富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #6 Fulfillment

D2C EC Shopify Shopify Plus オムニチャネル

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #6 Fulfillment  

Shopify NYSE:SHOP

Shopify Fulfillment Network

 などの情報を基に、

E-コマース・D2C・DNVB オムニチャネルコマース企業にとって、Shopifyが目指しているミッション・バリューを、エコシステムを通じてどのようにサプライされているか、Shopifyだけでなく、これからのコマースビジネスモデルの変化の中で、システムツールとしての、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーを選択するべき理由と視点についてDeep Dive深く掘り下げていきます。

Products

をガイダンスするのではなく、創業者、プロダクトマネージャーとして、マネージメント視点からのテクノロジーを選択する視点として、そして、投資家としてみた場合に、Shopifyのマーチャントの成功(グロースハック)を実現するためのサービスになっているかの視点でお届けしていきます。
*ちょっと専門的です。でも開発者むけではありません。
*機能解説はこちらで

Shopify Plusストア構築 D2C/オムニチャネルのスケーリングポイント #1 メリット

ShopifyとShopify Plusの比較!

Section #6 - Shopify フルフィルメント ネットワーク Shopify Fulfillment Network (SFN)

目的:Purpose:

Shopify の最新で最高のマーチャント ソリューションには、Shopify フルフィルメント ネットワーク (SFN) があります。

一般的に、USやEUなどのマーチャントは、定期的に 10 以上の貨物ベンダー(日本なら、ヤマト・佐川・日本郵便でこと足りますが)と協力して、出荷を実行するために、多くの3PL・倉庫・DCなどのパートナーとのフルフィルメント サービスの提供を利用しています。
これにより、納期が不確実になり、在庫データが不完全になり、最終的に運転資本コストが上昇し、遅延が助長されています。
返品・交換はモット複雑です。)

このばらばらなプロセスを解決するために、SFN (SHOPIFY FULFILLMENT NETWORK)はサイロ化されたサプライ チェーンの断片をつなぎ合わせます。そうすることで、コミュニケーション、組織、価値創造の効率が大幅に向上します。

注意:

この製品の目的は、Amazon のようなライバル巨人にロジスティクスのフットプリント:footprint(ビジネスサービス拠点)を構築することでは当然ありません。

代わりに、既存のパートナー キャパシティとそのソフトウェア (Fulfillment Management Software (FMS) と呼ばれる) を使用して、ソフトウェアを多用し、資産を軽量化する方法でフルフィルメントを統合しています。
その効果は、Shopify のエコシステムを通じて、より高いコンバージョンとより多くの GMV ファネリングを促進する、高速で安価なフルフィルメントです。

マーチャント ソリューションと同様に、SFN はマーチャントの課題の種を解消するように機能していきます。
この製品では、「港から玄関まで」商品を移動するためのフルサービスの手段です。
その目的は、マーチャントがロジスティクスを管理する必要がないようにすることですが、代わりに成長に集中できるようにすることです。企業はもはや、苦労してサプライ チェーンをつなぎ合わせるために、レガシー ベンダーのイライラするプロセスに耐える必要を感じていません。

2022 年に入ると、SFN は米国でより広く利用できるように徐々に開放され始めました。
これに伴って、経営陣のサプライ チェーンの哲学も変化しました。当初は、物理的な容量についてほぼ完全にパートナーに依存することを望んでいました。すぐに、コストとサービス品質を管理するために、配送センターの容量を部分的に内部で管理する必要があることに気付きました。この時点で、パートナーのインフラストラクチャをより大きなセンターに統合して効率を高めることに着手してました。

  • スポーク
  • ハブ
  • 仕分けセンター
  • 配送業者

と提携することをまだ計画していましたが、完全ではありません。

SFN を構築するための更新されたコスト計画とともに発表されました。以前に割り当てられた 10 億ドルは、設備投資で 14 億ドルに増加し、さらに 6 億ドルの OpEx (OPEXとは「Operating Expense」の略称であり、業務費や運営費など事業運営をしていくために、継続して必要となる費用を指します)が合計 20 億ドルになりました。リーダーシップは、この支出の増加が長期的な投資収益率の向上につながることを保証してくれていました。

Shopify でも、すべての注文の 70% で 2 日以内に手頃な価格の配達を達成

2020 年には 2% でした。調査されたマーチャントの満足度は、この同じ期間に 3 倍になりました。2022 年第 3 四半期には、フルフィルメントの牽引の追加の証拠があります。アトランタ施設のボリューム スループットは前年比で 10 倍になり、1 つ以上の SFN サービスを使用するマーチャントは QoQ で 80% 増加し、FMS 注文処理は前年比で 450% 急増したといっていました。

Deliverr の買収 (以下で説明) により

ビルドとパートナーのアプローチを再考することができます。2023 年 3 月、Deliverr の統合が完了すると、費用のガイダンスは大幅に低下すると語っています。

deliverr

Shopify は改善されたソフトウェアのおかげで、都心部と遠隔地の両方にあるパートナー倉庫の「1 つから 2 つのハブ」と「アトランタ ハブの機能のクローン」に固執することができます。

Shopifyが配送物流のスタートアップDeliverrを21億ドルで買収

SFN ステップ 1 -- オリジン ポート サービス-- Origin Port Service:

SFN はマーチャントに対して何をするのでしょう。

フルサービス製品は、(通常は)国際的な製造業者とのマーチャントに価値を生み出し始めます。SFN は請求書と書類を処理して、商品が各州に到着したときに税関(収税)を通過するようにします。
国際的な起点港でのピッキングと梱包は処理しませんが、輸送能力を整理し、マーチャントがこれらの幅広いオプションから選択できるようにします。マーチャントが望む場合、このプロセスは完全に自動化できます。

Flexport との主要なパートナーシップを通じて、SFN は、マーチャントがコンテナ レベルで行う必要があるのではなく、より小さなパレット レベルでサービスを受け入れるために、事前にコンテナのスペースを予約できるようにします。これは、SFN に直接統合されている Flexport アプリを介して実行できます。

なぜこれが重要なのか
大多数の Shopify マーチャントにとって、完全なコンテナー容量が必要になることは滅多にありません。ほとんどの場合、コンテナに積み込まれた小さなパレットで十分です。さらに、キャリアとオリジンポートには、マーチャントがサービスを利用する前にクリアする必要のある大量の最小注文しきい値があります. これにより、SFN が解決するコストと柔軟性の問題が生じます。

加盟店は SFN の集約されたネットワークを利用できるようになり、元の港の料金が下がります。マーチャントは、自分で最低額を満たすのではなく、必要なものを正確に注文し、他の SFN マーチャントに参加してサービスにアクセスするだけです。余分なキャパシティーを確保し、付随するコストを支払うことを余儀なくされることはもうありません。Shopify がマーチャントに提供している、規模に基づくメリット経済です。
この機能により、出荷元の港からハブまでのサービス コストが 50% 削減され、パレットあたりのコストは業界平均を大幅に下回るそうです。

マーケットプレイスとホワイトラベルの利点を組み合わせる:
SFN は、Shopify の他の多くの部分と同様に、フルフィルメントとホワイト ラベルの特典を統合します。マーチャントは、他の方法でアクセスできるよりも安いレートでフルフィルメントを利用して実行するために、結合されたスケールを利用します。
そして

  • 顧客関係
  • ブランディング
  • データの完全な所有権

を保持します。(Amazonとの違いを想像してみてください。)

SFN を使用すると、マーチャントは、コーディングなしで設計できるブランドの配送ボックスに配置されます。収益性の高い消費者データは、フルフィルメントからマーケティングまでの業務にも組み込まれています。そのデータは、より正確な製品注文、マーケティング キャンペーンのための正確な顧客セグメンテーションなどを導くために使用できるということです。これも、すべての操作を 1 つのコマース オペレーティング システムに統合する力です。Shopify の製品を単独で使用するよりも、一緒に使用することでより効果的に機能することで得られる価値の可能性は、非常に豊富です。

SFN ステップ 2 -- ハブ、スポーク、宛先ポート、およびクロスドッキング: -- Hubs, Spokes, Destination Ports & Cross-Docking:

Shopify マーチャントの商品は通常、起点ポートからハブ ポートに送られ、その後、宛先ポート スポークに送られます。商品がハブから目的地に直行することもありますが、それは稀です。

このエンドツーエンドのフルフィルメントの中で、Shopify は 2 つの領域で節約を提供します。
第 1 に、需要の増加により、定期的に空きスペースを持つ倉庫パートナーが、より多くの容量をより一貫して利用できるようになります。これにより、自重損失が少なくなり、効率性と収益性が向上します。
倉庫パートナーは、2 番目の節約を可能にします。SFN マーチャントが 6 か月間の無料保管、初期費用ゼロ、およびすべてのサービスに対する 1 回の請求でコスト管理を享受できるようなります。価格設定への透明なアプローチは、その他の3PLパートナー(隠された追加費用がある)とは正反対です。

ハブに到着すると、商品は後でフルフィルメントするために倉庫内に保管されるか、すぐに「クロスドッキング」と呼ばれるプロセスを経ます。保管されている場合は、最終目的地に近づく前に最終的にクロスドッキングされます。クロスドッキングとは、コンテナ商品を降ろして検査し、すぐに別の輸送手段に再積載して、地元のフルフィルメントセンターまたは最終目的地に送るプロセスです。クロスドッキングは、配送を迅速化しながら保管時間とコストを削減し、Shopify が北米のほとんどで 2 日以内のフルフィルメントを実現した理由でもあります。

当初、この機能を社内で構築しようとしましたが、2022年、Deliverr という会社を買収して支援することを決定しました。21 億ドル (株式 80% と現金 4 億 2000 万ドル) という高額な値札を支払いました。効果的なスケーリングと最適な配信ウィンドウを確保するためと考えています。Deliverr は、いくつかのパートナーシップ (Amazon を含む)、400 人の有能な従業員、および SFN のタイムラインを再び加速するためのソフトウェアベースのショットを追加しました。

Deliverr

繰り返しになりますが、Shopify が SFN を構築するための費用と自己運用容量のニーズを再考することができた方法です。配送業者は倉庫スペースを所有しておらず、パートナーを通じてのみ運営を行っています。

アセットライトについて

Deliverr は FMS のほぼすべての側面を強化およびアップグレードしますが、クロスドッキング プロセスの中で真価を発揮します。配送業者は、マーチャントに代わって、荷降ろし、検査、再積み込み、貨物運送業者の調整を容易にします。最適な価格設定と最適なタイミングを組み合わせるために、商品の移動全体でサービス入札を比較しながらこれを実行できます。

配送業者は、Shopify が単独で行うよりも効果的に、運送業者と港との間の緊密なコミュニケーションを強化します。リーダーシップはこれを容易に認めます。

このクロスドッキングの強みに密接に関連しているのは、Deliverr の需要予測アルゴリズムです。この予測により、SFN は、どの商品をどこに配置し、どのようにルーティングするかをほぼ 100% の精度でリアルタイムで知ることができます。これは、納期を短縮するためのもう 1 つの重要な要素です。さらに、在庫オーケストレーションの卓越性は、必要な運転資本の削減と健全なキャッシュ フロー変換を意味します。在庫の送付先が正確にわかっていれば、より細心の注意を払って、より少ない数の配送センターに在庫を送付することができます。これを在庫バランスといいます。優れたアルゴリズムがあり、Shopify にはより多くのデータがあります。合わせて、1 + 1 = 3 です。

配送業者のもう 1 つのメリットとして、SFN はフルサービスの返品を追加して、エンド ツー エンドのフルフィルメントの専門知識を完成させることができました。Shopify の「Shop Now」ツールは、失われた収益の一部を回復するために、製品の推奨事項を使用して商品を返品する顧客の再ターゲティングを自動化します。すべての e コマース注文の 20% 以上が返品されることを考えると、これは非常に重要です。

SFN ステップ 3 -- 迅速で手頃な価格の配送:-- Expedient, Affordable Delivery:

専門知識、精度、および利便性は、SFN の配信ユーティリティを強化していくことになります。
SFN は、パレット レベルではなく、個々の小包レベルでl港から商品を出荷できます。Flexport は、コンテナー レベルではなくパレットでのインバウンドを提供します。配送業者とは、パレット レベルではなく小包での出荷を意味します。どちらも、マーチャントはコストを上げることなく、より正確な方法でロジスティクス サービスにアクセスできるということになります。

Shop Promise

運用上の相乗効果により、Shopify は、「Shop Promise」をデビューさせることができました。

Shop Promise

Shopify を利用したサイトに表示されるバッジで、1 ~ 2 日での配送を保証します。ゲートから最大 25% までマーチャントのコンバージョンを促進することが示されています。現在、SFN 加盟店の 67% がこれにアクセスできます。このセクションの冒頭で、購入者の信頼を高めるためにフルフィルメントを改善するという SFN の主な目標にのために機能しています。

マーチャントにとって負担のないカスタマー サービスであるだけでなく、配送料も安くなります。Shopify はその規模を利用して、DHL、UPS、FedEx などの主要な配送業者との SFN パートナーシップを確保し、割引配送ラベルへのアクセスを提供しています。これは、Shopify Shipping からの特典です。

使いやすいアプリ:Easy-to-Use App:
これらのフルフィルメント サービスはすべて、オムニチャネル SFN アプリ内で利用でき、Shopify Admin に統合されています。

Shopify は実店舗の小売在庫補充を実行し、オンライン ページで店舗内の製品在庫を非表示にすることを正確に自動化できます。このアプリには、チーム内の責任を区分するための権限委任と、フルフィルメント パフォーマンスを追跡するためのリアルタイム更新が付属しています。マーチャントは、注文を編集したり、出荷の優先順位を付けたり、新しいローカル フルフィルメント パートナーシップを利用してコストをさらに削減したりするためにも使用できます。この単一のツールから、マーチャントは商品を港から玄関までシームレスにプッシュできます。フルフィルメントの摩擦はなくなりました。

SFN

https://www.shopify.com/fulfillment

6 River Systems:

6 River Systems (6RS) は、フルフィルメント スペースにおける Shopify の買収 (2019 年に発表) です。Deliverr は SFN の既存の製品を強化しましたが、6RS は倉庫タスク管理にまったく新しい機能を追加しました。自社のフルフィルメント能力とパートナーのために、倉庫の運用とワークフローを合理化する機能を提供しました。

Shopify は、6RS をフルフィルメント システムの「筋肉」と表現し、SFN と FMS を頭脳と表現しています。ピッキングとワークロードの効率を高めるために、最先端の倉庫ロボティクス ハードウェアのために 6RS を購入しました。

具体的には、このハードウェアの実装により、作業員あたりの安全レベルと生産性を向上させながら、スループットを 2 倍に向上させることができます。

6RS

どのように機能するのか

autonomous mobile robots (AMRs)は指定された倉庫セクションを絶えず移動してタスクを与えられますが、通常は倉庫作業員が割り当てます。AMRsによって導かれるタスクは、タスク完了までの最短時間と最も差し迫ったニーズに基づいています。タスクが与えられると、AMRsは割り当てられたゾーンに移動し、関連する従業員を見つけて、商品の場所を教えます。

これらの商品はAMRsに積み込まれ、満杯になると梱包ステーションに移動します。この支援されたピッキングと梱包は、スループット向上の源です。確立された倉庫は、AMRsを搭載するためにレイアウトや手順をオーバーホールする必要はありません。この製品は、非常に簡単に実装できるように、既存のレイアウト内で簡単にマッピングして機能させることができます。

6RS には「The Bridge」も含まれています。これは、FMS と物理的な倉庫の間の接続を確立して、より適切で完全な運用監視を行うための API ツールです。

2020 年までに 6RS は SFN とそのネットワークに統合され、2022 年までに参加パートナー ノードでのすべての SFN 注文の 100% を支援していました。

https://www.shopify.com/logistics

https://www.shopify.com/logistics

Shopify Shipping:

SFN の前に、2015 年に Shopify Shipping をデビューさせました。このツールは、フルフィルメント プロセス全体を外部委託したくないマーチャント向けです。これは、マーチャントが Shopify の需要集約を利用して、管理者から割引された配送ラベルを直接購入できる、より必要最小限のサービスです。地元の宅配便オフィスで簡単に印刷してフルフィルメントすることができます。業者は、地域や製品ごとに料金をカスタマイズしたり、フルフィルメントのパフォーマンスを追跡したりできます。これは長年にわたって多くの牽引力を獲得し、2020 年末にはマーチャントの 52% で使用されました。

最新関連News

Flexport が: Shopify Logistics を買収します。

Shopify Announces First-Quarter 2023 Financial Results; Agrees to Sell Shopify Logistics to Flexport

Shopifyが物流資産をFlexportに売却

2023 年 5 月 3 日、Shopify は、物流事業に関連する人員、技術、サービスを含む物流事業の大部分を、技術主導型のグローバル物流プラットフォームである Flexport に売却する正式契約を締結しました。Shopify は、ポート ツー ポーチである世界クラスのロジスティクス ソリューションを構築してきました。マーチャントにスピード、柔軟性、および手頃な価格を提供し、それらすべてを、マーチャントが既に知っていて毎日依存している Shopify ツールにシンプルかつシームレスに統合します。この取引は、Shopify が構築してきたロジスティクス ソリューションを、信頼できる使命に沿ったパートナーである Flexport の手に委ねます。

Shopify ロジスティクス資産の Flexport への移行は、Flexport の CEO である Dave Clark の指導の下、Deliverr の共同創設者兼 CEO である Harish Abbott が主導します。契約条件に基づき、Shopify は、既存の持分に加えて、Flexport の 13% の持分を表す株式を受け取ります。売却の完了に関連して、Shopify は Flexport の取締役会に取締役を指名する権利があります。Flexport は、Shopify の公式ロジスティクス パートナーとなり、Shop Promise の推奨プロバイダーとなります。この取引は、2023 年の第 2 四半期に完了する予定ですが、特定の条件と規制当局の承認が必要になる場合があります。

次回は、売上に直結する

Section #7 - Shopify 広告ツール拡張スイート Expanding Suite of Advertising Tools

について深堀していきます。

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #7 Marketing Shopify’s Expanding Suite of Advertising Tools

Shopify 広告ツール拡張スイート Expanding Suite of Advertising Tools

Shopifyは、Eコマース、D2CDNVBオムニチャネルコマース企業にとって重要なツールであり、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーを採用しています。また、Shopifyの製品スイートには、メールマーケティングのShopify Email、インフルエンサーマーケティングツールのShopify Collabs、Linkpop、Dovetaleがあります。これらのツールは、マーチャントの成功と顧客との関係構築を支援します。広告主が広告ツールを活用することで、効率的かつ収益性の高い方法で顧客をターゲットにする能力が向上し、成功したコマースの実現につながります。

事例

Princess Polly

オーストラリアのゴールドコーストにあるビーチサイドのアパートから生まれたPrincess Polly USA | Shop Women's Clothing & Fashion Online

は、2010年に設立され、2019年にアメリカで成功したオンラインファッションブランドです。同社は主にGen Zをターゲットにしており、顧客体験を最優先に、最新のファッションを提供することを目指しています。Princess Pollyは、MagentoからShopify Plusに移行したことで、在庫切れ率の55%の削減と、返品時のアップセルによる平均注文額の1.23ドルの増加を実現しました。特に、LoopのShop Now機能により、顧客は返品プロセス中にウェブサイト上で直接商品を交換できるため、収益や平均注文額が向上しました。迅速なワールドワイドシッピングと簡単な30日間の返品が可能です。

EasyStandard

EasyStandard: Where Style Meets Cozy | Women's Clothing

は、女性のための完璧なワードローブの基本アイテムを作成することに焦点を当てたブランドで、遅い配送スピードや注文エラーなどの物流業務に課題を抱えていました。彼らは、顧客体験の向上、信頼性のある配送予測の提供、製品のバンドルサービスの提供を目指す解決策を求めていました。さまざまなオプションを試した結果、彼らはShopifyに目を向けました。EasyStandardは、Shopifyフルフィルメントネットワーク、Shop Promise、およびShopify Plusを活用することで、印象的な結果を達成しました。これには、93%の納品の遅延なし、ウェブサイトのコンバージョン率の19%の増加、および簡素化されたビジネス運営が含まれます。これにより、拡大の機会が開けました。

CISE

CISE(シーズ) | Stronger Threads For A Stronger Community

は、ブラック・ライブズ・マター運動からインスピレーションを受けたミッション志向のファッションブランドであり、Shopifyフルフィルメントネットワークの支援を受けて爆発的な成長を遂げました。創業者のブレイク・ヴァン・プッテンは、Shopify Plusを活用してその他のeコマースビジネスを管理し、オーダーのフルフィルメントをShopifyにアウトソースしました。その結果、CISEは注文数が600%増加し、SKU(商品の種類)が9,100%成長し、平均フルフィルメント時間が71%減少しました。これらのツールを活用することで、CISEは効果的なマーケティングキャンペーンに注力し、顧客にとって優れたモバイル体験を提供しました。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify
EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify
配送・フルフィルメントに関する FAQ は、EC:eコマース:電子商取引の分野における消費者直販:D2C(本来は、DTC) ブランドの成功において重要な役割を果たします。配送に関するこれらの「よくある質問」は、顧客に重要な情報を提供す...
続きを読んでみる
コマース 詐欺 Commerce Fraud 用語集
コマース 詐欺 Commerce Fraud 用語集
  オールインワン用語集を活用して、オンライン詐欺との戦いにおける最新の開発、新たな概念、急速な e コマースの成長に関する最新情報を入手してください。新しい詐欺関連の用語が出現するたびにこの用語集を継続的に更新していますので、最新情...
続きを読んでみる
コンポーザブルコマース Composable commerce 用語集
コンポーザブルコマース Composable commerce 用語集
 "Composable Commerce(コンポーザブルコマース)"とは  "Composable Commerce(コンポーザブルコマース)"は、eコマースエコシステム内で異なるテクノロジーコンポーネントやサービスを組み合わせ、カ...
続きを読んでみる
EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7
EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7
  エンドツーエンドの顧客エクスペリエンスCX:カスタマーエクスペリエンスに欠けている部分とは何でしょうか。競争が激しく細分化された世界(商品カテゴリーと顧客オーディエンス)で競争するには、ブランドは顧客とのあらゆるタッチポイントを活...
続きを読んでみる
トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify
トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify
  PSA・パブリックサービスアナウンスメント: 最初の販売は、新しい顧客との関係の終わりではなく、始まりであってほしいです。EC:eコマースショップへのトラフィックを獲得するためにお金と時間を費やしてきたので、獲得コストはすでにプラ...
続きを読んでみる
注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify
注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify
Shopify ブランドの規模に関係なく、EC:eコマースビジネスでは、顧客維持を優先する必要が益々高まっています。 その理由は。顧客獲得のコストが高くなっている ( CAC が LTV を上回っている) ため、ファンロイヤリティのあ...
続きを読んでみる
配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify
配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify
  購入(購買)後体験:Post Purchase・ポストパーチェスのエクスペリエンスは、顧客に良い印象を与えるチャンスです。それを正しくコミュニケーションできれば、顧客は幸せと満足感を得ることができ、再びあなたのブランドのEC:e...
続きを読んでみる
配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify
配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify
  顧客は購入後のエクスペリエンス中には、多くのことを望んでいるのかも知れません。顧客は購入後に、新しく購入した商品を手に入れたことに非常に興奮していますが、それが自宅に届くまで待たなければなりません。待っている間に、顧客の期待は急上...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー