富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

D2C Eコマースブランドがライブショッピングについて知っておくべきこと

D2C eコマース ライブコマース

DTCeコマースブランドがライブショッピングについて知っておくべきこと

Written by 吉村 慎之助

シンプルなソリューションから洗練されたプラットフォームまで、ライブショッピングはeコマースでの新しいチャネルと顧客購買体験です。

目次

  1. アリババの淘宝網ライブがコンセプトを開拓しました。
  2. プラットフォームの数は増え続けています。撤退も。
  3. ライブショッピングはコンバージョンを増やし、ブランド認知度を高めます。
  4. ライブセリングとインフルエンサーマーケティングは自然なペアと言われています。
  5. オーディエンス:聴衆は信憑性を要求しています。
  6. ライブイベントを活用する方法は無数にあります。
  7. ライブショッピングは大勢のオーディエンス:聴衆(または投資)を必要としません。
  8. 専門店でイベントをサポートをします。

ライブショッピングは、2020年からDTC/P2C/ eコマース業界を席巻してきていましたが、その理由は簡単にわかります。
COVID-19のパンデミック、ソーシャルメディアのトレンド、進化するテクノロジーは、QVCスタイルのショッピングの新しい進化が繁栄するための完璧な雰囲気を作り出しました。

FacebookLiveとInstagramLiveは、数年にわたってライブ販売の反復を促進するのに役立ってきたと言われていましたが、見直し撤退も初めています。

この傾向は、専用のライブストリームビデオショッピングアプリでは勢いを増しています。
モバイルアプリNTWRKは最近、ゴールドマンサックス、ケリングの高級グループ、グッチやボッテガヴェネタなどの有名な高級ブランドに支えられて、6,000万ドルの資金を調達しました。
ライブ動画コマース「NTWRK」が見出した勝ち筋/GB Tech Trend

 

https://thentwrk.com/



この動きはライブショッピングの明確な変化を示しているかのようです。—これらのイベントは、中小企業、インフルエンサー(影響力のある人・クリエーター)、または海外ブランドのためだけにあるわけではないようです。
トレンドとしては、2025年までに250億ドルの成長が見込まれているとも言われています。
(多分、USとEUでは失速します。中国、アジアなどは購買チャネルがライブコマースしかない状態ですので成長はありです。)

したがって、当然のことながら最も競争力のあるD2C(DTC)/P2C/ eコマースブランドは、すでにライブの顧客イベントを独創的な方法で受入れて、テスト展開しています。
まずこれが、すべてのDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0のeコマースブランドがライブショッピングについて知っておくべきことです。(実施するかは別です。)

アリババの淘宝網ライブがコンセプトを開拓

中国の巨大なeコマースプラットフォームサイトであるAlibabaは、ライブショッピングを大規模に再発明した最初のプラットフォームとして認められています。
2016年5月、同社はeコマースストアにリンクされたオンラインライブストリームを作成して、視聴者が面白くて有益なビデオコンテンツを見ながら買い物できるようにしました。

中国で最大の小売休日である光棍節と並行した戦略を採用したときツールは成功しました。Taobao Live(日本からアクセスできない状態があります)は、イベントのキックオフからわずか30分後に驚異的な75億ドルのプレセールスをもたらし、MogujieJD.comなどのAlibabaの競合他社はすぐにこのトレンドに参入し、乗り込みました。
中国のPinterestクローン「mogujie (蘑菇街)」、Cラウンドで推定2億米ドルを調達

Mogujie(磨姑街

プラットフォームの数は増え続けています

ライブショッピングを実施しようとしている、D2C/P2C/eコマースブランドには、多数のプラットフォームオプションがあります。
FacebookやInstagramLiveを使った練習に手を出すかもしれません。

Instagram Live


または、YouTubeからライブストリーミングして商品を販売し、顧客がチャットと対話を同時に行えるようにすることもできます。
実験的なブランドは、ライブストリームゲームアプリTwitchをライブショッピングの手段として使用しています。

Twitch

Twitch



そしてもちろん、

TalkShopLive(日本からはアクセスできなくなりました)

talkshoplive

 

Commentsold

comment sold

 

Brandlive

BRANDLIVE


など、近年多くのアプリが登場しています。
Amazonは独自のプラットフォームであるAmazonLiveでトレンドに乗り込みました。(芳しくはないですね)

Amazon Live

 

ライブショッピングはコンバージョンを増やし、ブランド認知度を高めます

ストリーミングショッピングイベントは明らかに斬新で、マーケティングアプローチを揺るがしているように見えます。
ここでの、コミュニケーションの準備ができているブランドにとって魅力的なマーケットチャネルです。

しかし、それは本当の価値を生み出しますか?絶対?。

ライブコマースを実施しているブランドは、コンバージョンを最大30%増加させたとのアナウンスがされていました。これは、標準のeコマースショッピングの10倍の割合です。

(でも、あなたがそれができるという保証はありません。よくあるマーケティングセールスのギミックです。)

この機能は、特にZ世代とミレニアル世代 (Y世代)から新しいWebサイトトラフィックをもたらしていることを気づいてください。
この一部のオーディエンスへは強化されたブランディングも提供しているということになります。

これは、ライブショッピングを使用しているブランド事業者だけの傾向ではなく、顧客がいるチャネルで適切なコンテンツとコミュニケーションをするという基本をトレースしているだけです。
一方で、YouTubeでは若いオーディエンスではなく、シニアのオーディエンスが20%増加しているとの報告もあります。

女性のインフルエンサーがライブショッピング用の美容製品をデモンストレーションしています。

これは、Z世代と実はシニアが、リアルで顧客の反応が見えることが最大の強みです。
ミューズ、アンバサダー、プレゼンテーターのキャラと力量次第だと気づいてきましたか。

ライブセリングとインフルエンサーマーケティングは自然なペア

D2C/P2C/eコマース事業者は長い間インフルエンサーマーケティングを活用して、そのオーディエンスを活用して、ブランドを宣伝してきました。
幸いなことですが、この施策はライブショッピングにも自然に適合しています。インフルエンサーは、信頼を高めて、ブランドとその顧客との間に本物で本当の関係を構築するのに役立つだけでなく、フォロワーベースから新しい忠実なオーディエンスを呼び込むことができています。

中国のインフルエンサーであるViyaHuangは、インフルエンサーとライブショッピングの強力な組み合わせを紹介し、ライブの視聴者に毎晩数百万ドル相当の化粧品、衣料品、その他の製品を販売しています。

Li Jiaqi と Viya が中国の活況を呈しているライブストリーム業界の王と女王になった経緯

https://radii.co/article/li-jiaqi-viya

オーディエンス:聴衆は信憑性を要求しています

若いオーディエンスに購買体験を提供するD2C/P2C/eコマースブランドがすでに知っているように、ミレニアル世代とZ世代の消費者は、サポートするブランドに信頼性を要求しています。その感情はライブショッピングにも当てはまります。

オーディエンス:視聴者は、ライブショッピングを商品の完璧なフォトショップバージョンではなく、実際の商品を実際に見る方法と見なしていることに気付く必要があります。
彼ら、彼女たちは、ストリーミングイベントを、「人」との対話を増やし、ブランドとの絆を深め、冷たくて不毛なショッピング体験を残さないチャンスと見ています。

ライブショッピングは大勢のオーディエンス:聴衆(または投資)を必要としません

このユニークな購買チャネルへのアプローチ方法がわからないブランドにとって、成功するライブイベントは、施策をどのように、いつ、どこで利用するかについての厳密なルールは必要ありません。
商品のデモンストレーションからインフルエンサーマーケティングのコラボレーションまで、D2C/P2C/eコマースブランドはこの未来的な形のショッピングを最大限に活用するためのさまざまな方法を試すことができます。

衣料品と美容のブランドであるSassyJonesは、毎週スタイリングイベントを開催し、ライブオーディエンスの前で自社製品をプレゼン販売しています。

SassyJones

美容ブランドのOriginsは、Instagram Live Shoppingを使用して、フォロワーを教育してプロモーションに関与させています。

https://www.instagram.com/origins/

有名人のビジネスオーナー、
Dolly Parton:ドリーパートン

Dolly Parton

Alicia Keys:アリシアキーズ

ALICIA KEYS
Image MY KSC ROUTINE

Meghan Elizabeth Trainor:メーガントレイナー

meghantrainor.store

オリジナルブランド製品を宣伝するためにTalkshopliveなどのアプリを利用しています。

ライブコマースに関心のある小規模なeコマースブランドにとって、コマースイベントを成功させるために大勢のオーディエンス:聴衆や大規模な投資は必要ありません。
代わりに、ブランドはビデオ映像の品質と販売されている製品に焦点を当てることから始める必要があります。

ライブショッピングイベントの前に、慎重な計画を立てる必要があります。

  • ブランドはオーディエンスとどのように関係するか
  • イベントを通してどのようにオーディエンスを楽しませ続けるのか
  • 各製品の価値は何か
  • 視聴者はストーリーテリングを通じてどのようにブランドとの関係を深めることができるか

ライブショッピングのユニークなメリットについてフォロワーを教育することを目的として、ブランドはソーシャルメディアチャネル全体でイベントを宣伝する必要があります。

ラテンアメリカのデジタルコマースプラットフォーム

VTEX

VTEX

専門店でイベントをサポートする

ライブショッピングは、DTC/PTC/eコマースブランドに、

  • オーディエンスを増やし
  • コンバージョンを増やし
  • 収益を増やす

新たなチャネルとアプローチ方法を提供します。
幸いなことに、このフォーマットは大小スタートアップのブランド企業に開放されており、多数のソーシャルメディアプラットフォーム、Webサイト、アプリからアクセスできます。

顧客を喜ばせ、マージンを維持するセールイベントを作成する方法

  • スタッフストア
  • 商品ドロップ(相互乗り入れ)
  • アウトレットストア

などでの最適なツールを提供する方法を確認してください。

イベント後の販売需要に対応できるeコマースプラットフォーム・フルフィルメントで瞬間的大量販売を実現するライブコマースの成功をサポートします。

参考リスト

bambuser

Personal Shopping One-to-One https://bambuser.com/

ConferWith

THE FUTURE OF LIVE ONE TO ONE VIDEO SHOPPING https://conferwith.io/

commentsold

Sell Live Everywhere At Once https://try.commentsold.com/

shopee

https://shopee.com/

livby

https://livby.live/

ntwrk

https://thentwrk.com/

BRANDLIVE

https://www.brandlive.com/

shopshops

Shop Global Like A Local https://shopshops.live/

SMARTZER

The #1 .Live Shopping & Interactive Video Platform https://www.smartzer.com/

channelize.io

Live Selling for Brands https://channelize.io/channelize/

LIVESCALE

Stand Out,Sell Live. https://www.livescale.tv/

プロフィール

Me

吉村慎之助

東京生まれ東京育ち、金髪坊主でピアノ弾けるやつだいたい俺っち

Z世代 Travis Scottレベルの家を持つのが夢$$$$

仮想現実関連の仕事に興味があります。将来誰も想像したことのないような自分のブランドを作りたいです。 
SE勉強中 3Dアート制作に手を出し始めた。

日本にしかない良さと海外の合理的で革新的な仕組みを掛け合わせれば世界中がワクワクするモノを生み出せると考えています。

僕らの世代の日本を世界レベルにするため+自分の勉強のため、最新のアパレルファッションやECMetaverseに関連するテクノロジー、その他にもワクワクするような技術、海外の同世代のトレンドなどの情報を発信します。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ROPO 効果の定義 実店舗でのショッピングとeコマースの融合
ROPO 効果の定義 実店舗でのショッピングとeコマースの融合
シャッターを下ろした小売店舗、空っぽのショッピングモール、孤独な販売員。この退屈な描写は、実店舗の小売業者にとって最悪の悪夢の描写と多かれ少なかれ一致しています。この原因は何だったのでしょうか。 その答えは、eコマースブームです。また...
続きを読んでみる
Research Online Purchase Offline (ROPO) とは
Research Online Purchase Offline (ROPO) とは
インターネットは、消費者が調査を行い、購入を決定する方法に大きな変化をもたらしました。eコマースとそれを対応値したオムニチャルの台頭に伴い、従来の実店舗は、Research Online Purchase Offline(ROPO)の...
続きを読んでみる
コミュニティマーケティング コンテンツリスト
コミュニティマーケティング コンテンツリスト
人々にブランドを信頼してもらうための CIA 心理戦術の適用に関するヒントをいくつか共有しました。なぜ?なぜなら、人は信頼できる人から物を買うからです。顧客に自分自身を売り込んでもらいましょう。 トピックや問題点を提示し、顧客がそれに...
続きを読んでみる
2024 オムニチャネル顧客マーケティング スーパーファンとともに迅速かつ持続的な成長を
2024 オムニチャネル顧客マーケティング スーパーファンとともに迅速かつ持続的な成長を
2024 年 e コマースのビジネス環境では、ブランドは変化の結果でもある一連の課題に直面しています。円安インフレ、Apple の iOS 14 のリリース、e コマース業界の前例のないプレイヤーの急増により、DTC(パフォーマンスマ...
続きを読んでみる
ブランドコミュニティ マーケティングの構成要素 ユニファイドコマースとオムニチャネル
ブランドコミュニティ マーケティングの構成要素 ユニファイドコマースとオムニチャネル
絶えず変化するコマース環境をナビゲートすることは、特に顧客が 1 日中マーケティング メッセージの海に溺れている場合には、目まぐるしく価値と効果のあるになります。だからこそ私たちは、コマース ブランドがオーディエンスとつながる方法に大...
続きを読んでみる
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
チャットボット優れたパフォーマンスを示し、人間性、スピード、正確さでカスタマー サービスとして完全に解決する 理由と運用を一緒に考えてみてください。 1. お客様の共感を呼ぶ親身な対応 なぜこれまでのAI :人工知能システムは失敗に終...
続きを読んでみる
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカは、ブラジルやメキシコのような比較的大きくて発展した国から、ハイチやベネズエラのような世界で最も不安定で貧しい国まで、20カ国からなる多様なグループです。違いはあるものの、ラテンアメリカのほとんどの国には、長い国境、スペ...
続きを読んでみる
Ship form Shop ストアから発送とは
Ship form Shop ストアから発送とは
ストアから発送とは これは、小売ネットワークを活用し、オンラインでの在庫切れを防ぐことを可能にするオムニチャネル イノベーションです。 オンライン注文を履行するための配送ハブとして店舗を使用します。 店舗からの発送を実装するには、特定...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー