、ビジネスのリスクを管理することができます。

TCOを把握することは、ビジネスを成功させるために重要な要素です。TCOを把握することで、ビジネスの収益性を向上させ、リスクを管理することができます。

コマースビジネスにおけるTCOの例を以下に示します。

  • 商品の調達コスト
  • 販売コスト
  • 在庫管理コスト
  • マーケティングコスト
  • 人件費
  • 設備費
  • システム開発費
  • システム運用費
  • セキュリティ対策費
  • 保険料
  • 税金

これらのコストは、ビジネスの規模や業種によって異なります。TCOを把握するには、ビジネスの状況に合わせて、TCOに含まれるコストを明確にする必要があります。

最新記事

Shopify が企業小売業者に Shop Pay を利用可能に

Shop Payは、人々がShopifyで支払い情報を保存できるデジタルウォレットであり、世界中で1億人以上の買い物客が利用している。企業小売業者は、Shopify が 1 月に発表したCommerce Components スタックを通じてのみ Shop Pay を使用できます。

Shopifyは、海外での企業接続と機能を加速するために既存の統合を強化するために、グローバル企業決済プラットフォームAdyenと提携しています。
Adyenとのこの強化されたパートナーシップにより、Shopifyの企業加盟店は、クレジットカード、Apple PayやGoogle Payなどのウォレット、オランダのiDEALやCartes Bancairesなどの国際的な支払い方法を含む、世界中の市場でさまざまな支払いを簡単に受け入れることができるようになります。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
  2024 年のファッション e コマース、マーケットプレイス、パーソナライゼーション、オムニチャネルコマース、ソーシャル コマース、柔軟な支払いオプション、リコマース などが引き続き成長を促進するでしょうか。 Statista は...
続きを読んでみる
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ブランドが何年も存在しているか、始めたばかりであるかにかかわらず、DNVBとその一カテゴリーDTCや、EC/eコマースビジネスには共通点が 1 つあります。それは、オンライン市場での競争に対する絶え間ないプレッシャーです。あらゆる規模...
続きを読んでみる
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
  ダイナミックプライシングは新しいコマース概念ではありません。何十年もの間、消費者は航空旅行や、チケット、接客業などの業界における需要主導の価格変動に慣れてきました。今日、小売業者が毎日 (または時間ごとに) 価格を上げたり下げたり...
続きを読んでみる
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
  Eコマース:電子商取引の企業が、常に新しい顧客を開拓することなく、どのようにして楽々と見えるように売上を伸ばしているのか疑問に思ったことはありますか。その秘密は、クロスセルとアップセルの技術を習得することにあります。調査では、e ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する Teaブランド
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する Teaブランド
人工知能(AI)がeコマースに革命を起こす 好きか嫌いかは別として、AIはこれからも存在し続けるでしょう。ここしばらくの間、eコマースビジネスにとって便利なツールでしたが、2023年にはジェネレーティブAIが主流になり、その強力さを消...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ペット ビーガン ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ペット ビーガン ブランドリスト
  ペットフードのイノベーションが成功する ペットフードの将来における重要なトレンドは、ペットフードのイノベーションが市場に定着することです。それは、新しい処方、サイズ、製品などです。 革新的な製品の成功ブランド全体の成長に役立ちます...
続きを読んでみる
アパレルブランドをマーケティングするガイド 2024
アパレルブランドをマーケティングするガイド 2024
  あなたのアパレルブランドの注目を集めたいですか? 「ハイ」ですよね。 アパレルブランドを効果的にマーケティングする方法を一緒に学んでいきましょう。ファッション業界のマーケティングには、的を絞った賢明な施策が必要な時代です。オンライ...
続きを読んでみる
2024 ファッション e コマースガイド
2024 ファッション e コマースガイド
  現代の消費者は、いつでもどこでも自由に買い物ができる利便性と、世界中のデジタル店舗を閲覧して最良の価格とスタイルを見つけることができることを評価しています。こうした要望がファッション e コマースの隆盛を加速させてきました。 St...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー