富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Shopify で実現する e コマース ビジネス モデル 6パターン

D2C eコマース Shopify Shopify Plus ビジネスモデル

 Shopify で実現する e コマース ビジネス モデル 6パターン

eコマースのビジネスモデルとは

eコマース:電子商取引は、企業と消費者がオンラインで売買できるビジネス モデルです。eコマースの主要なビジネス モデルは 6 つあります。

  1. ビジネスツーコンシューマー (B2C)
  2. ビジネス(企業)間ビジネス(企業)ツー(対)コンシューマー(消費者)(B2B2C)
    これらにはDNVBとその一カテゴリーDTCが含まれます。

  3. 消費者間 (C2C)
    日本定義で、P2C(Person to Consumer)も入ります。
  4. 消費者から企業へ (C2B)

  5. ビジネスツービジネス(B2B)
  6. 企業対政府 (B2G)

この6 つのビジネス分類をそれぞれ詳しく見ていきます。また、オンライン ストアを立ち上げまたはグロースハックするときに検討すべき 5 つの主要な配信モデルについても説明します。

e コマースのビジネス モデル: Business to Consumer (B2C)

名前が示すように、企業対消費者 (B2C) とは、企業が自社の商品やサービスをエンド ユーザーに直接販売(ダイレクトマーケティング)することです。
これは最も広く知られている商取引形態です。食料品店で食品を購入したり、レストランで夕食を食べたり、劇場で映画を観たり、髪をセットしたりするたびに、B2C トランザクションを完了することになります。あなたは消費者としては、これらの会社が販売する商品やサービスのエンドユーザーとなります。

e コマース B2C ビジネス モデルには 5 つの異なるサブセットがあります。

  1. D2C(DTC) e コマースでは、メーカーが e コマース戦略を完全に制御し、間に小売店や流通業者を介さずに消費者に直接販売します。

  2. オンライン仲介業者(プラットフォームーマーケットプレイス・モールは日本での表現で世界的にはありません)は販売者と消費者を結び付け、各取引の一部を受け取ります。

  3. 広告ベースのモデルでは、情報が無料で提供され、サイト上の広告から収益が得られます。

  4. コミュニティベースのサイトは、ユーザーの人口統計と所在地に基づいてユーザーをターゲティングする広告から収益を上げています。Facebookはその顕著な例です。

  5. 有料モデルとは、Netflix や定期購読型:サブスクリプションコマースの新聞など、企業が消費者に情報やエンターテイメントを有料で販売するモデルです。

近年、オンラインでの B2C 販売が増加していることは良く知られていることです。その結果、多くの従来型の実店舗小売業者は、消費者が買い物をする場所に到達・タッチポイントとコミュニケーションするためにデジタルチャネルを導入しています。

このハイブリッドアプローチは、企業が従来の実店舗とオンラインショッピング プラットフォームの両方を備えている場合に適用されています。
企業は、顧客エクスペリエンスを向上させるために、これらのアプローチをオムニチャネルeコマース戦略と統合していきます。
たとえば、現在では多くの企業がオンラインで商品を注文し、リアル店舗で受け取れるようにしていくことになります。企業では、顧客がオンラインで購入した商品をリアル店舗に返品・交換して、迅速かつ簡単に返金または交換できるようにしています。

B2C eコマース モデルをうまく導入するには、企業はサービスの遅延や暴走するコストを発生させることなく顧客のニーズに適応できる e コマース プラットフォームを備えている必要があります。

e コマースのビジネス モデル: Business to Business to Consumer (B2B2C)

B2B2C eコマースでは、ある企業が製品、サービス、または商品を別の企業に販売します。その後、受け取り側の企業が消費者に販売します。
B2B2C の取り決めの例としては、卸売業者が小売店に商品を販売し、小売店がその商品を消費者に販売する場合があります。
B2B2C モデルは、最初のビジネス (製品の提供元のビジネス)、仲介者、およびエンド ユーザーまたは消費者の 3 つの主体で構成されます。

eコマースで B2B2C モデルを使用できる方法はいくつかあります。
たとえば、企業は別の企業と提携して自社の製品やサービスを宣伝し、販売ごとにパートナーにコミッションを与えることができます。

eコマース企業にとっての B2B2C ビジネス モデルの主なメリットは、新規顧客の獲得です。これは、顧客ベースを急速に拡大する方法を必要とする新しい eコマース企業にとって重要な検討すべき事項です。

eコマース プラットフォームには、B2B2C ビジネスを迅速にデジタル化するための柔軟性、容易さ、拡張性が欠けている場合があります。

APIファーストのヘッドレス マイクロサービス コマース ソリューション、高度なプロダクト エクスペリエンス管理、およびコンポーザブルの機能が必要です。

e コマースのビジネス モデル: 消費者から企業へ (C2B)

通常、コマース戦略はビジネスの観点から組み立てられます。しかし、消費者から企業へ(C2B)モデルなど、消費者から始まるモデルの人気も高まっています。

C2B eコマース ビジネス モデルでは、個人が商品やサービスを企業に直接販売します。一般的な例としては、請負業者やフリーランサーなどの個人が得意な仕事やサービスを共有できるようにする Web サイトがあります。多くの場合、企業はその人の時間に対してリクエストや入札を行い、そのプラットフォームを通じてその人に支払います。

新しい C2B e コマースの例は、 UpfluenceGRINなどのインフルエンサー マーケティング プラットフォームです。

*Upfluenceなどは、数分でアフィリエイトキャンペーンを立ち上げることができるインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。クリエーターのマーケティングをクライアントのために管理し、最適なクリエーターを特定することができます。データ駆動のトラッキングで効果的なキャンペーンを実施し、ROIを向上させることが可能です。さらに、AIパワーのChatGPTアシスタントを搭載し、クリエーターとの効率的なコミュニケーションをサポートしています。

eコマースのビジネス モデル: 消費者間 (C2C)

もう 1 つの e コマース ビジネス モデルは、消費者間 (C2C) です。デジタル コマースの台頭により C2C が加速し、eBay、Craigslist、Esty、メルカリ などの企業が注目すべき C2C eコマース マーケットプレイスを提供しています。

C2C eコマースでは、消費者は商品やサービスを他の消費者に直接販売します。これは、ほとんどの場合、買い手と売り手に代わって取引を促進するサードパーティの Web サイトまたはマーケットプレイスによって可能になります。

eコマースのビジネスモデル: Business to Business (B2B)

企業間取引 (B2B) とは、企業が自社の商品やサービスを他の企業に直接販売することです。B2B eコマースは、垂直方向と水平方向の 2 つの方法論に分類できます。

垂直指向のビジネスは、特定の業界内の顧客に販売します。水平的なアプローチにより、さまざまな業界の顧客に販売を行うことができます。各手法には、業界の専門知識と市場の深さ(垂直)と、広範囲にわたる市場のカバレッジと多様化(水平)など、独自の長所と短所があります。

どちらも収益性の高い方法ですが、戦略は製品と顧客に依存するため、慎重に検討してください。

これまで、B2B ビジネスは、特にコマースの革新とデジタル販売に関して、D2Cのビジネスに後れを取っていました。多くの企業が営業担当者を主要な収益チャネルとして活用することに慣れていたため、問題は価格交渉とコラボレーションにありました。

現代の B2B 購入者はテクノロジーに精通しており、平均的な消費者と同じ要求や購買習慣を多く共有するようになりました。B2B コマースでは、利便性、柔軟性、パーソナライゼーション、統合されたエクスペリエンスが期待されていますが、それがビジネスクリティカルである場合に限ります。

e コマースのビジネス モデル: Business to Government (B2G)

Business to Government (B2G) とは、企業が自社の製品やサービスを政府機関に直接販売することです。

e コマースビジネス向けのトップ 5 フレームワーク

ビジネスに最適なモデルを決定したら、次のステップは、ニーズと要件を満たす方法(運用)を特定することです。結局のところ、自社で製品を製造したり、自社で在庫や倉庫を維持したりしているのは一部の企業だけです。

最も一般的な 5 つのアプローチです。

1.プライベートラベル

プライベートラベルでは、企業はサードパーティメーカー(OEM:ODM)を雇って、独自のアイデアやデザインに基づいて製品を作成(製造とは言わない)します。プライベートラベルを使用すると、独自の工場を建設して製品を製造する必要がなくなり、同時に独自の商品を販売する独占的な権利も得られます。

商品が作成されたら、製造業者に顧客に直接発送してもらうか、3PLに委託するか、オンライン市場のサービスから発送してもらうか、または返送してもらって処理してもらうこともできます。初期費用は変動する可能性があるため、プライベートラベルは、リソースと特定の製品デザインやアイデアを持つブランドに最適です。

2. ホワイトラベル

ホワイトラベルでは、独自の名前とロゴで製品をブランディングして販売しますが、その製品はサードパーティの販売代理店から製造および購入されます。

ホワイトラベリングは、ファッション業界や健康業界、特に医薬部外品、化粧品、エッセンシャルオイル、CBDをオンラインで販売する企業で一般的です。

ホワイトラベルを使用すると、ブランドの認知度が高まり、独自の製品を製造する必要がなくなり、販売業者の知識と専門知識を活用できるようになります。

3. サブスクリプションサービス

サブスクリプションモデルでは、一定の事前に決められた間隔で長期間にわたって製品を顧客に送信し続けることを約束します。商品の発見のためや無制限のサービスなど、さまざまな種類のサブスクリプションがあるため、価格設定、請求、アカウント管理は、ビジネス、商品、顧客の消費行動によって異なります。

ButcherBox は、農場の新鮮な有機肉や魚介類の製品を消費者に毎月送るサブスクリプション会社です。顧客は、厳選されたボックスのリストから選択するか、独自にカスタマイズすることができ、より多くの量またはより少ない量の食品を送るさまざまなボックスのサイズから選択できます。

食品は、ファッション、美容、さらにはペット用品と同様に、サブスクリプションで好成績を収める傾向にある消費財のカテゴリーです。

4.産直・ドロップシッピング

産直・ドロップシッピングは、企業の製品がサードパーティのサプライヤーによって在庫、梱包、発送される注文履行方法です。

産直・ドロップシッピングビジネスを利用すると、店頭を立ち上げるチームは、在庫の管理、倉庫の在庫管理、配送の処理について心配する必要がなくなります。代わりに、フロントエンドの顧客エクスペリエンスと顧客ネットワークの構築に集中できます。

このアプローチで考慮する必要がある最大の注意点の 1 つは、企業がサプライ チェーンをまったく制御できないことです。製品の到着が破損していたり​​遅れていたり、品質が予想より低かったりすると、ブランドに悪影響を及ぼします。配送する責任はドロップシッパーにありますが、最終消費者と直接連絡を取り、サポートリクエストを処理し、関係を管理する最終的な責任を負うのはあなたです。

この発展バージョンとして、古くはカタログギフトそして、eGiftなどのモデルがあります。

5. 卸売業

卸売業を活用する企業は、製品の製造以外にも配送のあらゆる部分までも管理します。卸売:WholeSaleでは、サプライヤーに商品を直接注文し、倉庫保管、在庫管理、顧客注文の追跡、および出荷を担当します。卸売e コマースはB2B 分野で最も一般的ですが、B2C e コマース戦略の一部として活用することもできます。

よくある質問

eコマースのビジネスモデルはどのように選択すればよいでしょうか

さまざまな e コマース ビジネス モデル、商品管理、配送方法について理解できたのであれば、モデルを選択するプロセスを開始できます。e コマース ビジネス モデルを選択するときは、次のことを注意する必要があります。

顧客を理解する:

彼らは誰ですか。
彼らの購買習慣や購買行動はどのようなものでしょうか。
彼らの問題点は何でしょうか。
適切な e コマース ビジネス モデルを選択するには、この情報を使用して理想的な顧客プロファイル (ICP) を構築することが重要です。

自分の価値提案を理解する:

何が他社と違うのか
どの分野で競合に勝てるのか
 それは価格設定でしょうか
 顧客サービスでしょうか
 それとも製品でしょうか
また、うまくいかないことについては正直に話すことです。自分の強みと弱みを知ることは、ビジネス戦略にとって不可欠です。潜在的な顧客に対して正直にそれらについて話すことで、信頼とブランドロイヤルティが構築されます。

製品を販売するための戦略を作成する:

顧客にとって意味のある方法で製品を販売します。たとえば、独自の製品を作成する場合は、卸売サービスまたはサブスクリプションサービスを検討することになるでしょう。他人の商品を販売する場合は、自分のブランドと顧客ベースの構築により重点を置く必要があります。

eコマースにおける ホワイトブランドとプライベートブランドの違いとそれぞれのメリットを教えてください

eコマースにおけるホワイトブランドとプライベートブランドは、商品のブランディングや販売方法において異なるアプローチを持つ概念です。以下にそれぞれの違いとメリットを説明します。

1. ホワイトブランド (White Label):

ホワイトブランドとは、製造業者が製品を作り、小売業者や販売者が自社のブランド名を付けて販売する形態のことを指します。つまり、商品自体の製造から包装に至るまで全てはメーカーが行い、販売者はその商品を自社ブランドとして提供することができる仕組みです。

メリット:

  • - 既存の製品を自社ブランドとして販売できるため、自社のアイデンティティを強化することができる。
  • - 製造業者が製品の製造・品質管理を担当しているため、自社では製造能力を持たなくても、自社ブランドの商品を提供できる。
  • - 小売業者は商品開発にかかるコストや時間を節約できる。
  • - ホワイトブランド商品は通常、他のブランドの商品よりも低価格で提供できる場合があるため、価格競争力が高まる。

2. プライベートブランド (Private Label):

プライベートブランドは小売業者や販売者が独自のブランド名を持つ商品を開発・販売する形態です。つまり、商品の製造からブランド名まで、すべてを小売業者自身が行います。

メリット:

  • - 自社独自の商品ラインナップを構築できるため、独自性と差別化を図ることができる。
  • - ブランドコントロールが容易で、顧客とのロイヤリティを構築しやすい。
  • - 自社のブランドイメージに合った商品を開発できるため、ターゲット市場に適した商品を提供しやすい。
  • - 原価をコントロールできる場合があるため、利益率を向上させることが可能。

どちらのアプローチも、オンラインでのビジネスにおいて顧客との信頼関係を築き、競争力を高めるのに有効な手段となり得ます。小売業者の戦略や目標、市場の需要と競合他社との状況を考慮して、適切なアプローチを選択することが重要です。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ゼロクリック コンテンツ 誰も言わなかったコンテンツマーケティング
ゼロクリック コンテンツ 誰も言わなかったコンテンツマーケティング
  プラットフォーム ネイティブの世界で成功するため それは鶏が先か卵が先かという状況かもしれません。プラットフォームが私たちを怠け者にしているのかもしれません。あるいは、プラットフォームネイティブのコンテンツ、具体的には、人々を自分...
続きを読んでみる
配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify
配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify
Shopify ブランドと顧客の間に信頼とロイヤルティを構築するには、顧客レビューリクエストのタイミングを効果的に設定することが不可欠になります。タイミングが悪いと、顧客をイライラさせて顧客とEC:eコマースブランドの関係を傷つける可...
続きを読んでみる
注文確認メールをカスタマイズする Shopify
注文確認メールをカスタマイズする Shopify
  DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代になっても、Eメール・SNSのDM・LINEなどの顧客とのコミュニケーションはとても重要なタッチポイントで、オムニチャネルコミュニケーションがポイントです。 このコラムでは、EC...
続きを読んでみる
EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify
EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify
配送・フルフィルメントに関する FAQ は、EC:eコマース:電子商取引の分野における消費者直販:D2C(本来は、DTC) ブランドの成功において重要な役割を果たします。配送に関するこれらの「よくある質問」は、顧客に重要な情報を提供す...
続きを読んでみる
コマース 詐欺 Commerce Fraud 用語集
コマース 詐欺 Commerce Fraud 用語集
  オールインワン用語集を活用して、オンライン詐欺との戦いにおける最新の開発、新たな概念、急速な e コマースの成長に関する最新情報を入手してください。新しい詐欺関連の用語が出現するたびにこの用語集を継続的に更新していますので、最新情...
続きを読んでみる
コンポーザブルコマース Composable commerce 用語集
コンポーザブルコマース Composable commerce 用語集
 "Composable Commerce(コンポーザブルコマース)"とは  "Composable Commerce(コンポーザブルコマース)"は、eコマースエコシステム内で異なるテクノロジーコンポーネントやサービスを組み合わせ、カ...
続きを読んでみる
EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7
EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7
  エンドツーエンドの顧客エクスペリエンスCX:カスタマーエクスペリエンスに欠けている部分とは何でしょうか。競争が激しく細分化された世界(商品カテゴリーと顧客オーディエンス)で競争するには、ブランドは顧客とのあらゆるタッチポイントを活...
続きを読んでみる
トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify
トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify
  PSA・パブリックサービスアナウンスメント: 最初の販売は、新しい顧客との関係の終わりではなく、始まりであってほしいです。EC:eコマースショップへのトラフィックを獲得するためにお金と時間を費やしてきたので、獲得コストはすでにプラ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー